過去記事テーマ別

管理人の買った物一覧

私家版戦車入門1: 無限軌道の発明と英国タンク
私家版戦車入門1: 無限軌道の発明と英国タンク (JUGEMレビュー »)
モリナガ ヨウ
世界初のタンク(戦車)が如何にして誕生し、どのような問題を乗り越えて進化して来たのか?蒸気トレーラーから英国の菱型戦車、ホイペットまでをまとめた決定版。
ガン&ガール イラストレイテッド 第二次大戦枢軸国編 (MC☆あくしずMOOK)
ガン&ガール イラストレイテッド 第二次大戦枢軸国編 (MC☆あくしずMOOK) (JUGEMレビュー »)

WW2枢軸陣営の小火器を紹介した女子イラスト付きのマジメな本。読みやすい構成で初心者にもオススメ。
大日本帝国陸海軍〈2〉―軍装と装備 明治・大正・昭和
大日本帝国陸海軍〈2〉―軍装と装備 明治・大正・昭和 (JUGEMレビュー »)
中田 忠夫
ややカタログっぽく編集されており、被服の細部(内側や背面など)を知ることは出来ませんが小物や拳銃、生活用品までかなりの数が全て写真で網羅されています。
The Soviet Soldier of World War Two
The Soviet Soldier of World War Two (JUGEMレビュー »)
Phillippe Rio
WW2ソ連兵の兵装を実写カラーでドカンと紹介。よほど特殊な設定以外この一冊で十分です。オススメ!全編英語
ストライクアンドタクティカルマガジン増刊 日本陸軍の戦車 2010年 11月号 [雑誌]
ストライクアンドタクティカルマガジン増刊 日本陸軍の戦車 2010年 11月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)
古是 三春,鈴木 邦宏,土居 雅博
最新の考証を元に八九式を中心に旧軍戦車を各型解説。写真やイラストも豊富で内装なども参考になります。オススメ!
Deutsche Soldaten: The Uniforms, Equipment and Personal Effects of the German 1939-1945
Deutsche Soldaten: The Uniforms, Equipment and Personal Effects of the German 1939-1945 (JUGEMレビュー »)
Agustin Saiz
これは凄い量の実物コレクション!ブーツやガスマスクなど一般的な装備品のバリエーションは勿論、マップケースの中身に時計やタバコまで、ドイツ兵の持ち物を殆ど網羅!巻頭から巻末までオールカラー写真で資料的価値抜群。オススメ!
※全編英語
図解 ヘビーアームズ (F-Files No.017)
図解 ヘビーアームズ (F-Files No.017) (JUGEMレビュー »)
大波 篤司
機関銃や迫撃砲、バズーカにロケットランチャーなど使用方法や各部品の意味など一問一答でスッキリ解説。銃器ビギナーの人に超オススメ。
Vision models 1/35スケール  【VA-9003】 帝国陸軍 九七式
Vision models 1/35スケール  【VA-9003】 帝国陸軍 九七式 (JUGEMレビュー »)

チハ系キットには欠かせないキャタ。価格、組み易さ、解像度も申し分ない定番商品。
末期の水物兵器集
末期の水物兵器集 (JUGEMレビュー »)
こが しゅうと
若干クセのある漫画と文章で、旧海軍兵器の中でもマニアックな物を局所的に徹底紹介!他のシリーズも濃イィ内容!
戦う広告―雑誌広告に見るアジア太平洋戦争
戦う広告―雑誌広告に見るアジア太平洋戦争 (JUGEMレビュー »)
若林 宣
戦時中に国内で使用された広告を年代ごとに紹介。当時の世相が分かる他に類を見ない貴重な資料。
British Web Equipment of the Two World Wars (Europa Militaria)
British Web Equipment of the Two World Wars (Europa Militaria) (JUGEMレビュー »)
Martin Brayley
英軍歩兵の装備品をカラー写真で紹介。色味やバリエーションを知るには良書ですが武器類は無し。価格的にもオススメ!
※全編英語
Stalin's War: Soviet Uniforms And Militaria 1941-45
Stalin's War: Soviet Uniforms And Militaria 1941-45 (JUGEMレビュー »)
Laszlo Bekesi
コレクターが集めたWW2ソ連軍の装備品や階級章のカラー写真集。マニアにとってはかなり薄い内容だが、ソ連軍初心者にはそこそこ資料的価値アリ。
※全編英語
第2次大戦ドイツ軍装ガイド
第2次大戦ドイツ軍装ガイド (JUGEMレビュー »)
ジャン・ド・ラガルド
オール実写による軍装ガイド。これ一冊で殆んどの正規バリエーションが把握できます。
ノーブル バックレスキューベルトチタン L(腰周り:78~94cm) 黒
ノーブル バックレスキューベルトチタン L(腰周り:78~94cm) 黒 (JUGEMレビュー »)

椅子に座ってると腰が痛い!
ってな人は試す価値アリ!
個人的には相当の効果を実感しています。
鋼鉄の最精鋭部隊―千葉戦車学校・騎兵学校 (日本陸軍の機甲部隊 1)
鋼鉄の最精鋭部隊―千葉戦車学校・騎兵学校 (日本陸軍の機甲部隊 1) (JUGEMレビュー »)

貴重な日本戦車の写真集です!戦車学校での訓練風景で構成され、全体の半分以上がチハ主体の写真ですがネットでは見られないレアなものばかり!チハファンは必携!
ドキッ乙女だらけの帝國陸軍入門
ドキッ乙女だらけの帝國陸軍入門 (JUGEMレビュー »)
堀場 亙,岡本 博信
萌えだと思って期待したらハズレですのでご注意を…列記としたミリタリー本です。
TUNODA 薄刃ミニニッパー 120mm TM-02
TUNODA 薄刃ミニニッパー 120mm TM-02 (JUGEMレビュー »)

某プラモメーカーから発売されている物のOEM版なのでプラモ制作に抜群の性能!しかも格安!
Les MAteriels radio de la Wehrmacht: German Radio Sets 1935-1945
Les MAteriels radio de la Wehrmacht: German Radio Sets 1935-1945 (JUGEMレビュー »)
Pierre Metsu
大戦中のドイツ軍無線機を全機種カラー写真で紹介。残念ながら和訳はないですが英訳はアリ。(値段が…)
陸軍機甲部隊―激動の時代を駆け抜けた日本戦車興亡史 (〈歴史群像〉太平洋戦史シリーズ (25))
陸軍機甲部隊―激動の時代を駆け抜けた日本戦車興亡史 (〈歴史群像〉太平洋戦史シリーズ (25)) (JUGEMレビュー »)

モデラー目線のディティール考察には向きませんが、日本戦車がどのように発展し各地でどう戦ったかを知るには良書。
Modelling the Marder Self-Propelled Gun (Osprey Modelling)
Modelling the Marder Self-Propelled Gun (Osprey Modelling) (JUGEMレビュー »)
Sam Dwyer, Robert Oehler

マーダー1,2D,3r,3M,3H のディティールアップ製作ガイド。
外人サンのテクを盗めます!
泥まみれの虎―宮崎駿の妄想ノート
泥まみれの虎―宮崎駿の妄想ノート (JUGEMレビュー »)
宮崎 駿
エース「オットーカリウス」の手記を元に末期ドイツ軍の泥沼の戦いを描写。
今までの「戦車感」が変わるかも?
第2次大戦各国軍装全ガイド (ミリタリー・ユニフォーム)
第2次大戦各国軍装全ガイド (ミリタリー・ユニフォーム) (JUGEMレビュー »)
ピーター ダーマン,マルカム マクグレガー,ピエール ターナー
WW2各国陸海空の軍服図鑑。
膨大な数だが、浅く広くといった感じなので、一国を集中的に調べたい人には不向き。
日本戦車隊戦史―鉄獅子かく戦えり
日本戦車隊戦史―鉄獅子かく戦えり (JUGEMレビュー »)
上田 信
帝国陸軍戦車部隊が各戦線でどのように戦ったのか、図解を交えて年代ごとに相手装備と比較しながら紹介。
イラスト中心なので文章が苦手な人でも大丈夫!(写真は無し)
ビジュアルガイド WW2戦車〈1〉電撃戦
ビジュアルガイド WW2戦車〈1〉電撃戦 (JUGEMレビュー »)
川畑 英毅, 吉原 幹也
WW恐そ戦線好きなら持っておきたい一冊。
ドイツ、ソ連は勿論、フランスやポーランド等、欧州のあらゆる戦闘車両を広く浅く紹介。マイナー車種など豆知識にいいかも。
アハトゥンク・パンツァー〈第7集〉1号戦車、2号戦車と派生型編
アハトゥンク・パンツァー〈第7集〉1号戦車、2号戦車と派生型編 (JUGEMレビュー »)
尾藤 満
言わずと知れたモデラーの為の資料本。 詳細図と写真で各型を詳しく解説。
チャーチルガンキャリア<完成>
 

クリッコでギャラリーへ


製作開始から1年ですね!
いやもう履帯問題が無ければ去年の夏頃に完成してたんですが、
一旦モチベが下がると、見るのも嫌になってしまうダメダメな性格が災いして、
履帯入手後も半年近く放置してしまいました・・・

なんとか再開、完成出来たのは言うまでもなくガルパン関連のおかげです。
そんなワケですので毎年なにかしらアクション起こして頂けると助かります。


| イギリス物 | comments(2) | trackbacks(0) |
ブロンコの戦車兵

誰かが言った

「このままいくと彼は筆の持ち方も忘れてしまうだろう・・・」



<英国紳士>

そんなワケで、ボケ防止も兼ねてちょっくら塗ってみました。

ブロンコのフィギュアは、なかなかよく出来ているのですが
他社同様、「顔」は塗る前によくチェックして、場合によっては整形してやらないと
「強引に塗りで誤魔化す」ハメになるので注意で御座います。(特に目玉)



載せるとこんな感じ。

この「3インチガンキャリア」、作りだしたのは今年の3月頃でしたね・・・




誰かが言った

「このままいくと、彼はピンセットの持ち方も忘れてしまうだろう・・・」




| イギリス物 | comments(4) | trackbacks(0) |
チャーチルの履帯
 
作っていたことすら忘れかけていた「チャーチル3インチガンキャリア」に使用する履帯、
やっと・・・やっと入手できました!(需要あるのに再販遅いぞ!


AFVクラブのチャーチルは出来は良いのですが、履帯がポリ素材で、且つ、焼き止め不可、
変形、捻じれは当たり前という、初めから別売り履帯ありきの難物。

遵いまして、この組立て式の別売り履帯がほぼ必須と言えるのですが、何故か常に欠品状態。
それでもメーカーはチャーチルシリーズを次々に展開するモンですから、
更に需要は高まり、現在、非常に入手困難となっておるワケで御座います。


組み立ては、単純に2パーツで挟み込んでいくカタチ。


1ピースがデカイので切り出しはラクです。


両面テープや冶具などを使用する一般的な方法でなくとも、手で持って繋げていけるので、
組立て式の履帯としては非常にラクチン。
起動輪との相性も大丈夫でした。


というワケで、AFVクラブのチャーチルをお持ちの方は、見つけ次第購入をオススメします。
また、こまめにMSモデルズさんとかチェックしとかないと、せっかく再入荷しても
数が少ないと小売店に流通しないまま売り切れる可能性もあるので注意。

チャーチル用履帯はフリウルからも出てるけど、高いですからね!


| イギリス物 | comments(2) | trackbacks(0) |
チャーチルガンキャリア(その後)

ドラゴンハ号のテーマが決まりチマチマと女子人形を作る傍ら、
いつまでも未完成BOX内で一際存在感をアピールするチャーチル先生にイイ加減業を煮やし、

「いつ再販されるかも分からん履帯なぞ待ってられるか!デカールが腐るわ!」
もとい、
「今やれるところまで進めておこう!」とピュアな心で基本塗装まで進める事にしました。


<前回までの状況>
基本色は後期英国戦車の「ダークグリーン」ではなく「カーキドラブ」であります。
「で、カーキドラブってどんな色?」と調べてみますと、ぶっちゃけよく分かりませんでした。


<迷彩>
次は迷彩。
指定では「ダークアース」となっていて、各社塗料の品番が記載されているのですが、
ご覧の通り、各社とも色味にかなりの差があり「これもう何だか分かんねぇな」状態。


という事で、独断によりMrカラーとハンブロールを混ぜた感じの色に決定。
使用した塗料もゴチャ混ぜですが、まぁ全部アクリル系なので普通に混ざります。

※チューブタイプの絵の具は発色が良いので、ごく少量でもガラッと色味が変化するので注意!


乾燥するとこんな感じで、とりあえず基本塗装完了。


が、よ〜く塗装図を見てみますと、キットには存在しないボルトが描かれており、
調べてみると、ボルトは「有り」が正解のようなので>>>


「カッー!色塗ってからこんなんタマランわ!」とかボヤキながらボルトを追加。
この後、デカールを貼りタッチアップも簡単に済ませて、再び履帯待ちとなって御座います。



<サージェント習志野>
話はドラゴンハ号に変わりまして、
今回、搭乗して頂く車長は峠タカノリ先生が生み出したる「習志野智帆」軍曹で御座います。

勝屬修戝やねんwwwwwwwwwwwww」
☆「たわけっ!草生やす前にググってみやがれっ!!!!!」

と、さっきググってみたら該当ヒット0という逆に奇跡的な結果が出ました。
(2014年6月1日現在)



おい!列記とした商業誌のキャラやのにヒット無しとはどういうこっちゃ!!


| イギリス物 | comments(2) | trackbacks(0) |
チャーチルガンキャリア<5>

関係ない話ですが、
気が付けばポストに「ダークソウル2」が届いており、前2作もトロフィコンプした私は、
「フッ、どうせいつものパターンやろ?余裕余裕w」と軽くゲームを開始。
・・・2時間後、散々死にまくり無言でコントローラーを置きました。
序盤の雑魚兵が”パリィ”キメてくるって、どんだけ・・・
 

<前部フェンダー>

またもや戦闘室パーツとの干渉です。



ここまでの制作内容から要するにこのキット、
戦闘室正面が接触する部分は、全て何らかの不具合があるということ!


<隙間>

工作も大詰め、戦闘室の接着に差し掛かった所。今度は”すきま”です・・・
車体がねじ曲がっている可能性も考えられますが、今更どうしようもないので埋めます。


後部はこんな感じで、加工するのがややこしいので、前部で加工します。



隙間に細切りにしたプラ板を接着して溶きパテを塗り、丁寧に磨きます。
納得いくまで「パテ→磨き」を繰り返すのみであります。


<履帯>

さて、ここで悲報。
キット付属の履帯はベルト式なのですが、なんと素材は軟プラではなくポリであることが判明!
当然ながらプラモ用接着剤は全く通用せず、だからと言って”焼き止め”が出来る作りでもないので、
ホッチキスで止めて、継ぎ目をフェンダーの中に隠してしまうしか方法が見当たらないのですが、
そもそも出来が悪く、ねじれや変形が多いので同社別売の可動履帯を検討。
ところがネット上での流通は皆無のようで、町のプラモ屋さんで奇跡的に発見するしかない様子。
(2014年3月現在)

新商品とオプション品の同時出荷は商売の基本でっせ・・・


<塗装準備>

履帯の問題は後回しにして、とりあえず塗装の準備はしておきます。
テンションだだ下がりですけどね!









| イギリス物 | comments(2) | trackbacks(0) |
チャーチルガンキャリア<4>
 
チャーチルについてどれぐらい知っているか・・・

そりゃ勿論、ガルパンで見たぐらいは知っていますとも!
(田尻サンの愛車やからね!)


<エンジンデッキ上の細かいパーツ>
ブロンコかICMを思わせる無茶な細パーツ。

こういう場合は基本通りに”ランナーごとカット”します。

でも、折れる時は折れるのです。
幸いこのパーツは余るので多少の破損は問題無いですが、かなり気を使います。


他にも、こういう感じで細かいパーツはパキパキ折れます。
ここから更に磨くリスクを考えると、素直に針金等で作り直した方が賢明でしょう。


しかし!頑固なオッサンは意地でも元のパーツを使うという悪い例。
(特段、見た目が良いワケでもなく、むしろ汚いという・・


<消音器>
排気口は肉厚が気になったのでルーターで薄々加工。
タミヤでお馴染みの「チャーチルMk.察廚箸老曽が異なるんですねぇ。


パッと見た目のイメージと違って、意外と細かいパーツが多いです。


| イギリス物 | comments(3) | trackbacks(0) |
チャーチルガンキャリア<3>

思った以上に組み難いこのキット。
その一番の理由として、私に「実車の知識がない」という事が判明いたしました。

<エッチング(P.E)>

左は同社のチャーチルMk3シリーズ共通で、右が本キット専用となっております。



感に頼る曲げ加工や、細かい突起に引っ掛ける加工など、ぶっちゃけムズイですよコレは。
しかも代替プラパーツは存在しないので、逃げ道ナシの鬼畜仕様。
そう考えると代替パーツを同梱するD社は親切なのかも知れません。


ブリテン戦車の定番アイテム「予備燃料タンク」
取り付け用の帯はP.Eパーツを使うようになっていますが、
曲げ加工が面倒なのと接着強度が不安なので、プラペーパーで作り直しました。

この他にもワイヤーロープ用のフックや予備履帯ラックなど、
クルリッと曲げる加工が必要なP.Eパーツが数点あります。

そういう所は上手く一体成型したパーツも入れといて欲しいなぁ・・・


| イギリス物 | comments(2) | trackbacks(0) |
チャーチルガンキャリア<2>

はったりベートーベンが終了した週末、
ナニワのモーツァルトは頭部に疑惑を抱えていますが、
「実は3年ほど前から少し薄くなってきまして・・・」なんて言い訳はしないと思います。


とりあえず作業を進めます。


<戦闘室>

車体パーツのヒドイ歪みから、一抹の不安を感じたので先に戦闘室を仮組み。
やはり問題発覚でございます。

車体パーツは「戦車型」のままなので、あちこち干渉します。(矢印部分)



とにかく、干渉する部分を片っ端から加工。



とりあえず、現時点での問題は解消。



ついでに戦闘室を本組みします。



主砲は俯仰角と左右に可動しますが、ご覧のように装甲板と防盾の間に隙間が出来てしまうので↓



AA13、AA18パーツを詰めました。
この辺り、切り過ぎて寸足らずになったら面倒なので慎重に!


と、このように隙間は埋まりましたが、
結局この後、金属砲身の重さで俯仰角可動なんて意味ナシと判明し完全接着しました・・・



エンジンデッキも「反りマス!反りマス!」(by二郎)



| イギリス物 | comments(4) | trackbacks(0) |
チャーチルガンキャリア<1>

セレブニート逮捕・・・いや、セレブニートて!

嫁様に「ワシもセレブニートになりたい!」と言ったら、
「アンタはもうニートと呼ばれる歳ではない」と言われました。


<チャーチル3インチガンキャリア>

2014年春、AFVクラブから発売された新キットです。
こういう見た目、好物でございます。


<足回り>

まずはピンバイスで開口する作業から。
このキットの説明書はやや不親切で、これ以外にも開口指示はあるのですが、
どの場合も適合するドリルの径が書かれていないので、自分で測る必要があります。


<サスペンション>

AFVクラブのチャーチルシリーズは可動サスが一つのウリとなっており、
このように本物のバネを仕込む凝りっぷり。
でも、実際に走行させるワケではないので、情景などでグニグニしている所を表現したい場合は、
このスプリングの長さをカットするなどして予め形を作っておく必要があります。



こんな感じで、シャコシャコと動くのは楽しいのですが・・・



構造の再現に拘った結果、パーツ分割が細かく慣れてない人だと組み立ては難しい印象。



更に、そのバネの反発力のおかげでビームが押されて接着が大変だったりします。

なので、転輪を組み付ける前にビームを接着してしまいましょう。(画像は悪い例ですw)


<車体底面>

反ってます。鬼のように反ってます。反り返ること思春期の如しです。



思春期のボーイズ&ガールズに大人の理屈は通用しないので、
輪ゴム、クランプ、洗濯ばさみ、ハンドパワー等でガチガチに矯正、接着。
ですが、パーツ寸法が合わない!なんて事は無かったので、そこだけは救いでした。

AFVクラブと言えば「潜水艦」しか作ったことが無く、
その時の印象がとても良かっただけに、減点ポイント多めのスタートで御座います。



| イギリス物 | comments(4) | trackbacks(0) |
クルセーダー2<最終回>
 <ミンス党の並々ならぬ弛まぬ努力のおかげで、今日も日本は平和です。>
こういう時に重宝します「葱親父」。
持つべき物はネタキャラですね。



<クルセダ>

デカール貼りますた。
なんか、普通のデカールと違って分厚くて表面がドット状でザラザラ。
当然「これ貼りましたぁ!」感全開で、ただでさえセンスの無いマーキングが更にダサく見えます。
手間でも文字ごとに余白をカットすれば良かったと後悔しています。

あとは仕上げまで、ガチッガチッに決めるぜ〜♪聴きながら一気にまいります。


さっさと終わらせて、ビーバー様を迎える準備をしなければ・・・(って、またイタレリかっ!!)


| イギリス物 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/3PAGES | >>