過去記事テーマ別

管理人の買った物一覧

私家版戦車入門1: 無限軌道の発明と英国タンク
私家版戦車入門1: 無限軌道の発明と英国タンク (JUGEMレビュー »)
モリナガ ヨウ
世界初のタンク(戦車)が如何にして誕生し、どのような問題を乗り越えて進化して来たのか?蒸気トレーラーから英国の菱型戦車、ホイペットまでをまとめた決定版。
ガン&ガール イラストレイテッド 第二次大戦枢軸国編 (MC☆あくしずMOOK)
ガン&ガール イラストレイテッド 第二次大戦枢軸国編 (MC☆あくしずMOOK) (JUGEMレビュー »)

WW2枢軸陣営の小火器を紹介した女子イラスト付きのマジメな本。読みやすい構成で初心者にもオススメ。
大日本帝国陸海軍〈2〉―軍装と装備 明治・大正・昭和
大日本帝国陸海軍〈2〉―軍装と装備 明治・大正・昭和 (JUGEMレビュー »)
中田 忠夫
ややカタログっぽく編集されており、被服の細部(内側や背面など)を知ることは出来ませんが小物や拳銃、生活用品までかなりの数が全て写真で網羅されています。
The Soviet Soldier of World War Two
The Soviet Soldier of World War Two (JUGEMレビュー »)
Phillippe Rio
WW2ソ連兵の兵装を実写カラーでドカンと紹介。よほど特殊な設定以外この一冊で十分です。オススメ!全編英語
ストライクアンドタクティカルマガジン増刊 日本陸軍の戦車 2010年 11月号 [雑誌]
ストライクアンドタクティカルマガジン増刊 日本陸軍の戦車 2010年 11月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)
古是 三春,鈴木 邦宏,土居 雅博
最新の考証を元に八九式を中心に旧軍戦車を各型解説。写真やイラストも豊富で内装なども参考になります。オススメ!
Deutsche Soldaten: The Uniforms, Equipment and Personal Effects of the German 1939-1945
Deutsche Soldaten: The Uniforms, Equipment and Personal Effects of the German 1939-1945 (JUGEMレビュー »)
Agustin Saiz
これは凄い量の実物コレクション!ブーツやガスマスクなど一般的な装備品のバリエーションは勿論、マップケースの中身に時計やタバコまで、ドイツ兵の持ち物を殆ど網羅!巻頭から巻末までオールカラー写真で資料的価値抜群。オススメ!
※全編英語
図解 ヘビーアームズ (F-Files No.017)
図解 ヘビーアームズ (F-Files No.017) (JUGEMレビュー »)
大波 篤司
機関銃や迫撃砲、バズーカにロケットランチャーなど使用方法や各部品の意味など一問一答でスッキリ解説。銃器ビギナーの人に超オススメ。
Vision models 1/35スケール  【VA-9003】 帝国陸軍 九七式
Vision models 1/35スケール  【VA-9003】 帝国陸軍 九七式 (JUGEMレビュー »)

チハ系キットには欠かせないキャタ。価格、組み易さ、解像度も申し分ない定番商品。
末期の水物兵器集
末期の水物兵器集 (JUGEMレビュー »)
こが しゅうと
若干クセのある漫画と文章で、旧海軍兵器の中でもマニアックな物を局所的に徹底紹介!他のシリーズも濃イィ内容!
戦う広告―雑誌広告に見るアジア太平洋戦争
戦う広告―雑誌広告に見るアジア太平洋戦争 (JUGEMレビュー »)
若林 宣
戦時中に国内で使用された広告を年代ごとに紹介。当時の世相が分かる他に類を見ない貴重な資料。
British Web Equipment of the Two World Wars (Europa Militaria)
British Web Equipment of the Two World Wars (Europa Militaria) (JUGEMレビュー »)
Martin Brayley
英軍歩兵の装備品をカラー写真で紹介。色味やバリエーションを知るには良書ですが武器類は無し。価格的にもオススメ!
※全編英語
Stalin's War: Soviet Uniforms And Militaria 1941-45
Stalin's War: Soviet Uniforms And Militaria 1941-45 (JUGEMレビュー »)
Laszlo Bekesi
コレクターが集めたWW2ソ連軍の装備品や階級章のカラー写真集。マニアにとってはかなり薄い内容だが、ソ連軍初心者にはそこそこ資料的価値アリ。
※全編英語
第2次大戦ドイツ軍装ガイド
第2次大戦ドイツ軍装ガイド (JUGEMレビュー »)
ジャン・ド・ラガルド
オール実写による軍装ガイド。これ一冊で殆んどの正規バリエーションが把握できます。
ノーブル バックレスキューベルトチタン L(腰周り:78~94cm) 黒
ノーブル バックレスキューベルトチタン L(腰周り:78~94cm) 黒 (JUGEMレビュー »)

椅子に座ってると腰が痛い!
ってな人は試す価値アリ!
個人的には相当の効果を実感しています。
鋼鉄の最精鋭部隊―千葉戦車学校・騎兵学校 (日本陸軍の機甲部隊 1)
鋼鉄の最精鋭部隊―千葉戦車学校・騎兵学校 (日本陸軍の機甲部隊 1) (JUGEMレビュー »)

貴重な日本戦車の写真集です!戦車学校での訓練風景で構成され、全体の半分以上がチハ主体の写真ですがネットでは見られないレアなものばかり!チハファンは必携!
ドキッ乙女だらけの帝國陸軍入門
ドキッ乙女だらけの帝國陸軍入門 (JUGEMレビュー »)
堀場 亙,岡本 博信
萌えだと思って期待したらハズレですのでご注意を…列記としたミリタリー本です。
TUNODA 薄刃ミニニッパー 120mm TM-02
TUNODA 薄刃ミニニッパー 120mm TM-02 (JUGEMレビュー »)

某プラモメーカーから発売されている物のOEM版なのでプラモ制作に抜群の性能!しかも格安!
Les MAteriels radio de la Wehrmacht: German Radio Sets 1935-1945
Les MAteriels radio de la Wehrmacht: German Radio Sets 1935-1945 (JUGEMレビュー »)
Pierre Metsu
大戦中のドイツ軍無線機を全機種カラー写真で紹介。残念ながら和訳はないですが英訳はアリ。(値段が…)
陸軍機甲部隊―激動の時代を駆け抜けた日本戦車興亡史 (〈歴史群像〉太平洋戦史シリーズ (25))
陸軍機甲部隊―激動の時代を駆け抜けた日本戦車興亡史 (〈歴史群像〉太平洋戦史シリーズ (25)) (JUGEMレビュー »)

モデラー目線のディティール考察には向きませんが、日本戦車がどのように発展し各地でどう戦ったかを知るには良書。
Modelling the Marder Self-Propelled Gun (Osprey Modelling)
Modelling the Marder Self-Propelled Gun (Osprey Modelling) (JUGEMレビュー »)
Sam Dwyer, Robert Oehler

マーダー1,2D,3r,3M,3H のディティールアップ製作ガイド。
外人サンのテクを盗めます!
泥まみれの虎―宮崎駿の妄想ノート
泥まみれの虎―宮崎駿の妄想ノート (JUGEMレビュー »)
宮崎 駿
エース「オットーカリウス」の手記を元に末期ドイツ軍の泥沼の戦いを描写。
今までの「戦車感」が変わるかも?
第2次大戦各国軍装全ガイド (ミリタリー・ユニフォーム)
第2次大戦各国軍装全ガイド (ミリタリー・ユニフォーム) (JUGEMレビュー »)
ピーター ダーマン,マルカム マクグレガー,ピエール ターナー
WW2各国陸海空の軍服図鑑。
膨大な数だが、浅く広くといった感じなので、一国を集中的に調べたい人には不向き。
日本戦車隊戦史―鉄獅子かく戦えり
日本戦車隊戦史―鉄獅子かく戦えり (JUGEMレビュー »)
上田 信
帝国陸軍戦車部隊が各戦線でどのように戦ったのか、図解を交えて年代ごとに相手装備と比較しながら紹介。
イラスト中心なので文章が苦手な人でも大丈夫!(写真は無し)
ビジュアルガイド WW2戦車〈1〉電撃戦
ビジュアルガイド WW2戦車〈1〉電撃戦 (JUGEMレビュー »)
川畑 英毅, 吉原 幹也
WW恐そ戦線好きなら持っておきたい一冊。
ドイツ、ソ連は勿論、フランスやポーランド等、欧州のあらゆる戦闘車両を広く浅く紹介。マイナー車種など豆知識にいいかも。
アハトゥンク・パンツァー〈第7集〉1号戦車、2号戦車と派生型編
アハトゥンク・パンツァー〈第7集〉1号戦車、2号戦車と派生型編 (JUGEMレビュー »)
尾藤 満
言わずと知れたモデラーの為の資料本。 詳細図と写真で各型を詳しく解説。
10式と柏葉姉妹<完成>
 
そんなワケで、完成しました!


画像クリッコでギャラリーへ


いや、本当にリトルアーミーのおかげで10式を消化できて助かりました!
ガルパン無印の蝶野教官や、ミカンみたいな陸自のマスコットを乗せる案もあったのですが、
同作品中、柏葉姉妹が勢いで10式を買ってきたシーンを見て「ティン!」と来たワケです。
私の場合は、先に作りたい絵が浮かばないとダラダラとやって飽きてしまうので、
模型ネタを投下してくれる作家サン達には感謝であります。

なので、作者の槌居先生におかれましては
ベルウォール学園の校章はよっ!





ガルパンおじさん各位!
リトアミ2巻が出るぞぉぉぉ!!





| リトルアーミー | comments(4) | trackbacks(0) |
10式と柏葉姉妹<8>
 
最後の仕上げが一番忙しく手間がかかってしまう管理人です。

ヒトマルを乗せるベースの粗を補正していきます。


<ベース補正>

ベースそのものにも使用した『陶器用の粘土』を粉のまま、アクリルガッシュに混ぜます。
これで、色合いとテクスチャを同時に補正してやろうという目論見。

乾燥するとかなり色が変化するので、何度も試し塗りしながら色合せします。



「いかにも作り物っぽい!」という所に塗りたくっていきます。
納得と妥協の狭間で揺れながら、ひたすら繰り返します。


>次


<姉妹補正>

レジン複製した時か、髪を新規で盛った時にモールドが変形してしまったカチューシャ。
良い子のモデラーは、塗装する前に形状をちゃんと確認しましょう。orz



黒の上からエナメルの黄色でタッチアップするのは無理があるので、
先週、ようやくゲッツしたファレホを試してみることに。

「見せてもらおうか、ファレホの隠蔽力とやらを!」



ゴイスー(´・ω・`)
一筆なぞっただけで、見事な隠蔽力。
権力者には必須のアイテムですね。



噂通り乾燥も早いので、すぐにエナメルでタッチアップ完了。

そんなワケで、ようやく完成!


このまま戦車に組み込むため、最後の全身写真となります。

結局、戦車に乗ってもスカートのラインは見えることが判明し、急遽、自作デカールで追加。

あと今回、ツヤ消しは「衣服」と「肌&髪」でツヤ消し度合いを変えています。
方法としては、まず衣服中心に全体を「Mrカラー189」を希釈してそのまま吹き、
次に「Mrカラー181」を、なるべく衣服にかからないよう肌と髪に吹いて若干のツヤを戻しています。
こうすることで、お肌のカサカサ感が軽減され、衣類はバッチリ繊維感を出せたような、
・・・そんな気がします。(´・ω・`)



| リトルアーミー | comments(3) | trackbacks(0) |
10式と柏葉姉妹<7>

柏葉姉妹に魂を入れます。


<自作デカール>

きっちりと解像度を上げて印刷すると、1/35のマンガ目ぐらいなら余裕な感じです。
今回は眉毛付きなので、カットのし易さを考慮して透明シートに印刷しています。
使用しているのは、毎度お馴染みミラクルデカール。



貼るとこんな感じ。
ここから白色部分を油彩で手描きします。



白目とアイキャッチを入れて完了。

あとはツヤ消しで表面を整えるのですが、まだ油彩が完全に乾燥してないので暫く放置。
因みにスカートにはエンジ色の横ラインが一本入るのですが、今回は隠れるので追加するか考え中。


誰か油彩を3日ぐらいで乾かす方法を教えて下さい。(´・ω・`)



| リトルアーミー | comments(2) | trackbacks(0) |
10式と柏葉姉妹<6>
 
ちょっとイイ連絡があった週末。
柏葉姉妹を追い込みます!


<複製完了>

レジン複製した中から、ベストオブに選ばれた2体。(修復が最もラクという基準)



髪の毛も一応は複製出来たんですが、どうしても厚みが原型通りにいかないのでボツ。



なので二人分、一から作り直しました。



<姉妹を見分けるパーツ>

括った髪を再現します。
これが左右どちらに付いているかで、唯一、姉妹を見分けることが可能な重要パーツ。
(ア◯マスの双子と同じ仕組みですね)



先ほど開けたピンバイスの穴に、ウ◯コ状に練ったパテを一本ずつ植毛していきます。
パテが硬化したら磨くので、この時点では形に拘らず大まかな向きだけ決めておきます。
地道な作業ではありますが、やってみると案外簡単です。



同じ要領で前髪のハネ毛も追加。
これでようやく妹の剣子(ツルギコ)と識別出来るようになりました。


そんなワケで姉の金子も仕上げていきます。(キンコとちゃいまっせ、カナコでっせ)



| リトルアーミー | comments(4) | trackbacks(0) |
10式と柏葉姉妹<5>

一気に大量の情報を浴びた3連休でしたが、少し脳内の整理が出来てきたので作業に戻ります。

今作のメインである柏葉姉妹は双子なので、当然複製するワケですが・・・


<レジン>

長い間、熟成させたおかげでレジンの缶が膨張しております。
※買ってから3年は経ってます。



本能的に危険を察したので、開封の時点で防毒マスク着用。
案の定、ボフッ!!とガスが吹き出しました。

さて、そんな状態のレジンですが、練れば練るほど・・・




やヴぁい!テーレッテレー♪ヽ(゚∀゚)ノ 



せっかくなので、型の慣らしにモチモチの腐レジンを強引に指で押し込んだりして・・・



ダメはダメでも意外と普通に抜けてたり。
型は問題ないようなので、ちょっとレジン新調します。



>以下、ガルパン劇場版、鑑賞3回目感想
続きを読む >>
| リトルアーミー | comments(4) | trackbacks(0) |
10式と柏葉姉妹<4>
 
世界はキナ臭いことになっておりますが、日本だからと慢心せずに、
街を歩く時は「数分後、この中の誰かが銃を乱射するかも知れない」とか、
宅配が来たら「爆弾かもしれない」、後ろを歩いてる人が「刃物を持って突進してくる」
車を見たら「自爆テロ」、電話が鳴ったら「振り込め詐欺」、公衆便所が「ハッテン場」など、
あらゆる危険を考えながら行動するよう心掛けます。(´・ω・`)


<アンテナ>

そういえば、アンテナは自分で開口してやらないと伸ばしランナーも差し込めないので注意です。


<基本塗装>

相変わらず自衛隊の茶色は不思議な色合いですが、レッドブラウンとカーキで調色。
緑色は、この後のウェザリングで茶色やらグレーやら重ねるので、かなり鮮やか目です。


<柏葉>

とりあえずシリコン型は抜きました。
レジン作業は室内湿度が40%以下になったら開始します。



さぁ!
今週末は、いよいよガルパン劇場版の公開でありますよ!


初日は最低でも2回見る。


| リトルアーミー | comments(4) | trackbacks(0) |
10式と柏葉姉妹<3>
 
いつまでも風邪だゲーム(←これが余計)だとダラダラするのも性に合わないので、
スパッ!と切り替えてネリネリします。

<余談>
来年ダクソ3が発売ということで、トロコン目指してダクソ2を再開したらババハマリしましてね、中断中の知らん間に追加マップとか来てて、ウホウホ言うております。




<髪の毛>

ストレートロングなので、一気に造形せず、先ずはベースを作ります。
後ろ髪は、あとから取り外して仕上げていくのでパテを盛る前にメンタムの塗布を忘れずに。



先程のベースに髪を盛って軽く造形した状態。
硬化したら、取り外して内側も彫刻し、スポンジヤスリ等で表面を磨けば完了です。




そんなワケで、大体カタチになってきまして、細かい部分を追加したら複製となります。
髪の括り方が左右で違うだけのドッペルゲンガーズですから、複製が最大限に活かされます。

因みに下半身は前にも述べたように「無くてもイイケド・・・」程度の感覚で作ったので適当です。



戦車に乗るとこうなりますが、砲手側の開口部はやけに広く、
そういう場合、上から覗き込んだ時のチラリズムにこそ意味があると悟ったワケであります。

つまり、ロマンとはそういうものなのでせう。


| リトルアーミー | comments(2) | trackbacks(0) |
10式と柏葉姉妹<2>

”ダンジョンRPG的なゲームに溺れたい病”を抑えつつ、制作を進めております。
因みに、私の中でブラゲはゲームの内に入りません。


<カゴ>

悪評高きキット付属のメッシュは使わず、パッションモデルのエッチングを使用。
このパーツ、なかなかにジャストフィットでしたが、若干カットが必要な箇所もありました。


<ハッチ裏>

実車画像を見ていると、砲手側ハッチにかなり目立つ固定ハンドルが付いてたのでデッチアップ。
前方の小さい方のハッチにも同様の物が付いているようなので、この後追加しました。


<サフ>

1/35現用戦車はデカイです。


<柏葉姉妹>

「見えなくなる下半身は適当に済ませよう」とか思っていたら、思いのほかハッチが広く足元まで見えるので、「足なんて飾りですよ(ワラ」なんて言ってる余裕は無くなり、細部は省略しつつも足付きにしました。

故に手抜き感パネェでありますが、チラッと肌色が見えればOKということで。



| リトルアーミー | comments(0) | trackbacks(0) |
10式と柏葉姉妹<1>

ガルパン劇場版が公開される前にヒトマル開始します!!
(劇場版見たら、しばらく他のテーマに手が出ない気がするので!)


<ルーバー>

タミヤなので内容はご想像通り。
が、要らんトコに押し出しピン跡があったりします。
こういうのは技術的にどうにもならんモンなんでしょうね。


これ、ワイヤロープ付けるダボです!ご指摘有難うございます!
埋めてしまった・・・(汗


<ライト>

まさかの前照灯レンズが通常プラパーツ。
尾灯やウィンカーに合わせたのでしょうか・・・



細かい所は色々ありますが、タミヤの吸い付くパーツ精度は健在。
アッという間にカタチになるワケです。

>次

<柏葉姉妹(ドッペルゲンガーズ)>

今回のヒロインはベルウォール学園の屋台骨『柏葉姉妹』であります。
1/72人形の後なので、1/35がものっそい大きく感じますw


以下、柏葉姉妹とは?↓↓

続きを読む >>
| リトルアーミー | comments(2) | trackbacks(0) |
ベルウォール学園の戦車服
 
ちょっと気が早いですが・・・

だいぶ気が早いですが、ベルウォール学園の戦車服を考察してみました。



<基本形>

「黒」あるいは「黒茶色」のダブルブレストに、キツネ色のファーが付いた襟が特徴です。(夏場は取り外せるのでしょうか??)
前ボタンは胸元に左右2つずつ、金属製と推定し銀色と仮定。袖ボタンは無し。
スカートは茶系カーキで裾に臙脂色のラインが一本。これは学校の制服をそのまま使用しているようです。
足元は膝下までのブーツ(たぶん黒)で、ソールは厚めのエンジニア仕様。

で、最も特徴的なのは前打ち合わせが左合わせになっている所。
これは、著者の槌居氏が元々ストライクウィッチーズの同人誌を描いており、同作品の軍服系の上着は「左合わせ」でデザインされていることから、意図的な設定として問題無さそうです。

因みに、リアルWW2当時だと、女性の軍服で「左合わせ」なのは英国陸空軍の上着の特徴で、その場合もブラウスは右合わせ。ソ連、米国、独逸、芬蘭などの女性用軍服は基本「右合わせ」です。


<縫い目>

左右に縫い目。



背中の真ん中にも縫い目。ということで一般的なジャケットの縫製です。
裾にはスリットもステッチも無し。



前面左側にはダーツが入っているので、タイトなボディラインを表現可能。
お好きな方は乳袋表現にも違和感なく対応出来るでしょう。


さて、次に気になるのは、前ボタンの数と位置です。
「胸元に左右2つずつのボタンでどうやって止めるのさ日向ぁ?」と疑問に思った方も多いでしょう。
答えはコミックの中にありました。



>それではご覧いただこう・・・




お分かりいただけただろうか?

「可能性」なんて控えめに書きましたが、これはもう疑うこと無くジッパーでしょう!
襟元で生地が折り返しているように見えますが、その形のまま真っ直ぐジッパーが上がってくる構造のようです。
ボタンは完全な飾りで、なんと、中須賀アニキの中身はノーブラでキャミ1枚だぜぇ!ヒャッハー!
(ただし、ストラップレスやヌーブラの可能性もゼロではない)


このカットで、槌居先生は服のデザインから構造までちゃんと考えてるなぁ、と感心しました。
登場キャラも23人ものチームメイト(全員オリキャラ)を描き分け出来てるし、スゴイと思います。

なので『T-44』のデッサンも頑張ってください。(´・ω・`)


| リトルアーミー | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/1PAGES |