過去記事テーマ別

管理人の買った物一覧

私家版戦車入門1: 無限軌道の発明と英国タンク
私家版戦車入門1: 無限軌道の発明と英国タンク (JUGEMレビュー »)
モリナガ ヨウ
世界初のタンク(戦車)が如何にして誕生し、どのような問題を乗り越えて進化して来たのか?蒸気トレーラーから英国の菱型戦車、ホイペットまでをまとめた決定版。
ガン&ガール イラストレイテッド 第二次大戦枢軸国編 (MC☆あくしずMOOK)
ガン&ガール イラストレイテッド 第二次大戦枢軸国編 (MC☆あくしずMOOK) (JUGEMレビュー »)

WW2枢軸陣営の小火器を紹介した女子イラスト付きのマジメな本。読みやすい構成で初心者にもオススメ。
大日本帝国陸海軍〈2〉―軍装と装備 明治・大正・昭和
大日本帝国陸海軍〈2〉―軍装と装備 明治・大正・昭和 (JUGEMレビュー »)
中田 忠夫
ややカタログっぽく編集されており、被服の細部(内側や背面など)を知ることは出来ませんが小物や拳銃、生活用品までかなりの数が全て写真で網羅されています。
The Soviet Soldier of World War Two
The Soviet Soldier of World War Two (JUGEMレビュー »)
Phillippe Rio
WW2ソ連兵の兵装を実写カラーでドカンと紹介。よほど特殊な設定以外この一冊で十分です。オススメ!全編英語
ストライクアンドタクティカルマガジン増刊 日本陸軍の戦車 2010年 11月号 [雑誌]
ストライクアンドタクティカルマガジン増刊 日本陸軍の戦車 2010年 11月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)
古是 三春,鈴木 邦宏,土居 雅博
最新の考証を元に八九式を中心に旧軍戦車を各型解説。写真やイラストも豊富で内装なども参考になります。オススメ!
Deutsche Soldaten: The Uniforms, Equipment and Personal Effects of the German 1939-1945
Deutsche Soldaten: The Uniforms, Equipment and Personal Effects of the German 1939-1945 (JUGEMレビュー »)
Agustin Saiz
これは凄い量の実物コレクション!ブーツやガスマスクなど一般的な装備品のバリエーションは勿論、マップケースの中身に時計やタバコまで、ドイツ兵の持ち物を殆ど網羅!巻頭から巻末までオールカラー写真で資料的価値抜群。オススメ!
※全編英語
図解 ヘビーアームズ (F-Files No.017)
図解 ヘビーアームズ (F-Files No.017) (JUGEMレビュー »)
大波 篤司
機関銃や迫撃砲、バズーカにロケットランチャーなど使用方法や各部品の意味など一問一答でスッキリ解説。銃器ビギナーの人に超オススメ。
Vision models 1/35スケール  【VA-9003】 帝国陸軍 九七式
Vision models 1/35スケール  【VA-9003】 帝国陸軍 九七式 (JUGEMレビュー »)

チハ系キットには欠かせないキャタ。価格、組み易さ、解像度も申し分ない定番商品。
末期の水物兵器集
末期の水物兵器集 (JUGEMレビュー »)
こが しゅうと
若干クセのある漫画と文章で、旧海軍兵器の中でもマニアックな物を局所的に徹底紹介!他のシリーズも濃イィ内容!
戦う広告―雑誌広告に見るアジア太平洋戦争
戦う広告―雑誌広告に見るアジア太平洋戦争 (JUGEMレビュー »)
若林 宣
戦時中に国内で使用された広告を年代ごとに紹介。当時の世相が分かる他に類を見ない貴重な資料。
British Web Equipment of the Two World Wars (Europa Militaria)
British Web Equipment of the Two World Wars (Europa Militaria) (JUGEMレビュー »)
Martin Brayley
英軍歩兵の装備品をカラー写真で紹介。色味やバリエーションを知るには良書ですが武器類は無し。価格的にもオススメ!
※全編英語
Stalin's War: Soviet Uniforms And Militaria 1941-45
Stalin's War: Soviet Uniforms And Militaria 1941-45 (JUGEMレビュー »)
Laszlo Bekesi
コレクターが集めたWW2ソ連軍の装備品や階級章のカラー写真集。マニアにとってはかなり薄い内容だが、ソ連軍初心者にはそこそこ資料的価値アリ。
※全編英語
第2次大戦ドイツ軍装ガイド
第2次大戦ドイツ軍装ガイド (JUGEMレビュー »)
ジャン・ド・ラガルド
オール実写による軍装ガイド。これ一冊で殆んどの正規バリエーションが把握できます。
ノーブル バックレスキューベルトチタン L(腰周り:78~94cm) 黒
ノーブル バックレスキューベルトチタン L(腰周り:78~94cm) 黒 (JUGEMレビュー »)

椅子に座ってると腰が痛い!
ってな人は試す価値アリ!
個人的には相当の効果を実感しています。
鋼鉄の最精鋭部隊―千葉戦車学校・騎兵学校 (日本陸軍の機甲部隊 1)
鋼鉄の最精鋭部隊―千葉戦車学校・騎兵学校 (日本陸軍の機甲部隊 1) (JUGEMレビュー »)

貴重な日本戦車の写真集です!戦車学校での訓練風景で構成され、全体の半分以上がチハ主体の写真ですがネットでは見られないレアなものばかり!チハファンは必携!
ドキッ乙女だらけの帝國陸軍入門
ドキッ乙女だらけの帝國陸軍入門 (JUGEMレビュー »)
堀場 亙,岡本 博信
萌えだと思って期待したらハズレですのでご注意を…列記としたミリタリー本です。
TUNODA 薄刃ミニニッパー 120mm TM-02
TUNODA 薄刃ミニニッパー 120mm TM-02 (JUGEMレビュー »)

某プラモメーカーから発売されている物のOEM版なのでプラモ制作に抜群の性能!しかも格安!
Les MAteriels radio de la Wehrmacht: German Radio Sets 1935-1945
Les MAteriels radio de la Wehrmacht: German Radio Sets 1935-1945 (JUGEMレビュー »)
Pierre Metsu
大戦中のドイツ軍無線機を全機種カラー写真で紹介。残念ながら和訳はないですが英訳はアリ。(値段が…)
陸軍機甲部隊―激動の時代を駆け抜けた日本戦車興亡史 (〈歴史群像〉太平洋戦史シリーズ (25))
陸軍機甲部隊―激動の時代を駆け抜けた日本戦車興亡史 (〈歴史群像〉太平洋戦史シリーズ (25)) (JUGEMレビュー »)

モデラー目線のディティール考察には向きませんが、日本戦車がどのように発展し各地でどう戦ったかを知るには良書。
Modelling the Marder Self-Propelled Gun (Osprey Modelling)
Modelling the Marder Self-Propelled Gun (Osprey Modelling) (JUGEMレビュー »)
Sam Dwyer, Robert Oehler

マーダー1,2D,3r,3M,3H のディティールアップ製作ガイド。
外人サンのテクを盗めます!
泥まみれの虎―宮崎駿の妄想ノート
泥まみれの虎―宮崎駿の妄想ノート (JUGEMレビュー »)
宮崎 駿
エース「オットーカリウス」の手記を元に末期ドイツ軍の泥沼の戦いを描写。
今までの「戦車感」が変わるかも?
第2次大戦各国軍装全ガイド (ミリタリー・ユニフォーム)
第2次大戦各国軍装全ガイド (ミリタリー・ユニフォーム) (JUGEMレビュー »)
ピーター ダーマン,マルカム マクグレガー,ピエール ターナー
WW2各国陸海空の軍服図鑑。
膨大な数だが、浅く広くといった感じなので、一国を集中的に調べたい人には不向き。
日本戦車隊戦史―鉄獅子かく戦えり
日本戦車隊戦史―鉄獅子かく戦えり (JUGEMレビュー »)
上田 信
帝国陸軍戦車部隊が各戦線でどのように戦ったのか、図解を交えて年代ごとに相手装備と比較しながら紹介。
イラスト中心なので文章が苦手な人でも大丈夫!(写真は無し)
ビジュアルガイド WW2戦車〈1〉電撃戦
ビジュアルガイド WW2戦車〈1〉電撃戦 (JUGEMレビュー »)
川畑 英毅, 吉原 幹也
WW恐そ戦線好きなら持っておきたい一冊。
ドイツ、ソ連は勿論、フランスやポーランド等、欧州のあらゆる戦闘車両を広く浅く紹介。マイナー車種など豆知識にいいかも。
アハトゥンク・パンツァー〈第7集〉1号戦車、2号戦車と派生型編
アハトゥンク・パンツァー〈第7集〉1号戦車、2号戦車と派生型編 (JUGEMレビュー »)
尾藤 満
言わずと知れたモデラーの為の資料本。 詳細図と写真で各型を詳しく解説。
本日はMC205
風邪ではなかったものの、鼻水が止まらない管理人。

ヒルダさんのヘアーは予想通りに困難を極め苦戦中。
パテの硬化時間を活用して、飛行機を進めて参ります。



今回の飛行機はイタリアの有名な戦闘機「マッキC.205ベルトロ」
飛行機のことはあんまり知らないんですが、何か強そうな感じです。

で、何はともあれコクピットから。
計器盤はデカールも付属しますが、筆塗りの方が断然ラクチンなので塗装。
足元なんかは見えなくなるので、取り説の指示通りに塗ってます。



そして、最初の難関であります継ぎ目消し。
コクピットの前、ちょうど継ぎ目の両サイドギリギリの所にパネルラインがあり
パーツの継ぎ目を消すと、パネルラインも消えてしまうというクセモノ。
みんなどうやってるのか知りませんが、
今回は一旦埋めて後からモールドし直す方法でやってます。

んでもって、実機では写真の場所(ど真ん中)にもリベット?があるので再現。



一時期、凸リベット無限生産で噂になったナナコ。
実際、プラバンを打ち抜いても殆どマトモな物は出来ず
結局、殆ど使われることなく眠っておりましたが、
流石、丸い刻印を入れるのは本業とあって、こんなところで大活躍。


さぁ、P5がどんな設定になるか語り合おうか・・・(´−ω−)
| イタリア物 | comments(2) | trackbacks(0) |
本日のイタリア
さぁ!通常作業に戻りまして、CV35の続きをば・・・

と、言ってもホトンド完成状態でして、塗装がメイン。

そう言えば途中、キャタの組み立てで少し難儀しましたね〜。

と言うのもこのキャタ、アンサルド社の刻印がちゃんとモールドしてあって

向きが決まってるんですが、その文字が小さいこと!!

さすがに私も鑑定士ばりに虫眼鏡を導入。



実際、そうそう肉眼で見えるモンでもないでしょうが、

最近のカメラの性能だと丸見えなので、ここは気合で向きを合わせます。

そして、向きに気を取られてると、キャタが曲がってたり・・・




そんなこんなで、なんとか完成間近といったところ。

結局、このキットの感想は、組んでしまえばカッコイイし製密度もそれなり。
でも足回りやインテリアは万人が組めるとは思いません。
あとは、単純に価格が最大のネックでしょうか?

レジンキットで6K〜7K後半ですから、外観の再現度は求められて当然なんですが
リベットの数、視察孔の位置間違い、装備品の不足など不満点が目立ち
後々アフターパーツなど出ようものなら、結局レジンキットと同じ価格になります。

で、私が一番気に入らないのは!
「ハンガリー仕様に出来ると謳っておきながら、専用パーツが付いてない事!!」
これは、ハンガリーファンは怒りますよぉぉおおお!!

( -´Д-)y-~~ ブロンコはん、商売ナメとったらあきまへんで。
| イタリア物 | comments(2) | trackbacks(0) |
本日のイタリア
出だしは好印象だったブロンコCV35。

しかし、作業が進むにつれ「これは・・・あきまへん・・・」な箇所もあったり

そうかと思えば、リサーチの行き届いた部分も多数あり、評価の難しいキット。

それでもやっぱり豆戦車。
内装無視してストレートに組み上げれば、すぐ完成かと思われます。




戦闘室後部にスコップとバールが取り付けられているのが標準仕様のようでして
付けるだけなら簡単なんですが、道具を車体に固定するには固定具が必須で
その固定具の形状をリサーチしたのち、プラバンで簡易再現してみました。
実際にはもっと細かいパーツ構成となっていますが、私はここまでで満足。
いずれ超絶モデラ−様がスゴイ作例を発表してくれることでしょう。
ちなみに今回使用したスコップとバールはタミヤの新カーロ(セモ)のパーツ。



そんなこんなで、ようやく車体上下を接着する時がやってまいりました。
箱組車体ですので、当然のように継ぎ目に隙間が出来てしまいます。
こんな時に役立つのがクランプ。(ダイソー製品)
まずは一番目立つフロントからガッチリ接着固定して、数時間後に後部を接着します。
(いや、別に前後同時に接着してもイイんですけどね)



ここまで来て思うのは、豆戦車の割になかなか存在感がある。
細かい所はいろいろと気にはなりましたが、他のメーカーならどうするだろうか?
結局、これはこれで良キットと言えるのではないか?
いやいや、この足周りの組み難さは数十年前の東欧キットを彷彿とさせますよ・・・

まぁ、そんなワケでタミヤさん、近いうちにご検討ください。
ルノーUEよりは売れると思います。<(_ _*)>
| イタリア物 | comments(2) | trackbacks(0) |
本日のイタリア
いや〜、なんなんでしょうね〜・・・

インテリアへのこだわりには感心したんですが、外装はそれほどでもない??



↑コレは車体に貼り付けるP.Eパーツなんですが、既にリベットにあらず。
このまま貼ったら、他の部分と明らかに違和感が出ますよね・・・

ってことで、0.14mmプラペーパーで作り替えます。



で、ファインMのランナーに付いてるおまけリベットを移植。
勿論、他の箇所とサイズは違いますが、指定のP.Eをそのまま使うより幾分かマシです。


<内装追加>


2枚の乗員用ハッチの間に手摺りのような物が確認されたので、針金で再現。


<足回り>


これは稀に見る鬼度です。

こんな人は要注意です↓
1、トライスターの38tの足回りで手こずる。
2、ドラゴン、トライスターの弦羞藁鵑梁周りで息切れを起こす。
3、ドラゴン、トライスターは楽勝だが、CMK、RPM、ミラージュ辺りでは泣く。

ちなみに、私は泣きが入りました。
とにかくパーツの合いが悪い。直線が出ない。etc…

コツは説明書の順番で組まないこと。
幸いビームが支柱になってくれるので、各パーツ毎に仮接着しておき
車体へ装着する際、多少強引ながらも一気に片付けました。
車体へ装着したら流し込み接着剤でガッチリ固めつつ、転輪の直線を出してやります。
接着点が弱いとすぐに解体してしまうので、時間差で組むのもアリです。

なんのこっちゃワカランでしょうが、やったら分かります( -´Д-)y-~
| イタリア物 | comments(2) | trackbacks(0) |
本日のイタリア
いや〜まいりましたね〜!
昨晩10時過ぎからネットが繋がらなくなりまして
唯一繋がったブロバイダのホームに原因が書いてあったんですが
滋賀県辺りで道路工事中にファイバー切断しちゃったそうな。
で、本日夕方頃に復旧したらしく、今に至るワケですが
規模にもよりますが、こういうのって損害賠償とかどうなるんでしょうね〜(;´Д`)
コワイですね〜!恐ろしいですね〜!


<CV35>

こんちきしょ〜!パート
ボンネットのリベットの数がどうも怪しい。
キットでは横5つ、縦・・・アレ?何個やったっけ??
とにかく、手持ちの資料写真と見比べると少ないワケですね。

検証写真は現存3台と当時の白黒2台分で確認したんですが
残念ながらキットと同じリベット数の車体は見つかりませんでした。
注)絶対に存在しない!と断言するものではありません。

陸軍マークについては、全車に装着されていたかは不明ですが
今回はタミヤのエッチングの余りを使用しています。

あ、面倒なのでリベットと称していますが、正確には鋲型六角ボルトです。
この辺りもイタリア車両の特徴なので、省略しないでほしいですよね〜(;´Д`)


インテリアは調べだしたらキリがないので、手出ししません。

ここまで作った感想「メーカー希望3800円が相場」
| イタリア物 | comments(4) | trackbacks(0) |
本日のイタリア
うはぁあああ!落書きしてたらこんな時間に!!

毎日ブログを更新せにゃイカンってな決まりはありませんが

なんとなくクセになってきて、書かないと気持ち悪い??

いや、そんな事は絶対無いですね・・・



<CV35>


こんちきしょ〜!!な箇所を発見しますた!!
操縦手側の視察孔の位置がアウトです!
点線四角で囲んだ位置が大体正しいと思われる位置なので、開口修正してます。
全ての手持ち資料写真を見ても、元のような位置の車両はありませんでした。
ブロンコ、やっちまったなぁあああ!!(`Д´)ノ



操縦手前方クラッペのボルトですが、これは内部からの支持ステーを固定するための物で
実測すれば若干の位置の違いはあるかも知れませんが、見た感じ左右対称でイイと思います。


ヤバイ、寝ます。
| イタリア物 | comments(2) | trackbacks(0) |
本日のイタリア
え〜、CV35に取り憑かれ

資料写真も入手しましたが見て見ぬふりで進めております。

作業を進めておりますと、前回記事では少し褒めすぎたと感じてまいりまして

評価を下方修正いたしまして「肝心なところが省略されたキット」といたします。

<内装組み上がり>

内装パーツを組み上げるとこんな感じ。
こうして見ると、なかなかの密度に見えなくもないのですが
問題は車体下部よりも、戦闘室上部のディテール。

大きな2枚のハッチを開けますと、見る人から一番近い距離にある場所が目立つワケですが
クラッペの内側や操縦手バイザーの内側などはモールド無し。しかも丸見え。
最終減速機なんて完全に隠れるパーツなぞほっといて、こっちを再現すべきですよぉ!
ちなみに外から見える部分は操縦ペダル類の辺りまで。

前半分とラジエターは完全に隠れるので、ハッチオープンで作る場合でも適当に手抜きしてイイと個人的には思います。


<痛>
| イタリア物 | comments(4) | trackbacks(0) |
本日のイタリア
先日届いたブロンコのCV3/35。

パーツと取説を眺めていると、どうにも辛抱たまらなくなりまして

「とりあえず内装だけ!」 と、誘惑に負けてしまいますた。



で、開始してすぐに思ったのは「どこまでやるの!」略して欽ドコであります。
とにかく細かい。やたらと細かい。パーツ分割が鬼。確実に人を選びます。
でも異常にマクロなディテールは、既に新興メーカーの域を出た感があり
第一弾のホチキスからは飛躍的に進化を遂げています。
それにしても、操縦ペダル類をペラペラのエッチングで再現するのは不安すぎます。



↑エンジンです。
どこぞのイタレリもサハリアナでエンジン再現してましたが、こちらは再現度が鬼です。
この写真の上部に穴が3つづつ開いていますが、
そこに極小パーツのプラグを差し込むという、有難迷惑なこだわりよう。
模型メーカーに限度を求めるのはユーザーとして矛盾しているのですが
多少一体化していただかないと、継ぎ目やパーティングラインが処理しきれません・・・

でも感心したのは細かくてもパーツの合い具合が良好な事。
ただし、いちいちランナーの切り跡が邪魔になるので
細かく分割されたパーツごとに綺麗に処理するのは一苦労であります。



で、肩キンキンに凝りまくって、休憩しながら眺めてみますと
あまりの小ささに、完成イメージが全く湧きません。

ここまで作って思った事「価格は適正です」。
| イタリア物 | comments(4) | trackbacks(0) |
本日のイタリア
昨年末より、ぶっ続け3連発でジャパニーズを作ってまいりましたが
先日、増加装甲チハを完成させた時点で、全神経をすぐさまイタリーへ。

「タミヤのカーロは余裕のよっちゃん」なんて考えてたら、エラく手間取ってしまい
次に作りたいキットが目白押しの脳内では「とりあえず置いといたら?」と誘惑の声が・・・
そうこうしてる間に、ドラゴンのバイソン、ブロンコCVにイタレリL6など
次から次へと魅惑のアイテムが・・・




というワケで、実験「気合の一括塗装法」を実施しております。
いつも始めてから思うのですが、一般的な順序で塗った方が絶対早いですね。
無事に完成するかどうかも危うくなってまいりました。。。
| イタリア物 | comments(0) | trackbacks(0) |
本日の作業
え〜、本日は朝からみっちり模型漬け。

右にあります1クリックアンケートでは、リアルさよりもエロスの方が上回って

局所的ではありますが、ちょっとした世相が垣間見えて楽しんでおります。







まずは、意外と手こずっているM13カーロ。
車体側面のステップを真鍮線と銅板で自作。
ハーフフェンダーに改造した時点で、このようなカバー付きになります。



金属加工は大の苦手ですが、今後の事も考えると避けて通れないようです・・・

とりあえず工作作業はほぼ終了。

<痛>

特製砲身、順調に仕上がってまいりました。


<増加チハマン>

でけました。
祭り会場に写真送ります。
| イタリア物 | comments(5) | trackbacks(0) |
| 1/3PAGES | >>