過去記事テーマ別

管理人の買った物一覧

私家版戦車入門1: 無限軌道の発明と英国タンク
私家版戦車入門1: 無限軌道の発明と英国タンク (JUGEMレビュー »)
モリナガ ヨウ
世界初のタンク(戦車)が如何にして誕生し、どのような問題を乗り越えて進化して来たのか?蒸気トレーラーから英国の菱型戦車、ホイペットまでをまとめた決定版。
ガン&ガール イラストレイテッド 第二次大戦枢軸国編 (MC☆あくしずMOOK)
ガン&ガール イラストレイテッド 第二次大戦枢軸国編 (MC☆あくしずMOOK) (JUGEMレビュー »)

WW2枢軸陣営の小火器を紹介した女子イラスト付きのマジメな本。読みやすい構成で初心者にもオススメ。
大日本帝国陸海軍〈2〉―軍装と装備 明治・大正・昭和
大日本帝国陸海軍〈2〉―軍装と装備 明治・大正・昭和 (JUGEMレビュー »)
中田 忠夫
ややカタログっぽく編集されており、被服の細部(内側や背面など)を知ることは出来ませんが小物や拳銃、生活用品までかなりの数が全て写真で網羅されています。
The Soviet Soldier of World War Two
The Soviet Soldier of World War Two (JUGEMレビュー »)
Phillippe Rio
WW2ソ連兵の兵装を実写カラーでドカンと紹介。よほど特殊な設定以外この一冊で十分です。オススメ!全編英語
ストライクアンドタクティカルマガジン増刊 日本陸軍の戦車 2010年 11月号 [雑誌]
ストライクアンドタクティカルマガジン増刊 日本陸軍の戦車 2010年 11月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)
古是 三春,鈴木 邦宏,土居 雅博
最新の考証を元に八九式を中心に旧軍戦車を各型解説。写真やイラストも豊富で内装なども参考になります。オススメ!
Deutsche Soldaten: The Uniforms, Equipment and Personal Effects of the German 1939-1945
Deutsche Soldaten: The Uniforms, Equipment and Personal Effects of the German 1939-1945 (JUGEMレビュー »)
Agustin Saiz
これは凄い量の実物コレクション!ブーツやガスマスクなど一般的な装備品のバリエーションは勿論、マップケースの中身に時計やタバコまで、ドイツ兵の持ち物を殆ど網羅!巻頭から巻末までオールカラー写真で資料的価値抜群。オススメ!
※全編英語
図解 ヘビーアームズ (F-Files No.017)
図解 ヘビーアームズ (F-Files No.017) (JUGEMレビュー »)
大波 篤司
機関銃や迫撃砲、バズーカにロケットランチャーなど使用方法や各部品の意味など一問一答でスッキリ解説。銃器ビギナーの人に超オススメ。
Vision models 1/35スケール  【VA-9003】 帝国陸軍 九七式
Vision models 1/35スケール  【VA-9003】 帝国陸軍 九七式 (JUGEMレビュー »)

チハ系キットには欠かせないキャタ。価格、組み易さ、解像度も申し分ない定番商品。
末期の水物兵器集
末期の水物兵器集 (JUGEMレビュー »)
こが しゅうと
若干クセのある漫画と文章で、旧海軍兵器の中でもマニアックな物を局所的に徹底紹介!他のシリーズも濃イィ内容!
戦う広告―雑誌広告に見るアジア太平洋戦争
戦う広告―雑誌広告に見るアジア太平洋戦争 (JUGEMレビュー »)
若林 宣
戦時中に国内で使用された広告を年代ごとに紹介。当時の世相が分かる他に類を見ない貴重な資料。
British Web Equipment of the Two World Wars (Europa Militaria)
British Web Equipment of the Two World Wars (Europa Militaria) (JUGEMレビュー »)
Martin Brayley
英軍歩兵の装備品をカラー写真で紹介。色味やバリエーションを知るには良書ですが武器類は無し。価格的にもオススメ!
※全編英語
Stalin's War: Soviet Uniforms And Militaria 1941-45
Stalin's War: Soviet Uniforms And Militaria 1941-45 (JUGEMレビュー »)
Laszlo Bekesi
コレクターが集めたWW2ソ連軍の装備品や階級章のカラー写真集。マニアにとってはかなり薄い内容だが、ソ連軍初心者にはそこそこ資料的価値アリ。
※全編英語
第2次大戦ドイツ軍装ガイド
第2次大戦ドイツ軍装ガイド (JUGEMレビュー »)
ジャン・ド・ラガルド
オール実写による軍装ガイド。これ一冊で殆んどの正規バリエーションが把握できます。
ノーブル バックレスキューベルトチタン L(腰周り:78~94cm) 黒
ノーブル バックレスキューベルトチタン L(腰周り:78~94cm) 黒 (JUGEMレビュー »)

椅子に座ってると腰が痛い!
ってな人は試す価値アリ!
個人的には相当の効果を実感しています。
鋼鉄の最精鋭部隊―千葉戦車学校・騎兵学校 (日本陸軍の機甲部隊 1)
鋼鉄の最精鋭部隊―千葉戦車学校・騎兵学校 (日本陸軍の機甲部隊 1) (JUGEMレビュー »)

貴重な日本戦車の写真集です!戦車学校での訓練風景で構成され、全体の半分以上がチハ主体の写真ですがネットでは見られないレアなものばかり!チハファンは必携!
ドキッ乙女だらけの帝國陸軍入門
ドキッ乙女だらけの帝國陸軍入門 (JUGEMレビュー »)
堀場 亙,岡本 博信
萌えだと思って期待したらハズレですのでご注意を…列記としたミリタリー本です。
TUNODA 薄刃ミニニッパー 120mm TM-02
TUNODA 薄刃ミニニッパー 120mm TM-02 (JUGEMレビュー »)

某プラモメーカーから発売されている物のOEM版なのでプラモ制作に抜群の性能!しかも格安!
Les MAteriels radio de la Wehrmacht: German Radio Sets 1935-1945
Les MAteriels radio de la Wehrmacht: German Radio Sets 1935-1945 (JUGEMレビュー »)
Pierre Metsu
大戦中のドイツ軍無線機を全機種カラー写真で紹介。残念ながら和訳はないですが英訳はアリ。(値段が…)
陸軍機甲部隊―激動の時代を駆け抜けた日本戦車興亡史 (〈歴史群像〉太平洋戦史シリーズ (25))
陸軍機甲部隊―激動の時代を駆け抜けた日本戦車興亡史 (〈歴史群像〉太平洋戦史シリーズ (25)) (JUGEMレビュー »)

モデラー目線のディティール考察には向きませんが、日本戦車がどのように発展し各地でどう戦ったかを知るには良書。
Modelling the Marder Self-Propelled Gun (Osprey Modelling)
Modelling the Marder Self-Propelled Gun (Osprey Modelling) (JUGEMレビュー »)
Sam Dwyer, Robert Oehler

マーダー1,2D,3r,3M,3H のディティールアップ製作ガイド。
外人サンのテクを盗めます!
泥まみれの虎―宮崎駿の妄想ノート
泥まみれの虎―宮崎駿の妄想ノート (JUGEMレビュー »)
宮崎 駿
エース「オットーカリウス」の手記を元に末期ドイツ軍の泥沼の戦いを描写。
今までの「戦車感」が変わるかも?
第2次大戦各国軍装全ガイド (ミリタリー・ユニフォーム)
第2次大戦各国軍装全ガイド (ミリタリー・ユニフォーム) (JUGEMレビュー »)
ピーター ダーマン,マルカム マクグレガー,ピエール ターナー
WW2各国陸海空の軍服図鑑。
膨大な数だが、浅く広くといった感じなので、一国を集中的に調べたい人には不向き。
日本戦車隊戦史―鉄獅子かく戦えり
日本戦車隊戦史―鉄獅子かく戦えり (JUGEMレビュー »)
上田 信
帝国陸軍戦車部隊が各戦線でどのように戦ったのか、図解を交えて年代ごとに相手装備と比較しながら紹介。
イラスト中心なので文章が苦手な人でも大丈夫!(写真は無し)
ビジュアルガイド WW2戦車〈1〉電撃戦
ビジュアルガイド WW2戦車〈1〉電撃戦 (JUGEMレビュー »)
川畑 英毅, 吉原 幹也
WW恐そ戦線好きなら持っておきたい一冊。
ドイツ、ソ連は勿論、フランスやポーランド等、欧州のあらゆる戦闘車両を広く浅く紹介。マイナー車種など豆知識にいいかも。
アハトゥンク・パンツァー〈第7集〉1号戦車、2号戦車と派生型編
アハトゥンク・パンツァー〈第7集〉1号戦車、2号戦車と派生型編 (JUGEMレビュー »)
尾藤 満
言わずと知れたモデラーの為の資料本。 詳細図と写真で各型を詳しく解説。
1/72二式カミ<13>


遥か古の時代、伝説の少女”ミドリ”は言った・・・

『できません』と言う前に『やってみます』のミドリです
ときには勇気がいるけれど、やってみなくちゃ始まらない。





<海リテイク>

前回失敗した塗装を全て剥がし、サンディングしたのち、
車体(船体)の位置変更に伴う走行波の位置を変更。



基本となる海面の造形が出来たら、リキテックスのジェッソをたっぷり塗って、
不要な段差やデコボコを埋め、且つ、塗装の下地とします。


<第1段階>

前回の経験から下地に明るい色を仕込むと、色ムラが光の乱反射に見えると分かったので、
まずはガッツリ明るい水色を塗ります。

<第2段階>

次にクリア系のブルーを重ねます。
所々に第1段階で塗った水色が透けて、いい感じになっています。


が、ここで、表面処理の失敗に気付き、
後の仕上げに大きな影響を及ぼすとともに、修正不可と判断・・・



「またやっちまった!チクショ〜メェ!!」


薄れゆく意識の中、遠くからどこか懐かしい声が聞こえる・・・


「やっ・・みまぁ・・」

「・・・?」

「やってみまぁ〜す!!(@ω@)」


ハッ!と瞼を開くと、僕はさっきと変わらぬ作業部屋にいた。

「やれやれ、もう、これで3回目だ」

どうやら、この世界では『できません』と言えないらしい。



「『新・モケツク雑記帳』より抜粋」



<TAKE3開始>

そんなワケで、波の造形も気に入らなかったので、ついでにガッツリ粘土盛り。
陶芸家の如く、石粉粘土をヌルヌルと撫で回して候。

さぁ、コレ本当に完成するのか心配になってきましたよぉ!


>次


<西絹代>

塗っては乾かしを繰り返す海面製作の空いた時間に西先生も進めております。



大きなスケールと同じく、片方の足は分割して磨く方法。



大きさの都合で、このように大きく盛ってから削り込んでいく方法となります。
このサイズではリュータがあると圧倒的にラク出来ます。
(場合によっちゃ、芯の針金ごと削らないとイケナイことも!)



手順としては、大雑把にナイフで削り出したあと、リュータで形を整えていき、
400番ぐらいのサンドペーパーで磨いて、最後はスポンジヤスリで磨きます。



ある程度作業が進んだら、一度立たせてみてバランス調整します。(これ重要)
今回は右足が若干短くなっていたので、足首でカットして延長します。
このように、途中で長さが変わったりするので、
ヒザやふくらはぎ等、修正が厄介な箇所は最後までアバウトな状態にしておいて、
プロポーションが決まってから細部を造形した方がイイです。



さて、今作のキモである水着を試着してもらいましょう!!

スケール的に難易度高めで御座いますが、
そこはマグマの如く噴き上がるリビドーでカバーでごじゃる!!


 

| ガルパン無印 | comments(0) | trackbacks(0) |
1/72二式カミ<12>


モデルアートの記事通りに、海面の塗装を開始します。


<第1段階>

一発目はアクリル絵の具を筆塗りであります。
使用する絵の具はリキテックスの「フタロシアニンブルー」「フタログリーンイエローシェード」
「ニュートラルグレー4」を混ぜて、好みの色に合わせます。



これで基本塗装が完了。
で、ここで気付いた事「塗装前の下地は絶対に白色が良い」です。
理由は簡単「発色がイイから」ですね。


<第2段階>

水中の泡をエアブラシで表現するらしいです。
今回使用するのは「ライトブルー」「明灰白色」「クリアホワイト」
これらをまとめてラッカーで希釈して吹き付けます。



「水中の泡」完了。
ここから、更に波しぶきや泡などを追加していくのですが、
その前に一度、車両とのバランスを見てみませう。



やらかして候。
途中で構図が云々とか言いながら、配置をズラしたのが大ハズレでゴザル。



今回の主役「西絹代」は砲塔の中心から真横に搭乗するので、
進行方向やや後ろか、中心線上に位置しないとマヌケな構図になるワケですね。

ていうか、何のために後ろを大きく空けたのか、自分でも意味不明で御座います。



「なんで今まで気付かんねん・・・」
と、歯をギリギリいわせながら、涙の解体作業に御座います。


それでも明日はやって来る。


つづく

 

| ガルパン無印 | comments(3) | trackbacks(0) |
1/72二式カミ<11>


五輪で多種多様な英気を養った管理人。

海の続きをやります。



<ハウツー通りにガッシュの白をたっぷり塗った翌日>

こんなん全然あきませんやん・・・
ジャミラですやん・・・

で、


白色に拘る必要はないですが、丁度、陶芸用の粉末粘土で白色が余っていたので、
水で溶いて筆で塗り、乾燥してからサンドペーパでヤスリました。
この上から塗装してジェル系のメディウムも重ねるので、アバウトで良いと思いますが、
仕上げの工程でどう影響するのかサッパリ想像できない不安。

追記:
この段階では白色に拘る必要はないですが、塗装前の下地は白色をお勧めします。



>次


<立ち上がり部分を考える>

「側面の立ち上がりをどうするのか?」と悩んだ結果、無難にバルサで囲む方法を取りました。

で、


ただの真っ直ぐな板では面白みがないので、海っぽいデザインにしてみます。



胡散臭い自称デザイナーが考えそうな形になりました。


>次


<ボツ人形の再利用>

最初に作り始めて「サイズが気に入らん!」と、ボツになった人形で水着の練習。
ノリと勢いで知波単学園にありがちな髪型をセット。



せっかくなので、展望塔に入ってもらうことにしました。

が、しかし・・・

ご覧の画像、実は既に内部に仕込んでいるのですが、例によって全く見えませんね。
肌色に塗ったら少しは見えますかね。見えませんかね。(´・ω・`)




 

| ガルパン無印 | comments(0) | trackbacks(0) |
1/72二式カミ<10>


当ブログを見た嫁はんに、
「オマエはスポーツを何やと思とんじゃ」
と、恒例の質疑をいただいたので、
今回は「肉体美」とだけ返しておきました。


暑い日が続きますが、脳が模型の刺激を求めだしたので、通常運転を再開致します。


<海を作る>

前回までの工程
1,スタイロフォームに直接、海面を彫刻。
2,構図変更に伴い、エポパテや紙粘土で穴や波の位置を修正。
3,グロスポリマーメディウムを塗って、表面を少し滑らかに。



で、記事によるとその上から「ペーパータオルを貼り付ける」とあるのですが、
作業の目的に鑑みて「ティッシュでもエエやろ」ということで、ティッシュを貼り付けます。



こんな感じでグロスポリマーメディウムを糊の代わりに使用します。



白濁液でベトベトになったティッシュ。
要は、表面がヌルテカになればよいワケでありますな。

ここで「側面の立ち上がりをどう処理するか?」と考えたのですが、
素直にバルサで囲むとか、なにか、こう、ほら、そうそう、まぁ、どないかなるやろ・・・と。



さて、記事の手順通りに進めますと、
更にガッシュの白色を塗り重ねるそうなので、そのまんま真似してみます。



これは、サフの代わりとういうか、デコボコを確認しやすくする為らしく、
乾燥後、表面にデコボコがあればヤスって均そう!的な事が書いてあるのですが、
ガッシュは勿体無いし、どうせヤスるなら「石膏じゃダメなんですか?」と脳内レンホウ。
ぶっちゃけ、ここは石膏でも粘土でもイイと思います。

表面がツルツルになったら、いよいよ塗装であります。


 

| ガルパン無印 | comments(4) | trackbacks(0) |
1/72二式カミ<9>


>前回からの続き

「もう、オアシスは陸上にしか残っていないのか・・・」

と、項垂れながら女子バドミントンを見て気付いたワケです。
「露出が少なくても隠し方次第で非常に魅力的になる!」と。
一枚の生地で覆われた外観に意味があり、中身が何であるかは問題ではないのです!

そして悟りました、なるほどプラモデルも同じではないか!と。(´・ω・`)



<後部フロート>

後部フロートは左舵の操舵装置以外は一体成型となっております。



で、この右舵の操舵装置のモールドが横から見たら結構アレなので↓↓



雰囲気だけでも出そうと、ルータで溝を掘り込んでみました。


>次


この車体天面のダボ穴が何だったか思い出せず資料を見ますと、
本来、舵を操舵する突起が付いている部分と判明したのですが↓↓



インストにも単なる穴として記載されており、勿論、パーツも御座いません。



そこで、ソレっぽく再現するべくパーツを模索していたところ、
1/35ドイツ軍の手榴弾の柄の辺りが使えそうなので適当にカットして↓↓


形状はかなり違いますが、
何もせんよりはマシでありましょう。


>次



消音器も細かく再現されているのですが、排気口が埋まっているのは我慢ならないので、
ルータでカリカリ削り込みまして↓↓


もうちょっとキレイに出来そうなモンではありますが、
何もせんよりはマシでありましょう。


>次



サフを吹いて塗装前チェックをしておりますと、車体側面の繋留用の突起が無いことに気付き、



「詰めが甘いぞドラゴンさんよ・・・」と恨み言を呟きながら、
ソレっぽいサイズのリベットの頭を平らに加工しまして↓↓



かなり変ですが、
何もせんよりはマシでありましょう。

因みに、この突起は潜水艦への搭載時に車体を固定する役割や、
デリックによる吊り上げ時に使用する物だそうです。




話は戻りますが、
アーチェリーは帽子次第でもっと人気が出ると思っているのですがどうでしょう。
あと「高速水着」と聞いて「拘束水着」を想像するのは僕だけでしょうか?(´・ω・`)

 

| ガルパン無印 | comments(4) | trackbacks(0) |
1/72二式カミ<8>


ミーでハーな私は毎度毎度、五輪というだけで、
普段、全く興味もない競技を見ながら熱くなって御座いますが、
これまた毎度毎度、現行の女子競泳水着は即改正すべきと思うのであります。

あのカタチ、女子水泳の魅力が9割減じゃないですか。一体、何を見ろって言うんですか。
要するに、アテネで見せた女子排球ギリシャ代表ぐらいの気合が見たいのです!
でも、ビーチバレーぐらい意図的になると、それはそれでダメなんです!
似たような理由で、フィギュアや体操も殆どダメです。そうじゃないんです!
絶妙なシチュエーションというのがあるんです!素人感が大事なんです!!うわぁぁぁぁぁん!!


・・・さて、心を鎮めるべく製作を進めます。


<砲塔>

1/72でこの解像度は脅威であります。

・・・が、


防盾の主砲取り付け用のホゾと↓



主砲のダボが全く噛み合いません。
形が違うだけにとどまらず、深さまで違うので切り飛ばすしかありません。
この辺り、広大な大地で培った悠久の歴史を感じずにいられません。


<主砲周り>

防盾や機銃など、取り付けに少し調整が必要な部分もありますが、素晴らすぃです。



特にこの主砲の。。。軸?
このパーツは、ハ号やチハにもあるモノで、未だにファインMも1/35で再現出来ていない部分を、
平然と1/72でやってのけるッ!そこにシビれる!あこがれるゥ!


>次


<白ビキ西>

結局、前回作ったモノは「ちょいデカイ」という理由でボツとなりまして、
更に小さく、新規で作り直しております。
今回は、修練を兼ねて目と眉毛のガイドも付けてみましたが、変なので多分削ります。



そして話は戻りますが、
金メダルおめでとうございます。


 

| ガルパン無印 | comments(0) | trackbacks(0) |
中二の男子と第6感<第3巻>

 


我が敬愛する福満先生の新刊が、
全く気付かぬウチにそっと出ていたので買ってきました。



ついに主人公である「中二の男子」が表紙から消えました。


>前回までのあらすじ


イジメ不登校を打開すべく特訓を重ねて、なぜか大人の階段を登る主人公。


<今巻の見どころ>





女性の前で不意におっきしてしまったら、これで解決!


>次


不可能です。


>そして


福満作品といえば、この長ったらしい「あとがき」こそが本編なのですが、
本作では1巻、2巻と、この「あとがき」が無く、某密林でも抗議の声が上がっておりまして、
どうやらその”声”が直接目に止まったらしく、今巻から掲載されることになりました。めでたい!



 

 


エロマンガではありません。
中二が頑張ってチョット悪い連中に立ち向かう熱血青春ストーリーです。

 

 

 


 

 

 

 

| アニメ、コミック感想 | comments(0) | trackbacks(0) |
1/72二式カミ<7>


暑いです。
海で遊びたいです。

そんなワケで、擬似マリンレジャー。


<排水管>

スケールの関係で、シカタナイネな一体成型となっている排水管。
本来、エンジンルームに浸水した水を汲み上げて吐き出すパイプなのですが、
このままじゃ粗末なチ◯コみたいなので作り直します。



新選組の真鍮パイプに針金を突っ込んで気合で曲げます。
真鍮パイプは各メーカーから色々なサイズが出てますが、肉厚の薄さで選ぶなら新選組オススメ。



やや長い気もしますが、大人になったということでヨシとします。


<前照灯>

後期型の特徴の一つである前照灯。
元パーツはムクだったのでルータで繰り抜きました。



透明プラバンでレンズを作って仮合わせ。



これでバッチリ後期型であります。


<後部フロート>

後部フロートの溶接ラインですが、確認出来る範囲では”片面一本”となっております。
パーツでは金型の関係で紛らわしい線が入っていて、ご丁寧にインストにまで表示されていますが、
丸で囲った部分は要らない線です。

とか言って過去に作った1/35では片面2本で仕上げてるんですが、多分間違い。
あと、後面にも一本あるので、左右と後部の全3本ではないかと思います。

車体の画像は結構ありますが、フロートってあまり見ないですよね。

 

| ガルパン無印 | comments(2) | trackbacks(0) |
ガルパンアンソロ「SIDE:継続高校」、エンサイクロペディア改訂版

 



本日「エンサイクロペディア改訂版」と、延期に延期を重ねた「SIDE:継続高校」が到着しました。
もうオジサン、偉そうに風邪など引いている場合では御座いませんっ!


<SIDE:継続高校>

「エラい毒の抜けたミッコやな!(右端)」と思ったら西住殿でした。

すっかりお馴染み「SIDE:○○」シリーズ。
残るは「大学選抜」と大トリに「大洗」という流れでしょうか。
※因みにミッコは裏表紙にいます。



カラーイラストの先生方。



漫画担当の作家陣。



ミッコ可愛いよ!ミッコ!・・・って腕ながっ!

それでは、以下、管理人の気になった所だけをピックアップ↓


 

 

続きを読む >>
| アニメ、コミック感想 | comments(0) | trackbacks(0) |
1/72二式カミ<6>


いや、蒸しぃで御座います。

私はちょっと季節を先取りして風邪など引いてみたのですが、
葛◯湯と風邪薬を同時に投与するとブリブリ回復するので、まるでゲームのようでありますな。

そんな感じで、ゲホゲホいいながら僅かに進めていきます。


<取っ手>

さて、車体天面には合計8つの取っ手があるのですが、ご覧のように全て一体ムクなので、
真鍮線にて作り直すことに・・・


でも、このサイズで、同じ大きさに加工するのは大変やなぁ、ということで!


↓↓

鬼才モデラーRS氏にお借りした、このスター駆逐艦の如きアイテムを試してみました。



構造は至って単純な道具なのですが、これがなかなか素晴らしい活躍ぶりであります!
同じサイズで量産出来るってイイですね!



まぁ問題は、ソレを打ち込む為の穴の間隔がアバウトだと、結局バラついて見えるというね・・・



>次


<問題の海ベース>

構図的に「もうチョット前か?」など、色々悩んで、削り直したりしてるうちに、
あちこち変更点が出来てきて、エポパテやら紙粘土も動員して、ゴソゴソやっとります。
表面を水っぽくする前に、何度か塗装するので多分大丈夫でしょう。


多分。

 

| ガルパン無印 | comments(4) | trackbacks(0) |
| 1/157PAGES | >>