過去記事テーマ別

管理人の買った物一覧

私家版戦車入門1: 無限軌道の発明と英国タンク
私家版戦車入門1: 無限軌道の発明と英国タンク (JUGEMレビュー »)
モリナガ ヨウ
世界初のタンク(戦車)が如何にして誕生し、どのような問題を乗り越えて進化して来たのか?蒸気トレーラーから英国の菱型戦車、ホイペットまでをまとめた決定版。
ガン&ガール イラストレイテッド 第二次大戦枢軸国編 (MC☆あくしずMOOK)
ガン&ガール イラストレイテッド 第二次大戦枢軸国編 (MC☆あくしずMOOK) (JUGEMレビュー »)

WW2枢軸陣営の小火器を紹介した女子イラスト付きのマジメな本。読みやすい構成で初心者にもオススメ。
大日本帝国陸海軍〈2〉―軍装と装備 明治・大正・昭和
大日本帝国陸海軍〈2〉―軍装と装備 明治・大正・昭和 (JUGEMレビュー »)
中田 忠夫
ややカタログっぽく編集されており、被服の細部(内側や背面など)を知ることは出来ませんが小物や拳銃、生活用品までかなりの数が全て写真で網羅されています。
The Soviet Soldier of World War Two
The Soviet Soldier of World War Two (JUGEMレビュー »)
Phillippe Rio
WW2ソ連兵の兵装を実写カラーでドカンと紹介。よほど特殊な設定以外この一冊で十分です。オススメ!全編英語
ストライクアンドタクティカルマガジン増刊 日本陸軍の戦車 2010年 11月号 [雑誌]
ストライクアンドタクティカルマガジン増刊 日本陸軍の戦車 2010年 11月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)
古是 三春,鈴木 邦宏,土居 雅博
最新の考証を元に八九式を中心に旧軍戦車を各型解説。写真やイラストも豊富で内装なども参考になります。オススメ!
Deutsche Soldaten: The Uniforms, Equipment and Personal Effects of the German 1939-1945
Deutsche Soldaten: The Uniforms, Equipment and Personal Effects of the German 1939-1945 (JUGEMレビュー »)
Agustin Saiz
これは凄い量の実物コレクション!ブーツやガスマスクなど一般的な装備品のバリエーションは勿論、マップケースの中身に時計やタバコまで、ドイツ兵の持ち物を殆ど網羅!巻頭から巻末までオールカラー写真で資料的価値抜群。オススメ!
※全編英語
図解 ヘビーアームズ (F-Files No.017)
図解 ヘビーアームズ (F-Files No.017) (JUGEMレビュー »)
大波 篤司
機関銃や迫撃砲、バズーカにロケットランチャーなど使用方法や各部品の意味など一問一答でスッキリ解説。銃器ビギナーの人に超オススメ。
Vision models 1/35スケール  【VA-9003】 帝国陸軍 九七式
Vision models 1/35スケール  【VA-9003】 帝国陸軍 九七式 (JUGEMレビュー »)

チハ系キットには欠かせないキャタ。価格、組み易さ、解像度も申し分ない定番商品。
末期の水物兵器集
末期の水物兵器集 (JUGEMレビュー »)
こが しゅうと
若干クセのある漫画と文章で、旧海軍兵器の中でもマニアックな物を局所的に徹底紹介!他のシリーズも濃イィ内容!
戦う広告―雑誌広告に見るアジア太平洋戦争
戦う広告―雑誌広告に見るアジア太平洋戦争 (JUGEMレビュー »)
若林 宣
戦時中に国内で使用された広告を年代ごとに紹介。当時の世相が分かる他に類を見ない貴重な資料。
British Web Equipment of the Two World Wars (Europa Militaria)
British Web Equipment of the Two World Wars (Europa Militaria) (JUGEMレビュー »)
Martin Brayley
英軍歩兵の装備品をカラー写真で紹介。色味やバリエーションを知るには良書ですが武器類は無し。価格的にもオススメ!
※全編英語
Stalin's War: Soviet Uniforms And Militaria 1941-45
Stalin's War: Soviet Uniforms And Militaria 1941-45 (JUGEMレビュー »)
Laszlo Bekesi
コレクターが集めたWW2ソ連軍の装備品や階級章のカラー写真集。マニアにとってはかなり薄い内容だが、ソ連軍初心者にはそこそこ資料的価値アリ。
※全編英語
第2次大戦ドイツ軍装ガイド
第2次大戦ドイツ軍装ガイド (JUGEMレビュー »)
ジャン・ド・ラガルド
オール実写による軍装ガイド。これ一冊で殆んどの正規バリエーションが把握できます。
ノーブル バックレスキューベルトチタン L(腰周り:78~94cm) 黒
ノーブル バックレスキューベルトチタン L(腰周り:78~94cm) 黒 (JUGEMレビュー »)

椅子に座ってると腰が痛い!
ってな人は試す価値アリ!
個人的には相当の効果を実感しています。
鋼鉄の最精鋭部隊―千葉戦車学校・騎兵学校 (日本陸軍の機甲部隊 1)
鋼鉄の最精鋭部隊―千葉戦車学校・騎兵学校 (日本陸軍の機甲部隊 1) (JUGEMレビュー »)

貴重な日本戦車の写真集です!戦車学校での訓練風景で構成され、全体の半分以上がチハ主体の写真ですがネットでは見られないレアなものばかり!チハファンは必携!
ドキッ乙女だらけの帝國陸軍入門
ドキッ乙女だらけの帝國陸軍入門 (JUGEMレビュー »)
堀場 亙,岡本 博信
萌えだと思って期待したらハズレですのでご注意を…列記としたミリタリー本です。
TUNODA 薄刃ミニニッパー 120mm TM-02
TUNODA 薄刃ミニニッパー 120mm TM-02 (JUGEMレビュー »)

某プラモメーカーから発売されている物のOEM版なのでプラモ制作に抜群の性能!しかも格安!
Les MAteriels radio de la Wehrmacht: German Radio Sets 1935-1945
Les MAteriels radio de la Wehrmacht: German Radio Sets 1935-1945 (JUGEMレビュー »)
Pierre Metsu
大戦中のドイツ軍無線機を全機種カラー写真で紹介。残念ながら和訳はないですが英訳はアリ。(値段が…)
陸軍機甲部隊―激動の時代を駆け抜けた日本戦車興亡史 (〈歴史群像〉太平洋戦史シリーズ (25))
陸軍機甲部隊―激動の時代を駆け抜けた日本戦車興亡史 (〈歴史群像〉太平洋戦史シリーズ (25)) (JUGEMレビュー »)

モデラー目線のディティール考察には向きませんが、日本戦車がどのように発展し各地でどう戦ったかを知るには良書。
Modelling the Marder Self-Propelled Gun (Osprey Modelling)
Modelling the Marder Self-Propelled Gun (Osprey Modelling) (JUGEMレビュー »)
Sam Dwyer, Robert Oehler

マーダー1,2D,3r,3M,3H のディティールアップ製作ガイド。
外人サンのテクを盗めます!
泥まみれの虎―宮崎駿の妄想ノート
泥まみれの虎―宮崎駿の妄想ノート (JUGEMレビュー »)
宮崎 駿
エース「オットーカリウス」の手記を元に末期ドイツ軍の泥沼の戦いを描写。
今までの「戦車感」が変わるかも?
第2次大戦各国軍装全ガイド (ミリタリー・ユニフォーム)
第2次大戦各国軍装全ガイド (ミリタリー・ユニフォーム) (JUGEMレビュー »)
ピーター ダーマン,マルカム マクグレガー,ピエール ターナー
WW2各国陸海空の軍服図鑑。
膨大な数だが、浅く広くといった感じなので、一国を集中的に調べたい人には不向き。
日本戦車隊戦史―鉄獅子かく戦えり
日本戦車隊戦史―鉄獅子かく戦えり (JUGEMレビュー »)
上田 信
帝国陸軍戦車部隊が各戦線でどのように戦ったのか、図解を交えて年代ごとに相手装備と比較しながら紹介。
イラスト中心なので文章が苦手な人でも大丈夫!(写真は無し)
ビジュアルガイド WW2戦車〈1〉電撃戦
ビジュアルガイド WW2戦車〈1〉電撃戦 (JUGEMレビュー »)
川畑 英毅, 吉原 幹也
WW恐そ戦線好きなら持っておきたい一冊。
ドイツ、ソ連は勿論、フランスやポーランド等、欧州のあらゆる戦闘車両を広く浅く紹介。マイナー車種など豆知識にいいかも。
アハトゥンク・パンツァー〈第7集〉1号戦車、2号戦車と派生型編
アハトゥンク・パンツァー〈第7集〉1号戦車、2号戦車と派生型編 (JUGEMレビュー »)
尾藤 満
言わずと知れたモデラーの為の資料本。 詳細図と写真で各型を詳しく解説。
<< 近況 | main | IN☆茨城からの栃木<2日目> >>
IN☆茨城<1日目>

拝啓皆様、ワタクシ遂に東京を超える日がやってまいりました。
周りの人間には例外なく「じぇじぇじぇのトコにも行くんか?」と言われましたが、
「ガルパンの聖地巡礼や」と皆の頭上に?マークを確認したところで、いざ出発!


今回、神戸ー茨城は業績不振に喘ぐスカイ印で行きます。
でもミニスカCAは乗っていない模様。(全便に搭乗させんと黒字はムリでっせ


上昇時に有名なアノ現象が見れたので記念撮影。
虹の真ん中に機影が写るっていうアレ。


神戸空港から1時間弱でアッと言う間の茨城空港。

尚、聖地巡礼記事はネット上で出尽くしているので、ガツンと端折ってダイジェスト。

普段どんな観光名所に行ってもこの手の記念看板は華麗にスルーですが、
一年生のお出迎えとあっちゃ話は別。ノリノリで撮りました。

>>>空港から高速バス(前払い1030円)でJR水戸駅まで一気に移動。


<鹿島臨海鉄道>
水戸駅で鹿島臨海鉄道の切符を買って、いざ大洗へ! 注)ICカードは使えまへん


ディーゼル列車というものに初めて乗りましたが、レールの上のバスですねこれは。
車内は懐かしい扇風機とガルパン広告。
無人駅で降りる場合は切符か現金を運転手サンに直接渡して降りるそうですが、
大洗は超主要駅なので、普通に降りて駅の改札で切符を渡せばOK。

途中でラッピング列車とすれ違いました。


<大洗駅>
改札を出てすぐ右手には、一番札所とも言える観光案内所があります。


ガルパン関連一色の中、一際異彩を放つ「アライッペ」。
大洗一発目の自分用お土産として即買いです。

※アライッペはお顔に個体差があり、気に入った物が見当たらない場合はオネェ様に尋ねてみましょう
奥からドッサリ持ってきてくれます!


>>その後も案内所のオネェ様とガルパン談議に花を咲かせて・・・


<大洗の町>
一路、宿泊先「肴屋本店」を目指すことに。

見知らぬ土地ではありますが、すぐにマリンタワーが見えるので、駅で貰った観光地図があれば
殆ど道に迷う事はありません。


ちょっと横道に逸れると、なかなかイイ雰囲気の街並みでございます。
ちなみに、この神社の向かいにある商店の店先に笑顔の素敵なお婆ちゃんが座っていまして、
何の根拠も無いけど、人生で3回出会えたら幸運になれそうな神々しさがありました。



道中、出くわした「らくがきバス」なるもの。

確かに、オリジナルの作画とは異なりますが、インパクトは十分やと思います。


有名な魔のカーブの先に「肴屋本店」を発見セリ。

一先ず大きな荷物を預けて、スタンプラリー開始であります。


<スタンプ巡礼道中>
ここも手作り戦車で有名な「海鮮民宿たくみ」。
玄関先と向かいの作業場?には本格的なビッグスケール手作り戦車が置いてあります。
この創作意欲は見習いたいところであります!


祭りの際には金魚すくいで盛り上げてくれるそうです。


ラッピング自販機。
他にも何種類かあるようです。


この日一番のネタ。
こういうのが大好きです。


大洗にプラウダの車両。


何やかんやで「大洗磯前神社」に到着。
平日の昼間ということもあって、ここまで殆ど人間と会うことがありませんでしたw

恒例の絵馬でございます。
ていうか、境内改装中で絵馬以外何も見れませんでした!w

<絵馬>
実際に見ると圧巻ですね。皆さん上手いです。

どうやったらこんな綺麗に描けんのさ・・・


「艦これ」率高し。

ちょっと前にネット上でも話題になりましたが、この神社には軽巡「那珂」の忠魂碑があるため、
ガルパンとゴチャ混ぜになってるワケですね。

完全に合体しております。自分的にはアリです。つか、コラボ期待。


※艦これ絵馬については不謹慎な内容の物があって、ネット上で一悶着あったようですが、
忠魂碑は架空のアニメとは違うので、書かれる方は内容に注意しましょう。

知る人ぞ知る「バリボーマン」

ビッシリと芸術的力作に囲まれた中でこのインパクト。センスあり。


神社を後にして、ひたすら歩き「アクアワールド」へ。
途中「チャリンコ借りたら良かった・・・」と激しく後悔しながらも何とか到着。
スタンプを押す為だけに、遥々徒歩で、閉館ギリギリの時間に・・・


>>>流石にここから徒歩で真反対に位置する「まいわい市場」を目指すのは
体力的にも時間的にも無謀だと判断し、タクシーで一気にワープ。


まいわい市場に到着!
流石、ラッピング車も本格的です。

>>お土産やグッズを買って、スタンプ押して・・・


マリンタワーにも上っておきます。
日も沈み、貸し切り状態です。

夜の大洗。
平日ということを差し引いても人がいません。

夜でも地図無しで迷わず帰ってこれるというのは、街の作りが優れているからでしょう。


夕食。
流石、料理旅館だけあってイイ感じです。(写真以外に焼き魚と唐揚げが付きます
素材も間違いなく、美味しくいただきました。

ちなみに「アンコウ鍋」は11月からで、既に予約満杯状態でした・・・

ガルパンプランのお客様限定の敷物。
何とか折らずに持って帰ろうと努力しましたが無理でした。


まいわい市場で温泉バージョンのフチ子さんが売られていたので迷わず購入。



一日目から少々ハードでしたが、概ねこの町の歩き方が分かりました。


大洗の夜は更けてゆく・・・




| 小旅行、雑多 | comments(3) | trackbacks(0) |
コメント
肴屋本店に泊まりましたか!
マリンタワーまでは行かなかったですが、
3回とも徒歩で回りましたので、かなり疲れたのを覚えてます。
また、行きたくなってきましたよ。
| まー坊 | 2014/10/26 8:52 PM |
ガルパンプランの敷物、紙でコロコロさんのイラストなんですね!いいなぁ。
落書きバスや絵馬とかも凄いですね。いつか行きたいなぁ・・・
| ドデン | 2014/10/26 11:21 PM |
>まー様
泊まりました!想像してたより内装はキレイで、アットホームで良かったです。
マリンタワーは外から見るだけでイイような気もしましたが、滅多に行けないので上りましたw
感想としては一度登れば十分やと思います!
てか、3回て!もう常連じゃないですかっ!


>ドデン閣下
この敷物はイイ物ですよ。額に入れて飾ろうと思っていますw
町がガルパンで盛り上がっている内に行くべし!であります!
劇場版公開でまたイベントや新グッズが出ると思うので、その辺りが狙い目ですね。

| USED☆隊長 | 2014/10/27 9:02 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://heppoko.ss-bass.oops.jp/trackback/867694
トラックバック