過去記事テーマ別

管理人の買った物一覧

私家版戦車入門1: 無限軌道の発明と英国タンク
私家版戦車入門1: 無限軌道の発明と英国タンク (JUGEMレビュー »)
モリナガ ヨウ
世界初のタンク(戦車)が如何にして誕生し、どのような問題を乗り越えて進化して来たのか?蒸気トレーラーから英国の菱型戦車、ホイペットまでをまとめた決定版。
ガン&ガール イラストレイテッド 第二次大戦枢軸国編 (MC☆あくしずMOOK)
ガン&ガール イラストレイテッド 第二次大戦枢軸国編 (MC☆あくしずMOOK) (JUGEMレビュー »)

WW2枢軸陣営の小火器を紹介した女子イラスト付きのマジメな本。読みやすい構成で初心者にもオススメ。
大日本帝国陸海軍〈2〉―軍装と装備 明治・大正・昭和
大日本帝国陸海軍〈2〉―軍装と装備 明治・大正・昭和 (JUGEMレビュー »)
中田 忠夫
ややカタログっぽく編集されており、被服の細部(内側や背面など)を知ることは出来ませんが小物や拳銃、生活用品までかなりの数が全て写真で網羅されています。
The Soviet Soldier of World War Two
The Soviet Soldier of World War Two (JUGEMレビュー »)
Phillippe Rio
WW2ソ連兵の兵装を実写カラーでドカンと紹介。よほど特殊な設定以外この一冊で十分です。オススメ!全編英語
ストライクアンドタクティカルマガジン増刊 日本陸軍の戦車 2010年 11月号 [雑誌]
ストライクアンドタクティカルマガジン増刊 日本陸軍の戦車 2010年 11月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)
古是 三春,鈴木 邦宏,土居 雅博
最新の考証を元に八九式を中心に旧軍戦車を各型解説。写真やイラストも豊富で内装なども参考になります。オススメ!
Deutsche Soldaten: The Uniforms, Equipment and Personal Effects of the German 1939-1945
Deutsche Soldaten: The Uniforms, Equipment and Personal Effects of the German 1939-1945 (JUGEMレビュー »)
Agustin Saiz
これは凄い量の実物コレクション!ブーツやガスマスクなど一般的な装備品のバリエーションは勿論、マップケースの中身に時計やタバコまで、ドイツ兵の持ち物を殆ど網羅!巻頭から巻末までオールカラー写真で資料的価値抜群。オススメ!
※全編英語
図解 ヘビーアームズ (F-Files No.017)
図解 ヘビーアームズ (F-Files No.017) (JUGEMレビュー »)
大波 篤司
機関銃や迫撃砲、バズーカにロケットランチャーなど使用方法や各部品の意味など一問一答でスッキリ解説。銃器ビギナーの人に超オススメ。
Vision models 1/35スケール  【VA-9003】 帝国陸軍 九七式
Vision models 1/35スケール  【VA-9003】 帝国陸軍 九七式 (JUGEMレビュー »)

チハ系キットには欠かせないキャタ。価格、組み易さ、解像度も申し分ない定番商品。
末期の水物兵器集
末期の水物兵器集 (JUGEMレビュー »)
こが しゅうと
若干クセのある漫画と文章で、旧海軍兵器の中でもマニアックな物を局所的に徹底紹介!他のシリーズも濃イィ内容!
戦う広告―雑誌広告に見るアジア太平洋戦争
戦う広告―雑誌広告に見るアジア太平洋戦争 (JUGEMレビュー »)
若林 宣
戦時中に国内で使用された広告を年代ごとに紹介。当時の世相が分かる他に類を見ない貴重な資料。
British Web Equipment of the Two World Wars (Europa Militaria)
British Web Equipment of the Two World Wars (Europa Militaria) (JUGEMレビュー »)
Martin Brayley
英軍歩兵の装備品をカラー写真で紹介。色味やバリエーションを知るには良書ですが武器類は無し。価格的にもオススメ!
※全編英語
Stalin's War: Soviet Uniforms And Militaria 1941-45
Stalin's War: Soviet Uniforms And Militaria 1941-45 (JUGEMレビュー »)
Laszlo Bekesi
コレクターが集めたWW2ソ連軍の装備品や階級章のカラー写真集。マニアにとってはかなり薄い内容だが、ソ連軍初心者にはそこそこ資料的価値アリ。
※全編英語
第2次大戦ドイツ軍装ガイド
第2次大戦ドイツ軍装ガイド (JUGEMレビュー »)
ジャン・ド・ラガルド
オール実写による軍装ガイド。これ一冊で殆んどの正規バリエーションが把握できます。
ノーブル バックレスキューベルトチタン L(腰周り:78~94cm) 黒
ノーブル バックレスキューベルトチタン L(腰周り:78~94cm) 黒 (JUGEMレビュー »)

椅子に座ってると腰が痛い!
ってな人は試す価値アリ!
個人的には相当の効果を実感しています。
鋼鉄の最精鋭部隊―千葉戦車学校・騎兵学校 (日本陸軍の機甲部隊 1)
鋼鉄の最精鋭部隊―千葉戦車学校・騎兵学校 (日本陸軍の機甲部隊 1) (JUGEMレビュー »)

貴重な日本戦車の写真集です!戦車学校での訓練風景で構成され、全体の半分以上がチハ主体の写真ですがネットでは見られないレアなものばかり!チハファンは必携!
ドキッ乙女だらけの帝國陸軍入門
ドキッ乙女だらけの帝國陸軍入門 (JUGEMレビュー »)
堀場 亙,岡本 博信
萌えだと思って期待したらハズレですのでご注意を…列記としたミリタリー本です。
TUNODA 薄刃ミニニッパー 120mm TM-02
TUNODA 薄刃ミニニッパー 120mm TM-02 (JUGEMレビュー »)

某プラモメーカーから発売されている物のOEM版なのでプラモ制作に抜群の性能!しかも格安!
Les MAteriels radio de la Wehrmacht: German Radio Sets 1935-1945
Les MAteriels radio de la Wehrmacht: German Radio Sets 1935-1945 (JUGEMレビュー »)
Pierre Metsu
大戦中のドイツ軍無線機を全機種カラー写真で紹介。残念ながら和訳はないですが英訳はアリ。(値段が…)
陸軍機甲部隊―激動の時代を駆け抜けた日本戦車興亡史 (〈歴史群像〉太平洋戦史シリーズ (25))
陸軍機甲部隊―激動の時代を駆け抜けた日本戦車興亡史 (〈歴史群像〉太平洋戦史シリーズ (25)) (JUGEMレビュー »)

モデラー目線のディティール考察には向きませんが、日本戦車がどのように発展し各地でどう戦ったかを知るには良書。
Modelling the Marder Self-Propelled Gun (Osprey Modelling)
Modelling the Marder Self-Propelled Gun (Osprey Modelling) (JUGEMレビュー »)
Sam Dwyer, Robert Oehler

マーダー1,2D,3r,3M,3H のディティールアップ製作ガイド。
外人サンのテクを盗めます!
泥まみれの虎―宮崎駿の妄想ノート
泥まみれの虎―宮崎駿の妄想ノート (JUGEMレビュー »)
宮崎 駿
エース「オットーカリウス」の手記を元に末期ドイツ軍の泥沼の戦いを描写。
今までの「戦車感」が変わるかも?
第2次大戦各国軍装全ガイド (ミリタリー・ユニフォーム)
第2次大戦各国軍装全ガイド (ミリタリー・ユニフォーム) (JUGEMレビュー »)
ピーター ダーマン,マルカム マクグレガー,ピエール ターナー
WW2各国陸海空の軍服図鑑。
膨大な数だが、浅く広くといった感じなので、一国を集中的に調べたい人には不向き。
日本戦車隊戦史―鉄獅子かく戦えり
日本戦車隊戦史―鉄獅子かく戦えり (JUGEMレビュー »)
上田 信
帝国陸軍戦車部隊が各戦線でどのように戦ったのか、図解を交えて年代ごとに相手装備と比較しながら紹介。
イラスト中心なので文章が苦手な人でも大丈夫!(写真は無し)
ビジュアルガイド WW2戦車〈1〉電撃戦
ビジュアルガイド WW2戦車〈1〉電撃戦 (JUGEMレビュー »)
川畑 英毅, 吉原 幹也
WW恐そ戦線好きなら持っておきたい一冊。
ドイツ、ソ連は勿論、フランスやポーランド等、欧州のあらゆる戦闘車両を広く浅く紹介。マイナー車種など豆知識にいいかも。
アハトゥンク・パンツァー〈第7集〉1号戦車、2号戦車と派生型編
アハトゥンク・パンツァー〈第7集〉1号戦車、2号戦車と派生型編 (JUGEMレビュー »)
尾藤 満
言わずと知れたモデラーの為の資料本。 詳細図と写真で各型を詳しく解説。
<< リボンの武者 | main | ヤマシタ「吹雪」<5> >>
舞鶴サマーフェスタ2017へ行ってきた



「野郎ども!『ひゅうが』に乗れるぞ!」


ということで、
『かが』に続きまして、舞鶴のサマーフェスタへ行って参りました。





すっかりお馴染みの格納庫から、エレベーターで飛行甲板へ移動します。

先日、金沢で行われた「かが」の一般見学は、かが一隻に全臣民が一極集中したため、
地獄の混雑となりましたが、今回は「ひゅうが」「ふゆづき」「はやぶさ」が見学でき、
更に、陸自の高機動車試乗会も催された為、人が分散してスムーズな乗艦となりました。




午前中は曇り気味だったため暑さもほどほどで、甲板上は海風とミストで比較的涼しく・・・


ん?ミスト。。。?

 


以下たたみます↓

 


<ミスト爺>

ミストがニコニコしながら迫ってきますよ!w


<デトロイト巡査>

こっちのミストは「彼よりは自分の方が涼しい」と内面からも涼ませる仕様。
単なるコスプレにあらず、巧妙に考え抜かれている。



甲板上に集まった観客を出迎えるラッパ手。
2007年進水だけあって、一般開放には小慣れた印象。
パフォーマンスも各ガイドも手際よく安定感があります。



と、その時!!



で、出たぁぁ!出よったでぇ!!
空母名物『美人士官』やぁぁ!!

名物かは知らんけど(´・ω・`)

 

 


『かが』での雪辱を晴らすべく、我々はすぐさま正面へと急行!

先程まで隣りにいた元ヤク●トの名捕手みたいな大尉の代わりに
「キミの近くにいる妹系」が!これはツイてる!

しかし、厳しい訓練の結果なのか、そもそも最初からこんな感じなのか、
何故か揃って余所余所しく親指を弄る2人。


過去に何かあったのかも知れないが、それを詮索するのは野暮というものでしょう。

 




などと思った次の瞬間、長い沈黙を破り、ついに歴史が動いた!!






カメラや声援に応えて手を振られる
「雅●さま風」少尉「すぐ会いにいける妹系アイドル」曹士。


辺りの空気を一変させるオーラは、見事と言わざるをえない。






「これはイケる・・・!」そう確信した私も、派手に手を振ってみたところ↓

 

 



全力で応えてくれる「キミの近くで元気いっぱい応援してくれる妹系アイドル」曹士と、
冷ややかな視線をチラッと下さる「クールビューティS系●子さま風」少尉!

きっと、この両者の激しい温度差がファンを魅了して止まないのでしょう!!

知らんけど(´・ω・`)

 

 


そんな、サマーなフェスタ感満開の『ひゅうが』で気分が盛り上がる最中、
甲板上で隊員2人が以下のような会話をしていたんですよ↓

A隊員「今日は豚の生姜焼き弁当ですよ」
B隊員「飛べない豚はただの豚弁当か」

この場合、A隊員が自分で、後輩または部下の立場だとしたら、どう返すべきか。

1.聞こえなかったふりをして無視する。
2.とりあえず笑顔だけ返しておく。
3.「千尋のご両親弁当かも知れませんよ?」と更に上を行ってみる。

寝る前にずっと考えたんですが、皆さんならどう返すでしょうか?





---続きましては『ふゆづき』へと向かいます。


艦名が「○月」とくれば、ピンと来る方も多いでしょうが、
お察しの通り「防空(対空)能力」に重点を置いた護衛艦で御座いますね。




艦首より前方の「ひゅうが」を望む。
敷地が広いので密度が足りませんが、一応言っておきます「人がゴミのようだ!」

 

立て続けに空母を見てきたワタクシですが、
ここへ来て、やっと大砲と出会えて妙に安心感を覚えた次第。




浮き輪は見つけ次第撮っておきます。
「ふ」と「ゆ」の配列バランスの悪さが人間味溢れてて素敵。




甲板部分は少ないので、一部艦内を移動することになります。
この独特の無骨な雰囲気がタマりまへん。



などとウハウハしながら歩いていると、
出口付近に薄気味悪い物体が・・・




なんやこれ・・・




「みゆきちゃん」!?
素人にしては上手いのか、そうでもないのか、微妙なデッサンの美少女風の何か。
恐らくは海難救助訓練などで使用される物と思われますが、(長期航海では別の用途も?)
この凛々しい笑みとショートヘア、どこか「艦これ」的な「深雪(みゆき)」に見えなくもない。

もし、戦前に衝突事故で沈没した駆逐艦「深雪」になぞらえて、救助対象として描かれているのなら、
それはもう、天才と言わざるをえないだろう。(そして別の用途で使ってはイケナイ)



そんな、紅一点の「みゆきちゃん」を過ぎると格納庫へと続くワケですが、
ここでも、やはり時計はセイコーなので、もう海自はセイコーなのでせう。




--昼食--

暑い夏こそお食事はカレーで御座いましょう。
量はやや少なめなので、人によっては4杯ぐらい食べ比べも可能。
多くの店が客を少なく見積もっているのか、はたまた人気に偏りがあるのか、
12:30頃には売り切れ続出なので注意で御座います。


 
<はやぶさ>

食事の後はミサイル艇「はやぶさ」見学で御座います。
舞鶴にはいつも泊まっているのですが乗るのは初めて。




一定人数ごとに艦艇を説明してから乗船となるので長蛇の列が・・・


 

面白トークを交えた説明によると、この主砲はとても命中率が高いらしく、
その砲弾は「金運を呼ぶ」という噂を世間に広めたいらしいです。
「フェイスブックとかやってる人は拡散するように」だそう。




金運と聞いては触らずには帰れまテン!と、ハリきって記念撮影する思うツボの筆者。
この76mm砲弾には火薬は入っていないが本物だそうで、ズシリと重い。
うしろには、これまたネットで広めたいらしい「幸運の鐘」が少し写っている。
何がどう幸運なのかは分かりまテン。



甲板から艇内へ。
途中、表彰状が飾られており、大臣の名前を見て思わずシャッターを切る。

賢いだけでは政治家は務まらない。。。心の中で悲しいねボタンを連打した。



そのまま操艦室に入ることが出来、実際に操縦席に座ることも可能。
『はやぶさ』はサービス精神旺盛で御座います。



艇内見学を終えて後部甲板を歩いていくと・・・



ソナー的な何かに、指名手配写真のような貼り紙が?
逃亡兵の捜索でありましょうか・・・




と思ったら、嫁探しだったぁ!!
これぞ男の世界、素晴らしき悪ノリの塊!



と、一番砕けた感のある「はやぶさ」を降りて、敷地内を見渡すと何やら人だかりが。


<陸自イベント>

陸自の「軽装甲機動車」と「高機動車」に乗って走ってくれるワケです。
これは乗らん手はない!と炎天下の中、並ぶこと約40分。




メット被って、いざ!軽装甲機動車へ!!(ヘルメットは老若男女問わず必ず着用)

車内の撮影は禁止。

感想としましては、まぁ、その、軍用の四駆ですね。(´・ω・`)

で、そのまま立て続けで、人気のない「高機動車」にも乗ったのですが、
ズバリ「高機動車」の方が面白かったです。
遊園地のアトラクション的面白さがあるので、お子様連れの場合は特にオススメ。
(乗る人が少ないので2周回ってくれた)


----

主な目的を達成し、敷地内をブラブラしてりますと、


<リヤカー>

各艦が保有している(と思う)リヤカーではありませぬか!
これは護衛艦『まつゆき』の物。


リヤカーと言えば・・・


こちらは先日『かが』の甲板上で発見したリヤカー。
最新鋭艦に相応しく、防錆、軽量素材で作られたスタイリッシュなデザインだ。




一方、『まつゆき型リヤカー』は、フレームも鉄製で昭和レトロを感じさせる古式ゆかしき作り。
ですが個人的には、この心落ち着く『まつゆき型』が愛らしく好みであります。



--その他--



ヘリによる海難救助訓練の見学。(たまたま撮れた)



湾内を海から見渡す大人気のクルーズ。



お馴染み、陸自車両の展示。



地対空ミサイル。




そして、空自の車両は車内開放。
坊っちゃん、お嬢ちゃんも楽しそうですね。良い思い出になることでしょう。




コレで北のフニャ○ンを叩き落とすワケでありますな。

 

そんなワケで、アッという間の一日でした。
湾内クルーズや海自の航空隊イベにも行けなかったので
また来年も訪れてみたいですね。


(´・ω・`)



 
<追記>

気になるアイドル隊員の胸に付いている略章をザックリ簡単にご説明。

第13号 航空機や車両の操縦で一定時間以上無事故を達成
第14号 なんか発明したり、業務改善を行った
第16号 安全功労や防災功労を表彰された部隊で頑張った
第18号 大規模災害派遣に従事した
第36号 東日本大震災で頑張った
第41号 外国で訓練を受けたり、遠洋航海に出たり、砕氷艦で勤務した(南極関連とか)

例によって腕時計も気になるところですね。(´・ω・`)


 
| 小旅行、雑多 | comments(2) | trackbacks(0) |
コメント
ワタクシ、1/350の「ひゅうが」も「はやぶさ」も積みプラにあるんですよネ〜・・羨ましすぎて枕を涙で濡らしております(TT)
| muck | 2017/08/01 11:36 PM |
特に「はやぶさ」はカッコイイですよねぇ!
乗員の方々もベテラン船乗り臭ムンムンで、大型艦とは違う魅力がありましたよ!
陸の旅に一段落付いたら、是非、大海原へ!

| USED☆隊長(管理人) | 2017/08/02 9:30 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://heppoko.ss-bass.oops.jp/trackback/868092
トラックバック