過去記事テーマ別

管理人の買った物一覧

私家版戦車入門1: 無限軌道の発明と英国タンク
私家版戦車入門1: 無限軌道の発明と英国タンク (JUGEMレビュー »)
モリナガ ヨウ
世界初のタンク(戦車)が如何にして誕生し、どのような問題を乗り越えて進化して来たのか?蒸気トレーラーから英国の菱型戦車、ホイペットまでをまとめた決定版。
ガン&ガール イラストレイテッド 第二次大戦枢軸国編 (MC☆あくしずMOOK)
ガン&ガール イラストレイテッド 第二次大戦枢軸国編 (MC☆あくしずMOOK) (JUGEMレビュー »)

WW2枢軸陣営の小火器を紹介した女子イラスト付きのマジメな本。読みやすい構成で初心者にもオススメ。
大日本帝国陸海軍〈2〉―軍装と装備 明治・大正・昭和
大日本帝国陸海軍〈2〉―軍装と装備 明治・大正・昭和 (JUGEMレビュー »)
中田 忠夫
ややカタログっぽく編集されており、被服の細部(内側や背面など)を知ることは出来ませんが小物や拳銃、生活用品までかなりの数が全て写真で網羅されています。
The Soviet Soldier of World War Two
The Soviet Soldier of World War Two (JUGEMレビュー »)
Phillippe Rio
WW2ソ連兵の兵装を実写カラーでドカンと紹介。よほど特殊な設定以外この一冊で十分です。オススメ!全編英語
ストライクアンドタクティカルマガジン増刊 日本陸軍の戦車 2010年 11月号 [雑誌]
ストライクアンドタクティカルマガジン増刊 日本陸軍の戦車 2010年 11月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)
古是 三春,鈴木 邦宏,土居 雅博
最新の考証を元に八九式を中心に旧軍戦車を各型解説。写真やイラストも豊富で内装なども参考になります。オススメ!
Deutsche Soldaten: The Uniforms, Equipment and Personal Effects of the German 1939-1945
Deutsche Soldaten: The Uniforms, Equipment and Personal Effects of the German 1939-1945 (JUGEMレビュー »)
Agustin Saiz
これは凄い量の実物コレクション!ブーツやガスマスクなど一般的な装備品のバリエーションは勿論、マップケースの中身に時計やタバコまで、ドイツ兵の持ち物を殆ど網羅!巻頭から巻末までオールカラー写真で資料的価値抜群。オススメ!
※全編英語
図解 ヘビーアームズ (F-Files No.017)
図解 ヘビーアームズ (F-Files No.017) (JUGEMレビュー »)
大波 篤司
機関銃や迫撃砲、バズーカにロケットランチャーなど使用方法や各部品の意味など一問一答でスッキリ解説。銃器ビギナーの人に超オススメ。
Vision models 1/35スケール  【VA-9003】 帝国陸軍 九七式
Vision models 1/35スケール  【VA-9003】 帝国陸軍 九七式 (JUGEMレビュー »)

チハ系キットには欠かせないキャタ。価格、組み易さ、解像度も申し分ない定番商品。
末期の水物兵器集
末期の水物兵器集 (JUGEMレビュー »)
こが しゅうと
若干クセのある漫画と文章で、旧海軍兵器の中でもマニアックな物を局所的に徹底紹介!他のシリーズも濃イィ内容!
戦う広告―雑誌広告に見るアジア太平洋戦争
戦う広告―雑誌広告に見るアジア太平洋戦争 (JUGEMレビュー »)
若林 宣
戦時中に国内で使用された広告を年代ごとに紹介。当時の世相が分かる他に類を見ない貴重な資料。
British Web Equipment of the Two World Wars (Europa Militaria)
British Web Equipment of the Two World Wars (Europa Militaria) (JUGEMレビュー »)
Martin Brayley
英軍歩兵の装備品をカラー写真で紹介。色味やバリエーションを知るには良書ですが武器類は無し。価格的にもオススメ!
※全編英語
Stalin's War: Soviet Uniforms And Militaria 1941-45
Stalin's War: Soviet Uniforms And Militaria 1941-45 (JUGEMレビュー »)
Laszlo Bekesi
コレクターが集めたWW2ソ連軍の装備品や階級章のカラー写真集。マニアにとってはかなり薄い内容だが、ソ連軍初心者にはそこそこ資料的価値アリ。
※全編英語
第2次大戦ドイツ軍装ガイド
第2次大戦ドイツ軍装ガイド (JUGEMレビュー »)
ジャン・ド・ラガルド
オール実写による軍装ガイド。これ一冊で殆んどの正規バリエーションが把握できます。
ノーブル バックレスキューベルトチタン L(腰周り:78~94cm) 黒
ノーブル バックレスキューベルトチタン L(腰周り:78~94cm) 黒 (JUGEMレビュー »)

椅子に座ってると腰が痛い!
ってな人は試す価値アリ!
個人的には相当の効果を実感しています。
鋼鉄の最精鋭部隊―千葉戦車学校・騎兵学校 (日本陸軍の機甲部隊 1)
鋼鉄の最精鋭部隊―千葉戦車学校・騎兵学校 (日本陸軍の機甲部隊 1) (JUGEMレビュー »)

貴重な日本戦車の写真集です!戦車学校での訓練風景で構成され、全体の半分以上がチハ主体の写真ですがネットでは見られないレアなものばかり!チハファンは必携!
ドキッ乙女だらけの帝國陸軍入門
ドキッ乙女だらけの帝國陸軍入門 (JUGEMレビュー »)
堀場 亙,岡本 博信
萌えだと思って期待したらハズレですのでご注意を…列記としたミリタリー本です。
TUNODA 薄刃ミニニッパー 120mm TM-02
TUNODA 薄刃ミニニッパー 120mm TM-02 (JUGEMレビュー »)

某プラモメーカーから発売されている物のOEM版なのでプラモ制作に抜群の性能!しかも格安!
Les MAteriels radio de la Wehrmacht: German Radio Sets 1935-1945
Les MAteriels radio de la Wehrmacht: German Radio Sets 1935-1945 (JUGEMレビュー »)
Pierre Metsu
大戦中のドイツ軍無線機を全機種カラー写真で紹介。残念ながら和訳はないですが英訳はアリ。(値段が…)
陸軍機甲部隊―激動の時代を駆け抜けた日本戦車興亡史 (〈歴史群像〉太平洋戦史シリーズ (25))
陸軍機甲部隊―激動の時代を駆け抜けた日本戦車興亡史 (〈歴史群像〉太平洋戦史シリーズ (25)) (JUGEMレビュー »)

モデラー目線のディティール考察には向きませんが、日本戦車がどのように発展し各地でどう戦ったかを知るには良書。
Modelling the Marder Self-Propelled Gun (Osprey Modelling)
Modelling the Marder Self-Propelled Gun (Osprey Modelling) (JUGEMレビュー »)
Sam Dwyer, Robert Oehler

マーダー1,2D,3r,3M,3H のディティールアップ製作ガイド。
外人サンのテクを盗めます!
泥まみれの虎―宮崎駿の妄想ノート
泥まみれの虎―宮崎駿の妄想ノート (JUGEMレビュー »)
宮崎 駿
エース「オットーカリウス」の手記を元に末期ドイツ軍の泥沼の戦いを描写。
今までの「戦車感」が変わるかも?
第2次大戦各国軍装全ガイド (ミリタリー・ユニフォーム)
第2次大戦各国軍装全ガイド (ミリタリー・ユニフォーム) (JUGEMレビュー »)
ピーター ダーマン,マルカム マクグレガー,ピエール ターナー
WW2各国陸海空の軍服図鑑。
膨大な数だが、浅く広くといった感じなので、一国を集中的に調べたい人には不向き。
日本戦車隊戦史―鉄獅子かく戦えり
日本戦車隊戦史―鉄獅子かく戦えり (JUGEMレビュー »)
上田 信
帝国陸軍戦車部隊が各戦線でどのように戦ったのか、図解を交えて年代ごとに相手装備と比較しながら紹介。
イラスト中心なので文章が苦手な人でも大丈夫!(写真は無し)
ビジュアルガイド WW2戦車〈1〉電撃戦
ビジュアルガイド WW2戦車〈1〉電撃戦 (JUGEMレビュー »)
川畑 英毅, 吉原 幹也
WW恐そ戦線好きなら持っておきたい一冊。
ドイツ、ソ連は勿論、フランスやポーランド等、欧州のあらゆる戦闘車両を広く浅く紹介。マイナー車種など豆知識にいいかも。
アハトゥンク・パンツァー〈第7集〉1号戦車、2号戦車と派生型編
アハトゥンク・パンツァー〈第7集〉1号戦車、2号戦車と派生型編 (JUGEMレビュー »)
尾藤 満
言わずと知れたモデラーの為の資料本。 詳細図と写真で各型を詳しく解説。
44M『Tas』<完成>
 

クリッコで完成ギャラリーへ


今回は、ちょっとだけアレンジを加えて完成しました。

それにしても砲塔後面に斧とツルハシ・・・
個人的に車載工具は『使う場所』に出来るだけ近くするのがベストだと思っているのですが、
「ちょっと斧持ってきてくれぃ!」で、よっこいしょとわざわざ登らなければならんワケです。
他にいくらでも平面の空きスペースがあるというのに、センスが問われますね。



| その他の陸モノ | comments(5) | trackbacks(0) |
44M『Tas』<5>


<ハンガリー戦車兵>

ミニアートの『ハンガリー戦車兵セット』から一人チョイス。
1944年以降ということなので、戦車兵は『カーキのつなぎ服』か『革と布の混合ジャケット』か『ドイツ自走砲兵のカーキ版』がベスト。
ですが、本セットの『つなぎ服』を選択すると、ヘッドは大戦前期に見られるイタリア式戦車帽なので、大戦後期によく見られる略帽スタイルにするため、適当にジャンクパーツからヘッドを移植。



ヘッド移植の際に出来た首の隙間や襟のサイズをエポパテで修正しつつ、頭の芯を盛ったところ。
ウ◯コみたいですね!



『頭の芯』に帽子を被せて、国家章と階級パイピングを適当なプラ材で追加。
この後、パテが硬化したら外側の(なんて言うの?あご紐?)を追加して完了予定です。


<履帯汚し>

昔ながらのパステル汚しです。
いろんな色をまだらに配色すると「らしく」見えます。
この作業は周囲がメッチャクチャ汚れるので、キットの空箱の中で作業します。
(パステルの粉塵も凄いので、最低でも花粉マスクぐらいはした方がいいです)


>次

<リボンの武者>

『リボンのテケ』は既に模型店に並びつつあるのですが、例によって我が現場には未だ届かず。
ムラムラしてきたので、昔作ったテケをバラして鶴姫&松風のスクラッチ開始しました。
(1/48ミヤビンの時にパテが余るので、ちょこちょこと並行作業してたんですけどね)

やはり鶴姫の巻きウ◯コヘアーが最大の難関か・・・


| その他の陸モノ | comments(2) | trackbacks(0) |
44M『Tas』<4>

個人的に『現用艦』や『ジェット』『ロケット』『ミサイル』的なモノには、なかなか触角が反応しないのですが、ハセガワから発売される護衛艦『いずも』にはビンビン来るものがあります。

そんな中、TASの塗装であります。


<基本塗装>

結局、塗装を始めるまで、どのような仕様にするかかなり悩みました。
と言うのも、後期ハンガリーAFVの塗装は『ダークオリーブグリーン単色』とドイツ式の『ダークイエロー単色』が混在しており、件の『箱絵の迷彩』でもヨシ、ダークグリーン単色でもヨシ、と迷ったワケであります。

で、結局「やっぱ錆止めに直接グリーン迷彩でエエやん」と最初の案に収まりまして、こんな感じ。
この状態から、ザザッとフィルタリングもどきを施して基本塗装は完了。


<車載道具>

キット指示だとクランクの取り付け位置はこんな感じ。
「いくら試作車でも流石にこれはオカシイやろ(鎧戸開けたら当たるし)」と位置変更↓
ついでにワイヤーの固定具もP.Eで面倒な感じだったので、簡単なL字フックに変更しました。



先ほどのクランクは無難に後部へ移動。



ワイヤロープはこんな感じに収まりました。
(もうちょっと見栄え的なモノを考えればよかった・・・)


ついでにバールも「使うのは起動輪の辺りだろう」と車体側面からフェンダー上に移動しました。
マーキングは付属デカールを使わずに、昔買ったBISONデカールから使用。
制空権を完全に失った大戦末期ということで、航空識別マークは無しとしました。

他には『排気管の長さ』が不足していて、どう考えても「ジャッキ真っ黒ススだらけやろw」とかツッコミ所はありますが、このままチッピングと汚し作業に入ります。

・・・後から気付くとツライ!!


| その他の陸モノ | comments(0) | trackbacks(0) |
44M『Tas』<3>
 
黙々と進めております。


<下地塗装>

いつも通り『サフ』→『何か色々まだら』の順です。
さて、問題は「どう仕上げるか」でして、箱絵のままだと完全に劣化パンターになってしまうので、
ここは大戦末期の切迫感を出すのに『プライマー迷彩』なぞやってみようかと思います。


<履帯>

ホビーボスの履帯と言えばトルディ軽戦車でエライ目に会わされましたが、今回は大丈夫のようです。
とりあえず起動輪との相性は、ややキツイですが加工が必要なほどではありません。



組み立てもギュッと押し込む感じで繋げていって、サラサラ接着剤を流し込めばOK。
ただ、このように一度転輪に巻いて接着剤が固まってから外して塗装する場合、
誘導輪とフェンダーとの隙間が非常に狭いので、上下二分割にして取り外す必要があります。



>>次

<みやびんコピー>

かなり強引に型を抜いてみました。
パーツ点数は2点となっております。
あくまで破損した時の保険であり、これで複製が出来るとは一言も言ってませんからっ!


>次

<俺タワー>

つい数日前「ミリ姫大戦はじめました」などと言いましたが、何か目的みたいなものが感じられず、
もう少し内容が充実するまで置いといて、とりあえず『オヤカタ』になることにしました。

『俺タワー』軽く遊ぶには面白いです。軽トラック樣タマランです。

| その他の陸モノ | comments(2) | trackbacks(0) |
44M『Tas』<2>

リボンの武者テケの発売日は5月だったのに、ググッと早まって4月14日とか言い出したので、
Tas、ちゃちゃっと進めていきます!


ほぼ素組みです。
後述しますが、牽引フック基部には六角ボルトを移植しています。


後ろ。

ここまでの詳細は続きをクリッコ↓

続きを読む >>
| その他の陸モノ | comments(0) | trackbacks(0) |
44M『Tas』<開始>

ソミュアがががっ!!


発送済みの『ソミュアS35』が、超遅い飛脚急便のせいで3日経っても届かないので、
業を煮やして、ハンガリー最強AFV(になる予定だった)『Tas』の制作開始です!



それはエエけどこの箱絵、これでは本当に似非パンターですな。

続きを読む >>
| その他の陸モノ | comments(2) | trackbacks(0) |
ズリーニィ2<完成>

そろそろ確定申告の時期です。
ウチはネットでやってますが、年に一度しかしない事って毎回やり方忘れますよね。

そんな中、丸一年以上放置していた「ズリーニィ2」が完成。



ということで、MENGのシャール2Cに突☆入!!




| その他の陸モノ | comments(5) | trackbacks(0) |
ズリィニィ<フィギュア2>
昨日

なに!ゴーストライターだけやのぅて、耳も聞こえるやとぉ!?

この手の話は数多ある事なので、さほど気にもなりませんが「ゴーストライター」と聞いて
「ゴールドライタン」を思い出し、話の内容は覚えてないけど「時計のヤツ欲しかったなぁ」
なんて、思い出に耽りながらフィギュア塗りをしようとしたら、
案の定、油彩の蓋がカッチカチに固まってて、ペンチで5分ほど格闘の後ようやく開きました。


<塗り>

スタジオ☆ズブリの仕事開始。
特に意味はありませんが今回は革部分だけラッカー筆塗りで下地。他はアクリル塗料で下地です。



とりあえず、長いブランクで不安満点の顔塗りから。
塗る色の順番さえ間違えなければ何とか大丈夫っぽいです。



前回(サンシャモン人形)の失敗があるので、基本に返って衣類も油彩で。
丸一日乾燥させてから、艶消しを吹いて完成。

ズリ−ニィが終わったらシャール2C作って・・・
今月は予約した英国のMk.Bとチャーチルガンキャリアが楽しみですが財布の中身は永遠のゼロ。


| その他の陸モノ | comments(2) | trackbacks(0) |
ズリィニィ<フィギュア1>

サンシャモンで戦車のリハビリは無事に終えましたが、フィギュアが不安な管理人。
ズリィニィに乗せるフィギュアで真面目にリハビリ開始です。

<ハンガリアン戦車兵>

使用するのは、ミニアート35157「ハンガリアンタンククルー」より、この座ってる兄ちゃん。
この人が本当に所謂「戦車兵」なのかどうか全く自信はありませんが、この人でいきます。
(この服、一度も資料写真で確認したことないんですよねぇ・・・)



ミニアートらしい繊細さと荒さが入り混じった造形です。
まず、手の角度とか全く合わないので、ガンガン改造手術を施してまいります。



モールドが消えている箇所は、エポパテやプラペーパーで再現し、
輪郭のボケたところはルーターで彫り込んでます。


上着の裾は途中から完全に消えていたのでエポパテ再現。
ベルトも違和感アリアリだったのでプラペーパーで。
ズボンのポケットはデザインナイフでエッジを立たせています。



顔のモールドもボケボケだったので目と口をチゼルで彫りました。
ちなみに、この段階で眼球の向き(視線)を針なんかで軽く彫っておくと塗りがラクになります。

久しぶりの人形弄りでしたが、やっぱ戦車のパーツ修正より断然楽しいです。
問題は「塗り」ですけど・・・



| その他の陸モノ | comments(0) | trackbacks(0) |
ズリィニィ2<一旦完結>
Win8がどんなモンか知りませんが、VAIODuo11は欲っしいです!
注目の新商品お約束の手法かはさておき、現在品薄でやたら値が吊り上がってございますが、
落ち着いたらガツンと2割3割は下げてくる(願望)と思うので年末までガマンします。


<OVM>

1年前なら「OVMなんて全部取り付けて後から塗り分けたらエエねん」と言っていましたが、
今年は別々に仕上げてから取り付ける方法に変わってしまいました。
理由は単純にカメラの解像度が上がったせいで「細かい所までよく見えるようになったから」です。



このあと、雨だれ、チッピング、砂塵などの汚れを足していくのですが、
肝心要のフィギュアがいつ発売されるのか分からないので、一旦置きます。



オマケ付属のハンガリー仕様ジェリカン。
「ここで使わなドコで使うねんw」なので使います。
注ぎ口などの精度はなかなかグッジョブベリーナイス♪です。
この技術があるのに、なぜキット本体にダメパーツがあんなにあるのか・・・ブロン公。


<本日の中二>

新規マスコットとして輝かしい一票を獲得した「星蔵」をキャラ設定しました。
爆ぜろリアル!はじけろシナプス!


| その他の陸モノ | comments(2) | trackbacks(0) |
| 1/10PAGES | >>