過去記事テーマ別

管理人の買った物一覧

私家版戦車入門1: 無限軌道の発明と英国タンク
私家版戦車入門1: 無限軌道の発明と英国タンク (JUGEMレビュー »)
モリナガ ヨウ
世界初のタンク(戦車)が如何にして誕生し、どのような問題を乗り越えて進化して来たのか?蒸気トレーラーから英国の菱型戦車、ホイペットまでをまとめた決定版。
ガン&ガール イラストレイテッド 第二次大戦枢軸国編 (MC☆あくしずMOOK)
ガン&ガール イラストレイテッド 第二次大戦枢軸国編 (MC☆あくしずMOOK) (JUGEMレビュー »)

WW2枢軸陣営の小火器を紹介した女子イラスト付きのマジメな本。読みやすい構成で初心者にもオススメ。
大日本帝国陸海軍〈2〉―軍装と装備 明治・大正・昭和
大日本帝国陸海軍〈2〉―軍装と装備 明治・大正・昭和 (JUGEMレビュー »)
中田 忠夫
ややカタログっぽく編集されており、被服の細部(内側や背面など)を知ることは出来ませんが小物や拳銃、生活用品までかなりの数が全て写真で網羅されています。
The Soviet Soldier of World War Two
The Soviet Soldier of World War Two (JUGEMレビュー »)
Phillippe Rio
WW2ソ連兵の兵装を実写カラーでドカンと紹介。よほど特殊な設定以外この一冊で十分です。オススメ!全編英語
ストライクアンドタクティカルマガジン増刊 日本陸軍の戦車 2010年 11月号 [雑誌]
ストライクアンドタクティカルマガジン増刊 日本陸軍の戦車 2010年 11月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)
古是 三春,鈴木 邦宏,土居 雅博
最新の考証を元に八九式を中心に旧軍戦車を各型解説。写真やイラストも豊富で内装なども参考になります。オススメ!
Deutsche Soldaten: The Uniforms, Equipment and Personal Effects of the German 1939-1945
Deutsche Soldaten: The Uniforms, Equipment and Personal Effects of the German 1939-1945 (JUGEMレビュー »)
Agustin Saiz
これは凄い量の実物コレクション!ブーツやガスマスクなど一般的な装備品のバリエーションは勿論、マップケースの中身に時計やタバコまで、ドイツ兵の持ち物を殆ど網羅!巻頭から巻末までオールカラー写真で資料的価値抜群。オススメ!
※全編英語
図解 ヘビーアームズ (F-Files No.017)
図解 ヘビーアームズ (F-Files No.017) (JUGEMレビュー »)
大波 篤司
機関銃や迫撃砲、バズーカにロケットランチャーなど使用方法や各部品の意味など一問一答でスッキリ解説。銃器ビギナーの人に超オススメ。
Vision models 1/35スケール  【VA-9003】 帝国陸軍 九七式
Vision models 1/35スケール  【VA-9003】 帝国陸軍 九七式 (JUGEMレビュー »)

チハ系キットには欠かせないキャタ。価格、組み易さ、解像度も申し分ない定番商品。
末期の水物兵器集
末期の水物兵器集 (JUGEMレビュー »)
こが しゅうと
若干クセのある漫画と文章で、旧海軍兵器の中でもマニアックな物を局所的に徹底紹介!他のシリーズも濃イィ内容!
戦う広告―雑誌広告に見るアジア太平洋戦争
戦う広告―雑誌広告に見るアジア太平洋戦争 (JUGEMレビュー »)
若林 宣
戦時中に国内で使用された広告を年代ごとに紹介。当時の世相が分かる他に類を見ない貴重な資料。
British Web Equipment of the Two World Wars (Europa Militaria)
British Web Equipment of the Two World Wars (Europa Militaria) (JUGEMレビュー »)
Martin Brayley
英軍歩兵の装備品をカラー写真で紹介。色味やバリエーションを知るには良書ですが武器類は無し。価格的にもオススメ!
※全編英語
Stalin's War: Soviet Uniforms And Militaria 1941-45
Stalin's War: Soviet Uniforms And Militaria 1941-45 (JUGEMレビュー »)
Laszlo Bekesi
コレクターが集めたWW2ソ連軍の装備品や階級章のカラー写真集。マニアにとってはかなり薄い内容だが、ソ連軍初心者にはそこそこ資料的価値アリ。
※全編英語
第2次大戦ドイツ軍装ガイド
第2次大戦ドイツ軍装ガイド (JUGEMレビュー »)
ジャン・ド・ラガルド
オール実写による軍装ガイド。これ一冊で殆んどの正規バリエーションが把握できます。
ノーブル バックレスキューベルトチタン L(腰周り:78~94cm) 黒
ノーブル バックレスキューベルトチタン L(腰周り:78~94cm) 黒 (JUGEMレビュー »)

椅子に座ってると腰が痛い!
ってな人は試す価値アリ!
個人的には相当の効果を実感しています。
鋼鉄の最精鋭部隊―千葉戦車学校・騎兵学校 (日本陸軍の機甲部隊 1)
鋼鉄の最精鋭部隊―千葉戦車学校・騎兵学校 (日本陸軍の機甲部隊 1) (JUGEMレビュー »)

貴重な日本戦車の写真集です!戦車学校での訓練風景で構成され、全体の半分以上がチハ主体の写真ですがネットでは見られないレアなものばかり!チハファンは必携!
ドキッ乙女だらけの帝國陸軍入門
ドキッ乙女だらけの帝國陸軍入門 (JUGEMレビュー »)
堀場 亙,岡本 博信
萌えだと思って期待したらハズレですのでご注意を…列記としたミリタリー本です。
TUNODA 薄刃ミニニッパー 120mm TM-02
TUNODA 薄刃ミニニッパー 120mm TM-02 (JUGEMレビュー »)

某プラモメーカーから発売されている物のOEM版なのでプラモ制作に抜群の性能!しかも格安!
Les MAteriels radio de la Wehrmacht: German Radio Sets 1935-1945
Les MAteriels radio de la Wehrmacht: German Radio Sets 1935-1945 (JUGEMレビュー »)
Pierre Metsu
大戦中のドイツ軍無線機を全機種カラー写真で紹介。残念ながら和訳はないですが英訳はアリ。(値段が…)
陸軍機甲部隊―激動の時代を駆け抜けた日本戦車興亡史 (〈歴史群像〉太平洋戦史シリーズ (25))
陸軍機甲部隊―激動の時代を駆け抜けた日本戦車興亡史 (〈歴史群像〉太平洋戦史シリーズ (25)) (JUGEMレビュー »)

モデラー目線のディティール考察には向きませんが、日本戦車がどのように発展し各地でどう戦ったかを知るには良書。
Modelling the Marder Self-Propelled Gun (Osprey Modelling)
Modelling the Marder Self-Propelled Gun (Osprey Modelling) (JUGEMレビュー »)
Sam Dwyer, Robert Oehler

マーダー1,2D,3r,3M,3H のディティールアップ製作ガイド。
外人サンのテクを盗めます!
泥まみれの虎―宮崎駿の妄想ノート
泥まみれの虎―宮崎駿の妄想ノート (JUGEMレビュー »)
宮崎 駿
エース「オットーカリウス」の手記を元に末期ドイツ軍の泥沼の戦いを描写。
今までの「戦車感」が変わるかも?
第2次大戦各国軍装全ガイド (ミリタリー・ユニフォーム)
第2次大戦各国軍装全ガイド (ミリタリー・ユニフォーム) (JUGEMレビュー »)
ピーター ダーマン,マルカム マクグレガー,ピエール ターナー
WW2各国陸海空の軍服図鑑。
膨大な数だが、浅く広くといった感じなので、一国を集中的に調べたい人には不向き。
日本戦車隊戦史―鉄獅子かく戦えり
日本戦車隊戦史―鉄獅子かく戦えり (JUGEMレビュー »)
上田 信
帝国陸軍戦車部隊が各戦線でどのように戦ったのか、図解を交えて年代ごとに相手装備と比較しながら紹介。
イラスト中心なので文章が苦手な人でも大丈夫!(写真は無し)
ビジュアルガイド WW2戦車〈1〉電撃戦
ビジュアルガイド WW2戦車〈1〉電撃戦 (JUGEMレビュー »)
川畑 英毅, 吉原 幹也
WW恐そ戦線好きなら持っておきたい一冊。
ドイツ、ソ連は勿論、フランスやポーランド等、欧州のあらゆる戦闘車両を広く浅く紹介。マイナー車種など豆知識にいいかも。
アハトゥンク・パンツァー〈第7集〉1号戦車、2号戦車と派生型編
アハトゥンク・パンツァー〈第7集〉1号戦車、2号戦車と派生型編 (JUGEMレビュー »)
尾藤 満
言わずと知れたモデラーの為の資料本。 詳細図と写真で各型を詳しく解説。
静岡ホビーショー2016に行ってきた

そんなワケで、恒例の静岡HSに行ってまいりました。


まずはお約束の「ははは!見ろ!人がゴミのようだ!!」


今回は個人的にウホッ!な新製品が殆ど無かったので、
お世話になっているモデラーさんの作品と、パッと目に付いた作品だけをダイジェスト。

例によって「ピンボケ」「白飛び」でボツになった写真は数知れず・・・



まー坊様の作品>

ヨンパチの九七式側車。
移動の際にハンドルから手が離れてしまったようです。


美味そうなブタであります!

私信:
この度は「ヨンパチの三八式」をご提供いただき、本当に有難うございました!




山男様の作品>

個人的に「毎度ぉぉぉ!!」に見える西殿。
ナナニィチハとの絡め方が素敵です。


そして、光るセンス。




<muck様の作品>

陸自モデラーを貫くmuck様は、今回もえらく手を加えて御座います。
タイヤチェーンは艦船用チェーンを使用した自作だそうな。

今度「紙創り」から商品化が予定されている「冬季用バラキューダ」は、
この方のプッシュによるもので、陸自愛が感じられます。

私信:
もうそろそろブログとかSNSとか、ネット上でも作品見れるようにして下さい。




フランクパパ様の作品>

「履帯が面倒」と、装輪車両やソフトスキンを好まれる貴重なお方。



こちらは、そのパパの息子殿の作品。
将来、超絶モデラーになる資質が溢れ出ております。



それでは、以下、ザーーーッとダイジェスト!
続きを読む >>
| 模型イベント | comments(6) | trackbacks(0) |
大阪SMF8へ行ってきた

そんなワケで、大阪ボークスで開催されたSMF8を見てきましたので、
目を引いた作品、且つ、ピンボケせずに撮れた作品をザザッと!!





草木の密度と台座を含めた配色が素晴らしいです。
あと、仏像ですね!




定番の構図でありながら、変形ベースを使用することで立体感が出ていますね!




ソ連戦車の予備燃料タンクがポイントですね!
バックパックを背負わせることで帰郷までの長い旅路が感じられます。




塗装では模型的な表現とリアルのバランスを考えておられるそうです。(作者談)




虎ですね!




こういう演出はストレートにドラマを感じられてイイですね!




デフォルメ戦車の可能性を見ました。




ヤークトしてますね!
大きな岩をゴロゴロと並べることで重厚感と威圧感が出ています。




砲塔を旋回させた事で、画面の密度が上がっていますね!
ガルパン作品も、今後は情景モノが増えていくことでしょう!




この発想はなかった。
ズベズダの1/72(1/100)シリーズですかね?
いいですねヘクス。



そんなワケで、例によって「ピンボケ」「暗い」「アレ」とボツ写真大量で
ごく一部しか載せていませんが、いろいろと気付かされたイベントでした。




 
| 模型イベント | comments(4) | trackbacks(0) |
京都「模型の匠展」第二章に行ってきた

頑固者1967さんとのご縁で、創作の刺激を求めて、

ちょいと京都の「模型の匠展」に行ってまいりました。



京都在住、17人のプロモデラーによる合同展示会でございます。

「プロモデラーてなんぞ?」と思われる方もおられるでしょうが、
ここでは「雑誌などの作例ライターを務めたことのある人」という定義でした。


>いざ館内へ



場所はマンガミュージアムという、要はマンガ好きのための図書館といった施設。
外人サンやレイヤーさんが普通にウロウロしている、女子率の高いワンダホーな所でした。




それでは、さっそく模型展へ!!




・・・はい撮影禁止。(´・ω・`)




以下、主な会話のみでお送りします。


「ほぉぉ、スゲーっすねぇ!」

「こう、縦の構図にすることで、無駄な空間を省いて、立体と密度を・・・」

「いやぁ、3歳ぐらいまでは手がかかりますからねぇ」

「こうね、シャッシャッってマシーネン塗りをパクるんすよ」

「藤◯弘探検隊しか思い浮かびませんやん!w」

「え?半ケツ?マジすか!?どこすか!?」

「そのカバンは隣のお客さんのやわ。忘れてったんちゃう?」

「これの塗装は全部筆ですよね?え?油彩を強制乾燥?!」

「なんすか?ここにいるメンツでバンド組めるじゃないっすかw」

「すき家のレシート下さい!艦これのドンブリが欲しいんすよねぇ」

「キミなぁ、今ここでクロスワードの答え聞くかぁ?」




え?展示模型の内容?
それは、是非ご自身の目で!(`・ω・´)9m




※エロい作品は一切無いので、ご注意下さい。



| 模型イベント | comments(6) | trackbacks(0) |
模型博覧会に参加してきました

>あらすじ


「10式を買ってきた柏葉姉妹」を持って行こうと目論むも、
本番2日前にフィギュアを油彩塗装するなど、無計画さが仇となり頓挫してしまう・・・


>当日


そんなワケで、最初から持って行くつもりだった「遠藤はるか」を展示させてもらいました。

それにしてもアレです、来る予定だった山男サンがまさかの仕事でキャンセル、
例の「会場で色紙あげますよ」のRS200サンも昼過ぎまで現れないという、
全く知らない初めてのイベントに単独突撃するという、イイ経験をさせていただきました。

しかし、単独の人は自然と単独同志で集まるので、即席のサークルみたいになるんですねぇ。
たまたま話しやすい人達だったのでしょうが、楽しかったです有難うございました。


以下、展示作品をザックリ
続きを読む >>
| 模型イベント | comments(6) | trackbacks(0) |
モデラーズフェスティバル2015
 

ぶっ続けですが、モデフェス2015に行ってきました。



大阪南港に電車で行くという、人生初の偉業(基本、車移動なので)を成し遂げたワケでありますが、
長旅の疲れも、このガルパンズの出迎えで一気にボルテージMAXであります!


以下、たたみます↓

続きを読む >>
| 模型イベント | comments(0) | trackbacks(0) |
トレフェスに行ってきました
 
何と言っても神戸ですから、地元民が行かぬわけには参りません!(今回まで知らなかったケド)


で、どんな規模で、どれだけの人、ディーラーが集まっているのかというと。。。


<入場ゲート>

過去に一度だけワンフェスに行ったことがあるのですが、開門前の行列は大体10分の1程度。
開門と同時にスイスイ入って行ける感じでした。



「ははは!人がゴミのようだ!!」
箱の中はこんな感じで例の如く熱気ムンムンですが、通路が広いので混雑は大分マシ。
ざっと早足で見て回るだけなら、大体1時間ちょいで全ブース回れます。
感覚的にはワンフェスの5分の1ぐらいの規模で、メーカーやレイヤーさんが入っていないので少し寂しい感じですが十分楽しめました。



当然ですが全体の7割を女子人形が占めます。
とてもイイ牛さんですね。



展示用ブースもキレイに撮影出来るよう配慮されています。
おや?右端の彼女は・・・


おぉ!枝垂カンパニー御令嬢、我らが『枝垂ほたる』樣ではありませぬか!
一瞬、どっかの軽巡娘と見間違いましたが、いやはや素晴らしい”くびれ”でありますな!



スゲーこれ、スゲー。
空想の中にリアルが入っていると、ぐっと説得力が増しますね。


とまぁ、女子フィギュアだけではなく、ロボ、モンス、銃器、プラモ用の道具、プラモそのもの、各種パーツ、ぬいぐるみ、など汎ゆるジャンルが集まるのがフェスのイイところ。
中でも今回はガルパン率が高かったように思います。良きことです。


で、そんな夢のようなアイテムが沢山集まる中、私が買ったのは↓



見た瞬間、即買でしたね。
犬と大福で『犬福』ぎっしりアンコが入って500エン。(食べられません)

この、お餅の透明感としっとり感、更に犬福をより美味しそうに見せる器、「ジャンボ」なのに「Mini」、色々と高度なセンスを感じます。

ということで、このシリーズ来年も買いに行こうと思います。




| 模型イベント | comments(2) | trackbacks(0) |
京都ボークス合同展示会へ
 
先日、ご縁の出来たAFVサークル『SOMETIME』さんが参加する展示会へ行ってきました。


で、その会場となる京都のボークスなんですが・・・



「は?(;´Д`)」
このデカイ建物の中にテナントで入っているのかと思いきや・・・



どうやら、丸々一棟ボークス所有のビルだそうな!!
もうね、エントランスからしてオカシイですよ。模型やら人形のお店って規模じゃないっスよw
しかも、半分以上は空室のまま使っておらず、もっぱら税金対策だとの噂も・・・

人形てそないに儲かるんでっか。(´¥ω¥`)



<展示室>

中に入ると、普通に模型が展示されており一安心。
で、この『SOMETIME』の文字、レゴ的な何かかと思って近づいてみると・・・



ティーガーのキャタだった!!


え〜、ここから各作品の紹介!と行きたかったのですが、
またしても!またしても私のカメラテクニックがウ◯コなせいで、今度は全部暗い・・・
「逆光で撮ったのかよ(ワラ」ってぐらい致命的に暗いので、載せれません!スイマセン!


そんなワケで
展示会は11月1日(日)も11:00〜17:00までやっているので、お近くの方は是非その目で!
場所はコチラ→https://www.volks.co.jp/jp/shop/kyoto_hs/



>次


ガルパン劇場版もいよいよ1ヶ月を切りました!
新キャラも公開されてwktkな管理人。



TVCMでは「取り戻せ!」って野太いキャッチフレーズが入りますが



・・・まさかね(´・ω・`)



P.S
SOMETIMEの皆様、先日は有難うございました。
また、代表樣に於かれましては「八つ橋(三種盛り)」まで用意していただき感謝の極みであります。
飲み会も早めに切り上げてくれたおかげで、日付が変わる寸前に帰宅出来ました。
肉の件、楽しみにしております。


| 模型イベント | comments(4) | trackbacks(0) |
関西AFVの会
 
本日、関西AFVの会に急遽出展する運びとなりまして、人生初のイベント参加をしてまいりました。

勿論、数々の素晴らしい作品も写真に撮ってきたんですけどね、

全部、黄色い感じになってて、とてもじゃないけど製作者に失礼だということで、

何一つ載せられません。<(_ _)> 
思い出としてHDにしまっておきます。


会場で熱いトークを展開してくれた皆様、とても楽しかったです。

今後とも宜しくお願い致します。



P.S
ハングリーさん、
次回からは数日前ぐらいに連絡してくださると梱包とか焦らずに済みます。(´・ω・`)



| 模型イベント | comments(5) | trackbacks(1) |
静岡ホビーショー2015

今回、新たにお二人のモデラーさんと直接お会い出来たので、作品を紹介させていただきます。


まずは『腹ペコ山男』樣

同氏ブログでも一際印象に残ったコレ。


飛行機モデルを背景として使うアイデア!


これも印象に残る作品。
と、まだ数点の作品があったのですが、ピンボケにてボツりました!申し訳ございません!
もうね、混み合う会場で初対面の人と話しながら撮影とかテンパッてあきませんね!
(脇汗がハンパなかったです)


お次は、年に一回ほどコメントを下さる『muck』樣の作品。

リアルで陸自駐屯地を巡って実写をリサーチされているという、秘めた情熱を持つお方。
この再現度、艤装ネットなど違和感なくて理想的。
てか、コンテストや雑誌など、実はとってもアクティブに活動されている方で、
なんでしょうね、この最後に印籠見せられて平伏すような気分は・・・過去にもあった。
(ウチは常連とか身内とか無いから、もっと自己PRしてくれてもエエんやで!)



で、最後は当サイト初期の頃から交流のある『まー坊』樣とお会いする予定だったのですが、
どこか放浪の旅に出られたとかで離席中!残念!!
例のブツをサークルの方に預けようと、事情を説明している間に作品の撮影を忘れてしまいました。
失敬!!<(_ _)>


以下、メーカーブースで気になった物など
続きを読む >>
| 模型イベント | comments(6) | trackbacks(0) |
静岡行ってきました
 

今年も行ってきました静岡ホビーショー!



昨年は『10式』が来て熱く盛り上がりましたが、今年はなんかパッとしない自衛隊広場・・・
と思ったら『しずぽん』なるスゴイのが来てました!

この『しずぽん』は前方だけでなく、左右もしっかり視認できる高性能な作りで、
機動力こそありませんが、ボデーは弾力があり、防御に徹した構造が”自衛隊らしさ”をアピール。
有事の際には、きっと国防の要として活躍してくれるでしょう。頼もしいですね!



今年もまずは、
「あっはっは!見ろ、人がゴミのようだ!!」

疲れたので、詳細は明日書きます。
と言っても、特にサプライズ発表は無かったので、殆どネタも無いんですけどね。



| 模型イベント | comments(0) | trackbacks(0) |
<< | 2/3PAGES | >>