過去記事テーマ別

管理人の買った物一覧

私家版戦車入門1: 無限軌道の発明と英国タンク
私家版戦車入門1: 無限軌道の発明と英国タンク (JUGEMレビュー »)
モリナガ ヨウ
世界初のタンク(戦車)が如何にして誕生し、どのような問題を乗り越えて進化して来たのか?蒸気トレーラーから英国の菱型戦車、ホイペットまでをまとめた決定版。
ガン&ガール イラストレイテッド 第二次大戦枢軸国編 (MC☆あくしずMOOK)
ガン&ガール イラストレイテッド 第二次大戦枢軸国編 (MC☆あくしずMOOK) (JUGEMレビュー »)

WW2枢軸陣営の小火器を紹介した女子イラスト付きのマジメな本。読みやすい構成で初心者にもオススメ。
大日本帝国陸海軍〈2〉―軍装と装備 明治・大正・昭和
大日本帝国陸海軍〈2〉―軍装と装備 明治・大正・昭和 (JUGEMレビュー »)
中田 忠夫
ややカタログっぽく編集されており、被服の細部(内側や背面など)を知ることは出来ませんが小物や拳銃、生活用品までかなりの数が全て写真で網羅されています。
The Soviet Soldier of World War Two
The Soviet Soldier of World War Two (JUGEMレビュー »)
Phillippe Rio
WW2ソ連兵の兵装を実写カラーでドカンと紹介。よほど特殊な設定以外この一冊で十分です。オススメ!全編英語
ストライクアンドタクティカルマガジン増刊 日本陸軍の戦車 2010年 11月号 [雑誌]
ストライクアンドタクティカルマガジン増刊 日本陸軍の戦車 2010年 11月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)
古是 三春,鈴木 邦宏,土居 雅博
最新の考証を元に八九式を中心に旧軍戦車を各型解説。写真やイラストも豊富で内装なども参考になります。オススメ!
Deutsche Soldaten: The Uniforms, Equipment and Personal Effects of the German 1939-1945
Deutsche Soldaten: The Uniforms, Equipment and Personal Effects of the German 1939-1945 (JUGEMレビュー »)
Agustin Saiz
これは凄い量の実物コレクション!ブーツやガスマスクなど一般的な装備品のバリエーションは勿論、マップケースの中身に時計やタバコまで、ドイツ兵の持ち物を殆ど網羅!巻頭から巻末までオールカラー写真で資料的価値抜群。オススメ!
※全編英語
図解 ヘビーアームズ (F-Files No.017)
図解 ヘビーアームズ (F-Files No.017) (JUGEMレビュー »)
大波 篤司
機関銃や迫撃砲、バズーカにロケットランチャーなど使用方法や各部品の意味など一問一答でスッキリ解説。銃器ビギナーの人に超オススメ。
Vision models 1/35スケール  【VA-9003】 帝国陸軍 九七式
Vision models 1/35スケール  【VA-9003】 帝国陸軍 九七式 (JUGEMレビュー »)

チハ系キットには欠かせないキャタ。価格、組み易さ、解像度も申し分ない定番商品。
末期の水物兵器集
末期の水物兵器集 (JUGEMレビュー »)
こが しゅうと
若干クセのある漫画と文章で、旧海軍兵器の中でもマニアックな物を局所的に徹底紹介!他のシリーズも濃イィ内容!
戦う広告―雑誌広告に見るアジア太平洋戦争
戦う広告―雑誌広告に見るアジア太平洋戦争 (JUGEMレビュー »)
若林 宣
戦時中に国内で使用された広告を年代ごとに紹介。当時の世相が分かる他に類を見ない貴重な資料。
British Web Equipment of the Two World Wars (Europa Militaria)
British Web Equipment of the Two World Wars (Europa Militaria) (JUGEMレビュー »)
Martin Brayley
英軍歩兵の装備品をカラー写真で紹介。色味やバリエーションを知るには良書ですが武器類は無し。価格的にもオススメ!
※全編英語
Stalin's War: Soviet Uniforms And Militaria 1941-45
Stalin's War: Soviet Uniforms And Militaria 1941-45 (JUGEMレビュー »)
Laszlo Bekesi
コレクターが集めたWW2ソ連軍の装備品や階級章のカラー写真集。マニアにとってはかなり薄い内容だが、ソ連軍初心者にはそこそこ資料的価値アリ。
※全編英語
第2次大戦ドイツ軍装ガイド
第2次大戦ドイツ軍装ガイド (JUGEMレビュー »)
ジャン・ド・ラガルド
オール実写による軍装ガイド。これ一冊で殆んどの正規バリエーションが把握できます。
ノーブル バックレスキューベルトチタン L(腰周り:78~94cm) 黒
ノーブル バックレスキューベルトチタン L(腰周り:78~94cm) 黒 (JUGEMレビュー »)

椅子に座ってると腰が痛い!
ってな人は試す価値アリ!
個人的には相当の効果を実感しています。
鋼鉄の最精鋭部隊―千葉戦車学校・騎兵学校 (日本陸軍の機甲部隊 1)
鋼鉄の最精鋭部隊―千葉戦車学校・騎兵学校 (日本陸軍の機甲部隊 1) (JUGEMレビュー »)

貴重な日本戦車の写真集です!戦車学校での訓練風景で構成され、全体の半分以上がチハ主体の写真ですがネットでは見られないレアなものばかり!チハファンは必携!
ドキッ乙女だらけの帝國陸軍入門
ドキッ乙女だらけの帝國陸軍入門 (JUGEMレビュー »)
堀場 亙,岡本 博信
萌えだと思って期待したらハズレですのでご注意を…列記としたミリタリー本です。
TUNODA 薄刃ミニニッパー 120mm TM-02
TUNODA 薄刃ミニニッパー 120mm TM-02 (JUGEMレビュー »)

某プラモメーカーから発売されている物のOEM版なのでプラモ制作に抜群の性能!しかも格安!
Les MAteriels radio de la Wehrmacht: German Radio Sets 1935-1945
Les MAteriels radio de la Wehrmacht: German Radio Sets 1935-1945 (JUGEMレビュー »)
Pierre Metsu
大戦中のドイツ軍無線機を全機種カラー写真で紹介。残念ながら和訳はないですが英訳はアリ。(値段が…)
陸軍機甲部隊―激動の時代を駆け抜けた日本戦車興亡史 (〈歴史群像〉太平洋戦史シリーズ (25))
陸軍機甲部隊―激動の時代を駆け抜けた日本戦車興亡史 (〈歴史群像〉太平洋戦史シリーズ (25)) (JUGEMレビュー »)

モデラー目線のディティール考察には向きませんが、日本戦車がどのように発展し各地でどう戦ったかを知るには良書。
Modelling the Marder Self-Propelled Gun (Osprey Modelling)
Modelling the Marder Self-Propelled Gun (Osprey Modelling) (JUGEMレビュー »)
Sam Dwyer, Robert Oehler

マーダー1,2D,3r,3M,3H のディティールアップ製作ガイド。
外人サンのテクを盗めます!
泥まみれの虎―宮崎駿の妄想ノート
泥まみれの虎―宮崎駿の妄想ノート (JUGEMレビュー »)
宮崎 駿
エース「オットーカリウス」の手記を元に末期ドイツ軍の泥沼の戦いを描写。
今までの「戦車感」が変わるかも?
第2次大戦各国軍装全ガイド (ミリタリー・ユニフォーム)
第2次大戦各国軍装全ガイド (ミリタリー・ユニフォーム) (JUGEMレビュー »)
ピーター ダーマン,マルカム マクグレガー,ピエール ターナー
WW2各国陸海空の軍服図鑑。
膨大な数だが、浅く広くといった感じなので、一国を集中的に調べたい人には不向き。
日本戦車隊戦史―鉄獅子かく戦えり
日本戦車隊戦史―鉄獅子かく戦えり (JUGEMレビュー »)
上田 信
帝国陸軍戦車部隊が各戦線でどのように戦ったのか、図解を交えて年代ごとに相手装備と比較しながら紹介。
イラスト中心なので文章が苦手な人でも大丈夫!(写真は無し)
ビジュアルガイド WW2戦車〈1〉電撃戦
ビジュアルガイド WW2戦車〈1〉電撃戦 (JUGEMレビュー »)
川畑 英毅, 吉原 幹也
WW恐そ戦線好きなら持っておきたい一冊。
ドイツ、ソ連は勿論、フランスやポーランド等、欧州のあらゆる戦闘車両を広く浅く紹介。マイナー車種など豆知識にいいかも。
アハトゥンク・パンツァー〈第7集〉1号戦車、2号戦車と派生型編
アハトゥンク・パンツァー〈第7集〉1号戦車、2号戦車と派生型編 (JUGEMレビュー »)
尾藤 満
言わずと知れたモデラーの為の資料本。 詳細図と写真で各型を詳しく解説。
1/72・特四式内火艇カツ<2>

 


三度、大型台風近付く神戸より、謎の高熱にうなされながら更新いたし候。
寝床で漫画ばっかり読んでます。(お気に入りは『死人の声をきくがよい』)



さて、水陸両用車両を代表する物と言えば『スクリュー』で御座います。(ウォータージェットなぞ知らぬ)
プラ模型ではどうしても分厚くなりがちなパーツなので、極力、薄削りしておきます。
あと、この時点で『舵』を取り付けると、高確率で破損するので最後にした方が無難であります。
(舵を引っ込めた状態にする方は、更にちょっとした改造が必要なので注意)


>次


作業の大半を占める『足回り』は、思いのほかディテールが細かく好印象。
転輪の裏側なんて殆ど見えなくなるのに、きっちりボルトがモールドされています。

が、


早くも金型にガタが(カナガタだけに)きたのか、ロッカーアームはプラが回り切っていない箇所も。
幸い、完成後の見た目に影響を及ぼす程ではないのですが、良いキットだけに惜しいですナ。



こちらは、ワタクシ個人のミスによるガタガタ。
基本的な事ですが、転輪の類は慎重に取り扱いましょう・・・



取り敢えず『黒い接着剤』で、再生治療を。
接着剤が硬化したら丁寧に磨き込んでやります。


>次


足回りから逸れますが、車体側面のコレは魚雷固定台のハミ出し部分を補強する…と思しきモノ。
箱絵を見た所、丸いモールドは”軽め孔”のようなのでドリルで掘っておきます。(車体を貫通しないよう注意)


次>


履帯はバキッ!といかないよう、デザインナイフでプツップツッと切り出しました。
多分、ニッパで切ると、もう何か、凄い後悔しそうな臭いがプンプンしますよコレは・・・



部分連結とは言え、片側でこれだけあります。とにかく長い。そして細い。



ここで注意ですが、履帯パーツは番号通りに組まないと位置がズレます。
上部の弛み履帯パーツなど、パッと見は似ていますがそれぞれ長さが違ったり、
二個イチの細かい履帯パーツも微妙に曲げ角度が異なるので、間違えると浮いたりします。
ともかく、適当に見た目だけでチャチャッと組むと後で泣きを見ます。(経験者談)
また、組み立て式履帯の常として、サスペンションの都合で履帯が長過ぎたりすることがありますが、
その場合、最後に誘導輪を軸ごと切りとって前後調整してやることになります。


とまぁ、ここまで組んで実際に眺めると、
こんな細長くて華奢な足回りでサンゴ礁に乗り上げるのは無理がありますナ。(´・ω・`)

 

 

| 日本モノ | comments(0) | trackbacks(0) |
1/72・特四式内火艇カツ<1>


『カツ』・・・
それは、兄弟分の『レツ』『キッカ』『カミ』『カチ』『トク』とは全く主旨の異なる、
どちらかと言うと地味〜な『水陸両用輸送車両』であるにも関わらず、
ミラクルロマンな一発逆転『竜巻作戦』で「何それ?スゲー!」と一躍有名になった車両。
種別としてはAFVというより「足の付いた船」なワケでありますが、
もし本当に竜巻作戦が実行されていたら・・・インパール並みの愚行と語り継がれていたことでしょう。



今回制作するのはリッチモデルの1/72スケール。
箱絵は訓練か実戦かよう分からんことになっていますが、中身は思いのほか素晴らしいです。



車体天面。
ハッチの取っ手や操舵ワイヤが一体化されていますが、スケール的には問題なし。
拘る方はチョチョイとディテールアップして見せ場に出来ます。



照準器(双眼鏡みたいなやつ)もキッチリとした成形で好印象。
こういう所で手を抜かれると一気にモチベが下がる方も多くおられるでしょう。



それにしても、世の金型技術は本当に進化しております。
まさか、72で排気口が抜かれているとは思いませんでした。



そして、極めつけがコレでありましょう。
九三式13mm機銃ですが、この放熱リングの繊細さは、もはや1/35クオリティで御座いましょう・・・
いや、1/35でもここまでの成形が出来ないメーカーは普通にゴロゴロあるでしょう。



機動輪の歯の角度なんかもキッチリ再現。
誘導輪のお椀の形は・・・どうなんでしょうね?多分、もうちょっとこう・・・



履帯は部分連結タイプで、自然なカッコイイ弛みを再現出来ます。
魚雷は一発抜きのムクなので、合わせ目処理やら面倒な作業が大幅に軽減され助かります。



そう、パーツの殆どがこの足回りなワケですが・・・

 

つづく
 
| 日本モノ | comments(0) | trackbacks(0) |
島風<完>


<私信>
今年も『関西AFVの会』が平穏無事に終わりまして、
私はといいますと、単なる見物客として会場内外をブラブラしておったワケですが、
前夜祭、後夜祭と参加させて頂き「野郎ども!潜望鏡を上げろ!」と言った具合で、
やはり、何か作品を携えて行くべきであったと、若干の反省をしたりしなかったり。


そんな中、『島風』うpで御座います。



画像クリッコでギャラリーページへ移動


今回も、なんとか気合でゴリ押しした感が否めません。。。
もっと段取り良くラクに、且つ、スマートに制作出来る方法を模索中であります。
いやもう、行ったり来たりの二度手間三度手間が山の如し。
日々、鍛錬でありますナ。

 

| 海モノ | comments(3) | trackbacks(0) |
島風<6>


毎年の事ながら、いきなり5度ほど気温が下がりますね。
ゆっくりジックリと、段階を踏んでくれない四季の移ろいに、
体調崩さないよう気を付けて参りたいと思います。


<最終作業『空中線』>

『空中線』を張る際に、いつも悩むのが「ドコにどう繋がってんの?」という問題。
当時の写真や、詳しいイラスト、カッチョイイ作例なんかがあればそれを参考にするワケですが、
追加工作をしないと締まらない部分も御座いまして、今回、画像の○部分がソレ。

天板左右の角にアンテナみたいなのがツンツン生えて、そこに空中線が繋がるというモノ。
伸ばしランナーでアンテナを再現するので、ドリルで軽く溝を掘り、接着強度を高めようという魂胆。



アンテナが生えてるだけで通常の3倍強そうに見えますナ。
他にも細かい支柱とかイッパイあるんですけど、キリが無いのでこれにてドロン。



空中線のシメとして、今回は『碍子』も再現してみました。
粘度の高い瞬間接着剤をチョイ!と付けるワケですが、接着剤を出してスグだとベチャ〜と広がってしまうので、ある程度硬化してから作業すると球状になりやすいです。あと、避雷針はメタルリギングをグイッと曲げて再現してます。(マストてっぺんの信号燈は今更どうにもならんので今後の宿題ですな)


そんなワケで、、、



いつものダイソーケースに簡易海面ベースを取り付けて。


撮影ハイリマース!

 

| 海モノ | comments(2) | trackbacks(0) |
2年前の作品をUPし忘れていた件


世の中は各地で天災に見舞われ、大変な事になっておりますが、
我が家も次なる災害に備えるべく、いざという時の為、必要な物と不要な物を仕分けようと、
押し入れやらクロゼットを片付けておりましたら、段ボール箱から一際目立つ作品が出てきて、
「そういえば、こんなの作ったなぁ」と、じみじみ当時を振り返りながら、
小一時間ほど、すっかり衰えてしまった女子人形熱を嘆いた管理人。

「つかこれホームページに載せてなくね?」と気付いたのは夜になってからでした。



興味のある方は画像をクリッコするとギャラリーページへ移動できます。


当時、自分史上最も露出度の高いフィギュアということで、色々と違う熱がこもった作品。
元ネタは誰もが知る有名なイラストで、”なびく髪”の表現が難しく、結局妥協した記憶があります。



・・・もう、作って忘れている作品はないだろうね・・・
 

| ガルパン無印 | comments(0) | trackbacks(0) |
<< | 2/346PAGES | >>