過去記事テーマ別

管理人の買った物一覧

私家版戦車入門1: 無限軌道の発明と英国タンク
私家版戦車入門1: 無限軌道の発明と英国タンク (JUGEMレビュー »)
モリナガ ヨウ
世界初のタンク(戦車)が如何にして誕生し、どのような問題を乗り越えて進化して来たのか?蒸気トレーラーから英国の菱型戦車、ホイペットまでをまとめた決定版。
ガン&ガール イラストレイテッド 第二次大戦枢軸国編 (MC☆あくしずMOOK)
ガン&ガール イラストレイテッド 第二次大戦枢軸国編 (MC☆あくしずMOOK) (JUGEMレビュー »)

WW2枢軸陣営の小火器を紹介した女子イラスト付きのマジメな本。読みやすい構成で初心者にもオススメ。
大日本帝国陸海軍〈2〉―軍装と装備 明治・大正・昭和
大日本帝国陸海軍〈2〉―軍装と装備 明治・大正・昭和 (JUGEMレビュー »)
中田 忠夫
ややカタログっぽく編集されており、被服の細部(内側や背面など)を知ることは出来ませんが小物や拳銃、生活用品までかなりの数が全て写真で網羅されています。
The Soviet Soldier of World War Two
The Soviet Soldier of World War Two (JUGEMレビュー »)
Phillippe Rio
WW2ソ連兵の兵装を実写カラーでドカンと紹介。よほど特殊な設定以外この一冊で十分です。オススメ!全編英語
ストライクアンドタクティカルマガジン増刊 日本陸軍の戦車 2010年 11月号 [雑誌]
ストライクアンドタクティカルマガジン増刊 日本陸軍の戦車 2010年 11月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)
古是 三春,鈴木 邦宏,土居 雅博
最新の考証を元に八九式を中心に旧軍戦車を各型解説。写真やイラストも豊富で内装なども参考になります。オススメ!
Deutsche Soldaten: The Uniforms, Equipment and Personal Effects of the German 1939-1945
Deutsche Soldaten: The Uniforms, Equipment and Personal Effects of the German 1939-1945 (JUGEMレビュー »)
Agustin Saiz
これは凄い量の実物コレクション!ブーツやガスマスクなど一般的な装備品のバリエーションは勿論、マップケースの中身に時計やタバコまで、ドイツ兵の持ち物を殆ど網羅!巻頭から巻末までオールカラー写真で資料的価値抜群。オススメ!
※全編英語
図解 ヘビーアームズ (F-Files No.017)
図解 ヘビーアームズ (F-Files No.017) (JUGEMレビュー »)
大波 篤司
機関銃や迫撃砲、バズーカにロケットランチャーなど使用方法や各部品の意味など一問一答でスッキリ解説。銃器ビギナーの人に超オススメ。
Vision models 1/35スケール  【VA-9003】 帝国陸軍 九七式
Vision models 1/35スケール  【VA-9003】 帝国陸軍 九七式 (JUGEMレビュー »)

チハ系キットには欠かせないキャタ。価格、組み易さ、解像度も申し分ない定番商品。
末期の水物兵器集
末期の水物兵器集 (JUGEMレビュー »)
こが しゅうと
若干クセのある漫画と文章で、旧海軍兵器の中でもマニアックな物を局所的に徹底紹介!他のシリーズも濃イィ内容!
戦う広告―雑誌広告に見るアジア太平洋戦争
戦う広告―雑誌広告に見るアジア太平洋戦争 (JUGEMレビュー »)
若林 宣
戦時中に国内で使用された広告を年代ごとに紹介。当時の世相が分かる他に類を見ない貴重な資料。
British Web Equipment of the Two World Wars (Europa Militaria)
British Web Equipment of the Two World Wars (Europa Militaria) (JUGEMレビュー »)
Martin Brayley
英軍歩兵の装備品をカラー写真で紹介。色味やバリエーションを知るには良書ですが武器類は無し。価格的にもオススメ!
※全編英語
Stalin's War: Soviet Uniforms And Militaria 1941-45
Stalin's War: Soviet Uniforms And Militaria 1941-45 (JUGEMレビュー »)
Laszlo Bekesi
コレクターが集めたWW2ソ連軍の装備品や階級章のカラー写真集。マニアにとってはかなり薄い内容だが、ソ連軍初心者にはそこそこ資料的価値アリ。
※全編英語
第2次大戦ドイツ軍装ガイド
第2次大戦ドイツ軍装ガイド (JUGEMレビュー »)
ジャン・ド・ラガルド
オール実写による軍装ガイド。これ一冊で殆んどの正規バリエーションが把握できます。
ノーブル バックレスキューベルトチタン L(腰周り:78~94cm) 黒
ノーブル バックレスキューベルトチタン L(腰周り:78~94cm) 黒 (JUGEMレビュー »)

椅子に座ってると腰が痛い!
ってな人は試す価値アリ!
個人的には相当の効果を実感しています。
鋼鉄の最精鋭部隊―千葉戦車学校・騎兵学校 (日本陸軍の機甲部隊 1)
鋼鉄の最精鋭部隊―千葉戦車学校・騎兵学校 (日本陸軍の機甲部隊 1) (JUGEMレビュー »)

貴重な日本戦車の写真集です!戦車学校での訓練風景で構成され、全体の半分以上がチハ主体の写真ですがネットでは見られないレアなものばかり!チハファンは必携!
ドキッ乙女だらけの帝國陸軍入門
ドキッ乙女だらけの帝國陸軍入門 (JUGEMレビュー »)
堀場 亙,岡本 博信
萌えだと思って期待したらハズレですのでご注意を…列記としたミリタリー本です。
TUNODA 薄刃ミニニッパー 120mm TM-02
TUNODA 薄刃ミニニッパー 120mm TM-02 (JUGEMレビュー »)

某プラモメーカーから発売されている物のOEM版なのでプラモ制作に抜群の性能!しかも格安!
Les MAteriels radio de la Wehrmacht: German Radio Sets 1935-1945
Les MAteriels radio de la Wehrmacht: German Radio Sets 1935-1945 (JUGEMレビュー »)
Pierre Metsu
大戦中のドイツ軍無線機を全機種カラー写真で紹介。残念ながら和訳はないですが英訳はアリ。(値段が…)
陸軍機甲部隊―激動の時代を駆け抜けた日本戦車興亡史 (〈歴史群像〉太平洋戦史シリーズ (25))
陸軍機甲部隊―激動の時代を駆け抜けた日本戦車興亡史 (〈歴史群像〉太平洋戦史シリーズ (25)) (JUGEMレビュー »)

モデラー目線のディティール考察には向きませんが、日本戦車がどのように発展し各地でどう戦ったかを知るには良書。
Modelling the Marder Self-Propelled Gun (Osprey Modelling)
Modelling the Marder Self-Propelled Gun (Osprey Modelling) (JUGEMレビュー »)
Sam Dwyer, Robert Oehler

マーダー1,2D,3r,3M,3H のディティールアップ製作ガイド。
外人サンのテクを盗めます!
泥まみれの虎―宮崎駿の妄想ノート
泥まみれの虎―宮崎駿の妄想ノート (JUGEMレビュー »)
宮崎 駿
エース「オットーカリウス」の手記を元に末期ドイツ軍の泥沼の戦いを描写。
今までの「戦車感」が変わるかも?
第2次大戦各国軍装全ガイド (ミリタリー・ユニフォーム)
第2次大戦各国軍装全ガイド (ミリタリー・ユニフォーム) (JUGEMレビュー »)
ピーター ダーマン,マルカム マクグレガー,ピエール ターナー
WW2各国陸海空の軍服図鑑。
膨大な数だが、浅く広くといった感じなので、一国を集中的に調べたい人には不向き。
日本戦車隊戦史―鉄獅子かく戦えり
日本戦車隊戦史―鉄獅子かく戦えり (JUGEMレビュー »)
上田 信
帝国陸軍戦車部隊が各戦線でどのように戦ったのか、図解を交えて年代ごとに相手装備と比較しながら紹介。
イラスト中心なので文章が苦手な人でも大丈夫!(写真は無し)
ビジュアルガイド WW2戦車〈1〉電撃戦
ビジュアルガイド WW2戦車〈1〉電撃戦 (JUGEMレビュー »)
川畑 英毅, 吉原 幹也
WW恐そ戦線好きなら持っておきたい一冊。
ドイツ、ソ連は勿論、フランスやポーランド等、欧州のあらゆる戦闘車両を広く浅く紹介。マイナー車種など豆知識にいいかも。
アハトゥンク・パンツァー〈第7集〉1号戦車、2号戦車と派生型編
アハトゥンク・パンツァー〈第7集〉1号戦車、2号戦車と派生型編 (JUGEMレビュー »)
尾藤 満
言わずと知れたモデラーの為の資料本。 詳細図と写真で各型を詳しく解説。
近況


雨が続き、最後の仕上げに巨大台風というドイヒーな1週間。

実は先週末、そのドイヒーな雨の中サバゲデビューを果たしまして、
2戦目をこの22日に迎える予定だったのですが、見事、大雨警報ということで、
おうちで模型制作を! ・・・とはいかず、悶々と装備品をイジって参ります。



<服(BDU)>

ドイツ連邦軍払い下げの中古戦闘服が私の一張羅。(上着1000円)
所謂「フレクターカモ」なる迷彩服。

で、


例外なく、両肩に国旗章が縫い付けられておるワケですが、
サバゲでは両腕に赤か黄のチーム識別帯を巻いて、敵味方を識別するため、
紛らわしい色の装飾や服装は、避けた方が良いという暗黙のルールがございまして、
まぁ、コレぐらいなら文句を言われることも無いでしょうが、気分的にアレなので↓


タミヤエナメルで黒染め。



これで、味方から撃たれる心配は無いでしょう!


>次


<銃の防水>

電動ガンは当然ながら浸水NGなので、雨に備えて防水準備は整えております。
巷では「サランラップをグルグル巻き」など、いろいろ工夫がなされているようですが、
前回試したところ安定性に乏しく、場合によっちゃゲーム中に破れたり外れたりします。
そこで、むか〜し購入した”用務員さんが腕に付けるアレ(防水仕様)”を被せてみました。
当時の私、この事を予見していたのか、奇しくも迷彩柄でシックリ来ますね!
※「防水 腕カバー」とかで検索すると出てきます。



そんな事より、早く晴れて欲しい。(´・ω・`)
 

| - | comments(0) | trackbacks(0) |
そう、秋

全国6千万のチトファンの皆様、
アニメ版「少女終末旅行」第一話が放送されましたね!
ケッテンクラートの走行音「トトト」の再現度は高く、作画も問題なし。

しかし!個人的にですよ?極めて一個人的に全体の感想を申せば、
私の想い描いていた方向とは逆方向に色が付いてしまった感じで、
思い返せば、キャラデザで目にキャッチライトが描かれた時点で察してはいましたが、
どこが?とは申しませんが、こう、商業的には致し方ないのでしょうな。


さて、我が地域では、そのすぐ後の枠に「キノの旅(2期)」が入っておるワケですが、
こちらは前作から変わらぬ雰囲気と、磨きの掛かったクオリティで宜しいですな。
主人公「キノ」の他、声優陣は替わりましたが、さほど違和感もなくイイと思いますケロ。


今季はあと3本ぐらいしか録画予定がありませぬ故、模型作りでも再開しようかと存じます。


 
| アニメ、コミック感想 | comments(0) | trackbacks(0) |
生きてます

いや、それがですね

仲間内で「サバゲやろうぜ!」的な流れになりましてね



1/1の鉄砲を買ってみたら、思いのほか体力が必要だと気付きまして、



「体力ナシ夫はアカンやろ」と、



近所の山登って軽く汗を流していたらですね?




なんかもう、むしろ山登りが楽しくなってきまして、
どっかの腹ペコモデラー様みたいに「山でパスタを湯掻いてみたい!」などと、
要は、涼しくなってお外が気持ちいいワケでありますな。


そんなワケで普通に生きております。
特四の竜巻作戦仕様、楽しみですね(´・ω・`)

 
| - | comments(4) | trackbacks(0) |
台風でも関西AFV

 

 

明日の「関西AFVの会2017」は台風直撃の予報なので、

高確率で電車が止まることを想定し、

V2」を諦め、手のひらサイズの作品で参加致します。

 

とにかく生きて故郷へ帰る・・・それだけですね。

 

 

なんだかとってもサバイバル(´・ω・`)

 

 

| - | comments(1) | trackbacks(0) |
銀翼突撃章<ピンズ版>



久々にプロの方たちのドンパチで、薄っすらザワつく神戸の街。
そんな中、デグチャレフ様の『銀翼突撃章(ピンズ版)』を買ってしまいました。



ピンズということで、実際の勲章サイズより小さく周囲の塗装もなし。
出来は素晴らしいので、そのままでも十分なのですが塗りたくなるのがモデラーの性。



Mrカラーのコバルトブルーを希釈だけしてそのまま筆で墨入れしていきます。
(実際の色合いは、蛍光灯下で撮ったこちらの画像が正しいです)



これといって面白ハプニングも無く、20分ほどで完了に御座います。

で、こういう物は現実社会において使い所が難しいのですが、
スーツの襟にでも付けて通勤すれば、一目置かれること間違い無しで御座いますな。


 


 

| - | comments(1) | trackbacks(0) |
少女終末旅行


朝晩すっかり過ごしやすくなりました。
ところがドスコイ、太陽フレアの影響か模型が捗らない管理人。
ブログ停滞を打破すべく少女終末旅行ゴを読んでみました。




そりゃそうと、アニメ放送直前で御座います。(17年9月現在)
ひたすらグレーな世界観をフルカラーで動かして肉声が入るとどうなるのか・・・
ケッテンクラートをチープなCGでオモチャ化しないか・・・
チトの目にキャッチライトが入ってる時点で萌え狙いではないか・・・など不安満開であります。
そして旅と言えば、薄っすら毛色の似た「キノの旅」2期も今秋放送で御座います。


以下、気になったところだけレビュー↓

続きを読む >>
| アニメ、コミック感想 | comments(0) | trackbacks(0) |
マルシン「南部14年式」を塗ってみた


なんやかんやと、ジックリ腰を据えるタイミングが少なく、
蒸し暑さも手伝って模型製作は停滞してございますが、
関西AFVに持っていくネタは「V2」に決定したので、平穏な日々を過ごしております。


<マルシン「南部十四年式」>

さて、この樹脂感満開のマットな梨地ボデーをどうしても許すことが出来ず、
この先も2丁3丁と増えるであろう事を想定し、経験値稼ぎを兼ねて塗装に踏み切った次第。



今回は1/1スケールということで特に何も考えず、研磨ののちメタルカラーの「アイアン」を吹き、
クリアブルーを混ぜた艶黒を重ね、チッピングを施してみました。



仕上がりはイマイチですが、元の状態よりは幾分リアルになった気がします。
こうなってくると、グリップも木製の物に替えたくなってきますね(沼


>次


<ホロ>

「AFV模型」を「AV模型」にしかねない”ホロ”の進捗。
自身初のスッポンポン造形なので、気合と不安と興奮が入り乱れる異様な作業場となっております。

手前の既成品はタミヤの「日本陸軍将校セット」から。
「もう、ここで使わな一生使い所がない!」と、何が何でもねじ込む所存。

トイガンという新たな物欲にまみれながら、ぼちぼち進めてまいります。



二十六年式拳銃がとても欲しい(´・ω・`)

 

| - | comments(0) | trackbacks(0) |
マルシン「南部14年式」を買ってみました

 


先日、とある模型の集まりで「ガスガン」を撃つ機会があり・・・

そりゃあ昭和生まれの中年オヤジですから、子供の頃に多少のエアガンぐらいは嗜んでおり「ははは!懐かしいな!!」などと撃ってみますと、時は平成、ブローバックは当たり前、ショートリコイルやホールドオープンまでしちゃう現状に「ヤックデカルチャー!」と叫びながら帰宅後、急ぎトイガン脳を現行版に更新しがてら、早々にポチってしまった次第。


<南部十四年式>

子供の頃から「男は黙って南部式」ということで、マルシンのガスガンを購入。
残念ながら、先述したショートリコイルとホールドオープンのギミックは無いのですが、
ブローバックによるそれなりのショックとそれなりの発砲音が快感の逸品。



やはりこのフォルムは最高ですね。



セーフティの「火-安」がイイですね。
ボルトのツマミ部分は簡略化された見慣れない形状ですが、大戦末期の仕様だそう。



「昭19」の刻印が、もうなんか、、、もうぅ〜って感じでありますな。


ところで、



後部から見たボルト。
おもちゃ感を増幅させるパーティングラインが、これでもかと主張しています。



銃口なんて覗き込むモンでもないですが、インナーバレルもゴージャスに輝いているので、
もう少し自粛していただきたいところ。


と、いうことで



Pラインを消すのはモデラーの宿命。などと呟きながら遠慮なくボルトをヤスっていきます。
素材はプラかと思いきや、ホワイトメタル。



整形が終わったら、金属用プライマーを混ぜたラッカー塗料で、普段通りエアブラシ。
ラインが消えて、まるで碁石のように飾り気のないシンプルな姿に。
・・・やはりこのパーツは溝の入ったいつもの見慣れたタイプが好きでおます。



塗装ついでにインナーバレルも黒染めしておきました。
場所が場所だけに発砲でどうなるかは分かりませんが、そこはリアルチッピングということで。



ついでのついでに、マガジンもピカピカなのでウェザリングします。



特に何の考えもなく、戦車と全く同じ要領です。
ウェザリングカラーのステインブラウンを塗りたくり↓


乾いてからティッシュで余分を拭き取って完了。
オイル汚れは兵器の嗜みでありますな。


・・・とまぁ、こんな夏を過ごしています。(´・ω・`)


 

 

| 資料、道具、実験 | comments(4) | trackbacks(0) |
四式自走砲「ホロ」<2>


お盆で御座います。

「艦これ」夏イベ以外に、特に何もイベントが無い我が家です。

そんな中、
早速では御座いますが「関西AFVの会」に今作を持ち込む事を断念しました。
と申しますのも、「肌色成分多め」且つ「性的表現」のある作品はNGというルールを思い出し、
「マッパにモッコリがメインの今作・・・こりゃアカンわw」と判断した次第。

そんなワケで、両舷前進微速、取舵イッパイにて御座います。



<戦闘室仮組み>

内部の見える範囲はこんな感じ。
やはり内部側壁は何らかの処理を施した方が、精神的に宜しいかと思われます。



砲弾箱をセット。
木箱なので、見える部分(主に天面)には予めルータで傷を付けて木目表現を施しています。



後部から見るとこんな感じ。
最終的に屋根が付くので、奥まった部分はピン跡などの粗が残っていても大丈夫です。



戦闘室装甲板は箱組み式なので、十分に仮合わせをし確実に接着固定してから次へ進めます。
タミヤほどのフィット感ではありませんが、クセもなく上々であります。
ただ、個体差はあるでしょうが車体パーツが捻れてる感アリ。


>次


<履帯>

ここは個人的に拘っていきたい部分であります。
キットパーツは半組み立て式で、弛みが命の日本戦車にとって必要十分な内容なのですが↓


側面の「肉抜き」こそが、努力の結晶である日本軍戦車を語る上で最も重要な部分であり、
ここが埋まったら「パワフルか!アメ車か!」となってしまうのであります。※個人の見解です
更に「連結ピン」も本来凹のところ、キットパーツだと凸モールドであるなど、
履帯マニアのメンタルには宜しくないので、可能なら素直に他社製品に交換したいところ。

因みに、カステン製は鬼のパーツ分割、フリウルは財布に厳しいなど、
組みやすさ、価格、再現度の全てにおいてヴィジョンモデルがお勧めであります。


 


頻繁に品切れになるので、チハ系を沢山作る人は
手に入る時に買っておきましょう。

 

 


 

 

 

| 日本モノ | comments(6) | trackbacks(0) |
四式自走砲「ホロ」<1>

 


さぁ!そんな2017夏の目玉キットと言えば?



ファインモールドから発売の「四式自走砲」でありましょう!(異論は認める)

個人的な話、期日を決めて制作するのは私のアレに反するのですが、
一ヶ月後に迫る関西AFVに持っていく気なので、とりあえず両舷一杯で進めてまいります!



<前準備>

まず最初に気になる大口径の砲口は、ライフリングの入ったパーツとなっておりますが、
ダボの関係からか、ものっそい浅い位置で埋まって御座います。
これでは流石に完成後の正面像が悲しい事になってしまうので↓



ライフリングを傷付けないよう、裏側からひたすら気合で刳り貫く。



これぐらいしておけば、余程ジックリ凝視されない限りバレないでしょう!


>次



戦闘室には簡単な屋根が付いておりますが、基本オープントップなので、
防盾の内壁はガッツリ見えます。

そんな内壁に、これまたガッツリ”押し出しピン痕”があるので、意地でも消しておきましょう。


>次



機関室との隔壁パーツは、四式ホロだけのオリジナル仕様となっており、
他車の内装キットパーツと違い、変な所に継ぎ目が出来てしまします。

難易度は高いけど・・・出来るなら・・・出来ることなら、消してしまいましょう!
完成後も丸見えですからぁ!!ざんn


>次



車内の側壁も結構見えますので、外側の足回りパーツを取り付けたら、
忘れないうちに、丸囲みの部分だけでも処理することをオススメします。



車体上部は左右の天板パーツ受けが不要なので、早めにカットしておいた方が吉。
後部のパーツ受けについては、専用エッチングを使用する場合は残しておきます。



とにかく見える範囲が広いので、パーツの継ぎ目は片っ端から消します。
ついでに、なんちゃってリベットも追加してソレっぽくしておきます。(本当はもっと複雑)


とまぁ、大体このぐらい処理しておけば、あとはいつものチハ系統なので安心でありましょう。


・・・まだまだ先が見えないので急ぎます。
 

 

| 日本モノ | comments(4) | trackbacks(0) |
| 1/168PAGES | >>