過去記事テーマ別

管理人の買った物一覧

私家版戦車入門1: 無限軌道の発明と英国タンク
私家版戦車入門1: 無限軌道の発明と英国タンク (JUGEMレビュー »)
モリナガ ヨウ
世界初のタンク(戦車)が如何にして誕生し、どのような問題を乗り越えて進化して来たのか?蒸気トレーラーから英国の菱型戦車、ホイペットまでをまとめた決定版。
ガン&ガール イラストレイテッド 第二次大戦枢軸国編 (MC☆あくしずMOOK)
ガン&ガール イラストレイテッド 第二次大戦枢軸国編 (MC☆あくしずMOOK) (JUGEMレビュー »)

WW2枢軸陣営の小火器を紹介した女子イラスト付きのマジメな本。読みやすい構成で初心者にもオススメ。
大日本帝国陸海軍〈2〉―軍装と装備 明治・大正・昭和
大日本帝国陸海軍〈2〉―軍装と装備 明治・大正・昭和 (JUGEMレビュー »)
中田 忠夫
ややカタログっぽく編集されており、被服の細部(内側や背面など)を知ることは出来ませんが小物や拳銃、生活用品までかなりの数が全て写真で網羅されています。
The Soviet Soldier of World War Two
The Soviet Soldier of World War Two (JUGEMレビュー »)
Phillippe Rio
WW2ソ連兵の兵装を実写カラーでドカンと紹介。よほど特殊な設定以外この一冊で十分です。オススメ!全編英語
ストライクアンドタクティカルマガジン増刊 日本陸軍の戦車 2010年 11月号 [雑誌]
ストライクアンドタクティカルマガジン増刊 日本陸軍の戦車 2010年 11月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)
古是 三春,鈴木 邦宏,土居 雅博
最新の考証を元に八九式を中心に旧軍戦車を各型解説。写真やイラストも豊富で内装なども参考になります。オススメ!
Deutsche Soldaten: The Uniforms, Equipment and Personal Effects of the German 1939-1945
Deutsche Soldaten: The Uniforms, Equipment and Personal Effects of the German 1939-1945 (JUGEMレビュー »)
Agustin Saiz
これは凄い量の実物コレクション!ブーツやガスマスクなど一般的な装備品のバリエーションは勿論、マップケースの中身に時計やタバコまで、ドイツ兵の持ち物を殆ど網羅!巻頭から巻末までオールカラー写真で資料的価値抜群。オススメ!
※全編英語
図解 ヘビーアームズ (F-Files No.017)
図解 ヘビーアームズ (F-Files No.017) (JUGEMレビュー »)
大波 篤司
機関銃や迫撃砲、バズーカにロケットランチャーなど使用方法や各部品の意味など一問一答でスッキリ解説。銃器ビギナーの人に超オススメ。
Vision models 1/35スケール  【VA-9003】 帝国陸軍 九七式
Vision models 1/35スケール  【VA-9003】 帝国陸軍 九七式 (JUGEMレビュー »)

チハ系キットには欠かせないキャタ。価格、組み易さ、解像度も申し分ない定番商品。
末期の水物兵器集
末期の水物兵器集 (JUGEMレビュー »)
こが しゅうと
若干クセのある漫画と文章で、旧海軍兵器の中でもマニアックな物を局所的に徹底紹介!他のシリーズも濃イィ内容!
戦う広告―雑誌広告に見るアジア太平洋戦争
戦う広告―雑誌広告に見るアジア太平洋戦争 (JUGEMレビュー »)
若林 宣
戦時中に国内で使用された広告を年代ごとに紹介。当時の世相が分かる他に類を見ない貴重な資料。
British Web Equipment of the Two World Wars (Europa Militaria)
British Web Equipment of the Two World Wars (Europa Militaria) (JUGEMレビュー »)
Martin Brayley
英軍歩兵の装備品をカラー写真で紹介。色味やバリエーションを知るには良書ですが武器類は無し。価格的にもオススメ!
※全編英語
Stalin's War: Soviet Uniforms And Militaria 1941-45
Stalin's War: Soviet Uniforms And Militaria 1941-45 (JUGEMレビュー »)
Laszlo Bekesi
コレクターが集めたWW2ソ連軍の装備品や階級章のカラー写真集。マニアにとってはかなり薄い内容だが、ソ連軍初心者にはそこそこ資料的価値アリ。
※全編英語
第2次大戦ドイツ軍装ガイド
第2次大戦ドイツ軍装ガイド (JUGEMレビュー »)
ジャン・ド・ラガルド
オール実写による軍装ガイド。これ一冊で殆んどの正規バリエーションが把握できます。
ノーブル バックレスキューベルトチタン L(腰周り:78~94cm) 黒
ノーブル バックレスキューベルトチタン L(腰周り:78~94cm) 黒 (JUGEMレビュー »)

椅子に座ってると腰が痛い!
ってな人は試す価値アリ!
個人的には相当の効果を実感しています。
鋼鉄の最精鋭部隊―千葉戦車学校・騎兵学校 (日本陸軍の機甲部隊 1)
鋼鉄の最精鋭部隊―千葉戦車学校・騎兵学校 (日本陸軍の機甲部隊 1) (JUGEMレビュー »)

貴重な日本戦車の写真集です!戦車学校での訓練風景で構成され、全体の半分以上がチハ主体の写真ですがネットでは見られないレアなものばかり!チハファンは必携!
ドキッ乙女だらけの帝國陸軍入門
ドキッ乙女だらけの帝國陸軍入門 (JUGEMレビュー »)
堀場 亙,岡本 博信
萌えだと思って期待したらハズレですのでご注意を…列記としたミリタリー本です。
TUNODA 薄刃ミニニッパー 120mm TM-02
TUNODA 薄刃ミニニッパー 120mm TM-02 (JUGEMレビュー »)

某プラモメーカーから発売されている物のOEM版なのでプラモ制作に抜群の性能!しかも格安!
Les MAteriels radio de la Wehrmacht: German Radio Sets 1935-1945
Les MAteriels radio de la Wehrmacht: German Radio Sets 1935-1945 (JUGEMレビュー »)
Pierre Metsu
大戦中のドイツ軍無線機を全機種カラー写真で紹介。残念ながら和訳はないですが英訳はアリ。(値段が…)
陸軍機甲部隊―激動の時代を駆け抜けた日本戦車興亡史 (〈歴史群像〉太平洋戦史シリーズ (25))
陸軍機甲部隊―激動の時代を駆け抜けた日本戦車興亡史 (〈歴史群像〉太平洋戦史シリーズ (25)) (JUGEMレビュー »)

モデラー目線のディティール考察には向きませんが、日本戦車がどのように発展し各地でどう戦ったかを知るには良書。
Modelling the Marder Self-Propelled Gun (Osprey Modelling)
Modelling the Marder Self-Propelled Gun (Osprey Modelling) (JUGEMレビュー »)
Sam Dwyer, Robert Oehler

マーダー1,2D,3r,3M,3H のディティールアップ製作ガイド。
外人サンのテクを盗めます!
泥まみれの虎―宮崎駿の妄想ノート
泥まみれの虎―宮崎駿の妄想ノート (JUGEMレビュー »)
宮崎 駿
エース「オットーカリウス」の手記を元に末期ドイツ軍の泥沼の戦いを描写。
今までの「戦車感」が変わるかも?
第2次大戦各国軍装全ガイド (ミリタリー・ユニフォーム)
第2次大戦各国軍装全ガイド (ミリタリー・ユニフォーム) (JUGEMレビュー »)
ピーター ダーマン,マルカム マクグレガー,ピエール ターナー
WW2各国陸海空の軍服図鑑。
膨大な数だが、浅く広くといった感じなので、一国を集中的に調べたい人には不向き。
日本戦車隊戦史―鉄獅子かく戦えり
日本戦車隊戦史―鉄獅子かく戦えり (JUGEMレビュー »)
上田 信
帝国陸軍戦車部隊が各戦線でどのように戦ったのか、図解を交えて年代ごとに相手装備と比較しながら紹介。
イラスト中心なので文章が苦手な人でも大丈夫!(写真は無し)
ビジュアルガイド WW2戦車〈1〉電撃戦
ビジュアルガイド WW2戦車〈1〉電撃戦 (JUGEMレビュー »)
川畑 英毅, 吉原 幹也
WW恐そ戦線好きなら持っておきたい一冊。
ドイツ、ソ連は勿論、フランスやポーランド等、欧州のあらゆる戦闘車両を広く浅く紹介。マイナー車種など豆知識にいいかも。
アハトゥンク・パンツァー〈第7集〉1号戦車、2号戦車と派生型編
アハトゥンク・パンツァー〈第7集〉1号戦車、2号戦車と派生型編 (JUGEMレビュー »)
尾藤 満
言わずと知れたモデラーの為の資料本。 詳細図と写真で各型を詳しく解説。
丁型潜水艦☆伊365<1>

海モノ2連続でまいります。
アオシマ「丁型潜水艦イ365」開始であります!



>>>パーツ点数が少ないので一気に早送り>>>



<修正点>
見たまんま、ダボに対してホゾが狭いので、0.8丱團鵐丱ぅ垢燃板イ靴泙后


<誤植>
単純に「じゅうに」を「にじゅう」と勘違いしたのでしょう。
9ページ下段のボラード取り付け、正解は「C12」です。


<艦橋>
艦橋自体は特に問題ないのですが、やはりブルワークが肉厚なので薄々加工を施します。
問題は前面に設置された22号電探で、金型が悪いのかモールドが潰れてたりします。


<艦橋の梯子>
今回使用しているアオシマの専用エッチングの説明書では、
この梯子を艦橋の形状に沿うように取り付けるような写真になっていますが、
キット説明書の資料写真を見る限りでは「垂直」に取り付けられているので、別の梯子パーツで修正。

普通に考えてオーバーハングしてる梯子なんて上り辛いですよね・・・


<塗装前>
いきなりですが塗装前段階。(実質ランナー1枚分ぐらいのボリュームなのでw)

工作で一番手間取ったのはオプションである作業用クレーン組み立てでした。
(クレーンは塗装してから甲板に接着しつつ組み立てるのがよさそうです)

あぁ、二等輸の苦労が嘘のようです。潜水艦ブラボー!



<艦これ>
「艦これ」春イベはE4まで全力でクリアしましたが、
E5はキツイ割に報酬がアレなので脱毛予防も兼ね「一日5回」の出撃を上限として、
イベント終了三日前までにゲージを半分以上削れてなかったら諦める所存。 

敵ゲージの時間回復無しって素晴らしい!これでこそお手軽ブラゲと言えましょう!
(ダークソウル2も進めなくては・・・)


| 海モノ | comments(2) | trackbacks(0) |
二等輸送艦<完成>
 
「艦これ」春イベの真っ只中ですが、うpです。


<ダイソーベースがキラリと眩しい撮影風景>
クリッコでギャラリーへ


当サイト初の”水上艦”が遂に竣工致しました。(戦艦三笠は依頼なのでノーカウント)
思い起こせば3年前「艦船と航空機は気分転換で軽く作ろう」などと思いながら始めたのですが、
今から思えば、最初からもっと資料を集めて細かい仕様の方向も決めてから始めるべきだった・・・
と、結構な後悔を残しながら航海へ出る姿を公開することとなりました。(どや!三段仕込みや!)

しかしまぁ、自分が艦船模型を真面目に作る日が来ようとは・・・
恐るべし「艦これ」の影響力・・・


ということで、次作は息抜きにアオシマ「丁型潜水艦」建造開始でゲソ!


| 海モノ | comments(5) | trackbacks(0) |
続・二等輸送艦<最終回>

涙の最終回は戦車と艦長の仕上げでございます。


<戦車>
 今回搭載する戦車は後期迷彩で決定。
まずはラッカーで「枯れ草色っぽい」色を調合して基本色とします。
いやもう、コレただのタミヤ「カーキ」やろ・・・


迷彩はタミヤアクリルを筆塗り。
緑部分は「フィールドグレー」に「フラットグリーン」を少々混ぜたもの。
土地色は「ブルー」と「レッドブラウン」を混ぜたもの。

割合とかはテキトーです。


スミ入れ兼ウォッシング。


フィルタリングっぽい作業。
定番のエナメル「白、黄、茶」を原液でランダム点々→拭き取り。

>>>履帯と転輪のゴムを塗って>>>

「艦に積み込む戦車が泥だらけなワケないよね・・・」と悩みましたが砂埃も追加。


これで全工程が完了です!


工作段階でもっと色々やるべきだった・・・と若干の後悔はありますがヨシとします!



>>そして、作業は最終局面へ突入する!



海から陸へ侵略攻略と言えば、この人を差し置いて艦長は務まりません!
みんな大好き「イカの人」!!


1/320ぐらいかな?オーバースケ−ルですが、そもそも「イカの人」なのでいいんじゃなイカ?
目も描こうかと思いましたが、失敗のリスクを考えこれで完成とします。


以上をもちまして二等輸製作記事は終了!撮影とHPの編集作業に入ります!




そう言えば5-2で「三隈」出たでゲソ。
| 海モノ | comments(2) | trackbacks(0) |
続・二等輸送艦<16>

やっと・・・やっと塗装で御座います!


<基本塗装>

まずはハルレッドを適当に。
今回はクレオスのハルレッドに少量のレッドを混ぜて、明るめに調合しています。
この時点で煙突の先端部と木甲板も吹いて、きっちりマスキングします。


そして!この日の為に買った艦これパッケージのカラーセット!

まぁ、結局は調合しちゃうんで「○○工廠色」とか全然気にしないんですけど、
こういうのはノリと気分であります!気分が高揚します(ってあれ?加賀さんが居ない!)


<修正>

塗装工程に入ってからやる事じゃないんですけど、どうも気になっていた後部アンカーの鋼索を
エナメル線を縒った物から単なるエナメル線に変更しました。(見た目のバランスが大事ですからね)


<更に・・・>

構造上、後付になるボートダビット。
仮付けするまで全く気付きませんでしたが、これ、上げシロが殆ど無いんで止む無く改修。



資料写真を確認したら基部は甲板ツラツラの位置だったので、そのまんま基部を上げてみました。
剥がれた塗装のタッチアップが上手くいって一安心であります・・・


<汚し>

「汚し」は戦車と全く同じ方法で行います。

.轡礇丱轡礇个僕呂い織┘淵瓮襪旅やこげ茶をスミ入れも兼ねて適当に塗ったくる。
表面が濡れている間にエナメルの茶色、白色を原液のまま点々とランダムに置いていく。
4チ臍阿吠辛や綿棒等で垂直方向に拭き取る。

1/35戦車みたいに、あまりギトギトにメリハリ付けると
「汚れがオーバースケール」になりかねないので、今回は控えめにやってます。



木甲板はバフ系の基本色を吹いた後、木板一枚ごとに色のメリハリを付けるのですが、
このスケールだと一枚ずつ筆で塗り分けた方がマスキング法よりラクなので、筆塗りしています。

中央の白線は両サイドをマスキングしてから、エナメルのやや灰色がかった白を希釈せずに、
ワザと擦り消えた感じが出るよう、筆で軽く叩く感じで塗ってます。


最終的にまだもうちょっと手を加えますが、基本的な塗装はこれでヨシとします!
次は搭載する戦車と・・・いよいよ主人公であるアノ人の塗装に着手です。



| 海モノ | comments(5) | trackbacks(0) |
続・二等輸送艦<15>

ようやく塗装段階まで辿り着けました。
慣れない事というのは時間が掛かるものです。。。


<スクリュー>

前回の「主舵」を取り付けて「よし!塗装や!」と全体を確認しておりますと、何かオカシイ。
そう、スクリューの存在をスッカリ忘れており、ランナーごとゴミ箱に捨ててあったのを発見。
慌てて取り出し、最後の改修作業を終えました。

元パーツのままだと3枚の分厚いプロペラが水平に並んでいるだけなので、
プライヤーで捻じってリューターで薄々加工。・・・以上、工作完了であります!


<塗装前>

別塗りするパーツはこんな感じ。



資料写真を確認すると、外周の手摺りはシングルのチェーンタイプと思われるので、
KAモデル「MS35002手摺りセット」の中段を切り取ってからピンセットで弛みを付けてみました。



避雷針と風向計は諦めました。


>>>一気に下地へ



下地塗装は戦車塗装の基本と同じく、下方向から暗い色を吹いて突起物の明暗を付けるのと、
シミ、ムラを垂直方向を意識してバーッと適当に吹き付けておきます。


さて、ここからはホーム試合、湧きあがれHi-ERo粒子!この週末で一気に行きますよぉ!

(あ、最後に苦手な空中線とか・・・)



| 海モノ | comments(0) | trackbacks(0) |
続・二等輸送艦<14>

本日は暖かいを通り越して「暑い」日和となり、
急遽、Tシャツ、タンクトップ、短パンを押し入れから出し、洗濯機に放り込みました。

今年こそプラモ制作を持続したまま夏を越してみたく存じます。


<機銃の照準>
ハセガワの機銃パーツにはエッチング照準器もセットされているのですが、
これはどう見てもスケール的なバランスが悪いので、折角ですがこの後撤去しました。


<主舵>
上物ばかりに気を取られてスッカリ忘れていましたが、この「舵」もちょっとアレなので弄ります。


詳細は知りませんが、こんな感じで気分的にスッキリしました。
参考にしたのは「アナタノ知ラナイ世界2(著・こがしゅうと)」で、
二等輸送艦のディテールイラストを扱っている点で、かなりレアな内容の本であります。

上記の本に描かれているのは101号型ですが、立体イラストは貴重。
ちなみに103号型は同著者「末期の水物兵器集」で紹介されています。



<新兵器>
さて、マストや手摺り等、上物が出来上がってから船体の裏側を弄るのはキビシイ!と言う悩みを
今回、一発で解消してくれたのが、GSIクレオスから発売の「Mrバイス」であります。


AFVの制作がメインの私にとって、滅多に出番は無いだろうと思っていましたが、今回は大活躍。
フルハル艦船模型や航空機など制作中「あまり手で触りたくない」ジャンルで有効であります。
特に今回の二等輸送艦はビルジキールが無いので、ちょっと置くだけでもかなり不安定で、
作業中、コイツがしっかり保持してくれるおかげでかなり助かりました。
(付属の台座はあまりにも頼りないですからね・・・)


イッパイまで開くと丁度塗料瓶が掴める程度。
バイス自体は安物チックなガタつきも無く好印象。
これ以上開くと構造上そのままパーツが外れます。


掴んだままグリグリとヘッドの角度も変えられます。(なんで潜水艦やねん)
お値段少々張りますが、ベースもズッシリと重量があり安定感はバッチリ。
我が鎮守府では活躍しそうですが、この価格が高いと見るか妥当と見るかは人によるでしょう。






| 海モノ | comments(2) | trackbacks(0) |
続・二等輸送艦<13>

タミヤがMk孤形戦車、ファインMが61式戦車をアナウンスし、 
我が鎮守府の棚で長年待機していたエマー製Mk献ットのゴミ化は不可避となりました。



<9mカッター>
左)タミヤ「艦載艇セット」の物、右)キットの物。
タミヤの方がモールドがシャープでディテールも細かいのですが、
ピットも内部構造のコンセプトだけは何となく惜しい感じがします。


しかしながら、船体を見比べると勝負にならない悲しい現実。


タミヤ完全勝利S
オール付ですが舵は付いていません。


<E27逆探>
先日、タミヤの「伊400」から引っ張ってきた逆探がかなりモサいと悩んでおりましたが、
積んでるキットを漁ってみたところ、素晴らしい救世主を発見いたしました。
アオシマ「丁型潜水艦用エッチングパーツ」に出来の良いE27逆探が2つセットされており、
該当キットでは一つしか使用しない為「ここで使わずいつ使う?」と早速改装。


比較。
もう何も言う事はありません。ズバリこういうのを求めていたのです。


部分的にディテールが締まって、他の下手な工作が目立ってしまいますが、ヨシとします。

アオシマの潜水艦用エッチングって伊号用とかモサいイメージでしたが、工場変えたんでしょうか?
他社の1/350電探セットで出来の良いE27を知っている方は、教えてくだしあm(__)m



<リール>
艦船モデラーの基本(らしい)リールの制作。
ハセガワ「QG35艦艇用汎用エッチングパーツ」の中から使用。

プラ棒にエナメル線を巻いてパーツにピッタリのサイズでカットして接着するだけ。
と、言うだけなら簡単ですが、やっぱり難しいですこの作業・・・
(これを1/700でもやれと言うのか・・・恐るべし艦船模型)



| 海モノ | comments(3) | trackbacks(0) |
続・二等輸送艦<12>
 
この二等輸にとって「戦車」は準主役級の扱いをせねばならないと思っていましたが、
「いや普通、見るのは船やからね・・・」と自分の中で小さく線を引いてしまい、
今からでもやり直そうか悩んでいるのでありますが、まだまだ強敵が続くので進みます。

次のボスは二等輸に標準搭載されている「十米特型運貨船」すなわち「小発」であります!


<小発>
キットパーツはこんな感じ。
私のような素人でも「何かバッサリ端折られてるよね・・・」と悩んでしまう難物。
そして最大の問題は「ググっても殆ど画像資料が出てこない」という石破先生も唸る謎の機密仕様。


どうやって走るのか?側面のモールドは何故中途半端に途切れているのか?
船内の突起は何?エンジンは?操舵はどうするの?

などと、脱毛指数がメキメキと上昇してきたその時、神からのヘルプが!
いつもコメントを頂いている方から資料写真を提供していただき、
我が頭髪は九死に一生を得たのであります!あぁ、神のおかげで髪は健在です!


<小発、修正開始>
まず、側面の中途半端なモールドは一旦パテで埋めて、新たにプラペーパーで再現。
多分、こんな感じだと思いますが、そもそも船体自体の形状がかなり違うと思います。


中はこんな感じですが、補強や床板は適当に間引いています。

今回頂いた写真資料ではエンジンが中央、操縦は後方で行っていてイメージではこんな感じ。
各パーツの形状はハッキリ確認出来なかったので9割が想像です。

前部の防弾板もかなり形状が異なりますが、改造がややこしいので諦めました・・・


スクリュー部分は、浅瀬に直接乗り上げることを考えて、
一般的なプロペラではなく、なんかドリルみたいな感じの物で左右にガードが付きます。

ガード部分は舷窓の雨どいエッチングで、スクリューは真鍮線を軸に適当デッチアップ。
舵もプラ材で適当に想像デッチアップ。


で、色々やってみても載せてみるとこんな程度にしか見えないのです・・・

あと、実際の航海では恐らく波除の幌なんかが被せてあると思われます。
(あくまで想像ですが外洋だとモロに波被りそうですからね!)


お約束ですが・・・
この手の量産型小艦艇は各造船所などによって大きく仕様が異なる場合があるので、
「へぇ(´・ω・`)」ぐらいの感じで宜しくお願いします。



| 海モノ | comments(2) | trackbacks(0) |
続・二等輸送艦<11>

終わらない・・・終わりが見えない・・・

とか思ってたら、船本体は細かいディテールを残すのみとなっており、
ついに、この時がやってまいりました・・・


<1/350戦車>

当キットには、ハ号、チハ(新旧)、チヌ、ホニ機▲ミ、自動貨車、が付属しているのですが、
ぶっちゃけ、なんとか撮影に耐えられそうなのは、チハ、チヌだけでございます。
その中で最も出来がマシと言えるチハ系を4輌載せることにしました。

自称AFVモデラーとしては、まさに「ここは譲れません」です。



チハ系車体は新車体のようなので、後部を詰めて雑具箱を付けてみました(左)
でも違う・・・根本的に違う・・・あれ?もう何か色んなモン譲ってる・・・


続いてチヌ車体。
エンジンデッキ側面の角度をエポパテで修正し、後部もプラペーパーで垂直に修正。



操縦席正面の形状もプラ板でかさ上げして、間をエポパテで埋めました。
あと、全車体とも前面下部の角度をプラ板で修正し、牽引フック基部を追加、
フェンダーも薄々加工しています。



キットにはチハ系車体が3つとチヌ車体が1つなのですが、
上物パーツは「旧砲塔」「新砲塔」「ホニ」「チヌ」とバラバラなのと、チヌ砲塔がウンコなので、
「手を加えた新砲塔」を複製してチハ3両、チト1両としました。


<手を加えた内容(砲塔)>
砲身、銃身は真鍮線、砲塔右側面と背面のハッチをプラペーパーで再現。
装甲板の継ぎ目を入れて、駐退器部分を整形、主砲基部のモールドをちょこっと追加。


「まだだ!」なんて言ってたらそれこそ「終わらんよ」なので、一旦ここで完了とします。

しかし、こうして戦車を並べてみるとミニスケの世界も面白そうですね。
どこで妥協するか、線引きが難しそうですが・・・



 
| 海モノ | comments(4) | trackbacks(0) |
続・二等輸送艦<10>

今年は久々に静岡に行く事となりまして、本日、ホテルの予約を完了しました。
もちろん、一般として行くだけですけどね。


<艦首の門扉>

二等輸のメインパーツでもある艦首の門を開け閉めする鎖を自作。
これは流石に市販のチェーンじゃオーバースケール過ぎるので、
AFVでよくやる「2本のエナメル線を縒ってペンチで潰す工法」にて制作しました。
縒る時に、端っこをピンバイスで挟んでクルクル回すとラクです。



「なんちゃってチェーン」と旗竿を取り付けて、後はこの「チェーンを固定するチェーン」と、
「扉の固定金具」をどうするかで悩んでおります。

ていうか、本当にこのような格好で合っているのか?が一番モヤモヤする所であります。
 

<機銃の配置>

煙突後方の銃座がある部分、勝手に「吸気路」なんて自作したが為に、
機銃を取り付けた際、モーレツに干渉する事が判明。
手摺りまで取り付けたこの状態から、まさかの整形作業であります。




はい!完了!
周囲を破損しないよう慎重にモールドと精神力をガリガリ削り、
銃座はキットの余りパーツを薄く削って貼り付け、何とか格好が付きました。



そして、後期二等輸ならではの輸送艦とは思えぬ大量の対空機銃。
本当はファインMのナノドレッドを使いたい所ですが・・・いや、持ってるんですが・・・
今回は予てより用意していたハセガワの「艦船装備セットA」から使用します。


ぐぉ!ナノドレッド使ってみてぇ!!



| 海モノ | comments(0) | trackbacks(0) |
<< | 2/10PAGES | >>