過去記事テーマ別

管理人の買った物一覧

私家版戦車入門1: 無限軌道の発明と英国タンク
私家版戦車入門1: 無限軌道の発明と英国タンク (JUGEMレビュー »)
モリナガ ヨウ
世界初のタンク(戦車)が如何にして誕生し、どのような問題を乗り越えて進化して来たのか?蒸気トレーラーから英国の菱型戦車、ホイペットまでをまとめた決定版。
ガン&ガール イラストレイテッド 第二次大戦枢軸国編 (MC☆あくしずMOOK)
ガン&ガール イラストレイテッド 第二次大戦枢軸国編 (MC☆あくしずMOOK) (JUGEMレビュー »)

WW2枢軸陣営の小火器を紹介した女子イラスト付きのマジメな本。読みやすい構成で初心者にもオススメ。
大日本帝国陸海軍〈2〉―軍装と装備 明治・大正・昭和
大日本帝国陸海軍〈2〉―軍装と装備 明治・大正・昭和 (JUGEMレビュー »)
中田 忠夫
ややカタログっぽく編集されており、被服の細部(内側や背面など)を知ることは出来ませんが小物や拳銃、生活用品までかなりの数が全て写真で網羅されています。
The Soviet Soldier of World War Two
The Soviet Soldier of World War Two (JUGEMレビュー »)
Phillippe Rio
WW2ソ連兵の兵装を実写カラーでドカンと紹介。よほど特殊な設定以外この一冊で十分です。オススメ!全編英語
ストライクアンドタクティカルマガジン増刊 日本陸軍の戦車 2010年 11月号 [雑誌]
ストライクアンドタクティカルマガジン増刊 日本陸軍の戦車 2010年 11月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)
古是 三春,鈴木 邦宏,土居 雅博
最新の考証を元に八九式を中心に旧軍戦車を各型解説。写真やイラストも豊富で内装なども参考になります。オススメ!
Deutsche Soldaten: The Uniforms, Equipment and Personal Effects of the German 1939-1945
Deutsche Soldaten: The Uniforms, Equipment and Personal Effects of the German 1939-1945 (JUGEMレビュー »)
Agustin Saiz
これは凄い量の実物コレクション!ブーツやガスマスクなど一般的な装備品のバリエーションは勿論、マップケースの中身に時計やタバコまで、ドイツ兵の持ち物を殆ど網羅!巻頭から巻末までオールカラー写真で資料的価値抜群。オススメ!
※全編英語
図解 ヘビーアームズ (F-Files No.017)
図解 ヘビーアームズ (F-Files No.017) (JUGEMレビュー »)
大波 篤司
機関銃や迫撃砲、バズーカにロケットランチャーなど使用方法や各部品の意味など一問一答でスッキリ解説。銃器ビギナーの人に超オススメ。
Vision models 1/35スケール  【VA-9003】 帝国陸軍 九七式
Vision models 1/35スケール  【VA-9003】 帝国陸軍 九七式 (JUGEMレビュー »)

チハ系キットには欠かせないキャタ。価格、組み易さ、解像度も申し分ない定番商品。
末期の水物兵器集
末期の水物兵器集 (JUGEMレビュー »)
こが しゅうと
若干クセのある漫画と文章で、旧海軍兵器の中でもマニアックな物を局所的に徹底紹介!他のシリーズも濃イィ内容!
戦う広告―雑誌広告に見るアジア太平洋戦争
戦う広告―雑誌広告に見るアジア太平洋戦争 (JUGEMレビュー »)
若林 宣
戦時中に国内で使用された広告を年代ごとに紹介。当時の世相が分かる他に類を見ない貴重な資料。
British Web Equipment of the Two World Wars (Europa Militaria)
British Web Equipment of the Two World Wars (Europa Militaria) (JUGEMレビュー »)
Martin Brayley
英軍歩兵の装備品をカラー写真で紹介。色味やバリエーションを知るには良書ですが武器類は無し。価格的にもオススメ!
※全編英語
Stalin's War: Soviet Uniforms And Militaria 1941-45
Stalin's War: Soviet Uniforms And Militaria 1941-45 (JUGEMレビュー »)
Laszlo Bekesi
コレクターが集めたWW2ソ連軍の装備品や階級章のカラー写真集。マニアにとってはかなり薄い内容だが、ソ連軍初心者にはそこそこ資料的価値アリ。
※全編英語
第2次大戦ドイツ軍装ガイド
第2次大戦ドイツ軍装ガイド (JUGEMレビュー »)
ジャン・ド・ラガルド
オール実写による軍装ガイド。これ一冊で殆んどの正規バリエーションが把握できます。
ノーブル バックレスキューベルトチタン L(腰周り:78~94cm) 黒
ノーブル バックレスキューベルトチタン L(腰周り:78~94cm) 黒 (JUGEMレビュー »)

椅子に座ってると腰が痛い!
ってな人は試す価値アリ!
個人的には相当の効果を実感しています。
鋼鉄の最精鋭部隊―千葉戦車学校・騎兵学校 (日本陸軍の機甲部隊 1)
鋼鉄の最精鋭部隊―千葉戦車学校・騎兵学校 (日本陸軍の機甲部隊 1) (JUGEMレビュー »)

貴重な日本戦車の写真集です!戦車学校での訓練風景で構成され、全体の半分以上がチハ主体の写真ですがネットでは見られないレアなものばかり!チハファンは必携!
ドキッ乙女だらけの帝國陸軍入門
ドキッ乙女だらけの帝國陸軍入門 (JUGEMレビュー »)
堀場 亙,岡本 博信
萌えだと思って期待したらハズレですのでご注意を…列記としたミリタリー本です。
TUNODA 薄刃ミニニッパー 120mm TM-02
TUNODA 薄刃ミニニッパー 120mm TM-02 (JUGEMレビュー »)

某プラモメーカーから発売されている物のOEM版なのでプラモ制作に抜群の性能!しかも格安!
Les MAteriels radio de la Wehrmacht: German Radio Sets 1935-1945
Les MAteriels radio de la Wehrmacht: German Radio Sets 1935-1945 (JUGEMレビュー »)
Pierre Metsu
大戦中のドイツ軍無線機を全機種カラー写真で紹介。残念ながら和訳はないですが英訳はアリ。(値段が…)
陸軍機甲部隊―激動の時代を駆け抜けた日本戦車興亡史 (〈歴史群像〉太平洋戦史シリーズ (25))
陸軍機甲部隊―激動の時代を駆け抜けた日本戦車興亡史 (〈歴史群像〉太平洋戦史シリーズ (25)) (JUGEMレビュー »)

モデラー目線のディティール考察には向きませんが、日本戦車がどのように発展し各地でどう戦ったかを知るには良書。
Modelling the Marder Self-Propelled Gun (Osprey Modelling)
Modelling the Marder Self-Propelled Gun (Osprey Modelling) (JUGEMレビュー »)
Sam Dwyer, Robert Oehler

マーダー1,2D,3r,3M,3H のディティールアップ製作ガイド。
外人サンのテクを盗めます!
泥まみれの虎―宮崎駿の妄想ノート
泥まみれの虎―宮崎駿の妄想ノート (JUGEMレビュー »)
宮崎 駿
エース「オットーカリウス」の手記を元に末期ドイツ軍の泥沼の戦いを描写。
今までの「戦車感」が変わるかも?
第2次大戦各国軍装全ガイド (ミリタリー・ユニフォーム)
第2次大戦各国軍装全ガイド (ミリタリー・ユニフォーム) (JUGEMレビュー »)
ピーター ダーマン,マルカム マクグレガー,ピエール ターナー
WW2各国陸海空の軍服図鑑。
膨大な数だが、浅く広くといった感じなので、一国を集中的に調べたい人には不向き。
日本戦車隊戦史―鉄獅子かく戦えり
日本戦車隊戦史―鉄獅子かく戦えり (JUGEMレビュー »)
上田 信
帝国陸軍戦車部隊が各戦線でどのように戦ったのか、図解を交えて年代ごとに相手装備と比較しながら紹介。
イラスト中心なので文章が苦手な人でも大丈夫!(写真は無し)
ビジュアルガイド WW2戦車〈1〉電撃戦
ビジュアルガイド WW2戦車〈1〉電撃戦 (JUGEMレビュー »)
川畑 英毅, 吉原 幹也
WW恐そ戦線好きなら持っておきたい一冊。
ドイツ、ソ連は勿論、フランスやポーランド等、欧州のあらゆる戦闘車両を広く浅く紹介。マイナー車種など豆知識にいいかも。
アハトゥンク・パンツァー〈第7集〉1号戦車、2号戦車と派生型編
アハトゥンク・パンツァー〈第7集〉1号戦車、2号戦車と派生型編 (JUGEMレビュー »)
尾藤 満
言わずと知れたモデラーの為の資料本。 詳細図と写真で各型を詳しく解説。
オストヴィント<完成>
残暑がぁぁ!!(;´Д`)

<サイババのオスト完成>

クリッコでサイトの完成ページへ


今回はFlak銃身の黒光り加減に気を付けまして、
下地にラッカーの銀を塗ってからエナメルの黒を被せて冷たい鉄感を出したつもりです。
(そういうとこ写真撮っとけって話ですよね・・・分かっちゃいるけど忘れっぽい)
フィギュアはドラゴンの余り物とTANKモデルってガレージメーカーのヘッドを合わせてます。
頭パーツを組み込んだ時に出来るフードの継ぎ目処理と同時に襟元なんかもエポパテで修正。
ヘルメットはタミヤ製を中身刳り貫いて被せてます。


さぁ!これで心置きなくズリィニィ、いざ!!


| ドイツ物 | comments(0) | trackbacks(0) |
オストヴィント<4>

涼しくなったと思ったら残暑でございます。
それにしても、幼女をカバンに詰めて拉致なぞキショクワルイ輩がおるモンですね。
暑さで脳ミソ沸いてケツかってらっしゃるんでしょうか。


<ミクさんのARにて撮影>

犯罪犯して日本中に恥晒すぐらいなら、こうやって遊んでおればイイのです。
いやぁ、実に健全ではないですかっ!



上面の予備キャタのラックは履帯ピンを通して固定する仕組みなので、ピンは再現しておきます。
そこでまた謎。
左端の場合、ピンの長さ的に余った部分が飛び出すのでしょうが、そんな写真見たことありません。
「私、気になります!」


<弾>

一旦ツヤ黒を塗ってからメタリック塗装すると金属感が増すと聞いたのでやってみます。



ブラスを吹いて。


磨いてからエナメルでウォッシュしてみましたが・・・
いつもと変わりませんね。メタルって感じですね。



まぁ、なんやかんやで車体はほぼ完成。
あとは汚したりチッピング足したりするだけなのでフィギュアの一体でも付けて・・・
と思ったらなんだか面倒くさい事になってきました。


今更車体オンリーで完成!も納得できませんしねぇ・・・



| ドイツ物 | comments(0) | trackbacks(0) |
オストヴィント<3>
急に秋っぽくなってきて、とりあえずエアコン無しの生活が戻ってまいりましたが、
まだまだ残暑というやつがあるんざんしょ。



 <ジャッキのクランプ>

コンチキショーなパーツです。
こういうのこそP.Eで差し替え可能にして欲しいものざんす。
とりあえず自作は面倒なので、薄々攻撃で誤魔化してみました。


<キャタ>

マジックトラックは非常にラクチンでよろしいのですが、ピン跡(丸いの)が目立つので
連結作業時に両面テープ上に並べてから一気にペーパーがけして消しておきます。


<下地>

足回りは基本色だけ先に仕上げておいて、後でキャタと同時に汚しもやってしまいます。
キャタは例の如く機動輪の所で外れるようにしているので固まったら外して塗装します。
車体はとりあえず下地まで。サフ地にアクリルのハルレッドとダークアイアンです。


もうぼちぼち新しい塗装法を考えたいのですが、今回もエアブラシで簡単に済ませそう・・・
やっぱ、自分に一番シックリ来るのは筆なんですけどねぇ。ε-(´OдO`;)




| ドイツ物 | comments(0) | trackbacks(0) |
オストヴィント<2>
まだまだお暑う御座います。
モリモリ作ってモリモリ塗って暑さを吹き飛ばそう!

と、この「頑張って○○を吹き飛ばそう!」的な言葉があまり好きになれない管理人であります。


<埋める個所>

四谷サンで詳しく紹介されていますが、シェルツェン支持架の取り付けガイドを消さねばなりません。


ただ埋めるだけなら光パテでOKなんですが、溶接モールドを再現せねばならないので
エポパテで埋め&盛りをやっております。
「こんなん、慣れてない人もおるんやから普通に売ったらアカン!」ですね。
しかも組説には一切の説明ナシ。


これは自分の腕の悪さなんですが、いっつも車体前後どちらかに隙間が出来てしまうんですね。
パテの幅を見ての通り、結構な隙間でございます。

P.S
前回悩んでいた“砲塔装甲板に溶接された吊り下げ金具らしきモノ”について少し考えたら
乗員が乗り降りする際に足等を引っ掛けるステップの役割ではないか?と思ったのですが
資料とか持ってる方、いかがでしょう。(´・ε・`*)



| ドイツ物 | comments(0) | trackbacks(0) |
オストヴィント<1>
ICM人形の塗装乾燥待ちの合間にちょろちょろツマつまんでたオストヴィント。
気が付けば殆ど工作は完了に・・・

そして、今回も大きな謎がレイトン達に降りかかる!!


矢印部分のコレ。(後部左右にも2点アリ)
常識的に考えたら吊り下げ用金具なんですが、ピンやフックを通す穴が空いていない。
はて、このキットはドラババが熱心に考証を重ねたハズなので、こんな凡ミスは無いと思うのです。
もしや末期には何か特殊な吊り下げクランプを発明していたのか、そもそも用途が違うのか・・・
まさか・・・まさか・・・マッカーサー!!
「単に実車写真が不鮮明で、とりあえず形だけ再現した」
なーんて事は、よもやありますまい。ねぇドラババさん。

この謎のゲーハー指数72ポイント



<資料本>

アメリカくんだりより届きました。

<Uniforms and Equipment of the Imperial Japanese Army in World War II>

古本なので国内での販売価格より送料入れても4割ほど安く買えました。
(そこらの古本屋がもっと安く売ってるかも知れませんが・・・)
ただし、お安い船便なので到着まで2週間ほどかかりましたけど。


中身はこんな感じで、コレクターアイテムのカラー写真と当時の日本兵の白黒写真が半々ぐらい。
カラーで紹介されている装備品は大き目に写されているのはイイのですが種類が少なく、
装備品だけをガッツリ見たい人にとってはかなり物足りない感じです。(全編英語ですしね)




| ドイツ物 | comments(0) | trackbacks(0) |
BMW R-12<完成>

<電波なネタ説明>

クリッコで完成ページへ


↑はオチに使ったエロ同人ですが、左から「ストパン」「ハルヒ」「けいおん」と、
どれを持たせるか悩んだ結果、ドイツ=カールスラントということで「ストパン」に決定。
丁度表紙が「モッサン」だったのでバチッとハマりました。

はいワケわからん。頭のおかしいオッサンがここにいますよ〜ワッショイヽ(゚∀゚)ノ



せっかくなので、余った予備を作業で疲れた目の保養として貼っておきましょう。






ちなみに、B5サイズを1/35にする予定だったのですが、それだとワケが分からなくなるので
A4ぐらいの大きさになりました。
家庭用プリンターで5mmぐらいの枠の中に絵をバッチリ印刷できる機種ってあるんでしょうか?


そんなんあったら、1/35エロ本・・・じゃなく新聞とか刷りまくりですよね。(`・ω・´)ゞ

| ドイツ物 | comments(0) | trackbacks(0) |
BMW R-12<6>
眠たっ!眠たぁ!(´Д`)
五輪をライブで見てるワケではないのですが、熱帯夜で良い睡眠が取れていないようです。



フィギュアも仕上がって(将校は今から)、ベースの立ち上げ部分も塗装して・・・

残るはオチのみ。



| ドイツ物 | comments(0) | trackbacks(0) |
BMW R-12<4>
そういえばバイク模型は子供の頃に作ったタミヤのR-75サイドカー以来
2作目ということに気づきますた。

<BMマーク>

キットに付属のデカールには残念ながらBMWマークが無く、速度メーターは付属しているものの
あまりにもアレだったので、ついでにミラクルデカールで自作しますた。


メーターはこんな感じ。
2万円以下の家庭用インクジェットではこれ以上の解像度はキビシイと思われます。


BMWマークはこんな感じ。
印刷が擦れた個所なんかは、あとで筆でリタッチしてやれば何とかなりそうです。

それにしても、たかがバイクと思ってましたが、戦車1両作るのと大差ないですね。
まだまだココからウォッシングやら汚しやら・・・フィギュアもか・・・ウエウエ






ご購入の際は専用のスプレーと一緒に!



| ドイツ物 | comments(0) | trackbacks(0) |
BMW R-12<3>
どこまでホンマか知りませんがバドミントン?
ワザと負けて、以降の対戦相手の組合せをイジっていたのだとか。
審判やら上の人間が裏でゴソゴソ悪巧みしたのならまだしも、選手がやっちゃあ興醒めですよ。


<カバン>

バイクの後ろにぶら下げるカバン。
ちょっと貧相なので

持ち手をプラペーパーで、鍵は余り物のP.Eから移植。
あと、カバンの角がエッジ立過ぎだったので、軽くヤスって革製品っぽくしますた。


<フィギュア顔塗り&下地塗り>

最近は頭をシバくツッコミが教育上あまりよろしくないようで、テレビではめっきり減りました。

油彩の感覚を取り戻すにはまだ時間がかかりそうですが、概ね進歩も衰退もない感じです。
ホントは肌の色調をもうちょっと青白い感じにもって行きたいんですが・・・(あとで調整してみよう)
衣類や装備品はアクリルガッシュで適当に近いイメージを塗っていますが
革部分以外は本塗りで殆ど隠れてしまうので、イメージを掴む程度としています。


それにしても、最近のフィギュアはホーネット要らずが増えてきましたねぇ。
ワンパターンにならずに済むので助かります。


| ドイツ物 | comments(0) | trackbacks(0) |
R12<再開>
柔道、体操とジャッジの曖昧さというか、超公式の試合でお粗末な感じがしてなりませんが…
まぁ、私は女子ビーチバレーで揺れるオケツと胸の谷間が見れればイイんですけどね。
いっそキャットファイトとか正式種目に入れてもエエと思います。


<久々のベース作り>

何からどうやって作るのか、培ってきたハズの我が知識は半分以上失われています。

「こんなんどうやって再現しよか・・・」
とか悩んでたら、過去に自分が作っていてビックリとか茶飯事。

本当に忘れっぽいんですよね。


<ナンバーとか>

一応、分かる範囲、出来る範囲で努力してみます。
バイクの類は当時の物が多く現存するので資料には事欠きませんが
故に「どこまで再現するか(できるか)」で髪が抜けそうになるんですね。
いやはや、知ってるのに出来ないというのはストレスございます。



最初っからバッサリ見て見ぬふりしてますケド・・・


| ドイツ物 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/13PAGES | >>