過去記事テーマ別

管理人の買った物一覧

私家版戦車入門1: 無限軌道の発明と英国タンク
私家版戦車入門1: 無限軌道の発明と英国タンク (JUGEMレビュー »)
モリナガ ヨウ
世界初のタンク(戦車)が如何にして誕生し、どのような問題を乗り越えて進化して来たのか?蒸気トレーラーから英国の菱型戦車、ホイペットまでをまとめた決定版。
ガン&ガール イラストレイテッド 第二次大戦枢軸国編 (MC☆あくしずMOOK)
ガン&ガール イラストレイテッド 第二次大戦枢軸国編 (MC☆あくしずMOOK) (JUGEMレビュー »)

WW2枢軸陣営の小火器を紹介した女子イラスト付きのマジメな本。読みやすい構成で初心者にもオススメ。
大日本帝国陸海軍〈2〉―軍装と装備 明治・大正・昭和
大日本帝国陸海軍〈2〉―軍装と装備 明治・大正・昭和 (JUGEMレビュー »)
中田 忠夫
ややカタログっぽく編集されており、被服の細部(内側や背面など)を知ることは出来ませんが小物や拳銃、生活用品までかなりの数が全て写真で網羅されています。
The Soviet Soldier of World War Two
The Soviet Soldier of World War Two (JUGEMレビュー »)
Phillippe Rio
WW2ソ連兵の兵装を実写カラーでドカンと紹介。よほど特殊な設定以外この一冊で十分です。オススメ!全編英語
ストライクアンドタクティカルマガジン増刊 日本陸軍の戦車 2010年 11月号 [雑誌]
ストライクアンドタクティカルマガジン増刊 日本陸軍の戦車 2010年 11月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)
古是 三春,鈴木 邦宏,土居 雅博
最新の考証を元に八九式を中心に旧軍戦車を各型解説。写真やイラストも豊富で内装なども参考になります。オススメ!
Deutsche Soldaten: The Uniforms, Equipment and Personal Effects of the German 1939-1945
Deutsche Soldaten: The Uniforms, Equipment and Personal Effects of the German 1939-1945 (JUGEMレビュー »)
Agustin Saiz
これは凄い量の実物コレクション!ブーツやガスマスクなど一般的な装備品のバリエーションは勿論、マップケースの中身に時計やタバコまで、ドイツ兵の持ち物を殆ど網羅!巻頭から巻末までオールカラー写真で資料的価値抜群。オススメ!
※全編英語
図解 ヘビーアームズ (F-Files No.017)
図解 ヘビーアームズ (F-Files No.017) (JUGEMレビュー »)
大波 篤司
機関銃や迫撃砲、バズーカにロケットランチャーなど使用方法や各部品の意味など一問一答でスッキリ解説。銃器ビギナーの人に超オススメ。
Vision models 1/35スケール  【VA-9003】 帝国陸軍 九七式
Vision models 1/35スケール  【VA-9003】 帝国陸軍 九七式 (JUGEMレビュー »)

チハ系キットには欠かせないキャタ。価格、組み易さ、解像度も申し分ない定番商品。
末期の水物兵器集
末期の水物兵器集 (JUGEMレビュー »)
こが しゅうと
若干クセのある漫画と文章で、旧海軍兵器の中でもマニアックな物を局所的に徹底紹介!他のシリーズも濃イィ内容!
戦う広告―雑誌広告に見るアジア太平洋戦争
戦う広告―雑誌広告に見るアジア太平洋戦争 (JUGEMレビュー »)
若林 宣
戦時中に国内で使用された広告を年代ごとに紹介。当時の世相が分かる他に類を見ない貴重な資料。
British Web Equipment of the Two World Wars (Europa Militaria)
British Web Equipment of the Two World Wars (Europa Militaria) (JUGEMレビュー »)
Martin Brayley
英軍歩兵の装備品をカラー写真で紹介。色味やバリエーションを知るには良書ですが武器類は無し。価格的にもオススメ!
※全編英語
Stalin's War: Soviet Uniforms And Militaria 1941-45
Stalin's War: Soviet Uniforms And Militaria 1941-45 (JUGEMレビュー »)
Laszlo Bekesi
コレクターが集めたWW2ソ連軍の装備品や階級章のカラー写真集。マニアにとってはかなり薄い内容だが、ソ連軍初心者にはそこそこ資料的価値アリ。
※全編英語
第2次大戦ドイツ軍装ガイド
第2次大戦ドイツ軍装ガイド (JUGEMレビュー »)
ジャン・ド・ラガルド
オール実写による軍装ガイド。これ一冊で殆んどの正規バリエーションが把握できます。
ノーブル バックレスキューベルトチタン L(腰周り:78~94cm) 黒
ノーブル バックレスキューベルトチタン L(腰周り:78~94cm) 黒 (JUGEMレビュー »)

椅子に座ってると腰が痛い!
ってな人は試す価値アリ!
個人的には相当の効果を実感しています。
鋼鉄の最精鋭部隊―千葉戦車学校・騎兵学校 (日本陸軍の機甲部隊 1)
鋼鉄の最精鋭部隊―千葉戦車学校・騎兵学校 (日本陸軍の機甲部隊 1) (JUGEMレビュー »)

貴重な日本戦車の写真集です!戦車学校での訓練風景で構成され、全体の半分以上がチハ主体の写真ですがネットでは見られないレアなものばかり!チハファンは必携!
ドキッ乙女だらけの帝國陸軍入門
ドキッ乙女だらけの帝國陸軍入門 (JUGEMレビュー »)
堀場 亙,岡本 博信
萌えだと思って期待したらハズレですのでご注意を…列記としたミリタリー本です。
TUNODA 薄刃ミニニッパー 120mm TM-02
TUNODA 薄刃ミニニッパー 120mm TM-02 (JUGEMレビュー »)

某プラモメーカーから発売されている物のOEM版なのでプラモ制作に抜群の性能!しかも格安!
Les MAteriels radio de la Wehrmacht: German Radio Sets 1935-1945
Les MAteriels radio de la Wehrmacht: German Radio Sets 1935-1945 (JUGEMレビュー »)
Pierre Metsu
大戦中のドイツ軍無線機を全機種カラー写真で紹介。残念ながら和訳はないですが英訳はアリ。(値段が…)
陸軍機甲部隊―激動の時代を駆け抜けた日本戦車興亡史 (〈歴史群像〉太平洋戦史シリーズ (25))
陸軍機甲部隊―激動の時代を駆け抜けた日本戦車興亡史 (〈歴史群像〉太平洋戦史シリーズ (25)) (JUGEMレビュー »)

モデラー目線のディティール考察には向きませんが、日本戦車がどのように発展し各地でどう戦ったかを知るには良書。
Modelling the Marder Self-Propelled Gun (Osprey Modelling)
Modelling the Marder Self-Propelled Gun (Osprey Modelling) (JUGEMレビュー »)
Sam Dwyer, Robert Oehler

マーダー1,2D,3r,3M,3H のディティールアップ製作ガイド。
外人サンのテクを盗めます!
泥まみれの虎―宮崎駿の妄想ノート
泥まみれの虎―宮崎駿の妄想ノート (JUGEMレビュー »)
宮崎 駿
エース「オットーカリウス」の手記を元に末期ドイツ軍の泥沼の戦いを描写。
今までの「戦車感」が変わるかも?
第2次大戦各国軍装全ガイド (ミリタリー・ユニフォーム)
第2次大戦各国軍装全ガイド (ミリタリー・ユニフォーム) (JUGEMレビュー »)
ピーター ダーマン,マルカム マクグレガー,ピエール ターナー
WW2各国陸海空の軍服図鑑。
膨大な数だが、浅く広くといった感じなので、一国を集中的に調べたい人には不向き。
日本戦車隊戦史―鉄獅子かく戦えり
日本戦車隊戦史―鉄獅子かく戦えり (JUGEMレビュー »)
上田 信
帝国陸軍戦車部隊が各戦線でどのように戦ったのか、図解を交えて年代ごとに相手装備と比較しながら紹介。
イラスト中心なので文章が苦手な人でも大丈夫!(写真は無し)
ビジュアルガイド WW2戦車〈1〉電撃戦
ビジュアルガイド WW2戦車〈1〉電撃戦 (JUGEMレビュー »)
川畑 英毅, 吉原 幹也
WW恐そ戦線好きなら持っておきたい一冊。
ドイツ、ソ連は勿論、フランスやポーランド等、欧州のあらゆる戦闘車両を広く浅く紹介。マイナー車種など豆知識にいいかも。
アハトゥンク・パンツァー〈第7集〉1号戦車、2号戦車と派生型編
アハトゥンク・パンツァー〈第7集〉1号戦車、2号戦車と派生型編 (JUGEMレビュー »)
尾藤 満
言わずと知れたモデラーの為の資料本。 詳細図と写真で各型を詳しく解説。
1/700コルベット<2>


ようやく扇風機を使わなくて済む気候となりました。
こうなってくると、室内でコツコツと作業をするのが勿体ない気分になり、
ついついアウトでドアをしたくなるのですが、まだインとアウト均衡を保っております。



<チンアナゴ>

これの名称は・・・『通風筒』ですかね?
キットパーツは開口部が埋まっているので、全部、ドリルとルータを使って刳り貫きました。
細かいパーツ故、なかなかの修行にて御座います。


>次


これ、所謂『カッターボート』なのですが、いくら1/700でも違和感がハンパないワケです。



仮置きしてみました。どう見たってオカシイですよね?
もはや、ただのイカダですよ。

とは言え、アフター豊富な日本海軍パーツでも色々と違い過ぎて代用できず、
苦悩すること約15分。。。



ふと見れば、『エクセター』のランナーに同じ形式と思しきボートが!!(ただし予備は無い)
同じ”アオシマ”の製品とは思えぬクオリティの格差に驚愕しながら、


「なんでや!なんでエクセターで出来て、コルベットで出来へんねん!!」
と、そこそこの声量でボヤきながら、そそくさと所謂『おゆまる』でコピーにて候。
バリを取って磨き込めば十分使えるモノが複製出来ました。
(使用した具の材料はエポキシパテ)


>次


木甲板シートが付属する豪華キットでは御座いますが、どうもそのシートを貼るのに抵抗がある管理人。
元パーツの上からそのまま貼ったら、シートの厚み分、段差が出来るワケですから、
ただでさえ妙に盛り上がっている錨甲板を、これ以上、違和感の塊にしたくないという思いから↓


水性アクリルガッシュで筆塗りすることに致しました。



絵の具を水で薄めながら、適当に混色して、ひたすらタテに筆を動かす簡単なお仕事。
小面積ならば何とか誤魔化せると感じた次第。(空母ぐらいになると厳しい予感)


 

つづく


 

| 海モノ | comments(0) | trackbacks(0) |
1/700コルベット<1>


というワケで、再び海へ。
人生初の英国艦は『フラワー級コルベット』と相成りました。



アオシマから発売の『重巡エクセター』がオマケで付いて来るお得なキット。



前期後期が作り分け可能なコルベット2隻入りで、エッチングと木甲板シートも2隻分入っています。



<制作開始>

アンカーチェーンやボラードはかなり簡略化されており、イジリ甲斐がありそう。



後部も気にしだしたらキリが無いので、取り敢えず、船体の縁だけ薄く削っておきます。
(小さなポコポコは全部爆雷で、実際は専用のラックに乗っているらしい)


で、甲板上の爆雷は全く触る気になりませんが、投下台の中身はプラ棒で自作して装填します(´・ω・`)


>次


エッチングの階段は、特に考証されているワケではないようで、”艦船模型共通”の形となっています。
干渉する所はガンガン加工していきます。



前述のアンカーチェーンをカットして、ボラード部分をプラ棒で嵩上げ。
艦橋前部の波除けの板を薄削りして、一先ずサフを吹いた図。


>次


主砲です。
こういう小さな艦が一層オモチャっぽくなるか否かを決定付けるパーツと言って過言ではありますまい。



このままでは、とてもじゃありませんが使い物になりませぬ。

が、


そこはバッチリ、ご安心ください。
エッチングによる防盾が付属します故、それなりの体裁が保てる次第。



とは言え、野太いプラパーツにそのまま装着出来るハズもなく・・・
それなりの加工を要するため、万人向けとは言い難く・・・


>次


撮り忘れてましたが、船体の舷窓やらパネルラインは自分で調べて再現する必要があります。
また、『フラワー級コルベット』と一括りに言っても結構な個体差があるので、
細部が気になっちゃう人は、なるべく写真の多く残っている艦を選ぶのが無難であります。

そんな私は、いつもの通り適当です!(`・ω・´)


 

つづく
| 海モノ | comments(0) | trackbacks(0) |
島風<完>


<私信>
今年も『関西AFVの会』が平穏無事に終わりまして、
私はといいますと、単なる見物客として会場内外をブラブラしておったワケですが、
前夜祭、後夜祭と参加させて頂き「野郎ども!潜望鏡を上げろ!」と言った具合で、
やはり、何か作品を携えて行くべきであったと、若干の反省をしたりしなかったり。


そんな中、『島風』うpで御座います。



画像クリッコでギャラリーページへ移動


今回も、なんとか気合でゴリ押しした感が否めません。。。
もっと段取り良くラクに、且つ、スマートに制作出来る方法を模索中であります。
いやもう、行ったり来たりの二度手間三度手間が山の如し。
日々、鍛錬でありますナ。

 

| 海モノ | comments(3) | trackbacks(0) |
島風<6>


毎年の事ながら、いきなり5度ほど気温が下がりますね。
ゆっくりジックリと、段階を踏んでくれない四季の移ろいに、
体調崩さないよう気を付けて参りたいと思います。


<最終作業『空中線』>

『空中線』を張る際に、いつも悩むのが「ドコにどう繋がってんの?」という問題。
当時の写真や、詳しいイラスト、カッチョイイ作例なんかがあればそれを参考にするワケですが、
追加工作をしないと締まらない部分も御座いまして、今回、画像の○部分がソレ。

天板左右の角にアンテナみたいなのがツンツン生えて、そこに空中線が繋がるというモノ。
伸ばしランナーでアンテナを再現するので、ドリルで軽く溝を掘り、接着強度を高めようという魂胆。



アンテナが生えてるだけで通常の3倍強そうに見えますナ。
他にも細かい支柱とかイッパイあるんですけど、キリが無いのでこれにてドロン。



空中線のシメとして、今回は『碍子』も再現してみました。
粘度の高い瞬間接着剤をチョイ!と付けるワケですが、接着剤を出してスグだとベチャ〜と広がってしまうので、ある程度硬化してから作業すると球状になりやすいです。あと、避雷針はメタルリギングをグイッと曲げて再現してます。(マストてっぺんの信号燈は今更どうにもならんので今後の宿題ですな)


そんなワケで、、、



いつものダイソーケースに簡易海面ベースを取り付けて。


撮影ハイリマース!

 

| 海モノ | comments(2) | trackbacks(0) |
島風<5>


先日は、強烈な台風がまたもや直撃しましたが、流石に前回の経験もあってか、
ウチの近隣に限っては厳戒態勢のおかげで、飛散物などの被害は殆ど無かった模様。
(大阪はエラいこっちゃですけどね・・・)

そんな嵐の中、1/700で女子人形(主に艦娘)をスクラッチ出来ないか・・・
ムラムラと考えながらリハビリに励んでおった次第。




「ごれんそーさんそぎょらい!」
ということで『島風』の肝である五連装魚雷発射管の素組み状態。



エッチングのジャッキステーを付けてみました。(なかなかのプルプル作業)
『黒い接着剤』を使用しているので塗装前は汚いですが、逆にハミ出しの掃除はラクです。



コチラは主砲12.7cm連装砲で、D型と呼ばれるタイプ。
砲口は0.3ドリルでクリクリっと開口。



魚雷発射管と同様、ジャッキーステーを取り付けるのですが、
立体が激しいので、エッチングを切り出した時点で地獄の門が見えてますね。



プルプルしながら、水平方向に曲げ加工、垂直方向も調整しながらグルッと一周巻くワケです・・・
これはね、何かラクな方法があったら本気(マジ)で教えてほしいですね。



3基で半日掛かりました。ホンマ、正味、半日です。
肩とか首とか凝る人はヤメた方がエエんちゃうか?ってぐらいの重労働で御座います。
(でも、次もきっと付けたくなるのでありましょう・・・)


>次


爆雷投下台はカラッポで仕上げてしまいましたが、
爆雷装填台には”具”を詰めておきたいと、奮い立った次第。
手持ちのプラ棒で適当なサイズにカット。



ドイヒー!w
棒の直径が0.8mmと太かったせいもあり、見るも悲しい状態に・・・
本当は6発ぐらい仕込めるハズ。


>次


いつも手抜きの探照灯に、自作レンズを仕込みました。
作業手順は戦車と全く同じで御座います。



こうして艤装をセットすると、上手い下手関係なしに気分が高揚しますナ。


 

もうちょいつづく


 

| 海モノ | comments(0) | trackbacks(0) |
島風<4>

裏でリッチモデルの1/72『特四カツ』を作りながら、
島風の続きです。



ウォーターラインに対する私の記憶が古すぎてアレなのですが、
ちゃんと弾薬箱がモールドされていることに少し驚いた次第。
阿諒は箱と箱の間が何か連結されているようにも見えますが、何なんでしょうね?



が、しかし、今回は床ごとエッチングに交換してしまうので、
同エッチングに付属の組み立て式弾薬箱を使用します。
一個一個、丹精込めて組み立てていきます。



出来たものを指定の位置に接着。(この後、残りを作り続ける)
弾薬箱はナノドレッドでも出ていますし、所持もしておりますが、、、
正直、勿体ないので、付属品で代用できる場合はそちらを優先してしまいますナ。


>次


主錨の比較。
「1/700インジェクションもここまで来たか」と感動。
もはやカメラでガッツリ寄るか、虫眼鏡で凝視しない限り違和感はありませぬな。



25mm三連装機銃はナノドレッドは別次元なので、ピットの単品パーツと比較。
キットパーツの方がデカイですが、モールドなど進化を感じます。



結局はピットのパーツを使うワケですが、素組みで手摺りだけ付けても十分見栄えしそうです。


>次


みんな大好き『烹炊所の煙突』は、お手軽にドリルで開口。




艦橋周りが出来てまいりました。
22号電探の下にある”謎の部屋”が、謎のまま組み上がってしまいました。。。



艦尾はこの様にしてみました。

本当はプラ棒で作った『爆雷』を仕込みたかったのですが、なんか勢いで接着してしまった感じ。。。
爆雷軌条はキットのモールドに合わせた長さにしていますが、本当はもう少し長いかも知れませぬ。
『旗竿』はエッチングの”平面棒”よりも、伸ばしランナーの方が見栄え良く思います。

しかし、狭い後端に機銃を3挺も隣接配置したら、射撃指揮はどうなるんでしょう?
一本の指揮棒だけで全員が同じ目標を狙うのか、個別判断で射撃するのか・・・
あと、弾薬はどこに置いてあったんでしょう?興味深いドス。


 
つづく

 
| 海モノ | comments(0) | trackbacks(0) |
島風<3>


さて、前記事でご紹介したIBGのTKSですが・・・
少し仮組みしてみたところ、結構ヤバめのキットであることが判明致しました。
ミラージュのプラ質感で、ブロンコ並みの細かい分割をして、ファインMの熱意を足したような・・・


・・・とまぁ、楽しみは後に取って置き、『島風』続きダス!



マストは中段辺りに見慣れぬ囲いが再現されており、
コレがある為、安易に真鍮線に置き換えられないという。



仕方ないので、横桁だけ真鍮線に置き換え。
元パーツをカットし、ピンバイスで保持したドリルで開口し、真鍮線をズブりと挿します。
ピンバイスでは穴は開きません。ピンバイスで保持したドリルで開けるのです。

P.S
apuro先生、これでよろしいですか?(´・ω・`)




後部マストも同様に改造していきますが、妙な一体パーツでやりづらいのですナ。。。



仕方ないので、中央の一本と横桁だけ置き換え。
テッペンの信号燈は真鍮パイプを被せてデッチアップ。


>次


対空機銃が乗る台。
ここはパーツ全てをテトラのエッチングに変更するワケですが。。。



付属する支柱の直径が細い(´・ω・`)
「ピッタリのプラ棒に替えればイイじゃん!」とか思いましたが、
そうすると今度は、台側の支柱根本の三角板を全部加工し直さなければならぬワケでして、
出した結論は「隙間ならエポパテで埋めたらエエやん」で御座いました。


>次


艦橋で御座います。
駆逐艦の艦橋というのは、各艦型によって随分と違うものでして、
この島風の場合は、『ゲルググ』ないし『ブロックヘッド』のようでありますな。

因みに艦橋天面のアンテナは、この様に前に角度は付かず、垂直に立つ物らしいので後で修正します。



もうしばらく続きます。

 

| 海モノ | comments(0) | trackbacks(0) |
島風<2>


いやぁ、昨夜はビビリまして御座いました。
猛烈台風の直撃で、まさかの夜中に8時間停電で御座いますよ。
いきなり轟音と閃光で飛び起き、ただの落雷かと思いきや、一向に電気が回復しない。
何事か?と窓から周囲を見渡せば、我が町内一帯だけが見事に真っ暗。。。
「ふむ、ならば地球本来の夜を楽しもうぞ」などと余裕をカマすも、
激しい暴風雨で窓は開けられず、湿度と温度は急上昇、熱帯地獄に3分と耐えられなくなり、
ダラダラ汗をかきながら、必死のパッチで手に取ったのが団扇(UTIWA)で御座いました。
「そういえば幼少期は団扇で仰いで寝てたなぁ」などと懐かしみ、どうにか一夜を明かした次第。

今回の停電で学んだのは、
「電池式扇風機も緊急グッズに追加するべき」
あと、更なる保険で団扇も人数分用意しておきましょう。

そんな台風一過の週末、『島風』続きです。



後部煙突の前方両サイドに通気筒?らしきものが2本あるのを確認したので、
ヤマシタホビー『吹雪』の余りパーツを使用して追加。



忘れてましたが、艦尾にもフェアリーダのモールドがありますが、
船体両弦の物と違い、かなりテキトーな再現なので、ここは流石にパーツ交換を推奨。


>次


テトラのエッチングがヤラかして御座います。
これは2番、3番魚雷の間にある『方位測定義』が乗る台なのですが・・・



どうも長さが足りませぬ。



初めは、中で機械を調整する空間、或いは、収納スペースかとも思いましたが、
そんなものは存在しないようなので↓


補強も兼ねて、エポパテを詰めで解決。


『エポパテ』といえば。。。



このキット、艦首部分に豪快な継ぎ目が出来てしまう作りなので、
この辺もエポパテを詰め込んで”無かったことに”しております。
(ほかの人達はどうやってコレを消しているのでせう?)


>次


リノリウム部分の塗装。
前回『吹雪』に続いて、シリコンバリア法で挑みます。
まずは、押え部分に金色を塗って、その上からシリコンバリアを塗り、



リノリウム色を吹き付けたら、押え部分(凸モールド)を爪楊枝でカリカリ剥がす。

が、この方法のデメリットとして、関係ない部分の塗膜も脆弱になるので、次回は違う方法を試します。


 

つづく
| 海モノ | comments(0) | trackbacks(0) |
島風<1>

 


2017年夏に発売された
タミヤ1/700『島風』制作開始ダス。



え〜、発売から一年経ってますので、取り敢えずお約束の・・・
「おっそ〜い!」


<船体チェック>

船体はこんな感じ。
気になる人はとことん気にするフェアリーダーは、ピンバイス等で上手くやればそれなりになりそう。



今回はナノドレッドのパーツに差し替えました。



プロペラガードもちゃんと再現されていますがムクなので、これも「気になる人は…」の部分。
ここは流石にピンバイスでどうにかなる感じではないので、適当なエッチングに頼ります。



錨鎖はよく出来ていると思うので、イジらない方向で。
旗竿の取り付けダボがデカイですな・・・



他、各リール類は流石に交換でありますナ。


>次


今回はテトラの専用エッチングを使用するので、ボートダビットの取り付けガイドも含め、
パーツ交換する箇所のダボ穴は全てエポパテで埋めました。


>次


『魚雷運搬軌条』を、ひたすらナイフと極小ノミで削り取って、なんか汚くなった図。

運搬軌条・・・それは、船と鉄道という二大男子趣味を一つどころに融合した夢の共演。
ここまで黙っていましたが、実は、艦船模型を続けるにあたり、今後増えるであろう運搬軌条の交換作業をお手軽にテストするためタミヤキットを選んだという経緯が隠されていたのです(失敗しても簡単にパーツ買いできるからね!)。すなわち!この作業における私個人的な体感難易度が、今後、我が工廠の艦船チョイスに大きな影響を与えるワケであります!!(どーでもエエわ!)



まずは海魂のエッチングをテスト。
結果、ガチで無理でした。(太い航空機用ならイケる)
これはもう、単なる真鍮のです。
ちょっと触れただけで、あらゆる方向にグニャグニャ曲がるので直線を出すのは至難の技。

で、


次に扱い慣れたプラペーパーの千切りでテスト。
プラ用の接着剤が使える利点は大きく、最終手段として有効であると確認しました。
側面のモールドはありませんが「まぁ、元の極太軌条よりは多少マシじゃね?」で御座います。


>次


艦橋で御座います。
舷灯もちゃんとモールドされているので、プラペーパーでもう少し再現したいところ。


>次


テトラのエッチングでカッコヨク・・・なる予定だった物。
このパーツ、天井と窓枠が一体になっており、グニグニと何度も曲げ加工するとこうなります。
潔く天井と窓枠を切り離してから、ジックリ合わせるのをお勧め。

で、


結局、キットパーツで頑張ることに。
汎用の窓枠エッチングも考えましたが、矢印部分の斜めに下がる所がややこしいので断念。


>次


タミヤにしては珍しい「ややこしい所にランナーゲート付けやがって!」であります。
このパーツは艦橋テッペンの測距儀なので、キレイにゲート処理しないと丸見え。。。
一旦モールドごと落として、あとから復旧するか、細かく磨くか。。。


 

 

つ づ く


 

| 海モノ | comments(2) | trackbacks(0) |
鳳翔1939<完>

初空母、完成致しました。


(画像クリッコでギャラリーページへ)


あちこち想像と妄想と色んな資料ゴチャ混ぜにしながら、何とか完成と相成りました。
一言で言うと、達成感はありまふ!


そんなワケで、

次は、

田尻サンとお茶会を楽しみながら、



引き続き海へ!

 
| 海モノ | comments(3) | trackbacks(0) |
| 1/12PAGES | >>