過去記事テーマ別

管理人の買った物一覧

私家版戦車入門1: 無限軌道の発明と英国タンク
私家版戦車入門1: 無限軌道の発明と英国タンク (JUGEMレビュー »)
モリナガ ヨウ
世界初のタンク(戦車)が如何にして誕生し、どのような問題を乗り越えて進化して来たのか?蒸気トレーラーから英国の菱型戦車、ホイペットまでをまとめた決定版。
ガン&ガール イラストレイテッド 第二次大戦枢軸国編 (MC☆あくしずMOOK)
ガン&ガール イラストレイテッド 第二次大戦枢軸国編 (MC☆あくしずMOOK) (JUGEMレビュー »)

WW2枢軸陣営の小火器を紹介した女子イラスト付きのマジメな本。読みやすい構成で初心者にもオススメ。
大日本帝国陸海軍〈2〉―軍装と装備 明治・大正・昭和
大日本帝国陸海軍〈2〉―軍装と装備 明治・大正・昭和 (JUGEMレビュー »)
中田 忠夫
ややカタログっぽく編集されており、被服の細部(内側や背面など)を知ることは出来ませんが小物や拳銃、生活用品までかなりの数が全て写真で網羅されています。
The Soviet Soldier of World War Two
The Soviet Soldier of World War Two (JUGEMレビュー »)
Phillippe Rio
WW2ソ連兵の兵装を実写カラーでドカンと紹介。よほど特殊な設定以外この一冊で十分です。オススメ!全編英語
ストライクアンドタクティカルマガジン増刊 日本陸軍の戦車 2010年 11月号 [雑誌]
ストライクアンドタクティカルマガジン増刊 日本陸軍の戦車 2010年 11月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)
古是 三春,鈴木 邦宏,土居 雅博
最新の考証を元に八九式を中心に旧軍戦車を各型解説。写真やイラストも豊富で内装なども参考になります。オススメ!
Deutsche Soldaten: The Uniforms, Equipment and Personal Effects of the German 1939-1945
Deutsche Soldaten: The Uniforms, Equipment and Personal Effects of the German 1939-1945 (JUGEMレビュー »)
Agustin Saiz
これは凄い量の実物コレクション!ブーツやガスマスクなど一般的な装備品のバリエーションは勿論、マップケースの中身に時計やタバコまで、ドイツ兵の持ち物を殆ど網羅!巻頭から巻末までオールカラー写真で資料的価値抜群。オススメ!
※全編英語
図解 ヘビーアームズ (F-Files No.017)
図解 ヘビーアームズ (F-Files No.017) (JUGEMレビュー »)
大波 篤司
機関銃や迫撃砲、バズーカにロケットランチャーなど使用方法や各部品の意味など一問一答でスッキリ解説。銃器ビギナーの人に超オススメ。
Vision models 1/35スケール  【VA-9003】 帝国陸軍 九七式
Vision models 1/35スケール  【VA-9003】 帝国陸軍 九七式 (JUGEMレビュー »)

チハ系キットには欠かせないキャタ。価格、組み易さ、解像度も申し分ない定番商品。
末期の水物兵器集
末期の水物兵器集 (JUGEMレビュー »)
こが しゅうと
若干クセのある漫画と文章で、旧海軍兵器の中でもマニアックな物を局所的に徹底紹介!他のシリーズも濃イィ内容!
戦う広告―雑誌広告に見るアジア太平洋戦争
戦う広告―雑誌広告に見るアジア太平洋戦争 (JUGEMレビュー »)
若林 宣
戦時中に国内で使用された広告を年代ごとに紹介。当時の世相が分かる他に類を見ない貴重な資料。
British Web Equipment of the Two World Wars (Europa Militaria)
British Web Equipment of the Two World Wars (Europa Militaria) (JUGEMレビュー »)
Martin Brayley
英軍歩兵の装備品をカラー写真で紹介。色味やバリエーションを知るには良書ですが武器類は無し。価格的にもオススメ!
※全編英語
Stalin's War: Soviet Uniforms And Militaria 1941-45
Stalin's War: Soviet Uniforms And Militaria 1941-45 (JUGEMレビュー »)
Laszlo Bekesi
コレクターが集めたWW2ソ連軍の装備品や階級章のカラー写真集。マニアにとってはかなり薄い内容だが、ソ連軍初心者にはそこそこ資料的価値アリ。
※全編英語
第2次大戦ドイツ軍装ガイド
第2次大戦ドイツ軍装ガイド (JUGEMレビュー »)
ジャン・ド・ラガルド
オール実写による軍装ガイド。これ一冊で殆んどの正規バリエーションが把握できます。
ノーブル バックレスキューベルトチタン L(腰周り:78~94cm) 黒
ノーブル バックレスキューベルトチタン L(腰周り:78~94cm) 黒 (JUGEMレビュー »)

椅子に座ってると腰が痛い!
ってな人は試す価値アリ!
個人的には相当の効果を実感しています。
鋼鉄の最精鋭部隊―千葉戦車学校・騎兵学校 (日本陸軍の機甲部隊 1)
鋼鉄の最精鋭部隊―千葉戦車学校・騎兵学校 (日本陸軍の機甲部隊 1) (JUGEMレビュー »)

貴重な日本戦車の写真集です!戦車学校での訓練風景で構成され、全体の半分以上がチハ主体の写真ですがネットでは見られないレアなものばかり!チハファンは必携!
ドキッ乙女だらけの帝國陸軍入門
ドキッ乙女だらけの帝國陸軍入門 (JUGEMレビュー »)
堀場 亙,岡本 博信
萌えだと思って期待したらハズレですのでご注意を…列記としたミリタリー本です。
TUNODA 薄刃ミニニッパー 120mm TM-02
TUNODA 薄刃ミニニッパー 120mm TM-02 (JUGEMレビュー »)

某プラモメーカーから発売されている物のOEM版なのでプラモ制作に抜群の性能!しかも格安!
Les MAteriels radio de la Wehrmacht: German Radio Sets 1935-1945
Les MAteriels radio de la Wehrmacht: German Radio Sets 1935-1945 (JUGEMレビュー »)
Pierre Metsu
大戦中のドイツ軍無線機を全機種カラー写真で紹介。残念ながら和訳はないですが英訳はアリ。(値段が…)
陸軍機甲部隊―激動の時代を駆け抜けた日本戦車興亡史 (〈歴史群像〉太平洋戦史シリーズ (25))
陸軍機甲部隊―激動の時代を駆け抜けた日本戦車興亡史 (〈歴史群像〉太平洋戦史シリーズ (25)) (JUGEMレビュー »)

モデラー目線のディティール考察には向きませんが、日本戦車がどのように発展し各地でどう戦ったかを知るには良書。
Modelling the Marder Self-Propelled Gun (Osprey Modelling)
Modelling the Marder Self-Propelled Gun (Osprey Modelling) (JUGEMレビュー »)
Sam Dwyer, Robert Oehler

マーダー1,2D,3r,3M,3H のディティールアップ製作ガイド。
外人サンのテクを盗めます!
泥まみれの虎―宮崎駿の妄想ノート
泥まみれの虎―宮崎駿の妄想ノート (JUGEMレビュー »)
宮崎 駿
エース「オットーカリウス」の手記を元に末期ドイツ軍の泥沼の戦いを描写。
今までの「戦車感」が変わるかも?
第2次大戦各国軍装全ガイド (ミリタリー・ユニフォーム)
第2次大戦各国軍装全ガイド (ミリタリー・ユニフォーム) (JUGEMレビュー »)
ピーター ダーマン,マルカム マクグレガー,ピエール ターナー
WW2各国陸海空の軍服図鑑。
膨大な数だが、浅く広くといった感じなので、一国を集中的に調べたい人には不向き。
日本戦車隊戦史―鉄獅子かく戦えり
日本戦車隊戦史―鉄獅子かく戦えり (JUGEMレビュー »)
上田 信
帝国陸軍戦車部隊が各戦線でどのように戦ったのか、図解を交えて年代ごとに相手装備と比較しながら紹介。
イラスト中心なので文章が苦手な人でも大丈夫!(写真は無し)
ビジュアルガイド WW2戦車〈1〉電撃戦
ビジュアルガイド WW2戦車〈1〉電撃戦 (JUGEMレビュー »)
川畑 英毅, 吉原 幹也
WW恐そ戦線好きなら持っておきたい一冊。
ドイツ、ソ連は勿論、フランスやポーランド等、欧州のあらゆる戦闘車両を広く浅く紹介。マイナー車種など豆知識にいいかも。
アハトゥンク・パンツァー〈第7集〉1号戦車、2号戦車と派生型編
アハトゥンク・パンツァー〈第7集〉1号戦車、2号戦車と派生型編 (JUGEMレビュー »)
尾藤 満
言わずと知れたモデラーの為の資料本。 詳細図と写真で各型を詳しく解説。
<< SIGMA 30mm2.8DN | main | IN荒島岳 >>
模型目線で被写界深度を見る


この際、まとめて撮影的な話であります。

今回は模型撮影を目的とした『被写界深度』について。
(以前にもやった気がする?いや、気のせいでありましょう)

被写界深度とは、簡単に言うと『ピントが合う範囲』でありまして、
深いほど全体にピントが合い、逆に浅いほど周辺がボケて「いかにも一眼」という感じになります。

主にスマホで模型撮影されている方は、被写界深度によるボケの悩みとは殆ど無縁ですが、
カメラが大きくなるほど、レンズが明るくなる(F値が小さい)ほど、模型撮影的には不都合な場面が増え、
「高い一眼カメラ買ったのにボケまくって全然写らん!チクショウメェ〜!」なんて方も結構多いと思います。
相手が人間であれば、ボケたらツッコめば綺麗に収まるのですが、生憎カメラには言葉が通じませぬ。

そこで『絞り』なる設定が登場するワケですが、とりあえず理屈は置いといて、
F値(絞り値)によるボケ方の違いをザックリ見てまいりましょう。


<オリンパスE-M10供

現在のデジタルカメラは大まかに『フルサイズ』>『APS-C』>『マイクロフォーサーズ』>『1型』>『スマホや昔のコンデジ』の順にセンサー規格が小さくなるワケですが、我が鎮守府の主力はマイクロフォーサーズ機。で、基本的にセンサーの大きい方が、暗所に強く、その分シャッター速度が稼げるメリットと、数値的に同じ設定なら小さい規格のカメラよりも被写界深度が浅くなります。(ボケやすくなる)


以下、●ISO1600固定 ●手ブレ補正OFF ●三脚使用


現在所有する最も明るい20mm(換算40)レンズの解放F1.7だとこうなります。
ピントはエリカ様の頭部に合わせましたが、ヘルメット、ワニの顔、手前の土、以外はボケてますね。
いいカメラ買って、オートの『人物(ポートレート)』なんかに設定してるとこんな風になりやすいです。



少し絞りました。
エリカ様の上半身はピント範囲内に収まっています。



一般的な庶民レンズで、よく解像しだすラインとなる場合が多いF5.6。
まだ後方はややボケていますが、この辺から、通常サイズのジオラマ作品を普通に写せる感じです。
因みに私は高級レンズを一本も持っていない庶民です(´・ω・`)



お安いレンズでもカッチリ解像しだすことが多いらしいF8。
長辺20cm以内のジオラマ全体を収めるなら、シャッター速度を含め、この辺りがバランス良さそう。



カッターマットの『29』辺りまでピントが合っています。
一般的に「画質が低下するんじゃねぇの?」と言われるぐらいの絞り値。
ですが、正直、縮小して鑑賞する分には誤差にすらなりません。
コレ見て「さっきのF8より解像落ちたね」なんて分かる人はニュータイプだと思います(´・ω・`)


が、しかし

元の大きさで見比べると、

その写りの差に愕然とするのであります・・・

それがコチラ↓

はい、ドーン!


F16は明らかにボヤけております。大型モニタで鑑賞する場合は考慮すべきレベル。

というワケで、写真を縮小する場合に限り、F10以上の絞りこみも有効な選択肢かと。
ただし!ここまで絞ると今度はレンズが暗くなり過ぎてシャッター速度がガッツリ下がるので、室内灯+LED電球ぐらいじゃ三脚固定が前提となってきます。これを手持ち撮影でクリアしたいとなると、例のISO感度の話になるワケですナ。



>次


<キヤノンG9X>

近年、スマホカメラの著しい性能向上により、アッという間に絶滅危惧種となったコンデジというカテゴリ。
そんなコンデジの存在意義に、一筋の光を照らすのが「ポケットに入る大型センサー搭載機」
「嵩張るカメラは持ちたくないけどスマホより拘った写真が撮りたい」と言うニーズにお応えすべく?
日夜努力と進化を続ける(続いて欲しい)愛おしいコンパクトカメラ達。
そう、時代は素早いネットへのアクセスと小型化、まさに”ポケットの中の戦争”へと移行しているのであります!


以下、●ISO1600固定 ●手ブレ補正OFF ●三脚使用


解放F2。
基本的にセンサーが小さくなる程ボケ量は減るのですが、至近距離だと1型でも結構ボケます。



マイクロフォーサズのF5.6よりは多少ですが、目に見えてボケは少ないですね。



因みに、当ブログの模型写真は殆どこのカメラで撮ってます。あ、ちょっとピントずれてた・・・



で、やっぱりF10を超えると全体に万遍なくピントが合いますが、フォーカス部もボヤけてまいります。



元の大きさ(等倍画像)で見るとこんな感じ。
まぁ、何でもそうですが「絞り過ぎはアカン」という事で御座いますナ(´・ω・`)


「で、結局どうすりゃイイのさ?」(オートモードを除く場合)と申しますと、
☆画質が悪くならないイッパイのトコまで絞る(これはお手持ちの機材によって異なります)
☆絞ると暗くなるので、可能なら照明で工夫する&シャッター速度落として三脚を使う
☆展示会などで、どうしても手持ち撮影になる場合はISOを許容範囲まで上げ、無我の境地で撮る
☆被写体から離れる(寄れば寄るほどボケはきつくなります)
★それでもどうにもならない場合は、最強の手振れ補正や高感度耐性のカメラに乗り換える
★「↑そんなカネねぇよ!ヴァーカ!」という場合は一脚を使うという選択肢も
★「写真なんて何が写ってるか分かればそれでエエ」経済的にも精神的にも健全でよろしいと思います
 

<今回使用したカメラ>

キヤノンG9Xは携帯性抜群で高画質。
マニュアル撮影も出来てスマホとの連動も軽快なオールラウンダー。



オリンパスE-M10は新型のMk靴出ていますが、
そんな大きな差は無いと感じるので型落ちのMk兇値頃かと。
景色とかポートレートも撮るなら尚オススメ。

 


 

 

 

| 資料、道具、実験 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://heppoko.ss-bass.oops.jp/trackback/868185
トラックバック