過去記事テーマ別

管理人の買った物一覧

私家版戦車入門1: 無限軌道の発明と英国タンク
私家版戦車入門1: 無限軌道の発明と英国タンク (JUGEMレビュー »)
モリナガ ヨウ
世界初のタンク(戦車)が如何にして誕生し、どのような問題を乗り越えて進化して来たのか?蒸気トレーラーから英国の菱型戦車、ホイペットまでをまとめた決定版。
ガン&ガール イラストレイテッド 第二次大戦枢軸国編 (MC☆あくしずMOOK)
ガン&ガール イラストレイテッド 第二次大戦枢軸国編 (MC☆あくしずMOOK) (JUGEMレビュー »)

WW2枢軸陣営の小火器を紹介した女子イラスト付きのマジメな本。読みやすい構成で初心者にもオススメ。
大日本帝国陸海軍〈2〉―軍装と装備 明治・大正・昭和
大日本帝国陸海軍〈2〉―軍装と装備 明治・大正・昭和 (JUGEMレビュー »)
中田 忠夫
ややカタログっぽく編集されており、被服の細部(内側や背面など)を知ることは出来ませんが小物や拳銃、生活用品までかなりの数が全て写真で網羅されています。
The Soviet Soldier of World War Two
The Soviet Soldier of World War Two (JUGEMレビュー »)
Phillippe Rio
WW2ソ連兵の兵装を実写カラーでドカンと紹介。よほど特殊な設定以外この一冊で十分です。オススメ!全編英語
ストライクアンドタクティカルマガジン増刊 日本陸軍の戦車 2010年 11月号 [雑誌]
ストライクアンドタクティカルマガジン増刊 日本陸軍の戦車 2010年 11月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)
古是 三春,鈴木 邦宏,土居 雅博
最新の考証を元に八九式を中心に旧軍戦車を各型解説。写真やイラストも豊富で内装なども参考になります。オススメ!
Deutsche Soldaten: The Uniforms, Equipment and Personal Effects of the German 1939-1945
Deutsche Soldaten: The Uniforms, Equipment and Personal Effects of the German 1939-1945 (JUGEMレビュー »)
Agustin Saiz
これは凄い量の実物コレクション!ブーツやガスマスクなど一般的な装備品のバリエーションは勿論、マップケースの中身に時計やタバコまで、ドイツ兵の持ち物を殆ど網羅!巻頭から巻末までオールカラー写真で資料的価値抜群。オススメ!
※全編英語
図解 ヘビーアームズ (F-Files No.017)
図解 ヘビーアームズ (F-Files No.017) (JUGEMレビュー »)
大波 篤司
機関銃や迫撃砲、バズーカにロケットランチャーなど使用方法や各部品の意味など一問一答でスッキリ解説。銃器ビギナーの人に超オススメ。
Vision models 1/35スケール  【VA-9003】 帝国陸軍 九七式
Vision models 1/35スケール  【VA-9003】 帝国陸軍 九七式 (JUGEMレビュー »)

チハ系キットには欠かせないキャタ。価格、組み易さ、解像度も申し分ない定番商品。
末期の水物兵器集
末期の水物兵器集 (JUGEMレビュー »)
こが しゅうと
若干クセのある漫画と文章で、旧海軍兵器の中でもマニアックな物を局所的に徹底紹介!他のシリーズも濃イィ内容!
戦う広告―雑誌広告に見るアジア太平洋戦争
戦う広告―雑誌広告に見るアジア太平洋戦争 (JUGEMレビュー »)
若林 宣
戦時中に国内で使用された広告を年代ごとに紹介。当時の世相が分かる他に類を見ない貴重な資料。
British Web Equipment of the Two World Wars (Europa Militaria)
British Web Equipment of the Two World Wars (Europa Militaria) (JUGEMレビュー »)
Martin Brayley
英軍歩兵の装備品をカラー写真で紹介。色味やバリエーションを知るには良書ですが武器類は無し。価格的にもオススメ!
※全編英語
Stalin's War: Soviet Uniforms And Militaria 1941-45
Stalin's War: Soviet Uniforms And Militaria 1941-45 (JUGEMレビュー »)
Laszlo Bekesi
コレクターが集めたWW2ソ連軍の装備品や階級章のカラー写真集。マニアにとってはかなり薄い内容だが、ソ連軍初心者にはそこそこ資料的価値アリ。
※全編英語
第2次大戦ドイツ軍装ガイド
第2次大戦ドイツ軍装ガイド (JUGEMレビュー »)
ジャン・ド・ラガルド
オール実写による軍装ガイド。これ一冊で殆んどの正規バリエーションが把握できます。
ノーブル バックレスキューベルトチタン L(腰周り:78~94cm) 黒
ノーブル バックレスキューベルトチタン L(腰周り:78~94cm) 黒 (JUGEMレビュー »)

椅子に座ってると腰が痛い!
ってな人は試す価値アリ!
個人的には相当の効果を実感しています。
鋼鉄の最精鋭部隊―千葉戦車学校・騎兵学校 (日本陸軍の機甲部隊 1)
鋼鉄の最精鋭部隊―千葉戦車学校・騎兵学校 (日本陸軍の機甲部隊 1) (JUGEMレビュー »)

貴重な日本戦車の写真集です!戦車学校での訓練風景で構成され、全体の半分以上がチハ主体の写真ですがネットでは見られないレアなものばかり!チハファンは必携!
ドキッ乙女だらけの帝國陸軍入門
ドキッ乙女だらけの帝國陸軍入門 (JUGEMレビュー »)
堀場 亙,岡本 博信
萌えだと思って期待したらハズレですのでご注意を…列記としたミリタリー本です。
TUNODA 薄刃ミニニッパー 120mm TM-02
TUNODA 薄刃ミニニッパー 120mm TM-02 (JUGEMレビュー »)

某プラモメーカーから発売されている物のOEM版なのでプラモ制作に抜群の性能!しかも格安!
Les MAteriels radio de la Wehrmacht: German Radio Sets 1935-1945
Les MAteriels radio de la Wehrmacht: German Radio Sets 1935-1945 (JUGEMレビュー »)
Pierre Metsu
大戦中のドイツ軍無線機を全機種カラー写真で紹介。残念ながら和訳はないですが英訳はアリ。(値段が…)
陸軍機甲部隊―激動の時代を駆け抜けた日本戦車興亡史 (〈歴史群像〉太平洋戦史シリーズ (25))
陸軍機甲部隊―激動の時代を駆け抜けた日本戦車興亡史 (〈歴史群像〉太平洋戦史シリーズ (25)) (JUGEMレビュー »)

モデラー目線のディティール考察には向きませんが、日本戦車がどのように発展し各地でどう戦ったかを知るには良書。
Modelling the Marder Self-Propelled Gun (Osprey Modelling)
Modelling the Marder Self-Propelled Gun (Osprey Modelling) (JUGEMレビュー »)
Sam Dwyer, Robert Oehler

マーダー1,2D,3r,3M,3H のディティールアップ製作ガイド。
外人サンのテクを盗めます!
泥まみれの虎―宮崎駿の妄想ノート
泥まみれの虎―宮崎駿の妄想ノート (JUGEMレビュー »)
宮崎 駿
エース「オットーカリウス」の手記を元に末期ドイツ軍の泥沼の戦いを描写。
今までの「戦車感」が変わるかも?
第2次大戦各国軍装全ガイド (ミリタリー・ユニフォーム)
第2次大戦各国軍装全ガイド (ミリタリー・ユニフォーム) (JUGEMレビュー »)
ピーター ダーマン,マルカム マクグレガー,ピエール ターナー
WW2各国陸海空の軍服図鑑。
膨大な数だが、浅く広くといった感じなので、一国を集中的に調べたい人には不向き。
日本戦車隊戦史―鉄獅子かく戦えり
日本戦車隊戦史―鉄獅子かく戦えり (JUGEMレビュー »)
上田 信
帝国陸軍戦車部隊が各戦線でどのように戦ったのか、図解を交えて年代ごとに相手装備と比較しながら紹介。
イラスト中心なので文章が苦手な人でも大丈夫!(写真は無し)
ビジュアルガイド WW2戦車〈1〉電撃戦
ビジュアルガイド WW2戦車〈1〉電撃戦 (JUGEMレビュー »)
川畑 英毅, 吉原 幹也
WW恐そ戦線好きなら持っておきたい一冊。
ドイツ、ソ連は勿論、フランスやポーランド等、欧州のあらゆる戦闘車両を広く浅く紹介。マイナー車種など豆知識にいいかも。
アハトゥンク・パンツァー〈第7集〉1号戦車、2号戦車と派生型編
アハトゥンク・パンツァー〈第7集〉1号戦車、2号戦車と派生型編 (JUGEMレビュー »)
尾藤 満
言わずと知れたモデラーの為の資料本。 詳細図と写真で各型を詳しく解説。
<< エリカのV2<6> | main | エリカのV2<7> >>
撮影環境2017夏


さて、定期的に悩む撮影機材の話です。



今まで当サイトの本撮りで活躍してきた個人的名機「CX4」と、
パステル粉やパテや塗料でコテコテになった手で、容赦なく作業状況を撮る「WX1」。

CX4:今では当たり前ですが、フォーカス位置を任意で決めることが出来たり、
比較的、細かい設定をイジれたりと、画質も模型撮りには申し分なく、購入当時はコスパ最高で、
決め手は、コンデジにしては珍しく、別売りでレリーズがあったこと。
このカメラのおかげで、長物を撮った時の”深度合成”スキルを習得出来ました。(めっさ手間やけど)

WX1:所謂バカチンカメラで、細かい設定など殆ど出来ず、大まかなシーンモード任せ。
大体何でもボタンを押せば、誰でもそれなりに写せるというカメラ。(正直、画質は悪い)
汚れた手で遠慮なくガシガシ使えるという点で、我が工廠の稼ぎ頭であります。

いずれも、近年のスマホカメラの台頭により、その存在価値が無きに等しいのは否めません。



そんなワケで、コレが今後の本撮り用機材、オリンパスOM-D E-M10 Mark II」
(購入して半年以上経つのに未だコレで模型を撮っていないという・・・)
同シリーズのエントリー機ではありますが、先の機材から比べると、雲泥の差となります。

が、模型撮りの場合は、一般的な一眼カメラの使用目的とは少し事情が異なりまして、
”被写界深度”が深いほどイイという、要はベッタリ全体が写るほど重宝するワケであります。

その条件が

.譽鵐困肋播正離の短い方が良く、被写体に対し20cm以内に寄れるのが理想。
∋圧啝りが前提なので、レンズの明るさやシャッター速度は特に気にしなくてよい。
深い深度で撮影するので、カメラのセンサーサイズは小さくてもよい。


なので、1辺が1メートルにも満たない小さな空間での模型撮り一点で言えば、
センサーの小さいコンデジやスマホカメラでも十分に対応(ボケ方は機種による)でき、
通常、ブログやHPに掲載する640×480〜1280×800程度のJPEG画像であれば、
フルサイズのプロ仕様カメラを買う必要はないということであります。

しかしながら、一眼カメラは用途に合わせてレンズを交換出来たり、細かく設定イジれたり、
そもそも、普通に風景や家族を撮ったりと、限定的な模型撮影以外の用途では頭一つ抜けており、
同じミニチュア撮影でもフィギュアなど、実際の人間を撮るのと似た撮影条件の場合も含め、
見た目的にもイロイロ男のロマンが詰まっているワケでありまして、

「じゃあその一眼とやらで買うならどれがイイのさ?」と尋ねられれば、
「トータルでフォーサーズ機」と回答致し候。(2017年現在)

※ここで言う「一眼」とは、レンズ交換式カメラを指します。


では、推しのフォーサーズ機でテストショット!(何回やっとんねん)

以下3枚ともJPEG撮って出し。
余白をトリミングののち、1024×768(当ブログの上限)に縮小してアップロードのため、
本来の画像より画質は劣化しています。(RAW撮影で編集すれば劣化が少ないらしい)


1/35  「99式自走155mmりゅう弾砲」
砲口からカメラ本体(センサー)までの距離20cmほどで撮影。
被写体は砲口から車体後端まで約35cmあり、砲口にピントを合わせると車長がボケたので、
トラベリングクランプ辺りにピントを合わせてみました。
そのため、砲口と後端の両方がボヤッと甘くなりますが、一枚でここまで写れば妥協範囲かと。

長物を近接で撮る場合、F値やシャッター速度が設定出来ないカメラだと、
前後が大きくボケてしまうため、数枚撮ってPCソフトでの深度合成が必須となります。



1/350  「伊19」
模型撮影で最も困難なのが艦船模型ではないでしょうか?
とにかくこの細長い物体を、艦首から艦尾までキレイに収めるのに苦労した人は多いハズ。
この写真では水上機の辺りにピントを合わせてみましたが、前端が甘くなったものの、
1ショットでスクリューまでキレイに収まっているので合格かと思います。
(今までだと前端から順に5枚ぐらいピントずらして撮って深度合成していましたゆえ・・・)



1/48 「鍾馗」
飛行機模型は、主翼の端から端までキッチリ写るのが私の理想なのですが、
垂直尾翼までそれなりに収まっているので合格であります。
これが大型爆撃機サイズになると、どこまで写るか不安ではありますが、
モノが大きいと全体を写す時、被写体から距離を取るため、
逆にパンフォーカスで全体が収まりやすくなると思います。(なってくれ)


<本番撮りの基本設定>
ISOは使用カメラの最低値に固定する。(AUTOだとシャッター速度が早くなり周囲がボケる)
F値は使用するレンズによって数値が異なりますが、基本、いっぱいに絞る。(数値を上げる)

O出時間は、各ご家庭の照明器具などで臨機応変ですが、ウチは2秒ぐらい。(三脚必須)


<使用レンズ>

今回は、カメラ本体購入時にセットになっていた、所謂”キットレンズ”を使用。
M10Mk兇両豺隋△海14-42mmのキットレンズが、模型撮りにはかなり優秀で助かります。
隣のマクロコンバータ(MCON-P02)は、グッと寄りたい時に装着する別売り補助レンズですが、
無くても不便は感じないので、何かの機会にあった方がイイかも?程度ですね。


ちなみに・・・

「よし!じゃあ、よく分からんけど、これからカメラやレンズを買うぞ!」という方、
レンズのスペック表に書かれている「最短撮影距離」の計り方ですが、
例えば「最短撮影距離20センチ」と書かれていたら、レンズ先端から20センチではなく、
↑画像にある土星みたいなマークから20センチという意味なので、ご注意下さい。


そんなワケで、全部撮り直したくなってきましたよ・・・(;´Д`)

 


自分的には神カメラ

 

 


 

 

 

| 資料、道具、実験 | comments(2) | trackbacks(0) |
コメント
マクロコンバーターのフィルターは重宝しますね。

個人的にはNo.3くらいがちょうど良いですな。
No.10も持ってるけど指紋まで写る暗いよれるけど用途が限られている。

でもマクロフィルターは周辺が湾曲するので船を横から撮るのには向いてないZO☆
| ととろ | 2017/06/15 2:37 AM |
トトロさん毎度。
寄れても湾曲したり滲んだりしたら意味が無いんですよね。
そういう意味でも、キットレンズ14-42EZが優秀なワケですな。

そりゃそうとイージス艦、撮り直しですね。

| USED☆隊長(管理人) | 2017/06/15 11:04 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://heppoko.ss-bass.oops.jp/trackback/868080
トラックバック