過去記事テーマ別

管理人の買った物一覧

私家版戦車入門1: 無限軌道の発明と英国タンク
私家版戦車入門1: 無限軌道の発明と英国タンク (JUGEMレビュー »)
モリナガ ヨウ
世界初のタンク(戦車)が如何にして誕生し、どのような問題を乗り越えて進化して来たのか?蒸気トレーラーから英国の菱型戦車、ホイペットまでをまとめた決定版。
ガン&ガール イラストレイテッド 第二次大戦枢軸国編 (MC☆あくしずMOOK)
ガン&ガール イラストレイテッド 第二次大戦枢軸国編 (MC☆あくしずMOOK) (JUGEMレビュー »)

WW2枢軸陣営の小火器を紹介した女子イラスト付きのマジメな本。読みやすい構成で初心者にもオススメ。
大日本帝国陸海軍〈2〉―軍装と装備 明治・大正・昭和
大日本帝国陸海軍〈2〉―軍装と装備 明治・大正・昭和 (JUGEMレビュー »)
中田 忠夫
ややカタログっぽく編集されており、被服の細部(内側や背面など)を知ることは出来ませんが小物や拳銃、生活用品までかなりの数が全て写真で網羅されています。
The Soviet Soldier of World War Two
The Soviet Soldier of World War Two (JUGEMレビュー »)
Phillippe Rio
WW2ソ連兵の兵装を実写カラーでドカンと紹介。よほど特殊な設定以外この一冊で十分です。オススメ!全編英語
ストライクアンドタクティカルマガジン増刊 日本陸軍の戦車 2010年 11月号 [雑誌]
ストライクアンドタクティカルマガジン増刊 日本陸軍の戦車 2010年 11月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)
古是 三春,鈴木 邦宏,土居 雅博
最新の考証を元に八九式を中心に旧軍戦車を各型解説。写真やイラストも豊富で内装なども参考になります。オススメ!
Deutsche Soldaten: The Uniforms, Equipment and Personal Effects of the German 1939-1945
Deutsche Soldaten: The Uniforms, Equipment and Personal Effects of the German 1939-1945 (JUGEMレビュー »)
Agustin Saiz
これは凄い量の実物コレクション!ブーツやガスマスクなど一般的な装備品のバリエーションは勿論、マップケースの中身に時計やタバコまで、ドイツ兵の持ち物を殆ど網羅!巻頭から巻末までオールカラー写真で資料的価値抜群。オススメ!
※全編英語
図解 ヘビーアームズ (F-Files No.017)
図解 ヘビーアームズ (F-Files No.017) (JUGEMレビュー »)
大波 篤司
機関銃や迫撃砲、バズーカにロケットランチャーなど使用方法や各部品の意味など一問一答でスッキリ解説。銃器ビギナーの人に超オススメ。
Vision models 1/35スケール  【VA-9003】 帝国陸軍 九七式
Vision models 1/35スケール  【VA-9003】 帝国陸軍 九七式 (JUGEMレビュー »)

チハ系キットには欠かせないキャタ。価格、組み易さ、解像度も申し分ない定番商品。
末期の水物兵器集
末期の水物兵器集 (JUGEMレビュー »)
こが しゅうと
若干クセのある漫画と文章で、旧海軍兵器の中でもマニアックな物を局所的に徹底紹介!他のシリーズも濃イィ内容!
戦う広告―雑誌広告に見るアジア太平洋戦争
戦う広告―雑誌広告に見るアジア太平洋戦争 (JUGEMレビュー »)
若林 宣
戦時中に国内で使用された広告を年代ごとに紹介。当時の世相が分かる他に類を見ない貴重な資料。
British Web Equipment of the Two World Wars (Europa Militaria)
British Web Equipment of the Two World Wars (Europa Militaria) (JUGEMレビュー »)
Martin Brayley
英軍歩兵の装備品をカラー写真で紹介。色味やバリエーションを知るには良書ですが武器類は無し。価格的にもオススメ!
※全編英語
Stalin's War: Soviet Uniforms And Militaria 1941-45
Stalin's War: Soviet Uniforms And Militaria 1941-45 (JUGEMレビュー »)
Laszlo Bekesi
コレクターが集めたWW2ソ連軍の装備品や階級章のカラー写真集。マニアにとってはかなり薄い内容だが、ソ連軍初心者にはそこそこ資料的価値アリ。
※全編英語
第2次大戦ドイツ軍装ガイド
第2次大戦ドイツ軍装ガイド (JUGEMレビュー »)
ジャン・ド・ラガルド
オール実写による軍装ガイド。これ一冊で殆んどの正規バリエーションが把握できます。
ノーブル バックレスキューベルトチタン L(腰周り:78~94cm) 黒
ノーブル バックレスキューベルトチタン L(腰周り:78~94cm) 黒 (JUGEMレビュー »)

椅子に座ってると腰が痛い!
ってな人は試す価値アリ!
個人的には相当の効果を実感しています。
鋼鉄の最精鋭部隊―千葉戦車学校・騎兵学校 (日本陸軍の機甲部隊 1)
鋼鉄の最精鋭部隊―千葉戦車学校・騎兵学校 (日本陸軍の機甲部隊 1) (JUGEMレビュー »)

貴重な日本戦車の写真集です!戦車学校での訓練風景で構成され、全体の半分以上がチハ主体の写真ですがネットでは見られないレアなものばかり!チハファンは必携!
ドキッ乙女だらけの帝國陸軍入門
ドキッ乙女だらけの帝國陸軍入門 (JUGEMレビュー »)
堀場 亙,岡本 博信
萌えだと思って期待したらハズレですのでご注意を…列記としたミリタリー本です。
TUNODA 薄刃ミニニッパー 120mm TM-02
TUNODA 薄刃ミニニッパー 120mm TM-02 (JUGEMレビュー »)

某プラモメーカーから発売されている物のOEM版なのでプラモ制作に抜群の性能!しかも格安!
Les MAteriels radio de la Wehrmacht: German Radio Sets 1935-1945
Les MAteriels radio de la Wehrmacht: German Radio Sets 1935-1945 (JUGEMレビュー »)
Pierre Metsu
大戦中のドイツ軍無線機を全機種カラー写真で紹介。残念ながら和訳はないですが英訳はアリ。(値段が…)
陸軍機甲部隊―激動の時代を駆け抜けた日本戦車興亡史 (〈歴史群像〉太平洋戦史シリーズ (25))
陸軍機甲部隊―激動の時代を駆け抜けた日本戦車興亡史 (〈歴史群像〉太平洋戦史シリーズ (25)) (JUGEMレビュー »)

モデラー目線のディティール考察には向きませんが、日本戦車がどのように発展し各地でどう戦ったかを知るには良書。
Modelling the Marder Self-Propelled Gun (Osprey Modelling)
Modelling the Marder Self-Propelled Gun (Osprey Modelling) (JUGEMレビュー »)
Sam Dwyer, Robert Oehler

マーダー1,2D,3r,3M,3H のディティールアップ製作ガイド。
外人サンのテクを盗めます!
泥まみれの虎―宮崎駿の妄想ノート
泥まみれの虎―宮崎駿の妄想ノート (JUGEMレビュー »)
宮崎 駿
エース「オットーカリウス」の手記を元に末期ドイツ軍の泥沼の戦いを描写。
今までの「戦車感」が変わるかも?
第2次大戦各国軍装全ガイド (ミリタリー・ユニフォーム)
第2次大戦各国軍装全ガイド (ミリタリー・ユニフォーム) (JUGEMレビュー »)
ピーター ダーマン,マルカム マクグレガー,ピエール ターナー
WW2各国陸海空の軍服図鑑。
膨大な数だが、浅く広くといった感じなので、一国を集中的に調べたい人には不向き。
日本戦車隊戦史―鉄獅子かく戦えり
日本戦車隊戦史―鉄獅子かく戦えり (JUGEMレビュー »)
上田 信
帝国陸軍戦車部隊が各戦線でどのように戦ったのか、図解を交えて年代ごとに相手装備と比較しながら紹介。
イラスト中心なので文章が苦手な人でも大丈夫!(写真は無し)
ビジュアルガイド WW2戦車〈1〉電撃戦
ビジュアルガイド WW2戦車〈1〉電撃戦 (JUGEMレビュー »)
川畑 英毅, 吉原 幹也
WW恐そ戦線好きなら持っておきたい一冊。
ドイツ、ソ連は勿論、フランスやポーランド等、欧州のあらゆる戦闘車両を広く浅く紹介。マイナー車種など豆知識にいいかも。
アハトゥンク・パンツァー〈第7集〉1号戦車、2号戦車と派生型編
アハトゥンク・パンツァー〈第7集〉1号戦車、2号戦車と派生型編 (JUGEMレビュー »)
尾藤 満
言わずと知れたモデラーの為の資料本。 詳細図と写真で各型を詳しく解説。
四式自走砲「ホロ」<6>




ここ最近、色々と嫌な事件やら、嫌な文政権やら御座いますが、
チョロチョロ作業を進めてまいります。完成〆切り目標まで10カ月を切ってますからね!



さて、取り敢えず『風呂』の肝となる桶部分が仕上がりました。
陶器感を出すために、ラッカー超厚塗りで御座います。


そして、


風呂と言えば?


せ〜の!



椅子!!
この素敵アクセサリは、模型仲間のMOMC氏がデジタル造形で作成した1/35オリジナル仕様の、
男性なら皆ご存知であろう”特殊浴場”で使用される専用介護椅子である!
今作のテーマに一花添えてみないか?と快く提供して頂きました。有難うございます。


が、しかし



理想の黄金味が出せない!
こうね、金ラメでプラスチッキーな、人を小馬鹿にした様なチープ感が欲しいんですよ。

で、2秒ほど逆立ちしてひらめいた、100均のネイルアートのヤツを塗っても・・・


ラメのスケール感が全然違う!
※底面のゴム板は0.5プラ板で再現しました。



とまぁ、椅子の仕上げは追々考えながら色々やってみるとして、



結局、この直接照準みたいな柵は、ドコにどのように取り付けていたのかがハッキリしなくて、
例によって、溶接とかじゃなく、リベットネジで固定していたのであろうと想像するも、
それにしても角度とか位置とか、シックリ来ないでモヤモヤしております。
 

| その他のキャラ、架空モノ | comments(1) | trackbacks(0) |
四式自走砲「ホロ」<5>


さて、開始より随分と月日が流れてしまいましたが、
「ぼちぼち格好付けなアカンやろ!」という事で、
今作の主役である『賢狼ホロ』を追い込みます。(なんか10周年らしいしね!)




ボディは何度かポーズ調整をしましたが思いの外サクサクと進み、女子人形のキモである髪を付けていきます。
私の場合、まず前髪から作って全体のバランスを想像しながら横髪、後ろ髪と進めます。



基本の前後分割。
パテ同士の接着を避ける為、くっついて欲しくない箇所にはメンタムを塗りながら作業。



完全硬化したら、慎重に解体しますよ・・・



珍しくどこも破損せずに解体出来ました。
この状態から髪の内側などを磨いたり、組み立ててバランス見たりを繰り返すワケですが、
その時に、パーツの仮固定で重宝するのが↓


『ピットマルチ』(´◉◞౪◟◉)
100均の両面テープほどの粘着力で、一度塗っておけば何度も着脱可能な便利ノリ。簡単で重宝します。
 

 

 


そうこうしながら、ほぼ完成状態となってきましたので、記念撮影しときます。
塗装したら「なんか思ってたのと違う・・・」ってパターンが多いですからね!




横髪と尻尾を使った定番の自主規制。(外に出すなら凹凸部を隠せ!)
二次元では当たり前の”謎の光線”や”湯煙”と言ったモザイク、なんと三次元の世界では発生しません。
なので、実際には凸や凹を造形していなくても、展示会でつまみ出される可能性があるので要注意です。







細かい所はまだ磨き足りませんが、やっと完成の目途が立って肩の荷が下りた気分。
人生初のスッポンポンでしたが、やれば何とかなるモンですね。
(賢狼ホロが完成しなかったら、ただの四式ホロになっちゃうからね!)


でも、やっぱり着衣でパーツ分割できる方がラクチンでエエなぁ・・・(´・ω・`)



つづく
 

 

 

| その他のキャラ、架空モノ | comments(2) | trackbacks(0) |
四式自走砲「ホロ」<4>


夏が近い!


というワケで、重巡エクセターもそろそろ仕上げていきたいなぁ・・・などと思いつつ、
梅雨空の中、まだ『海だぁ〜!イエッフゥ~☆彡』みたいな気分にもなり切れないので、

来年の静岡(2020)に向けて、フロを進めてまいります。
※当記事は『四式自走砲ホロ』の制作に際して何の参考にもなりませんので、ご理解の上、閲覧して下さい。



突如、”お風呂”を積む案が天から降ってきて、急遽ゲットしたHaulerのバスルームセット。
ガレージキット特有のアバウトな説明書で御座います。(まぁ、見れば大体分かりますが…)



風呂桶と足パーツ。
ビギナーの方は、まずこの「パーツを切り出す」ところで悩んでしまうと思いますが、
こういう時こそ、各ノコギリツール(薄〜いヤツ)が役立つので、是非お試しください。



パーツの取り付け位置は「箱の写真見てイメージしてね」方式。
自分でアタリを付けて、あとは努力と感性で頑張るしかありませぬ。



苦労して足を生やすと、途端に小憎たらしい容姿に。


>次


さて、砲弾箱の位置にそのまま風呂を設置すると、このように斜めになってしまい、
浸かり心地が悪いだけでなく、発進する度にお湯がこぼれて勿体ない精神に反するので、フラットにします。



バルサ材で適当な下駄を自作。



隙間を設けることで、少しでも吸気口を塞がないよう配慮。



施工完了!

水平になり、お湯の代わりにロマン溢れる姿になりましたね!(´・ω・`)


因みに、使用している履帯は毎度お馴染みヴィジョンモデルの九七式用。
側面の肉抜きモールドが素晴らしく、カステンに比べると組み立てもラクチンな決定版で御座います。
(最近は金型が傷んできたのか少々バリが目立つ)


つづく

 

| その他のキャラ、架空モノ | comments(0) | trackbacks(0) |
ストロボの使い方テスト


さて、急性物欲病の如く新カメラを購入したワケでありますが、
単に『防塵防滴』機能が欲しかっただけでは御座いませぬ。


それが!

OLYMPUS『FL-LM3』
そう、ストロボで御座います!『M5Mk2』にはこのストロボが標準で付属するのであります!

とは言え、撮影現場で見るような本格的な物ではなく、普通のコンデジに備え付けられている程度の物。
前機『M10Mk2』ならば、ファインダーの正面部がパカッと開いて内蔵ストロボがコンニチワ!したワケで、
過去の私なら「わざわざ外付けにして、邪魔やし手間なだけやん」などと申していたことでしょう・・・

しかし、色々と撮影について勉強しておりますと、『バウンス撮影』なる技法に行き当たり、
「ストロボは正面から直射するだけではないのだよ坊や」みたいな、軽いカルチャーショックを受け、
この付属ストロボが『バウンス撮影可能』と知り、今回のカメラ購入をグッと後押した次第。
(チョット試す為だけに単品で買う余裕は無いからね!)


果たしてどんな感じになるのか、とにかくやってみましょう↓



まずは普通に、室内灯(天井の蛍光灯)と作業用スタンドライト1灯で撮影。
可もなく不可もなく、いつも通り、普通の感じですね(´・ω・`)

※室内灯が電球色で、作業灯が昼白色なので2色の光が混ざっていますが、テストなので気にしないで下さい。


>ストロボON

コンデジやスマホで「フラッシュ撮影」をやると、構造上、被写体に対し正面からの直射しか出来ません。
※簡易的な工夫は出来る

で、


こんな感じの失敗写真が生まれ「フラッシュ使えねぇwww」なんて思った方も多いハズ。(私です)


それでは、バウンスとやらをやってみましょう↓


まず、光る部分を上に向けます。
はい!コレが出来るかどうかが、ストロボの実用価値を測る重要部分なのであります!
これは模型撮りに限ったことではなく、室内撮り全般で役立つスペックとなります。



天井から反射したストロボ光が万遍なく被写体を照らしております。(心なしかキメ細かくなった気も?)
環境によっては、照明のみの場合よりシャッターを速く出来るので、薄暗い部屋で安い三脚使用時に少し安心。
天井の高さや壁面の色の影響も受けますが、室内灯+LED照明1灯で普通に撮影が出来そうですね。

因みに、普段は室内灯+LED照明×2+簡易レフ板+場合によって小型LEDスポット使用、という構成で撮ってます。


>次
この『FL-LM3』は左右180度の首振りも出来るので、変則的なバウンスもやってみませう。
ストロボ光を右の壁にぶつけてみます。



エリカ様の視線と光の向きがマッチしてドラマチックになった!・・・気がする!
自由に動かせる照明器具が無い場合、特定の演出として使えそうですね!


さて、先ほど「左右180度首を振る」と申しました。
ということは、後ろ向きにも照射できるというワケで↓


この様に、俯瞰で天井バウンスさせたい時にも効果を発揮するワケで御座います!

見比べてみませう↓


俯瞰で天井バウンスを行った場合、実質、正面に近い角度から光を当てて撮ることになり影が消えます。
例えば「夕暮れ時(明け方)」などを演出したい場合は、一方向から照明を当ててワザと影を作ることで、
作品に時間帯や、情景次第では方角なんかも表現できるので、先程のように側壁バウンスにするなど工夫が必要。
どちらが良い悪いではありませんが、ストロボを使うと全体的にまとまった絵になりやすいですね。


<感想>
室内での模型撮りに限れば、一般の家庭用照明機器でも十分に撮影は出来ますので、普段、模型や旅先の風景を撮るだけなら「無いと困る!」ってな道具でもありませんが、あったら撮影の幅が広がるのは確かで御座います。
※特に女子人形メインの人には重要アイテムかも知れない
 


発光量はそれなりなのでガチ撮りには向かないと思いますが小物撮りには十分。
使用可能カメラについては商品レビューなどお調べ下さい。




----追記----

バウンス撮影は光が反射する壁面が多いほどドカン!と効果を発揮するで!というワケで、
試しにクロゼットの中で撮ってみました。


室内灯のみ・レフ板×1・焦点距離12mm(換算24)・ISO800・シャッター1/125・F10・手持ち撮影。

服をどけて、右側にレフ板(段ボールにアルミホイルを貼った物)を立てて、クロゼットの扉を半閉じにして、
適当に戦車置いてカメラ手持ちで撮ってみましたが、結構明るく撮れますね!
クリップライト1灯足せば、もう少し絞り込んで砲口付近までピントを合わせられそうです。

 

| 資料、道具、実験 | comments(2) | trackbacks(0) |
何故かカメラを買ってしまった話


その日、レンズを物色していたつもりが、何故かカメラごと買ってしまう不思議な事態に。
なんでしょうね、電化製品がお求めやすい時期もあってなのか、魔が差したというか、
いや、ネットでレンズのレビューを見ていただけなんです。山とかカメラ好きな方のブログを…



先人たちの記事を色々と読みながら、手持ちのレンズ構成やらカメラ本体の弱点なんかを見直しておりますと、
まず「野外でレンズを付け替えるリスクと手間を省くため、1本にまとめる」という当たり前の発想に至り、
その答えとなるアイテムは、もう随分前から分かって・・・いや、最初から知ってて逃げていた!(金銭的に!)


はい!それがコチラ↓

Olympus ED12-40 F2.8 PRO 

もうコレ定番中の定番でして、広角から標準域までのF2.8通しレンズ。(35mm換算24-80)
オリ使いなら誰もが一度は手にする(かも知れない)大三元レンズの一つであります。
所有する6本の内、3本を合体させて、更に超解像で防塵防滴という最強レンズなのでありますが、
故にお値段も、軽くその3本の合計ぐらいするワケで、オマケに重量もサイズもグレードアップ。
しかし、この1本で私の欲する画角の8割を最高画質で賄えてしまうのですから、納得の終着点と言えましょう。

で、本来ならば、このレンズを中古でお安く買ってミッション完了だったのですが、
今まで使っていた『M10Mk2』の「防塵防滴非対応」と「使用可能温度0度〜」に限界を感じており、
1つ上の『M5Mk2』なら『雨でもOK』『-10度から動作保証』と、これまた夢の桃源郷がチラリズム。。。
(冬山で吹雪かれた時に動かなくなったり、突然雨に降られて焦った苦い思い出がよぎる)



もうすぐ後継機が発表されるらしいけど、底値は大して崩れないオリンパス。。。(19年7月現在)

お金は有限だよ・・・M10Mk2も全然普通に使えるのに買い替えなんて勿体ないよ・・・

いやでも、今ならレンズ単品価格に諭吉先生2人ほど追加でカメラ本体が付いて来るよ!←金銭感覚が麻痺している

出費は他にもあるよ・・・模型も登山も”お金が掛からない趣味”だなんて大ウソだよ・・・

似たような色カタチやし、黙ってれば家族にもバレないよ!←自分の金やのに何故か罪悪感がある

などと悩むこと約25分。

もう、どうせ欲しいなら今やろ!悩んでる時間が勿体ないわっ!
買え!買うんだジョー!!(。-`ω-)
はい、ポチッとな!




・・・




二日後、気付けばこんな物が机の上に。
代わりに、今まで使い込んできたM10Mk2とレンズ3本がドナドナとなり、
諭吉先生の出家は、なんとか小遣いの範囲内で済んだといいます。(只今、賢者モード発動中)

まだあまり試写してませんが、現時点で実感しているのは、
「マジで画質はレンズで決まる」「5段分の手ブレ補正は想像以上にスゴイ」であります。

 


物の価値を多角的に理解した上で「欲しい!」と思った時、
買わない理由が”値段”なら、コイツは飛び込んでみてイイと思います

 

 

 

| 資料、道具、実験 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/352PAGES | >>