過去記事テーマ別

管理人の買った物一覧

私家版戦車入門1: 無限軌道の発明と英国タンク
私家版戦車入門1: 無限軌道の発明と英国タンク (JUGEMレビュー »)
モリナガ ヨウ
世界初のタンク(戦車)が如何にして誕生し、どのような問題を乗り越えて進化して来たのか?蒸気トレーラーから英国の菱型戦車、ホイペットまでをまとめた決定版。
ガン&ガール イラストレイテッド 第二次大戦枢軸国編 (MC☆あくしずMOOK)
ガン&ガール イラストレイテッド 第二次大戦枢軸国編 (MC☆あくしずMOOK) (JUGEMレビュー »)

WW2枢軸陣営の小火器を紹介した女子イラスト付きのマジメな本。読みやすい構成で初心者にもオススメ。
大日本帝国陸海軍〈2〉―軍装と装備 明治・大正・昭和
大日本帝国陸海軍〈2〉―軍装と装備 明治・大正・昭和 (JUGEMレビュー »)
中田 忠夫
ややカタログっぽく編集されており、被服の細部(内側や背面など)を知ることは出来ませんが小物や拳銃、生活用品までかなりの数が全て写真で網羅されています。
The Soviet Soldier of World War Two
The Soviet Soldier of World War Two (JUGEMレビュー »)
Phillippe Rio
WW2ソ連兵の兵装を実写カラーでドカンと紹介。よほど特殊な設定以外この一冊で十分です。オススメ!全編英語
ストライクアンドタクティカルマガジン増刊 日本陸軍の戦車 2010年 11月号 [雑誌]
ストライクアンドタクティカルマガジン増刊 日本陸軍の戦車 2010年 11月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)
古是 三春,鈴木 邦宏,土居 雅博
最新の考証を元に八九式を中心に旧軍戦車を各型解説。写真やイラストも豊富で内装なども参考になります。オススメ!
Deutsche Soldaten: The Uniforms, Equipment and Personal Effects of the German 1939-1945
Deutsche Soldaten: The Uniforms, Equipment and Personal Effects of the German 1939-1945 (JUGEMレビュー »)
Agustin Saiz
これは凄い量の実物コレクション!ブーツやガスマスクなど一般的な装備品のバリエーションは勿論、マップケースの中身に時計やタバコまで、ドイツ兵の持ち物を殆ど網羅!巻頭から巻末までオールカラー写真で資料的価値抜群。オススメ!
※全編英語
図解 ヘビーアームズ (F-Files No.017)
図解 ヘビーアームズ (F-Files No.017) (JUGEMレビュー »)
大波 篤司
機関銃や迫撃砲、バズーカにロケットランチャーなど使用方法や各部品の意味など一問一答でスッキリ解説。銃器ビギナーの人に超オススメ。
Vision models 1/35スケール  【VA-9003】 帝国陸軍 九七式
Vision models 1/35スケール  【VA-9003】 帝国陸軍 九七式 (JUGEMレビュー »)

チハ系キットには欠かせないキャタ。価格、組み易さ、解像度も申し分ない定番商品。
末期の水物兵器集
末期の水物兵器集 (JUGEMレビュー »)
こが しゅうと
若干クセのある漫画と文章で、旧海軍兵器の中でもマニアックな物を局所的に徹底紹介!他のシリーズも濃イィ内容!
戦う広告―雑誌広告に見るアジア太平洋戦争
戦う広告―雑誌広告に見るアジア太平洋戦争 (JUGEMレビュー »)
若林 宣
戦時中に国内で使用された広告を年代ごとに紹介。当時の世相が分かる他に類を見ない貴重な資料。
British Web Equipment of the Two World Wars (Europa Militaria)
British Web Equipment of the Two World Wars (Europa Militaria) (JUGEMレビュー »)
Martin Brayley
英軍歩兵の装備品をカラー写真で紹介。色味やバリエーションを知るには良書ですが武器類は無し。価格的にもオススメ!
※全編英語
Stalin's War: Soviet Uniforms And Militaria 1941-45
Stalin's War: Soviet Uniforms And Militaria 1941-45 (JUGEMレビュー »)
Laszlo Bekesi
コレクターが集めたWW2ソ連軍の装備品や階級章のカラー写真集。マニアにとってはかなり薄い内容だが、ソ連軍初心者にはそこそこ資料的価値アリ。
※全編英語
第2次大戦ドイツ軍装ガイド
第2次大戦ドイツ軍装ガイド (JUGEMレビュー »)
ジャン・ド・ラガルド
オール実写による軍装ガイド。これ一冊で殆んどの正規バリエーションが把握できます。
ノーブル バックレスキューベルトチタン L(腰周り:78~94cm) 黒
ノーブル バックレスキューベルトチタン L(腰周り:78~94cm) 黒 (JUGEMレビュー »)

椅子に座ってると腰が痛い!
ってな人は試す価値アリ!
個人的には相当の効果を実感しています。
鋼鉄の最精鋭部隊―千葉戦車学校・騎兵学校 (日本陸軍の機甲部隊 1)
鋼鉄の最精鋭部隊―千葉戦車学校・騎兵学校 (日本陸軍の機甲部隊 1) (JUGEMレビュー »)

貴重な日本戦車の写真集です!戦車学校での訓練風景で構成され、全体の半分以上がチハ主体の写真ですがネットでは見られないレアなものばかり!チハファンは必携!
ドキッ乙女だらけの帝國陸軍入門
ドキッ乙女だらけの帝國陸軍入門 (JUGEMレビュー »)
堀場 亙,岡本 博信
萌えだと思って期待したらハズレですのでご注意を…列記としたミリタリー本です。
TUNODA 薄刃ミニニッパー 120mm TM-02
TUNODA 薄刃ミニニッパー 120mm TM-02 (JUGEMレビュー »)

某プラモメーカーから発売されている物のOEM版なのでプラモ制作に抜群の性能!しかも格安!
Les MAteriels radio de la Wehrmacht: German Radio Sets 1935-1945
Les MAteriels radio de la Wehrmacht: German Radio Sets 1935-1945 (JUGEMレビュー »)
Pierre Metsu
大戦中のドイツ軍無線機を全機種カラー写真で紹介。残念ながら和訳はないですが英訳はアリ。(値段が…)
陸軍機甲部隊―激動の時代を駆け抜けた日本戦車興亡史 (〈歴史群像〉太平洋戦史シリーズ (25))
陸軍機甲部隊―激動の時代を駆け抜けた日本戦車興亡史 (〈歴史群像〉太平洋戦史シリーズ (25)) (JUGEMレビュー »)

モデラー目線のディティール考察には向きませんが、日本戦車がどのように発展し各地でどう戦ったかを知るには良書。
Modelling the Marder Self-Propelled Gun (Osprey Modelling)
Modelling the Marder Self-Propelled Gun (Osprey Modelling) (JUGEMレビュー »)
Sam Dwyer, Robert Oehler

マーダー1,2D,3r,3M,3H のディティールアップ製作ガイド。
外人サンのテクを盗めます!
泥まみれの虎―宮崎駿の妄想ノート
泥まみれの虎―宮崎駿の妄想ノート (JUGEMレビュー »)
宮崎 駿
エース「オットーカリウス」の手記を元に末期ドイツ軍の泥沼の戦いを描写。
今までの「戦車感」が変わるかも?
第2次大戦各国軍装全ガイド (ミリタリー・ユニフォーム)
第2次大戦各国軍装全ガイド (ミリタリー・ユニフォーム) (JUGEMレビュー »)
ピーター ダーマン,マルカム マクグレガー,ピエール ターナー
WW2各国陸海空の軍服図鑑。
膨大な数だが、浅く広くといった感じなので、一国を集中的に調べたい人には不向き。
日本戦車隊戦史―鉄獅子かく戦えり
日本戦車隊戦史―鉄獅子かく戦えり (JUGEMレビュー »)
上田 信
帝国陸軍戦車部隊が各戦線でどのように戦ったのか、図解を交えて年代ごとに相手装備と比較しながら紹介。
イラスト中心なので文章が苦手な人でも大丈夫!(写真は無し)
ビジュアルガイド WW2戦車〈1〉電撃戦
ビジュアルガイド WW2戦車〈1〉電撃戦 (JUGEMレビュー »)
川畑 英毅, 吉原 幹也
WW恐そ戦線好きなら持っておきたい一冊。
ドイツ、ソ連は勿論、フランスやポーランド等、欧州のあらゆる戦闘車両を広く浅く紹介。マイナー車種など豆知識にいいかも。
アハトゥンク・パンツァー〈第7集〉1号戦車、2号戦車と派生型編
アハトゥンク・パンツァー〈第7集〉1号戦車、2号戦車と派生型編 (JUGEMレビュー »)
尾藤 満
言わずと知れたモデラーの為の資料本。 詳細図と写真で各型を詳しく解説。
<< だがしかし6巻 | main | Lightbox2.8.2 テスト >>
三式戦闘機”飛燕”を見てきました

 


先日、コメントをいただいて、すっかり忘れていた2016年秋の目玉イベント
「川崎重工創立120周年記念展」へ行ってきました!(目玉なのに忘れるという)



場所は土地勘の無い人にはかなり分かりにくいんですが、
ポートアイランドへ渡る”橋の途中”に、P.Aみたいな感じで左へ逸れる道があり、
一見「え?マジでこんなトコに展示してるの?」みたいなフェリー乗り場の一角に御座います。
詳しくは公式ページのグーグルMAPで。




中に入ると、いきなり飛燕であります!
一部の欠損パーツを除き、当時の姿で御座います!



飛燕と言えば、ジュラルミンに直接迷彩のイメージしかなく、
どっかのB29の刷り込みもあって、もっとツルテカな鏡みたいなのを想像していましたが、
経年劣化もあってか、いぶし銀というか、一言で言えばシブイですね! 


以下、細部など長くなるのでたたみます↓

 

 



モデラーとして気になる部分といえば足回り。



内部の塗装はオリジナルか分かりませんが、スカイブルーですね。




塗装に関しては全ハゲ状態なので、情報としては細かい質感などがメインとなります。




やはり、日本機らしからぬシルエット。



方向舵と昇降舵は残念ながら復元パーツのようですが骨組はオリジナル?




モデラーとしては尾輪なんかも気になるところではないでしょうか?




発動機。
盟友、お独逸から伝授された液冷エンジンで御座いますが、
当時の我が国の工業力では、イマイチその性能を発揮しきれなかったワケであります。
(イマイチどころではない?)



この先端にプロペラが付くワケですね。
稼働率はともあれ、こうして見るとスゴイ技術を感じます。



液冷エンジンの肝。
機体下部の四角い箱の中に入っている、要するにラジエター。

大変デリケート、且つ、最大の弱点でもあるワケですが、そんな部品を機体下部に晒しながら、
銃弾飛び交う中、戦闘機動をするという、まこと恐ろしいデザインなのであります。




「ON/OFF」は「接/断」と表記する。
「号」を「號」と書く!みたいな、漢字表記が中二心をくすぐります。



外蓋のロックレバーが個人的にツボだったりします。




右翼端灯。




さっきのラジエターが収まる部分。
ここを撃ち抜かれると、エンジンはオーバーヒートして止まります。
が、撃ち抜かれなくても、技術的問題から液漏れでしょっちゅうアレだったようです。




右主脚。




左主脚。
写真見てて気付きましたが、タイヤの側面にモールドがありますね。




みんな大好きピトー管。





液冷エンジンならではの、日本機らしからぬ洗練されたカッコよさ。

コイツがバリバリ稼働していたら・・・
「我が国はそんなのばっかり!」だが、そこがいい。



DB603過給機。
所謂、スーパーチャージャーで御座います。



ライセンス生産とは言え、曲がりなりにも国産パーツ!
この技術と経験が、戦後日本の成長を支える一端となるワケです。(知らんけど)




オマケで、操縦席の感覚を体験できます。



操縦桿はこんな感じなんですねぇ。





そんなワケで、飛燕好きにはタマらないイベント。

11月3日(木)までなので、興味のある方はお急ぎあれ。
(なんで土日までやらんねん)



 

 

| 資料、道具、実験 | comments(6) | trackbacks(0) |
コメント
おおー!!なんとも羨ましいデス。
今の状態が最初期に一番近い塗装なので見に行きたいですが、時間が....という状況なので(^^;;
この無塗装状態の飛燕見ていると全面リベット打ちたくなりますね!飛燕カッコ良すぎ!
| sezaki | 2016/10/23 12:07 PM |
隊長!そんなにラジエタに危惧するなんて、、
むかしキンタマに何かあったんですか?。
| apuro | 2016/10/23 4:26 PM |
素晴らしいですね!私も是非見に行きたいものです!
画像を見る限り、ギャラリーの皆さんも和やかに楽しんでおられるように見受けられます。
数年前、私の地元の航空博物館に可動復元された零戦52型が降り立ち、かなりの盛り上がりを見せたのですが、大混雑したお披露目会場で、某テレビ局の取材陣と、マニアのオジサマが大喧嘩を始めてしまい、そばにいた私と友人もガクブルした思い出があります。
零戦もさぞ、苦笑いしていたことでしょう。
| muck | 2016/10/23 10:16 PM |
おお、見に行ったんですか!!
去年、新教の時に研修の一環で知覧の記念館で修復前のこの飛燕を見たのを思い出します。
現在の姿も見に行きたいです!
| ドデン | 2016/10/24 12:02 AM |
>sezakiさん
航空機のリベットというのは戦車と違い、存外ピッチがアバウトな感じなんですね!
模型なんかだと「結構バラついてるなぁ、苦労したんやろなぁ」なんて見てましたが、
それこそが、最も正確な再現だと気付きました(笑


>apuro先生
男たるもの、誰しも一度は飛び回った経験があるハズです!(座布団ください)


>muck殿
子供連れや単独女性なども散見され、撮影も譲り合いながら平和そのものでしたよ!(いや、それが普通やと思うねん)
零戦は何かと英雄扱いされるので、意見が衝突し易いのかも知れませんね。


>ドデン陸幕長
はい、見に行きました!11月3日までですよ!
コレって、この展示が終わったらどうなるんでしょうね?気になる。
| USED☆隊長(管理人) | 2016/10/24 8:41 AM |
やっぱりイイですね。
私も見に行きたいのですが、神戸はちと遠いなあ。
なんとか、時間と金を工面して見に行きたいものです。

飛燕に限らないとは思うのですが、実物(靖国神社の零戦とか彗星とかチハとかもそうですが)
を見ると結構粗っぽく仕上げてある感じで、
プラモの「米に写経」するみたいな精密感とはちょっと違うのだなあ、と思います。
| Dalio | 2016/10/24 11:28 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://heppoko.ss-bass.oops.jp/trackback/868013
トラックバック