過去記事テーマ別

管理人の買った物一覧

私家版戦車入門1: 無限軌道の発明と英国タンク
私家版戦車入門1: 無限軌道の発明と英国タンク (JUGEMレビュー »)
モリナガ ヨウ
世界初のタンク(戦車)が如何にして誕生し、どのような問題を乗り越えて進化して来たのか?蒸気トレーラーから英国の菱型戦車、ホイペットまでをまとめた決定版。
ガン&ガール イラストレイテッド 第二次大戦枢軸国編 (MC☆あくしずMOOK)
ガン&ガール イラストレイテッド 第二次大戦枢軸国編 (MC☆あくしずMOOK) (JUGEMレビュー »)

WW2枢軸陣営の小火器を紹介した女子イラスト付きのマジメな本。読みやすい構成で初心者にもオススメ。
大日本帝国陸海軍〈2〉―軍装と装備 明治・大正・昭和
大日本帝国陸海軍〈2〉―軍装と装備 明治・大正・昭和 (JUGEMレビュー »)
中田 忠夫
ややカタログっぽく編集されており、被服の細部(内側や背面など)を知ることは出来ませんが小物や拳銃、生活用品までかなりの数が全て写真で網羅されています。
The Soviet Soldier of World War Two
The Soviet Soldier of World War Two (JUGEMレビュー »)
Phillippe Rio
WW2ソ連兵の兵装を実写カラーでドカンと紹介。よほど特殊な設定以外この一冊で十分です。オススメ!全編英語
ストライクアンドタクティカルマガジン増刊 日本陸軍の戦車 2010年 11月号 [雑誌]
ストライクアンドタクティカルマガジン増刊 日本陸軍の戦車 2010年 11月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)
古是 三春,鈴木 邦宏,土居 雅博
最新の考証を元に八九式を中心に旧軍戦車を各型解説。写真やイラストも豊富で内装なども参考になります。オススメ!
Deutsche Soldaten: The Uniforms, Equipment and Personal Effects of the German 1939-1945
Deutsche Soldaten: The Uniforms, Equipment and Personal Effects of the German 1939-1945 (JUGEMレビュー »)
Agustin Saiz
これは凄い量の実物コレクション!ブーツやガスマスクなど一般的な装備品のバリエーションは勿論、マップケースの中身に時計やタバコまで、ドイツ兵の持ち物を殆ど網羅!巻頭から巻末までオールカラー写真で資料的価値抜群。オススメ!
※全編英語
図解 ヘビーアームズ (F-Files No.017)
図解 ヘビーアームズ (F-Files No.017) (JUGEMレビュー »)
大波 篤司
機関銃や迫撃砲、バズーカにロケットランチャーなど使用方法や各部品の意味など一問一答でスッキリ解説。銃器ビギナーの人に超オススメ。
Vision models 1/35スケール  【VA-9003】 帝国陸軍 九七式
Vision models 1/35スケール  【VA-9003】 帝国陸軍 九七式 (JUGEMレビュー »)

チハ系キットには欠かせないキャタ。価格、組み易さ、解像度も申し分ない定番商品。
末期の水物兵器集
末期の水物兵器集 (JUGEMレビュー »)
こが しゅうと
若干クセのある漫画と文章で、旧海軍兵器の中でもマニアックな物を局所的に徹底紹介!他のシリーズも濃イィ内容!
戦う広告―雑誌広告に見るアジア太平洋戦争
戦う広告―雑誌広告に見るアジア太平洋戦争 (JUGEMレビュー »)
若林 宣
戦時中に国内で使用された広告を年代ごとに紹介。当時の世相が分かる他に類を見ない貴重な資料。
British Web Equipment of the Two World Wars (Europa Militaria)
British Web Equipment of the Two World Wars (Europa Militaria) (JUGEMレビュー »)
Martin Brayley
英軍歩兵の装備品をカラー写真で紹介。色味やバリエーションを知るには良書ですが武器類は無し。価格的にもオススメ!
※全編英語
Stalin's War: Soviet Uniforms And Militaria 1941-45
Stalin's War: Soviet Uniforms And Militaria 1941-45 (JUGEMレビュー »)
Laszlo Bekesi
コレクターが集めたWW2ソ連軍の装備品や階級章のカラー写真集。マニアにとってはかなり薄い内容だが、ソ連軍初心者にはそこそこ資料的価値アリ。
※全編英語
第2次大戦ドイツ軍装ガイド
第2次大戦ドイツ軍装ガイド (JUGEMレビュー »)
ジャン・ド・ラガルド
オール実写による軍装ガイド。これ一冊で殆んどの正規バリエーションが把握できます。
ノーブル バックレスキューベルトチタン L(腰周り:78~94cm) 黒
ノーブル バックレスキューベルトチタン L(腰周り:78~94cm) 黒 (JUGEMレビュー »)

椅子に座ってると腰が痛い!
ってな人は試す価値アリ!
個人的には相当の効果を実感しています。
鋼鉄の最精鋭部隊―千葉戦車学校・騎兵学校 (日本陸軍の機甲部隊 1)
鋼鉄の最精鋭部隊―千葉戦車学校・騎兵学校 (日本陸軍の機甲部隊 1) (JUGEMレビュー »)

貴重な日本戦車の写真集です!戦車学校での訓練風景で構成され、全体の半分以上がチハ主体の写真ですがネットでは見られないレアなものばかり!チハファンは必携!
ドキッ乙女だらけの帝國陸軍入門
ドキッ乙女だらけの帝國陸軍入門 (JUGEMレビュー »)
堀場 亙,岡本 博信
萌えだと思って期待したらハズレですのでご注意を…列記としたミリタリー本です。
TUNODA 薄刃ミニニッパー 120mm TM-02
TUNODA 薄刃ミニニッパー 120mm TM-02 (JUGEMレビュー »)

某プラモメーカーから発売されている物のOEM版なのでプラモ制作に抜群の性能!しかも格安!
Les MAteriels radio de la Wehrmacht: German Radio Sets 1935-1945
Les MAteriels radio de la Wehrmacht: German Radio Sets 1935-1945 (JUGEMレビュー »)
Pierre Metsu
大戦中のドイツ軍無線機を全機種カラー写真で紹介。残念ながら和訳はないですが英訳はアリ。(値段が…)
陸軍機甲部隊―激動の時代を駆け抜けた日本戦車興亡史 (〈歴史群像〉太平洋戦史シリーズ (25))
陸軍機甲部隊―激動の時代を駆け抜けた日本戦車興亡史 (〈歴史群像〉太平洋戦史シリーズ (25)) (JUGEMレビュー »)

モデラー目線のディティール考察には向きませんが、日本戦車がどのように発展し各地でどう戦ったかを知るには良書。
Modelling the Marder Self-Propelled Gun (Osprey Modelling)
Modelling the Marder Self-Propelled Gun (Osprey Modelling) (JUGEMレビュー »)
Sam Dwyer, Robert Oehler

マーダー1,2D,3r,3M,3H のディティールアップ製作ガイド。
外人サンのテクを盗めます!
泥まみれの虎―宮崎駿の妄想ノート
泥まみれの虎―宮崎駿の妄想ノート (JUGEMレビュー »)
宮崎 駿
エース「オットーカリウス」の手記を元に末期ドイツ軍の泥沼の戦いを描写。
今までの「戦車感」が変わるかも?
第2次大戦各国軍装全ガイド (ミリタリー・ユニフォーム)
第2次大戦各国軍装全ガイド (ミリタリー・ユニフォーム) (JUGEMレビュー »)
ピーター ダーマン,マルカム マクグレガー,ピエール ターナー
WW2各国陸海空の軍服図鑑。
膨大な数だが、浅く広くといった感じなので、一国を集中的に調べたい人には不向き。
日本戦車隊戦史―鉄獅子かく戦えり
日本戦車隊戦史―鉄獅子かく戦えり (JUGEMレビュー »)
上田 信
帝国陸軍戦車部隊が各戦線でどのように戦ったのか、図解を交えて年代ごとに相手装備と比較しながら紹介。
イラスト中心なので文章が苦手な人でも大丈夫!(写真は無し)
ビジュアルガイド WW2戦車〈1〉電撃戦
ビジュアルガイド WW2戦車〈1〉電撃戦 (JUGEMレビュー »)
川畑 英毅, 吉原 幹也
WW恐そ戦線好きなら持っておきたい一冊。
ドイツ、ソ連は勿論、フランスやポーランド等、欧州のあらゆる戦闘車両を広く浅く紹介。マイナー車種など豆知識にいいかも。
アハトゥンク・パンツァー〈第7集〉1号戦車、2号戦車と派生型編
アハトゥンク・パンツァー〈第7集〉1号戦車、2号戦車と派生型編 (JUGEMレビュー »)
尾藤 満
言わずと知れたモデラーの為の資料本。 詳細図と写真で各型を詳しく解説。
模型博覧会2016へ行ってきた

 


はい!今年も行って参りました「模型博覧会」。

ジャンル問わず、プラモ、既製品、自作、作りかけ、etc…
倫理上の問題がなければ何でもアリの展示会で御座います。


以下、ガルパン、AFVを中心に一部をピックアップ。



 
 

 


  
ガルパンもガンプラの時代。(これは私もやってみたい)


 

 


 
モビルスーツもスク水化の時代。(これは絶対やってみたい!)


 


 

 



例によって、カメラ下手くそで歩留まりが悪く、
ほんの一部しか紹介できませんでしたが、
昨年よりも作品が増えていて、大変面白かったです。



皆様、また来年もよろしくお願いします。

 

 

| 模型イベント行ってみた | comments(0) | trackbacks(0) |
模型コンテスト「SMF9」に行ってみた


さて、
ボークス大阪が主催する模型コンテスト「S・M・F 9」に参加してきました。



以下、ミリタリ系を抜粋してザックリ(クリッコで拡大スライド)

 

 

 

 

 

 

 

 


↑私の作品は鬼才”RS200”氏の隣に展示されていましたw
ウ○コと西住殿を掛け合わせた作品は、唯一無二だと思いますよ!

 


P,S
某FMの営業サン、九二式は冗談として四式ホロはマジで待ってます。
沢山のリンゴも用意して待ってますから!




で、次回は↓↓



昨年も参加した、コレに行く予定であります。
簡単に言えば、模型を肴に気軽に交流する会なので、お時間ある方は是非!





 

 

| 模型イベント行ってみた | comments(0) | trackbacks(0) |
モデラーズフェスティバル2016へ行ってきた

 



そんなワケで、
今年も”負の遺産”として有名な大阪ATCを盛り上げる救世主イベント
「モデラーズフェスティバル」に行ってまいりましたので、
マトモに撮れた作品だけをザックリとピックアップ。

 



以下、クリックで拡大。(順不同)



 



 



ーーーここから後半戦ーーー


 

 

 

 
 
 


---ここから1/72---
 

 


---ここまで1/72---



 
↑そして、ついに1/700・・・

 


---ここから超絶ドールハウスの世界---


 

 

 



会場全体のごく一部しか紹介出来ていませんが、

要するに、ゴイスー。

静岡なんかと比較すると、展示規模は中規模といったところですが、
見る側も、これぐらいが集中力を持続できて良いと思います。

来年も楽しみにしております。

 

 

 

| 模型イベント行ってみた | comments(0) | trackbacks(0) |
大阪ホビーフェス2016へ行ってきた


怒涛のイベント連チャン確変中の管理人。

先日、大阪で行われた模型メーカー宣伝即売イベント
「第1回大阪ホビーフェス」に行ってきました。


いやぁ〜第1回ということもあって、なかなかの活況ぶり!
会場は漢たちの熱気に包まれておりました。



それでは、以下適当に画像並べます。(クリッコで拡大)


 
左)モノクロームから発売の「75式自走りゅう弾砲」。カッチョイイ。
 


 

左)1/700特型駆逐艦を展開し続けるヤマシタホビー。

右)艦これ特需に乗っかり続けるアオシマ先生。

 


 

左)美しき防空駆逐艦。

右)軽空母ヒャッハー。
 


 
さて、ワタクシ的に下半期一番の目玉キットと言えば、

ファインMの「くろがね四起」なワケであります。



 

左)ボデーはまだ金型が上がっていないようで、3Dプリンタによるモックアップのみ。

それでも後部座席のディテール等を見る限り、買いで御座いましょう。

右)シャーシは製品版?のようで、かなりの出来栄え。即ポチ待ったなし。


 フィギュアも一体付属だそう。

 因みに「四式ホロはまだですか?」と訪ねたところ

 資料はあるけどモニョモニョ・・・と、

 軽くお茶を濁されたので、暫くは出ないかもです。

 

 

 

 

 


 
タミヤ先生は気合十分のM40ビッグショット。

超進化を遂げた最近のタミヤフィギュアが、今回も素晴らすぃ出来。

 

 

 この構図が刷り込まれること間違い無し。

 情景のお手本となるべき完成度。

 

 

 

 

 

 


 
その他、海外メーカー。


 
タコムから発売のフルインテリア王虎。

なかなか素敵なお値段で御座いますが、中身を見れば納得のギッシリ感。






 

 

 女子キャラ率低めの会場で紅一点。

 定着を目指す「もけ部」のキャラが目を引く

 超音波カッターのエコーテック。

 

 

 

 


 
ホビーボスからは次々に魅力的なアイテムが出ますが、

日本国内での近未来価格では、なかなか手が出せません。(そうだ香港へ行こう)

 

 


 

近年のミリ✕美少女の流行りに乗るアレな作品ではないかと不安だった「終末のイゼッタ」

今のところ(六話時点)ウ○コ展開も無く、大変楽しく視聴させて頂いております。



 敵方のシリーズ展開もあるようですが、

 如何せん、むさ苦しい男キャラばかりなので、

 

 何と言うか・・・

 姫様付けて下さい。(´・ω・`)

 

 

 

 

 

 

 

| 模型イベント行ってみた | comments(2) | trackbacks(0) |
京都ボークス合同展示会に行ってきた





そんなワケで、本日も京都ボークスで開催されている

5つのサークルによる合同展示会に(土曜日だけ)参加させていただきました!







 

 まずは見慣れぬ1/6スケールのシャーマン。
 3Dプリンターで作ったワンオフ作品だとか。

 隣には同作者によるティーガー2の砲塔。
 来年辺りには車体も見れるかもしれません。
 

 

 


左)hiro氏による中東ジオラマ

右)毎度、お世話になっているサークルの会長閣下の大砲。



ウチの近所の鬼畜モデラー、RS200さんの変態作品。

 

以下、ザザッと順不同↓






右)素晴らしき網タイツ









半世紀近く模型をやっている人達も沢山集うこの展示会。

色んなものが集まる交流の場所でもあるワケです。

今回も色々とマジで勉強になりました!あざーしたぁ!

 

 

 

そんなワケで次の直近イベントは!

 

11月3日「おおさかホビーフェス」(見るだけ

5、6日「モデラーズフェスティバル」(見るだけ

5、6日「S・M・F9」(エントリーしてます!

 

ていうか・・・集中しすぎやろ(´・ω・`)

 

 

| 模型イベント行ってみた | comments(5) | trackbacks(0) |
第9回船舶(艦船)模型合同展示会に行ってきた

 

 

そんなワケで、神戸で開催の船舶模型合同展示会を見てきました。

 

会場は、静岡ホビーショー第2会場の2倍ぐらいの広さでした。

 

 

実際に動く系の船です。

 

 

 

見ろ!人がゴミのようだ!

 

 

 

でっかい潜水艦模型(1/35?)で、内部まで再現!

 

 

これも船っちゃ船です。

 

 

これはどうみても飛行機模型ですが、まぁ海の上飛んでるから船みたいなモンですね。

 

 

 

潜水艦の元祖ですね。

 

 

チョットだけ知り合いの如何様先生は安定のフリーダム。

 

まぁ、こんな感じで結構自由な楽しい展示会でした。

展示内容としては、やはりWW2艦船が6割といったところ。

 

6月19日(日)もやってますので、お好きな方は是非。

 

 

 

| 模型イベント行ってみた | comments(0) | trackbacks(0) |
静岡ホビーショー2016に行ってきた<2>

続きまして、会場でゲットした物。
イベントや旅行に行っても殆ど何も買わないタイプの私ですが、
今回は2点も買いました!!


<1点目>

こがしゅうと先生の新刊「アナタノ知ラナイ兵器4」

内容:
航空機編:四式戦疾風、二式飛行艇、白菊、P-40、PBYカタリナ
艦船編:あきつ丸、UボートXXIII型、機雷(日米)、爆雷(日米英)
電波兵器編:九四式六号無線機



そしてコレですよ!買ったその場で貰えるサイン!
前回は軽くゴーヤ(野菜)の雑談が出来るぐらい余裕のあったサイン会でしたが、
今年はめちゃくちゃ人が集まってて、30分ぐらい並んでやっとゲットしました!
一先ず、これでノルマ達成であります。



<MSモデルのお楽しみ袋>

通常、この手の福袋系「お値段以上の商品が入っています」の類は、絶対買わない管理人ですが、
今回は話のネタに、3000円のやつを買ってみました。
確かに定価で買うことを思えば随分お安いのですが、一生使わない系が半分でしょうか。
仲間内で買って、互いに欲しいものをトレード出来るなら十分に値打ちはあります。


>次

<貰い物>

ガルパンクリアファイル。
「接着はモデラーのたしなみ」だそうで、彼女たちの戦車を見れば分かるように、
まだアンコウチームになる前の段階でスイーツを楽しんでいるのが興味深い一葉。
ここから、固い絆で結ばれていく(接着)という比喩だとしたら面白いですね。


>次


超音波カッターのキャラクターと言えば、なんかロボ×女子みたいなのが記憶にありましたが、
その設定の人間の方に焦点を当てて、新たに「もけ部」なるものを発動したようです。
「私達、超音波カッター使えます!」ということで、4コマ漫画をWEB配信するそうな。



このパンフをくれたスタッフの出身地や卒業校、挙句、”地元で消防団副団長をやってる”とかいう、
商品宣伝や地元PRの斜め上を行く個人的な話まで延々と熱く語る姿勢に心を打たれました。

がんばれ!エコーテック株式会社!がんばれ!副団長!
いつか団長になったら教えて下さい。(´・ω・`)


>次

<バリ勝男クン>

で、新しい静岡のお土産として人気急上昇中の「バリ勝男くん」を買ってみました。

要するに、カツオ節に味付けした酒の肴なのですが、帰りの新幹線でいただくもよし、
帰って思い出に浸りながらやるもよし、なかなか宜しいと思います。僕ぁ下戸ですけどね。

入手場所:静岡駅改札を出たところのキオスク。


 
 
| 模型イベント行ってみた | comments(4) | trackbacks(0) |
静岡ホビーショー2016に行ってきた

そんなワケで、恒例の静岡HSに行ってまいりました。


まずはお約束の「ははは!見ろ!人がゴミのようだ!!」


今回は個人的にウホッ!な新製品が殆ど無かったので、
お世話になっているモデラーさんの作品と、パッと目に付いた作品だけをダイジェスト。

例によって「ピンボケ」「白飛び」でボツになった写真は数知れず・・・



まー坊様の作品>

ヨンパチの九七式側車。
移動の際にハンドルから手が離れてしまったようです。


美味そうなブタであります!

私信:
この度は「ヨンパチの三八式」をご提供いただき、本当に有難うございました!




山男様の作品>

個人的に「毎度ぉぉぉ!!」に見える西殿。
ナナニィチハとの絡め方が素敵です。


そして、光るセンス。




<muck様の作品>

陸自モデラーを貫くmuck様は、今回もえらく手を加えて御座います。
タイヤチェーンは艦船用チェーンを使用した自作だそうな。

今度「紙創り」から商品化が予定されている「冬季用バラキューダ」は、
この方のプッシュによるもので、陸自愛が感じられます。

私信:
もうそろそろブログとかSNSとか、ネット上でも作品見れるようにして下さい。




フランクパパ様の作品>

「履帯が面倒」と、装輪車両やソフトスキンを好まれる貴重なお方。



こちらは、そのパパの息子殿の作品。
将来、超絶モデラーになる資質が溢れ出ております。



それでは、以下、ザーーーッとダイジェスト!
続きを読む >>
| 模型イベント行ってみた | comments(6) | trackbacks(0) |
大阪SMF8へ行ってきた

そんなワケで、大阪ボークスで開催されたSMF8を見てきましたので、
目を引いた作品、且つ、ピンボケせずに撮れた作品をザザッと!!





草木の密度と台座を含めた配色が素晴らしいです。
あと、仏像ですね!




定番の構図でありながら、変形ベースを使用することで立体感が出ていますね!




ソ連戦車の予備燃料タンクがポイントですね!
バックパックを背負わせることで帰郷までの長い旅路が感じられます。




塗装では模型的な表現とリアルのバランスを考えておられるそうです。(作者談)




虎ですね!




こういう演出はストレートにドラマを感じられてイイですね!




デフォルメ戦車の可能性を見ました。




ヤークトしてますね!
大きな岩をゴロゴロと並べることで重厚感と威圧感が出ています。




砲塔を旋回させた事で、画面の密度が上がっていますね!
ガルパン作品も、今後は情景モノが増えていくことでしょう!




この発想はなかった。
ズベズダの1/72(1/100)シリーズですかね?
いいですねヘクス。



そんなワケで、例によって「ピンボケ」「暗い」「アレ」とボツ写真大量で
ごく一部しか載せていませんが、いろいろと気付かされたイベントでした。




 
| 模型イベント行ってみた | comments(4) | trackbacks(0) |
京都「模型の匠展」第二章に行ってきた

頑固者1967さんとのご縁で、創作の刺激を求めて、

ちょいと京都の「模型の匠展」に行ってまいりました。



京都在住、17人のプロモデラーによる合同展示会でございます。

「プロモデラーてなんぞ?」と思われる方もおられるでしょうが、
ここでは「雑誌などの作例ライターを務めたことのある人」という定義でした。


>いざ館内へ



場所はマンガミュージアムという、要はマンガ好きのための図書館といった施設。
外人サンやレイヤーさんが普通にウロウロしている、女子率の高いワンダホーな所でした。




それでは、さっそく模型展へ!!




・・・はい撮影禁止。(´・ω・`)




以下、主な会話のみでお送りします。


「ほぉぉ、スゲーっすねぇ!」

「こう、縦の構図にすることで、無駄な空間を省いて、立体と密度を・・・」

「いやぁ、3歳ぐらいまでは手がかかりますからねぇ」

「こうね、シャッシャッってマシーネン塗りをパクるんすよ」

「藤◯弘探検隊しか思い浮かびませんやん!w」

「え?半ケツ?マジすか!?どこすか!?」

「そのカバンは隣のお客さんのやわ。忘れてったんちゃう?」

「これの塗装は全部筆ですよね?え?油彩を強制乾燥?!」

「なんすか?ここにいるメンツでバンド組めるじゃないっすかw」

「すき家のレシート下さい!艦これのドンブリが欲しいんすよねぇ」

「キミなぁ、今ここでクロスワードの答え聞くかぁ?」




え?展示模型の内容?
それは、是非ご自身の目で!(`・ω・´)9m




※エロい作品は一切無いので、ご注意下さい。



| 模型イベント行ってみた | comments(6) | trackbacks(0) |
| 1/3PAGES | >>