過去記事テーマ別

管理人の買った物一覧

私家版戦車入門1: 無限軌道の発明と英国タンク
私家版戦車入門1: 無限軌道の発明と英国タンク (JUGEMレビュー »)
モリナガ ヨウ
世界初のタンク(戦車)が如何にして誕生し、どのような問題を乗り越えて進化して来たのか?蒸気トレーラーから英国の菱型戦車、ホイペットまでをまとめた決定版。
ガン&ガール イラストレイテッド 第二次大戦枢軸国編 (MC☆あくしずMOOK)
ガン&ガール イラストレイテッド 第二次大戦枢軸国編 (MC☆あくしずMOOK) (JUGEMレビュー »)

WW2枢軸陣営の小火器を紹介した女子イラスト付きのマジメな本。読みやすい構成で初心者にもオススメ。
大日本帝国陸海軍〈2〉―軍装と装備 明治・大正・昭和
大日本帝国陸海軍〈2〉―軍装と装備 明治・大正・昭和 (JUGEMレビュー »)
中田 忠夫
ややカタログっぽく編集されており、被服の細部(内側や背面など)を知ることは出来ませんが小物や拳銃、生活用品までかなりの数が全て写真で網羅されています。
The Soviet Soldier of World War Two
The Soviet Soldier of World War Two (JUGEMレビュー »)
Phillippe Rio
WW2ソ連兵の兵装を実写カラーでドカンと紹介。よほど特殊な設定以外この一冊で十分です。オススメ!全編英語
ストライクアンドタクティカルマガジン増刊 日本陸軍の戦車 2010年 11月号 [雑誌]
ストライクアンドタクティカルマガジン増刊 日本陸軍の戦車 2010年 11月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)
古是 三春,鈴木 邦宏,土居 雅博
最新の考証を元に八九式を中心に旧軍戦車を各型解説。写真やイラストも豊富で内装なども参考になります。オススメ!
Deutsche Soldaten: The Uniforms, Equipment and Personal Effects of the German 1939-1945
Deutsche Soldaten: The Uniforms, Equipment and Personal Effects of the German 1939-1945 (JUGEMレビュー »)
Agustin Saiz
これは凄い量の実物コレクション!ブーツやガスマスクなど一般的な装備品のバリエーションは勿論、マップケースの中身に時計やタバコまで、ドイツ兵の持ち物を殆ど網羅!巻頭から巻末までオールカラー写真で資料的価値抜群。オススメ!
※全編英語
図解 ヘビーアームズ (F-Files No.017)
図解 ヘビーアームズ (F-Files No.017) (JUGEMレビュー »)
大波 篤司
機関銃や迫撃砲、バズーカにロケットランチャーなど使用方法や各部品の意味など一問一答でスッキリ解説。銃器ビギナーの人に超オススメ。
Vision models 1/35スケール  【VA-9003】 帝国陸軍 九七式
Vision models 1/35スケール  【VA-9003】 帝国陸軍 九七式 (JUGEMレビュー »)

チハ系キットには欠かせないキャタ。価格、組み易さ、解像度も申し分ない定番商品。
末期の水物兵器集
末期の水物兵器集 (JUGEMレビュー »)
こが しゅうと
若干クセのある漫画と文章で、旧海軍兵器の中でもマニアックな物を局所的に徹底紹介!他のシリーズも濃イィ内容!
戦う広告―雑誌広告に見るアジア太平洋戦争
戦う広告―雑誌広告に見るアジア太平洋戦争 (JUGEMレビュー »)
若林 宣
戦時中に国内で使用された広告を年代ごとに紹介。当時の世相が分かる他に類を見ない貴重な資料。
British Web Equipment of the Two World Wars (Europa Militaria)
British Web Equipment of the Two World Wars (Europa Militaria) (JUGEMレビュー »)
Martin Brayley
英軍歩兵の装備品をカラー写真で紹介。色味やバリエーションを知るには良書ですが武器類は無し。価格的にもオススメ!
※全編英語
Stalin's War: Soviet Uniforms And Militaria 1941-45
Stalin's War: Soviet Uniforms And Militaria 1941-45 (JUGEMレビュー »)
Laszlo Bekesi
コレクターが集めたWW2ソ連軍の装備品や階級章のカラー写真集。マニアにとってはかなり薄い内容だが、ソ連軍初心者にはそこそこ資料的価値アリ。
※全編英語
第2次大戦ドイツ軍装ガイド
第2次大戦ドイツ軍装ガイド (JUGEMレビュー »)
ジャン・ド・ラガルド
オール実写による軍装ガイド。これ一冊で殆んどの正規バリエーションが把握できます。
ノーブル バックレスキューベルトチタン L(腰周り:78~94cm) 黒
ノーブル バックレスキューベルトチタン L(腰周り:78~94cm) 黒 (JUGEMレビュー »)

椅子に座ってると腰が痛い!
ってな人は試す価値アリ!
個人的には相当の効果を実感しています。
鋼鉄の最精鋭部隊―千葉戦車学校・騎兵学校 (日本陸軍の機甲部隊 1)
鋼鉄の最精鋭部隊―千葉戦車学校・騎兵学校 (日本陸軍の機甲部隊 1) (JUGEMレビュー »)

貴重な日本戦車の写真集です!戦車学校での訓練風景で構成され、全体の半分以上がチハ主体の写真ですがネットでは見られないレアなものばかり!チハファンは必携!
ドキッ乙女だらけの帝國陸軍入門
ドキッ乙女だらけの帝國陸軍入門 (JUGEMレビュー »)
堀場 亙,岡本 博信
萌えだと思って期待したらハズレですのでご注意を…列記としたミリタリー本です。
TUNODA 薄刃ミニニッパー 120mm TM-02
TUNODA 薄刃ミニニッパー 120mm TM-02 (JUGEMレビュー »)

某プラモメーカーから発売されている物のOEM版なのでプラモ制作に抜群の性能!しかも格安!
Les MAteriels radio de la Wehrmacht: German Radio Sets 1935-1945
Les MAteriels radio de la Wehrmacht: German Radio Sets 1935-1945 (JUGEMレビュー »)
Pierre Metsu
大戦中のドイツ軍無線機を全機種カラー写真で紹介。残念ながら和訳はないですが英訳はアリ。(値段が…)
陸軍機甲部隊―激動の時代を駆け抜けた日本戦車興亡史 (〈歴史群像〉太平洋戦史シリーズ (25))
陸軍機甲部隊―激動の時代を駆け抜けた日本戦車興亡史 (〈歴史群像〉太平洋戦史シリーズ (25)) (JUGEMレビュー »)

モデラー目線のディティール考察には向きませんが、日本戦車がどのように発展し各地でどう戦ったかを知るには良書。
Modelling the Marder Self-Propelled Gun (Osprey Modelling)
Modelling the Marder Self-Propelled Gun (Osprey Modelling) (JUGEMレビュー »)
Sam Dwyer, Robert Oehler

マーダー1,2D,3r,3M,3H のディティールアップ製作ガイド。
外人サンのテクを盗めます!
泥まみれの虎―宮崎駿の妄想ノート
泥まみれの虎―宮崎駿の妄想ノート (JUGEMレビュー »)
宮崎 駿
エース「オットーカリウス」の手記を元に末期ドイツ軍の泥沼の戦いを描写。
今までの「戦車感」が変わるかも?
第2次大戦各国軍装全ガイド (ミリタリー・ユニフォーム)
第2次大戦各国軍装全ガイド (ミリタリー・ユニフォーム) (JUGEMレビュー »)
ピーター ダーマン,マルカム マクグレガー,ピエール ターナー
WW2各国陸海空の軍服図鑑。
膨大な数だが、浅く広くといった感じなので、一国を集中的に調べたい人には不向き。
日本戦車隊戦史―鉄獅子かく戦えり
日本戦車隊戦史―鉄獅子かく戦えり (JUGEMレビュー »)
上田 信
帝国陸軍戦車部隊が各戦線でどのように戦ったのか、図解を交えて年代ごとに相手装備と比較しながら紹介。
イラスト中心なので文章が苦手な人でも大丈夫!(写真は無し)
ビジュアルガイド WW2戦車〈1〉電撃戦
ビジュアルガイド WW2戦車〈1〉電撃戦 (JUGEMレビュー »)
川畑 英毅, 吉原 幹也
WW恐そ戦線好きなら持っておきたい一冊。
ドイツ、ソ連は勿論、フランスやポーランド等、欧州のあらゆる戦闘車両を広く浅く紹介。マイナー車種など豆知識にいいかも。
アハトゥンク・パンツァー〈第7集〉1号戦車、2号戦車と派生型編
アハトゥンク・パンツァー〈第7集〉1号戦車、2号戦車と派生型編 (JUGEMレビュー »)
尾藤 満
言わずと知れたモデラーの為の資料本。 詳細図と写真で各型を詳しく解説。
奄美3
「大雑把すぎてイマイチよく伝わらない」と周囲から言われております旅日記。

模型の製作記録でもお分かりの通り、なんせ写真を撮るのが面倒くさい管理人。

しかも、どうも人が見たいと思うところを見事に外して撮っているようです。。。




さて、南国と言えば「マンゴー」であります!

ホテルのフロントで教えてもらったマンゴー農園へやってきますた。



建物の中では出荷作業をしており、ピカピカに磨かれたマンゴーが並んでおります。

で、ここへ来た最大の目的「アウトレットマンゴー」がひっそりとカゴに入っておりまして

ちょっとしたキズや日焼けがあったり小さすぎる物は自家用に分けられているんですな。

それをお安く譲ってもらえるワケでありますヽ(・∀・)ノ



奄美と言えばココも外せません!ホームセンター「ビッグ供

島の人曰く、店名の名の由来は大阪弁の「おおきに→大きい2→ビッグ2」だそうで

「…で、それがなぜ奄美に??」と謎だらけの店でありますが、日用品からお土産まで何でも揃います!



同敷地内にある動物園…的なもの。ウサギやらヤギなんかがいます。



南の島ですから当然スコールだってあるのです。



1本しか無い主要道路を走っていますと何とも興味深い看板「ハブと愛まショー」!

この系統のタイトルにとても弱い管理人、迷わず直行であります。

恐る恐る店内に入ってみると、いたって普通のお洒落なアクセサリー店…

しばらくすると「ショーを観覧のお客様どうぞ」とお兄ちゃんが出てきてチケットを購入



別室へ入ると「怪しい!!」

更に怪しいオッちゃんが出てきて、生きた蛇も出てきて・・・

結論、これは面白い!!(詳しくは言えないが、要はヘビについてのお勉強)

あと、店内で売られているアクセサリーは全て自家製オリジナルで魅力的な物が多いです。

ネット販売もアリ→http://habu.art-studio.cc/netshop/net-shop.htm

ということで、最後にハブも見たところで飛行機のお時間となったワケであります。


<総括>
基本的には海で遊ぶのがメインの島なので、単なる観光で行く場合は
「この島を楽しもう!」って意気込みがないと「何していいかわからん…」な所です。
ホテルの人とかにガンガン聞き込みをして、積極的に行動するのがイイです。
| IN奄美 | comments(0) | trackbacks(0) |
奄美2
とりあえずレンタカー無しで楽しめる方法は無いか・・・?

と言うことで、奄美2日目は朝からツアーに参加しまして

午前中は有名な原生林「金作原」へ、午後はマングローブの森をカヌーで巡ってまいりました。

やっぱ何も分からない時はツアーに限りますな(´▽`;)ゝ



↑金作原。 軽く山道を歩きますが、ガチガチの登山装備でなくても大丈夫。

サンダル履きで来てる人もいました。



↑このツアーのメインとも言えるカヌーであります!

もちろん初めて乗ったんですが、流れの穏やかな水域なので少し慣れれば楽勝!

終わるころには名残惜しくなります。




ツアーで知り合った人と意気投合し、夜はその人のレンタカーで市街地へ!

夕食はグルメスポットにもなっている「鳥しん」でいただきまして

帰り際に地元客のおっちゃんが「ハブ捕りセット」を見せてくれました。

島でハブを生捕にしたら役所が4000円で買い取ってくれるそうで、

ちょっとした小遣い稼ぎになるのだとか。(でも遭遇率はかなり低いそうです)

ちなみに、マングースを捕まえたら4500円だそうです。


肝心な事忘れてましたがココの料理は美味かったですよぉ!



つづく
| IN奄美 | comments(0) | trackbacks(0) |
帰ってきますた!(奄美その1)


ということで奄美大島へ行ってまいりました。

行きの飛行機は時間の関係で、神戸空港〜鹿児島〜奄美という具合に乗継。

鹿児島までは双発ジェットなのである程度安定していたんですが・・・



↑鹿児島から奄美行きはコレ!写真では伝わりにくいですがかなり小さい…

しかも空港の遥か端っこにちょこんと止まっていて、飛行機まで送迎バスで行くのであります。

「飛行機なんぞ何が怖いんじゃ」って人には何でもないネタですが、

「怖い!!」とまで言わなくとも離陸時に多少緊張するワタクシにとって

人生初の小型プロペラ機はなかなかのスリルなのであります。

で、乗った感じはエンジン音(プロペラ音?)がデカイ以外は大した変りは無く

むしろプロペラ機の方が面白いですね〜
(でもやっぱりあのフワっとくる感触は慣れないモンですな(;´Д`)ウゲェ



なぜか「加藤隼戦闘隊」が脳内放送でループする管理人。眼下には奄美大島が見えてまいりました☆

噂ではこの飛行機の機長は旋回が好きだそうで、何回かグィングィンと回りながら到着。

その旋回サービスのおかげで、着いた頃には飛行機がすっかり楽しくなっておりました。

注)結果には個人差があります



またもや空港の端っこにスィ〜っと止まりまして、ターミナルまでは歩いていきます。



空港から宿泊先までは送迎の車が来てくれるので、ゆったり車内から外を眺めておりますと・・・何もない。

パラパラと南国情緒あふれる民家があり、山と海、砂糖キビ畑、以上。

20分ほど車で走って、一件も店らしきものが無いというのは衝撃的☆

これは…100%レンタカーが必要な島であると確信しました。



つづく
| IN奄美 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/1PAGES |