過去記事テーマ別

管理人の買った物一覧

私家版戦車入門1: 無限軌道の発明と英国タンク
私家版戦車入門1: 無限軌道の発明と英国タンク (JUGEMレビュー »)
モリナガ ヨウ
世界初のタンク(戦車)が如何にして誕生し、どのような問題を乗り越えて進化して来たのか?蒸気トレーラーから英国の菱型戦車、ホイペットまでをまとめた決定版。
ガン&ガール イラストレイテッド 第二次大戦枢軸国編 (MC☆あくしずMOOK)
ガン&ガール イラストレイテッド 第二次大戦枢軸国編 (MC☆あくしずMOOK) (JUGEMレビュー »)

WW2枢軸陣営の小火器を紹介した女子イラスト付きのマジメな本。読みやすい構成で初心者にもオススメ。
大日本帝国陸海軍〈2〉―軍装と装備 明治・大正・昭和
大日本帝国陸海軍〈2〉―軍装と装備 明治・大正・昭和 (JUGEMレビュー »)
中田 忠夫
ややカタログっぽく編集されており、被服の細部(内側や背面など)を知ることは出来ませんが小物や拳銃、生活用品までかなりの数が全て写真で網羅されています。
The Soviet Soldier of World War Two
The Soviet Soldier of World War Two (JUGEMレビュー »)
Phillippe Rio
WW2ソ連兵の兵装を実写カラーでドカンと紹介。よほど特殊な設定以外この一冊で十分です。オススメ!全編英語
ストライクアンドタクティカルマガジン増刊 日本陸軍の戦車 2010年 11月号 [雑誌]
ストライクアンドタクティカルマガジン増刊 日本陸軍の戦車 2010年 11月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)
古是 三春,鈴木 邦宏,土居 雅博
最新の考証を元に八九式を中心に旧軍戦車を各型解説。写真やイラストも豊富で内装なども参考になります。オススメ!
Deutsche Soldaten: The Uniforms, Equipment and Personal Effects of the German 1939-1945
Deutsche Soldaten: The Uniforms, Equipment and Personal Effects of the German 1939-1945 (JUGEMレビュー »)
Agustin Saiz
これは凄い量の実物コレクション!ブーツやガスマスクなど一般的な装備品のバリエーションは勿論、マップケースの中身に時計やタバコまで、ドイツ兵の持ち物を殆ど網羅!巻頭から巻末までオールカラー写真で資料的価値抜群。オススメ!
※全編英語
図解 ヘビーアームズ (F-Files No.017)
図解 ヘビーアームズ (F-Files No.017) (JUGEMレビュー »)
大波 篤司
機関銃や迫撃砲、バズーカにロケットランチャーなど使用方法や各部品の意味など一問一答でスッキリ解説。銃器ビギナーの人に超オススメ。
Vision models 1/35スケール  【VA-9003】 帝国陸軍 九七式
Vision models 1/35スケール  【VA-9003】 帝国陸軍 九七式 (JUGEMレビュー »)

チハ系キットには欠かせないキャタ。価格、組み易さ、解像度も申し分ない定番商品。
末期の水物兵器集
末期の水物兵器集 (JUGEMレビュー »)
こが しゅうと
若干クセのある漫画と文章で、旧海軍兵器の中でもマニアックな物を局所的に徹底紹介!他のシリーズも濃イィ内容!
戦う広告―雑誌広告に見るアジア太平洋戦争
戦う広告―雑誌広告に見るアジア太平洋戦争 (JUGEMレビュー »)
若林 宣
戦時中に国内で使用された広告を年代ごとに紹介。当時の世相が分かる他に類を見ない貴重な資料。
British Web Equipment of the Two World Wars (Europa Militaria)
British Web Equipment of the Two World Wars (Europa Militaria) (JUGEMレビュー »)
Martin Brayley
英軍歩兵の装備品をカラー写真で紹介。色味やバリエーションを知るには良書ですが武器類は無し。価格的にもオススメ!
※全編英語
Stalin's War: Soviet Uniforms And Militaria 1941-45
Stalin's War: Soviet Uniforms And Militaria 1941-45 (JUGEMレビュー »)
Laszlo Bekesi
コレクターが集めたWW2ソ連軍の装備品や階級章のカラー写真集。マニアにとってはかなり薄い内容だが、ソ連軍初心者にはそこそこ資料的価値アリ。
※全編英語
第2次大戦ドイツ軍装ガイド
第2次大戦ドイツ軍装ガイド (JUGEMレビュー »)
ジャン・ド・ラガルド
オール実写による軍装ガイド。これ一冊で殆んどの正規バリエーションが把握できます。
ノーブル バックレスキューベルトチタン L(腰周り:78~94cm) 黒
ノーブル バックレスキューベルトチタン L(腰周り:78~94cm) 黒 (JUGEMレビュー »)

椅子に座ってると腰が痛い!
ってな人は試す価値アリ!
個人的には相当の効果を実感しています。
鋼鉄の最精鋭部隊―千葉戦車学校・騎兵学校 (日本陸軍の機甲部隊 1)
鋼鉄の最精鋭部隊―千葉戦車学校・騎兵学校 (日本陸軍の機甲部隊 1) (JUGEMレビュー »)

貴重な日本戦車の写真集です!戦車学校での訓練風景で構成され、全体の半分以上がチハ主体の写真ですがネットでは見られないレアなものばかり!チハファンは必携!
ドキッ乙女だらけの帝國陸軍入門
ドキッ乙女だらけの帝國陸軍入門 (JUGEMレビュー »)
堀場 亙,岡本 博信
萌えだと思って期待したらハズレですのでご注意を…列記としたミリタリー本です。
TUNODA 薄刃ミニニッパー 120mm TM-02
TUNODA 薄刃ミニニッパー 120mm TM-02 (JUGEMレビュー »)

某プラモメーカーから発売されている物のOEM版なのでプラモ制作に抜群の性能!しかも格安!
Les MAteriels radio de la Wehrmacht: German Radio Sets 1935-1945
Les MAteriels radio de la Wehrmacht: German Radio Sets 1935-1945 (JUGEMレビュー »)
Pierre Metsu
大戦中のドイツ軍無線機を全機種カラー写真で紹介。残念ながら和訳はないですが英訳はアリ。(値段が…)
陸軍機甲部隊―激動の時代を駆け抜けた日本戦車興亡史 (〈歴史群像〉太平洋戦史シリーズ (25))
陸軍機甲部隊―激動の時代を駆け抜けた日本戦車興亡史 (〈歴史群像〉太平洋戦史シリーズ (25)) (JUGEMレビュー »)

モデラー目線のディティール考察には向きませんが、日本戦車がどのように発展し各地でどう戦ったかを知るには良書。
Modelling the Marder Self-Propelled Gun (Osprey Modelling)
Modelling the Marder Self-Propelled Gun (Osprey Modelling) (JUGEMレビュー »)
Sam Dwyer, Robert Oehler

マーダー1,2D,3r,3M,3H のディティールアップ製作ガイド。
外人サンのテクを盗めます!
泥まみれの虎―宮崎駿の妄想ノート
泥まみれの虎―宮崎駿の妄想ノート (JUGEMレビュー »)
宮崎 駿
エース「オットーカリウス」の手記を元に末期ドイツ軍の泥沼の戦いを描写。
今までの「戦車感」が変わるかも?
第2次大戦各国軍装全ガイド (ミリタリー・ユニフォーム)
第2次大戦各国軍装全ガイド (ミリタリー・ユニフォーム) (JUGEMレビュー »)
ピーター ダーマン,マルカム マクグレガー,ピエール ターナー
WW2各国陸海空の軍服図鑑。
膨大な数だが、浅く広くといった感じなので、一国を集中的に調べたい人には不向き。
日本戦車隊戦史―鉄獅子かく戦えり
日本戦車隊戦史―鉄獅子かく戦えり (JUGEMレビュー »)
上田 信
帝国陸軍戦車部隊が各戦線でどのように戦ったのか、図解を交えて年代ごとに相手装備と比較しながら紹介。
イラスト中心なので文章が苦手な人でも大丈夫!(写真は無し)
ビジュアルガイド WW2戦車〈1〉電撃戦
ビジュアルガイド WW2戦車〈1〉電撃戦 (JUGEMレビュー »)
川畑 英毅, 吉原 幹也
WW恐そ戦線好きなら持っておきたい一冊。
ドイツ、ソ連は勿論、フランスやポーランド等、欧州のあらゆる戦闘車両を広く浅く紹介。マイナー車種など豆知識にいいかも。
アハトゥンク・パンツァー〈第7集〉1号戦車、2号戦車と派生型編
アハトゥンク・パンツァー〈第7集〉1号戦車、2号戦車と派生型編 (JUGEMレビュー »)
尾藤 満
言わずと知れたモデラーの為の資料本。 詳細図と写真で各型を詳しく解説。
本日の作業
最近、熱いお茶が妙に美味しく感じまして

いろんな種類のお茶をピンからキリまで飲んでみたく思い

その前に、まずお茶の入れ方から勉強しようと思っています。




先ほど、アフターパーツのストックをチェックしておりますと
出てきました、エデュアルドのカーロアルマート用エッチング。
いつか使うであろうと買っていたのをスッキリ忘れておりまして
「今使わずにいつ使うねん」とパーツ内容を見ておりますと
実はあまり使い所のない、あるいはプラバンで簡単に自作できるモノばかり。
恐らく最大のウリであっただろう「ラジエターグリル」は新パーツで修正されており
対空機銃架も点検ハッチの取っ手もナンバープレートもリニューアルされ
唯一、使いたいと思ったのはエンジンデッキのハッチ固定具のみ。
あとはプラバンで十分再現可能なジェリカンラックも付いており、
悔しいのであえて使います。



<痛>



そりゃあ当然こうなるでしょう。
| イタリア物 | comments(2) | trackbacks(0) |
本日の作業
いやいや、なかなか毎日工作ってのも疲れるモンでして
「今日はボケ〜っとゲームでもするかな〜」
ってな気分になることも・・・今年はまだないです。
基本私は「食える時に食え!寝れる時に寝ろ!」な性格なので
ボケ〜っと時間過ごす事が滅多にありません。
だから憧れるんですよ、草原とかで空を眺めながら一日過ごすとか・・・

はい、そんな話は置いといて本日のイタ車。



カーロはようやく横っ腹の修正が済みまして、あとは細かいディテールを残すのみ。
車体が出来たら、いよいよパスタ君の仕上げに入れます。なんか妙に嬉しい!



そして本日の痛車。



「自走砲をミクミクにしてる男がいるんですよぉ・・・」
「なぁ〜にぃ〜!? やっちまったなぁ!!」

このリベットだらけの車体に大判デカールを貼るのって、メッチャ大変!
「ネタこそ本気で!」がモットーの私、妥協はしませんよぉ!
| イタリア物 | comments(1) | trackbacks(0) |
本日 (午後)


はい、朝っぱらからイタリア車両の発売予定を見たからにゃ作らずにはおれません。

「ホニ、チハマンはどうした!(`Д´)ノ」

もうすぐ完成します。




コレをやりたかったのですよ! イタ車で痛車!!
当初カーロでやろうと思っていたのですが、まとまった平面を確保するためセモに変更。
丁度、旧キットが余っていたのでコイツを痛車に痛します。



で、新キットのパーツチェックも兼ねて新カーロも同時に開始。
もともとタミヤのカーロ、セモはパーツ割が良好でサクサク組めるのが魅力。
足周りもアッと言う間に形なります。



M13/40と言えばハーフフェンダーが多く見られるので改造します。
イタレリキット(現ズベズダ)は、フェンダーが別パーツなので簡単なのですが
タミヤキットはフェンダーとボディが一体になっているため、結構な手間がかかります。
ルーターの丸ノコで大まかにカットして、その後はナイフとヤスリでひたすら削る・・・
プラバンが得意な方はボディ側面を作り替えるのもイイかも知れません。



とりあえず仮組み。
セモは旧キットなので、一部現行パーツを部品請求で取り寄せ中。
さて、土日でどこまで進めるか・・・

| イタリア物 | comments(4) | trackbacks(0) |
少しだけサハリアナ

車体の方は塗装も殆んど終了しまして残るは人形となりました。
とりあえずドラゴンのドイツアフリカ軍団をレジンで複製しまして、切ったり曲げたりのポーズ決めを行っております。 レジンの「温めると柔らかくなる性質」をフルに活用して、パテによる造形を最小限に食い止めようというもの。パテ細工の苦手な私にはもってこいの即席技であります。
でも一進一退のポーズ決め。なかなか進まないんですよね・・・
| イタリア物 | comments(0) | trackbacks(0) |
で、やっぱサハリアナ。

タミヤの新作ニュースで発破がかかり、一気に塗装作業であります。
知らぬ間にドラゴンからは「デッカーマックス」も発売されたようですが、そちらはトラペ待ち。 
というか「ルノーUE」が待ち遠しくてたまりません!
サイトの英語をよ〜く読んでみると「歩兵2体と乗員2体がセット」になるようで、
こりゃあもう、フレンチファンにはタマラン内容なのであります。(いや別にファンでは…)

とにかくタミヤさんはドイツAFV戦線から完全離脱という事でしょうか??
にしても普通は「ソミュアS35」か「パナール178」あたりが無難かと思うのですが…

いや、文句は言いません。 
タミヤ万歳!田宮ブラボー!フランス埋めたらポーランド!


<追伸>
これ、ミラージュ製のルノーUE「ドイツ軍鹵獲仕様」の1つ。
もう作業を再開する事はないでしょう。(記念に飾っておきます)
| イタリア物 | comments(0) | trackbacks(0) |
本日のサハリアナ

まぁ、進みません進みません。 これが春ってヤツですね。

なんだか分からん内に完成が近付いてまいりました。

で、なんだか分かりませんがお腹がイタイので、ここらで失礼・・・
| イタリア物 | comments(0) | trackbacks(0) |
本日のサハリアナ

「今日はえらい寒いなぁ」一昨日の大量黄砂といい、チョットしたヤバさを感じますね。

で、砂漠と言えばサハリアナ。運転手を普通に乗せるからには他の乗員も居ないと不自然。
写真なんかを眺めていると、平均4人が定員の様子。
「っちゅう事はあと3人かいな?」・・・それは流石に面倒くさいです。
全員ドイツ兵から改造せにゃならんのです。(ポーズ決めがまた面倒)
でも、なんとかあと2人は作ろうと思います。

メーカー各位>
もうぼちぼちイタリア兵やフランス兵のフィギュアセット出して下さい。
それに伴い良質な各国武器セットも切望いたし候。
セカンドアイテムが充実すれば、自ずとメインが売れる理論。
・・・どないでっか?
| イタリア物 | comments(1) | trackbacks(0) |
本日のサハリアナ

いつカミングアウトしようかと悩んでおりましたが、私、実は現役の大学生でして
父親は地元でも有力な県会議員をやっており、近々、私のために一戸建の家を新築してくれるそうです。

…などと、世は「エイプリルフール」とやらで、何かと嘘をついては楽しんでいるようであります。

さて、現実に戻りまして製作の方は運転手をチョロッといじっただけで、本日は水槽の掃除。
10ℓバケツを4回水換えしただけで腰が痛い…ウチのは海水なので、こぼすと大変なんです。
まったく、なんで家で鯨なんか飼育してるんでしょうね・・・ 
| イタリア物 | comments(0) | trackbacks(0) |
本日の砂針穴

少しづつ運転手の蘇生が始まっております。
もう、ここからは殆んど「お人形サン」の製作がメインとなりそうです。
さて、何人作るか・・・(1人でも大変ですな)
| イタリア物 | comments(2) | trackbacks(0) |
本日はサハリアナ

写真のように20mm機関砲の「ガンサイト」はダメなので、余っていた「パンター用P.E」の対空機銃ガンサイトを流用してデッチアップ。
正確な形状なワケありませんがマシにはなったと思っています。
で、そのディティールを探るべく付属の資料集やパッケージを眺めていると・・・↓

>イタレリ様
これは非常にマズイです。
キットに付属しない物を「有る様に見せる」のは、現代の日本じゃクレームがきます。
しかも堂々と箱の側面に! 
ってか、こんなパーツがあるんなら最初から付けといてくれ!!
| イタリア物 | comments(0) | trackbacks(0) |
<< | 2/3PAGES | >>