過去記事テーマ別

管理人の買った物一覧

私家版戦車入門1: 無限軌道の発明と英国タンク
私家版戦車入門1: 無限軌道の発明と英国タンク (JUGEMレビュー »)
モリナガ ヨウ
世界初のタンク(戦車)が如何にして誕生し、どのような問題を乗り越えて進化して来たのか?蒸気トレーラーから英国の菱型戦車、ホイペットまでをまとめた決定版。
ガン&ガール イラストレイテッド 第二次大戦枢軸国編 (MC☆あくしずMOOK)
ガン&ガール イラストレイテッド 第二次大戦枢軸国編 (MC☆あくしずMOOK) (JUGEMレビュー »)

WW2枢軸陣営の小火器を紹介した女子イラスト付きのマジメな本。読みやすい構成で初心者にもオススメ。
大日本帝国陸海軍〈2〉―軍装と装備 明治・大正・昭和
大日本帝国陸海軍〈2〉―軍装と装備 明治・大正・昭和 (JUGEMレビュー »)
中田 忠夫
ややカタログっぽく編集されており、被服の細部(内側や背面など)を知ることは出来ませんが小物や拳銃、生活用品までかなりの数が全て写真で網羅されています。
The Soviet Soldier of World War Two
The Soviet Soldier of World War Two (JUGEMレビュー »)
Phillippe Rio
WW2ソ連兵の兵装を実写カラーでドカンと紹介。よほど特殊な設定以外この一冊で十分です。オススメ!全編英語
ストライクアンドタクティカルマガジン増刊 日本陸軍の戦車 2010年 11月号 [雑誌]
ストライクアンドタクティカルマガジン増刊 日本陸軍の戦車 2010年 11月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)
古是 三春,鈴木 邦宏,土居 雅博
最新の考証を元に八九式を中心に旧軍戦車を各型解説。写真やイラストも豊富で内装なども参考になります。オススメ!
Deutsche Soldaten: The Uniforms, Equipment and Personal Effects of the German 1939-1945
Deutsche Soldaten: The Uniforms, Equipment and Personal Effects of the German 1939-1945 (JUGEMレビュー »)
Agustin Saiz
これは凄い量の実物コレクション!ブーツやガスマスクなど一般的な装備品のバリエーションは勿論、マップケースの中身に時計やタバコまで、ドイツ兵の持ち物を殆ど網羅!巻頭から巻末までオールカラー写真で資料的価値抜群。オススメ!
※全編英語
図解 ヘビーアームズ (F-Files No.017)
図解 ヘビーアームズ (F-Files No.017) (JUGEMレビュー »)
大波 篤司
機関銃や迫撃砲、バズーカにロケットランチャーなど使用方法や各部品の意味など一問一答でスッキリ解説。銃器ビギナーの人に超オススメ。
Vision models 1/35スケール  【VA-9003】 帝国陸軍 九七式
Vision models 1/35スケール  【VA-9003】 帝国陸軍 九七式 (JUGEMレビュー »)

チハ系キットには欠かせないキャタ。価格、組み易さ、解像度も申し分ない定番商品。
末期の水物兵器集
末期の水物兵器集 (JUGEMレビュー »)
こが しゅうと
若干クセのある漫画と文章で、旧海軍兵器の中でもマニアックな物を局所的に徹底紹介!他のシリーズも濃イィ内容!
戦う広告―雑誌広告に見るアジア太平洋戦争
戦う広告―雑誌広告に見るアジア太平洋戦争 (JUGEMレビュー »)
若林 宣
戦時中に国内で使用された広告を年代ごとに紹介。当時の世相が分かる他に類を見ない貴重な資料。
British Web Equipment of the Two World Wars (Europa Militaria)
British Web Equipment of the Two World Wars (Europa Militaria) (JUGEMレビュー »)
Martin Brayley
英軍歩兵の装備品をカラー写真で紹介。色味やバリエーションを知るには良書ですが武器類は無し。価格的にもオススメ!
※全編英語
Stalin's War: Soviet Uniforms And Militaria 1941-45
Stalin's War: Soviet Uniforms And Militaria 1941-45 (JUGEMレビュー »)
Laszlo Bekesi
コレクターが集めたWW2ソ連軍の装備品や階級章のカラー写真集。マニアにとってはかなり薄い内容だが、ソ連軍初心者にはそこそこ資料的価値アリ。
※全編英語
第2次大戦ドイツ軍装ガイド
第2次大戦ドイツ軍装ガイド (JUGEMレビュー »)
ジャン・ド・ラガルド
オール実写による軍装ガイド。これ一冊で殆んどの正規バリエーションが把握できます。
ノーブル バックレスキューベルトチタン L(腰周り:78~94cm) 黒
ノーブル バックレスキューベルトチタン L(腰周り:78~94cm) 黒 (JUGEMレビュー »)

椅子に座ってると腰が痛い!
ってな人は試す価値アリ!
個人的には相当の効果を実感しています。
鋼鉄の最精鋭部隊―千葉戦車学校・騎兵学校 (日本陸軍の機甲部隊 1)
鋼鉄の最精鋭部隊―千葉戦車学校・騎兵学校 (日本陸軍の機甲部隊 1) (JUGEMレビュー »)

貴重な日本戦車の写真集です!戦車学校での訓練風景で構成され、全体の半分以上がチハ主体の写真ですがネットでは見られないレアなものばかり!チハファンは必携!
ドキッ乙女だらけの帝國陸軍入門
ドキッ乙女だらけの帝國陸軍入門 (JUGEMレビュー »)
堀場 亙,岡本 博信
萌えだと思って期待したらハズレですのでご注意を…列記としたミリタリー本です。
TUNODA 薄刃ミニニッパー 120mm TM-02
TUNODA 薄刃ミニニッパー 120mm TM-02 (JUGEMレビュー »)

某プラモメーカーから発売されている物のOEM版なのでプラモ制作に抜群の性能!しかも格安!
Les MAteriels radio de la Wehrmacht: German Radio Sets 1935-1945
Les MAteriels radio de la Wehrmacht: German Radio Sets 1935-1945 (JUGEMレビュー »)
Pierre Metsu
大戦中のドイツ軍無線機を全機種カラー写真で紹介。残念ながら和訳はないですが英訳はアリ。(値段が…)
陸軍機甲部隊―激動の時代を駆け抜けた日本戦車興亡史 (〈歴史群像〉太平洋戦史シリーズ (25))
陸軍機甲部隊―激動の時代を駆け抜けた日本戦車興亡史 (〈歴史群像〉太平洋戦史シリーズ (25)) (JUGEMレビュー »)

モデラー目線のディティール考察には向きませんが、日本戦車がどのように発展し各地でどう戦ったかを知るには良書。
Modelling the Marder Self-Propelled Gun (Osprey Modelling)
Modelling the Marder Self-Propelled Gun (Osprey Modelling) (JUGEMレビュー »)
Sam Dwyer, Robert Oehler

マーダー1,2D,3r,3M,3H のディティールアップ製作ガイド。
外人サンのテクを盗めます!
泥まみれの虎―宮崎駿の妄想ノート
泥まみれの虎―宮崎駿の妄想ノート (JUGEMレビュー »)
宮崎 駿
エース「オットーカリウス」の手記を元に末期ドイツ軍の泥沼の戦いを描写。
今までの「戦車感」が変わるかも?
第2次大戦各国軍装全ガイド (ミリタリー・ユニフォーム)
第2次大戦各国軍装全ガイド (ミリタリー・ユニフォーム) (JUGEMレビュー »)
ピーター ダーマン,マルカム マクグレガー,ピエール ターナー
WW2各国陸海空の軍服図鑑。
膨大な数だが、浅く広くといった感じなので、一国を集中的に調べたい人には不向き。
日本戦車隊戦史―鉄獅子かく戦えり
日本戦車隊戦史―鉄獅子かく戦えり (JUGEMレビュー »)
上田 信
帝国陸軍戦車部隊が各戦線でどのように戦ったのか、図解を交えて年代ごとに相手装備と比較しながら紹介。
イラスト中心なので文章が苦手な人でも大丈夫!(写真は無し)
ビジュアルガイド WW2戦車〈1〉電撃戦
ビジュアルガイド WW2戦車〈1〉電撃戦 (JUGEMレビュー »)
川畑 英毅, 吉原 幹也
WW恐そ戦線好きなら持っておきたい一冊。
ドイツ、ソ連は勿論、フランスやポーランド等、欧州のあらゆる戦闘車両を広く浅く紹介。マイナー車種など豆知識にいいかも。
アハトゥンク・パンツァー〈第7集〉1号戦車、2号戦車と派生型編
アハトゥンク・パンツァー〈第7集〉1号戦車、2号戦車と派生型編 (JUGEMレビュー »)
尾藤 満
言わずと知れたモデラーの為の資料本。 詳細図と写真で各型を詳しく解説。
ワニで来たわに<5>


とりあえず、今年も言います。

「一年、アッちゅう間やな!w」

そんな年末、模型意欲もフル充電したので、
逸見エリカのマンイーター、どんどん参ります。



<鞍>

エリカ様の乗る鞍の後ろに、直接荷物を乗せる予定だったのですが、
「流石に手抜きし過ぎやろw」と自戒いたしまして、”荷台”を追加します。

まずは、適当にソレっぽく切ったプラペーパーを仮合わせ。



エポパテでリムを追加。(荷台なのでクッションは内蔵されていない模様)




パテが硬化したら塗装して完成。

校章は「ゼッケンのような取り外し可能な何か」を想定して追加しました。
鞍は基本的に本革製なので、ある程度のツヤがあったほうが”らしく”見えます。
前端のグリップは樹脂製ということで、ツヤ黒で仕上げています。

※黒森峰の校章はモデルカステンのガルパンデカールから使用


次>


<積荷>

荷台の追加に伴い、荷物も作り直します。
天幕かツェルトバーン的な物を、定番のティッシュで作ります。

まずは畳んだティッシュをタコ糸で縛って、クセを付ける作業。



理想の形ができたら、溶きパテで表面を目止め、兼、固めていきます。



布部分とパンツァーファウストはツヤ加減が異なるため、それぞれ別に塗装仕上げ。
最後にプラペーパーで作った固定ベルトを追加して、ひとまず完成。




最後に、どーーーーしても載せたかったマップケースと水筒を追加。

固定ベルトとマップケースは本革なのでエナメルのツヤ黒で、ある程度のツヤ出し。
水筒のカップとフェルトカバーもツヤ加減にメリハリを付けています(つもり)

※パンツァーファウストのステンシルはパッションモデルのデカールP35D-002から使用




最後まで悩んだマップケースの固定方法。

右脳「パンツァーファウストに直接ベルト通して固定とか・・・?」
左脳「いや、それだと咄嗟の時に、いちいちマップケース外すの?」
右脳「そもそも荷台に固定せず、エリカ様の腰にぶら下げたらええやん?」
左脳「それだと見た目がダサくなるし、下手したら太ももが隠れちゃうよ!」
右脳、左脳「却下で(´・ω・`)」

----

などと、30分ほど脳内会議で白熱した議論を交わした結果、
横にベルトを一本追加するだけで、簡単に解消されたという。



 

| ガルパン無印 | comments(1) | trackbacks(0) |
模型博覧会2016へ行ってきた

 


はい!今年も行って参りました「模型博覧会」。

ジャンル問わず、プラモ、既製品、自作、作りかけ、etc…
倫理上の問題がなければ何でもアリの展示会で御座います。


以下、ガルパン、AFVを中心に一部をピックアップ。



 
 

 


  
ガルパンもガンプラの時代。(これは私もやってみたい)


 

 


 
モビルスーツもスク水化の時代。(これは絶対やってみたい!)


 


 

 



例によって、カメラ下手くそで歩留まりが悪く、
ほんの一部しか紹介できませんでしたが、
昨年よりも作品が増えていて、大変面白かったです。



皆様、また来年もよろしくお願いします。

 

 

| 模型イベント行ってみた | comments(0) | trackbacks(0) |
ワニで来たわに<4>


先日、とある鬼才モデラーと「終末のイゼッタ」について語り合ったのですが、

「こんなにガチで人が死ぬと、重くてネタ作品に出来なくて困る」
「そう考えると、ガルパンの”人の死なない設定”というのは本当にイイよね」


と、改めて特殊カーボンの素晴らしさを確認した次第。


そんなワケで、
逸見エリカのブラックウォーター、続きです。


<エリカヘッド>

毎回やり方が変わるので、自分用に備忘録。
兎にも角にも、まずは”芯”で御座います。



先程の”芯”に、更にエポパテを被せて、ザックリとバランスだけ取ります。

今まで「1/35アニメヘッドの目はデカールでエエねん!」と、
頑なに適当造形でやってきましたが、エリカ様は何だかちょっとイケそうな気がしたので、
練習も兼ねて、目も造形することにしました。




輪郭を整えて、表情を決めながら磨いていきます。



唇と顎を決めます。
唇は上唇→顎と造形、それぞれ硬化してから最後に下唇を盛るとラクでした。



目と瞼を同時に作って顔面9割完成。
後から髪の毛が乗る事を想定して、頭部を削り込んでいます。
この時点でバランスがオカシイからと、目の間隔をあまり寄せないよう気をつけます。
「眼と眼の間にもう1つ目玉が入る間隔」を基準にしています。

あとは、磨く前に鼻をもう少し盛るか脳内会議中。




今作、いくらガルパンと言えど、ナマ身は流石に危険なので、
最終的に特殊カーボンを被ってもらう予定。(これで安心)

特殊カーボンは各社1/35の物を比較してみましたが、
リアリティはさておき、一番かっこいいタミヤ製に決定しました。



>次


<2016秋>

提督各位、お疲れ様です。
上記の他に「朝風」と、サボってて持ってなかった「春風」「鹿島」もドロしました。


あとは「山風」「神風」「萩風」「親潮」「嵐」「ポーラ」掘りですね(白目)


 

| ガルパン無印 | comments(2) | trackbacks(0) |
ワニで来たわに<3>

 


逸見エリカのクロコダイルダンディ、続きです。


ところで、なぜワニなのか?
「そもそも元ネタ知らんしwww」という方も多いと思うので、
まずは、そこからご説明いたします。


<元ネタ>

これは、才谷屋龍一先生が手掛ける「ガールズ&パンツァー”フェイズ エリカ”」の告知画像。
全てはここから始まりました。



「奇跡の誤植」として、SNSで瞬く間に広まったこの画像。



翌日、ラコステのシャツが飛ぶように売れたとか、売れなかったとか。


そんなワケで、ワニを作るわに。


<鞍>

前回作った鞍に、クッションリムを追加。
もっと本格的な形状にしても良かったのですが、手間を惜しんで一旦完了。
ワニは水陸両用車両なので、固定具は革ベルトではなくチェーンにする予定。ファンタスティック



鞍だけでは何か寂しいので、OVMを追加します。
基本的に戦車道では”戦車”が相手なので、それに通用する装備を搭載。
一つずつ整合性を図っていきます。



エリカ様の骨格を仮合わせしてバランスを見ます。
問題は、この地上高で”鐙”をどうするか?でありますな。(´・ω・`)



次>




遅れ馳せながら「君の名は」見てきました。

内容は「シックスセンス」ばりに絶対口外出来ませんが、
流石は新海作品、巷の噂通り大変素晴らしかったです。(大○建設の株を買おうと思うぐらいに)

ただ、10歳以下のお子様は面白さが殆ど理解できないと思うので、連れてこない方がイイです。
一通り、恋愛感情とか思春期的な時期を経験してないと、面白さ半減かと思われます。
挙句、途中で退屈してゴネ出すこと請け合いです。
ジブリ的な感覚で連れてくると、苦労するのは親御さんです。
ええ、そりゃあもう大変だったですよ、お隣さん。


ともあれ、近年の日本のアニメ映画は大アタリが続きますね!

さて、この流れで「劇場版 艦これ」はどうなのか!
そろそろレビューが出始める頃ですが、期待が。。。(´・ω・`)


 

 

| ガルパン無印 | comments(4) | trackbacks(0) |
ワニで来たわに<2>


逸見エリカのワニワニパニック、続きです。


<鞍>

いくらエリカ様でも、ワニの背中に生モモで跨がるのはワイルド過ぎるということで、
「鞍」を作らせていただきます。

とりあえず、プラペーパーでサイズを出して、


その上にエポパテを被せまして、


身近な円柱に両面テープで貼り付けて、湾曲のクセを付けます。

小1時間程してパテが半ナマ状態になったら、今度はワニの背中で直接フィットさせます。



鞍が完全硬化したら、エリカ様の下半身を大まかに造形。
この段階で「エリカ様がどのように乗るのか」構想を固めます。


>次


<穴埋め>

このワニ、裏返すと結構豪快な中空なのですが、
「この後ろ足の付け根は流石に目立つやろ(笑」と、



せっせとエポパテを詰め込んで鱗も再現。


ようやく出来て、確認してみると、



殆ど見えない悲しみ。(´・ω・`)



 

| ガルパン無印 | comments(0) | trackbacks(0) |
「この世界の片隅に」を見てきました

 

そんなワケで見てきました。
今更「え?なにそれ?知らんけどw」なんて言う日本国民は居ないと思いますが、
万が一のこともありますし、念のためにリンク貼っときます。(´・ω・`)

http://konosekai.jp/

 




人それぞれ、感じる事は違うと思いますが、
個人的主観で一言でまとめると「戦時中のじゃりんこチエ(ローカル版の方)」。

これは、凄い作品です。

いや、マジで一度見た方がイイと思います。


 

| アニメ、コミック感想 | comments(0) | trackbacks(0) |
日本の豆戦車写真集

 

届きました!



旧軍の”豆戦車”だけに的を絞った写真集であります。

始祖である”カーデンロイド装甲車”から”九七式テケ”までの、
旧軍で使用された”豆”が、たっぷり掲載されています。(一部、鹵獲戦車アリ)

 

なので、八九式や、ハ号や、チハが見たい人には無縁かも知れませんが、

日本男児なら所持しておくべき一冊ではないでしょうか!?(`・ω・´)



>>以下、大人のマナー的にあまりハッキリ見せられない内容。

 



掲載されている戦場写真は、よくある「米軍が撮影した残骸」ではなく、
主に、大陸で「生きている状態」の物が殆どを占めます。
(ココ重要)
 




全体的に、他誌で見たことのある写真も散見されますが、個人的に初見の写真が多く、
中でも、日の丸の宜羸鐚は必ず、何らかのカタチで作ってみたく存じます。
(次のページには鹵獲CV33なんてのも)


 

 

 

写真集なので当たり前ですが、
全ページ、当時の貴重な写真です。

 

 

 

 

| 資料、道具、実験 | comments(2) | trackbacks(0) |
ワニで来たわに


先日のS・M・F 9で、既に「やってきたわに」という旬のネタ作品が展示されており、
「モタモタしてると先を越されるばかりか、ネタ自体が腐ってしまう!」
と、ASSにFireの管理人。


そもそも、元ネタを知る人間がどれぐらいいるのか?という問題は無視して、
ワニワニ作戦開始です!



ワニはタミヤの1/35恐竜シリーズから。
組みやすさを重視したパーツ構成で、なんと2パーツ!
きっとD社なら10分割ぐらいするでしょう。



ベースと合わせて、全体の構図を考えます。
この時に、ワニの視線やエリカ様の視線の向きを考えます。



エリカ様の骨格を乗せてみます。
初期構想では「鞍の代わりにティーガー兇離ューポラを乗せる」とか、
インパクトを狙って「ワニに直接カツラと制服を着せて擬鰐化しよう」とか考えましたが、
ここはシンプルに素股で乗ってもらうのが一番興奮するので、その方向で決定。(;´Д`)ハァハァ


<制作のポイント>

ワニは下顎パーツとの継ぎ目を消すのが最大の山場となります。
最初にパーティングラインを削り取って、場合によってはリュータで彫り込みます。



隙間にエポパテを詰め込んで、可能であれば鱗も再現していきます。



しかし、このワニの造形は素晴らしいですね・・・



そんなワケで”艦これ”は秋イベまで休止して、ちょっとマジメに作ります。


たぶん。

| ガルパン無印 | comments(4) | trackbacks(0) |
軍靴のバルツァー<9巻>


そんなワケで、
最後は超メジャー処「軍靴のバルツァー」に御座います。




今巻はハガキサイズのクリアファイル付き!

決して、ある方面の女性向けコミックでは御座いませんが、
キャラデザインはウホりやすいと思われます。



内容は、普通にドンパチやって、人も死んじゃう完全なる戦争モノ。
(「ブリュリュ!」「グシャ!」「ドロォ・・・」といった過度なグロ表現は無い)

18〜19世紀辺りの欧州に似た架空世界が舞台ですが、
特に兵器はしっかりとした史実考証に基づいた設定となっているので、
違和感や矛盾を感じにくいのがポイント。(ただ、マンガなのでウルトラCはある)

お尻も魔法も出てきません。


さて、そんな「軍靴のバルツァー」最新巻。
前巻をおさらいしながら読み進めておりますと・・・




誰や!この強烈なインパクトの持ち主は!w

何故か今巻では、この彼が結構な頻度で登場するので、カウントしてみました↓
 

続きを読む >>
| アニメ、コミック感想 | comments(0) | trackbacks(0) |
少女終末旅行<4巻>


「おっさん、プラモ作んねぇのかよ!」と、ただいま脳内では
語尾に「w」を10個ぐらい付けながら書いておるのですが、
マンガから得られるインスピレーションって侮れないんですよこれが。



<少女終末旅行ぁ

すっかり有名になってしまった(と思う)少女終末旅行も、早4巻に御座います。



「ケッテンクラート✕女子」という異色の革命児。

アテも無く、気の向くままに食料を集めながら進むチトとユーリ。
今回も、少しずつ終焉に向かう世界を旅します。


以下、個人的見どころ↓

続きを読む >>
| アニメ、コミック感想 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/161PAGES | >>