過去記事テーマ別

管理人の買った物一覧

私家版戦車入門1: 無限軌道の発明と英国タンク
私家版戦車入門1: 無限軌道の発明と英国タンク (JUGEMレビュー »)
モリナガ ヨウ
世界初のタンク(戦車)が如何にして誕生し、どのような問題を乗り越えて進化して来たのか?蒸気トレーラーから英国の菱型戦車、ホイペットまでをまとめた決定版。
ガン&ガール イラストレイテッド 第二次大戦枢軸国編 (MC☆あくしずMOOK)
ガン&ガール イラストレイテッド 第二次大戦枢軸国編 (MC☆あくしずMOOK) (JUGEMレビュー »)

WW2枢軸陣営の小火器を紹介した女子イラスト付きのマジメな本。読みやすい構成で初心者にもオススメ。
大日本帝国陸海軍〈2〉―軍装と装備 明治・大正・昭和
大日本帝国陸海軍〈2〉―軍装と装備 明治・大正・昭和 (JUGEMレビュー »)
中田 忠夫
ややカタログっぽく編集されており、被服の細部(内側や背面など)を知ることは出来ませんが小物や拳銃、生活用品までかなりの数が全て写真で網羅されています。
The Soviet Soldier of World War Two
The Soviet Soldier of World War Two (JUGEMレビュー »)
Phillippe Rio
WW2ソ連兵の兵装を実写カラーでドカンと紹介。よほど特殊な設定以外この一冊で十分です。オススメ!全編英語
ストライクアンドタクティカルマガジン増刊 日本陸軍の戦車 2010年 11月号 [雑誌]
ストライクアンドタクティカルマガジン増刊 日本陸軍の戦車 2010年 11月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)
古是 三春,鈴木 邦宏,土居 雅博
最新の考証を元に八九式を中心に旧軍戦車を各型解説。写真やイラストも豊富で内装なども参考になります。オススメ!
Deutsche Soldaten: The Uniforms, Equipment and Personal Effects of the German 1939-1945
Deutsche Soldaten: The Uniforms, Equipment and Personal Effects of the German 1939-1945 (JUGEMレビュー »)
Agustin Saiz
これは凄い量の実物コレクション!ブーツやガスマスクなど一般的な装備品のバリエーションは勿論、マップケースの中身に時計やタバコまで、ドイツ兵の持ち物を殆ど網羅!巻頭から巻末までオールカラー写真で資料的価値抜群。オススメ!
※全編英語
図解 ヘビーアームズ (F-Files No.017)
図解 ヘビーアームズ (F-Files No.017) (JUGEMレビュー »)
大波 篤司
機関銃や迫撃砲、バズーカにロケットランチャーなど使用方法や各部品の意味など一問一答でスッキリ解説。銃器ビギナーの人に超オススメ。
Vision models 1/35スケール  【VA-9003】 帝国陸軍 九七式
Vision models 1/35スケール  【VA-9003】 帝国陸軍 九七式 (JUGEMレビュー »)

チハ系キットには欠かせないキャタ。価格、組み易さ、解像度も申し分ない定番商品。
末期の水物兵器集
末期の水物兵器集 (JUGEMレビュー »)
こが しゅうと
若干クセのある漫画と文章で、旧海軍兵器の中でもマニアックな物を局所的に徹底紹介!他のシリーズも濃イィ内容!
戦う広告―雑誌広告に見るアジア太平洋戦争
戦う広告―雑誌広告に見るアジア太平洋戦争 (JUGEMレビュー »)
若林 宣
戦時中に国内で使用された広告を年代ごとに紹介。当時の世相が分かる他に類を見ない貴重な資料。
British Web Equipment of the Two World Wars (Europa Militaria)
British Web Equipment of the Two World Wars (Europa Militaria) (JUGEMレビュー »)
Martin Brayley
英軍歩兵の装備品をカラー写真で紹介。色味やバリエーションを知るには良書ですが武器類は無し。価格的にもオススメ!
※全編英語
Stalin's War: Soviet Uniforms And Militaria 1941-45
Stalin's War: Soviet Uniforms And Militaria 1941-45 (JUGEMレビュー »)
Laszlo Bekesi
コレクターが集めたWW2ソ連軍の装備品や階級章のカラー写真集。マニアにとってはかなり薄い内容だが、ソ連軍初心者にはそこそこ資料的価値アリ。
※全編英語
第2次大戦ドイツ軍装ガイド
第2次大戦ドイツ軍装ガイド (JUGEMレビュー »)
ジャン・ド・ラガルド
オール実写による軍装ガイド。これ一冊で殆んどの正規バリエーションが把握できます。
ノーブル バックレスキューベルトチタン L(腰周り:78~94cm) 黒
ノーブル バックレスキューベルトチタン L(腰周り:78~94cm) 黒 (JUGEMレビュー »)

椅子に座ってると腰が痛い!
ってな人は試す価値アリ!
個人的には相当の効果を実感しています。
鋼鉄の最精鋭部隊―千葉戦車学校・騎兵学校 (日本陸軍の機甲部隊 1)
鋼鉄の最精鋭部隊―千葉戦車学校・騎兵学校 (日本陸軍の機甲部隊 1) (JUGEMレビュー »)

貴重な日本戦車の写真集です!戦車学校での訓練風景で構成され、全体の半分以上がチハ主体の写真ですがネットでは見られないレアなものばかり!チハファンは必携!
ドキッ乙女だらけの帝國陸軍入門
ドキッ乙女だらけの帝國陸軍入門 (JUGEMレビュー »)
堀場 亙,岡本 博信
萌えだと思って期待したらハズレですのでご注意を…列記としたミリタリー本です。
TUNODA 薄刃ミニニッパー 120mm TM-02
TUNODA 薄刃ミニニッパー 120mm TM-02 (JUGEMレビュー »)

某プラモメーカーから発売されている物のOEM版なのでプラモ制作に抜群の性能!しかも格安!
Les MAteriels radio de la Wehrmacht: German Radio Sets 1935-1945
Les MAteriels radio de la Wehrmacht: German Radio Sets 1935-1945 (JUGEMレビュー »)
Pierre Metsu
大戦中のドイツ軍無線機を全機種カラー写真で紹介。残念ながら和訳はないですが英訳はアリ。(値段が…)
陸軍機甲部隊―激動の時代を駆け抜けた日本戦車興亡史 (〈歴史群像〉太平洋戦史シリーズ (25))
陸軍機甲部隊―激動の時代を駆け抜けた日本戦車興亡史 (〈歴史群像〉太平洋戦史シリーズ (25)) (JUGEMレビュー »)

モデラー目線のディティール考察には向きませんが、日本戦車がどのように発展し各地でどう戦ったかを知るには良書。
Modelling the Marder Self-Propelled Gun (Osprey Modelling)
Modelling the Marder Self-Propelled Gun (Osprey Modelling) (JUGEMレビュー »)
Sam Dwyer, Robert Oehler

マーダー1,2D,3r,3M,3H のディティールアップ製作ガイド。
外人サンのテクを盗めます!
泥まみれの虎―宮崎駿の妄想ノート
泥まみれの虎―宮崎駿の妄想ノート (JUGEMレビュー »)
宮崎 駿
エース「オットーカリウス」の手記を元に末期ドイツ軍の泥沼の戦いを描写。
今までの「戦車感」が変わるかも?
第2次大戦各国軍装全ガイド (ミリタリー・ユニフォーム)
第2次大戦各国軍装全ガイド (ミリタリー・ユニフォーム) (JUGEMレビュー »)
ピーター ダーマン,マルカム マクグレガー,ピエール ターナー
WW2各国陸海空の軍服図鑑。
膨大な数だが、浅く広くといった感じなので、一国を集中的に調べたい人には不向き。
日本戦車隊戦史―鉄獅子かく戦えり
日本戦車隊戦史―鉄獅子かく戦えり (JUGEMレビュー »)
上田 信
帝国陸軍戦車部隊が各戦線でどのように戦ったのか、図解を交えて年代ごとに相手装備と比較しながら紹介。
イラスト中心なので文章が苦手な人でも大丈夫!(写真は無し)
ビジュアルガイド WW2戦車〈1〉電撃戦
ビジュアルガイド WW2戦車〈1〉電撃戦 (JUGEMレビュー »)
川畑 英毅, 吉原 幹也
WW恐そ戦線好きなら持っておきたい一冊。
ドイツ、ソ連は勿論、フランスやポーランド等、欧州のあらゆる戦闘車両を広く浅く紹介。マイナー車種など豆知識にいいかも。
アハトゥンク・パンツァー〈第7集〉1号戦車、2号戦車と派生型編
アハトゥンク・パンツァー〈第7集〉1号戦車、2号戦車と派生型編 (JUGEMレビュー »)
尾藤 満
言わずと知れたモデラーの為の資料本。 詳細図と写真で各型を詳しく解説。
クルセーダー2<13>
 いやぁ、そうですか、ブロンコが狭D型をリリースですか。
ならば当然「マーダーD」や「フラミンゴ」もいっちゃうんでしょうね?
それはいいけど、どうか適正価格で宜しく頼みますよ・・・
6千円台とか勘弁してくださいね。


<下地>

ココ最近の下地処理。
サフ→ダークアイアインを筆でシバく→エアブラシで黒茶ムラ吹き。

塗装の劣化を再現するに写真など見ていますと、いわゆるチッピングとは異なる「擦れて塗膜自体が薄くなった部分」というのが意外と目立つと気付き、昨年よりこの方法に切り替えますた。


基本色を吹くと先程の処理は目立たなくなりますが、ダークアイアンは擦ると光る塗料なので
この後のウォッシングの拭き取り作業でダークアイアン部分が地金っぽく浮き出てくるワケですよ奥さん。(`・ω・´)ゞ


さて、そろそろ「潜水艇ビーバー」の為のフィギュア構想を練りまする。


| イギリス物 | comments(2) | trackbacks(0) |
クルセーダー2<12>
「一週間もあれば余裕じゃ」などと甘く見ていたクルセーダー。
やっとこさっとこ、作業は大詰めでありますよ。

<サンドシールドのレール>

北アフリカのサンドシールドには雑荷を吊り下げたり簡易天幕を張る為のレールが装備されているので自作。
勿論、エデュアルドのサンドシールドセットにもレールパーツが付属していましたが、留め具の本数がオカシイのでプラバン自作とあいなりますた。


ムズイのはシールド本体同様「曲げ加工」でして、外側へ角度を付けてシールド本体よりも若干張り出さないとイカンわけです。


<キャタ>

これは悩みました。
シールドのおかげで見える部分なんて前後チョロっとと、接地面側面だけですから、わざわざ高価なフリウルなんて使う意味があるのか?と。
でもまぁ、このあとMk1もあるので、その時にでも使おうと思い用意しまして、せっかくだから撮影の時だけでも巻いてやろうと連結開始。
サイト用の撮影が済んだらキット付属のベルトキャタに交換するという、節約使い回しセコ技。
ピンを一本抜けば簡単に着脱出来るのがフリウルの魅力w


フリウルと言えばメタルパーツですから、潰れやバリなんかが結構多いんですね。
バリはデザインカッターでカットすれば使えますが、とりあえずキレイなヤツから組んでいきます。
結構な数の整形不良がありますが、その分余分に入っているので大丈夫。
っていうか、ものっそい余分に入ってますw


元キャタとの違いはこんな感じ。
私的にはこのぐらい許容範囲なんですが、接地部の溝の形状だけはいただけませんね。
何か別パターンの資料でもあったのか?と調べましたが、溝が4つに仕切られているパターンは見当たりませんでした。

ということで、やっと塗装です。


P.S
潜水艦マニアの兄貴衆!!
イタレリ「38609 1/35 ビーバー」の予約始まってます!!(`・ω・´)ゞ




| イギリス物 | comments(0) | trackbacks(0) |
クルセーダー2<11>
 ガチの怒りを受け止めろ!ガチの怒りを受け止めろ!
・・・ぐらいの気分で進めております。


<リベット>

苦心の末取り付けたエッチングのサンドシールドにはリベットモールドが無い(ガイドはある)ので、自分で付けることとなるのですが、200個余りの丁度良い大きさのリベットを取れるジャンクパーツが無く、お馴染み「ダイソ−ポンチ」で自作します。

不要になったカッターマットの上でプラバンを叩いていきます。
この時、力加減を均一にしないと不揃いの林檎たちになってしまうので注意です。


出来たポチポチがリベット候補生。
これをカッターで削ぎ落として形の良いモノだけを選別し、接着していくワケですね。
今回は200個以上、気が遠くなります。


<ライト>

砲塔側面に付くでっかいライト。
キットパーツはムク状態だったのでリュータで刳り貫いて、真ん中に適当なプラ棒付けて電球表現。


あとは詳しくは分かりませんが、写真見ながら「こんな感じやろう」と銅板や針金でデッチアップ。

コードの引き込み口は推測ですが、資料写真に「どう見てもそれ以外に用途が考えられない突起」を見つけたのでプラ材で追加して針金をズブリ。

推測だらけですが、実車がボコボコと現存してる車輌ですから、調べれば簡単に答えが見つかると思います。
単なるおおちゃくですね。


| イギリス物 | comments(3) | trackbacks(0) |
クルセーダー2<10>
 薄っすらと完成の絵が見えてきましたが、まだまだツッコミ所満載で難航しております。

<銃塔>

調べるまで知らなかったんですがこの銃塔、実は鋳造なんですね。
上から見たらハッチを含む円系の別パーツになっており、キットでは坊主なので図形定規を当てて針でケガキました。
あと、側面のリベットは確実に確認できたんですが、溶接跡みたいなのはハッキリとしない部分なので適当なデッチアップです。(おそらくは鋳型の継ぎ目だろうと思います。)
まだまだ形自体が違う部分がありますが、キリがないので銃塔はココまでにします。


<アンテナ基部>
「こういう所こそエッチング化しないでどうする?」とエデュアルドには言いたくなります。
砲塔右側面のアンテナ基部ですが、キットパーツは中途半端にムクなのでプラペーパーで作り直し。
もちろん計ったりせず、目分量の一発勝負なので元パーツと若干サイズが違います。
(本当に定規の目盛とか読むのが苦手なんですね・・・)



<来たる大空への旅立ちに備えて>

今まで全く興味の無かったパイロットフィギュア。
(48はタミヤのD520、72はハセガワの一式陸攻から)
最近、飛行機プラモにパイロットを乗せたくてウズウズしておりまして、積んでるキットからパイロットをかき集め、常時使えるように複製しておこうと思います。
軽く調べてみたら、1/72のパイロットフィギュアって結構少ないんですね。
爆撃機とか人がイッパイ乗ってた方が面白いと思うんですが。



| イギリス物 | comments(2) | trackbacks(0) |
クルセーダー2<9>
中国は3つに分かれて・・・とか、いろいろ想像を膨らませてくれる時代になってきましたね。
全く個人的な何の根拠も無い考えですが、とりあえず中国系の投資は控えた方が良さそうです。


<砲塔側面>

クラッペの角度がオカシイです。
実車は単なる長方形で、このような変な角度は付いておりません。



矢印の位置がややこしいですが、クラッペの角を90度になるようにカッターでカットしますた。
(それにしたがいリベットも打ち直してます)
矢印は照明灯の取付金具を指していますが、キットのインストもエデュアルドのインストも取り付け位置を間違えているので「実際はココですよ〜」という意味で指しています。
元々ある車体のリベット(ボルト?)の位置を利用した取り付けということですね。


<久々のショック!>

何気なく気分転換にイタレリの「ホルヒKfz15」を開けて眺めていたところ、この惨状を発見。
なんと、ソフビのタイヤパーツがプラパーツを溶かしているではありませんか!!
こんな事ってあるんかいな!と、見えない所ならまだしも思いっきりボンネットをやられ、ショック倍増・・・
エロクさんに「ホルヒのBパーツお願いします」で損害は最小限にとどまりそうですが、
発売後、20年ぐらい経ったソフビパーツを含むキットをお持ちの方は一度チェックしてみることをオススメします!

憎い!ソフビが憎い!!(`Д´)ノ


| イギリス物 | comments(3) | trackbacks(0) |
クルセーダー2<8>
 春かっ!
と、陽気につつまれていると部屋に篭るのがイヤになってきますが、そこをグッと我慢して一般変質者との差を見せつけてやろうじゃなイカ!
ワッショイヽ(゚∀゚)祝☆イカ娘2期決定!(゚∀゚)ノ ワッショイ


<車体前面>

インストには書いてませんが、不要な穴が開いているのでパテ埋めしてボルトを付け足す必要アリ。


<砲塔内部>

今回使用しているエデュアルドの「35422」P.Eには、簡単な・・・本当に簡単な砲塔インテリアが付いていて、せっかくなので遊びで作ってみました。
こんな所に力を注ぐ(しかも中途半端に)なら、もっと他に見える部分でパーツ化する物があるだろう!と言いたいところですが、これはこれでデッチアップになるのでヨシ。


英軍戦車の、しかも内装なんてサッパリ知らないので配置はインストの指示通り。
無線機の塗装とかも適当な想像です。


とりあえず汚しまでやってみた の図。(上面は見えないので白塗りだけ)
どうせなら砲塔リングまで何とかしようかとも思いましたが、資料不足の気力不足でここまで。
ペリスコープはP.Eパーツに含まれてましたが、怪しいのでドイツ戦車の物を適当に移植しますた。

砲弾ラックって、砲弾が入ってないと気分的に敗北感がありますね。
あと、関係無いけど「九六式陸攻」作りてぇ〜!(`Д´)ノ



| イギリス物 | comments(4) | trackbacks(0) |
クルセーダー2<7>
ブルァァア!!
な感じで進めておりますクルセーダー。
ここ数日、無改造でサクっと作れるキットを陸海空、登場時期、スケール問わず探しております。

<防盾修正>

どうしようもないキットパーツを簡単に手直し出来るよう買ったタイガーモデルデザインのレジンパーツに裏切られ、「マジかよ・・・」を20回ぐらい呟きながら、やるしかないのでエポパテで寸法修正をしてみますた。








鋳造防盾なので、最後にラッカーパテを塗って筆でポンポン叩いて完了。
一時はキットごと捨てようかとも思いましたが、この修正作業、結構簡単でした。
とにかくエポパテ造型の基本である「ある程度硬化するまでゴチャゴチャ触るな」と、
整形時に使用するヘラなどには「リップクリーム」または「鼻の脂」を忘れなければ大丈夫です。(`・ω・´)ゞ

つか、それなりのお値段なんですから、マトモな商品出してくれw


| イギリス物 | comments(0) | trackbacks(0) |
クルセーダー2<6>

なんとか生きて辿り着けますた。
この時点で、もう二度と作りたくないキット殿堂入りです。

<防盾>

さて、今回のイタレリキットで最も有名な「やっちまったなぁ!」パーツはコレ↑ 防盾ですね。
(そういえば最近クールポコ見ないなぁ)
いくら英軍ド素人の私でも、ある程度の実車写真ぐらいは見ているので流石にこれはマズイと、タイガーモデルデザインの46402「クルセーダー用防盾」を用意しまして早速比較。
アルミ砲身(パッションモデルのと同じ物)とレジン製BESA銃身2本付きという、ややお得感のあるセットなんですが、形はイイ、でも何かがオカシイ・・・


一瞬、「おや、実はこんなタイプもあったのかな?」とも思いましたが、資料写真をいくら探しても、こんなショートタイプの防盾は一輌も見当たらず、「おいおい、わざわざイタレリ用と書いておきながら出来たパーツをチェックもせずに商品化しているのか!」と思いつつ、「いや本当はこんなサイズもあったのかも知れないな・・・」と、確信は全くありませんが、とりあえず「エエ加減にせぇ!w」と言わずにはおれません。

ということで、これはエポパテ試練ですね。


ヘルプ!
「日本戦車のことなら俺に任せろ!(`・ω・´)ゞ」な頼れるアニキ達、掲示板を見てください<(_ _*)>



| イギリス物 | comments(0) | trackbacks(0) |
クルセーダー2<5>
 ぐはぁ!!
と、大きく息を吐きながら、ようやく形が見えてきたサンドシールドを憎しみの目で眺めております。

そういえばミニアートが怒涛のアナウンス、バレンタインシリーズのコンプリートに乗り出すようですね。
AFVクラブのキットはいつ出るんでしょう・・・(もう今更出しても回収できんのちゃうやろか)

<サンドシールド後部>

前端部は無理やり叩きまくって型を作ったんですが、後端部はそうもいかず、まずは潔くラインに沿ってカット。


カットして本体を曲げ加工すると当然隙間が出来るので、プラバンを突っ込む。
あとは、ヤスリがけしたりラッカーパテで隙間埋めたりして違和感を無します。


一番後ろも箱型に張り出すので、直感一発でカット。(計るの苦手なんですね)
ここも当然、折シロが無い分隙間が出来ます。


先程と同様、隙間にプラバンを突っ込み、


余分を切ったりヤスったりパテったりして、騙し騙しながら何とか終了。

終わったら大きな声でこのド阿呆ー!!と叫んで気分を晴らします。



| イギリス物 | comments(0) | trackbacks(0) |
クルセーダー2<4>

うぬぐゎ!
と、思わず唸るエデュアルドのサンドシールドで悪戦苦闘を強いられております。

イタレリ「クルセーダーMk2」で最もやっちまってる箇所は、やはりサンドシールドをパーツ化しなかった事でしょう。このおかげで「俺は北アフリカ以外の想定で作るぜ!」な人以外は、否応なしにアフターパーツか自作かを迫られるワケです。


そこで、エデュアルドのエッチング。
一見、問題無いように見えてプレスラインさえミスらなければエエやろうと安易に考えておりましたが、折り曲げ加工を始めた瞬間から「え?これって・・・」

「折シロ途中までしか計算してないやないかぁ!!(`Д´)ノ」
ということです。
イマイチよく分からないと思いますが、このサンドシールド、ドイツのシュルツェンみたいに単なる平面版ではなく外側に膨らむように角度が付けられているのですが、何を思ったか折目が途中までしか入っておらず、先端部と後端部がいきなり平面のままになってしまうワケです。
これは泣きます。折り目が無いだけならまだしも、折った時の折シロが無いので、折り目を付けてから叩いて伸ばすか、一旦切って足りない分を別のパーツで埋めるしかないワケですねw

今回は先端部は金属製の定規を下に敷きハンマーで叩いて直角の型を付け、後端部は切り込みを入れますた。


全く想定してなかったので、汚くなりましたが叩きまくった先端部。コレが限界。


まぁ、なんとかなるでしょうが、エデュアルドのP.Eはヌルイのが多いです・・・

いや、ホント文章だけじゃイミフでスイマセン<(_ _*)>。
エデュアルドのサンドシールド使えねぇ!って事です。

| イギリス物 | comments(6) | trackbacks(0) |
<< | 2/3PAGES | >>