過去記事テーマ別

管理人の買った物一覧

私家版戦車入門1: 無限軌道の発明と英国タンク
私家版戦車入門1: 無限軌道の発明と英国タンク (JUGEMレビュー »)
モリナガ ヨウ
世界初のタンク(戦車)が如何にして誕生し、どのような問題を乗り越えて進化して来たのか?蒸気トレーラーから英国の菱型戦車、ホイペットまでをまとめた決定版。
ガン&ガール イラストレイテッド 第二次大戦枢軸国編 (MC☆あくしずMOOK)
ガン&ガール イラストレイテッド 第二次大戦枢軸国編 (MC☆あくしずMOOK) (JUGEMレビュー »)

WW2枢軸陣営の小火器を紹介した女子イラスト付きのマジメな本。読みやすい構成で初心者にもオススメ。
大日本帝国陸海軍〈2〉―軍装と装備 明治・大正・昭和
大日本帝国陸海軍〈2〉―軍装と装備 明治・大正・昭和 (JUGEMレビュー »)
中田 忠夫
ややカタログっぽく編集されており、被服の細部(内側や背面など)を知ることは出来ませんが小物や拳銃、生活用品までかなりの数が全て写真で網羅されています。
The Soviet Soldier of World War Two
The Soviet Soldier of World War Two (JUGEMレビュー »)
Phillippe Rio
WW2ソ連兵の兵装を実写カラーでドカンと紹介。よほど特殊な設定以外この一冊で十分です。オススメ!全編英語
ストライクアンドタクティカルマガジン増刊 日本陸軍の戦車 2010年 11月号 [雑誌]
ストライクアンドタクティカルマガジン増刊 日本陸軍の戦車 2010年 11月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)
古是 三春,鈴木 邦宏,土居 雅博
最新の考証を元に八九式を中心に旧軍戦車を各型解説。写真やイラストも豊富で内装なども参考になります。オススメ!
Deutsche Soldaten: The Uniforms, Equipment and Personal Effects of the German 1939-1945
Deutsche Soldaten: The Uniforms, Equipment and Personal Effects of the German 1939-1945 (JUGEMレビュー »)
Agustin Saiz
これは凄い量の実物コレクション!ブーツやガスマスクなど一般的な装備品のバリエーションは勿論、マップケースの中身に時計やタバコまで、ドイツ兵の持ち物を殆ど網羅!巻頭から巻末までオールカラー写真で資料的価値抜群。オススメ!
※全編英語
図解 ヘビーアームズ (F-Files No.017)
図解 ヘビーアームズ (F-Files No.017) (JUGEMレビュー »)
大波 篤司
機関銃や迫撃砲、バズーカにロケットランチャーなど使用方法や各部品の意味など一問一答でスッキリ解説。銃器ビギナーの人に超オススメ。
Vision models 1/35スケール  【VA-9003】 帝国陸軍 九七式
Vision models 1/35スケール  【VA-9003】 帝国陸軍 九七式 (JUGEMレビュー »)

チハ系キットには欠かせないキャタ。価格、組み易さ、解像度も申し分ない定番商品。
末期の水物兵器集
末期の水物兵器集 (JUGEMレビュー »)
こが しゅうと
若干クセのある漫画と文章で、旧海軍兵器の中でもマニアックな物を局所的に徹底紹介!他のシリーズも濃イィ内容!
戦う広告―雑誌広告に見るアジア太平洋戦争
戦う広告―雑誌広告に見るアジア太平洋戦争 (JUGEMレビュー »)
若林 宣
戦時中に国内で使用された広告を年代ごとに紹介。当時の世相が分かる他に類を見ない貴重な資料。
British Web Equipment of the Two World Wars (Europa Militaria)
British Web Equipment of the Two World Wars (Europa Militaria) (JUGEMレビュー »)
Martin Brayley
英軍歩兵の装備品をカラー写真で紹介。色味やバリエーションを知るには良書ですが武器類は無し。価格的にもオススメ!
※全編英語
Stalin's War: Soviet Uniforms And Militaria 1941-45
Stalin's War: Soviet Uniforms And Militaria 1941-45 (JUGEMレビュー »)
Laszlo Bekesi
コレクターが集めたWW2ソ連軍の装備品や階級章のカラー写真集。マニアにとってはかなり薄い内容だが、ソ連軍初心者にはそこそこ資料的価値アリ。
※全編英語
第2次大戦ドイツ軍装ガイド
第2次大戦ドイツ軍装ガイド (JUGEMレビュー »)
ジャン・ド・ラガルド
オール実写による軍装ガイド。これ一冊で殆んどの正規バリエーションが把握できます。
ノーブル バックレスキューベルトチタン L(腰周り:78~94cm) 黒
ノーブル バックレスキューベルトチタン L(腰周り:78~94cm) 黒 (JUGEMレビュー »)

椅子に座ってると腰が痛い!
ってな人は試す価値アリ!
個人的には相当の効果を実感しています。
鋼鉄の最精鋭部隊―千葉戦車学校・騎兵学校 (日本陸軍の機甲部隊 1)
鋼鉄の最精鋭部隊―千葉戦車学校・騎兵学校 (日本陸軍の機甲部隊 1) (JUGEMレビュー »)

貴重な日本戦車の写真集です!戦車学校での訓練風景で構成され、全体の半分以上がチハ主体の写真ですがネットでは見られないレアなものばかり!チハファンは必携!
ドキッ乙女だらけの帝國陸軍入門
ドキッ乙女だらけの帝國陸軍入門 (JUGEMレビュー »)
堀場 亙,岡本 博信
萌えだと思って期待したらハズレですのでご注意を…列記としたミリタリー本です。
TUNODA 薄刃ミニニッパー 120mm TM-02
TUNODA 薄刃ミニニッパー 120mm TM-02 (JUGEMレビュー »)

某プラモメーカーから発売されている物のOEM版なのでプラモ制作に抜群の性能!しかも格安!
Les MAteriels radio de la Wehrmacht: German Radio Sets 1935-1945
Les MAteriels radio de la Wehrmacht: German Radio Sets 1935-1945 (JUGEMレビュー »)
Pierre Metsu
大戦中のドイツ軍無線機を全機種カラー写真で紹介。残念ながら和訳はないですが英訳はアリ。(値段が…)
陸軍機甲部隊―激動の時代を駆け抜けた日本戦車興亡史 (〈歴史群像〉太平洋戦史シリーズ (25))
陸軍機甲部隊―激動の時代を駆け抜けた日本戦車興亡史 (〈歴史群像〉太平洋戦史シリーズ (25)) (JUGEMレビュー »)

モデラー目線のディティール考察には向きませんが、日本戦車がどのように発展し各地でどう戦ったかを知るには良書。
Modelling the Marder Self-Propelled Gun (Osprey Modelling)
Modelling the Marder Self-Propelled Gun (Osprey Modelling) (JUGEMレビュー »)
Sam Dwyer, Robert Oehler

マーダー1,2D,3r,3M,3H のディティールアップ製作ガイド。
外人サンのテクを盗めます!
泥まみれの虎―宮崎駿の妄想ノート
泥まみれの虎―宮崎駿の妄想ノート (JUGEMレビュー »)
宮崎 駿
エース「オットーカリウス」の手記を元に末期ドイツ軍の泥沼の戦いを描写。
今までの「戦車感」が変わるかも?
第2次大戦各国軍装全ガイド (ミリタリー・ユニフォーム)
第2次大戦各国軍装全ガイド (ミリタリー・ユニフォーム) (JUGEMレビュー »)
ピーター ダーマン,マルカム マクグレガー,ピエール ターナー
WW2各国陸海空の軍服図鑑。
膨大な数だが、浅く広くといった感じなので、一国を集中的に調べたい人には不向き。
日本戦車隊戦史―鉄獅子かく戦えり
日本戦車隊戦史―鉄獅子かく戦えり (JUGEMレビュー »)
上田 信
帝国陸軍戦車部隊が各戦線でどのように戦ったのか、図解を交えて年代ごとに相手装備と比較しながら紹介。
イラスト中心なので文章が苦手な人でも大丈夫!(写真は無し)
ビジュアルガイド WW2戦車〈1〉電撃戦
ビジュアルガイド WW2戦車〈1〉電撃戦 (JUGEMレビュー »)
川畑 英毅, 吉原 幹也
WW恐そ戦線好きなら持っておきたい一冊。
ドイツ、ソ連は勿論、フランスやポーランド等、欧州のあらゆる戦闘車両を広く浅く紹介。マイナー車種など豆知識にいいかも。
アハトゥンク・パンツァー〈第7集〉1号戦車、2号戦車と派生型編
アハトゥンク・パンツァー〈第7集〉1号戦車、2号戦車と派生型編 (JUGEMレビュー »)
尾藤 満
言わずと知れたモデラーの為の資料本。 詳細図と写真で各型を詳しく解説。
シャール2C<完成>
 
本日2回目の更新です。



クリッコでギャラリーへ


いやぁ、デカいと撮影が大変でございます。
それにしても、久々に出会った良いキットでした。
モン・モデル、ちょっと他のキットも作ってみたいですね。


| フランス物 | comments(2) | trackbacks(0) |
シャール2C<…に合わせる人形2>

ソッチ五輪、レジェンドも凄ぉございますが、スノボ”ハーフパイプ”て・・・
ハーフパイプですよw 今度は転換組みが喜びそうなワードでございm(もうええ


<ケピ帽>
天面のモールはもう少し何とかなったと思いますが、次に作りたいモノが幾つか出てきたので、
とりあえずコレで塗装に入ろうと思います。


<一先ずエンジンデッキ>
このシャール2C、
何と言っても実戦未経験な戦車で、動かすのもやっとなシロモノであり、
主な任務は国内外への宣伝だったそうなので、今回はあまり派手な汚しやチッピングは控える方向で。
排気管は地金表現でイイとして、消音機は塗装をもうちょっと残す感じで調整しようと思います。


・・・そんなんやったことないけど。


| フランス物 | comments(4) | trackbacks(0) |
シャール2C<…に合わせる人形>

私のソウルがプラモ制作に回帰しつつある今、
”艦これ”では「ケッコンカッコカリ」なる新システムが実装され、
「よぉし!オジサン頑張っちゃうぞぉ!ヒャッハー!」と久々に出撃を繰り返したものの、
Lv90からLv99までの膨大な必要経験値に軽く絶望し、
既にLv99の北上or大井のどちらかで妥協しそうになったので「目を覚ませ!無料は初婚だけやぞ!」
と「夏頃を目処にゆっくりレベリング作戦」に路線変更しました。

・・・ところで、誰とカッコカリするのかまだ決まっていません。


<デカール>
地獄の迷彩塗装から一夜明け、早速デカールを貼り付け。
しかし、この手の派手派手マーキングは”汚し”との相性が非常に悪く、
「車体は汚れてるけどマークは新品ピカピカ状態」に陥りやすいので、
トルディ軽戦車で実験した「デカールガリガリ削り作戦」を施す必要がありそうです。

いや、汚しを控えめにすればエエだけなんですけどね。


<人形>
今回も大きさ対比のために人形を追加します。
使用するのはミニアート35105から真ん中のヒゲ。

関係ないですが左のウホッ♪なアニキ、欧州では乙女座りは普通なのかも知れませんが、
「男は黙って胡座」の私からすると使い所が非常に難しいのであります。


<いろいろ修正>
途中でモールドが途切れてたり、変形してたりするので修正は必要になります。
人形を頑張りたい人はエポパテとルーターは必須アイテムと言えます。


<ケピ帽>
資料と見比べてみると、キットの物はどちらかと言うとカンカン帽ぐらいのイメージですね。

この182アニキ、いい笑顔ですが上唇が乾燥して歯茎にくっついてますね。あるある。


「大体こんなモンやろ」ってサイズに切り出した0.14mmプラペーパーを↓

巻いたら「大体こんなモン」になりました。
ここから顎紐やら装飾が追加されるので、ちょっと長いかな?ぐらいで丁度イイと思います。

さて、問題はその細かい装飾をどう再現するかであります。


| フランス物 | comments(3) | trackbacks(0) |
シャール2C<3>
 
カーリング女子ロシア代表見た目でグッと盛り上がったソチ五輪。(自分調べ)
そして羽生クンでガツンと盛り上がったのはソッチ系の人だけではないしょう!ソチだけにね!
イイじゃなぁい男子フィギュア。全国のアニキ達、大興奮よっ!(いい加減にしろ


<基本塗装>
サフ→影吹きで一晩寝かせて基本色へ。
ベースはダークイエローと白、あと途中からデザートイエローとか混ぜました。
タミヤとMrカラーが並んで写ってますが、ウチはラッカーもアクリルもごちゃ混ぜで使います。
(どっちもラッカー薄め液で溶いたら一緒ですからね)


そしていつも「何か違うよな・・・」と思う瞬間です。
エアブラシで均一に塗った直後って本当にツマラナイ感じになりますよね。


<迷彩>
毎度お馴染みのコーナーです。
迷彩の境界線を描き始めて2分後には「単色塗装にすれば良かった」と激しく後悔しました。
やっぱ塗装面積パネェっす。


意識が朦朧とする中、幾度となく「単色でええやん、緑に塗ってまえ」とリトル隊長が囁きましたが、
なんとか最後まで迷彩を貫き通すことが出来ました。


次回から、この手のデカブツを塗る際は、迷わず単色を選ぼうと思います。



| フランス物 | comments(2) | trackbacks(0) |
シャール2C<2>
 
なぜ冬季五輪はフィギュア以外イマイチ盛り上がらないのか

それは、
女子選手の生足プリップリのおケツが拝めないからです
(自分調べ)


<大体完了>

とにかくパーツの精度が半端なく素晴らしいので、恐ろしいぐらいサクサク進みます。

何か上げるとしたら、砲塔のパーティングラインと若干のヒケをパテ修正したぐらいで、
あとは普通にパーツの継ぎ目とか溶きパテ塗って磨いた程度。


<履帯>

履帯パーツは最初から切り出されているので、パチパチとハメていくだけ。
かなりの長さなので、正直これは助かりますw



というワケで内職完了。
繰り返しになりますが、これはラクですわぁ!

そして今更ですが、塗装面積はチハ3両分ぐらいありますね。
(普通の戦車は下半分適当でエエけどコイツは・・・)


| フランス物 | comments(3) | trackbacks(0) |
シャール2C<1>

さぁ!今一番話題のMENGモデル(モンモデルって発音らしい)のキットに初挑戦!
しかもフランスファン待望のシャール2Cですから、まさに夢の実現と言えましょう!!


外箱は高級感あふれる美しいマットな仕上がりで、大人のホビーライフを演出。
箱を開ければ机に広がる”自分だけ世界”が、日々の喧騒を忘れさせてくれることでしょう。

ハイ!そんなワケで今まで一部マニアが数万円のレジンキットで頑張っていたジャンルの物ですが、
まさか、普通にキット化される時代が来るなんて、本当に世の中変わりましたねぇ・・・


<足回り>

このコマ数、チャーチルなんて屁のツッパリであります。
が、数は多いけどピタッと収まるパーツ精度のおかげでストレスフリーでございます。

この足回り、日本の「試製一号戦車」を思い出しますねぇ。
九五式重戦車とか100トン戦車とかねぇ、夢が広がりますねぇ・・・赤字覚悟の強者はおらぬか。


<難所?>

ザッとパーツを見渡して「面倒そうやなぁ」と思ったのはこのパーツぐらいです。
機銃手と操縦手の出入り部分ですが、リベットの中心にパーティングラインがあるため処理が面倒臭そう。
普通にデザインナイフでカリカリやって消えましたけどね。


<エンジンデッキ>

垂直面は四方一発抜きですね。ゴイスー。



なんだかんだケチ付ける箇所も無く、アッと言う間に組み上がっていきます。

その理由は、、、
1、金型精度が高いのでパテ処理など加工が殆ど要らない。(タミヤを凌駕している?)
2、細かいパーツが少ない。というか上手く一体化されている。(同上)
3、パーツが組み立て箇所ごとにランナー配置されているので探し回らなくてイイ。(同上)
4、そもそも私自身が細部までクッキリ分かる実車資料を持っていない。(ここ大きいかも)

なんでしょう、このキット「オラ、ワクワクしてきたぞ!」的な楽しさがありますね。


| フランス物 | comments(2) | trackbacks(0) |
サンシャモン<完成>
 


でけました。(クリッコでギャラリーへ)


プラモ慣れしてない人には決してオススメ出来ないキットですが、
この車両自体に興味がある方なら買っても損はしないと思います。

これだけ複雑なパーツ構成の車両を真面目にキット化した「タコム」というメーカー、
今後に大きな期待が持てます。

後期型は勿論、シュナイダーCA1もやってくれる??


| フランス物 | comments(4) | trackbacks(0) |
サンシャモン<7>

完全に戦車感覚が戻ってきた! ・・・ような気がする週末。
”艦これ”より”ガルパン”の方が気になってきたって事は、つまりそういう事なんでしょう。


<汚し>

まずは基本塗装の上からシャバシャバに溶いたアクリルガッシュをシャーっと筆塗りします。
アクリル絵の具は塗ってる時に「薄いなぁ」と思ってても乾燥後は随分ハッキリするので、
一度、見えない所で試し塗りしてから作業することをオススメします。
使う色は白っぽい感じが主流ですね。


アクリルが乾いて、エナメルでの汚しを重ねるとこんな感じになります。
要はシミとかムラとか重ねて複雑にしちゃえばそれっぽくね?というワケであります。
何事も積み重ねが肝心なのですね。
でも、派手にやり過ぎると放置戦車になってしまうので、シチュエーション次第で加減を。



次はパステル粉による砂塵表現。
ガッチリこびり付かせたい場合はアクリル溶剤を塗布して直接削りながら粉を撒いたりします。
積もった粉は、筆や綿棒でコッテコテになりながら拭いたり転がしたりしてお好みに仕上げます。

また、軽い砂埃なら粉を乗せてから、筆を使って余分な粉をホウキで掃くようにするだけでOK。
これも色んな色を使ってやるとソレっぽく見えます。



そして最後はお約束の”チッピング”なんかを施してとりあえず完了となります。
場合によってクリアでコーティングするもヨシ、このまま完成でもヨシであります。

FANTOMASデカール、なかなかの強敵でございました。(。-`ω-)ゼェゼェ



<明日からズリィニィ再開>

そんなワケで、気分が乗っている間に長らく放置していたズリィニィも仕上げてしまいます。
と言っても、ほぼ完成というところまで来てたので、メイン作業はフィギュアですけどね。

半年以上のブランク、顔塗りとか出来るか不安でおます。
その前に油絵具のフタが開くかどうかが問題ですけど。。。



| フランス物 | comments(0) | trackbacks(0) |
サンシャモン<6>

いやいやぁ、またすんごい細胞が発見されたモンですね!
こりゃホンマに人類は不老不死を手にする時代が来るかも知れません。
特に模型師の皆さんは「視力の回復」に期待しちゃってるんじゃないでしょうか?
私も親族に最近流行りの「黄斑性なんちゃら」や「網膜剥離」なんか患った人がいるので、
明日は我が身とこの分野には大いに期待しております。


<迷彩塗装>

前回の「黄色いミミズ」に緑色を追加。
タミヤアクリルをリターダー入りの溶剤で溶いて筆塗りしております。
使用したのはフラットグリーン+白+黄色とか適当に混ぜたもの。
色味は最終段階でガラッと変わってしまうので、その辺を見越して明るめに調合してます。


次も同様にタミヤアクリルのレッドブラウン+白を筆塗り。
デカール貼りを開始して10秒後、塗装例2を選んだ事を後悔しました。
キットをお持ちの方は分かると思いますが「FANTOMAS」ロゴは左右側面と正面にも貼ります。
素直に貼れるのは左側面のみ、残り2枚はリベットやら扉やら凹凸だらけの場所に貼るワケです。

でもまぁここまで来たら、やるっきゃ騎士。


<人形塗装>

平行作業でお人形も塗装。
今回は初の試み「ラッカーで下地塗ったらどうよ?」であります。



ヤバイ・・・やっちまったよオイ!
ちょっと模型から離れると、何やっても不安になりますね。




で、結局仕上げてみればコレと言って特筆する点の無い、いつも通りでございます。
衣類はアクリルガッシュのみ、ヘルメットと革製品はその上からタミヤエナメルで仕上げております。
アクリルでの仕上げ塗装はグラデーションが大味になりますね…(ウマイ人はどないしとんやろ)

よく分からなかったのが「アイアンマスク」ですが、ちょいと検索したところ、
目の部分は革製のゴーグルで、鼻から下はチェーンを編んだような物であることが判明。
用途や効果は知りませんが、大体こんな感じの雰囲気でOKやと思います。


P.S
タミヤはん、なんで今更「ナースホルン」なん・・・
とか言いながら、一回も作ったこと無いのでいい機会かも。


| フランス物 | comments(7) | trackbacks(0) |
サンシャモン<5>

モノがモノだけに、それなりにパテ修正が必要な所もありましたが意外とすんなり完了。
細かい部分は知らないので、とりあえず素組みですが、新参メーカーでありながら
「うぉぉい!w」とツッコミを入れる部分も無く、個人的に良キット認定であります。


<塗装前下地>

サフ吹いてシャドー吹いて下地完了。



今回は塗装例2を選択したので、配色図を見ながら白に近い灰色(ラッカー)を適当に吹いて、
アクセントとなる黄色いミミズ(アクリル)を筆でそれっぽく。
不安いっぱいですが第一段階はこれでヨシっ!

何か迷彩塗る時の色の順番みたいなのがあったような気もするけど・・・まぁええか


<人形>

キット付属のフィギュア。
ポケットのモールドが薄かったのでエポパテで再現。
ついでに拳銃ホルダーの蓋のラインや、巻物のグルグルとかをルーターで彫り込んでます。



サークルKサンクスのガルパンフェア。
アンチョビのキャラカード応募シールが揃いますた!(くっ、交換に行く勇気が!)

ていうか、いつまで経ってもイタリアAFVは中途半端なキットしか無く(ガレキ除く)
各社、一発売り逃げマイナー車両とか出す前にイタリアAFVの”決定版”を揃えて欲しいのです。



<全くどうでもイイけど、オッサンが今期録画視聴してるアニメ>

蛇崩の声には中毒性がある
ダークフレイムマスター2期
下ネタ入門2期
ふぐりコンコン蟻の門渡り
東欧征服「赤い星」
真のヒロインはベッキー先生



| フランス物 | comments(6) | trackbacks(0) |
| 1/5PAGES | >>