過去記事テーマ別

管理人の買った物一覧

私家版戦車入門1: 無限軌道の発明と英国タンク
私家版戦車入門1: 無限軌道の発明と英国タンク (JUGEMレビュー »)
モリナガ ヨウ
世界初のタンク(戦車)が如何にして誕生し、どのような問題を乗り越えて進化して来たのか?蒸気トレーラーから英国の菱型戦車、ホイペットまでをまとめた決定版。
ガン&ガール イラストレイテッド 第二次大戦枢軸国編 (MC☆あくしずMOOK)
ガン&ガール イラストレイテッド 第二次大戦枢軸国編 (MC☆あくしずMOOK) (JUGEMレビュー »)

WW2枢軸陣営の小火器を紹介した女子イラスト付きのマジメな本。読みやすい構成で初心者にもオススメ。
大日本帝国陸海軍〈2〉―軍装と装備 明治・大正・昭和
大日本帝国陸海軍〈2〉―軍装と装備 明治・大正・昭和 (JUGEMレビュー »)
中田 忠夫
ややカタログっぽく編集されており、被服の細部(内側や背面など)を知ることは出来ませんが小物や拳銃、生活用品までかなりの数が全て写真で網羅されています。
The Soviet Soldier of World War Two
The Soviet Soldier of World War Two (JUGEMレビュー »)
Phillippe Rio
WW2ソ連兵の兵装を実写カラーでドカンと紹介。よほど特殊な設定以外この一冊で十分です。オススメ!全編英語
ストライクアンドタクティカルマガジン増刊 日本陸軍の戦車 2010年 11月号 [雑誌]
ストライクアンドタクティカルマガジン増刊 日本陸軍の戦車 2010年 11月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)
古是 三春,鈴木 邦宏,土居 雅博
最新の考証を元に八九式を中心に旧軍戦車を各型解説。写真やイラストも豊富で内装なども参考になります。オススメ!
Deutsche Soldaten: The Uniforms, Equipment and Personal Effects of the German 1939-1945
Deutsche Soldaten: The Uniforms, Equipment and Personal Effects of the German 1939-1945 (JUGEMレビュー »)
Agustin Saiz
これは凄い量の実物コレクション!ブーツやガスマスクなど一般的な装備品のバリエーションは勿論、マップケースの中身に時計やタバコまで、ドイツ兵の持ち物を殆ど網羅!巻頭から巻末までオールカラー写真で資料的価値抜群。オススメ!
※全編英語
図解 ヘビーアームズ (F-Files No.017)
図解 ヘビーアームズ (F-Files No.017) (JUGEMレビュー »)
大波 篤司
機関銃や迫撃砲、バズーカにロケットランチャーなど使用方法や各部品の意味など一問一答でスッキリ解説。銃器ビギナーの人に超オススメ。
Vision models 1/35スケール  【VA-9003】 帝国陸軍 九七式
Vision models 1/35スケール  【VA-9003】 帝国陸軍 九七式 (JUGEMレビュー »)

チハ系キットには欠かせないキャタ。価格、組み易さ、解像度も申し分ない定番商品。
末期の水物兵器集
末期の水物兵器集 (JUGEMレビュー »)
こが しゅうと
若干クセのある漫画と文章で、旧海軍兵器の中でもマニアックな物を局所的に徹底紹介!他のシリーズも濃イィ内容!
戦う広告―雑誌広告に見るアジア太平洋戦争
戦う広告―雑誌広告に見るアジア太平洋戦争 (JUGEMレビュー »)
若林 宣
戦時中に国内で使用された広告を年代ごとに紹介。当時の世相が分かる他に類を見ない貴重な資料。
British Web Equipment of the Two World Wars (Europa Militaria)
British Web Equipment of the Two World Wars (Europa Militaria) (JUGEMレビュー »)
Martin Brayley
英軍歩兵の装備品をカラー写真で紹介。色味やバリエーションを知るには良書ですが武器類は無し。価格的にもオススメ!
※全編英語
Stalin's War: Soviet Uniforms And Militaria 1941-45
Stalin's War: Soviet Uniforms And Militaria 1941-45 (JUGEMレビュー »)
Laszlo Bekesi
コレクターが集めたWW2ソ連軍の装備品や階級章のカラー写真集。マニアにとってはかなり薄い内容だが、ソ連軍初心者にはそこそこ資料的価値アリ。
※全編英語
第2次大戦ドイツ軍装ガイド
第2次大戦ドイツ軍装ガイド (JUGEMレビュー »)
ジャン・ド・ラガルド
オール実写による軍装ガイド。これ一冊で殆んどの正規バリエーションが把握できます。
ノーブル バックレスキューベルトチタン L(腰周り:78~94cm) 黒
ノーブル バックレスキューベルトチタン L(腰周り:78~94cm) 黒 (JUGEMレビュー »)

椅子に座ってると腰が痛い!
ってな人は試す価値アリ!
個人的には相当の効果を実感しています。
鋼鉄の最精鋭部隊―千葉戦車学校・騎兵学校 (日本陸軍の機甲部隊 1)
鋼鉄の最精鋭部隊―千葉戦車学校・騎兵学校 (日本陸軍の機甲部隊 1) (JUGEMレビュー »)

貴重な日本戦車の写真集です!戦車学校での訓練風景で構成され、全体の半分以上がチハ主体の写真ですがネットでは見られないレアなものばかり!チハファンは必携!
ドキッ乙女だらけの帝國陸軍入門
ドキッ乙女だらけの帝國陸軍入門 (JUGEMレビュー »)
堀場 亙,岡本 博信
萌えだと思って期待したらハズレですのでご注意を…列記としたミリタリー本です。
TUNODA 薄刃ミニニッパー 120mm TM-02
TUNODA 薄刃ミニニッパー 120mm TM-02 (JUGEMレビュー »)

某プラモメーカーから発売されている物のOEM版なのでプラモ制作に抜群の性能!しかも格安!
Les MAteriels radio de la Wehrmacht: German Radio Sets 1935-1945
Les MAteriels radio de la Wehrmacht: German Radio Sets 1935-1945 (JUGEMレビュー »)
Pierre Metsu
大戦中のドイツ軍無線機を全機種カラー写真で紹介。残念ながら和訳はないですが英訳はアリ。(値段が…)
陸軍機甲部隊―激動の時代を駆け抜けた日本戦車興亡史 (〈歴史群像〉太平洋戦史シリーズ (25))
陸軍機甲部隊―激動の時代を駆け抜けた日本戦車興亡史 (〈歴史群像〉太平洋戦史シリーズ (25)) (JUGEMレビュー »)

モデラー目線のディティール考察には向きませんが、日本戦車がどのように発展し各地でどう戦ったかを知るには良書。
Modelling the Marder Self-Propelled Gun (Osprey Modelling)
Modelling the Marder Self-Propelled Gun (Osprey Modelling) (JUGEMレビュー »)
Sam Dwyer, Robert Oehler

マーダー1,2D,3r,3M,3H のディティールアップ製作ガイド。
外人サンのテクを盗めます!
泥まみれの虎―宮崎駿の妄想ノート
泥まみれの虎―宮崎駿の妄想ノート (JUGEMレビュー »)
宮崎 駿
エース「オットーカリウス」の手記を元に末期ドイツ軍の泥沼の戦いを描写。
今までの「戦車感」が変わるかも?
第2次大戦各国軍装全ガイド (ミリタリー・ユニフォーム)
第2次大戦各国軍装全ガイド (ミリタリー・ユニフォーム) (JUGEMレビュー »)
ピーター ダーマン,マルカム マクグレガー,ピエール ターナー
WW2各国陸海空の軍服図鑑。
膨大な数だが、浅く広くといった感じなので、一国を集中的に調べたい人には不向き。
日本戦車隊戦史―鉄獅子かく戦えり
日本戦車隊戦史―鉄獅子かく戦えり (JUGEMレビュー »)
上田 信
帝国陸軍戦車部隊が各戦線でどのように戦ったのか、図解を交えて年代ごとに相手装備と比較しながら紹介。
イラスト中心なので文章が苦手な人でも大丈夫!(写真は無し)
ビジュアルガイド WW2戦車〈1〉電撃戦
ビジュアルガイド WW2戦車〈1〉電撃戦 (JUGEMレビュー »)
川畑 英毅, 吉原 幹也
WW恐そ戦線好きなら持っておきたい一冊。
ドイツ、ソ連は勿論、フランスやポーランド等、欧州のあらゆる戦闘車両を広く浅く紹介。マイナー車種など豆知識にいいかも。
アハトゥンク・パンツァー〈第7集〉1号戦車、2号戦車と派生型編
アハトゥンク・パンツァー〈第7集〉1号戦車、2号戦車と派生型編 (JUGEMレビュー »)
尾藤 満
言わずと知れたモデラーの為の資料本。 詳細図と写真で各型を詳しく解説。
T-24<完成>
 
なんだかんだと問題だらけだった割にあっさり完成してしまいました。



車載品ナシ、人形ナシ、資料ナシ、単色塗装・・・ラクですっ!


<嫁>
早く作りたい艦これ嫁候補!(まだLv71やけど)

まだパーツや材料が揃ってないので、次はAFVクラブのチャーチルガンキャリアに着手します。



| ソ連モノ | comments(5) | trackbacks(0) |
T-24<5>

金曜夜からドップリ缶詰状態で進めて、ほぼ完成となりました。
魂がどっかへ行ってしまいそうです・・・

<デカール>

ボス・・・金型技術はともかく、デカールも豪快でございます。
余白ベッタリで、昔よくあった「自分でカットして使ってね式」を彷彿とさせます。



とりあえず余白は全カット。
ナンバーは直線が多くカットしやすい「4」を選択、丸十字は中の円の中もカットしました。



こんな感じです。


<履帯>

大問題だった履帯と機動輪の調整ですが、
雪風なみにスケスケになるまで削ったら収まりました。



| ソ連モノ | comments(0) | trackbacks(0) |
T-24<4>

自身初の「1/700艦船模型」に着手すべく、密かにパーツ等を集めておるのですが、
アレですね、資料本とか合わせたら軽く諭吉が2、3人は出家しますね。 

まぁ、さっきストック確認したらAFV用のパーツも大概でしたけどね。(生涯で使い切れる気がしない)


<履帯>
で、履帯はこの通り、予想通りというか起動輪との相性は最悪でございます。

ヤス「ボス、ここまできたら言い逃れは出来ませんよ」

とにかくセンターガイドが完全に干渉するので↓
センターガイド内側をルーターで薄削りします。

多少マシになりましたがまだイケそうなので、この後もうチョイ頑張ります。
隠れちゃう部分はバッサリ切ってもいいかも知れませんね。



今回は人形無しの予定なので、これが終わったら塗装に入ります!
ていうか、さっさと塗装したいです!


| ソ連モノ | comments(2) | trackbacks(0) |
T-24<3>
 
このホビーボス「T-24」
パーツ精度はかなりイマイチなれど、OVMが一切無いのと資料が殆ど見当たらないので、
素組みしか選択の余地が無く(自分調べ)、意外とサックリ進みます。


が、しかし・・・


<尾橇>
龍驤「いくらなんでもコレはアカン」


<仮組み>
龍驤「こんなんアカン、アカンでぇ!」


<デッチアップ>
って事で、今や”まな板”の代名詞になった龍驤サンもビックリの平面ぶり。
これは流石にマズイので、おもて面のモールドを見様見真似でソレっぽくコピーします。

.織潺0.27プラペーパーを現物合わせでカット。(多少の粗は気にしない)
適当なボルト(今回はヘッツァーの転輪)を移植して完了。
でっかいボルトは三突かなんかの装甲板パーツから移植。

余りパーツのストックが火を噴く瞬間です。


で、よく見るとフレームを固定する基部の内側もリベットが省略されており(画像1,2枚目参照)
まさか「片方がリベット留めで片方が溶接」なんて意味難解なことはしないであろう・・・
と、それなりの常識と勝手な想像でデッチアップを施しました。


そうなってくると、勿論、裏面にもリベットがあるんジャマイカ?ってことで、
龍驤状態だった裏面にも車体底面からリベットを剥ぎ取って移植。


ここで「わーい龍驤タンのビーチクだぁ♪」とか思った貴方は完全にアウト。




| ソ連モノ | comments(4) | trackbacks(0) |
T-24<3>

昨夜のこと、アニメで”巨乳が揺れる時の効果音(タプッってヤツ)”を拍手で出せる事に気付き、
今朝、ドヤ顔で嫁はんに披露しましたが無反応でした。
そんな中、作りたいキットが更に増えたので黙々と作業を進めます。


<継ぎ目>
このキット、車体垂直面は殆どが箱組み分割されており、大体こんな感じで隙間が出来ます。
これは車体側面を後方から見た図。

で、先ほどの部分を側面から見ると、継ぎ目のモールドが施してあり、
”戦車の常識”で考えたら装甲板をこんな継ぎ方するワケねぇべよw なのですが、
チェコの35(t)でも車体正面に継ぎ目があったのを思い出し、過渡期はアンビリバボーも有り得ると、
このモールドを信用して↓

ツライチにしてはみたのですが「上面装甲板の継ぎ目はどこ?」とキリも無い資料も無いで、
この辺から理屈を追求するのはやめました。


<砲塔>
各銃眼は曲りなりに可動なのですが、合計4つある中、この主砲塔側面の銃眼だけが接着固定。


更には主砲防盾も完全接着固定で装甲板に穴すら開いてません。

ヤス「一体どういう事情があったのか、ボスの話をじっくり聞いてみたいですね。」





| ソ連モノ | comments(3) | trackbacks(0) |
T-24<2>

ぐぬぬ、ホビボめ・・・


<謎ボルト>

組説には車体正面に大きなボルトが描かれているのですが、
実際のパーツにはそんなモールドも無ければパーツも見当たりません。


フック基部には嫌がらせの如き鬼畜な極小ボルトを貼らせておきながら、
こんなでっかいボルトは堂々とスルーしちゃう辺り、ホビーボスの企業体制が疑われます。
(このボルトは組説と塗装例に描かれているだけで、取り付け指示などは一切ありません)

で、手持ちのアベール「35A15 ボルト&ナット」から適当な大きさのボルトを選んで貼り付け。
キット自体はそう悪くもないのですが、こういうのが積み重なってイメージが悪くなるんですね。


<砲塔>

砲塔&銃塔は正面を除いてスライド金型による一発抜きなのですが、
金型の境目はリベットモールドが変形しているので↓


車体底部にある「完成したら見えなくなるから、これは予備リベットだろ?」を剥ぎとって移植。
若干サイズは異なりますが言わなきゃバレないので、気になる所はガンガン移植しちゃいましょう。


<機銃防盾>

銃身もまとめて左右からの一発抜なので正面のモールドは一切ないのです。

ビフォー「この機銃、ドコで照準合わせるのよ?」
アフター「多分、照準孔は銃身の真上かやや左にあるハズ」

ってことで、無いに等しいT-24の資料写真は諦めて、先代であるT-18の写真を見ながら、
それっぽい位置にピンバイスで開口っぽい。ついでに銃口も開口っぽい。ぽいぽい。
これが計4つございます。イカス。

ヘイ!ボス!どうせ別パーツにするんならこういう所ですぜ!


<エンジン点検扉>

と、パーツ分割を煽ったバチが当たったのか、
このキット、やたらハッチとヒンジが分割されていて、
一見「構造的に仕方ないかな?」と納得させられそうになるも、
よく考えると「ヒンジは一体でも余裕で抜けるやろw」と草が生えてございます。


ヤス「ボス!なんかいろいろ問い詰めたいぞ!」


| ソ連モノ | comments(0) | trackbacks(0) |
T-24<1>

<ソッチ五輪>
スノボ男女パラレル大回転て!
どんなプレイやねん!プロペラ状態か!露骨過ぎて、最早イジるに値せぬわ!

それはさておき、竹内選手、銀メダルおめでとうございます。



シャール2Cはこのヒゲの乾燥待ちとなったので、積みプラを消化しようと思います。


<T-24中戦車>

旧式な足回りに二段砲塔が眩しい戦間期の戦車。
ソ連戦車の元祖と言えばルノーFTを参考にしたT-18ですが、その次にあたるのが本車。
とは言え、試験的な要素が大きく生産数も少ないため、ディテールは謎だらけですが・・・


<足回り>

足回りの組み立ては可もなく不可もなく。
モールドも悪くはないがキレてもいない。
そのくせ、キット価格は一流という感じでございます。


<P.Eパーツ>

メッシュグリルは分かりますが、他のパーツは「本当にP.Eでないとアカンのか?」な感じで、
特に上段の小さいボルト群が嫌な感じです。


そしてその小さなボルト群、もう嫌がらせの域ですよこれはw
「ふざけるな!ホビーボス!なにがボスじゃカス!」とボルトの数だけ叫びたくなります。

やたら小さい鬼畜ボルトを取り付ける先は、単なる牽引フックの基部。
今までの経験上、一体成型が当たり前のパーツで、分割するのなら垂直の三角部分でありましょう。
ただただ難しいだけで、特段パーツの出来が良いワケでもなく(いや、むしろモサい)
一体、何の為にボルトを、しかもエッチングで別パーツ化したのか意味が理解できませぬ。

と言うワケで「ったく、ボスの気まぐれにゃ困ったモンだぜ」って感じのスタートです!


P.S
最近、やっと「スペース☆ダンディ」の”見方”が分かってきました。


| ソ連モノ | comments(2) | trackbacks(0) |
ICM35621<完成>
 
クリッコで完成ページへ


製作を始めた当初は、木陰から曹長が下着を盗もうとしている情景を計画していたのですが
女性兵士が普通に勤務している中、それはチョット不自然だということで
婦人と腐人をかけまして・・・

今回使わなかった下着一式は、いずれまたネタ作品として日の目を見ることとなるでしょう。


| ソ連モノ | comments(5) | trackbacks(0) |
ICM35621<7>
<続・顔塗り>

大体これぐらいの油絵具を使います。
左から白、肌色、茶、黒、赤、青、クリアブラウンで黄色を使う時もあります。
私の場合、筆は3本つかいまして、白系、黒系、混色用と分けています。
あと、常に溶剤と乾いた布などを傍らに置いて、いつでも筆を掃除できるようにしています。


まずは目から。
黒を混ぜた茶で目の縁を描き入れますが、大雑把に全体に茶色を入れてます。


先ほどの縁を残して白目を追加。


白人設定なので青目を追加。(ほかにグリーンやブラウンなどお好みで)
先に青を入れてから最後に黒っぽい青で瞳孔を入れます。
女性の場合は更に白系でアイキャッチを追加してもヨシです。


陰部分に茶色、それ以外に肌色を乗せます。


色の境目を乾いた筆で混色しながら、全体を馴染ませます。



途中、撮り忘れましたが、先ほどの要領で肌の明るい部分に白系の肌色を追加
陰部分に茶色を追加して、同じ要領で馴染ませて明暗のメリハリを付けます。
一般的には陰部分にもっと暗い紫色を追加するのですが、私はこれぐらいのアッサリめです。
設定によっては頬を赤くしたり唇にクリアブラウンを乗せる場合もあります。

あとは丸一日以上置いて完全に乾燥したら艶消しクリアを吹いて完了!(`・ω・´)ゞ

あんまりコテコテにはしたくないけど、まだまだブレンドが荒いです。
修行が足りませぬ・・・orz



| ソ連モノ | comments(0) | trackbacks(0) |
ICM35621<6>
一日があと一時間長かったら・・・

と、いうワケで、今季、作業再開してから何だかやけに手が動くのですが
こういうパターンの後はまず間違いなく一気にヤル気が無くなるのです。
一極集中型の脳ミソというのは持続力に乏しいのかもしれません。



さぁ、そんな融通利かないオジサンの脳ミソを柔らかくするため、本日も買ってまいりました。
何と言ってもワタクシ、ボカロ大本命はリンですからね!(`・ω・´)キリッ


グッスマカフェでコレが食えるのか・・・


ムズイ!!全国のメイド達は毎日こんな高度な事をやっているのでしょうか!
リボンとなる予定だったチーズはレンジで見事にとろけて消えたので、自前のチーズで再生。
いやもうコレはリンと言うより殆どトロだニャア。
・・・味はコンビニ弁当にしてはウマい方だと思います。


<顔塗>

突然ですが、いつも面倒で撮影しないのですが、今回は順を追って撮ってみました。
ていうか、自分が毎度忘れてしまうので備忘録ということで。。。
まずは、アクリル系で肌色とか髪や眉など主要な部分を塗り分け。ベタ塗りです。



同じくアクリルの茶系をシャバシャバに溶いたものでウォッシュ。



綿棒などで拭き取って下地完了。
この段階では薄っすらモールドが浮かび上がる感じでOK。乾燥を待ちます。



次回、油彩の部へ続く・・・



| ソ連モノ | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/5PAGES | >>