過去記事テーマ別

管理人の買った物一覧

私家版戦車入門1: 無限軌道の発明と英国タンク
私家版戦車入門1: 無限軌道の発明と英国タンク (JUGEMレビュー »)
モリナガ ヨウ
世界初のタンク(戦車)が如何にして誕生し、どのような問題を乗り越えて進化して来たのか?蒸気トレーラーから英国の菱型戦車、ホイペットまでをまとめた決定版。
ガン&ガール イラストレイテッド 第二次大戦枢軸国編 (MC☆あくしずMOOK)
ガン&ガール イラストレイテッド 第二次大戦枢軸国編 (MC☆あくしずMOOK) (JUGEMレビュー »)

WW2枢軸陣営の小火器を紹介した女子イラスト付きのマジメな本。読みやすい構成で初心者にもオススメ。
大日本帝国陸海軍〈2〉―軍装と装備 明治・大正・昭和
大日本帝国陸海軍〈2〉―軍装と装備 明治・大正・昭和 (JUGEMレビュー »)
中田 忠夫
ややカタログっぽく編集されており、被服の細部(内側や背面など)を知ることは出来ませんが小物や拳銃、生活用品までかなりの数が全て写真で網羅されています。
The Soviet Soldier of World War Two
The Soviet Soldier of World War Two (JUGEMレビュー »)
Phillippe Rio
WW2ソ連兵の兵装を実写カラーでドカンと紹介。よほど特殊な設定以外この一冊で十分です。オススメ!全編英語
ストライクアンドタクティカルマガジン増刊 日本陸軍の戦車 2010年 11月号 [雑誌]
ストライクアンドタクティカルマガジン増刊 日本陸軍の戦車 2010年 11月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)
古是 三春,鈴木 邦宏,土居 雅博
最新の考証を元に八九式を中心に旧軍戦車を各型解説。写真やイラストも豊富で内装なども参考になります。オススメ!
Deutsche Soldaten: The Uniforms, Equipment and Personal Effects of the German 1939-1945
Deutsche Soldaten: The Uniforms, Equipment and Personal Effects of the German 1939-1945 (JUGEMレビュー »)
Agustin Saiz
これは凄い量の実物コレクション!ブーツやガスマスクなど一般的な装備品のバリエーションは勿論、マップケースの中身に時計やタバコまで、ドイツ兵の持ち物を殆ど網羅!巻頭から巻末までオールカラー写真で資料的価値抜群。オススメ!
※全編英語
図解 ヘビーアームズ (F-Files No.017)
図解 ヘビーアームズ (F-Files No.017) (JUGEMレビュー »)
大波 篤司
機関銃や迫撃砲、バズーカにロケットランチャーなど使用方法や各部品の意味など一問一答でスッキリ解説。銃器ビギナーの人に超オススメ。
Vision models 1/35スケール  【VA-9003】 帝国陸軍 九七式
Vision models 1/35スケール  【VA-9003】 帝国陸軍 九七式 (JUGEMレビュー »)

チハ系キットには欠かせないキャタ。価格、組み易さ、解像度も申し分ない定番商品。
末期の水物兵器集
末期の水物兵器集 (JUGEMレビュー »)
こが しゅうと
若干クセのある漫画と文章で、旧海軍兵器の中でもマニアックな物を局所的に徹底紹介!他のシリーズも濃イィ内容!
戦う広告―雑誌広告に見るアジア太平洋戦争
戦う広告―雑誌広告に見るアジア太平洋戦争 (JUGEMレビュー »)
若林 宣
戦時中に国内で使用された広告を年代ごとに紹介。当時の世相が分かる他に類を見ない貴重な資料。
British Web Equipment of the Two World Wars (Europa Militaria)
British Web Equipment of the Two World Wars (Europa Militaria) (JUGEMレビュー »)
Martin Brayley
英軍歩兵の装備品をカラー写真で紹介。色味やバリエーションを知るには良書ですが武器類は無し。価格的にもオススメ!
※全編英語
Stalin's War: Soviet Uniforms And Militaria 1941-45
Stalin's War: Soviet Uniforms And Militaria 1941-45 (JUGEMレビュー »)
Laszlo Bekesi
コレクターが集めたWW2ソ連軍の装備品や階級章のカラー写真集。マニアにとってはかなり薄い内容だが、ソ連軍初心者にはそこそこ資料的価値アリ。
※全編英語
第2次大戦ドイツ軍装ガイド
第2次大戦ドイツ軍装ガイド (JUGEMレビュー »)
ジャン・ド・ラガルド
オール実写による軍装ガイド。これ一冊で殆んどの正規バリエーションが把握できます。
ノーブル バックレスキューベルトチタン L(腰周り:78~94cm) 黒
ノーブル バックレスキューベルトチタン L(腰周り:78~94cm) 黒 (JUGEMレビュー »)

椅子に座ってると腰が痛い!
ってな人は試す価値アリ!
個人的には相当の効果を実感しています。
鋼鉄の最精鋭部隊―千葉戦車学校・騎兵学校 (日本陸軍の機甲部隊 1)
鋼鉄の最精鋭部隊―千葉戦車学校・騎兵学校 (日本陸軍の機甲部隊 1) (JUGEMレビュー »)

貴重な日本戦車の写真集です!戦車学校での訓練風景で構成され、全体の半分以上がチハ主体の写真ですがネットでは見られないレアなものばかり!チハファンは必携!
ドキッ乙女だらけの帝國陸軍入門
ドキッ乙女だらけの帝國陸軍入門 (JUGEMレビュー »)
堀場 亙,岡本 博信
萌えだと思って期待したらハズレですのでご注意を…列記としたミリタリー本です。
TUNODA 薄刃ミニニッパー 120mm TM-02
TUNODA 薄刃ミニニッパー 120mm TM-02 (JUGEMレビュー »)

某プラモメーカーから発売されている物のOEM版なのでプラモ制作に抜群の性能!しかも格安!
Les MAteriels radio de la Wehrmacht: German Radio Sets 1935-1945
Les MAteriels radio de la Wehrmacht: German Radio Sets 1935-1945 (JUGEMレビュー »)
Pierre Metsu
大戦中のドイツ軍無線機を全機種カラー写真で紹介。残念ながら和訳はないですが英訳はアリ。(値段が…)
陸軍機甲部隊―激動の時代を駆け抜けた日本戦車興亡史 (〈歴史群像〉太平洋戦史シリーズ (25))
陸軍機甲部隊―激動の時代を駆け抜けた日本戦車興亡史 (〈歴史群像〉太平洋戦史シリーズ (25)) (JUGEMレビュー »)

モデラー目線のディティール考察には向きませんが、日本戦車がどのように発展し各地でどう戦ったかを知るには良書。
Modelling the Marder Self-Propelled Gun (Osprey Modelling)
Modelling the Marder Self-Propelled Gun (Osprey Modelling) (JUGEMレビュー »)
Sam Dwyer, Robert Oehler

マーダー1,2D,3r,3M,3H のディティールアップ製作ガイド。
外人サンのテクを盗めます!
泥まみれの虎―宮崎駿の妄想ノート
泥まみれの虎―宮崎駿の妄想ノート (JUGEMレビュー »)
宮崎 駿
エース「オットーカリウス」の手記を元に末期ドイツ軍の泥沼の戦いを描写。
今までの「戦車感」が変わるかも?
第2次大戦各国軍装全ガイド (ミリタリー・ユニフォーム)
第2次大戦各国軍装全ガイド (ミリタリー・ユニフォーム) (JUGEMレビュー »)
ピーター ダーマン,マルカム マクグレガー,ピエール ターナー
WW2各国陸海空の軍服図鑑。
膨大な数だが、浅く広くといった感じなので、一国を集中的に調べたい人には不向き。
日本戦車隊戦史―鉄獅子かく戦えり
日本戦車隊戦史―鉄獅子かく戦えり (JUGEMレビュー »)
上田 信
帝国陸軍戦車部隊が各戦線でどのように戦ったのか、図解を交えて年代ごとに相手装備と比較しながら紹介。
イラスト中心なので文章が苦手な人でも大丈夫!(写真は無し)
ビジュアルガイド WW2戦車〈1〉電撃戦
ビジュアルガイド WW2戦車〈1〉電撃戦 (JUGEMレビュー »)
川畑 英毅, 吉原 幹也
WW恐そ戦線好きなら持っておきたい一冊。
ドイツ、ソ連は勿論、フランスやポーランド等、欧州のあらゆる戦闘車両を広く浅く紹介。マイナー車種など豆知識にいいかも。
アハトゥンク・パンツァー〈第7集〉1号戦車、2号戦車と派生型編
アハトゥンク・パンツァー〈第7集〉1号戦車、2号戦車と派生型編 (JUGEMレビュー »)
尾藤 満
言わずと知れたモデラーの為の資料本。 詳細図と写真で各型を詳しく解説。
ボンプル高校『7TP』1/72<完成>
 
そんなワケで更新遅れましたが



ウシュカ様、完成でごわす。(クリッコでギャラリーページヘ)



しかし、うpしといて何ですが、あまりに顔がドイヒーです。
一応、写真は撮ったから、イチかバチかで美容整形してもイイかも知れません・・・



| リボンの武者 | comments(2) | trackbacks(0) |
ボンプル高校『7TP』1/72<7>
 
いい季節になってまいりました。どんどん進めます。


<校章デカール>

ボンプル高校の校章です。

カステンのガルパンデカールセットにも1/72用は無い(あるかも)と勝手に思い込んでいるので、ミラクルデカールに印刷しました。



印刷する段階で画像の加工処理が甘かったため、黒線の輪郭が滲んでしまいましたが、まぁまぁ及第点でしょう。
位置やサイズは元ネタが存在しないので想像です。


<ウシュカ>

「誰コレwwwwww」って、もう修正は無理です。例によって諦めました。
もっと狡賢い感じにしたかったんですけどねぇ、流し目でおひねりが貰えそうです。
因みに、腕章と襟章は油彩で筆描きしました。

元絵の片掛けマントは騎兵らしくてイイのですが、ジャケットとマントが同色なので、作った本人も色塗ったら何がどうなってるのかサッパリ分かりません!

ともかく、塗料が乾燥したら艶を整えて完成となります!(`・ω・´)ゞ


| リボンの武者 | comments(3) | trackbacks(0) |
ボンプル高校『7TP』1/72<6>
 
さて、途中で大型女子人形にのめり込んでしまいましたが、ぼちぼち戦車に戻ります。

1/72には欠かせない情景ベース作りでございます。



アーチスタフォルモで作った土台に木工ボンドを塗り、直接ピートモスを貼り付けていきます。



履帯が接地する部分だけ避けて、満遍なく全体に貼り付けた状態。
ピートモスはなるべく袋の底に溜まった細かい部分を選って使っています。
予めふるいにかけて大中小と小分けしておくのもイイかも知れません。



お次は、昔ながらのジオラマの定番『ライケン』を貼り付けています。(ココしか使い所がない!)
元々緑色の物ですが、太い部分は木の枝や細い幹をイメージして茶系で塗装をしています。
こちらも天然素材なので、大小が入り混じっており、選別次第で印象が変わります。



ライケンにパセリ(瓶で売ってるヤツ)をまぶしてから、低木や大きめの雑草を追加。
低木(黄色いの)に使っているのは山で拾ってきた物で、1/72だと丁度イイ感じです。
手前の雑草はいただき物のブリザーブド?ドライフラワー?(apuro先生ありがとうございました)



全体の色味を整えてベース完成!
このスケールだと密度でディテールを誤魔化せるので楽しいです。

まぁ、カメラで寄ったら雑&オーバースケールですけど!



| リボンの武者 | comments(2) | trackbacks(0) |
遠藤はるか<完成>
 
若干、夏の暑さが戻ってきた週末。

私的ベストオブリボンの「遠藤はるか」完成しました!


コレが最後のスカート無し。(クリッコでギャラリーへ)


いやぁ、実に2ヶ月ぐらいかかりました!(ゲームしてなかったら1ヶ月ぐらい?)
顔の造形、表情や全体のバランスなど、今後の課題が洗い出せました。

原画に忠実にいくか、自分の好きなタッチにアレンジするか等、大スケールならではの楽しみ方も少し見えた気がします。


>次



コレ作りたいんですけど!!
ドラババ「特二式内火艇カミ」の再生産はいつでせうか??


・・・前期型は積んであるけど、海ジオラマに埋めるのが勿体無くて無理なんです。


| リボンの武者 | comments(8) | trackbacks(0) |
遠藤はるか<6>
 
積み続けていたタミヤ10式のネタが固まってきたので、ちょいとペースを上げます!



既に塗装入りしている遠藤サンの元絵。

『リボンの武者』のフィギュアスクラッチが少ない理由として、作品の知名度よりも、この制服のデザインが手間でアレだと思うのです。

現実は、愛だけではどうにもならない事だらけですからね。(´・ω・`)


<リボン>

まずは胸元のリボンの「ドット柄」を仕上げていきます。
マスキングテープをポンチ(ナナコ)でパンチングしていきます。



こんな感じです。
ちょっと気持ち悪いですね。

ここからドドメ色を吹き付け↓


マスキングを剥がす時に若干のキズが付きましたが概ね成功です。
かなり毒々しいですね。

>次


<スカート>

これまた面倒なチェック柄なので、アイズの0.4mmテープでマスキング。

この後、一旦『白』を吹いて発色が良くなるよう下地を整えてから『赤』を吹きます。



まぁ、急いで作業すると大体こんな風になるワケです。
この線の太さならタッチアップは簡単ですが、やはり二度手間は精神的にアレです・・・


>更に



パンツを吹くためマスキングしたらご覧の有様。
何かの呪いでしょうか?一体、私がどんな罪を犯したと言うのでしょう・・・

因みに遠藤サンのパンツが『黒』という設定はありませんが、どう考えたって黒です。




>一方『ネーネ』は・・・



特に問題もなく快適に進んでおります。
さすがプロの造形、素晴らしいバランスです、そしてエロいです。ゲヘヘ


と、今はゆっくり眺めている余裕はありません!速やかにタッチアップです!(`・ω・´)ゞ



| リボンの武者 | comments(4) | trackbacks(0) |
遠藤はるか<5>

そんなワケで、初の大スケール女子人形はとりあえずカタチになりました。

書き忘れていましたが、コミックから得られる情報を見る限り、遠藤サンは左利きです。
(この「イカ」だけでなく「ポッキー」も左手で食べている。)



一番のポイントとなる『焼きイカ』、コミックではゲソ付きで描かれているのですが、私の経験上、屋台の焼きイカ(ぽっぽ焼き)ではゲソ付きというのを見たことがないので、面倒臭さも相まって省略しました。
因みに『イカ焼き』と言うと関西では別の食べ物になるので注意です。



後ろ姿で悩んだのが『髪留め』で、1巻では地球連邦軍のマークみたいな星っぽいカタチの物を付けていますが、2巻では何の変哲もないただの長方形になっていたので、例の如く手間を惜しんで後者にしました。

地毛はクセ毛なのか分かりませんが、パーマなのかコテ巻きなのか下半分ブワッとなっています。
ブワッの造形、観察力と経験不足で無理でした・・・orz
 

ついでに


おパンツを常時拝みたい紳士の為に、スカートレスでも違和感がないようになって御座います。


で す が



複製作業に入ってから、試験的に作った物の割に時間と手間と材料が結構アレだと気付き、
複製は中止しました。


次辺り、ちゃんと納得できるエロボデーが作れたら気合入れて複製しようと思います。



| リボンの武者 | comments(3) | trackbacks(0) |
遠藤はるか<4>『ボタン』

エンドースクラッチも大詰めで御座います。


よく見かける『鳥獣戯画』、みんな自分で作っているのだと昨日知りました。


>本題

<ボタン>

ボタンは1/35ぐらいだと戦車用のリベットなんかで間に合わすのですが、流石に1/16に合うサイズは持ち合わせておらず、当初は「まぁ、どないかなるやろ」程度に考えていたものの、実際やってみると直径1.2mm程の円を大きさや厚みを均一に量産するのは神業であると痛感し、焦りに焦って辿り着いたのがコトブキヤのこのパーツ。
ここで買えます→『GPARTS



本来はガンプラなどメカモノの改造パーツなのですが、服のボタンにピッタリの形状が沢山。
マイナスネジだって表面処理すればボタンに使えるので、全部ボタンと考えていいでしょう。
(それでも単価的には高いけど・・・)



で、付けてみました。
数百円の出費に見合うナイスなボタンです。(ただし若干厚みがあるので薄削り推奨)

あと、襟元のリボンはコレじゃない感がハンパ無かったので、結局一から作り直しました。


残すは焼きイカのみ!(`・ω・´)


| リボンの武者 | comments(5) | trackbacks(0) |
遠藤はるか<3>「楯無高校のリボン」

こまめに写真を撮っても、あまり変わり映えがしない段階に突入しました。
その辺り、プラキットだと毎回「ここまでやったったw」的な記事が書けるのですが・・・
人形スクラッチの地味でツライ時期です。


<リボン>

さて、楯無高校のトレードマークである、襟元の『リボン』の造形に入ります。
まずは土台を作って・・・とか考えたんですが、この↑の案はボツ。
(あと、さり気なく『目』の輪郭を変えました)


気を取り直して、土台はいきなりリボンのシッポから作ります。
注意する点は「リボンの中心となる結び目がどこにくるか」を意識することです。



盛ったばかりなのでまだモッサリしてますが、大体こんなモンだと思います。(ちょっと小さい?)
位置をズラしたり、大きさや形状をイジるのは後からでも出来るので、一旦硬化を待ちます。

ていうか、1/35鶴姫でやった手順と全く同じだということを、たった今思い出しました。


<今更ながらリボンの色>

1巻表紙。
一見、黒地に赤のドット柄にも見えますが、これは構図的に逆光というか丁度影になっているのでベースが黒っぽく見えるワケです。



2巻表紙。
これは作画演出上のアレなので色見本的には無価値なのですが、この配色もイイですね。



という事で、これが正解!ヽ(・∀・)ノ


・・・そんなん、みんな知ってる。(´・ω・`)


| リボンの武者 | comments(0) | trackbacks(0) |
遠藤はるか<2>
 
命名『かが』は熱いものがありましたね!
早く、アレをアレしてヒコーキがアレ出来るようになったらイイですね。


気分が高揚してるので作業を進めます。


<前髪とか>

一番苦手なローファーをやっつけて、次にスカートを巻いて全体のバランスを見ながら、横巻き髪と前髪を追加しました。(髪はパテ細工のままの状態で、まだ磨いてません)

この辺からは肉眼でバランスを見るだけでなく、写真に撮って確認するのも重要になりますね。


<上着>

とりあえず、ボディのバランスはヨシということで、上着を着せます。

デカイと当然、使用するパテの量も増えるワケですが、その分、細工に掛かる時間も増える為、硬化時間との闘いも考慮せねばなりませぬ。
そこで、今回は余裕を持って作業するべく、上着を左右に分割して造形することにしました。
場合によっては縫い目ごとに分割してもイイと思います。

この大きさだと後からいくらでもパテを盛り足せるので、気分的にラクです。



上着の下地が完成。裾のステッチラインなどは磨く前に修正します。

コミックでは、緩やかな胸板でありますが、ここは私の独断と嗜好で若干ワガママな胸になってもらいました。



ていうか、
これ、もう誰だか分かんねぇな・・・(´・ω・`)


| リボンの武者 | comments(6) | trackbacks(0) |
ボンプル高校『7TP』1/72<5>
 
『リトルアーミー供戮予想以上の面白さだった為、更に作りたい女子人形が大量発生。
まずはドッペルゲンガーズを作って、エレファント組作って・・・

こうやって想像している内が一番楽しいワケでありますが、その前に校章マーキングお願いします。


<ウシュカ様>

『鬼頭鼓修理』とガチで張り合うウシュカ様のタートルヘッド。
3回ほど試作した結果、コミックの奇抜過ぎる複雑な構造を再現するのは断念して、イメージを優先したシンプルな形にしました。



特に、作品を上から見た時の印象を重視し、頭頂部は髪のモールドを省略しています。
これにより、分け目にクリアタルゲルを垂らすだけでR18になるというギミック。

(´・ω・`)そんなん要らん。



全体はこんな感じで、中身出てしまったヤドカリみたいになってます。
いや、なんかどっかで見た事ある幽霊的な何かにも見えますね。

設定上仕方ないけど、片掛けマントは出来れば無い方がイイですよね。



後ろ髪は推定です。自分的にラクな造形で済ませました。
野亀先生の頭の中は、多分、コレじゃないと思います。


いろいろ考えてたら進まないので、もうちょっと磨いてから塗装入ります!


緊急追記!!
ファインモールドから超重戦車オイ車が発表されました!!

詳しくはWEBで。


| リボンの武者 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/4PAGES | >>