過去記事テーマ別

管理人の買った物一覧

私家版戦車入門1: 無限軌道の発明と英国タンク
私家版戦車入門1: 無限軌道の発明と英国タンク (JUGEMレビュー »)
モリナガ ヨウ
世界初のタンク(戦車)が如何にして誕生し、どのような問題を乗り越えて進化して来たのか?蒸気トレーラーから英国の菱型戦車、ホイペットまでをまとめた決定版。
ガン&ガール イラストレイテッド 第二次大戦枢軸国編 (MC☆あくしずMOOK)
ガン&ガール イラストレイテッド 第二次大戦枢軸国編 (MC☆あくしずMOOK) (JUGEMレビュー »)

WW2枢軸陣営の小火器を紹介した女子イラスト付きのマジメな本。読みやすい構成で初心者にもオススメ。
大日本帝国陸海軍〈2〉―軍装と装備 明治・大正・昭和
大日本帝国陸海軍〈2〉―軍装と装備 明治・大正・昭和 (JUGEMレビュー »)
中田 忠夫
ややカタログっぽく編集されており、被服の細部(内側や背面など)を知ることは出来ませんが小物や拳銃、生活用品までかなりの数が全て写真で網羅されています。
The Soviet Soldier of World War Two
The Soviet Soldier of World War Two (JUGEMレビュー »)
Phillippe Rio
WW2ソ連兵の兵装を実写カラーでドカンと紹介。よほど特殊な設定以外この一冊で十分です。オススメ!全編英語
ストライクアンドタクティカルマガジン増刊 日本陸軍の戦車 2010年 11月号 [雑誌]
ストライクアンドタクティカルマガジン増刊 日本陸軍の戦車 2010年 11月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)
古是 三春,鈴木 邦宏,土居 雅博
最新の考証を元に八九式を中心に旧軍戦車を各型解説。写真やイラストも豊富で内装なども参考になります。オススメ!
Deutsche Soldaten: The Uniforms, Equipment and Personal Effects of the German 1939-1945
Deutsche Soldaten: The Uniforms, Equipment and Personal Effects of the German 1939-1945 (JUGEMレビュー »)
Agustin Saiz
これは凄い量の実物コレクション!ブーツやガスマスクなど一般的な装備品のバリエーションは勿論、マップケースの中身に時計やタバコまで、ドイツ兵の持ち物を殆ど網羅!巻頭から巻末までオールカラー写真で資料的価値抜群。オススメ!
※全編英語
図解 ヘビーアームズ (F-Files No.017)
図解 ヘビーアームズ (F-Files No.017) (JUGEMレビュー »)
大波 篤司
機関銃や迫撃砲、バズーカにロケットランチャーなど使用方法や各部品の意味など一問一答でスッキリ解説。銃器ビギナーの人に超オススメ。
Vision models 1/35スケール  【VA-9003】 帝国陸軍 九七式
Vision models 1/35スケール  【VA-9003】 帝国陸軍 九七式 (JUGEMレビュー »)

チハ系キットには欠かせないキャタ。価格、組み易さ、解像度も申し分ない定番商品。
末期の水物兵器集
末期の水物兵器集 (JUGEMレビュー »)
こが しゅうと
若干クセのある漫画と文章で、旧海軍兵器の中でもマニアックな物を局所的に徹底紹介!他のシリーズも濃イィ内容!
戦う広告―雑誌広告に見るアジア太平洋戦争
戦う広告―雑誌広告に見るアジア太平洋戦争 (JUGEMレビュー »)
若林 宣
戦時中に国内で使用された広告を年代ごとに紹介。当時の世相が分かる他に類を見ない貴重な資料。
British Web Equipment of the Two World Wars (Europa Militaria)
British Web Equipment of the Two World Wars (Europa Militaria) (JUGEMレビュー »)
Martin Brayley
英軍歩兵の装備品をカラー写真で紹介。色味やバリエーションを知るには良書ですが武器類は無し。価格的にもオススメ!
※全編英語
Stalin's War: Soviet Uniforms And Militaria 1941-45
Stalin's War: Soviet Uniforms And Militaria 1941-45 (JUGEMレビュー »)
Laszlo Bekesi
コレクターが集めたWW2ソ連軍の装備品や階級章のカラー写真集。マニアにとってはかなり薄い内容だが、ソ連軍初心者にはそこそこ資料的価値アリ。
※全編英語
第2次大戦ドイツ軍装ガイド
第2次大戦ドイツ軍装ガイド (JUGEMレビュー »)
ジャン・ド・ラガルド
オール実写による軍装ガイド。これ一冊で殆んどの正規バリエーションが把握できます。
ノーブル バックレスキューベルトチタン L(腰周り:78~94cm) 黒
ノーブル バックレスキューベルトチタン L(腰周り:78~94cm) 黒 (JUGEMレビュー »)

椅子に座ってると腰が痛い!
ってな人は試す価値アリ!
個人的には相当の効果を実感しています。
鋼鉄の最精鋭部隊―千葉戦車学校・騎兵学校 (日本陸軍の機甲部隊 1)
鋼鉄の最精鋭部隊―千葉戦車学校・騎兵学校 (日本陸軍の機甲部隊 1) (JUGEMレビュー »)

貴重な日本戦車の写真集です!戦車学校での訓練風景で構成され、全体の半分以上がチハ主体の写真ですがネットでは見られないレアなものばかり!チハファンは必携!
ドキッ乙女だらけの帝國陸軍入門
ドキッ乙女だらけの帝國陸軍入門 (JUGEMレビュー »)
堀場 亙,岡本 博信
萌えだと思って期待したらハズレですのでご注意を…列記としたミリタリー本です。
TUNODA 薄刃ミニニッパー 120mm TM-02
TUNODA 薄刃ミニニッパー 120mm TM-02 (JUGEMレビュー »)

某プラモメーカーから発売されている物のOEM版なのでプラモ制作に抜群の性能!しかも格安!
Les MAteriels radio de la Wehrmacht: German Radio Sets 1935-1945
Les MAteriels radio de la Wehrmacht: German Radio Sets 1935-1945 (JUGEMレビュー »)
Pierre Metsu
大戦中のドイツ軍無線機を全機種カラー写真で紹介。残念ながら和訳はないですが英訳はアリ。(値段が…)
陸軍機甲部隊―激動の時代を駆け抜けた日本戦車興亡史 (〈歴史群像〉太平洋戦史シリーズ (25))
陸軍機甲部隊―激動の時代を駆け抜けた日本戦車興亡史 (〈歴史群像〉太平洋戦史シリーズ (25)) (JUGEMレビュー »)

モデラー目線のディティール考察には向きませんが、日本戦車がどのように発展し各地でどう戦ったかを知るには良書。
Modelling the Marder Self-Propelled Gun (Osprey Modelling)
Modelling the Marder Self-Propelled Gun (Osprey Modelling) (JUGEMレビュー »)
Sam Dwyer, Robert Oehler

マーダー1,2D,3r,3M,3H のディティールアップ製作ガイド。
外人サンのテクを盗めます!
泥まみれの虎―宮崎駿の妄想ノート
泥まみれの虎―宮崎駿の妄想ノート (JUGEMレビュー »)
宮崎 駿
エース「オットーカリウス」の手記を元に末期ドイツ軍の泥沼の戦いを描写。
今までの「戦車感」が変わるかも?
第2次大戦各国軍装全ガイド (ミリタリー・ユニフォーム)
第2次大戦各国軍装全ガイド (ミリタリー・ユニフォーム) (JUGEMレビュー »)
ピーター ダーマン,マルカム マクグレガー,ピエール ターナー
WW2各国陸海空の軍服図鑑。
膨大な数だが、浅く広くといった感じなので、一国を集中的に調べたい人には不向き。
日本戦車隊戦史―鉄獅子かく戦えり
日本戦車隊戦史―鉄獅子かく戦えり (JUGEMレビュー »)
上田 信
帝国陸軍戦車部隊が各戦線でどのように戦ったのか、図解を交えて年代ごとに相手装備と比較しながら紹介。
イラスト中心なので文章が苦手な人でも大丈夫!(写真は無し)
ビジュアルガイド WW2戦車〈1〉電撃戦
ビジュアルガイド WW2戦車〈1〉電撃戦 (JUGEMレビュー »)
川畑 英毅, 吉原 幹也
WW恐そ戦線好きなら持っておきたい一冊。
ドイツ、ソ連は勿論、フランスやポーランド等、欧州のあらゆる戦闘車両を広く浅く紹介。マイナー車種など豆知識にいいかも。
アハトゥンク・パンツァー〈第7集〉1号戦車、2号戦車と派生型編
アハトゥンク・パンツァー〈第7集〉1号戦車、2号戦車と派生型編 (JUGEMレビュー »)
尾藤 満
言わずと知れたモデラーの為の資料本。 詳細図と写真で各型を詳しく解説。
サイパン土産話 その6

ちゅう事で、普通にガラパン市内を歩いてみますと、やっぱりあります「大人のお店」
結構、露骨に看板が出ているのでイメージダウンは必至。
ついでに中国系の足裏マッサージや怪しい系の店もあり
昼間からガンガン呼び込みが声を掛けてきます。
基本は「立ち止まらない」、キツイ表情で「ノーサンキュー」が有効。
まぁ、特にしつこくもないのでトラブルはありません。


さて、観光用秘密兵器はコレ。(編集次第でワイセツ物か?)
日本語ダジャレ満開の「サイパンダ」でございます。
とにかく日本人にしか通用しない強引なマスコットで
免税店には専門ブースもありますが人気はイマイチ。
「温泉旅行じゃあるまいし…」と言いつつストラップとマグカップを購入。
サイパンにはサイもパンダもいませんが、強引さがなかなかイイですね。
| INサイパン | comments(0) | trackbacks(0) |
サイパン土産話 その5

陸物は他にもドッサリあり、砂浜を歩いていると少し沖にM4があったりします。
で、海中にも当然、航空機や艦船が転がっていて唯一、ピンボケせずに意味の分かる写真がコレ。
航空機の銃座のようですが何の物かは分かりません。 
辺りには薬莢なんかも無数に転がっています。


話は変わって、観光業界の秘密兵器でございます。(ワイセツ物ではありません)
オジサンが出そうとしているのは、かの有名な○○○○○のマスク。
日本人観光客の減少が悩みのサイパンでは、このマスクが消える日も近いでしょう。
ちなみに、このオジサンがやってるサインは日本でいうピースのようなもの。
「ハファダーイ!」と言ってこのサインをすると観光関係の人は陽気に応えてくれます。
決して「今すぐお電話を」のアメホではありません。
| INサイパン | comments(1) | trackbacks(0) |
サイパン土産話 その4

九七式があれば当然、九五式があるのです。
こちらは展示用にリペイントされていて、見た目は嘘っぽいですが実物。
内部はエンジンや主砲が残っています。


砲塔内部はこんな感じ。 
狭いです。ちょっと余裕のあるドラム缶くらいの空間に主砲があります。
国内展示の物は内部までは見れないので、腐っていても貴重です。
| INサイパン | comments(0) | trackbacks(0) |
サイパン土産話 その3

「やっと出たか!」と定番の「九七式チハ」でございます。
実物を見るだけなら国内でも数箇所に展示してありますが、現地で見ると気分が違います。
「ここで実際に戦闘した物」という見方をすると、単なる戦車マニアではなくなります。


これ、上部転輪ですが手で簡単に回ります。しかもずーっと回ってます。
海没していた物だそうですが「軸に海水が浸水していないため現役のままです」との事。
続いて「この車輪が日本の工業力の精度の高さを物語っています」と。
車体に付いている上部転輪も同様で、軸のブレも遊びも全く無しで見事に回転します。(破損部はダメですが)

装甲や武装の貧弱さが日本戦車の代名詞になっていますが、各部品は素晴らしい精度だったと実感。
実際に手で触れて、内部を覗くと日本戦車へのイメージがかなり変わりました。
でも、やっぱり装甲は薄い・・・
| INサイパン | comments(0) | trackbacks(0) |
サイパン土産話 その2

上の写真は旧軍飛行場跡に残る弾薬保管所。
頑丈な鉄製の二重扉も残っており、天井には入り口から内部へと搬送用のレールが設置されています。
内部は照明が取り外されているので真っ暗ですが、構造はかなり近代的で当時の建築技術に驚きました。
施設の全体的な構造も誘爆を避ける為の設計や、雨水を貯蔵する為の工夫など、凝った作りになっています。


これは沿岸砲台。 同じような物が2,3個あるそうです。
壁の厚みは120cmもあり、数箇所ある発射窓には鉄製のシャッターも設置されていたそうです。
米軍はこの砲台を避けて上陸したようで、建造した工兵隊は悔しがったそうな。(ガイド談)

いずれの物も整備はされておらず、ガイドさん達が草刈などをしているそうです。
また、周囲には多くのトーチカも当時のまま残っており、いずれは内部を整備して一般公開したいとの事。
| INサイパン | comments(0) | trackbacks(0) |
サイパン土産話 その1

いやぁ、サイパンは丁度「雨季」でございまして、飛行機を降りた瞬間からム〜っとする暑さ。
連日、真夏に温室に入ったような感じでございました。(常時湿度80%)
オマケに突然スコールがあるので、常に濡れる覚悟で外出しなくてはいけません。

で、勿論私は「旧軍の遺物」を見に出かけたワケですが、有名な「ツダさん」というガイドさんと一緒に行きました。
この人、純日本人なのですが滞在期間が長い為か「日本語の話せる現地人」という感じ。(何故かカタコト)
で、絶対に一般人は興味無いようなマニアックな所へどんどん連れてってくれます。(要、事前確認)

本日の土産話は「旧海軍施設の便器」でございます。
例のガイドさんと戦車話で盛り上がり「付いて来て」と他の客(嫁を含む)を置いて雑草の茂る中へ。
腰の高さ程の雑草をかき分け、奥へ進むと現れたのは便所。
なんと陶器で出来た便器が残っていました。
旧軍の便所は「穴掘って木の板でも敷いていたのだろう」と思っていたので、これには正直、驚きです。

戻ると嫁さんが他の客と「この人、変なんです」と談笑中。 なんだチミは?ってか?
| INサイパン | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/1PAGES |