過去記事テーマ別

管理人の買った物一覧

私家版戦車入門1: 無限軌道の発明と英国タンク
私家版戦車入門1: 無限軌道の発明と英国タンク (JUGEMレビュー »)
モリナガ ヨウ
世界初のタンク(戦車)が如何にして誕生し、どのような問題を乗り越えて進化して来たのか?蒸気トレーラーから英国の菱型戦車、ホイペットまでをまとめた決定版。
ガン&ガール イラストレイテッド 第二次大戦枢軸国編 (MC☆あくしずMOOK)
ガン&ガール イラストレイテッド 第二次大戦枢軸国編 (MC☆あくしずMOOK) (JUGEMレビュー »)

WW2枢軸陣営の小火器を紹介した女子イラスト付きのマジメな本。読みやすい構成で初心者にもオススメ。
大日本帝国陸海軍〈2〉―軍装と装備 明治・大正・昭和
大日本帝国陸海軍〈2〉―軍装と装備 明治・大正・昭和 (JUGEMレビュー »)
中田 忠夫
ややカタログっぽく編集されており、被服の細部(内側や背面など)を知ることは出来ませんが小物や拳銃、生活用品までかなりの数が全て写真で網羅されています。
The Soviet Soldier of World War Two
The Soviet Soldier of World War Two (JUGEMレビュー »)
Phillippe Rio
WW2ソ連兵の兵装を実写カラーでドカンと紹介。よほど特殊な設定以外この一冊で十分です。オススメ!全編英語
ストライクアンドタクティカルマガジン増刊 日本陸軍の戦車 2010年 11月号 [雑誌]
ストライクアンドタクティカルマガジン増刊 日本陸軍の戦車 2010年 11月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)
古是 三春,鈴木 邦宏,土居 雅博
最新の考証を元に八九式を中心に旧軍戦車を各型解説。写真やイラストも豊富で内装なども参考になります。オススメ!
Deutsche Soldaten: The Uniforms, Equipment and Personal Effects of the German 1939-1945
Deutsche Soldaten: The Uniforms, Equipment and Personal Effects of the German 1939-1945 (JUGEMレビュー »)
Agustin Saiz
これは凄い量の実物コレクション!ブーツやガスマスクなど一般的な装備品のバリエーションは勿論、マップケースの中身に時計やタバコまで、ドイツ兵の持ち物を殆ど網羅!巻頭から巻末までオールカラー写真で資料的価値抜群。オススメ!
※全編英語
図解 ヘビーアームズ (F-Files No.017)
図解 ヘビーアームズ (F-Files No.017) (JUGEMレビュー »)
大波 篤司
機関銃や迫撃砲、バズーカにロケットランチャーなど使用方法や各部品の意味など一問一答でスッキリ解説。銃器ビギナーの人に超オススメ。
Vision models 1/35スケール  【VA-9003】 帝国陸軍 九七式
Vision models 1/35スケール  【VA-9003】 帝国陸軍 九七式 (JUGEMレビュー »)

チハ系キットには欠かせないキャタ。価格、組み易さ、解像度も申し分ない定番商品。
末期の水物兵器集
末期の水物兵器集 (JUGEMレビュー »)
こが しゅうと
若干クセのある漫画と文章で、旧海軍兵器の中でもマニアックな物を局所的に徹底紹介!他のシリーズも濃イィ内容!
戦う広告―雑誌広告に見るアジア太平洋戦争
戦う広告―雑誌広告に見るアジア太平洋戦争 (JUGEMレビュー »)
若林 宣
戦時中に国内で使用された広告を年代ごとに紹介。当時の世相が分かる他に類を見ない貴重な資料。
British Web Equipment of the Two World Wars (Europa Militaria)
British Web Equipment of the Two World Wars (Europa Militaria) (JUGEMレビュー »)
Martin Brayley
英軍歩兵の装備品をカラー写真で紹介。色味やバリエーションを知るには良書ですが武器類は無し。価格的にもオススメ!
※全編英語
Stalin's War: Soviet Uniforms And Militaria 1941-45
Stalin's War: Soviet Uniforms And Militaria 1941-45 (JUGEMレビュー »)
Laszlo Bekesi
コレクターが集めたWW2ソ連軍の装備品や階級章のカラー写真集。マニアにとってはかなり薄い内容だが、ソ連軍初心者にはそこそこ資料的価値アリ。
※全編英語
第2次大戦ドイツ軍装ガイド
第2次大戦ドイツ軍装ガイド (JUGEMレビュー »)
ジャン・ド・ラガルド
オール実写による軍装ガイド。これ一冊で殆んどの正規バリエーションが把握できます。
ノーブル バックレスキューベルトチタン L(腰周り:78~94cm) 黒
ノーブル バックレスキューベルトチタン L(腰周り:78~94cm) 黒 (JUGEMレビュー »)

椅子に座ってると腰が痛い!
ってな人は試す価値アリ!
個人的には相当の効果を実感しています。
鋼鉄の最精鋭部隊―千葉戦車学校・騎兵学校 (日本陸軍の機甲部隊 1)
鋼鉄の最精鋭部隊―千葉戦車学校・騎兵学校 (日本陸軍の機甲部隊 1) (JUGEMレビュー »)

貴重な日本戦車の写真集です!戦車学校での訓練風景で構成され、全体の半分以上がチハ主体の写真ですがネットでは見られないレアなものばかり!チハファンは必携!
ドキッ乙女だらけの帝國陸軍入門
ドキッ乙女だらけの帝國陸軍入門 (JUGEMレビュー »)
堀場 亙,岡本 博信
萌えだと思って期待したらハズレですのでご注意を…列記としたミリタリー本です。
TUNODA 薄刃ミニニッパー 120mm TM-02
TUNODA 薄刃ミニニッパー 120mm TM-02 (JUGEMレビュー »)

某プラモメーカーから発売されている物のOEM版なのでプラモ制作に抜群の性能!しかも格安!
Les MAteriels radio de la Wehrmacht: German Radio Sets 1935-1945
Les MAteriels radio de la Wehrmacht: German Radio Sets 1935-1945 (JUGEMレビュー »)
Pierre Metsu
大戦中のドイツ軍無線機を全機種カラー写真で紹介。残念ながら和訳はないですが英訳はアリ。(値段が…)
陸軍機甲部隊―激動の時代を駆け抜けた日本戦車興亡史 (〈歴史群像〉太平洋戦史シリーズ (25))
陸軍機甲部隊―激動の時代を駆け抜けた日本戦車興亡史 (〈歴史群像〉太平洋戦史シリーズ (25)) (JUGEMレビュー »)

モデラー目線のディティール考察には向きませんが、日本戦車がどのように発展し各地でどう戦ったかを知るには良書。
Modelling the Marder Self-Propelled Gun (Osprey Modelling)
Modelling the Marder Self-Propelled Gun (Osprey Modelling) (JUGEMレビュー »)
Sam Dwyer, Robert Oehler

マーダー1,2D,3r,3M,3H のディティールアップ製作ガイド。
外人サンのテクを盗めます!
泥まみれの虎―宮崎駿の妄想ノート
泥まみれの虎―宮崎駿の妄想ノート (JUGEMレビュー »)
宮崎 駿
エース「オットーカリウス」の手記を元に末期ドイツ軍の泥沼の戦いを描写。
今までの「戦車感」が変わるかも?
第2次大戦各国軍装全ガイド (ミリタリー・ユニフォーム)
第2次大戦各国軍装全ガイド (ミリタリー・ユニフォーム) (JUGEMレビュー »)
ピーター ダーマン,マルカム マクグレガー,ピエール ターナー
WW2各国陸海空の軍服図鑑。
膨大な数だが、浅く広くといった感じなので、一国を集中的に調べたい人には不向き。
日本戦車隊戦史―鉄獅子かく戦えり
日本戦車隊戦史―鉄獅子かく戦えり (JUGEMレビュー »)
上田 信
帝国陸軍戦車部隊が各戦線でどのように戦ったのか、図解を交えて年代ごとに相手装備と比較しながら紹介。
イラスト中心なので文章が苦手な人でも大丈夫!(写真は無し)
ビジュアルガイド WW2戦車〈1〉電撃戦
ビジュアルガイド WW2戦車〈1〉電撃戦 (JUGEMレビュー »)
川畑 英毅, 吉原 幹也
WW恐そ戦線好きなら持っておきたい一冊。
ドイツ、ソ連は勿論、フランスやポーランド等、欧州のあらゆる戦闘車両を広く浅く紹介。マイナー車種など豆知識にいいかも。
アハトゥンク・パンツァー〈第7集〉1号戦車、2号戦車と派生型編
アハトゥンク・パンツァー〈第7集〉1号戦車、2号戦車と派生型編 (JUGEMレビュー »)
尾藤 満
言わずと知れたモデラーの為の資料本。 詳細図と写真で各型を詳しく解説。
今年もお世話になりました!



今年は後半に入って




今までにない長期模型休眠に入り




アホみたいに山ばっかり登っていましたが




そろそろ落ち着いてくる頃合いなので




来季放送の『ゆるキャン』にハマらないよう




絶対にテント装備だけは買わないよう




質素に生きていこうと思っておりますので




2018年も宜しくお願いします!



ロケ地:千ヶ峰
 
| | comments(2) | trackbacks(0) |
IN尾道2017



夏以降、全く模型に触れていない管理人ですが、
とりま平成29年、最後の旅行は広島の尾道と相成りました。(2回目)




今回は「尾道っちゃあ猫と渡船でしょ!」つう事で、
レンタルチャリンコで『しまなみ海道』をチョットだけ走ってみようと思い立った次第。
神戸から高速道路で約3時間、着いてすぐにチャリで走りまくるというハードスケジュール。



ダラダラと写真を貼るのでたたみます↓

 

続きを読む >>
| 小旅行、雑多 | comments(2) | trackbacks(0) |
『シグマ60mm2.8DN』単焦点を買う

 


一本、買い足してみました。


特にカメラ趣味というほど熱を入れているワケではなく、
かと言って、インスタントの記念写真みたいなのは撮りたくない、
要は、何をやってもベタッと全体が写っちゃう『暗いレンズ』は嫌なワケです。

そこで、5万以上は出したくないシミったれた私でもホイホイ手が出せちゃうような
『お手頃価格でお値段以上』のレンズを探していたところ、本品に当たった次第。

色々と吟味を重ね、30mmや45mm辺りも魅力的だったのですが、
パナソニックの20mmに続き、選んだのは60mm(フル換算120)という中望遠になりました。


テスト撮影
 
左:ボケ方のテスト。
焦点距離イッパイの50cm辺りから9巻にピントを合わせ前後のボケを見る。

右:立った状態からPC机ぐらいの高さの物を撮るとこんな感じ。
展示会などで被写体が大型模型だと全体を収めるのは無理。


 
左:マーライオンもバッチリ。

右:手持ちでこれですから、三脚とかで固定した場合はバキバキに解像します。



 
左:ウチの姫も8歳になりました。相変わらずイビキが凄いです。

右:山行の帽子。
ワタクシ、ハイカーでは数少ないミリタリィなスタイルです。スイマセン。


--室内撮りだけではアレなので、近所の山に行ってみます--


 
左:新しい自撮りスタイル。
物凄く足長に写っていますが、実物は上下比率が逆となります。

右:寒空の下、ヨットレースっぽい何かを楽しむ人々。


 
左:自然界のNo1モデルと言えば『花』ですが、冬なので殆ど咲いてませんでした。
花壇等でありがちな「あと一歩寄りたいけど柵がある!orz」なんて時にすごく良さそう。

右:石を人に見立ててボケ具合を確認。
バストアップならもっと背景ボケすると思います。
被写体から距離を取れるので、自然な表情を狙えそう。(う〜ん、エエ石加減や・・・


<感想>
中望遠なので、基本的にある程度広い場所での活躍が期待されます。
購入前は明るさF2.8は中途半端かな?とも思いましましたが、全くの杞憂でした。
とても気に入ったので来年は同シリーズの30mmを買ってみたく候。


 

 


ソニー用もあります

 


 

 

| 資料、道具、実験 | comments(2) | trackbacks(0) |
ガルパン最終章第一話



そんなワケで、初日の初回に突撃してまいりました!
当ブログのスタンスとして、円盤発売まで内容は書きませんが、
一言で言うと
「ガルパンはいいぞ!(´・ω・`)」


それでは、パンフレットの中身を少し見ていきます。



予てより発表されていたBC自由学園。
ユニフォームのデザインが宜しいですな。




公式サイトで未発表(17.12.9現在)の新戦車その1。
WoTで私が愛用していたアレだったので興奮しました!




学園艦の奥底があんな事になっているとは思いませんでしたw
もうね、宇宙ですね、小宇宙と書いてコスモですわ。
因みに今回の新キャラで僕の推しは、このカトラスです。




そんなモーレツなパイレーツがカッコ良く陸(おか)で活躍する第1話。
例によって、この旗がデカール化されてアレをナニする日も近いことでしょう。





今回もオマケの色紙が貰えます。
まさかの一発ダブリという・・・誰かトレードして下さい(;´Д`)




あゝ!続きが見たい!早く見たい!!
因幡の白兎と最後にアレするのは、やはり”ワニ”なのでしょうか・・・

 

| ガルパン無印 | comments(2) | trackbacks(0) |
まだ戻らない

いやぁ〜、艦これ秋イベにはしっかりと復帰して、スリガオ海峡を突破しましたが、
模型制作には未だ魂が回帰しない管理人であります。


>なぜか?

山です。



サバゲではなく、山にハマりつつあるワケです。
(近所の低山でトレーニング中)


とりあえず、一人で黙々と何かをするのが好きなのでありましょう。



必ずしも頂上を目指したいワケではないので『登山』ではなく『トレッキング』に該当します。



でも、登れそうな岩があるとワクワクします。



決して「高い所が好き!」というワケじゃありませんが、ワクワクします。



苔を見るとミニチュアみたいで楽しくなります。



元々、子供の頃はよく山で遊んでおったのですが、社会に出てからというもの、
「休みの日まで汗かいて何がオモロイねん」などとスレた大人になってしまっていたのですが、
オッサンになって一周したのか、乳酸を溜めるのが愉快に感じてきた模様。

体力的なアレもあるので、行ける内にガンガン行っておこう!というワケであります。
いやぁ、人間どこでどうなるか分からんモンで御座いますね。


 
| - | comments(0) | trackbacks(0) |
近況・生存報告

 


今年も大きな模型イベントは残り僅かとなりまして、
ワタクシはと言うと、制作意欲がムズムズしてくる頃合いなのですが、
何というか、所謂一つの・・・

殆ど何も触っておりません!

と、申しますのも、サバゲを全力でやるために足腰強化を図ろうと、
近所のお山を歩き回っている内に、山歩きそのものが面白くなってしまい、
「いつか3000m級を!」などと、むしろ目標が登山チックな方向へシフト。

ほら、山って好きな時に一人で行けるじゃないですか?
目標もゴールも自分次第で決めれるし、自ら苦行を求めるなんて所も、
どこか模型製作と通ずるモノがあるワケですね。


(↑先週のゲームにて『敵が見えなくて身動き取れんw』状態の私)


そんなワケで、チョロっと履帯。


先日行ってきた”大阪ホビーフェス”にて、ファ○ンMのS氏と約一年ぶりにお会いしまして、
「ブログ更新してないけど四式ホロはどうなっているのか?」的な会話になり、
そう言えば、昨年、同氏に「ホロ出してくれ!」とゴネた自分としては大変申し訳なく、
履帯を、それも他メーカーの物を、リハビリで組んで5日間放置しておりましたら、
何かの呪いか、豪快に反りました。(´・ω・`)




そんな呪いとは関係ないのですが、念願だったファインMのエプロンをゲッツ。
いよいよ裸エプロンでサバゲフィールドを駆け回る日もそう遠くないかも知れません・・・


 

 

| - | comments(0) | trackbacks(0) |
モデラーズフェスティバル2017

あぶない!忘れるところでした!
今年は大阪ATCで開催されるモデラーズフェスティバルに参加致します!
普段から親交のあるYumikon Modelsさんのブースで展示します。
11月4日・5日の二日間です。



私は5日(日)に店番してますので、ウホりたい方は是非お起こし下さいませ。


模型触ってないクセに展示会ばかり出させてもらって、申し訳ない!!


 
| 模型イベント | comments(0) | trackbacks(0) |
近況


雨が続き、最後の仕上げに巨大台風というドイヒーな1週間。

実は先週末、そのドイヒーな雨の中サバゲデビューを果たしまして、
2戦目をこの22日に迎える予定だったのですが、見事、大雨警報ということで、
おうちで模型制作を! ・・・とはいかず、悶々と装備品をイジって参ります。



<服(BDU)>

ドイツ連邦軍払い下げの中古戦闘服が私の一張羅。(上着1000円)
所謂「フレクターカモ」なる迷彩服。

で、


例外なく、両肩に国旗章が縫い付けられておるワケですが、
サバゲでは両腕に赤か黄のチーム識別帯を巻いて、敵味方を識別するため、
紛らわしい色の装飾や服装は、避けた方が良いという暗黙のルールがございまして、
まぁ、コレぐらいなら文句を言われることも無いでしょうが、気分的にアレなので↓


タミヤエナメルで黒染め。



これで、味方から撃たれる心配は無いでしょう!


>次


<銃の防水>

電動ガンは当然ながら浸水NGなので、雨に備えて防水準備は整えております。
巷では「サランラップをグルグル巻き」など、いろいろ工夫がなされているようですが、
前回試したところ安定性に乏しく、場合によっちゃゲーム中に破れたり外れたりします。
そこで、むか〜し購入した”用務員さんが腕に付けるアレ(防水仕様)”を被せてみました。
当時の私、この事を予見していたのか、奇しくも迷彩柄でシックリ来ますね!
※「防水 腕カバー」とかで検索すると出てきます。



そんな事より、早く晴れて欲しい。(´・ω・`)
 

| - | comments(0) | trackbacks(0) |
そう、秋

全国6千万のチトファンの皆様、
アニメ版「少女終末旅行」第一話が放送されましたね!
ケッテンクラートの走行音「トトト」の再現度は高く、作画も問題なし。

しかし!個人的にですよ?極めて一個人的に全体の感想を申せば、
私の想い描いていた方向とは逆方向に色が付いてしまった感じで、
思い返せば、キャラデザで目にキャッチライトが描かれた時点で察してはいましたが、
どこが?とは申しませんが、こう、商業的には致し方ないのでしょうな。


さて、我が地域では、そのすぐ後の枠に「キノの旅(2期)」が入っておるワケですが、
こちらは前作から変わらぬ雰囲気と、磨きの掛かったクオリティで宜しいですな。
主人公「キノ」の他、声優陣は替わりましたが、さほど違和感もなくイイと思いますケロ。


今季はあと3本ぐらいしか録画予定がありませぬ故、模型作りでも再開しようかと存じます。


 
| アニメ、コミック感想 | comments(0) | trackbacks(0) |
生きてます

いや、それがですね

仲間内で「サバゲやろうぜ!」的な流れになりましてね



1/1の鉄砲を買ってみたら、思いのほか体力が必要だと気付きまして、



「体力ナシ夫はアカンやろ」と、



近所の山登って軽く汗を流していたらですね?




なんかもう、むしろ山登りが楽しくなってきまして、
どっかの腹ペコモデラー様みたいに「山でパスタを湯掻いてみたい!」などと、
要は、涼しくなってお外が気持ちいいワケでありますな。


そんなワケで普通に生きております。
特四の竜巻作戦仕様、楽しみですね(´・ω・`)

 
| - | comments(4) | trackbacks(0) |
<< | 2/169PAGES | >>