過去記事テーマ別

管理人の買った物一覧

私家版戦車入門1: 無限軌道の発明と英国タンク
私家版戦車入門1: 無限軌道の発明と英国タンク (JUGEMレビュー »)
モリナガ ヨウ
世界初のタンク(戦車)が如何にして誕生し、どのような問題を乗り越えて進化して来たのか?蒸気トレーラーから英国の菱型戦車、ホイペットまでをまとめた決定版。
ガン&ガール イラストレイテッド 第二次大戦枢軸国編 (MC☆あくしずMOOK)
ガン&ガール イラストレイテッド 第二次大戦枢軸国編 (MC☆あくしずMOOK) (JUGEMレビュー »)

WW2枢軸陣営の小火器を紹介した女子イラスト付きのマジメな本。読みやすい構成で初心者にもオススメ。
大日本帝国陸海軍〈2〉―軍装と装備 明治・大正・昭和
大日本帝国陸海軍〈2〉―軍装と装備 明治・大正・昭和 (JUGEMレビュー »)
中田 忠夫
ややカタログっぽく編集されており、被服の細部(内側や背面など)を知ることは出来ませんが小物や拳銃、生活用品までかなりの数が全て写真で網羅されています。
The Soviet Soldier of World War Two
The Soviet Soldier of World War Two (JUGEMレビュー »)
Phillippe Rio
WW2ソ連兵の兵装を実写カラーでドカンと紹介。よほど特殊な設定以外この一冊で十分です。オススメ!全編英語
ストライクアンドタクティカルマガジン増刊 日本陸軍の戦車 2010年 11月号 [雑誌]
ストライクアンドタクティカルマガジン増刊 日本陸軍の戦車 2010年 11月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)
古是 三春,鈴木 邦宏,土居 雅博
最新の考証を元に八九式を中心に旧軍戦車を各型解説。写真やイラストも豊富で内装なども参考になります。オススメ!
Deutsche Soldaten: The Uniforms, Equipment and Personal Effects of the German 1939-1945
Deutsche Soldaten: The Uniforms, Equipment and Personal Effects of the German 1939-1945 (JUGEMレビュー »)
Agustin Saiz
これは凄い量の実物コレクション!ブーツやガスマスクなど一般的な装備品のバリエーションは勿論、マップケースの中身に時計やタバコまで、ドイツ兵の持ち物を殆ど網羅!巻頭から巻末までオールカラー写真で資料的価値抜群。オススメ!
※全編英語
図解 ヘビーアームズ (F-Files No.017)
図解 ヘビーアームズ (F-Files No.017) (JUGEMレビュー »)
大波 篤司
機関銃や迫撃砲、バズーカにロケットランチャーなど使用方法や各部品の意味など一問一答でスッキリ解説。銃器ビギナーの人に超オススメ。
Vision models 1/35スケール  【VA-9003】 帝国陸軍 九七式
Vision models 1/35スケール  【VA-9003】 帝国陸軍 九七式 (JUGEMレビュー »)

チハ系キットには欠かせないキャタ。価格、組み易さ、解像度も申し分ない定番商品。
末期の水物兵器集
末期の水物兵器集 (JUGEMレビュー »)
こが しゅうと
若干クセのある漫画と文章で、旧海軍兵器の中でもマニアックな物を局所的に徹底紹介!他のシリーズも濃イィ内容!
戦う広告―雑誌広告に見るアジア太平洋戦争
戦う広告―雑誌広告に見るアジア太平洋戦争 (JUGEMレビュー »)
若林 宣
戦時中に国内で使用された広告を年代ごとに紹介。当時の世相が分かる他に類を見ない貴重な資料。
British Web Equipment of the Two World Wars (Europa Militaria)
British Web Equipment of the Two World Wars (Europa Militaria) (JUGEMレビュー »)
Martin Brayley
英軍歩兵の装備品をカラー写真で紹介。色味やバリエーションを知るには良書ですが武器類は無し。価格的にもオススメ!
※全編英語
Stalin's War: Soviet Uniforms And Militaria 1941-45
Stalin's War: Soviet Uniforms And Militaria 1941-45 (JUGEMレビュー »)
Laszlo Bekesi
コレクターが集めたWW2ソ連軍の装備品や階級章のカラー写真集。マニアにとってはかなり薄い内容だが、ソ連軍初心者にはそこそこ資料的価値アリ。
※全編英語
第2次大戦ドイツ軍装ガイド
第2次大戦ドイツ軍装ガイド (JUGEMレビュー »)
ジャン・ド・ラガルド
オール実写による軍装ガイド。これ一冊で殆んどの正規バリエーションが把握できます。
ノーブル バックレスキューベルトチタン L(腰周り:78~94cm) 黒
ノーブル バックレスキューベルトチタン L(腰周り:78~94cm) 黒 (JUGEMレビュー »)

椅子に座ってると腰が痛い!
ってな人は試す価値アリ!
個人的には相当の効果を実感しています。
鋼鉄の最精鋭部隊―千葉戦車学校・騎兵学校 (日本陸軍の機甲部隊 1)
鋼鉄の最精鋭部隊―千葉戦車学校・騎兵学校 (日本陸軍の機甲部隊 1) (JUGEMレビュー »)

貴重な日本戦車の写真集です!戦車学校での訓練風景で構成され、全体の半分以上がチハ主体の写真ですがネットでは見られないレアなものばかり!チハファンは必携!
ドキッ乙女だらけの帝國陸軍入門
ドキッ乙女だらけの帝國陸軍入門 (JUGEMレビュー »)
堀場 亙,岡本 博信
萌えだと思って期待したらハズレですのでご注意を…列記としたミリタリー本です。
TUNODA 薄刃ミニニッパー 120mm TM-02
TUNODA 薄刃ミニニッパー 120mm TM-02 (JUGEMレビュー »)

某プラモメーカーから発売されている物のOEM版なのでプラモ制作に抜群の性能!しかも格安!
Les MAteriels radio de la Wehrmacht: German Radio Sets 1935-1945
Les MAteriels radio de la Wehrmacht: German Radio Sets 1935-1945 (JUGEMレビュー »)
Pierre Metsu
大戦中のドイツ軍無線機を全機種カラー写真で紹介。残念ながら和訳はないですが英訳はアリ。(値段が…)
陸軍機甲部隊―激動の時代を駆け抜けた日本戦車興亡史 (〈歴史群像〉太平洋戦史シリーズ (25))
陸軍機甲部隊―激動の時代を駆け抜けた日本戦車興亡史 (〈歴史群像〉太平洋戦史シリーズ (25)) (JUGEMレビュー »)

モデラー目線のディティール考察には向きませんが、日本戦車がどのように発展し各地でどう戦ったかを知るには良書。
Modelling the Marder Self-Propelled Gun (Osprey Modelling)
Modelling the Marder Self-Propelled Gun (Osprey Modelling) (JUGEMレビュー »)
Sam Dwyer, Robert Oehler

マーダー1,2D,3r,3M,3H のディティールアップ製作ガイド。
外人サンのテクを盗めます!
泥まみれの虎―宮崎駿の妄想ノート
泥まみれの虎―宮崎駿の妄想ノート (JUGEMレビュー »)
宮崎 駿
エース「オットーカリウス」の手記を元に末期ドイツ軍の泥沼の戦いを描写。
今までの「戦車感」が変わるかも?
第2次大戦各国軍装全ガイド (ミリタリー・ユニフォーム)
第2次大戦各国軍装全ガイド (ミリタリー・ユニフォーム) (JUGEMレビュー »)
ピーター ダーマン,マルカム マクグレガー,ピエール ターナー
WW2各国陸海空の軍服図鑑。
膨大な数だが、浅く広くといった感じなので、一国を集中的に調べたい人には不向き。
日本戦車隊戦史―鉄獅子かく戦えり
日本戦車隊戦史―鉄獅子かく戦えり (JUGEMレビュー »)
上田 信
帝国陸軍戦車部隊が各戦線でどのように戦ったのか、図解を交えて年代ごとに相手装備と比較しながら紹介。
イラスト中心なので文章が苦手な人でも大丈夫!(写真は無し)
ビジュアルガイド WW2戦車〈1〉電撃戦
ビジュアルガイド WW2戦車〈1〉電撃戦 (JUGEMレビュー »)
川畑 英毅, 吉原 幹也
WW恐そ戦線好きなら持っておきたい一冊。
ドイツ、ソ連は勿論、フランスやポーランド等、欧州のあらゆる戦闘車両を広く浅く紹介。マイナー車種など豆知識にいいかも。
アハトゥンク・パンツァー〈第7集〉1号戦車、2号戦車と派生型編
アハトゥンク・パンツァー〈第7集〉1号戦車、2号戦車と派生型編 (JUGEMレビュー »)
尾藤 満
言わずと知れたモデラーの為の資料本。 詳細図と写真で各型を詳しく解説。
GUN&GIRL<WW2枢軸国編>
 
本ネタばっかり立て続けに参りますが、模型サボッてるワケではありもはん。
細かい作業ばかりなので、ネタがまとまるまで書くことが無いんです。
しかも、今回は『ミリタリ本』且つ、マジメな『資料本』でごわす!



<ガン&ガールイラストレイテッド枢軸国編>

表紙に釣られて買ってみました。


>中身



普通に鉄砲の解説とか!!
しかも、スゴイ読みやすく解りやすい!!
内容も薄過ぎず濃過ぎない、丁度いい塩梅!!



当時の状況も解説されていて、初心者にも理解しやい親切設計!



当然、女子絵も楽しめます。(あくしず系列にしてはエロ成分は極めて低い)



ガルパンのムーミン効果で、今一番HOTなフィンランドからは『スオミ』も!



本書で紹介されている火器一覧。


堅苦しい文章が苦手な私でもスッと読めるナイスな一冊でありました!
連合国編にも期待です!



基礎知識としての価値は十分でごわす


| 資料、道具、実験 | comments(0) | trackbacks(0) |
ウェザリングカラー「ラストオレンジ」


そんなワケで模型紳士、淑女の皆様、秋の新色入荷に御座います。


<ラストオレンジ>
その前に「どこが最後のオレンジやねんw」などと外で口にしてはいけません!
ラベルをよ〜くご覧あそばせ。
サムライのラストは『last(最後の)』で、これのラストは『rust(錆)』です。


>では、試してみます


<試験A>

先日のウェザリングライナーの上から塗ってみます。



ウェザリングカラー用溶剤で拭き取ったら、下地ごと溶け出しました。
しかしこれは、ライナー自体をウェザリングカラー溶剤で溶いたからかも知れません。
『水性ホビーカラーうすめ液』でライナーを溶いていたら塗膜は残るのかも?


>次


<試験B>

下地に『ダークアイアン』、その上からタミヤアクリルの『ハルレッド』を塗った状態。
ここに塗布してみます。


非常に分かりづらいですが、色味が変わった以外にも、隅っこに錆溜まりが出来ています。
今回は拭き取りましたが、ボタボタと垂らしっぱなしでも面白いかも知れません。


>次


<試験C>

こういう所で真価を発揮するのだろう!(しないと困る!)
※既にパステル粉による錆表現が軽く施してあります。



う〜ん・・・これはアレですよ、心の濁った人には見えない的なアレなのでしょう。
違いの分かる大人だけが楽しめる上品なラスト空間を、曇りなき眼で見定めるがイイさ!



感想:(´・ω・`)
きっと私の使い方が悪いので、如何ほどの実力かよく分かりません。
が、水場で出来た錆表現には最適かも。


他の色に比べ、テカりやすい?(水場の再現ならむしろ望むところ)
クレオス「これでlast(ワラ」とか言わず、黄色とか青とかラストシリーズ出して欲しい。




蓮◯「パステルじゃダメなんですか?」




| 資料、道具、実験 | comments(2) | trackbacks(0) |
ウェザリングライナー
 
ウェザリングカラーの新色『ラストオレンジ』が出たので、ついでに錆繋がりでポチってみました。



『ウェザリングライナー』
巷の評判はどうあれ、とりあえず自分で体験してみます。



芯が減ったら皮を剥く方式。色鉛筆のように削ったり出来ます。
芯の硬さは感覚的にクーピーですね。


>使ってみます



はじめに、この道具は、直接ガリガリ描き込む事も可能ですが、基本的に『水性溶剤』ありきです。
このように「溶剤に芯を浸して」使うのが基本となります。

で、注意点「水性ホビーカラー用うすめ液」と言っても、タミヤアクリルの溶剤は無効で、
とりあえず今回は「ウェザリングカラーの溶剤」を使いました。(ややこしい)



下地処理ナシのプラの地肌に直接試してみます。
芯が溶けてニュルっとなったら、こんな感じでドッティングしまして、、、



平筆やら綿棒やら、適当に伸ばしたりボカシたり。。。
とりあえず、乾燥したら手で触っても大丈夫です。

下地を荒らして、ダークアイアンとか塗ってから使うと鉄っぽさ倍増は間違いないです。
ただ、それでも「塗料やパステルでイイじゃん」と言われると、わざわざ乗り換える程のインパクトはありませんが、既存の技法と組み合わせたり、ビギナーが手軽に汚し体験をするのには優れたアイテムだと思います。(謳い文句に偽りなし!)



暫定評価:
手軽さが最大のメリット。


パステルや塗料系が使えない環境の人にはイイっぽい?(溶剤は必須やけど)
周辺道具の手入れがラクっぽい?(綿棒の場合、使用後は万年皿だけ拭けばイイ)
今後、コレを使った新技(荒技)が出てくる可能性もあるっぽい?(主人公はアナタ)





価格的にも悪くはないです



| 資料、道具、実験 | comments(4) | trackbacks(0) |
剥がせるノリ
 
調子に乗って普段通りに色々やっておりますと、案の定、風邪がぶり返した管理人。
咳が止まりません!喉が痒くて堪りません!



そんなワケで、スピットの主翼の隙間を埋めながら・・・


<ピットマルチ2>

ちょっと前に「仮止めにエエんちゃう?」と噂になったコレ。
こないだ買ってみたので、チョロッと出してみました。



「白くべたつく何か」もとい、糊です。
が、乾いて透明になったらビヨ〜ンと伸び、且つ、糊らしく粘着力もあります。

言うなれば「くっつくマスキングゾル」ですね。
例えばフィギュアの仮固定など、両面テープよりはしっかりホールドしてくれそうです。



以上、ちょっと龍角散買ってきます。


| 資料、道具、実験 | comments(5) | trackbacks(0) |
スーパーパンチコンパス、他
 
すこし前後しますが・・・

<スーパーパンチコンパス>

ちょっと前に購入して、全く出番の無かったこの道具。
今回やっと「1/72戦車の砲塔に円をマーキングする」という大役が巡ってきたので使ってみました。

結果から言うと、スゲーです。

まぁ、今までがオル◯ァとかのデカいサークルカッター使ってたので比較するのもアレなんですが、
ス〜ッと軽く回転させるだけで、ミリ単位の円がサクサク切り抜けます。



で、このように校章デカールの下地も無事に吹けたワケであります。

サークルカッターで悩んでいる方は、買いでイイと思います。


>次



我が作業場では溶剤をラー油瓶に移して使用しているのですが、
この度、10年近く使用してきたラー油瓶(右側)が中破しました。

ダメになったのは唯一の丸瓶で、プッシュボタン部がダメになったのですが、
他にも3本(エナメル、ラッカー、ラッカー洗浄)があり、まだまだ大丈夫という状態でして、
使用頻度もラッカー>>エナメル>>>>アクリル、ぐらいの差があり・・・
つまり、ラー油瓶は角瓶が強い!!ということです。





これは響・・・いや信頼できます


| 資料、道具、実験 | comments(2) | trackbacks(0) |
タミヤ『曲線テープ』
 
本日、やっとタミヤの曲線テープが届きました。



まずは様子見ということで一番細い2mm幅を買ってみました。


>試してみましょう!



被験体は1/700まるゆ。
凹凸のある曲面に対して、曲線で貼ってみます。
頑張ればもうちょっと曲げれそうですが、とりあえずこれで吹いてみます。



結果:good!
見辛い色でスンマソン。(フィギュアの下地のついでに吹いたのでw)
段差もきっちりマスクしてくれて、これはなかなか使えます!

これで、微妙なカーブのマスキングはかなりラク出来そうです!
ただ、戦車の迷彩だとカーブがキツすぎる物は無理っぽいです。(旧軍戦車は無理でしょう)






| 資料、道具、実験 | comments(3) | trackbacks(0) |
自作デカール、超間違い!
 
ここ数年、女子人形を作るようになってから『目』を自作デカールで済ませてきた管理人ですが、
今まで、散々「これが限界w」「インクジェットはこんなモンw」などとほざいてきたのを詫て訂正します!

どういう事か?
今までの工程と、本日、気付いた事を以下にまとめます。
(知ってる人は笑いながら見て下さい・・・)


<まずは描く>

まず、我が模型鎮守府では、ペイントソフト『SAI』で、なるべくオリジナルのタッチを真似て手描きします。
(画像は野亀先生のタッチを真似た雷奈嬢の目)

で、これを
1,JPEGなりビットマップなりに変換して保存し、
2,印刷用ソフトで縮小して、
3,そのままプリントアウトしていた。
ワケですが、ここに大きな罠が潜んでいたわけデス!

結論から言うと、縮小、印刷するソフトは、『解像度』を設定できる物でないとダメ!

ここが、よく分からなった部分なのですが、ウチは今までOA用紙メーカーが無料で配布しているような「らく○○プリント」みたいな印刷用ソフトを使っており、これは単に画像を貼り付けて拡大縮小、位置合わせ等を行い、用紙を選んで印刷するだけで、『解像度』なる単語は一切出てこない物でした。


<本日作った>

で、本日、1/72ハ号に貼るための『竪琴高校』の校章を作ったワケですが、
これを直径3.5mmに縮小して『ミラクルデカール』に印刷すると・・・



今まで通りの方法だと、見るも無残な「雰囲気程度は味わえる」シロモノしか出来ません。

これはヒドイwww
ということで、調べ倒したところ、大抵の人は作った画像を『フォトショップ』で縮小→解像度設定→印刷までこなすということが判明。

で、ウチには高価なフォトショなぞ無いのですが、幸い『クリップスタジオ(通称:クリスタ)』があったので、そいつで画像をイジってみたら・・・



まるで別物、オマエ今まで何やってたの?状態です。
先程の直径3.5mmより少し小さく3.3mmで印刷したにも関わらずコレです。


<おさらい>

とにかく、画像編集時に『解像度』を300dpi以上に設定するのがポイント。
ていうか、ソレが出来る画像編集&印刷ソフトが必要。

『クリスタ』だと「編集」→「解像度の変更」で設定可能ですが、用紙サイズとかは設定に無いようなので、実際の用紙の寸法を直接キャンバスの大きさに設定し、位置合わせする必要があります。


そんなワケで、
今まで散々プリンタのせいにしてスンマセンでした!<(_ _;)>


因みに使用プリンタはエプソンの1万円前半のヤツで、インクも普通の染料系です。
何の問題も無かったですゴメンナサイ。


| 資料、道具、実験 | comments(4) | trackbacks(0) |
ヒートペン

先日、プチオフにて山男サンが「ヒートペンおもろいでぇ」と言ってたのを思い出し、買ってみました。


<届いたブツ>

数年前から存在だけは知っていたのですが、何が出来るのかイマイチ理解できず、
購入に至らなかった未知なるアイテム『ヒートペン』。

要は『温度調節機能付き低温ハンダごて』という解釈でイイと思います。


>使ってみる



コテはじめにランナーで『大体1/35ぐらいの手』をネチネチと作ってみました。(コテだけに!
先端の細いヤツでやればもっと精度は出せそうですが、ウェルダーというビットだとこんなモンですかね。
「ビット付け替えてもっとやってみろよ!熱くなれよ!」とも思いましたが、工具自体が熱いので、
ルータのように用途に合わせてサッサと先端を変えられないのはハンデかもです。

因みに、完全硬化したエポパテに対しては、表面にキズを付ける程度なら可能ですが、形を変えるのは不可能です。(当然ですねw


ともあれ、何か可能性を感じたので、色々と試してみようと思います。


| 資料、道具、実験 | comments(2) | trackbacks(0) |
今週買ったもの
 
最近、すっかりラッカー系塗料をメインで使うようになってきたので、ちょっと環境整備をば。。


<届いた物>

Mr.フデピカリキッド:
筆用の洗浄液(アルコール系)。ほぼ無臭、リンス入り、ラッカー系にも有効。
タミヤエナメルも一応落ちたけど、粒子が分離する感じで苦手っぽい印象。

▲イアノーツ『スターブライトジュラルミン』:
来る、ヒコーキ銀塗装への備え。

ガイアノーツ『メタリックマスター』:
上に同じく。

ぅイアノーツ『ブラシウォッシュ』:
ラッカー塗料を筆塗りした時の洗浄に。


<使ってみます>

『フデピカ』と『ブラシウォッシュ』を組み合わせてみました。
フデピカはほぼ無臭で、リンス効果も実感できたので、これからも愛用していきます。
因みに『ブラシウォッシュ』の中のモジャモジャは、人工芝みたいな感触です。


>筆を洗っていると・・・



モジャが立ったぁ!

「おいおい!水吸って膨張かw」では無く、単に瓶の中で2つ折りになっていたモジャが形状記憶スキルを発動した模様。
こうなっては使えないので、このあと強引に指で押し戻しましたが、フデピカのリンス効果で指がスベスベになりました(笑

・・・これって、どうなのさ日向ぁ〜






| 資料、道具、実験 | comments(2) | trackbacks(0) |
続・ウェザリングカラー備忘録

「梅雨が・・・」とか言ってたら、普通に夏空ですね。

引き続き、ウェザリングカラーの性能とやらを確認していきます。


「毎度!ワイはタミヤのエナメルや!」
これを24時間置いて、上からウェザリングカラーで汚すとどうなるか?を確認します。


>>24時間後・・・



さっそく、ジャブッと塗ってみました。

拭きとってみます。



伊勢「どうなのさ、日向〜」


日向「まぁ、そうなるな」
同じ油彩系ですからね、当然ですよね。


あと、気になったので、各溶剤と油彩系塗料の相性も確認してみました。

溶解強度は以下の順になります。

タミヤエナメルうすめ液(強力過ぎてプラモに向かない?)
場合によっちゃプラをダメにする。(巷では接着剤剥がしとして活用されることも)
油彩もウェザリングカラーもしっかり溶かす。

油彩用筆クリーナー(プラモ的には程よい加減で、ペトロールより優しい)
露骨にプラまでは破壊しない。100均の使い捨て絵具皿(プラ製)も普通に使用可能。
タミヤエナメルとウェザリングカラーにもそこそこ有効なので、筆の洗浄程度なら使える。
ただし、タミヤエナメル塗料を溶くには力不足で、粒子が残る場合アリ。
あくまでクリーナー。

ウェザリングカラー専用うすめ液(無臭以外に利点がよく分からない)
タミヤエナメル塗料を溶くには全く無効で分離してしまう。
一方で、塗装して一日経ったタミヤエナメルの塗膜は普通に溶かす。


>次


<進捗状況>

リボンの情景は8割程度完成してきました。



ぼちぼち鍾馗クンも制作始めました。


ということで、週末はフィギュアも追い込みます。


| 資料、道具、実験 | comments(2) | trackbacks(0) |
<< | 2/9PAGES | >>