過去記事テーマ別

管理人の買った物一覧

私家版戦車入門1: 無限軌道の発明と英国タンク
私家版戦車入門1: 無限軌道の発明と英国タンク (JUGEMレビュー »)
モリナガ ヨウ
世界初のタンク(戦車)が如何にして誕生し、どのような問題を乗り越えて進化して来たのか?蒸気トレーラーから英国の菱型戦車、ホイペットまでをまとめた決定版。
ガン&ガール イラストレイテッド 第二次大戦枢軸国編 (MC☆あくしずMOOK)
ガン&ガール イラストレイテッド 第二次大戦枢軸国編 (MC☆あくしずMOOK) (JUGEMレビュー »)

WW2枢軸陣営の小火器を紹介した女子イラスト付きのマジメな本。読みやすい構成で初心者にもオススメ。
大日本帝国陸海軍〈2〉―軍装と装備 明治・大正・昭和
大日本帝国陸海軍〈2〉―軍装と装備 明治・大正・昭和 (JUGEMレビュー »)
中田 忠夫
ややカタログっぽく編集されており、被服の細部(内側や背面など)を知ることは出来ませんが小物や拳銃、生活用品までかなりの数が全て写真で網羅されています。
The Soviet Soldier of World War Two
The Soviet Soldier of World War Two (JUGEMレビュー »)
Phillippe Rio
WW2ソ連兵の兵装を実写カラーでドカンと紹介。よほど特殊な設定以外この一冊で十分です。オススメ!全編英語
ストライクアンドタクティカルマガジン増刊 日本陸軍の戦車 2010年 11月号 [雑誌]
ストライクアンドタクティカルマガジン増刊 日本陸軍の戦車 2010年 11月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)
古是 三春,鈴木 邦宏,土居 雅博
最新の考証を元に八九式を中心に旧軍戦車を各型解説。写真やイラストも豊富で内装なども参考になります。オススメ!
Deutsche Soldaten: The Uniforms, Equipment and Personal Effects of the German 1939-1945
Deutsche Soldaten: The Uniforms, Equipment and Personal Effects of the German 1939-1945 (JUGEMレビュー »)
Agustin Saiz
これは凄い量の実物コレクション!ブーツやガスマスクなど一般的な装備品のバリエーションは勿論、マップケースの中身に時計やタバコまで、ドイツ兵の持ち物を殆ど網羅!巻頭から巻末までオールカラー写真で資料的価値抜群。オススメ!
※全編英語
図解 ヘビーアームズ (F-Files No.017)
図解 ヘビーアームズ (F-Files No.017) (JUGEMレビュー »)
大波 篤司
機関銃や迫撃砲、バズーカにロケットランチャーなど使用方法や各部品の意味など一問一答でスッキリ解説。銃器ビギナーの人に超オススメ。
Vision models 1/35スケール  【VA-9003】 帝国陸軍 九七式
Vision models 1/35スケール  【VA-9003】 帝国陸軍 九七式 (JUGEMレビュー »)

チハ系キットには欠かせないキャタ。価格、組み易さ、解像度も申し分ない定番商品。
末期の水物兵器集
末期の水物兵器集 (JUGEMレビュー »)
こが しゅうと
若干クセのある漫画と文章で、旧海軍兵器の中でもマニアックな物を局所的に徹底紹介!他のシリーズも濃イィ内容!
戦う広告―雑誌広告に見るアジア太平洋戦争
戦う広告―雑誌広告に見るアジア太平洋戦争 (JUGEMレビュー »)
若林 宣
戦時中に国内で使用された広告を年代ごとに紹介。当時の世相が分かる他に類を見ない貴重な資料。
British Web Equipment of the Two World Wars (Europa Militaria)
British Web Equipment of the Two World Wars (Europa Militaria) (JUGEMレビュー »)
Martin Brayley
英軍歩兵の装備品をカラー写真で紹介。色味やバリエーションを知るには良書ですが武器類は無し。価格的にもオススメ!
※全編英語
Stalin's War: Soviet Uniforms And Militaria 1941-45
Stalin's War: Soviet Uniforms And Militaria 1941-45 (JUGEMレビュー »)
Laszlo Bekesi
コレクターが集めたWW2ソ連軍の装備品や階級章のカラー写真集。マニアにとってはかなり薄い内容だが、ソ連軍初心者にはそこそこ資料的価値アリ。
※全編英語
第2次大戦ドイツ軍装ガイド
第2次大戦ドイツ軍装ガイド (JUGEMレビュー »)
ジャン・ド・ラガルド
オール実写による軍装ガイド。これ一冊で殆んどの正規バリエーションが把握できます。
ノーブル バックレスキューベルトチタン L(腰周り:78~94cm) 黒
ノーブル バックレスキューベルトチタン L(腰周り:78~94cm) 黒 (JUGEMレビュー »)

椅子に座ってると腰が痛い!
ってな人は試す価値アリ!
個人的には相当の効果を実感しています。
鋼鉄の最精鋭部隊―千葉戦車学校・騎兵学校 (日本陸軍の機甲部隊 1)
鋼鉄の最精鋭部隊―千葉戦車学校・騎兵学校 (日本陸軍の機甲部隊 1) (JUGEMレビュー »)

貴重な日本戦車の写真集です!戦車学校での訓練風景で構成され、全体の半分以上がチハ主体の写真ですがネットでは見られないレアなものばかり!チハファンは必携!
ドキッ乙女だらけの帝國陸軍入門
ドキッ乙女だらけの帝國陸軍入門 (JUGEMレビュー »)
堀場 亙,岡本 博信
萌えだと思って期待したらハズレですのでご注意を…列記としたミリタリー本です。
TUNODA 薄刃ミニニッパー 120mm TM-02
TUNODA 薄刃ミニニッパー 120mm TM-02 (JUGEMレビュー »)

某プラモメーカーから発売されている物のOEM版なのでプラモ制作に抜群の性能!しかも格安!
Les MAteriels radio de la Wehrmacht: German Radio Sets 1935-1945
Les MAteriels radio de la Wehrmacht: German Radio Sets 1935-1945 (JUGEMレビュー »)
Pierre Metsu
大戦中のドイツ軍無線機を全機種カラー写真で紹介。残念ながら和訳はないですが英訳はアリ。(値段が…)
陸軍機甲部隊―激動の時代を駆け抜けた日本戦車興亡史 (〈歴史群像〉太平洋戦史シリーズ (25))
陸軍機甲部隊―激動の時代を駆け抜けた日本戦車興亡史 (〈歴史群像〉太平洋戦史シリーズ (25)) (JUGEMレビュー »)

モデラー目線のディティール考察には向きませんが、日本戦車がどのように発展し各地でどう戦ったかを知るには良書。
Modelling the Marder Self-Propelled Gun (Osprey Modelling)
Modelling the Marder Self-Propelled Gun (Osprey Modelling) (JUGEMレビュー »)
Sam Dwyer, Robert Oehler

マーダー1,2D,3r,3M,3H のディティールアップ製作ガイド。
外人サンのテクを盗めます!
泥まみれの虎―宮崎駿の妄想ノート
泥まみれの虎―宮崎駿の妄想ノート (JUGEMレビュー »)
宮崎 駿
エース「オットーカリウス」の手記を元に末期ドイツ軍の泥沼の戦いを描写。
今までの「戦車感」が変わるかも?
第2次大戦各国軍装全ガイド (ミリタリー・ユニフォーム)
第2次大戦各国軍装全ガイド (ミリタリー・ユニフォーム) (JUGEMレビュー »)
ピーター ダーマン,マルカム マクグレガー,ピエール ターナー
WW2各国陸海空の軍服図鑑。
膨大な数だが、浅く広くといった感じなので、一国を集中的に調べたい人には不向き。
日本戦車隊戦史―鉄獅子かく戦えり
日本戦車隊戦史―鉄獅子かく戦えり (JUGEMレビュー »)
上田 信
帝国陸軍戦車部隊が各戦線でどのように戦ったのか、図解を交えて年代ごとに相手装備と比較しながら紹介。
イラスト中心なので文章が苦手な人でも大丈夫!(写真は無し)
ビジュアルガイド WW2戦車〈1〉電撃戦
ビジュアルガイド WW2戦車〈1〉電撃戦 (JUGEMレビュー »)
川畑 英毅, 吉原 幹也
WW恐そ戦線好きなら持っておきたい一冊。
ドイツ、ソ連は勿論、フランスやポーランド等、欧州のあらゆる戦闘車両を広く浅く紹介。マイナー車種など豆知識にいいかも。
アハトゥンク・パンツァー〈第7集〉1号戦車、2号戦車と派生型編
アハトゥンク・パンツァー〈第7集〉1号戦車、2号戦車と派生型編 (JUGEMレビュー »)
尾藤 満
言わずと知れたモデラーの為の資料本。 詳細図と写真で各型を詳しく解説。
光武F「エリカ機」(10)
 
いやぁ、今日は春でしたねぇ!
ですがこの陽気の中、何故かカンヅメで作業を進めております。


<バイザー>

光武Fの「顔」とも言えるバイザー。(これがダサくて「帝撃の機体の方が好き」という人も多い)
オリジナルだと真鍮色ですが、ダークイエローに合わせるには同系色でアレなので銀色にします。
まずは基本通りに「ツヤ黒」でテカテカにします。


が、ここで気がついた
機体が傷だらけやのに、なんでここだけ新ピカなのさ?と。



そんなワケで、急遽、ヤスリや針やナイフでキズを付けて、ツヤ黒を再塗装。

で、今度はメッキシルバーNEXTを吹いてから気がついた
両サイドの固定ネジらしきモールドがあまりにヒドイ。と



件のモールドをドリルで彫って・・・



コトブキヤの改造パーツからマイナスネジ1.2mmを塗装して・・・



ハメる!!


さぁ、もうイイだろう!と眺めていたら・・・



・・・(´・ω・`)



これはダサイ!構造的にすごくダサイ!!
ただのスリットちゃいますからね!このレールにカメラアイが付くワケですからね!
きっと中身は得体の知れない、とにかくすごいテクノロジーが詰まっているワケですよ!
それが、ただのハリボテやなんて悲しい話がありますかいな!マカロニ作戦とちゃ(ry

・・・ということで、



シンプルにエポパテで埋めました。


>次



何かこう、ドイツの科学力はァァ!的な物を追加したかったので、戦車のアンテナを付けました。
それをグイッと斜めに立てることで、よりマシーネンっぽさを・・・


いやぁ、好き勝手自由に作るのは楽しいですね!


| その他のキャラ、架空モノ | comments(2) | trackbacks(0) |
光武F「エリカ機」(9)
 
さて、光武の塗装に入るワケですが、
これは結構ガチで悩みました!


まずは、本来のカラーリングですが


オリジナルはこんな塗装なのですが、これは本来の搭乗者「エリカ・フォンティーヌ」の衣装(イメージカラー)に合わせたものであり、果たして「黒森峰の逸見エリカに合うのか?」と、2時間ほど脳内スパコンで理屈をこねくり回した結果・・・

計算式:
(赤色=エースorリーダー)>(逸見エリカ=犬)=赤じゃない

という答えが導き出され、



素直に黒森峰色にしました。(´・ω・`)

今回は「シリコンバリア法」に加え、Ma.kで主流のラッカー筆塗りを試してみました。
薄く溶いた塗料を「縦、横、縦、横」で水彩画のように重ねていくのですが、大変良いペンキ感が得られました。


>さらに調子に乗って



アクセントが欲しいなぁと、肩パッドに被弾痕を追加。
「シリコンバリア法」だと、この手のチッピングが格段にラクです。



とまぁ、作業机はこのようになりまして、
「なるほど、ネコの手はこういう時に使うのか」と妙に納得した次第。

あとはウェザリングやら、その他いろいろ汚れを追加して完了となります。(たぶん


>次


<20mmマシーネンカノン>

主武装の機関砲を塗っていきます。
1,まずはラッカーのシルバーをドライブラシの要領でバシバシと塗りつけます。



2,シリコンバリアを塗りつけた上から、ツヤ消し黒を吹き付けます。



3,スポンジヤスリの裏側の”スポンジ”でエッジ部分をメインに擦って黒を剥がします。
(やり過ぎた場合はエナメルの黒なんかで簡単に調整できます)



4,好みによりますが、ウェザリングカラーの茶色をダバァっと塗って・・・


拭き取りますと↓



なんか、イマイチな仕上がりになります。(´・ω・`)スマン


上手い人、何かイイ方法あったら教えてニャンマゲ。





コレの必要性を初めて感じました


| その他のキャラ、架空モノ | comments(5) | trackbacks(0) |
光武F「エリカ機」(8)

塗装準備に入ります!
 

<サフ>

今回、はじめて「オキサイドレッド(錆止め色)」サフを使ってみました。
「グレーサフと何が違うの?」って言うと「色」が違うんです。



<テストショット>

エリカ様を乗せて完成イメージを見ます。(あっ!右腕が太い!)

ここで重要なのは「見ようと思えば容易に見えるが、見えてはいけないガルパン魂」の継承。
背面スカート丈を「水平、股下0センチ」に調整し、ギリギリの配置でロマンを探求しています。


−−閑話休題−−


<下地塗装>

サフを吹いた上から「ダークアイアン」でドライブラシ的なことをします。

というのも、
前作から「シリコンバリア法」を取り入れたので、下地がそのまま仕上がりに影響するワケです。
なので、この段階で塗膜の摩耗やチッピングを意識して、予め鉄っぽさを仕込むワケですね。



ところで、
エリカ様の神聖なる布は何色が宜しいか・・・(´・ω・`)


| その他のキャラ、架空モノ | comments(5) | trackbacks(0) |
光武F「エリカ機」(7)


先日届いたバーニー先生のイカしたヒップをそっと心の奥にしまって、
今作メインのエリカ様を進めてまいります。



<衣類>

黒森峰の戦車服はドイツのソレをモデルにしています。
今回は1/24という大きさなので、襟章も造形してみました。

全体に黒ずんでいるのは、モールド確認のためエナメルの黒でスミ入れしているため。
なお、例によって装甲板は厚めにアレンジしております。


<髪>

毎度、集中力を要す「髪」の造型。
気持ち的には、2回3回のやり直しは覚悟の上で「リセットできるから!」と暗示をかけて作業します。



前髪が出来たら後ろ髪の段取り。
エリカ様はストレートでやや内巻きながら外ハネもある髪型なので、先に芯を作ります。

これは技法にもよりますが、私の場合はパテが柔らかい内にヘアラインを作るので、この「芯」が無いとパテがどんどん食い込んでいって作業にならないワケです。 




腕を付けて全体のバランスを見ながら、完成時の頭の大きさをイメージします。
(こうやって見るとチョット足太いですが、今回は膝から下は完全に隠れるので、これでヨシ)


後ろ髪を盛った図。(結局、前髪は一発OK、後ろは2回目で決まりました。

毛先のエッジは仕上げの最後に研ぎ出します。
(最初にやると仮合わせやなんだで高確率で破損しますからね!



後ろはこんな感じ。
ここまでやっておけば、後の調整がやりやすいワケです。



「芯」をタミヤのエポパテにすると、比較的簡単に外せるのでオススメです。
(無論メンタムは必要ですよ)

あとは、もう少し毛先を研いでやればイイのですが、破損リスクが高いため、
集中力もガシガシ磨り減るので、後日ゆっくりとやります。



| その他のキャラ、架空モノ | comments(7) | trackbacks(0) |
光武F「エリカ機」(6)
 
大体は継ぎ目処理とリベット打ち直しがメインのキットですが、
ここらで「ガルパン仕様」に改造してまいります。


<背面の紋章>

背中にはお馴染み「巴里華撃団」の紋章が付いているのですが、
さすがに逸見エリカが巴里華撃団なワケないので、ここを校章に変更します。

見ての通り、紋章だけ切り取るのは不可能なので、まずはフレームだけを残す作業。



パーツは厚みがあるので、まずドリルで大まかに穴を開け、この後カッターで切り取ります。
(タミヤドリル、本当に使えます。



フレームだけ残して、簡単にヤスったところ。



先程のフレームをバックパックに取り付けて、プラバンで羽板を付けています。
せっかくなのでルーバー仕様に変更しました。(何が「せっかく」かは自分でも分からない

次に校章を作ります、


黒森峰の校章デカールをプラバンに貼り付け、クリアを吹き付けてデカールごと表面をコーティング。
クリアコートが完全に乾燥したら校章の形に合わせてプラバンをカット。

※コーティングしないとカットの際にデカールがベロ〜ンと剥がれるので注意ダス!



<仮合わせ>

これで、どっから見ても「黒森峰のエリカ仕様」であります!

なんかダサイ・・・

否、ダサカッコイイ・・・

それが黒森峰らしさではないだろうか。(´・ω・`)





そんな黒森峰のエリカ様がチョコッと活躍する劇場版BD。
絶賛、予約受付中!!


| その他のキャラ、架空モノ | comments(0) | trackbacks(0) |
光武F「エリカ機」(5)

続いて腕周りです。

キットは関節構造の割に可動域が少ないので、自然な形にするとなると色々改造が必要です。

感覚的には大昔の「足首が一体成型されたザク」のイメージに近いですね。



<指>

前回の「マーシネンカノン」を持つ「手」ですが、そのままだと銃を保持することは不可能。
解決策として、一旦、指の関節をバラバラに切って、針金を通して可動状態にします。



どっかの脅威のメカニズムなら、こういう部分も全可動らしいですね。



ポーズを決めると言っても、指がゴツイのでジャストフィットは難しいです。



関節部分はエポパテでソレっぽく造型。
一応、人差し指はトリガーから離したカタチにしてみました。


>次


<ナックルガード>

厄介な場所にゲートやパーティングラインや型ズレがあったので、思い切ってボウズにしてからプラ材で再生しました。


>次


<肩パッド>

特に意味もなくデカイ、バブリーな香り漂う肩パッド。
とりあえずリベットは打ち直しました。
使用したリベットはファインモールドのキットで余りまくった物。(重宝します。



<朗報>

そんなことより皆様、

遂に!劇場版ガールズ&パンツァー

BD&DVD予約開始ダス!!





ええ、ボクは特装版を即ポチでしたね。
迷いはなかったかって?
そんなものコレっぽっちもありませんでした(笑
なぜなら
限定版を逃すと一生後悔すると分かっていたからです。


--そして、彼は最後にこう言った--

「ガルパンはいいぞ」




| その他のキャラ、架空モノ | comments(4) | trackbacks(0) |
光武F「エリカ機」(4)

当ブログをご覧で九分九厘の方は興味のないジャンルだと思うので、駆け足で参ります。
 
お次はエリカ機固有の兵装「20mmマシーネンカノン」をイジリます。

コレが無いとエリカ機ではなく、コレさえあればエリカ機になる、という超重要アイテム。


<放熱カバー>

放熱ジャケットが保温ジャケットになっているので、ドリルとナイフで刳り抜きます。
(側面だけでなく、下面にも開口部があります)


細切りにしたペーパーで断面を綺麗に整えます。



放熱孔を刳り貫いたら中が見えてしまうので、真鍮パイプで銃身を再現します。


>次


<スイッチ>

名前知らないんですけど、連射と単発の切り替えスイッチがあまりにドイヒーなので作り替えます。



この中から適当なパーツを使います。
AFVだと滅多に、いや、ほぼ使う機会は無いパーツ。この為だけに買いました。



こんな感じで、バーはプラペーパーで自作。
そもそも、光武というメカにこの切り替えスイッチが必要なのか疑問ですが、そこは遊び心ってやつでしょう。


>次


<カバーのハンドル>

銃本体上部のフタ。
弾倉や銃身交換時に、このフタを持ち上げて開くらしいです。
囲み部分は本来ハンドルなので、作り替えます。



かなりの手抜きですが、元のムクよりはマシになりました。
そもそも、光武というメカにこんな手動のフタが必要なのか疑問ですが、そこは(ry



ハンバーグへの道のりは長く険しい。


| その他のキャラ、架空モノ | comments(0) | trackbacks(0) |
光武F「エリカ機」(3)
 
撮り溜めていた作業工程を部位ごとにまとめて放出しています。
今回は脚です。
大まかな工作が多いので、チャチャっと参ります。


<脚周り>

資料を見ると、このイチゴみたいな部分は穴が開いているので↓



ドリルでブスブスと開口。



周囲のリベットも変形が著しいので↓



手持ちのリベットパーツで打ち替え。(サイズはあまり気にしない)



<ヒザ>

このキットは基本的に直立ポーズを前提にパーツ設計されているようで、
膝を曲げた時に、お粗末な中身が丸見えになるので↓



まずは、太もも側をガッツリ刳り貫いて↓



中身の蛇腹みたいなのをエポパテで延長してソレッぽく出来上がり。
当然ですが、直立だと大して目立たない部分なので、この改造の必要性は低いです。


この辺で凄いモチベ下がりましたが、エリカ様のため心を豚にして乗り切りました。(`・ω・´)



| その他のキャラ、架空モノ | comments(0) | trackbacks(0) |
光武F「エリカ機」(2)

さて!今回はAFVから離れまして、未知なる領域へと足を伸ばしてみまする。

作るのは、ウェーブの1/24「光武F『エリカ機』」。
もうネタバレしてますが「エリカ機に逸見エリカが乗る」という単純ダジャレ型作品となる予定。


<ハッチ内側>

前回「殻割り」の失敗により、人を乗せる唯一の場所となった天井のハッチ。
ご覧のように、素組みだと非常に悲しい状態になるので手を加えます!

(パーツの色が違うのは、素組み写真を撮り忘れて違うキットで仮組みしたから)



資料はコレだけ!
ゲーム中のアニメーションでエリカが搭乗するこのシーンのみ!w
丸囲み部分が件のハッチとなり、キットパーツとは根本的に作りが違います。

(公式設定資料集も古本で買いましたが、光武の詳細資料は殆ど無しでした・・・



そんなワケで、完全再現は不可能なので、直感で!自分好みに!デッチアゲ!
 


クッションかハンドルか分からない中央部分はハンドルにしました。
この後、ハンドルが十字ではなくペケポンであることに気付き修正。



特徴的なシリンダのようなパーツを取り付けるための受け金具。
この辺りからは、実際に開閉する時はどう動くのか?を想像しながら作業します。



こういう動力パイプ的な物があった方がメカっぽいので追加します。
ウェーブから出ているバネみたいな改造用パーツに針金を通しただけ。



オリジナルとは全くの別物ですが、それっぽい。
また、元設定ではここまで開きませんが、エリカ様のスペースを確保した結果こなりました。


で、



乗るとこんな風になります。


このキットは所謂スナップフィット(モドキ)なのですが、これがクセモノでして、
一度仮組みすると、どうにもキツキツで再分解が大変なのであります。

また、金型がズレているパーツもあり、段差が出来る場合は素直にダボを切り飛ばしてしまうのが吉。
それでも合わない大きな段差は、ラッカー系でチマチマやるよりエポパテorポリパテを練り付けた方が手っ取り早いです。


そんなワケでもう暫く続きます。


| その他のキャラ、架空モノ | comments(0) | trackbacks(0) |
光武F「エリカ機」(1)
 






「クルセイダーと薔薇尻閣下」はローズ様の塗装乾燥のため一週間の安静状態。
でも、やりたいネタは山ほどあるので、とっとと次にまいります。

で、なぜ逸見エリカが「おはようボンジュール」を歌っているのか?




要はこういう事がしたいワケであります。(雑コラ過ぎるやろ
※因みに、エリカ・フォンティーヌは「Erica」で、逸見エリカは「Erika」です。


そんなオジサンの、誰にも理解されない一人エリカ祭りがはじまる!


<ことの経緯>

マシーネンの「殻割り」なるコクピットの昇降状態を再現する記事をネットで見て「スゲー!かっけー!」と真似てみたくなり、手持ちの光武Fで試してみようというのが事の発端。

とにかくボデーを真っ二つに割ります。


ノコギリで曲線は切れないので、昨年買ったヒートペンで溶断。
この辺で、既に暗雲漂いはじめます・・・



とりあえず殻は割った。

だがしかし、中身はフルスクラッチなのに資料も無く、そもそも、どのように乗るものなのかも明確な全体図が無い。その前に、この汚い切断面をどう処理するのか?という巨大な壁にブチ当たり、開始わずか2時間ほどで計画は頓挫してしまいます。

ロボメカやSFに疎いオジサンが、いきなり殻割りフルスクラッチに挑んだのが間違いだったのです。


そこで・・・



作戦変更。
割ったパーツは「いずれまたw」ということで、積んでいた別の機体で作り直し。(武装以外は共通)
エリカ様は上部の非常用?ハッチから身を乗り出して頂く格好にしまして、現在に至ります。


ロボ、分からないことだらけで新鮮ですね。


| その他のキャラ、架空モノ | comments(2) | trackbacks(0) |
<< | 2/9PAGES | >>