過去記事テーマ別

管理人の買った物一覧

私家版戦車入門1: 無限軌道の発明と英国タンク
私家版戦車入門1: 無限軌道の発明と英国タンク (JUGEMレビュー »)
モリナガ ヨウ
世界初のタンク(戦車)が如何にして誕生し、どのような問題を乗り越えて進化して来たのか?蒸気トレーラーから英国の菱型戦車、ホイペットまでをまとめた決定版。
ガン&ガール イラストレイテッド 第二次大戦枢軸国編 (MC☆あくしずMOOK)
ガン&ガール イラストレイテッド 第二次大戦枢軸国編 (MC☆あくしずMOOK) (JUGEMレビュー »)

WW2枢軸陣営の小火器を紹介した女子イラスト付きのマジメな本。読みやすい構成で初心者にもオススメ。
大日本帝国陸海軍〈2〉―軍装と装備 明治・大正・昭和
大日本帝国陸海軍〈2〉―軍装と装備 明治・大正・昭和 (JUGEMレビュー »)
中田 忠夫
ややカタログっぽく編集されており、被服の細部(内側や背面など)を知ることは出来ませんが小物や拳銃、生活用品までかなりの数が全て写真で網羅されています。
The Soviet Soldier of World War Two
The Soviet Soldier of World War Two (JUGEMレビュー »)
Phillippe Rio
WW2ソ連兵の兵装を実写カラーでドカンと紹介。よほど特殊な設定以外この一冊で十分です。オススメ!全編英語
ストライクアンドタクティカルマガジン増刊 日本陸軍の戦車 2010年 11月号 [雑誌]
ストライクアンドタクティカルマガジン増刊 日本陸軍の戦車 2010年 11月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)
古是 三春,鈴木 邦宏,土居 雅博
最新の考証を元に八九式を中心に旧軍戦車を各型解説。写真やイラストも豊富で内装なども参考になります。オススメ!
Deutsche Soldaten: The Uniforms, Equipment and Personal Effects of the German 1939-1945
Deutsche Soldaten: The Uniforms, Equipment and Personal Effects of the German 1939-1945 (JUGEMレビュー »)
Agustin Saiz
これは凄い量の実物コレクション!ブーツやガスマスクなど一般的な装備品のバリエーションは勿論、マップケースの中身に時計やタバコまで、ドイツ兵の持ち物を殆ど網羅!巻頭から巻末までオールカラー写真で資料的価値抜群。オススメ!
※全編英語
図解 ヘビーアームズ (F-Files No.017)
図解 ヘビーアームズ (F-Files No.017) (JUGEMレビュー »)
大波 篤司
機関銃や迫撃砲、バズーカにロケットランチャーなど使用方法や各部品の意味など一問一答でスッキリ解説。銃器ビギナーの人に超オススメ。
Vision models 1/35スケール  【VA-9003】 帝国陸軍 九七式
Vision models 1/35スケール  【VA-9003】 帝国陸軍 九七式 (JUGEMレビュー »)

チハ系キットには欠かせないキャタ。価格、組み易さ、解像度も申し分ない定番商品。
末期の水物兵器集
末期の水物兵器集 (JUGEMレビュー »)
こが しゅうと
若干クセのある漫画と文章で、旧海軍兵器の中でもマニアックな物を局所的に徹底紹介!他のシリーズも濃イィ内容!
戦う広告―雑誌広告に見るアジア太平洋戦争
戦う広告―雑誌広告に見るアジア太平洋戦争 (JUGEMレビュー »)
若林 宣
戦時中に国内で使用された広告を年代ごとに紹介。当時の世相が分かる他に類を見ない貴重な資料。
British Web Equipment of the Two World Wars (Europa Militaria)
British Web Equipment of the Two World Wars (Europa Militaria) (JUGEMレビュー »)
Martin Brayley
英軍歩兵の装備品をカラー写真で紹介。色味やバリエーションを知るには良書ですが武器類は無し。価格的にもオススメ!
※全編英語
Stalin's War: Soviet Uniforms And Militaria 1941-45
Stalin's War: Soviet Uniforms And Militaria 1941-45 (JUGEMレビュー »)
Laszlo Bekesi
コレクターが集めたWW2ソ連軍の装備品や階級章のカラー写真集。マニアにとってはかなり薄い内容だが、ソ連軍初心者にはそこそこ資料的価値アリ。
※全編英語
第2次大戦ドイツ軍装ガイド
第2次大戦ドイツ軍装ガイド (JUGEMレビュー »)
ジャン・ド・ラガルド
オール実写による軍装ガイド。これ一冊で殆んどの正規バリエーションが把握できます。
ノーブル バックレスキューベルトチタン L(腰周り:78~94cm) 黒
ノーブル バックレスキューベルトチタン L(腰周り:78~94cm) 黒 (JUGEMレビュー »)

椅子に座ってると腰が痛い!
ってな人は試す価値アリ!
個人的には相当の効果を実感しています。
鋼鉄の最精鋭部隊―千葉戦車学校・騎兵学校 (日本陸軍の機甲部隊 1)
鋼鉄の最精鋭部隊―千葉戦車学校・騎兵学校 (日本陸軍の機甲部隊 1) (JUGEMレビュー »)

貴重な日本戦車の写真集です!戦車学校での訓練風景で構成され、全体の半分以上がチハ主体の写真ですがネットでは見られないレアなものばかり!チハファンは必携!
ドキッ乙女だらけの帝國陸軍入門
ドキッ乙女だらけの帝國陸軍入門 (JUGEMレビュー »)
堀場 亙,岡本 博信
萌えだと思って期待したらハズレですのでご注意を…列記としたミリタリー本です。
TUNODA 薄刃ミニニッパー 120mm TM-02
TUNODA 薄刃ミニニッパー 120mm TM-02 (JUGEMレビュー »)

某プラモメーカーから発売されている物のOEM版なのでプラモ制作に抜群の性能!しかも格安!
Les MAteriels radio de la Wehrmacht: German Radio Sets 1935-1945
Les MAteriels radio de la Wehrmacht: German Radio Sets 1935-1945 (JUGEMレビュー »)
Pierre Metsu
大戦中のドイツ軍無線機を全機種カラー写真で紹介。残念ながら和訳はないですが英訳はアリ。(値段が…)
陸軍機甲部隊―激動の時代を駆け抜けた日本戦車興亡史 (〈歴史群像〉太平洋戦史シリーズ (25))
陸軍機甲部隊―激動の時代を駆け抜けた日本戦車興亡史 (〈歴史群像〉太平洋戦史シリーズ (25)) (JUGEMレビュー »)

モデラー目線のディティール考察には向きませんが、日本戦車がどのように発展し各地でどう戦ったかを知るには良書。
Modelling the Marder Self-Propelled Gun (Osprey Modelling)
Modelling the Marder Self-Propelled Gun (Osprey Modelling) (JUGEMレビュー »)
Sam Dwyer, Robert Oehler

マーダー1,2D,3r,3M,3H のディティールアップ製作ガイド。
外人サンのテクを盗めます!
泥まみれの虎―宮崎駿の妄想ノート
泥まみれの虎―宮崎駿の妄想ノート (JUGEMレビュー »)
宮崎 駿
エース「オットーカリウス」の手記を元に末期ドイツ軍の泥沼の戦いを描写。
今までの「戦車感」が変わるかも?
第2次大戦各国軍装全ガイド (ミリタリー・ユニフォーム)
第2次大戦各国軍装全ガイド (ミリタリー・ユニフォーム) (JUGEMレビュー »)
ピーター ダーマン,マルカム マクグレガー,ピエール ターナー
WW2各国陸海空の軍服図鑑。
膨大な数だが、浅く広くといった感じなので、一国を集中的に調べたい人には不向き。
日本戦車隊戦史―鉄獅子かく戦えり
日本戦車隊戦史―鉄獅子かく戦えり (JUGEMレビュー »)
上田 信
帝国陸軍戦車部隊が各戦線でどのように戦ったのか、図解を交えて年代ごとに相手装備と比較しながら紹介。
イラスト中心なので文章が苦手な人でも大丈夫!(写真は無し)
ビジュアルガイド WW2戦車〈1〉電撃戦
ビジュアルガイド WW2戦車〈1〉電撃戦 (JUGEMレビュー »)
川畑 英毅, 吉原 幹也
WW恐そ戦線好きなら持っておきたい一冊。
ドイツ、ソ連は勿論、フランスやポーランド等、欧州のあらゆる戦闘車両を広く浅く紹介。マイナー車種など豆知識にいいかも。
アハトゥンク・パンツァー〈第7集〉1号戦車、2号戦車と派生型編
アハトゥンク・パンツァー〈第7集〉1号戦車、2号戦車と派生型編 (JUGEMレビュー »)
尾藤 満
言わずと知れたモデラーの為の資料本。 詳細図と写真で各型を詳しく解説。
沖縄ダイジェスト<最終日>
三日目最終日、6:25の飛行機搭乗リミットまで出来るだけ遊ぶ!

<首里城へ>

朝一で首里城へ、日中は11月中旬でも半袖、短パン、草履で十分です。(夏並に焼けます)
でも湿度は低く日陰に入るとかなり涼しいので、寒がりの人は薄手の長袖シャツがあればイイかと。
現地の人は22℃ぐらいだと寒いと言って厚手の上着やダウンを羽織る人もチラホラ・・・

歩いてたオバチャン談>
「数年前、友人が冬に岐阜県へ遊びに行き、寒くて心臓が止まりそうになったと言って帰ってきた」
以来、オバチャンの周りでは「本土には絶対住めない」と語り継がれているそうな。


「ア、アンタのために祈ってるんじゃないんだからねっ!」な協会。


喉が乾いたら沖縄名物「さんぴん茶」をどうぞ。
和風ジャスミン茶と言うかスッキリとした爽やかなお味。美味ナリ。


首里城。(中入れます)

<陸軍壕>

首里城のすぐ裏手にある公園には陸軍第32軍司令部壕があります。


入り口には折り鶴。


公園側には2箇所の出入り口があり、中には入れませんが自由に見ることができます。


移動、一旦那覇空港へ>>>


空港で大きい荷物を全部預けて、再び市街探索へ。


せっかくなので沖縄唯一のレール系乗り物である「ゆいレール」に乗ってみました。


行き先は、国際通りから中に入った所にあるテレビなんかでも有名な「牧志第一公設市場」
ぶっちゃけ、観光用のキレイな表通りより地元型の古い市場の方が断然面白いです。


入り口では豚の生首がお出迎え。
余談ですが、むかし中国に行った時に市場で犬や猫があーなってこーなってたを思い出します。
中国観光に行こうと思っている方でこういうのが苦手な方は、素直に観光地だけを周りましょう。


で、その生首を見た後にソイツの足を喰らいます。またソーキそばですw
店によって味が違うだろうと思って食べ比べてみたのですが、
塩加減や出汁加減は微妙に違うものの、概ね同じ味でした。

この市場では、一階で売られている魚介類を買って、そのまま二階の店舗へ持って行くと
その店で料理してくれるシステムもあるので、新鮮な海の幸を食べたい人は是非ご利用下さい。

その他、時間イッパイまでグルグル回りながら帰路へ。

ご当地ヒーロー「琉神マブヤー」。カッコヨス。


沖縄限定で忘れてならないのが「A&Wバーガー」。
さっき食べたブタ君で既に満腹状態でしたが、空港内の店舗で食します。
旅行記事で言ってはイケナイんでしょうけど、今回の旅でタイ・ベトナム料理に次ぐ美・・・


帰宅>>>


自分用の土産はコレで決まり。(大人のオモチャじゃありません)


<沖縄(南部)まとめ>
シーズンオフでマリンレジャーは出来ませんでしたが十分楽しかったです。
宿での過ごし方として、TVCMも沖縄バージョンが沢山あり一見の価値あり。
お土産は観光地よりもローカルなスーパーなんかで買う方が安くて面白い物が多いです。
機会があれば次回は北部にも行ってみようと思います。また行きます。




| IN沖縄 | comments(4) | trackbacks(0) |
沖縄ダイジェスト<3>
2日目後半

<普天間神宮>

洞穴があると有名な神社。


お守り売り場の巫女さんに「洞穴見たいんですけど」と声を掛ければ、拝観名簿にサインした後、
裏口へ案内され無料で拝観できます。


神社の裏にご神体を祀った薄暗い洞穴・・・
そういうのが好きな人には堪らないシチュエーションですね。


移動>>>嘉手納基地へ

<やむを得ずタクシー利用>

嘉手納にステルス戦闘機が来ていると現地の人から聞いて、急遽向かうことに。
ところが、この普天間辺りから路線バスの数が急に減るので、やむを得ずタクシー乗車。

途中、インターナショナルスクールの一般生徒が変なことしてたので動画撮影。
自「運転手さん、あれ何やってんの?」、運「さぁ、いつもあんなことやってるよぉ」

ちょっと素っ気ない感じの声の主はベテラン運転手のマリ子さん。
所属会社ではマドンナ的立ち位置のようで、動画には収録していないが
飛び込んでくる無線の向こう側で同僚のオヤジ達がデレデレしているのが手に取るように分かる。

<ヘリ>
で、連れてこられたのが、嘉手納基地の滑走路を一望できる有名な撮影スポット。
「道の駅かでな」から道路を渡った土手の上には同じような観光っぽい撮影者が数名。
思っていたより距離が近いのでちょっと緊張しましたが、爆撃機や輸送機がタッチ&ゴーや
ローアプローチを繰り返していました。 結局ステルス戦闘機は拝めず・・・

<帰りは徒歩!>

帰りのルートを「道の駅」で聞けばよいものを「とりあえずバス停へ」と歩き出したために
基地沿いの一直線を延々と歩くハメに・・・


基地周辺では賛成、反対の思想が激しくぶつかり合っていますw
ちなみにココと場所は違いますが「オスプレイ反対」の横断幕持ったデモ隊も10人程度見ました。


「防衛施設」という境界杭は初めて見たので撮影。


行く手を阻むかのようにヤンクックが2頭!!
既に体力もスタミナもギリギリだったので狩らずにそのまま回避!


写真撮りながらひたすら歩く・・・足がスティックのようだ・・・陽も暮れてきましたよ。
17時になったら町内放送で普通に「君が代」が流れるのには感慨深くなりました。

途中でバスが来たので行き先を告げると「それなら反対側だよ」と行ってしまう。
そこへ通りかかったオジサンが「ありゃぁ(運転手)バカかよ!こっちで合ってるよ!」と
口から酒の匂いをプンプンさせながらバス停とバスの番号を教えてくれました。
オジサン曰く「歩いて5分程」のバス停に何故か20分ほどかかりましたが無事バスに乗れました。
親切に教えていただき感謝しております。<(_ _*)>


3日目へつづく・・・

| IN沖縄 | comments(0) | trackbacks(0) |
沖縄ダイジェスト<2>
2日目、今回のメインである旧軍施設や米軍基地を見に行きます。

<旧海軍司令部壕>
豊見城公園前(トミグスクジョウ)バス停から歩いて15分ほど坂を登った所に旧海軍司令部があります。
ちなみに、右端に写っている美容室「かみしばい」ではモヒカンの兄さんがカットしてくれます。
(「かみしばい」営業時間10:00〜19:00、定休日:火曜日、第4月曜日)


慰霊塔。


壕の入り口。


展示品。他多数。


いよいよ壕内へ。


作戦室。この壁は当時のままだそうです。

と、こんな感じでまだまだ続きます。
途中の資料などを読みながら進むとかなり気分が重くなりますが、
沖縄の歴史を知ることは大変重要なことと思いますので、レジャー目的の方も是非。


次の目的地、普天間へ移動>>>


<路線バス移動の要地「那覇バスターミナル」>

沖縄南部の路線バスが集結する重要拠点です。
行先によっては道路を挟んだ「旭橋バス停」をご利用下さい。

<バスターミナルの便所にて>

バスターミナルの公衆便所(大きい方)のタイルに描かれた裸婦像。
何かのシールを剥がしたノリ紙の部分を利用して女体が描かれています。
一人で描き上げたのか、何人かの有志が加筆していったのかは判りませんが、
この類まれな想像力と天才的センスに脱帽し、思わずキバリながらシャッターを切りました。
近年のスプレーアートもどきには絶対真似できない和の繊細さがここに!

場所:那覇バスターミナルの2F男子便所。奥から2番目の個室(だったと思う)
※消される可能性も高いので、観覧希望の方はお早めに!


<普天間へ移動中>

那覇市街地を少し離れると比較的ゆったりとした街並が続きます。
1:36あたりの自動アナウンス「あきらめないで!」にグッと来る。
その後、何事も無かったかのように普通のテンションに戻るところもナイス。

<嘉数高台展望台>

我、オスプレイ発見セリ!


ズーム。 
こんな感じで普通に並んでおり30分ほど見てましたが、残念ながら飛ばず・・・

<昼食>

普天間基地から道路挟んだ向かいにあるタイ・ベトナム料理「アジアンハウス」
周辺はココしか食べる所が無い雰囲気だったので入ってみることに。


地方のドライブウェイ的な外観とは打って変わって、店内は非常にキレイで雰囲気も良好。
平日の昼間ということもあってか客は我々のみ、店にはベトナム人ママが一人。




この店のトムヤムクンは、若干辛さと酸味が控えめな感じ。
グリーンカレーも国内市販のレトルトなんかと比較するとマイルドで深い味わい。
タイ・ベトナム料理が大好きな私はかなり満足でしたが、唐辛子や香草が苦手な人には苦行でしょう。
あと、アルバイトを募集していますが、ママ曰く英語が話せる方を優遇してくれるそうです。
お店の詳細はこちら


つづく


| IN沖縄 | comments(0) | trackbacks(0) |
沖縄ダイジェスト<1>

今回の旅行代金、ANA往復航空券(神戸=那覇)、ホテル2泊(朝食2回夕食1回付き)
レンタカー利用無料(燃料別途)、美ら海水族館入場券、以上の内容がセットになって、
お一人様、驚愕の29.000円!
ANAは普通に買ったら那覇まで片道3万以上するのに、世の中どないなっとんねんw


そんなおいしいツアーを見過ごす手は無く、すぐさま予約となったワケであります。
で、いつもは好んでフラップが見える座席を取るのですが、今回はスラットしか見えない座席位置。
これらの高揚力装置が可動するのを見るのが大好きなのであります。
この位置だと着陸滑走中にエンジンの所のパネルがスコーンと開いたりするのが見えるんですよっ!
でも飛行機恐怖症の人は低速飛行時は主翼がしなるので、見ない方がイイかも知れません。

<沖縄到着!>

時を同じくして天皇皇后両陛下がいらっしゃるということで、県庁前では日の丸もった市民の姿が。


ANAで飛んできてJALのホテルに泊まる。なかなかのセンスですね。
ていうかさすが沖縄、11月でも気温は22度超えなのでTシャツ短パンで十分。暑い!
でも地元の人は寒いらしく、パーカー羽織ったりしてるんですよ。不思議な感覚。

<バス>

いつもの事ですが、なるべく土地の空気に触れたい派なので出来るだけ公共交通機関を使います。
沖縄のバスは「前乗り前降り後払い」で、乗る時に必ず整理券を取ります。
両替機は千円札と五百円玉に対応しており、降りる時に両替するのがマナー。
大きいお札の場合は運転手サンに直接相談となりますが、迷惑なので乗る前に崩しておきましょう。


整理券を無くすと一番高い運賃になる場合があります。(電車の切符と思って下さい)


バスの路線は多く、地元の人でも乗る前に行き先を告げて運転手に確認するのが常識。
大体どの路線も平均1時間2本ですが、土日は1時間1本になる時間帯も多く見られます。
あと、観光客がバス停にいるとタクシー運転手が「沖縄のバスは待っても来ねぇヨ」などと言って、
営業を仕掛けてきますが、概ね時間通りに来ます。(7回乗って遅れたのは1回のみでした)
ですが、夕方のラッシュ時は10分や20分遅れることも頻繁にあるようですので、
到着時刻がシビアな場合は、タクシーを使う方が無難です。

<夕食>

「国際通り」という沖縄一番の繁華街にて夕食。まずは沖縄料理を!
お通しのなんちゃら豆腐(忘れた)とラフテー。美味し。


定番のソーキそば。
「美味いか!」と聞かれると「不味くはない」というのが正直なところ。
でも豚はトロットロに煮こんであり、軟骨まで食べれて美味であります。


もずくの天ぷら。
要はかき揚げ、完全にタマネギが勝ってしまってモズクはドコへ行った?


イカ墨ソバ。美味なれど、これまたタマネギが席巻している。。。
これは郷土料理ではないので、もう少し「何をどのように食べさせたいのか」を考えるべきかと・・・



夕食後、そのまま一気に土産物など買い物も済ませ、一日目終了。

<沖縄弁>
想像以上に聞き取りにくく、声をかけられても何を言っているのか分からない事しばしば。
テレビなんかだと字幕が付くのと、大体の内容が分かっているから容易に聞き取れるのだと思います。
タレントの山田親太朗のイントネーションがそのものですが、彼ほどゆっくりハッキリではなく、
ボソボソっと早口で喋る人が多く、更に疑問文と平叙文の聞き分けが難しい方言ナリ。
慣れない内は、相手の発した最初の一言目を必ずといってイイほど聞き返してしまいます。


| IN沖縄 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/1PAGES |