過去記事テーマ別

管理人の買った物一覧

私家版戦車入門1: 無限軌道の発明と英国タンク
私家版戦車入門1: 無限軌道の発明と英国タンク (JUGEMレビュー »)
モリナガ ヨウ
世界初のタンク(戦車)が如何にして誕生し、どのような問題を乗り越えて進化して来たのか?蒸気トレーラーから英国の菱型戦車、ホイペットまでをまとめた決定版。
ガン&ガール イラストレイテッド 第二次大戦枢軸国編 (MC☆あくしずMOOK)
ガン&ガール イラストレイテッド 第二次大戦枢軸国編 (MC☆あくしずMOOK) (JUGEMレビュー »)

WW2枢軸陣営の小火器を紹介した女子イラスト付きのマジメな本。読みやすい構成で初心者にもオススメ。
大日本帝国陸海軍〈2〉―軍装と装備 明治・大正・昭和
大日本帝国陸海軍〈2〉―軍装と装備 明治・大正・昭和 (JUGEMレビュー »)
中田 忠夫
ややカタログっぽく編集されており、被服の細部(内側や背面など)を知ることは出来ませんが小物や拳銃、生活用品までかなりの数が全て写真で網羅されています。
The Soviet Soldier of World War Two
The Soviet Soldier of World War Two (JUGEMレビュー »)
Phillippe Rio
WW2ソ連兵の兵装を実写カラーでドカンと紹介。よほど特殊な設定以外この一冊で十分です。オススメ!全編英語
ストライクアンドタクティカルマガジン増刊 日本陸軍の戦車 2010年 11月号 [雑誌]
ストライクアンドタクティカルマガジン増刊 日本陸軍の戦車 2010年 11月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)
古是 三春,鈴木 邦宏,土居 雅博
最新の考証を元に八九式を中心に旧軍戦車を各型解説。写真やイラストも豊富で内装なども参考になります。オススメ!
Deutsche Soldaten: The Uniforms, Equipment and Personal Effects of the German 1939-1945
Deutsche Soldaten: The Uniforms, Equipment and Personal Effects of the German 1939-1945 (JUGEMレビュー »)
Agustin Saiz
これは凄い量の実物コレクション!ブーツやガスマスクなど一般的な装備品のバリエーションは勿論、マップケースの中身に時計やタバコまで、ドイツ兵の持ち物を殆ど網羅!巻頭から巻末までオールカラー写真で資料的価値抜群。オススメ!
※全編英語
図解 ヘビーアームズ (F-Files No.017)
図解 ヘビーアームズ (F-Files No.017) (JUGEMレビュー »)
大波 篤司
機関銃や迫撃砲、バズーカにロケットランチャーなど使用方法や各部品の意味など一問一答でスッキリ解説。銃器ビギナーの人に超オススメ。
Vision models 1/35スケール  【VA-9003】 帝国陸軍 九七式
Vision models 1/35スケール  【VA-9003】 帝国陸軍 九七式 (JUGEMレビュー »)

チハ系キットには欠かせないキャタ。価格、組み易さ、解像度も申し分ない定番商品。
末期の水物兵器集
末期の水物兵器集 (JUGEMレビュー »)
こが しゅうと
若干クセのある漫画と文章で、旧海軍兵器の中でもマニアックな物を局所的に徹底紹介!他のシリーズも濃イィ内容!
戦う広告―雑誌広告に見るアジア太平洋戦争
戦う広告―雑誌広告に見るアジア太平洋戦争 (JUGEMレビュー »)
若林 宣
戦時中に国内で使用された広告を年代ごとに紹介。当時の世相が分かる他に類を見ない貴重な資料。
British Web Equipment of the Two World Wars (Europa Militaria)
British Web Equipment of the Two World Wars (Europa Militaria) (JUGEMレビュー »)
Martin Brayley
英軍歩兵の装備品をカラー写真で紹介。色味やバリエーションを知るには良書ですが武器類は無し。価格的にもオススメ!
※全編英語
Stalin's War: Soviet Uniforms And Militaria 1941-45
Stalin's War: Soviet Uniforms And Militaria 1941-45 (JUGEMレビュー »)
Laszlo Bekesi
コレクターが集めたWW2ソ連軍の装備品や階級章のカラー写真集。マニアにとってはかなり薄い内容だが、ソ連軍初心者にはそこそこ資料的価値アリ。
※全編英語
第2次大戦ドイツ軍装ガイド
第2次大戦ドイツ軍装ガイド (JUGEMレビュー »)
ジャン・ド・ラガルド
オール実写による軍装ガイド。これ一冊で殆んどの正規バリエーションが把握できます。
ノーブル バックレスキューベルトチタン L(腰周り:78~94cm) 黒
ノーブル バックレスキューベルトチタン L(腰周り:78~94cm) 黒 (JUGEMレビュー »)

椅子に座ってると腰が痛い!
ってな人は試す価値アリ!
個人的には相当の効果を実感しています。
鋼鉄の最精鋭部隊―千葉戦車学校・騎兵学校 (日本陸軍の機甲部隊 1)
鋼鉄の最精鋭部隊―千葉戦車学校・騎兵学校 (日本陸軍の機甲部隊 1) (JUGEMレビュー »)

貴重な日本戦車の写真集です!戦車学校での訓練風景で構成され、全体の半分以上がチハ主体の写真ですがネットでは見られないレアなものばかり!チハファンは必携!
ドキッ乙女だらけの帝國陸軍入門
ドキッ乙女だらけの帝國陸軍入門 (JUGEMレビュー »)
堀場 亙,岡本 博信
萌えだと思って期待したらハズレですのでご注意を…列記としたミリタリー本です。
TUNODA 薄刃ミニニッパー 120mm TM-02
TUNODA 薄刃ミニニッパー 120mm TM-02 (JUGEMレビュー »)

某プラモメーカーから発売されている物のOEM版なのでプラモ制作に抜群の性能!しかも格安!
Les MAteriels radio de la Wehrmacht: German Radio Sets 1935-1945
Les MAteriels radio de la Wehrmacht: German Radio Sets 1935-1945 (JUGEMレビュー »)
Pierre Metsu
大戦中のドイツ軍無線機を全機種カラー写真で紹介。残念ながら和訳はないですが英訳はアリ。(値段が…)
陸軍機甲部隊―激動の時代を駆け抜けた日本戦車興亡史 (〈歴史群像〉太平洋戦史シリーズ (25))
陸軍機甲部隊―激動の時代を駆け抜けた日本戦車興亡史 (〈歴史群像〉太平洋戦史シリーズ (25)) (JUGEMレビュー »)

モデラー目線のディティール考察には向きませんが、日本戦車がどのように発展し各地でどう戦ったかを知るには良書。
Modelling the Marder Self-Propelled Gun (Osprey Modelling)
Modelling the Marder Self-Propelled Gun (Osprey Modelling) (JUGEMレビュー »)
Sam Dwyer, Robert Oehler

マーダー1,2D,3r,3M,3H のディティールアップ製作ガイド。
外人サンのテクを盗めます!
泥まみれの虎―宮崎駿の妄想ノート
泥まみれの虎―宮崎駿の妄想ノート (JUGEMレビュー »)
宮崎 駿
エース「オットーカリウス」の手記を元に末期ドイツ軍の泥沼の戦いを描写。
今までの「戦車感」が変わるかも?
第2次大戦各国軍装全ガイド (ミリタリー・ユニフォーム)
第2次大戦各国軍装全ガイド (ミリタリー・ユニフォーム) (JUGEMレビュー »)
ピーター ダーマン,マルカム マクグレガー,ピエール ターナー
WW2各国陸海空の軍服図鑑。
膨大な数だが、浅く広くといった感じなので、一国を集中的に調べたい人には不向き。
日本戦車隊戦史―鉄獅子かく戦えり
日本戦車隊戦史―鉄獅子かく戦えり (JUGEMレビュー »)
上田 信
帝国陸軍戦車部隊が各戦線でどのように戦ったのか、図解を交えて年代ごとに相手装備と比較しながら紹介。
イラスト中心なので文章が苦手な人でも大丈夫!(写真は無し)
ビジュアルガイド WW2戦車〈1〉電撃戦
ビジュアルガイド WW2戦車〈1〉電撃戦 (JUGEMレビュー »)
川畑 英毅, 吉原 幹也
WW恐そ戦線好きなら持っておきたい一冊。
ドイツ、ソ連は勿論、フランスやポーランド等、欧州のあらゆる戦闘車両を広く浅く紹介。マイナー車種など豆知識にいいかも。
アハトゥンク・パンツァー〈第7集〉1号戦車、2号戦車と派生型編
アハトゥンク・パンツァー〈第7集〉1号戦車、2号戦車と派生型編 (JUGEMレビュー »)
尾藤 満
言わずと知れたモデラーの為の資料本。 詳細図と写真で各型を詳しく解説。
IN長崎<超ダイジェスト2>
世間では刃物男やら汚物男やら、イカレポンチがブレイクしておりますが
一体どこをどうヒネクレたらそのような行為に至るのか、思考回路に興味はあります。


<朝一で軍艦島へ>

いよいよメインの軍艦島クルーズ。
これに乗って行きます。


途中の造船所で建造中の護衛艦を発見。
男心をくすぐります。

<軍艦島>

「右手2時の方向に見えますのが・・・」
いやぁ、やっぱり実物を見ると興奮します。

<上陸>

観光客が行動できる場所はほんの僅かで、建物の中には入れません。
外周の整備された撮影ポイントから説明を聞きながら写真撮るだけです。
「廃墟の中まで入りてぇ!」な人はルール違反の裏ワザがあるそうですが・・・
(その辺はご自身でお調べください)
それにしても、大正時代に建てられたという鉄筋コンクリート造りの高層アパート
外海からの暴風雨に晒されながら今も原形を保っているなんてスゴイと思います。
ちなみに真ん中辺りに写っている瓦礫は、閉鎖の際に法律に基付いて解体したそうで
自然倒壊したワケではないとのことです。
海が荒れたら建造物に直接波がブチ当たる過酷な環境だそうな。

以上、あとはググった方が詳しくて正確で早いです。

<市内観光>

路電です。大阪人はチン電と呼びます。
市内に集中している観光スポットを巡るには、安くて手軽な最高の足となるので
早めにマスターしておく事をオススメします。
一回のご乗車、大人120円子供60円ポッキリで終点まで乗れます。
3路線ありますが、表示板の色(コレだと黄色)でルートが分かります。
料金後払いで、お釣りは出ないので車内で両替するか予め小銭をご用意ください。
5分置きぐらいでバンバン来るので、乗り間違えても安心。(120円もったいないけど)

一日で全観光スポット制覇を目標に・・・以下バッサリ省略。

<中華街>

そしてアッと言う間に夜。
知り合いの中国人曰く「横浜、神戸、長崎で基本の味が違うから、食べてこい」
とのことでやってまいりました。
とりあえず、ちゃんぽんが一番美味いと評判の「江山楼」へ。


写真では分かりにくいですが、真ん中にフカヒレらしき物体が・・・
それはイイとして味の方ですが、コレは確かに美味いです。
これ食べたらリンガー帽子のチャンポンなんか「ソレっぽいただのラーメン」て感じ。
この味なら安心して他人様にもオススメできます。

それにしてもこの中華街、神戸のソレよりアレな感じが否めません…
とにかく全店舗のシャッターが上がる事をお祈りいたします。


<4日目>

電車の時間ギリギリまで歩きまくって、最後に普通のチャラい店で買い物して
「観光の人とお話しすると言葉が混じって、地元の言葉が分からなくなるっスよぉ」
とか語ってくるピアスだらけのチャラい店員に「地元の言葉を愛しなさい」と説いてから
セガファンなら愛着を感じるであろうソニック号に乗り込み帰路へ。
高級感溢れる革張り風シートは結構ですが、
腰回りのクッションが柔らかいので腰痛くなります。
最後にここで気付いたのは、JR九州のシートは普通じゃ気が済まないらしいという事。





| IN長崎 | comments(4) | trackbacks(0) |
IN長崎<超ダイジェスト>
そんなワケで、人生初の長崎から生還いたしました。
「関西育ちなら長崎なんて修学旅行で行ったやろw」と、よく言われるのですが・・・
例年長崎だったウチの中学校はちょっと元気な生徒が多かったせいで、
他校とのトラブル回避のため“私の学年だけ”が信州長野の山奥へ変更されたという悲劇。
夜中に皆で酒飲んで麻雀してたら担任に見つかってタコ殴りにされ
旅館の廊下を血まみれにして、逆に先生がこっぴどく怒られてたのを思い出します。


<初グリーン>

個人ではまず乗ることのないグリーン車初体験。
今回はツアー会社で格安チケットが取れたので、交通費とホテル代は個人の半額以下。
中途半端な時期の平日の旅行なので、投げ売り商品をゲットできたワケであります。
あと、ツアーって言っても別に添乗員に連れられてゾロゾロ歩くアレじゃないですよw

<ハウステンボス号>

博多からはハウステンボス直行列車。
ハイカラな柄のシートが素敵です。(カーテンもこの柄)

<車窓から>

大阪たこやき・・・

<テンボス到着>

ただただ「電飾のイベントをやっている」という事でけで
正直、ここが何のテーマパークかサッパリ知らずにやってまいりました。


<ホラートイレ>

園内にある「ホラートイレ」というもの。
簡易お化け屋敷付きトイレなワケですが、子供騙し以外の何物でもないと侮るなかれ、
チキンな私は背後に人形が立っているだけで用が足せないのであります。

<夜>

片っ端からアトラクション回ってたらアッという間に夜。
メインエベントの電飾であります。
某、鼠の国の電気行進とは趣向が異なるのですが、かなりテンション上がりますた。


最高のネタ。

<翌日>

園内のホテルで一泊し、二日目も朝っぱらから遊んで暗くならないうちに長崎市内へ。
今度は人生初の単線ワンマン2両編成に乗車。(またハイカラシート)
NHKで見た関口Jrの旅番組が如く普通列車の旅。
めっさ遅いですが、その土地の人の雰囲気や空気が感じ取れて良かったです。
(ていうか、コレしか電車が無いのです・・・)
また、噂に聞く「運転手に切符を渡して降りる」光景を初めて見ますた。

<長崎到着>

揺られること1時間半、すっかり夜になった長崎に到着。

次はいよいよ「軍艦島」へ!


| IN長崎 | comments(2) | trackbacks(0) |
久々の「突然ですが」
九州へ新幹線一本で行けるようになったので、
明日から4日間ほど長崎へ観光に行ってきます。(`・ω・´)ゞ
メインはハウステンボスの電飾と軍艦島です。

あと、関係ないですが今週のP4「りせちーOP」には思わず鼻息荒げてしまいました。
(*゚∀゚)=3


それでは!!しばしドロン( ̄人 ̄)!!


| IN長崎 | comments(2) | trackbacks(0) |
| 1/1PAGES |