過去記事テーマ別

管理人の買った物一覧

私家版戦車入門1: 無限軌道の発明と英国タンク
私家版戦車入門1: 無限軌道の発明と英国タンク (JUGEMレビュー »)
モリナガ ヨウ
世界初のタンク(戦車)が如何にして誕生し、どのような問題を乗り越えて進化して来たのか?蒸気トレーラーから英国の菱型戦車、ホイペットまでをまとめた決定版。
ガン&ガール イラストレイテッド 第二次大戦枢軸国編 (MC☆あくしずMOOK)
ガン&ガール イラストレイテッド 第二次大戦枢軸国編 (MC☆あくしずMOOK) (JUGEMレビュー »)

WW2枢軸陣営の小火器を紹介した女子イラスト付きのマジメな本。読みやすい構成で初心者にもオススメ。
大日本帝国陸海軍〈2〉―軍装と装備 明治・大正・昭和
大日本帝国陸海軍〈2〉―軍装と装備 明治・大正・昭和 (JUGEMレビュー »)
中田 忠夫
ややカタログっぽく編集されており、被服の細部(内側や背面など)を知ることは出来ませんが小物や拳銃、生活用品までかなりの数が全て写真で網羅されています。
The Soviet Soldier of World War Two
The Soviet Soldier of World War Two (JUGEMレビュー »)
Phillippe Rio
WW2ソ連兵の兵装を実写カラーでドカンと紹介。よほど特殊な設定以外この一冊で十分です。オススメ!全編英語
ストライクアンドタクティカルマガジン増刊 日本陸軍の戦車 2010年 11月号 [雑誌]
ストライクアンドタクティカルマガジン増刊 日本陸軍の戦車 2010年 11月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)
古是 三春,鈴木 邦宏,土居 雅博
最新の考証を元に八九式を中心に旧軍戦車を各型解説。写真やイラストも豊富で内装なども参考になります。オススメ!
Deutsche Soldaten: The Uniforms, Equipment and Personal Effects of the German 1939-1945
Deutsche Soldaten: The Uniforms, Equipment and Personal Effects of the German 1939-1945 (JUGEMレビュー »)
Agustin Saiz
これは凄い量の実物コレクション!ブーツやガスマスクなど一般的な装備品のバリエーションは勿論、マップケースの中身に時計やタバコまで、ドイツ兵の持ち物を殆ど網羅!巻頭から巻末までオールカラー写真で資料的価値抜群。オススメ!
※全編英語
図解 ヘビーアームズ (F-Files No.017)
図解 ヘビーアームズ (F-Files No.017) (JUGEMレビュー »)
大波 篤司
機関銃や迫撃砲、バズーカにロケットランチャーなど使用方法や各部品の意味など一問一答でスッキリ解説。銃器ビギナーの人に超オススメ。
Vision models 1/35スケール  【VA-9003】 帝国陸軍 九七式
Vision models 1/35スケール  【VA-9003】 帝国陸軍 九七式 (JUGEMレビュー »)

チハ系キットには欠かせないキャタ。価格、組み易さ、解像度も申し分ない定番商品。
末期の水物兵器集
末期の水物兵器集 (JUGEMレビュー »)
こが しゅうと
若干クセのある漫画と文章で、旧海軍兵器の中でもマニアックな物を局所的に徹底紹介!他のシリーズも濃イィ内容!
戦う広告―雑誌広告に見るアジア太平洋戦争
戦う広告―雑誌広告に見るアジア太平洋戦争 (JUGEMレビュー »)
若林 宣
戦時中に国内で使用された広告を年代ごとに紹介。当時の世相が分かる他に類を見ない貴重な資料。
British Web Equipment of the Two World Wars (Europa Militaria)
British Web Equipment of the Two World Wars (Europa Militaria) (JUGEMレビュー »)
Martin Brayley
英軍歩兵の装備品をカラー写真で紹介。色味やバリエーションを知るには良書ですが武器類は無し。価格的にもオススメ!
※全編英語
Stalin's War: Soviet Uniforms And Militaria 1941-45
Stalin's War: Soviet Uniforms And Militaria 1941-45 (JUGEMレビュー »)
Laszlo Bekesi
コレクターが集めたWW2ソ連軍の装備品や階級章のカラー写真集。マニアにとってはかなり薄い内容だが、ソ連軍初心者にはそこそこ資料的価値アリ。
※全編英語
第2次大戦ドイツ軍装ガイド
第2次大戦ドイツ軍装ガイド (JUGEMレビュー »)
ジャン・ド・ラガルド
オール実写による軍装ガイド。これ一冊で殆んどの正規バリエーションが把握できます。
ノーブル バックレスキューベルトチタン L(腰周り:78~94cm) 黒
ノーブル バックレスキューベルトチタン L(腰周り:78~94cm) 黒 (JUGEMレビュー »)

椅子に座ってると腰が痛い!
ってな人は試す価値アリ!
個人的には相当の効果を実感しています。
鋼鉄の最精鋭部隊―千葉戦車学校・騎兵学校 (日本陸軍の機甲部隊 1)
鋼鉄の最精鋭部隊―千葉戦車学校・騎兵学校 (日本陸軍の機甲部隊 1) (JUGEMレビュー »)

貴重な日本戦車の写真集です!戦車学校での訓練風景で構成され、全体の半分以上がチハ主体の写真ですがネットでは見られないレアなものばかり!チハファンは必携!
ドキッ乙女だらけの帝國陸軍入門
ドキッ乙女だらけの帝國陸軍入門 (JUGEMレビュー »)
堀場 亙,岡本 博信
萌えだと思って期待したらハズレですのでご注意を…列記としたミリタリー本です。
TUNODA 薄刃ミニニッパー 120mm TM-02
TUNODA 薄刃ミニニッパー 120mm TM-02 (JUGEMレビュー »)

某プラモメーカーから発売されている物のOEM版なのでプラモ制作に抜群の性能!しかも格安!
Les MAteriels radio de la Wehrmacht: German Radio Sets 1935-1945
Les MAteriels radio de la Wehrmacht: German Radio Sets 1935-1945 (JUGEMレビュー »)
Pierre Metsu
大戦中のドイツ軍無線機を全機種カラー写真で紹介。残念ながら和訳はないですが英訳はアリ。(値段が…)
陸軍機甲部隊―激動の時代を駆け抜けた日本戦車興亡史 (〈歴史群像〉太平洋戦史シリーズ (25))
陸軍機甲部隊―激動の時代を駆け抜けた日本戦車興亡史 (〈歴史群像〉太平洋戦史シリーズ (25)) (JUGEMレビュー »)

モデラー目線のディティール考察には向きませんが、日本戦車がどのように発展し各地でどう戦ったかを知るには良書。
Modelling the Marder Self-Propelled Gun (Osprey Modelling)
Modelling the Marder Self-Propelled Gun (Osprey Modelling) (JUGEMレビュー »)
Sam Dwyer, Robert Oehler

マーダー1,2D,3r,3M,3H のディティールアップ製作ガイド。
外人サンのテクを盗めます!
泥まみれの虎―宮崎駿の妄想ノート
泥まみれの虎―宮崎駿の妄想ノート (JUGEMレビュー »)
宮崎 駿
エース「オットーカリウス」の手記を元に末期ドイツ軍の泥沼の戦いを描写。
今までの「戦車感」が変わるかも?
第2次大戦各国軍装全ガイド (ミリタリー・ユニフォーム)
第2次大戦各国軍装全ガイド (ミリタリー・ユニフォーム) (JUGEMレビュー »)
ピーター ダーマン,マルカム マクグレガー,ピエール ターナー
WW2各国陸海空の軍服図鑑。
膨大な数だが、浅く広くといった感じなので、一国を集中的に調べたい人には不向き。
日本戦車隊戦史―鉄獅子かく戦えり
日本戦車隊戦史―鉄獅子かく戦えり (JUGEMレビュー »)
上田 信
帝国陸軍戦車部隊が各戦線でどのように戦ったのか、図解を交えて年代ごとに相手装備と比較しながら紹介。
イラスト中心なので文章が苦手な人でも大丈夫!(写真は無し)
ビジュアルガイド WW2戦車〈1〉電撃戦
ビジュアルガイド WW2戦車〈1〉電撃戦 (JUGEMレビュー »)
川畑 英毅, 吉原 幹也
WW恐そ戦線好きなら持っておきたい一冊。
ドイツ、ソ連は勿論、フランスやポーランド等、欧州のあらゆる戦闘車両を広く浅く紹介。マイナー車種など豆知識にいいかも。
アハトゥンク・パンツァー〈第7集〉1号戦車、2号戦車と派生型編
アハトゥンク・パンツァー〈第7集〉1号戦車、2号戦車と派生型編 (JUGEMレビュー »)
尾藤 満
言わずと知れたモデラーの為の資料本。 詳細図と写真で各型を詳しく解説。
<< ヤマシタ「吹雪」<4> | main | 今月の罪プラ >>
護衛艦『かが』に乗ってきた


それは、遡ること数日前、
模型仲間の一人が「今、海自の偉いサンと飲んでま〜す☆」みたいなことを、
異様なハイテンションでLINE発信され、居ても立ってもいられなくなった管理人。
「ど〜しても『かが』に乗りたい!」と、すぐさま海上自衛隊のHPでイベント情報を漁り、
直近、7月15日(土)の『かが』見学イベントに突撃してまいりました。



<in金沢>
 
そんなワケで、急遽、石川県金沢市に飛んだ管理人。
とは申しましても、流石に神戸-金沢をイベント込みの弾丸ツアーは体力的に無理なので、
前日に宿を取り、空いた時間に、お約束の「兼六園」を観光。
噂通り、夏場は緑一色で、ひたすら蒸し暑かったです。(´・ω・`)


<ルート確認、下見>

人気イベントでは、事前に会場へのルートと周辺の状況確認は必須。
下見を兼ねて車を走らせておりますと、いきなりドデ〜ンと『かが様』が鎮座。
これは流石に気分が高揚します!!



かが様の艶めかしいヒップ。



夕日に照らされる美しいカーブ。
もう、たまりまへん!!(;´Д`)



<その夜>

丁度、お宿が金沢駅の目の前だったので、周辺をブラっと出歩いてみました。



有名なデッカいオブジェ。



スタイリッシュなエスカレーターで下へ降りてみると↓



広大な地下空間にモダンなチェアー。



金曜の夜に、なぜ人っ子一人いないのかは不明。

駅構内へ戻ると↓


目付きの危ないムッチムチの男児像。
名前からして間違いなく男子でありましょうが、
立派な体格の割にシンボルサイズがとても気になる股間周辺。



更に、北側の地下道には、言葉で言い表してはイケナイ系のアートな壁画。
我々はどこから来て、どこへ行こうとしているのか・・・

金沢駅は謎の魅力に溢れておりました。


↓以下「乗艦イベント当日」折りたたみます↓


本番当日、
開場10:00ということで朝8:00に会場入りするも、既に長蛇の列。
そして、モーレツな蒸し暑さ・・・


 




 

 

日陰のない港で、
長時間待ち続ける群衆。
水分補給と暑さ対策は必須と言えましょう。







 



 




 

見上げれば艦橋に人影が現れ、
ざわめく男性陣。
どうやら若い女性隊員のようだ。









 





すかさず望遠レンズに換装し、更にデジタルテレコンで寄ってみると、何やら時計を見ながら話している。
 




私の脳内読心術では、以下のように読み取れた↓



王女「少し早めに門を開いてやらねば、臣民が倒れてしまいますわよ?」
家臣「御意に御座います」

そして、白いGショックと思わしき時計を身に着けた王女隊員が奥に引いた後、
予定より早く開場するとアナウンスが流れ、拍手が巻き起こったのだった。





 


こちらは、先程とは違う女性隊員。

普段、街で見かけても特別目立つこともないであろう、ごく普通の少女だが、周囲にいた一部の男性陣がアイドルを崇めるかのような視線を向け、かく言う私も超望遠を用意しなかった事を酷く後悔したそうな。

制服補正、侮りがたし。







その約30分後・・・




    
(左)乗艦の瞬間。振り返ると「見ろ!人がゴミのようだ!」
(右)「かが」のロゴマークを背に興奮MAXの管理人。


  
提督達の心を掴む、巧みな紹介パネル。


  
(左)「くらま」だけに天狗という安直ながら、二次創作が捗る設定。涙がちょちょ切れます。
(右)いよいよ、前部エレベーターに乗り、飛行甲板へ!


  
(左)WW2艦船でも頻繁に見かけるアレの現代版。
(右)憧れの飛行甲板にて艦橋を前方から撮影。潮風が涼しく疲れも吹き飛びます。


   
(左)巨大な旭日旗が眩しく輝く(加賀だけに)。
(右)美しい朱塗りの浮き輪。


 
シルバーボデーの美しいリヤカーは質実剛健の日本製。


  
(左)全てカナで書かれた注意書きに、和の優しさを感じる。
(右)模型でいつも悩む「空中線の終点はどこなの?」を撮影するも釈然とせず。


   
これまた模型で悩む旗竿のディテール。
左は艦首「日章旗」、右は艦尾「軍艦旗」。
因みに今も昔も艦首の「国旗」は停泊中しか掲げないのでモデラーは注意です。



因みにこの旗は、この艦に乗っている司令官の階級を表すもので、
この場合は「海将補(旧少将)」が司令官であることが分かります。


 
(左)一通り甲板の見学を堪能し、再びエレベーターで格納庫へ。
(右)二週目(任意)は、この超行列を並び艦内通過による甲板への移動コース。
意識が朦朧とする中、隊員による生歌ラップで格納庫はトランス状態に・・・(ならん)


  
(左)鬼の超行列で、一時間ほど灼熱汗地獄を耐え抜いた先には涼しい会議室が広がる。
(右)地獄から天国へ、蜘蛛の糸を登りきった我々を加賀様が優しく出迎える。


  
(左)甲板で警戒に当っていた隊員はGショック率高めだったが、備え付けはセイコー。
因みに、隊員の腕時計は、目視で確認できただけでGショック5人、不明2人、オメガ1人。
(右)将来の国防を担う無邪気な坊や達の眼差しの先には↓


  
(左)1/700スケール、フルハルモデル!!(多分ピット)
(右)なんやかんやと艦内を堪能し再び甲板へ。港を見渡すと超巨大重機。
「流石コマツの国やな」などと知ったかぶって、よく見れば住友重機という(´・ω・`)


 
その他、装備やらヘリやら山ほど撮って御座いますが、
ネット上に五万と転がっているということで、ここらで旅の記録を閉じようと思います。




自衛官の皆様におかれましては、一般人相手に大変なご苦労と存じますが、
願わくば、再び「かが様」に乗艦できることを心より願っております。


もっと涼しい時期に。(´・ω・`)


 

| 小旅行、雑多 | comments(3) | trackbacks(0) |
コメント
良い旅だったようで、、。
私も過去に体験航海で「はまゆき」に乗りましたが、、
地元招待されたジジババめらがそこかしこに座り込んで難民船と化してました。
一応駆逐艦(護衛艦)なので出航時の滑るような加速を満喫しました。
| apuro | 2017/07/17 6:24 PM |
うらやましいです〜!!
以前、呉に赴いた際は海自艦が出払ってしまっていた悲しい思い出があります。
海無し県に住む人間は艦船との縁も薄いようで・・orz
| muck | 2017/07/18 6:18 PM |
>apuro先生
難民船とまでは行きませんが、猛烈な暑さの中、後期高齢者の皆様が結構な割合でおられました。
しかも、水も帽子も持っていない人が多かったですね。


>muck殿
海無しとは言っても、天下の横須賀が日帰りコースじゃないっすか!
大丈夫です!公式HPを見てから予定を組むのです!
| USED☆隊長(管理人) | 2017/07/19 4:07 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://heppoko.ss-bass.oops.jp/trackback/868088
トラックバック