過去記事テーマ別

管理人の買った物一覧

私家版戦車入門1: 無限軌道の発明と英国タンク
私家版戦車入門1: 無限軌道の発明と英国タンク (JUGEMレビュー »)
モリナガ ヨウ
世界初のタンク(戦車)が如何にして誕生し、どのような問題を乗り越えて進化して来たのか?蒸気トレーラーから英国の菱型戦車、ホイペットまでをまとめた決定版。
ガン&ガール イラストレイテッド 第二次大戦枢軸国編 (MC☆あくしずMOOK)
ガン&ガール イラストレイテッド 第二次大戦枢軸国編 (MC☆あくしずMOOK) (JUGEMレビュー »)

WW2枢軸陣営の小火器を紹介した女子イラスト付きのマジメな本。読みやすい構成で初心者にもオススメ。
大日本帝国陸海軍〈2〉―軍装と装備 明治・大正・昭和
大日本帝国陸海軍〈2〉―軍装と装備 明治・大正・昭和 (JUGEMレビュー »)
中田 忠夫
ややカタログっぽく編集されており、被服の細部(内側や背面など)を知ることは出来ませんが小物や拳銃、生活用品までかなりの数が全て写真で網羅されています。
The Soviet Soldier of World War Two
The Soviet Soldier of World War Two (JUGEMレビュー »)
Phillippe Rio
WW2ソ連兵の兵装を実写カラーでドカンと紹介。よほど特殊な設定以外この一冊で十分です。オススメ!全編英語
ストライクアンドタクティカルマガジン増刊 日本陸軍の戦車 2010年 11月号 [雑誌]
ストライクアンドタクティカルマガジン増刊 日本陸軍の戦車 2010年 11月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)
古是 三春,鈴木 邦宏,土居 雅博
最新の考証を元に八九式を中心に旧軍戦車を各型解説。写真やイラストも豊富で内装なども参考になります。オススメ!
Deutsche Soldaten: The Uniforms, Equipment and Personal Effects of the German 1939-1945
Deutsche Soldaten: The Uniforms, Equipment and Personal Effects of the German 1939-1945 (JUGEMレビュー »)
Agustin Saiz
これは凄い量の実物コレクション!ブーツやガスマスクなど一般的な装備品のバリエーションは勿論、マップケースの中身に時計やタバコまで、ドイツ兵の持ち物を殆ど網羅!巻頭から巻末までオールカラー写真で資料的価値抜群。オススメ!
※全編英語
図解 ヘビーアームズ (F-Files No.017)
図解 ヘビーアームズ (F-Files No.017) (JUGEMレビュー »)
大波 篤司
機関銃や迫撃砲、バズーカにロケットランチャーなど使用方法や各部品の意味など一問一答でスッキリ解説。銃器ビギナーの人に超オススメ。
Vision models 1/35スケール  【VA-9003】 帝国陸軍 九七式
Vision models 1/35スケール  【VA-9003】 帝国陸軍 九七式 (JUGEMレビュー »)

チハ系キットには欠かせないキャタ。価格、組み易さ、解像度も申し分ない定番商品。
末期の水物兵器集
末期の水物兵器集 (JUGEMレビュー »)
こが しゅうと
若干クセのある漫画と文章で、旧海軍兵器の中でもマニアックな物を局所的に徹底紹介!他のシリーズも濃イィ内容!
戦う広告―雑誌広告に見るアジア太平洋戦争
戦う広告―雑誌広告に見るアジア太平洋戦争 (JUGEMレビュー »)
若林 宣
戦時中に国内で使用された広告を年代ごとに紹介。当時の世相が分かる他に類を見ない貴重な資料。
British Web Equipment of the Two World Wars (Europa Militaria)
British Web Equipment of the Two World Wars (Europa Militaria) (JUGEMレビュー »)
Martin Brayley
英軍歩兵の装備品をカラー写真で紹介。色味やバリエーションを知るには良書ですが武器類は無し。価格的にもオススメ!
※全編英語
Stalin's War: Soviet Uniforms And Militaria 1941-45
Stalin's War: Soviet Uniforms And Militaria 1941-45 (JUGEMレビュー »)
Laszlo Bekesi
コレクターが集めたWW2ソ連軍の装備品や階級章のカラー写真集。マニアにとってはかなり薄い内容だが、ソ連軍初心者にはそこそこ資料的価値アリ。
※全編英語
第2次大戦ドイツ軍装ガイド
第2次大戦ドイツ軍装ガイド (JUGEMレビュー »)
ジャン・ド・ラガルド
オール実写による軍装ガイド。これ一冊で殆んどの正規バリエーションが把握できます。
ノーブル バックレスキューベルトチタン L(腰周り:78~94cm) 黒
ノーブル バックレスキューベルトチタン L(腰周り:78~94cm) 黒 (JUGEMレビュー »)

椅子に座ってると腰が痛い!
ってな人は試す価値アリ!
個人的には相当の効果を実感しています。
鋼鉄の最精鋭部隊―千葉戦車学校・騎兵学校 (日本陸軍の機甲部隊 1)
鋼鉄の最精鋭部隊―千葉戦車学校・騎兵学校 (日本陸軍の機甲部隊 1) (JUGEMレビュー »)

貴重な日本戦車の写真集です!戦車学校での訓練風景で構成され、全体の半分以上がチハ主体の写真ですがネットでは見られないレアなものばかり!チハファンは必携!
ドキッ乙女だらけの帝國陸軍入門
ドキッ乙女だらけの帝國陸軍入門 (JUGEMレビュー »)
堀場 亙,岡本 博信
萌えだと思って期待したらハズレですのでご注意を…列記としたミリタリー本です。
TUNODA 薄刃ミニニッパー 120mm TM-02
TUNODA 薄刃ミニニッパー 120mm TM-02 (JUGEMレビュー »)

某プラモメーカーから発売されている物のOEM版なのでプラモ制作に抜群の性能!しかも格安!
Les MAteriels radio de la Wehrmacht: German Radio Sets 1935-1945
Les MAteriels radio de la Wehrmacht: German Radio Sets 1935-1945 (JUGEMレビュー »)
Pierre Metsu
大戦中のドイツ軍無線機を全機種カラー写真で紹介。残念ながら和訳はないですが英訳はアリ。(値段が…)
陸軍機甲部隊―激動の時代を駆け抜けた日本戦車興亡史 (〈歴史群像〉太平洋戦史シリーズ (25))
陸軍機甲部隊―激動の時代を駆け抜けた日本戦車興亡史 (〈歴史群像〉太平洋戦史シリーズ (25)) (JUGEMレビュー »)

モデラー目線のディティール考察には向きませんが、日本戦車がどのように発展し各地でどう戦ったかを知るには良書。
Modelling the Marder Self-Propelled Gun (Osprey Modelling)
Modelling the Marder Self-Propelled Gun (Osprey Modelling) (JUGEMレビュー »)
Sam Dwyer, Robert Oehler

マーダー1,2D,3r,3M,3H のディティールアップ製作ガイド。
外人サンのテクを盗めます!
泥まみれの虎―宮崎駿の妄想ノート
泥まみれの虎―宮崎駿の妄想ノート (JUGEMレビュー »)
宮崎 駿
エース「オットーカリウス」の手記を元に末期ドイツ軍の泥沼の戦いを描写。
今までの「戦車感」が変わるかも?
第2次大戦各国軍装全ガイド (ミリタリー・ユニフォーム)
第2次大戦各国軍装全ガイド (ミリタリー・ユニフォーム) (JUGEMレビュー »)
ピーター ダーマン,マルカム マクグレガー,ピエール ターナー
WW2各国陸海空の軍服図鑑。
膨大な数だが、浅く広くといった感じなので、一国を集中的に調べたい人には不向き。
日本戦車隊戦史―鉄獅子かく戦えり
日本戦車隊戦史―鉄獅子かく戦えり (JUGEMレビュー »)
上田 信
帝国陸軍戦車部隊が各戦線でどのように戦ったのか、図解を交えて年代ごとに相手装備と比較しながら紹介。
イラスト中心なので文章が苦手な人でも大丈夫!(写真は無し)
ビジュアルガイド WW2戦車〈1〉電撃戦
ビジュアルガイド WW2戦車〈1〉電撃戦 (JUGEMレビュー »)
川畑 英毅, 吉原 幹也
WW恐そ戦線好きなら持っておきたい一冊。
ドイツ、ソ連は勿論、フランスやポーランド等、欧州のあらゆる戦闘車両を広く浅く紹介。マイナー車種など豆知識にいいかも。
アハトゥンク・パンツァー〈第7集〉1号戦車、2号戦車と派生型編
アハトゥンク・パンツァー〈第7集〉1号戦車、2号戦車と派生型編 (JUGEMレビュー »)
尾藤 満
言わずと知れたモデラーの為の資料本。 詳細図と写真で各型を詳しく解説。
ICMの日本兵

 


さぁ!ちょっくら息抜きに、
去年の末に発売され、買ったことすら忘れていた「ICMの日本兵セット」をレビューします。



洋モノらしさを醸し出す、素晴らしきアジアンテイストなパケ絵。
描かれているお顔も、東南アジアか、下手すると中東系の雰囲気まで漂っております。



頑丈な内蓋に守られた一枚のランナー。
この一枚に、ICMの先端金型技術と徹底した考証が詰め込まれている!・・・ハズ。



日本兵フィギュアとして、最も肝心なのが「日本人らしさ」。
何となく、頑張ったのは伝わってきますが、今ひとつ彫りが深く、なにより鼻がデカい。



この方に至っては、如何にも欧米人が想像しそうな「日本人は出っ歯でブサイク」の典型。
別に、野蛮な猿でも結構なのですが、どういうワケか、やはり鼻がデカい。



お顔はともかく「手」などは、なかなか素晴らしい造形に御座います。



三八式歩兵銃は槓桿部が別パーツのイマドキ仕様。
モールドは、良くも悪くもカッチリした印象。



軍刀はドイヒー。



装備品は大体こんな感じで、カチッと簡素な仕上がり。



みんな大好きの鉄鉢は、頑張って細かい部分まで再現されていますが、、、



アウト〜!!
こ、これは一番やったらアカンやっちゃでぇ〜!!

個人的に「ヘルメットに星章」という戦闘行為に何の役にも立たない飾りが大好きな私にとって、
タミヤの一式砲のソレみたいな失態は、まこと許すまじなワケであり、
例えば、軍艦模型に「菊花紋章を忘れるとは何事か貴様ァ!歯を食いしばれ!」といった塩梅。



そうですね、他に何かツボを押さえた装備品が付いているワケでもなく、、、

まぁ、所謂ひとつの、ボチボチで御座います。(´・ω・`)


 

 

| 日本モノ | comments(0) | trackbacks(0) |
チハ☆2011<5>
 「異化娘」の反響が妙に面白いので、あのまま清書しようかと思いましたが、
残念ながら現在普通の構図でシコシコ描いております。
描いた本人が言うのも何ですが、夜中にアレをPCで描くのは怖いんです。

どうでもいいですが、「シコシコ描く」なんて文字にしたら普通に伝わりますが、
言葉にすると意味がシモへ変わりますよね。


<機銃手>

そんな週末、チハに乗せる戦車兵その2をイジります。
例によってベースフィギュアはタミヤの一式砲から。
昔ぃ〜のフィギュアなので、そのままではモールドが潰れていて使うのにちょっと抵抗があります。


とりあえず、帽子の頂上部と継ぎ目、側面モールドをリューターで彫り直して、顎紐(ベルト?)も耳の部分を丸く彫刻し、エポパテで耳を再現してます。


戦車帽からはみ出した略帽もエポパテで作り直し。
その他諸々、ゴーグルやゴーグルのバンド、襟やなんかも気になった箇所はリューターで輪郭を付けてます。

では、ちょっくら2次元の世界へ行ってきます。ノシ




| 日本モノ | comments(0) | trackbacks(0) |
チハ☆2011<4>

「異化娘」完成。


<操縦手>

操縦手用の視察蓋を開けた状態にすると意外に中が見えるので、頭だけセットすることにしますた。
ベースフィギュアはタミヤの一式砲に付属の物。


頭だけです。
ここで最初の「異化娘」のネタが生きてくるワケですね。


呪われないよう神社にでも行ってきます。



| 日本モノ | comments(6) | trackbacks(0) |
本日


最近、ウチの嫁様が軽くハマっている「ヘタリア」です。
私も全然知らなかったんですが、ちょくちょくニコ動でMADが出ており
「なんのこっちゃいな??」と、
どうせつまらんマニアックなアニメか何かだろうと無視していましたが
置いてあったコミックをちょっと見てみると、これがなかなか面白い。
絵は若干 少女漫画タッチ なので好みの別れるところでしょうが、
なんと、描いてる人はプロの漫画家じゃないんだそうな。
(いや、現時点ではプロになるのかな?)



話は変わって、この前作ってた「一式砲」ですが、
キヤコンとやらに応募してたら佳作に引っ掛かりましたヽ(・∀・)ノ
な、何か貰えるのかしら〜??(;´Д`)
| 資料、道具、実験 | comments(7) | trackbacks(0) |
本日からホニ
クロ四が難キットだったおかげで、旧軍資料を漁りまくった結果、
AFV復帰後、欧州に向いていた私の脳は、またもや旧軍に引き戻され、
何としてもやり直さねばならん帝国陸軍最強のAFVに着手となりますた。


何故でしょう、ここ数年、夏が終わると旧軍モノにハマる傾向があります。
やはり少しおセンチで哀愁漂う風貌がこの季節にマッチするという事でしょうか…


そうは言っても、一式砲と言えば設定はむせ返る熱帯ジャングル。
わずか一か月前まで暑かったのに、その時の感覚が思い出せないのは私だけ?


アバディーン博物館に保存されているホニの写真を見ると
戦闘室正面にある視察孔の内側には防弾ガラスが付いていたようで
このキットにもそれらしきモールドがあります。
組み立てると殆んど見えなくなる部分ではありますが、
簡単なデッチアップでそれらしく見えるので、ファインMのパーツなどオススメです。

P.S
最近のファインさんの動きを見る限り、来年あたり九七式車体の車両はほぼ出揃うであろうと勝手に予想してますが、このような現状ですので、個人的にはとりあえずホニ兇らやってくれると嬉しいです(´◉◞౪◟◉)
| 日本モノ | comments(3) | trackbacks(0) |
ホニ3 10日目

車体の工作は殆んど終わっているのですが、中身が決まらにゃ進みません。
ということで本日は、フィギュアに徹しております。(ここんとこ毎度ですね)
タミヤ「一式砲」に付属の2体と「チハ」に付属の1体を小改造。
単体で見るとなかなか笑えるので、この3体で闘魂ビネットにでも・・・
というワケにもいかず「もったいないなぁ」と呟きながら本日終了。

それはそうと、主砲は昔ながらの「紐を引っ張って発射」なのだそうですが
その「紐」ってどこに繋がってるんでしょう??長さとか??
・・・チャップリンでも見るかぁ
| 日本モノ | comments(0) | trackbacks(0) |
九七式改&ホニ掘。各目

え〜、もう流れ作業と化しております。
と、ここで「ホニ3」の内装が無いのはあまりにも寂しいと感じまして
「何とかならんモンか?」と思案。
ジャンク箱の中にタミヤの「一式砲」の内装が余っている事に気付き
即座に移植決行!と思ったら既に車体上下を接着済み・・・

こんな事もあろうかと予備にもう一つ買っていたのですよ。
で、結局「チハ改」と合わせて3個同時に進める事に・・・そこらの内職には負けまへんでぇ!


っちゅう事で、ちょちょいと加工すればすんなり収まってくれました。
「ホニ1とホニ3の内装が同じ」などと何の確証もありませんが
両方とも車体は九七式後期型、主砲も砲弾も同じとくれば確立も高いかなぁ、と。

P.S
今回のキット、内装を再現する構想があったのか、各所にそれらしき痕跡が見られます。
あるいは今後「内装付き」も商品化するんでしょうか??
| 日本モノ | comments(0) | trackbacks(0) |