過去記事テーマ別

管理人の買った物一覧

私家版戦車入門1: 無限軌道の発明と英国タンク
私家版戦車入門1: 無限軌道の発明と英国タンク (JUGEMレビュー »)
モリナガ ヨウ
世界初のタンク(戦車)が如何にして誕生し、どのような問題を乗り越えて進化して来たのか?蒸気トレーラーから英国の菱型戦車、ホイペットまでをまとめた決定版。
ガン&ガール イラストレイテッド 第二次大戦枢軸国編 (MC☆あくしずMOOK)
ガン&ガール イラストレイテッド 第二次大戦枢軸国編 (MC☆あくしずMOOK) (JUGEMレビュー »)

WW2枢軸陣営の小火器を紹介した女子イラスト付きのマジメな本。読みやすい構成で初心者にもオススメ。
大日本帝国陸海軍〈2〉―軍装と装備 明治・大正・昭和
大日本帝国陸海軍〈2〉―軍装と装備 明治・大正・昭和 (JUGEMレビュー »)
中田 忠夫
ややカタログっぽく編集されており、被服の細部(内側や背面など)を知ることは出来ませんが小物や拳銃、生活用品までかなりの数が全て写真で網羅されています。
The Soviet Soldier of World War Two
The Soviet Soldier of World War Two (JUGEMレビュー »)
Phillippe Rio
WW2ソ連兵の兵装を実写カラーでドカンと紹介。よほど特殊な設定以外この一冊で十分です。オススメ!全編英語
ストライクアンドタクティカルマガジン増刊 日本陸軍の戦車 2010年 11月号 [雑誌]
ストライクアンドタクティカルマガジン増刊 日本陸軍の戦車 2010年 11月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)
古是 三春,鈴木 邦宏,土居 雅博
最新の考証を元に八九式を中心に旧軍戦車を各型解説。写真やイラストも豊富で内装なども参考になります。オススメ!
Deutsche Soldaten: The Uniforms, Equipment and Personal Effects of the German 1939-1945
Deutsche Soldaten: The Uniforms, Equipment and Personal Effects of the German 1939-1945 (JUGEMレビュー »)
Agustin Saiz
これは凄い量の実物コレクション!ブーツやガスマスクなど一般的な装備品のバリエーションは勿論、マップケースの中身に時計やタバコまで、ドイツ兵の持ち物を殆ど網羅!巻頭から巻末までオールカラー写真で資料的価値抜群。オススメ!
※全編英語
図解 ヘビーアームズ (F-Files No.017)
図解 ヘビーアームズ (F-Files No.017) (JUGEMレビュー »)
大波 篤司
機関銃や迫撃砲、バズーカにロケットランチャーなど使用方法や各部品の意味など一問一答でスッキリ解説。銃器ビギナーの人に超オススメ。
Vision models 1/35スケール  【VA-9003】 帝国陸軍 九七式
Vision models 1/35スケール  【VA-9003】 帝国陸軍 九七式 (JUGEMレビュー »)

チハ系キットには欠かせないキャタ。価格、組み易さ、解像度も申し分ない定番商品。
末期の水物兵器集
末期の水物兵器集 (JUGEMレビュー »)
こが しゅうと
若干クセのある漫画と文章で、旧海軍兵器の中でもマニアックな物を局所的に徹底紹介!他のシリーズも濃イィ内容!
戦う広告―雑誌広告に見るアジア太平洋戦争
戦う広告―雑誌広告に見るアジア太平洋戦争 (JUGEMレビュー »)
若林 宣
戦時中に国内で使用された広告を年代ごとに紹介。当時の世相が分かる他に類を見ない貴重な資料。
British Web Equipment of the Two World Wars (Europa Militaria)
British Web Equipment of the Two World Wars (Europa Militaria) (JUGEMレビュー »)
Martin Brayley
英軍歩兵の装備品をカラー写真で紹介。色味やバリエーションを知るには良書ですが武器類は無し。価格的にもオススメ!
※全編英語
Stalin's War: Soviet Uniforms And Militaria 1941-45
Stalin's War: Soviet Uniforms And Militaria 1941-45 (JUGEMレビュー »)
Laszlo Bekesi
コレクターが集めたWW2ソ連軍の装備品や階級章のカラー写真集。マニアにとってはかなり薄い内容だが、ソ連軍初心者にはそこそこ資料的価値アリ。
※全編英語
第2次大戦ドイツ軍装ガイド
第2次大戦ドイツ軍装ガイド (JUGEMレビュー »)
ジャン・ド・ラガルド
オール実写による軍装ガイド。これ一冊で殆んどの正規バリエーションが把握できます。
ノーブル バックレスキューベルトチタン L(腰周り:78~94cm) 黒
ノーブル バックレスキューベルトチタン L(腰周り:78~94cm) 黒 (JUGEMレビュー »)

椅子に座ってると腰が痛い!
ってな人は試す価値アリ!
個人的には相当の効果を実感しています。
鋼鉄の最精鋭部隊―千葉戦車学校・騎兵学校 (日本陸軍の機甲部隊 1)
鋼鉄の最精鋭部隊―千葉戦車学校・騎兵学校 (日本陸軍の機甲部隊 1) (JUGEMレビュー »)

貴重な日本戦車の写真集です!戦車学校での訓練風景で構成され、全体の半分以上がチハ主体の写真ですがネットでは見られないレアなものばかり!チハファンは必携!
ドキッ乙女だらけの帝國陸軍入門
ドキッ乙女だらけの帝國陸軍入門 (JUGEMレビュー »)
堀場 亙,岡本 博信
萌えだと思って期待したらハズレですのでご注意を…列記としたミリタリー本です。
TUNODA 薄刃ミニニッパー 120mm TM-02
TUNODA 薄刃ミニニッパー 120mm TM-02 (JUGEMレビュー »)

某プラモメーカーから発売されている物のOEM版なのでプラモ制作に抜群の性能!しかも格安!
Les MAteriels radio de la Wehrmacht: German Radio Sets 1935-1945
Les MAteriels radio de la Wehrmacht: German Radio Sets 1935-1945 (JUGEMレビュー »)
Pierre Metsu
大戦中のドイツ軍無線機を全機種カラー写真で紹介。残念ながら和訳はないですが英訳はアリ。(値段が…)
陸軍機甲部隊―激動の時代を駆け抜けた日本戦車興亡史 (〈歴史群像〉太平洋戦史シリーズ (25))
陸軍機甲部隊―激動の時代を駆け抜けた日本戦車興亡史 (〈歴史群像〉太平洋戦史シリーズ (25)) (JUGEMレビュー »)

モデラー目線のディティール考察には向きませんが、日本戦車がどのように発展し各地でどう戦ったかを知るには良書。
Modelling the Marder Self-Propelled Gun (Osprey Modelling)
Modelling the Marder Self-Propelled Gun (Osprey Modelling) (JUGEMレビュー »)
Sam Dwyer, Robert Oehler

マーダー1,2D,3r,3M,3H のディティールアップ製作ガイド。
外人サンのテクを盗めます!
泥まみれの虎―宮崎駿の妄想ノート
泥まみれの虎―宮崎駿の妄想ノート (JUGEMレビュー »)
宮崎 駿
エース「オットーカリウス」の手記を元に末期ドイツ軍の泥沼の戦いを描写。
今までの「戦車感」が変わるかも?
第2次大戦各国軍装全ガイド (ミリタリー・ユニフォーム)
第2次大戦各国軍装全ガイド (ミリタリー・ユニフォーム) (JUGEMレビュー »)
ピーター ダーマン,マルカム マクグレガー,ピエール ターナー
WW2各国陸海空の軍服図鑑。
膨大な数だが、浅く広くといった感じなので、一国を集中的に調べたい人には不向き。
日本戦車隊戦史―鉄獅子かく戦えり
日本戦車隊戦史―鉄獅子かく戦えり (JUGEMレビュー »)
上田 信
帝国陸軍戦車部隊が各戦線でどのように戦ったのか、図解を交えて年代ごとに相手装備と比較しながら紹介。
イラスト中心なので文章が苦手な人でも大丈夫!(写真は無し)
ビジュアルガイド WW2戦車〈1〉電撃戦
ビジュアルガイド WW2戦車〈1〉電撃戦 (JUGEMレビュー »)
川畑 英毅, 吉原 幹也
WW恐そ戦線好きなら持っておきたい一冊。
ドイツ、ソ連は勿論、フランスやポーランド等、欧州のあらゆる戦闘車両を広く浅く紹介。マイナー車種など豆知識にいいかも。
アハトゥンク・パンツァー〈第7集〉1号戦車、2号戦車と派生型編
アハトゥンク・パンツァー〈第7集〉1号戦車、2号戦車と派生型編 (JUGEMレビュー »)
尾藤 満
言わずと知れたモデラーの為の資料本。 詳細図と写真で各型を詳しく解説。
光武F「エリカ機」(17)


 
光武もベースも出来ました・・・
あとは主役を待つばかり・・・


エリカ様、詰めに御座います。

ようやく油彩が落ち着いたので作業再開。


<仮合わせ>

塗装を光沢クリアでコーティングし、髪パーツを仮合わせ。
今回は最初から「ややリアル寄り」を意識したので、顔バランスはこれでヨシ。
髪はもう少し毛先を研ぎます。


−−軽くツヤ消しを吹いて−−


<組み立て>

・・・!!
右腕は造型の段階から何度もポーズ変更していたので、継ぎ目がマズイことに。。。



塗装後ではありますが、急遽エポパテで修正します。
こういう時は、予めパテに塗料を混ぜ込んで、なるべく違和感が出ないようにします。
(当然、あとで塗装はしますが、パテの色が違いすぎると誤魔化しが効きにくくなる)




先程の”色付きパテ”を充填した状態。
これぐらいなら、薄く塗装するだけで馴染んでくれます。


そりゃそうと、
こうして寄って見ると、かなり雑いですな。(´・ω・`)はい塗装手直しね



>次




塗装やパテの待ち時間が増えてきたので、
次回作「ブルム熊」の段取りはじめました。




| その他のキャラ、架空モノ | comments(2) | trackbacks(0) |
光武F「エリカ機」(16)


ベース続き。



シーナリープラスタを砕いた瓦礫を撒いてイメージを固めています。
「瓦礫の固定にはモデリングペーストが良い」と聞いたので接着剤として使っています。

とりあえず現代都市にしては、金属感が足りないので・・・


某apuro先生の得意素材「板鉛(0.3mm厚)」を適当な大きさにカットしまして↓



「雨樋みたいな何か」をグニグニと造形して置いてみました。
あと、街中なので当然に「電線的な物も多数あろう」と電気線も置いてみました。


−−全体を着色−−



最初はアルミなど「軽金属の雨樋」みたいな物を想像して作っていたのですが、
いつの間にか錆止めを塗って、本格的な鉄建材になってしまったこのパーツ。
実際には解体用のクラッシャーなんかでこねくり回さないとこんな風にはなりませんが、
そこは、まぁ色々あったのだろう・・・ということで。(´・ω・`)



エアブラシでグレーや黒、サンド系を吹き付けて全体の色味を調整。


う〜ん、まだ何か足りない・・・ということで




都市部といえばガラスは絶対なので、ブリスターパックを粉々に切って破片作り。
「簡単に大量に!」なんて技は会得していないので、丹精込めて一つ一つ手作りです。



バラ撒くとこうなりますが、ガラスっぽさはありません。

なぜか?

ガラスの断面に特有の薄緑がかった色が無いからです。


ここは根性で、一粒ずつ、丹精込めてクリアグリーンを・・・




塗るわけがない。(´・ω・`)


ベース完了にて候。


| その他のキャラ、架空モノ | comments(2) | trackbacks(0) |
光武F「エリカ機」(15)
 
市街地の情景は、hiroさんのアドバイスに加え、ローズヒップで一通りの手順や注意点を覚えたので、
ベースが小さいこともあって、思いの外サクサクと進んでおります。


<ガレキ>

スチレンボードをナイフで適当にガギガギッとカットし、モデリングペーストを塗り付けます。
あと、適当に針金なんかを差し込んで一応”鉄筋”を再現しておくとソレッぽくなります。



実際に置いてみて、配置バランスを確認。
工作より何より、この確認作業が一番時間かかりました(笑)
(実はガレキ自体も3パターンぐらい作ってます)



ガレキの配置が決まったら歩道の仕上げで御座います。
実際の池袋駅前の歩道はこれぐらいの色調なので、細部修正も兼ねて色味も変えてみました。


<コンガラ>

コンクリートのガレキを業界用語で「コンガラ」と言います。(そのまんま
今回は鉄道模型で定番の「シーナリープラスター(石膏)」を使用。
説明書通りに水で練って、固まった物をバッキバキに砕けば、リアルコンガラの完成であります。

因みにアスファルトのガラはお察しの通り「アスガラ」と言います。



砕いた石膏をバラ撒いて様子を見ます。
なるほど、情景の楽しさが分かってきました。毎回言ってる気もしますが!



>次

問.「どうして舞台はネオ袋(池袋)なの?」
と、コメント頂きましたので、お答えいたします。

「逸見エリカ」と言えばハンバーグ。

他にハンバーグキャラと言えば”壺に住んでるオッサン”ぐらいしか浮かばないワタクシ。

今作で「エリカ様の戦う理由」を考えた時、瞬時に「ハンバーグ」と直感しまして、
何とかそれを作中で表現できないか考えた末、
「よし!誰が見ても分かるハンバーグ店のチラシを持たせよう!」と検索した結果↓↓



答.「使えるのがコレしか出てこなかったから。」


以下、心の葛藤+

俺「いや、そんなん大洗とかに書き換えたらエエやんw」

僕「大洗町にびっくりドンキーは無いんです!」

俺「そもそも架空の架空設定なんやし自由にやればエエやんww」

僕「無いものは無いんです!諦めたら負けなんです!!」

嫁「オマエ、大丈夫か?(´・ω・`)」




というワケで、印刷した物がこちら。

俺「結局、文字ちっちゃ過ぎて読めへんやん!」


お後がよろしいようで<(_ _)>





今回使用したのはコチラ
ガレキ以外にも使い方いろいろ!



| その他のキャラ、架空モノ | comments(0) | trackbacks(0) |
光武F「エリカ機」(14)
 
さて、光武Fはエリカ様を含む全体が仕上がってから微調整するとして、
今回の架空の舞台「ネオ袋駅前」を作っていきます。(要は時間軸の違う池袋)


<ベース>

飾り板に1mm厚のバルサ材で立ち上げを作り塗装。
タミヤのスチレンボードをカットして用意。


<駅前作り>

実際の池袋駅前をググッて、歩道の模様を大雑把にモールド。
これ、後で大変な事になったんですが、ボールペンのインクは水性アクリルで浮いてくるので注意です。



モデリングペーストを水で薄めて、筆塗りすれば表面が石っぽくなるのと、サフ代わりになります。
(スチレンボードはラッカー厳禁)



とりあえず、物の配置なんかを見るためにアクリルガッシュで大まかに色分けしてみました。
細かいハミ出しはあとで修正できるので、ここではあまり気にしません。



光武が歩いたぐらいでこんな事にはなりませんが、模型的演出として重量感を出してみました。


−−とまぁ、こんな感じでチョロチョロと進めながら−−


<エリカ様>

エリカ様の塗装も進めております。

速乾で有名なファレホも買ってはいるのですが、艶めかしいキャラ塗りには向かないと判断しまして、エロスと忍耐の油彩塗り一択として御座います。(ファレホはリアル系には向いてると思う)


「サンプル」と描かれた破片は、塗装時に使用した絵の具を塗った物で、
「乾いたかな?(ネチ)うわっ!まだや!指紋付いてもた…orz」を防ぐための身代わり。
(特に黒色系は乾燥が遅いので、サンプルを採るなら黒系で)


一週間経っても乾いてないなんてザラなんですよ奥さん。(´・ω・`)




| その他のキャラ、架空モノ | comments(2) | trackbacks(0) |
光武F「エリカ機」(13)
 
春です。
変質者の皆さんが冬の眠りから目覚めるこの季節。
部屋に篭りづらい季節ではありますが、
無理せず調和しながら生きていこうと思います。



<ウェザリング>

前記事と時間が前後しますが、光武の汚しです。
定番のウェザリングカラー「マルチブラック」で要所をスミ入れしてから、
「ステインブラウン」を垂直を意識しながらランダムに塗って↓



暫く置いて筆や綿棒で拭き取ると、オイルやら錆垂れが混じった汚れが再現できます。




脚周りはこんな感じ。




バイザーはジュラルミン設定であること、整備による油汚れが付きにくい部位であることを考慮し、
主に雨だれを意識して「マルチブラック」をメインに使用しました。
強引に付けた表面の擦り傷に薄っすらスミが入ると”らしく”なります。


>次


<エンジン?過給器?>

全体にダークイエロー単色ではノッペリしてしまうので、アクセントに錆止め色にしました。
ダークアイアンをベースに、オキサイドレッドをシリコンバリア法でカリカリしました。


>次


<ハッチ内側再び>

前回、あまりにも廃棄感が漂っていたので、内装色の白を追加しました。
が、こうして写真で見るとガサガサ感がアレなので、可動部へのグリス表現が必要ですね。


私も元重機オペの端くれ。
可動部へのグリスアップは絶対なのです!イヒィィィ!! ←春


| その他のキャラ、架空モノ | comments(2) | trackbacks(0) |
光武F「エリカ機」(12)
 
密かにエリカ様も塗装作業に入っていますが、光武は詰めの段階に突☆入。


<十字架型機関砲シールド>

十字架は敬虔なクリスチャンである”エリカ・フォンティーヌ”のトレードマークですが、
「ドSのエリカ様ならコレをパイルバンカーみたいに使うだろう!盾にもなるぜ!
という中二的妄想全開で、近接兵器っぽくキズを多目に付けてみました。(機関砲やけど)
コイツで数多の変態紳士を昇天させてきたと思うと、オラわくわくしてきたぞ!


>次


<ハッチ内側>

イマイチですね!
色の表情が足りないのと、これではロクに整備もされていない放置機械のようです。
もうちょっと学校の備品として”生きてる感”を出すべく、手直しを考え中。


<校章>

背中に背負う校章ですが、こちらもやり過ぎました!
これでは撃破炎上した印象しか受けません・・・


はいはい、手直し手直し。(´・ω・`)



| その他のキャラ、架空モノ | comments(2) | trackbacks(0) |
光武F「エリカ機」(11)
 
さて、「ジオンと光武はモノアイで決まる」
というぐらい重要なカメラアイ、その他諸々に着手します。

まず前提として、このキットには「クリアパーツ」などという贅沢品は付いておらず、レンズをハメるなら、元パーツ(完全ムク)の刳り抜き加工から自力で何とかするしかありません。

−−それらの工程をクリアして−−



こんな感じで、尾灯やらカメラにレンズを仕込んでいきます。
刳り貫く作業はルータやピンバイスを思いのままに駆使するだけなので割愛。


−−用意するもの−−


「俺の拳が火を噴くぜぇ!」でお馴染み、革細工で使うパンチセット。
各サイズ細かく分かれているセットを持っていると、ほぼレンズに困ることはありません。
レンズの素材には、ブリスターパックなんかに使われている薄い透明プラバン。(プラじゃないけど)



使い方は至ってシンプル。
透明プラバンをライターで軽く炙って、ペロ〜ンとなったらすかさずグリグリ押切ります。
重要なのは押切る場所で、カッターマットの上でやるのがベスト。
また、平らな部分でやらないと、凹凸の影響をそのまま受けるので注意です。



カッターマットの程よい弾力がレンズの湾曲を作ってくれます。
赤色の透明プラバンは「問題集なんかに付いてる答え隠すヤツ」を使うとラクです。



メカっぽいですね!




着色する場合は裏側からクリア塗料を吹いてやればOK。



−−仮合わせで様子を見る−−



光武の後部(こうぶのこうぶ)は計5つのライトが設定されています。
上級者の方はLEDなんか仕込むと夢が広がりますね!



これでようやくマシーネンとの違いがハッキリしました!
ていうか、もうエリカ機の面影なんて微塵もないけど!ただの黒森峰やけど!

関係ないですが、バイザーはジュラルミン調、カメラはチタン調と色分けしています。



次はウェザリングでおます。
メカの汚しって人生初ですわ(|||´OдO`)





ボクはコレ使ってます


| その他のキャラ、架空モノ | comments(2) | trackbacks(0) |
光武F「エリカ機」(10)
 
いやぁ、今日は春でしたねぇ!
ですがこの陽気の中、何故かカンヅメで作業を進めております。


<バイザー>

光武Fの「顔」とも言えるバイザー。(これがダサくて「帝撃の機体の方が好き」という人も多い)
オリジナルだと真鍮色ですが、ダークイエローに合わせるには同系色でアレなので銀色にします。
まずは基本通りに「ツヤ黒」でテカテカにします。


が、ここで気がついた
機体が傷だらけやのに、なんでここだけ新ピカなのさ?と。



そんなワケで、急遽、ヤスリや針やナイフでキズを付けて、ツヤ黒を再塗装。

で、今度はメッキシルバーNEXTを吹いてから気がついた
両サイドの固定ネジらしきモールドがあまりにヒドイ。と



件のモールドをドリルで彫って・・・



コトブキヤの改造パーツからマイナスネジ1.2mmを塗装して・・・



ハメる!!


さぁ、もうイイだろう!と眺めていたら・・・



・・・(´・ω・`)



これはダサイ!構造的にすごくダサイ!!
ただのスリットちゃいますからね!このレールにカメラアイが付くワケですからね!
きっと中身は得体の知れない、とにかくすごいテクノロジーが詰まっているワケですよ!
それが、ただのハリボテやなんて悲しい話がありますかいな!マカロニ作戦とちゃ(ry

・・・ということで、



シンプルにエポパテで埋めました。


>次



何かこう、ドイツの科学力はァァ!的な物を追加したかったので、戦車のアンテナを付けました。
それをグイッと斜めに立てることで、よりマシーネンっぽさを・・・


いやぁ、好き勝手自由に作るのは楽しいですね!


| その他のキャラ、架空モノ | comments(2) | trackbacks(0) |
光武F「エリカ機」(9)
 
さて、光武の塗装に入るワケですが、
これは結構ガチで悩みました!


まずは、本来のカラーリングですが


オリジナルはこんな塗装なのですが、これは本来の搭乗者「エリカ・フォンティーヌ」の衣装(イメージカラー)に合わせたものであり、果たして「黒森峰の逸見エリカに合うのか?」と、2時間ほど脳内スパコンで理屈をこねくり回した結果・・・

計算式:
(赤色=エースorリーダー)>(逸見エリカ=犬)=赤じゃない

という答えが導き出され、



素直に黒森峰色にしました。(´・ω・`)

今回は「シリコンバリア法」に加え、Ma.kで主流のラッカー筆塗りを試してみました。
薄く溶いた塗料を「縦、横、縦、横」で水彩画のように重ねていくのですが、大変良いペンキ感が得られました。


>さらに調子に乗って



アクセントが欲しいなぁと、肩パッドに被弾痕を追加。
「シリコンバリア法」だと、この手のチッピングが格段にラクです。



とまぁ、作業机はこのようになりまして、
「なるほど、ネコの手はこういう時に使うのか」と妙に納得した次第。

あとはウェザリングやら、その他いろいろ汚れを追加して完了となります。(たぶん


>次


<20mmマシーネンカノン>

主武装の機関砲を塗っていきます。
1,まずはラッカーのシルバーをドライブラシの要領でバシバシと塗りつけます。



2,シリコンバリアを塗りつけた上から、ツヤ消し黒を吹き付けます。



3,スポンジヤスリの裏側の”スポンジ”でエッジ部分をメインに擦って黒を剥がします。
(やり過ぎた場合はエナメルの黒なんかで簡単に調整できます)



4,好みによりますが、ウェザリングカラーの茶色をダバァっと塗って・・・


拭き取りますと↓



なんか、イマイチな仕上がりになります。(´・ω・`)スマン


上手い人、何かイイ方法あったら教えてニャンマゲ。





コレの必要性を初めて感じました


| その他のキャラ、架空モノ | comments(5) | trackbacks(0) |
光武F「エリカ機」(8)

塗装準備に入ります!
 

<サフ>

今回、はじめて「オキサイドレッド(錆止め色)」サフを使ってみました。
「グレーサフと何が違うの?」って言うと「色」が違うんです。



<テストショット>

エリカ様を乗せて完成イメージを見ます。(あっ!右腕が太い!)

ここで重要なのは「見ようと思えば容易に見えるが、見えてはいけないガルパン魂」の継承。
背面スカート丈を「水平、股下0センチ」に調整し、ギリギリの配置でロマンを探求しています。


−−閑話休題−−


<下地塗装>

サフを吹いた上から「ダークアイアン」でドライブラシ的なことをします。

というのも、
前作から「シリコンバリア法」を取り入れたので、下地がそのまま仕上がりに影響するワケです。
なので、この段階で塗膜の摩耗やチッピングを意識して、予め鉄っぽさを仕込むワケですね。



ところで、
エリカ様の神聖なる布は何色が宜しいか・・・(´・ω・`)


| その他のキャラ、架空モノ | comments(5) | trackbacks(0) |
| 1/9PAGES | >>