過去記事テーマ別

管理人の買った物一覧

私家版戦車入門1: 無限軌道の発明と英国タンク
私家版戦車入門1: 無限軌道の発明と英国タンク (JUGEMレビュー »)
モリナガ ヨウ
世界初のタンク(戦車)が如何にして誕生し、どのような問題を乗り越えて進化して来たのか?蒸気トレーラーから英国の菱型戦車、ホイペットまでをまとめた決定版。
ガン&ガール イラストレイテッド 第二次大戦枢軸国編 (MC☆あくしずMOOK)
ガン&ガール イラストレイテッド 第二次大戦枢軸国編 (MC☆あくしずMOOK) (JUGEMレビュー »)

WW2枢軸陣営の小火器を紹介した女子イラスト付きのマジメな本。読みやすい構成で初心者にもオススメ。
大日本帝国陸海軍〈2〉―軍装と装備 明治・大正・昭和
大日本帝国陸海軍〈2〉―軍装と装備 明治・大正・昭和 (JUGEMレビュー »)
中田 忠夫
ややカタログっぽく編集されており、被服の細部(内側や背面など)を知ることは出来ませんが小物や拳銃、生活用品までかなりの数が全て写真で網羅されています。
The Soviet Soldier of World War Two
The Soviet Soldier of World War Two (JUGEMレビュー »)
Phillippe Rio
WW2ソ連兵の兵装を実写カラーでドカンと紹介。よほど特殊な設定以外この一冊で十分です。オススメ!全編英語
ストライクアンドタクティカルマガジン増刊 日本陸軍の戦車 2010年 11月号 [雑誌]
ストライクアンドタクティカルマガジン増刊 日本陸軍の戦車 2010年 11月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)
古是 三春,鈴木 邦宏,土居 雅博
最新の考証を元に八九式を中心に旧軍戦車を各型解説。写真やイラストも豊富で内装なども参考になります。オススメ!
Deutsche Soldaten: The Uniforms, Equipment and Personal Effects of the German 1939-1945
Deutsche Soldaten: The Uniforms, Equipment and Personal Effects of the German 1939-1945 (JUGEMレビュー »)
Agustin Saiz
これは凄い量の実物コレクション!ブーツやガスマスクなど一般的な装備品のバリエーションは勿論、マップケースの中身に時計やタバコまで、ドイツ兵の持ち物を殆ど網羅!巻頭から巻末までオールカラー写真で資料的価値抜群。オススメ!
※全編英語
図解 ヘビーアームズ (F-Files No.017)
図解 ヘビーアームズ (F-Files No.017) (JUGEMレビュー »)
大波 篤司
機関銃や迫撃砲、バズーカにロケットランチャーなど使用方法や各部品の意味など一問一答でスッキリ解説。銃器ビギナーの人に超オススメ。
Vision models 1/35スケール  【VA-9003】 帝国陸軍 九七式
Vision models 1/35スケール  【VA-9003】 帝国陸軍 九七式 (JUGEMレビュー »)

チハ系キットには欠かせないキャタ。価格、組み易さ、解像度も申し分ない定番商品。
末期の水物兵器集
末期の水物兵器集 (JUGEMレビュー »)
こが しゅうと
若干クセのある漫画と文章で、旧海軍兵器の中でもマニアックな物を局所的に徹底紹介!他のシリーズも濃イィ内容!
戦う広告―雑誌広告に見るアジア太平洋戦争
戦う広告―雑誌広告に見るアジア太平洋戦争 (JUGEMレビュー »)
若林 宣
戦時中に国内で使用された広告を年代ごとに紹介。当時の世相が分かる他に類を見ない貴重な資料。
British Web Equipment of the Two World Wars (Europa Militaria)
British Web Equipment of the Two World Wars (Europa Militaria) (JUGEMレビュー »)
Martin Brayley
英軍歩兵の装備品をカラー写真で紹介。色味やバリエーションを知るには良書ですが武器類は無し。価格的にもオススメ!
※全編英語
Stalin's War: Soviet Uniforms And Militaria 1941-45
Stalin's War: Soviet Uniforms And Militaria 1941-45 (JUGEMレビュー »)
Laszlo Bekesi
コレクターが集めたWW2ソ連軍の装備品や階級章のカラー写真集。マニアにとってはかなり薄い内容だが、ソ連軍初心者にはそこそこ資料的価値アリ。
※全編英語
第2次大戦ドイツ軍装ガイド
第2次大戦ドイツ軍装ガイド (JUGEMレビュー »)
ジャン・ド・ラガルド
オール実写による軍装ガイド。これ一冊で殆んどの正規バリエーションが把握できます。
ノーブル バックレスキューベルトチタン L(腰周り:78~94cm) 黒
ノーブル バックレスキューベルトチタン L(腰周り:78~94cm) 黒 (JUGEMレビュー »)

椅子に座ってると腰が痛い!
ってな人は試す価値アリ!
個人的には相当の効果を実感しています。
鋼鉄の最精鋭部隊―千葉戦車学校・騎兵学校 (日本陸軍の機甲部隊 1)
鋼鉄の最精鋭部隊―千葉戦車学校・騎兵学校 (日本陸軍の機甲部隊 1) (JUGEMレビュー »)

貴重な日本戦車の写真集です!戦車学校での訓練風景で構成され、全体の半分以上がチハ主体の写真ですがネットでは見られないレアなものばかり!チハファンは必携!
ドキッ乙女だらけの帝國陸軍入門
ドキッ乙女だらけの帝國陸軍入門 (JUGEMレビュー »)
堀場 亙,岡本 博信
萌えだと思って期待したらハズレですのでご注意を…列記としたミリタリー本です。
TUNODA 薄刃ミニニッパー 120mm TM-02
TUNODA 薄刃ミニニッパー 120mm TM-02 (JUGEMレビュー »)

某プラモメーカーから発売されている物のOEM版なのでプラモ制作に抜群の性能!しかも格安!
Les MAteriels radio de la Wehrmacht: German Radio Sets 1935-1945
Les MAteriels radio de la Wehrmacht: German Radio Sets 1935-1945 (JUGEMレビュー »)
Pierre Metsu
大戦中のドイツ軍無線機を全機種カラー写真で紹介。残念ながら和訳はないですが英訳はアリ。(値段が…)
陸軍機甲部隊―激動の時代を駆け抜けた日本戦車興亡史 (〈歴史群像〉太平洋戦史シリーズ (25))
陸軍機甲部隊―激動の時代を駆け抜けた日本戦車興亡史 (〈歴史群像〉太平洋戦史シリーズ (25)) (JUGEMレビュー »)

モデラー目線のディティール考察には向きませんが、日本戦車がどのように発展し各地でどう戦ったかを知るには良書。
Modelling the Marder Self-Propelled Gun (Osprey Modelling)
Modelling the Marder Self-Propelled Gun (Osprey Modelling) (JUGEMレビュー »)
Sam Dwyer, Robert Oehler

マーダー1,2D,3r,3M,3H のディティールアップ製作ガイド。
外人サンのテクを盗めます!
泥まみれの虎―宮崎駿の妄想ノート
泥まみれの虎―宮崎駿の妄想ノート (JUGEMレビュー »)
宮崎 駿
エース「オットーカリウス」の手記を元に末期ドイツ軍の泥沼の戦いを描写。
今までの「戦車感」が変わるかも?
第2次大戦各国軍装全ガイド (ミリタリー・ユニフォーム)
第2次大戦各国軍装全ガイド (ミリタリー・ユニフォーム) (JUGEMレビュー »)
ピーター ダーマン,マルカム マクグレガー,ピエール ターナー
WW2各国陸海空の軍服図鑑。
膨大な数だが、浅く広くといった感じなので、一国を集中的に調べたい人には不向き。
日本戦車隊戦史―鉄獅子かく戦えり
日本戦車隊戦史―鉄獅子かく戦えり (JUGEMレビュー »)
上田 信
帝国陸軍戦車部隊が各戦線でどのように戦ったのか、図解を交えて年代ごとに相手装備と比較しながら紹介。
イラスト中心なので文章が苦手な人でも大丈夫!(写真は無し)
ビジュアルガイド WW2戦車〈1〉電撃戦
ビジュアルガイド WW2戦車〈1〉電撃戦 (JUGEMレビュー »)
川畑 英毅, 吉原 幹也
WW恐そ戦線好きなら持っておきたい一冊。
ドイツ、ソ連は勿論、フランスやポーランド等、欧州のあらゆる戦闘車両を広く浅く紹介。マイナー車種など豆知識にいいかも。
アハトゥンク・パンツァー〈第7集〉1号戦車、2号戦車と派生型編
アハトゥンク・パンツァー〈第7集〉1号戦車、2号戦車と派生型編 (JUGEMレビュー »)
尾藤 満
言わずと知れたモデラーの為の資料本。 詳細図と写真で各型を詳しく解説。
万年皿


ラッカー塗料をメインで使う方は特にそうでしょうが、
「万年皿はいちいち洗わないから万年皿なんだよ!」と、皿がどんどん増えていき・・・



机の隅でこんな事になっている方も多いのではないでしょうか?

で、これはこれで長くやっていると「何枚目に何色がある」なんて指の感覚で覚えるワケですが、
その不安定さゆえ、置き場所に気を使ったり、ふと何かが当たって倒壊するワケであります。

そこで、
先日、某モデラー宅へお邪魔した時に画期的な格納方法を見たので試してみます!


<用意するもの>

磁石のシート。
よく郵便受けなんかに入ってる広告の載った、冷蔵庫にペタッと貼るようなやつ。
(ブルーベリーアイのポケット付いたやつが磁力強くてオススメ)

それらを適当な大きさに切りまして、デッドスペースに貼り付ければ!



テーレッテレー!!ヽ(゚∀゚)(゚∀゚)ノ

なんということでしょう!
使いたい色がひと目で分かる上、無駄なスペースを取らず、安定性も確保。
逆さにすればホコリ対策にもなって、まさに夢の一石三鳥ではありませんか!


流石、某モデラー”RS200”さん。
考えることが異次元でござる。


 
| 資料、道具、実験 | comments(2) | trackbacks(0) |
アハトゥンク・ガールズアンドパンツァー2

タイミングを見計らったかの如く、アハパン2が届きました!



「アハトゥンクパンツァー」と言えば、戦車モデラーなら誰しも知っているであろう、
ドイツ戦車のバイブル的資料本ですが、要は、それのガルパン版がこちらとなります。




今回は”アンツィオ戦OVA”と”劇場版”でTV版からの修正、または、新たに起こされた車両を収録。
3Dモデルは全てカラーで紹介されています。
(CV33はOVA版、劇場版とも同じモデルで解説文だけが違う)



戦車だけでなく、航空機も収録。(言うてもこれだけやけど)


>で、


前回は「コンプリートブック」の方に収録されていた「その他の登場車両」も解説。
形式まではハッキリしなかったアレや、隠れキャラもバッチリで御座います。


>そして今回の目玉



お馴染みの内部資料ですが、前巻に比べて気合が入っています。
P40(8枚)、セモベンテ(12枚)、CV33(8枚)、KV2(9枚)、チハ(15枚)、新砲塔チハ(17枚)
BT42(22枚)と、劇中の車内シーンも若干枚数に含まれるものの、ここだけで凄い資料価値です!



BT42の内部なんて、マニアック過ぎて滅多にお目にかかれるもんじゃ御座いません。
また、同じ場所でも角度を変えて見せてくれるので、位置関係も把握しやすいのが特徴。

たかがアニメと侮るなかれ、
名だたる軍事研究家や戦車マニアの、遊び心と粋を集めた作品こそがガルパンなので御座います。




 

やっぱりガルパンはいいぞ



 
| 資料、道具、実験 | comments(4) | trackbacks(0) |
ダイソーのUVレジンに波を盛る
 
先日のダイソーUVレジンに波を付けてみます。



波造型の定番「ジェルメディウム」と白波表現にアクリルガッシュを用意。




爪楊枝でチマチマとジェルメディウムを盛ります。
この時点で既にアカン感じですね。




はい、もう何が何だか分かりません。
相変わらずセンスゼロのオジサン。


でも、



安心して下さい、剥がれますよ

ていうかこれ、何回でも練習できる最高の教材じゃないですか!?やだもー!


オッサンの水面修行は続く・・・



| 資料、道具、実験 | comments(5) | trackbacks(0) |
ダイソーのUVレジン

ローズ師匠の髪が乾くまで自由研究の時間が出来たので、
以前より気になっていたUVクリアレジンを試してみたく思います。


<ダイソーの100円レジン>

チューブからニュルッと出せば紫外線だけで硬化するというシロモノ。
5グラム100円(108円)が果たして安いのか?という疑問は置いといて、手軽に使える一液式という意味では価値アリだと思います。



今回の被験体は、AFVクラブのUボートに付属していた潜水艇ビバー君。



さっそくプラバンで型枠を起こします。



適当なサイズで箱を組んでレジンを流し込みます。
まず1層目を流して、固まってからビバー君を乗せます。

1回につき2、3mmぐらいの厚みでレジンを流し込み、紫外線に当てて硬化を待ちます。
傾けても大丈夫なぐらいに固まったら、次を流し込み同じ作業を繰り返します。
直射日光でもない限り、結構、時間かかります。

※型枠は一応、プラ用接着剤で接着しています。


−−で、1本分全部使って型枠を外したら−−



予めプラバンに塗っていた離型剤のせいか、側面が曇ってしまいました。
「冷たいのか!w」とツッコミながら、何とかならないか模索したところ、水を付けたら透明になることを発見したので↓↓



光沢クリアを吹き付けたら、それなりになりました。(;´Д`)

しかし、離型剤を筆塗りしたためか、刷毛目がばっちり転写されています・・・
この程度の透明度ではとてもじゃないけど作品にはなりません。(水没ジオラマとか真似したい!)

離型剤をエアで吹くか、離型剤ナシのプラバン直でもいけるのか。。。




2号艇、ステンバ〜イ

いずれまた。


| 資料、道具、実験 | comments(6) | trackbacks(0) |
タミヤのドリル
 
ちょっと、次のプラモネタを思い付いてパーツ見てたら・・・
「あっ、これ電動ドリル無いと改造しんどいな・・・」と気付き、
ちょうど吉本で「ドリルせんのかいっ!!」やってたので・・・



買ってみました、タミヤのハンディドリル。


そして、知りませんでした・・・



こんなガチの組み立てキットだなんて。

ニッパー、ナイフ、プラスドライバーは必須ですが、パーツをハメ込んでいく感じなので、30分ほどで完成します。
ギアとかモゥタァと言った”機械”を見るとアツくなりますね。

1mm〜3mmのピンバイスが使用でき、
当然ですが道具として普通に使えます。
※ですが、これで乳首ドリルはやめた方がいいでしょう。


>次


<ローズヒップ師匠、植毛4回目>

前回「何かちゃうけど3度目のなんちゃらやし、まぁえっか!」な感じだったのですが、自分の心に嘘はつけないもの。(←まさに嘘)
ローズでヒップなヘアスタイルを求めて、やり直します!



胴体は殆ど仕上がり状態なので、あまり手で触り続けると破損やエッジの摩耗に繋がると考え、ヘッドだけ切り離して専用のグリップを付けてみました。(針金通してパテ盛っただけ)
これで遠慮無くグリグリと色んな角度からハァハァ言いながらパテ造形が出来るワケであります!



そんなワケで今回は、よりイメージを掴むため、ヒゲ部分と横髪を同時に作ってみました。
まだ髪の先端の研ぎ出し作業がありますが、これなら及第点でありましょう。ハァハァ・・・
例によって向かって右側は風でブワッてなってるイメージです。

これで、ようやくゴールに近づいた気がします。




お子様の教材としてもピッタリ


| 資料、道具、実験 | comments(2) | trackbacks(0) |
シリコンバリアでチッピング

近年、スタンダードな技法として定着しつつある、
「塗装の間に剥離剤を仕込んでカリカリと剥がすアレ」
遅れ馳せながら試してみました。

では、レッツ!実験!!(そんなのもう知ってるよ(ワラ!とか言わない)



我が家にはヘアスプレーが無いので、某hiro氏のブログを参考にシリコーンバリアーで実験。
被験車には予め、ラッカーで錆止め色とダークアイアンを塗ってあります。



シリコーンバリアーを筆で直接塗ります。
ジャブジャブ塗らなくても、1回サラッと塗るだけで十分です。



次に車体色(ラッカー)をエアブラシで吹きました。
(ついでにクルセイダー車体色の配合もテスト)


>>>>乾燥を待つ



爪楊枝でカリカリしてみました。
これは、思っていたより簡単で自由度高いですね!
ただし、ちょっと爪なんかで引っ掻いたらハゲるので扱いに注意が必要なのと、やり過ぎた時に後戻りが大変そうです・・・
(筆でタッチアップしたら、それはそれでリアルなペンキ感が表現できそうですけど)



一方向に引っ掻いたり、文字や絵を描いてみたりと試してみました。
下地次第で更に情報量を増やせそうですね。
あと、ヒコーキでこれやったら銀チョロなんて楽勝じゃないですか?


<ウェザリング>

さて、この状態のまま油彩系ウェザリングをするとどうなるのか?
塗料自体が弱くなって溶け出したりすることはないのか?

試してみます。



遠慮無くジャブジャブと塗りたくっていきます。



そこそこ乾いてからウェザリングカラー用の溶剤で拭き取り。

結果:塗料自体が溶け出すことはありませんでした。
が、当然ですが綿棒やティッシュで擦るとハゲます。


通常は、チッピングを施したら一旦クリアで塗膜をコーティングするそうです。

しかしアレですね、コレ覚えると急激にロボとか作りたくなりますね。(´・ω・`)






| 資料、道具、実験 | comments(0) | trackbacks(0) |
GUN&GIRL<WW2枢軸国編>
 
本ネタばっかり立て続けに参りますが、模型サボッてるワケではありもはん。
細かい作業ばかりなので、ネタがまとまるまで書くことが無いんです。
しかも、今回は『ミリタリ本』且つ、マジメな『資料本』でごわす!



<ガン&ガールイラストレイテッド枢軸国編>

表紙に釣られて買ってみました。


>中身



普通に鉄砲の解説とか!!
しかも、スゴイ読みやすく解りやすい!!
内容も薄過ぎず濃過ぎない、丁度いい塩梅!!



当時の状況も解説されていて、初心者にも理解しやい親切設計!



当然、女子絵も楽しめます。(あくしず系列にしてはエロ成分は極めて低い)



ガルパンのムーミン効果で、今一番HOTなフィンランドからは『スオミ』も!



本書で紹介されている火器一覧。


堅苦しい文章が苦手な私でもスッと読めるナイスな一冊でありました!
連合国編にも期待です!



基礎知識としての価値は十分でごわす


| 資料、道具、実験 | comments(0) | trackbacks(0) |
ウェザリングカラー「ラストオレンジ」


そんなワケで模型紳士、淑女の皆様、秋の新色入荷に御座います。


<ラストオレンジ>
その前に「どこが最後のオレンジやねんw」などと外で口にしてはいけません!
ラベルをよ〜くご覧あそばせ。
サムライのラストは『last(最後の)』で、これのラストは『rust(錆)』です。


>では、試してみます


<試験A>

先日のウェザリングライナーの上から塗ってみます。



ウェザリングカラー用溶剤で拭き取ったら、下地ごと溶け出しました。
しかしこれは、ライナー自体をウェザリングカラー溶剤で溶いたからかも知れません。
『水性ホビーカラーうすめ液』でライナーを溶いていたら塗膜は残るのかも?


>次


<試験B>

下地に『ダークアイアン』、その上からタミヤアクリルの『ハルレッド』を塗った状態。
ここに塗布してみます。


非常に分かりづらいですが、色味が変わった以外にも、隅っこに錆溜まりが出来ています。
今回は拭き取りましたが、ボタボタと垂らしっぱなしでも面白いかも知れません。


>次


<試験C>

こういう所で真価を発揮するのだろう!(しないと困る!)
※既にパステル粉による錆表現が軽く施してあります。



う〜ん・・・これはアレですよ、心の濁った人には見えない的なアレなのでしょう。
違いの分かる大人だけが楽しめる上品なラスト空間を、曇りなき眼で見定めるがイイさ!



感想:(´・ω・`)
きっと私の使い方が悪いので、如何ほどの実力かよく分かりません。
が、水場で出来た錆表現には最適かも。


他の色に比べ、テカりやすい?(水場の再現ならむしろ望むところ)
クレオス「これでlast(ワラ」とか言わず、黄色とか青とかラストシリーズ出して欲しい。




蓮◯「パステルじゃダメなんですか?」




| 資料、道具、実験 | comments(2) | trackbacks(0) |
ウェザリングライナー
 
ウェザリングカラーの新色『ラストオレンジ』が出たので、ついでに錆繋がりでポチってみました。



『ウェザリングライナー』
巷の評判はどうあれ、とりあえず自分で体験してみます。



芯が減ったら皮を剥く方式。色鉛筆のように削ったり出来ます。
芯の硬さは感覚的にクーピーですね。


>使ってみます



はじめに、この道具は、直接ガリガリ描き込む事も可能ですが、基本的に『水性溶剤』ありきです。
このように「溶剤に芯を浸して」使うのが基本となります。

で、注意点「水性ホビーカラー用うすめ液」と言っても、タミヤアクリルの溶剤は無効で、
とりあえず今回は「ウェザリングカラーの溶剤」を使いました。(ややこしい)



下地処理ナシのプラの地肌に直接試してみます。
芯が溶けてニュルっとなったら、こんな感じでドッティングしまして、、、



平筆やら綿棒やら、適当に伸ばしたりボカシたり。。。
とりあえず、乾燥したら手で触っても大丈夫です。

下地を荒らして、ダークアイアンとか塗ってから使うと鉄っぽさ倍増は間違いないです。
ただ、それでも「塗料やパステルでイイじゃん」と言われると、わざわざ乗り換える程のインパクトはありませんが、既存の技法と組み合わせたり、ビギナーが手軽に汚し体験をするのには優れたアイテムだと思います。(謳い文句に偽りなし!)



暫定評価:
手軽さが最大のメリット。


パステルや塗料系が使えない環境の人にはイイっぽい?(溶剤は必須やけど)
周辺道具の手入れがラクっぽい?(綿棒の場合、使用後は万年皿だけ拭けばイイ)
今後、コレを使った新技(荒技)が出てくる可能性もあるっぽい?(主人公はアナタ)





価格的にも悪くはないです



| 資料、道具、実験 | comments(4) | trackbacks(0) |
剥がせるノリ
 
調子に乗って普段通りに色々やっておりますと、案の定、風邪がぶり返した管理人。
咳が止まりません!喉が痒くて堪りません!



そんなワケで、スピットの主翼の隙間を埋めながら・・・


<ピットマルチ2>

ちょっと前に「仮止めにエエんちゃう?」と噂になったコレ。
こないだ買ってみたので、チョロッと出してみました。



「白くべたつく何か」もとい、糊です。
が、乾いて透明になったらビヨ〜ンと伸び、且つ、糊らしく粘着力もあります。

言うなれば「くっつくマスキングゾル」ですね。
例えばフィギュアの仮固定など、両面テープよりはしっかりホールドしてくれそうです。



以上、ちょっと龍角散買ってきます。


| 資料、道具、実験 | comments(5) | trackbacks(0) |
<< | 2/10PAGES | >>