過去記事テーマ別

管理人の買った物一覧

私家版戦車入門1: 無限軌道の発明と英国タンク
私家版戦車入門1: 無限軌道の発明と英国タンク (JUGEMレビュー »)
モリナガ ヨウ
世界初のタンク(戦車)が如何にして誕生し、どのような問題を乗り越えて進化して来たのか?蒸気トレーラーから英国の菱型戦車、ホイペットまでをまとめた決定版。
ガン&ガール イラストレイテッド 第二次大戦枢軸国編 (MC☆あくしずMOOK)
ガン&ガール イラストレイテッド 第二次大戦枢軸国編 (MC☆あくしずMOOK) (JUGEMレビュー »)

WW2枢軸陣営の小火器を紹介した女子イラスト付きのマジメな本。読みやすい構成で初心者にもオススメ。
大日本帝国陸海軍〈2〉―軍装と装備 明治・大正・昭和
大日本帝国陸海軍〈2〉―軍装と装備 明治・大正・昭和 (JUGEMレビュー »)
中田 忠夫
ややカタログっぽく編集されており、被服の細部(内側や背面など)を知ることは出来ませんが小物や拳銃、生活用品までかなりの数が全て写真で網羅されています。
The Soviet Soldier of World War Two
The Soviet Soldier of World War Two (JUGEMレビュー »)
Phillippe Rio
WW2ソ連兵の兵装を実写カラーでドカンと紹介。よほど特殊な設定以外この一冊で十分です。オススメ!全編英語
ストライクアンドタクティカルマガジン増刊 日本陸軍の戦車 2010年 11月号 [雑誌]
ストライクアンドタクティカルマガジン増刊 日本陸軍の戦車 2010年 11月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)
古是 三春,鈴木 邦宏,土居 雅博
最新の考証を元に八九式を中心に旧軍戦車を各型解説。写真やイラストも豊富で内装なども参考になります。オススメ!
Deutsche Soldaten: The Uniforms, Equipment and Personal Effects of the German 1939-1945
Deutsche Soldaten: The Uniforms, Equipment and Personal Effects of the German 1939-1945 (JUGEMレビュー »)
Agustin Saiz
これは凄い量の実物コレクション!ブーツやガスマスクなど一般的な装備品のバリエーションは勿論、マップケースの中身に時計やタバコまで、ドイツ兵の持ち物を殆ど網羅!巻頭から巻末までオールカラー写真で資料的価値抜群。オススメ!
※全編英語
図解 ヘビーアームズ (F-Files No.017)
図解 ヘビーアームズ (F-Files No.017) (JUGEMレビュー »)
大波 篤司
機関銃や迫撃砲、バズーカにロケットランチャーなど使用方法や各部品の意味など一問一答でスッキリ解説。銃器ビギナーの人に超オススメ。
Vision models 1/35スケール  【VA-9003】 帝国陸軍 九七式
Vision models 1/35スケール  【VA-9003】 帝国陸軍 九七式 (JUGEMレビュー »)

チハ系キットには欠かせないキャタ。価格、組み易さ、解像度も申し分ない定番商品。
末期の水物兵器集
末期の水物兵器集 (JUGEMレビュー »)
こが しゅうと
若干クセのある漫画と文章で、旧海軍兵器の中でもマニアックな物を局所的に徹底紹介!他のシリーズも濃イィ内容!
戦う広告―雑誌広告に見るアジア太平洋戦争
戦う広告―雑誌広告に見るアジア太平洋戦争 (JUGEMレビュー »)
若林 宣
戦時中に国内で使用された広告を年代ごとに紹介。当時の世相が分かる他に類を見ない貴重な資料。
British Web Equipment of the Two World Wars (Europa Militaria)
British Web Equipment of the Two World Wars (Europa Militaria) (JUGEMレビュー »)
Martin Brayley
英軍歩兵の装備品をカラー写真で紹介。色味やバリエーションを知るには良書ですが武器類は無し。価格的にもオススメ!
※全編英語
Stalin's War: Soviet Uniforms And Militaria 1941-45
Stalin's War: Soviet Uniforms And Militaria 1941-45 (JUGEMレビュー »)
Laszlo Bekesi
コレクターが集めたWW2ソ連軍の装備品や階級章のカラー写真集。マニアにとってはかなり薄い内容だが、ソ連軍初心者にはそこそこ資料的価値アリ。
※全編英語
第2次大戦ドイツ軍装ガイド
第2次大戦ドイツ軍装ガイド (JUGEMレビュー »)
ジャン・ド・ラガルド
オール実写による軍装ガイド。これ一冊で殆んどの正規バリエーションが把握できます。
ノーブル バックレスキューベルトチタン L(腰周り:78~94cm) 黒
ノーブル バックレスキューベルトチタン L(腰周り:78~94cm) 黒 (JUGEMレビュー »)

椅子に座ってると腰が痛い!
ってな人は試す価値アリ!
個人的には相当の効果を実感しています。
鋼鉄の最精鋭部隊―千葉戦車学校・騎兵学校 (日本陸軍の機甲部隊 1)
鋼鉄の最精鋭部隊―千葉戦車学校・騎兵学校 (日本陸軍の機甲部隊 1) (JUGEMレビュー »)

貴重な日本戦車の写真集です!戦車学校での訓練風景で構成され、全体の半分以上がチハ主体の写真ですがネットでは見られないレアなものばかり!チハファンは必携!
ドキッ乙女だらけの帝國陸軍入門
ドキッ乙女だらけの帝國陸軍入門 (JUGEMレビュー »)
堀場 亙,岡本 博信
萌えだと思って期待したらハズレですのでご注意を…列記としたミリタリー本です。
TUNODA 薄刃ミニニッパー 120mm TM-02
TUNODA 薄刃ミニニッパー 120mm TM-02 (JUGEMレビュー »)

某プラモメーカーから発売されている物のOEM版なのでプラモ制作に抜群の性能!しかも格安!
Les MAteriels radio de la Wehrmacht: German Radio Sets 1935-1945
Les MAteriels radio de la Wehrmacht: German Radio Sets 1935-1945 (JUGEMレビュー »)
Pierre Metsu
大戦中のドイツ軍無線機を全機種カラー写真で紹介。残念ながら和訳はないですが英訳はアリ。(値段が…)
陸軍機甲部隊―激動の時代を駆け抜けた日本戦車興亡史 (〈歴史群像〉太平洋戦史シリーズ (25))
陸軍機甲部隊―激動の時代を駆け抜けた日本戦車興亡史 (〈歴史群像〉太平洋戦史シリーズ (25)) (JUGEMレビュー »)

モデラー目線のディティール考察には向きませんが、日本戦車がどのように発展し各地でどう戦ったかを知るには良書。
Modelling the Marder Self-Propelled Gun (Osprey Modelling)
Modelling the Marder Self-Propelled Gun (Osprey Modelling) (JUGEMレビュー »)
Sam Dwyer, Robert Oehler

マーダー1,2D,3r,3M,3H のディティールアップ製作ガイド。
外人サンのテクを盗めます!
泥まみれの虎―宮崎駿の妄想ノート
泥まみれの虎―宮崎駿の妄想ノート (JUGEMレビュー »)
宮崎 駿
エース「オットーカリウス」の手記を元に末期ドイツ軍の泥沼の戦いを描写。
今までの「戦車感」が変わるかも?
第2次大戦各国軍装全ガイド (ミリタリー・ユニフォーム)
第2次大戦各国軍装全ガイド (ミリタリー・ユニフォーム) (JUGEMレビュー »)
ピーター ダーマン,マルカム マクグレガー,ピエール ターナー
WW2各国陸海空の軍服図鑑。
膨大な数だが、浅く広くといった感じなので、一国を集中的に調べたい人には不向き。
日本戦車隊戦史―鉄獅子かく戦えり
日本戦車隊戦史―鉄獅子かく戦えり (JUGEMレビュー »)
上田 信
帝国陸軍戦車部隊が各戦線でどのように戦ったのか、図解を交えて年代ごとに相手装備と比較しながら紹介。
イラスト中心なので文章が苦手な人でも大丈夫!(写真は無し)
ビジュアルガイド WW2戦車〈1〉電撃戦
ビジュアルガイド WW2戦車〈1〉電撃戦 (JUGEMレビュー »)
川畑 英毅, 吉原 幹也
WW恐そ戦線好きなら持っておきたい一冊。
ドイツ、ソ連は勿論、フランスやポーランド等、欧州のあらゆる戦闘車両を広く浅く紹介。マイナー車種など豆知識にいいかも。
アハトゥンク・パンツァー〈第7集〉1号戦車、2号戦車と派生型編
アハトゥンク・パンツァー〈第7集〉1号戦車、2号戦車と派生型編 (JUGEMレビュー »)
尾藤 満
言わずと知れたモデラーの為の資料本。 詳細図と写真で各型を詳しく解説。
蘭樣のスピットファイア<再開準備>



今宵の虎徹は・・・

せっかく良い月が出ていたので、150mm(300mm相当)で撮ってみました。

手持ち撮影ですが、あまりブレずにクレーターもバッチリであります。

こういうの撮りだすと、600mm相当の望遠が欲しくなりますな。
(健全)



そんな、季節の割に蒸し暑い本日。
怠慢な生活を打破すべく、久々にビリー隊長とジャンピングジャックで汗を流し、
瀕死の状態で「ヴィクトリィィィ!!」と叫んでから、
作業復帰のため、作りかけの女子人形を眺め、原作を読みふけるところから始めます。



作りかけフィギュアと言えば、1/350「まるゆ(艦これver)」もあるのですが、
コチラの1/48「スピットファイアの蘭」を先に仕上げてしまいたいところ。

昨年末より休止状態でしたが、なんやかんやでスカート履かせたりしております。



原作者、野亀先生お得意の”シナモンロール頭”

某リボン戦車の主人公の髪型に、ぼんぼりが2つ追加され、
更に、軽くウェーブがかかったロングヘアという、難易度高めのデザインとなって御座います。


これは・・・とても面倒にて候。

他のを作るべきか悩みますな。

 

| 紫電改のマキ | comments(2) | trackbacks(0) |
本日は忘年会
 
本日は忘年会で制作記事はありません。

が、

とりあえず、スピットファイアの蘭様の進捗を貼っておきます。



ポージングはこんな感じで確定となりました。

予定通り「上半身半ひねり、片足上げ」という初めてのポーズなので、
衣服のひねり加減や、肩の位置、パンチラの有無など、難題が山積みです。

ややこしいのはここからですね・・・ええ、ここからが・・・ブホッ!



| 紫電改のマキ | comments(2) | trackbacks(0) |
蘭樣のスピットファイア<5>
 
さて、作りたい物が山ほど控えているので、煩悩を2つほど封印して模型に集中してまいります。


<柏葉姉妹>

スピットの塗装の合間にレジン複製。
この中からベストオブ柏葉を2体選んで完成させていきます。


>次、

ガルパニズムを抑えつつヒコーキを進めます。


<迷彩>

いつもなら筆で縁を塗ってエアブラシで埋めていく技法なのですが、何となく未体験ゾーンに足を踏み入れてみました。
使用しているのは、ソーダの香り漂う普通の練り消しです。



普通の練り消しなので、剥がす時にネチョ〜っとへばり付いて、もの凄いスリルを味わいましたが、
落ち着いて「練り消しは練り消しで剥がす」という基本を守れば大丈夫。
これを機に同様のマスキング用アイテムも、ちょっと試してみようと思います。


<デカール>

こういう、鬼畜なデカールは塗装に置き換えるか、角で縦横に分割するのが宜しいかと思われます。
(今回は意地になって一発で貼りましたけど、失敗のリスク高し)



そんなワケで、下地は完了しました!

ここからは主脚を付けた機体の角度に合わせながら、蘭様の造形が主体となるので、一旦置きます。



ようやく戦車に集中できるぜよ・・・


| 紫電改のマキ | comments(5) | trackbacks(0) |
蘭樣のスピットファイア<4>
 
溜まりに溜まったゲーム欲もスッキリ抜けて、作業再開であります。



で、スピットの機体が大まかに完成したので、蘭サマのポーズ調整を兼ねて少し進めていたのですが、ふと、組説のイラストに目をやると↓



なんか、想像してた靴と違う・・・
私の脳内では、もっと普通の高校生が履くローファーだと思っていたのですが・・・

どうにも腑に落ちないので、数少ない蘭サマの靴画像を考察してみました。



まずはキット付属のデカール。
これは見るからに高校生のローファーですね。



コミックの1コマ。
デッサンは置いといて、これも普通のローファーでしょう。



コミックの1コマ。
ヒールの高さは確認できませんが、普通のローファーで間違いないでしょう。


結論:
オサレ靴を履く時もあるけど、基本はローファー。




>次

<スピットの主翼>

主翼ですが、矢印部分の穴が何なのか分かりません。
機銃口ならピンバイスで抜かないとイケマセン。



知ってる人いたら教えて下さい。<(_ _)>

答えは機銃口でした。教えて頂き有難うございます!


| 紫電改のマキ | comments(2) | trackbacks(0) |
蘭樣のスピットファイア<3>
 
ここ2,3日、ちょっと風邪の兆候があったので、これでもかと最大限の養生をブッかましまして、
おかげで風邪も作業も進みませんでしたが、その甲斐あって体調復活と相成りまして御座います。


<排気口>

スピットの排気口を見たことはないのですが、恐らく埋まってはいないだろうと、ルータで開口しました。
戦車でもこういう口がへしゃげた形を散見しますが、一体どのような効果があるのか気になります。


<主翼>

このキットは結構、段差や隙間が出来やすいので、エポパテでの処理が最適かと思われます。


そりゃそうと、今週はトレジャーフェスタですね!



| 紫電改のマキ | comments(2) | trackbacks(0) |
蘭樣のスピットファイア<2>
 

どうも作業時間がブラゲやら楽器練習に取られて、気分転換に作業部屋のお片付けなど。

ふと目に止まった”お宝缶”、「はて何を入れていたか?」と開けてみますと・・・


<家宝>

とても懐かしい、魂のソウルを揺さぶる家宝が出てきました。

第1121小隊の腕章。


いつかキューベルに、カナタ、クレハ、ノエルの3人を乗せたい!(5人作る根性は無い)


>本題


<蘭サマ>

今回はちょっとややこしい”片足上げの上半身ひねり”に挑戦しております。
未だに直立像もままならないのですが、色々やってみて気付く事もあろうかと、頭も捻っております。
やはりお絵描きと同じで、人体の基本は”背骨”にあるようです。


背骨・・・ええ、何か本に書いてあったのを薄っすら言葉として理解しているだけですけどねっ!



| 紫電改のマキ | comments(4) | trackbacks(0) |
蘭樣のスピットファイア<1>
 
毎度のことですが、複数同時制作で記事がバラけますが宜しくお願いします。



そんなワケで、コレを作って『蘭サマ』を載せようと思います。
どうでもいいですが、このキットは箱絵で売れないパターンの一つやと思っています。
でも、コミックを読んでいる方ならお分かりでしょうが、蘭サマは素敵です。
ガルパンで言うところの「ダーさま」的な優雅さ漂う淑女です。(ちょっと違うか)


<シートベルト>

いつもコクピット内なんて殆ど見えなくなるので、適当に済ませるんですが、英国機のシートベルトはちょっとややこしいので、ファインのアレを買ってみました。(4機分入ってます)



さすがファインのアレ!素組みコクピットが何となくカッコよくなりました!
因みに、ベルトの長さは自分で切ったりして調整しなければイケナイので、結構ムズかったです。



今年はモチベを維持しながら夏を乗り切れましたが、ここへ来て・・・何となく・・・
ファンタジー的なゲームに埋もれたい衝動が出てきそうな秋の夜長・・・

そうだ、京都(のイベント)へ行こう!



| 紫電改のマキ | comments(5) | trackbacks(0) |
ハセガワ 1/48「鍾馗(風神機)」<完成>
 
アップしました!忘れてました!


クリッコでギャラリーページへ


ドサッと写真を撮ったまでは良かったのですが、選別に時間がかかり・・・
いや、本当は艦これイベントに気を取られ、サイトのページ作るのも忘れておりました。
ついさっき「鍾馗はもうアップしたよなぁ」とか思って、自分のサイト見て気付きました。

・・・さて、E6突入するべか。



<好きなマンガ>

私の好きな福満作品「就職難!!ゾンビ取りガール」
萌えとかハダカとかはありません。純然たる「ゾンビ取り漫画」です。
ゾンビ映画好きの方なら「あとがき」にも一読の価値あり。


なにソレかっこいい・・・

| 紫電改のマキ | comments(9) | trackbacks(0) |
ハセガワ『鍾馗』風雷神<近況1>

タイトルがバラバラでややこしいですが、1/48『鍾馗』と風子&雷奈を進めている管理人です。

で、その鍾馗のキモである銀塗装に突入。
『メッキシルバーNEXT』を使います。

既に情報は溢れていますが「なにそれ?使えるの?」なんてAFV畑の人の為に使用感をザックリ。


<テスト>
何はともあれ試し吹き。
ネットでも紹介されている通り、Mrカラーのキャップは見事なメッキになります。これはスゲーです。

で、このツルテカな下地をプラモの表面に再現できるのか?というのが問題なんですが・・・



結論から言うと、だいぶ特訓しないと今の自分には無理なようです。

そもそもAFVモデラーは「如何にして艶を消すか」や「表面を荒らす」ことは考えても、「艶を出す」「塗装面を平滑にする」ことに関しては、全くの素人と言って過言ではないでしょう。
言い訳は以上であります!

このカウル、自分ではツルテカだと思っていたのですが、結果的にこの程度では全然ダメでした。



主翼に至ってはこの有り様。(ドイヒー
これでも3回やり直したんですけど、どうしても『ゆず肌』になってしまいます。
下地をコンパウンドとポリッシャーで磨いてから艶黒を吹いても効果ナシ。

調べてみたら、艶黒の吹き方と塗料の濃度が関係するそうで、大口径のハンドピースでドバッと吹くのが近道らしく、「塗膜の厚みがぁ・・・」とか細かいこと言ってたら無理っぽいです。


>リテイク4回目で、ちょっとマシになったので・・・


「奥さん!オラもう我慢できねぇだ!」ってことで、NEXTを吹きました。

軽く2度吹きしたのですが、通常のメタリック塗料よりは粒子が目立たないものの、目標としていた仕上がりからは程遠いです・・・(遠目には結構キレイなんですが、寄るとザラザラですね

で、他でもレビューされていますが、このと塗料の基本は↓

0,兎にも角にも、カーモデルの水研ぎ並みの超鏡面下地が必須。
1,吹き重ねる度にくすむ。
2,5cm〜10cm離して吹かないと、近距離で吹くと白いシミが出ることがある。
3,コンプはレギュレータで低圧に、ニードルは極力絞って吹く。(本品の説明書きを参照)

なにせ、自分の姿がクッキリと映り込むぐらいの鏡面下地でないとメッキ調にはなりません。

<因みに>

ドライヤーに直接5回重ね吹きしたのがこの画像。
元から小キズがあるにも関わらず、表面さえツルテカなら多少重ねても十分メッキ感が出ます。


>が、今からやり直す気力は無いので、続いてのテスト


<マスキング>

マスキングテープは塗装後24時間乾燥さてから使うと大丈夫
との情報があったので、剥がれてもイイ部分でテストしてから本番に突入。



結果、大丈夫です。
ただし、思いっきりテープを指で擦りつけたりすると部分的に剥がれたので、万全を期すならば、何度か手の平にテープをペタペタくっつけて、粘着力を落とすとイイでしょう。

因みにこの時は、位置調整で4,5回貼ったり剥がしたりしましたが、全く大丈夫でした。
※一般塗装用のマスキングだと粘着力が強い場合があるので、タミヤの物を推奨します。


>次



『1/350まるゆ』に乗せる『1/350まるゆ』。。。背面の造形に着手。

「安心して下さい、履いてますよ」




| 紫電改のマキ | comments(0) | trackbacks(0) |
矢島風子<近況3>
 



完成に近付くほど細かい調整が続いて根気が必要となりますが、とりあえず原形完成です。

目立った調整として、全体のバランスを取るため学ランの肩パッド分を追加で盛りました。
学ランの裾は、塗装の途中で接着しパテ処理する仕様です。(色が黒でよかった。。。)


<複製準備>

というワケで、記念に型取りしておきます。
上手く抜けたら、また名刺代わりに配ります。


で、レジンを出してみたら。。。




「腐ってやがる・・・」


忘れてました、常に満タン状態を保つという鉄則。瓶の中の空気が多過ぎたようです。
次回からは1サイズ小さい瓶にします。


| 紫電改のマキ | comments(5) | trackbacks(0) |
| 1/3PAGES | >>