過去記事テーマ別

管理人の買った物一覧

私家版戦車入門1: 無限軌道の発明と英国タンク
私家版戦車入門1: 無限軌道の発明と英国タンク (JUGEMレビュー »)
モリナガ ヨウ
世界初のタンク(戦車)が如何にして誕生し、どのような問題を乗り越えて進化して来たのか?蒸気トレーラーから英国の菱型戦車、ホイペットまでをまとめた決定版。
ガン&ガール イラストレイテッド 第二次大戦枢軸国編 (MC☆あくしずMOOK)
ガン&ガール イラストレイテッド 第二次大戦枢軸国編 (MC☆あくしずMOOK) (JUGEMレビュー »)

WW2枢軸陣営の小火器を紹介した女子イラスト付きのマジメな本。読みやすい構成で初心者にもオススメ。
大日本帝国陸海軍〈2〉―軍装と装備 明治・大正・昭和
大日本帝国陸海軍〈2〉―軍装と装備 明治・大正・昭和 (JUGEMレビュー »)
中田 忠夫
ややカタログっぽく編集されており、被服の細部(内側や背面など)を知ることは出来ませんが小物や拳銃、生活用品までかなりの数が全て写真で網羅されています。
The Soviet Soldier of World War Two
The Soviet Soldier of World War Two (JUGEMレビュー »)
Phillippe Rio
WW2ソ連兵の兵装を実写カラーでドカンと紹介。よほど特殊な設定以外この一冊で十分です。オススメ!全編英語
ストライクアンドタクティカルマガジン増刊 日本陸軍の戦車 2010年 11月号 [雑誌]
ストライクアンドタクティカルマガジン増刊 日本陸軍の戦車 2010年 11月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)
古是 三春,鈴木 邦宏,土居 雅博
最新の考証を元に八九式を中心に旧軍戦車を各型解説。写真やイラストも豊富で内装なども参考になります。オススメ!
Deutsche Soldaten: The Uniforms, Equipment and Personal Effects of the German 1939-1945
Deutsche Soldaten: The Uniforms, Equipment and Personal Effects of the German 1939-1945 (JUGEMレビュー »)
Agustin Saiz
これは凄い量の実物コレクション!ブーツやガスマスクなど一般的な装備品のバリエーションは勿論、マップケースの中身に時計やタバコまで、ドイツ兵の持ち物を殆ど網羅!巻頭から巻末までオールカラー写真で資料的価値抜群。オススメ!
※全編英語
図解 ヘビーアームズ (F-Files No.017)
図解 ヘビーアームズ (F-Files No.017) (JUGEMレビュー »)
大波 篤司
機関銃や迫撃砲、バズーカにロケットランチャーなど使用方法や各部品の意味など一問一答でスッキリ解説。銃器ビギナーの人に超オススメ。
Vision models 1/35スケール  【VA-9003】 帝国陸軍 九七式
Vision models 1/35スケール  【VA-9003】 帝国陸軍 九七式 (JUGEMレビュー »)

チハ系キットには欠かせないキャタ。価格、組み易さ、解像度も申し分ない定番商品。
末期の水物兵器集
末期の水物兵器集 (JUGEMレビュー »)
こが しゅうと
若干クセのある漫画と文章で、旧海軍兵器の中でもマニアックな物を局所的に徹底紹介!他のシリーズも濃イィ内容!
戦う広告―雑誌広告に見るアジア太平洋戦争
戦う広告―雑誌広告に見るアジア太平洋戦争 (JUGEMレビュー »)
若林 宣
戦時中に国内で使用された広告を年代ごとに紹介。当時の世相が分かる他に類を見ない貴重な資料。
British Web Equipment of the Two World Wars (Europa Militaria)
British Web Equipment of the Two World Wars (Europa Militaria) (JUGEMレビュー »)
Martin Brayley
英軍歩兵の装備品をカラー写真で紹介。色味やバリエーションを知るには良書ですが武器類は無し。価格的にもオススメ!
※全編英語
Stalin's War: Soviet Uniforms And Militaria 1941-45
Stalin's War: Soviet Uniforms And Militaria 1941-45 (JUGEMレビュー »)
Laszlo Bekesi
コレクターが集めたWW2ソ連軍の装備品や階級章のカラー写真集。マニアにとってはかなり薄い内容だが、ソ連軍初心者にはそこそこ資料的価値アリ。
※全編英語
第2次大戦ドイツ軍装ガイド
第2次大戦ドイツ軍装ガイド (JUGEMレビュー »)
ジャン・ド・ラガルド
オール実写による軍装ガイド。これ一冊で殆んどの正規バリエーションが把握できます。
ノーブル バックレスキューベルトチタン L(腰周り:78~94cm) 黒
ノーブル バックレスキューベルトチタン L(腰周り:78~94cm) 黒 (JUGEMレビュー »)

椅子に座ってると腰が痛い!
ってな人は試す価値アリ!
個人的には相当の効果を実感しています。
鋼鉄の最精鋭部隊―千葉戦車学校・騎兵学校 (日本陸軍の機甲部隊 1)
鋼鉄の最精鋭部隊―千葉戦車学校・騎兵学校 (日本陸軍の機甲部隊 1) (JUGEMレビュー »)

貴重な日本戦車の写真集です!戦車学校での訓練風景で構成され、全体の半分以上がチハ主体の写真ですがネットでは見られないレアなものばかり!チハファンは必携!
ドキッ乙女だらけの帝國陸軍入門
ドキッ乙女だらけの帝國陸軍入門 (JUGEMレビュー »)
堀場 亙,岡本 博信
萌えだと思って期待したらハズレですのでご注意を…列記としたミリタリー本です。
TUNODA 薄刃ミニニッパー 120mm TM-02
TUNODA 薄刃ミニニッパー 120mm TM-02 (JUGEMレビュー »)

某プラモメーカーから発売されている物のOEM版なのでプラモ制作に抜群の性能!しかも格安!
Les MAteriels radio de la Wehrmacht: German Radio Sets 1935-1945
Les MAteriels radio de la Wehrmacht: German Radio Sets 1935-1945 (JUGEMレビュー »)
Pierre Metsu
大戦中のドイツ軍無線機を全機種カラー写真で紹介。残念ながら和訳はないですが英訳はアリ。(値段が…)
陸軍機甲部隊―激動の時代を駆け抜けた日本戦車興亡史 (〈歴史群像〉太平洋戦史シリーズ (25))
陸軍機甲部隊―激動の時代を駆け抜けた日本戦車興亡史 (〈歴史群像〉太平洋戦史シリーズ (25)) (JUGEMレビュー »)

モデラー目線のディティール考察には向きませんが、日本戦車がどのように発展し各地でどう戦ったかを知るには良書。
Modelling the Marder Self-Propelled Gun (Osprey Modelling)
Modelling the Marder Self-Propelled Gun (Osprey Modelling) (JUGEMレビュー »)
Sam Dwyer, Robert Oehler

マーダー1,2D,3r,3M,3H のディティールアップ製作ガイド。
外人サンのテクを盗めます!
泥まみれの虎―宮崎駿の妄想ノート
泥まみれの虎―宮崎駿の妄想ノート (JUGEMレビュー »)
宮崎 駿
エース「オットーカリウス」の手記を元に末期ドイツ軍の泥沼の戦いを描写。
今までの「戦車感」が変わるかも?
第2次大戦各国軍装全ガイド (ミリタリー・ユニフォーム)
第2次大戦各国軍装全ガイド (ミリタリー・ユニフォーム) (JUGEMレビュー »)
ピーター ダーマン,マルカム マクグレガー,ピエール ターナー
WW2各国陸海空の軍服図鑑。
膨大な数だが、浅く広くといった感じなので、一国を集中的に調べたい人には不向き。
日本戦車隊戦史―鉄獅子かく戦えり
日本戦車隊戦史―鉄獅子かく戦えり (JUGEMレビュー »)
上田 信
帝国陸軍戦車部隊が各戦線でどのように戦ったのか、図解を交えて年代ごとに相手装備と比較しながら紹介。
イラスト中心なので文章が苦手な人でも大丈夫!(写真は無し)
ビジュアルガイド WW2戦車〈1〉電撃戦
ビジュアルガイド WW2戦車〈1〉電撃戦 (JUGEMレビュー »)
川畑 英毅, 吉原 幹也
WW恐そ戦線好きなら持っておきたい一冊。
ドイツ、ソ連は勿論、フランスやポーランド等、欧州のあらゆる戦闘車両を広く浅く紹介。マイナー車種など豆知識にいいかも。
アハトゥンク・パンツァー〈第7集〉1号戦車、2号戦車と派生型編
アハトゥンク・パンツァー〈第7集〉1号戦車、2号戦車と派生型編 (JUGEMレビュー »)
尾藤 満
言わずと知れたモデラーの為の資料本。 詳細図と写真で各型を詳しく解説。
模型の撮影


さて、撮影に入りますがここからが本番であります。




スクリーンは黒の画用紙でもOKで、ウチも被写体によっては使っています。
最近は見栄えのいいグラデーションの物を使用。
照明は左右から”同じ色”のLEDを当てています。



カメラは絶対に三脚を使用。
シャッターはリモートスイッチで切るようにしています。(非対応のカメラならタイマーでOK)

あとは、ひたすら撮りまくるべし。
良いと思ったアングルは、ピントを移動させながら、5枚は撮るべし。
照明の角度、当たり具合を常に気にしながら、必要とあらばレフ板も使う。(銀紙で自作できます)

こんな感じで100枚ほど撮って、それからイイのを選りすぐっていくワケであります。
それだけで半日仕事です。


がんばれボコー!!

 
| 製作状況 | comments(0) | trackbacks(0) |
近況
 
寒くなりました。



風呂から上がると、PCの前にこんな物が置いてありました。
嫁様曰く「みか〜んさ〜んせ〜い」だそう。

さて、この突拍子もない仕掛けにどう反応したらいいものかと悩んだ末、
「みっか〜ん」と不二子調に返してみましたが、無反応でした。


>次



そんな事より、コレに参加しようと思っています↑

で、10式を何とか間に合わせようと必死のパッチで作業中↓


陶芸用の粘土を固めて砕いて、土の材料に。



それを定着させるための『水溶きボンド』を量産。(電動マドラー大活躍)



石粉粘土で作ったベースに、水溶きボンドを霧吹きして、砕いた粘土を撒いて、軽く塗装した状態。
※水溶きボンドを吹く時は、ダンボール箱などで囲ってやらないと、色々後悔するので注意です。
あと、脳内で「水溶きブシャー!!」とか叫びながら作業すると楽しくなります。


ベースは何とか間に合いそうですが・・・




乗員は間に合いそうにありま千円。

ラッカーや水性アクリルなら1日あれば十分でしょうが、
私は油彩なので、2日というのはギリギリ「とりあえず指紋は付かないかな?あっ!」ぐらいなのです。
そう、まさにギリギリガールズなのです!


そんなワケで無理はせず、当日は手軽な作品だけ持って行きます。(´・ω・`)
ボークス行ったら今度こそファレホとやらをゲッツしたく存じます。



| 製作状況 | comments(3) | trackbacks(0) |
今週の戦果
 
忙しいワケではなかったのですが、細々と時間がブツ切りになる事が多く、あまり模型の捗らなかった週末。


<ヒトマルの主砲>

車体の工作は9割方完了。
残るは主砲とカゴだけなのですが、この主砲の磨き難いこと。
途中でVoyagerの金属砲身を買おうかとも思いましたが、あくまでメインは柏葉姉妹なので我慢。



でも流石にメッシュパーツはドイヒーなので、パッションモデルのエッチングは買いました。


>次



例によって人形イジリはパテの待ち時間の関係で、複数同時に進めないと間が持たないので、
『紫電改のマキ』の『藤堂蘭』も着手しようと、スピットファイアの制作も開始しました。

で、



「フゥ・・・」と、このイメージを再現したいので↓


一体成型だった乗降扉を切り出して準備完了。

ここで疑問、この扉は先程のマンガのような位置で固定されるものなのでしょうか??
実機の画像では下までバタンと全開になるようですが・・・



そりゃそうと、今年の秋アニは「すべてがFになる」ぐらいしか本命無くて寂しいです。

夏が豊作過ぎたのですな・・・


| 製作状況 | comments(5) | trackbacks(0) |
一週間のまとめ
 
今週は『影牢TG』やりまくって、模型作業がアレでした。
トラップゲームなんですが、ゲーム自体がトラップだった・・・


<エンドー>

一番表情付けが難しい『手』の造形。
パテが柔らかい内に、コレぐらい造形しておけば、あとの磨き込みがラクです。
手がグーの形の時は親指は後から付け足します。



グリップを付け忘れてたので、硬化してから針金を通して持ちやすくして軽く磨きました。
使うのは手首までです。




先程の手を磨いて二の腕に取り付けて、先にブラウスの袖を付けてから上着の袖を追加。
右手も作ったので、後ろ髪を追加しました。

あとは小物を付けて完成!ではなく、ここからが本番でなのであります・・・
磨き込みは勿論、細々と修正箇所も出てまいりました。(目の輪郭とか)



はよネーネ作りたいです。


| 製作状況 | comments(2) | trackbacks(0) |
一週間の戦果『7TP』『遠藤はるか』
 
我が夏イベント終了後、『艦これ』は気が向いた時だけ遠征をポチポチするだけとなり、模型に割く時間が増えた・・・ハズだったのですが、たまたま目にした『影牢トラップガールズ』をクリッコしてしまい、これがまたなかなか私好みの感じでして、まぁ最初だけなんですけどこの・・・以下省略。

要は今週、あまり作業しなかったワケです。(´・ω・`)


<7TP>

下地にダークアイアンをベタ塗りして、その上からカーキを吹きました。



次にグリーンを吹き付け。

さて、このボンプル高校の車輌、アニメでは第6話辺りの最後にチラッと登場するのですが、単色グリーンで校章も無しという、ボンプルというよりシンプル過ぎる感じで「これは単なる大人の事情でしょうw」とか思ってたら、その後すぐ登場する知波短学園の車輌が見事な迷彩で仕上がっていることから、公式設定で『緑の単色』と結論付けました。

なお、校章マーキングについては、知波単学園もアンツィオ高校もTV放送当時は描かれていない為、ボンプル高校もどこかしらに校章が描かれるものと仮定します。

>次


<エンドー>

複製するかどうかは、未だ決めかねておりますが、とりあえず型だけは取っておこうと、見よう見まねで分割しております。
でもやっぱりキレイに抜ける気がしないのと、この大きさだとレジン代もバカにならないので、悩ましいところです。(失敗が8割ですからね・・・)


<ポーズ>

ゴチャゴチャ考えるより手を動かしまして、襟と腕の芯を追加。
ポーズ案1が「腰に手を当ててドヤ顔でイカを食う遠藤はるか」



ポーズ案2が「髪を押えながらクールにイカを食う遠藤はるか」

「腰に手を当てて・・・」は、今まで何体か作ったポーズなので、この第2案で決定いたしました。


こうやって見ると、やっぱり足の脂肪分が不足していますね。


| 製作状況 | comments(2) | trackbacks(0) |
一週間の戦果
 
今週は艦これE7海域攻略がメインとなってしまい、模型は疎かになってしまいましたが・・・



何とかスケベボディをゲット出来ました!丙やけどね!
これで暫くは艦これやらんで済みます。


>次


<1/72「7TP」ウシュカ様>

とりあえず『手』付けました。


>次


<エンドー>

先に、面倒くさそうな『髪』をある程度やっつけておこうと作る順番を考えて、まずは頭頂部から横巻きまでの部分を付けてみました。


イイ感じのカリアゲクンですね。

次は横巻き部分を付けて、一旦前髪までやってしまう計画です。(後ろ髪は上着が出来てから)



私は塊からの削り出しが苦手なので、なるべくパテが柔らかい内にある程度造形するんですが、
他の人はこういう入り組んだ感じの髪型ってどうやってるんでしょうね。



そんなワケで、今週もパテ三昧の予感。

| 製作状況 | comments(2) | trackbacks(0) |
一週間の進捗「夏イベ」「7TP」「まるゆ」「遠藤」
 
まず・・・


E6(乙)突破できましたぁ!(正味12時間ぐらいかかった)
これで後は8月イッパイかけて最終海域(丙)突破を目指せばイイので、気分が楽になりました・・・


>次


<7TP>

「さぁ!塗装するでぇ!」と、サフ→シャドーを吹いてから、思い出しました『牽引フック』。
車体前面のフックですが、キットパーツには無いので銅線で作りました。



このように、縦向きに取り付けます。
大元の「ビッカーズMk.E」や、そのソ連版の『T-26』も同じですね。


>次


<まるゆ>

こないだ作った1/350『まるゆ』(下地塗りました)
この「まるゆ」を乗せる為のフジミ1/350「まるゆ」制作を5年ぶりに再開しました。
(当時、貴重な資料を提供して下さった方々には感謝しております!)



で、一体何をどうする予定だったのか思い出す作業から始め、まずは絶対に見逃せないアンカーの取り付け加工から開始。
「まるゆ」は箱絵にも描いてあるように、艦首の先端にアンカーが来るので、穴を開けます。



そのアンカーを引き上げる装置自体は内部にあるので、上から見るとこのように、鎖が通る穴が2点開きます。(まるゆ8号艇のイラストより)
因みに、穴のフチは補強なのかリング状にモッコリしているので、エポパテで再現しました。(アンカーの穴にもモッコリとフチが付きます)

細かい事を言い出すと「先端部は滑り止めらしい」とか「ボラードの位置が怪しい」とか「そもそもこのキット全体が・・・」など、キリが無いんですが、艦娘が乗る前提なので、外観が「まるゆ」だったらヨシとします。



艦首はこんな感じになりました。
この辺がハッキリと写った資料写真を持っていないので「まぁこんな感じであろう」程度です。
アンカーはファインモールドのナノドレッドWA12「1/700アンカー、菊花紋章セット」から使用。
くれぐれも『1/700』ですよ。1/350だと大きさ的に使えないので注意です。


>次

<1/16人形>

ついこないだ、我がツイッタァのTLが造型師サン達によるワンフェスの宣伝で埋め尽くされておりまして、その時見た素晴らしい作品群にガッツリ感化され「ワシもデカイの作れるやろか?」と、
始めてみました『1/16遠藤はるか』


例の如く「誰よwそれwwwwww」と思った方のために、説明せねばなるまい!


<「遠藤はるか」とは>

『リボンの武者』三人目のヒロインとして頭角を表した期待のキャラクター(自分データ)

生首武者高生『鶴姫』と、変態馬高生『松風』のクラスメイトにして、唯一マトモな女子高生感覚を持ち、2巻からは『百足さんチーム』のグッズ展開で一儲けを目論むなど、積極的に行動し始めた。
また、主人公らが試合中には、素人目線で解説役に話を振る役目を担っており、彼女無しでは物語は成り立たないと言って過言ではない。(過言です)
そんな彼女の飾らない性格と素朴な風貌で、オジサンの心を鷲掴みにする魔性の女、それが「遠藤はるか」である!(個人の感想です)


今週も同時進行で参ります。


| 製作状況 | comments(2) | trackbacks(0) |
一週間の進捗:鍾馗、竪琴
 
なんだか自分の中で「一週間のまとめ」が恒例になってきました。
ですが、こうして一定の線を引くことで、モチベが維持できている気もします。

まぁ、夏にゴリゴリのオッサン人形イジるより、プリプリのネェチャン人形イジる方が楽しいと。


<鍾馗>

パネルラインが出る程度に軽〜く汚しました。
今回はメッキシルバーNEXTという未知の塗料を使っているので、塗装面が曇るのではないかとヒヤヒヤしましたが、今のところ『Mrウェザリングカラー』はジャブ塗りしても表面に変化は見られません。(元からメッキ仕上げになってませんけどね!)

あとは銀ハゲをやるかやらんか考え中。(下手くそ故)


<ベース>

今回は風子様が立ちポーズなのでベース付きです。

で、地面の色調整に塗料でメリハリを付けるワケですが、その時にこの『Mrカラー・フラットベースあらめ』を50%ほど混ぜると、モサッとしたイイ感じのマットな仕上になる事が分かりました。
「いつも地面がテカっちゃう・・・」な方にオススメです。

※フィギュアや戦車、色の濃い物に使う場合は割合を下げないと、白い粉を吹いたようになるので注意。


<風子様の長楊枝>

電気コードを剥いた、所謂エナメル線にエポパテで葉っぱを付けて完成。
葉っぱは、マスキングテープも試してみましたが、未熟な私には無理でした。


>次


<竪琴高校>

次回、ガールズアンドパンツァー「孝子、乗車します!」


そんなワケで今週も、練る!塗る!生やす!


| 製作状況 | comments(0) | trackbacks(0) |
鍾馗、竪琴高校、まるゆ <一週間の進捗>
 
本日、模型界はWFで熱く盛り上がっておりますが、ここのオジサンは平常運転で御座います。

ということで、この一週間の戦果をば。


<鍾馗>

寄り道ばかりしてエラく時間がかかりましたが、ようやく基本的な作業が終わりました。
エルロンの色はネット検索で出てきた作例なんかを参考に、好みの色で塗ってみました。
あとは細かい所を塗り分けて、軽く汚して完了予定。



メインのフィギュアは肌色完了でごわす。


<竪琴高校戦車道部>

軽いジョークで始めた1/72ハ号が数年の放置期間を経て、まさかこんなことになろうとは。
少しは車体もディテールアップしておけば良かったと、やや悔いが残ります。

アウンさんと車長は9割完成となり、あとはダメ出しして磨き込めば造形完了となります。

砲塔マーキングは、マスキングで円を白吹きした上から自作デカールを貼っています。
(家庭用プリンタでは白色は印刷できない為)


<おケツ>

旧ブルマ表現への執念を必至に抑え、自分の持つ現技術で可能な限りのムラムラ表現を施しました。
おのれ、ちょうちんブルマ恨めしや。

独特のウォーペイントのおかげで好みが2分するアウンさん隊長ですが、個人的に「・・・くそう、ヤイカめ・・・」のコマのアワアワした口はとても愛らしく思います。


<ナンバープレート>

因みに、車体ナンバーは完全創作で、こんな感じにしてみました。
これもミラクルデカールでの自作です。
ていうか、パーツの継ぎ目処理すらしていない惨状がバレバレです。


<1/350まるゆ>

ものの試しに完全ジョークで作った『1/350まるゆ』の造形が完了しました。
あとは、数年放置しているフジミの『1/350まるゆ』と、修行中の海面が出来るまで休眠です。



アー!またWF行きたいなぁ!!




知らん間にハーフサイズ、出た!


| 製作状況 | comments(0) | trackbacks(0) |
鍾馗、雷奈、竪琴高校、他、<一週間の進捗>


一週間の戦果です。
同時進行が多いのでアレですが、台風で引き篭もったのは大きかったです。


<鍾馗>

当初、識別帯はデカールで済まそうと思っていたのですが、ゴソゴソと位置調整やらカットを繰り返す内に爆散してしまい、仕方なく塗装しました。
微妙なRが付く識別帯ですが、案外、マスキングを直感でカットしても何とかなるモンです。

この一機で、私的に3年分ぐらいのマスキングテープを使いました。


<矢島雷奈>

も、もう一息Death・・・

マントをどのタイミングで付けるか悩みましたが、腕と一体化させました。
そんなワケで複製不可。・・・てか、別人ですね。



<竪琴高校戦車道部>

竪琴高校の戦闘服は、ちょうちんブルマ、ブラウス、草履という比較的簡単な構成なので、
造形作業はラクに進み、これなら忙しい諸兄にもオススメです。

因みに、個人的に女子人形で一番苦手なパーツは『ローファー』です。致命的です。


<レンズ表現にクリアタルゲル>

分かりにくいですが、前照灯は刳り貫いて『クリアタルゲル』を流し込んでみました。
一回目はヒケましたが、二回目で程よい表面張力が得られたので、ミニスケのレンズ表現に使えます。
流し込んで乾燥するまでは垂直で保持しないと、ゲルが垂れてしまうので注意です。


>次


波の〜谷間に〜いのちの花が〜♪ 二つ〜並んで〜・・・


<かんむす号は今>

「粘土に銀紙なんて貼るからオモチャっぽくなるんや!」と、
直接プレーンで色を塗ろうと試みたのですが・・・



紙粘土→ガッシュで着色→ジェルメディウム→スーパーヘビージェルメディウムの順で進めました。

・・・毎度、お子様の夏休みの工作なら耐えれそうです。

もう何をしたいのか分からなくなってきたので、荒波研究は一時凍結します。


<かんむす2号>

こちらは前回、ジェルメディウム→クリアタルゲルの順で作った試製2号。
走行波を『スーパーヘビージェルメディウム』で追加し、ガッシュで白波を描き込んでみました。
適当な台に乗せるとソレッぽい雰囲気が出たので、この路線を追求していこうと思います。

結論:荒れる海は非常に高い練度が必要。


そんなワケで今週もパテと戯れます!


| 製作状況 | comments(6) | trackbacks(0) |
| 1/8PAGES | >>