過去記事テーマ別

管理人の買った物一覧

私家版戦車入門1: 無限軌道の発明と英国タンク
私家版戦車入門1: 無限軌道の発明と英国タンク (JUGEMレビュー »)
モリナガ ヨウ
世界初のタンク(戦車)が如何にして誕生し、どのような問題を乗り越えて進化して来たのか?蒸気トレーラーから英国の菱型戦車、ホイペットまでをまとめた決定版。
ガン&ガール イラストレイテッド 第二次大戦枢軸国編 (MC☆あくしずMOOK)
ガン&ガール イラストレイテッド 第二次大戦枢軸国編 (MC☆あくしずMOOK) (JUGEMレビュー »)

WW2枢軸陣営の小火器を紹介した女子イラスト付きのマジメな本。読みやすい構成で初心者にもオススメ。
大日本帝国陸海軍〈2〉―軍装と装備 明治・大正・昭和
大日本帝国陸海軍〈2〉―軍装と装備 明治・大正・昭和 (JUGEMレビュー »)
中田 忠夫
ややカタログっぽく編集されており、被服の細部(内側や背面など)を知ることは出来ませんが小物や拳銃、生活用品までかなりの数が全て写真で網羅されています。
The Soviet Soldier of World War Two
The Soviet Soldier of World War Two (JUGEMレビュー »)
Phillippe Rio
WW2ソ連兵の兵装を実写カラーでドカンと紹介。よほど特殊な設定以外この一冊で十分です。オススメ!全編英語
ストライクアンドタクティカルマガジン増刊 日本陸軍の戦車 2010年 11月号 [雑誌]
ストライクアンドタクティカルマガジン増刊 日本陸軍の戦車 2010年 11月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)
古是 三春,鈴木 邦宏,土居 雅博
最新の考証を元に八九式を中心に旧軍戦車を各型解説。写真やイラストも豊富で内装なども参考になります。オススメ!
Deutsche Soldaten: The Uniforms, Equipment and Personal Effects of the German 1939-1945
Deutsche Soldaten: The Uniforms, Equipment and Personal Effects of the German 1939-1945 (JUGEMレビュー »)
Agustin Saiz
これは凄い量の実物コレクション!ブーツやガスマスクなど一般的な装備品のバリエーションは勿論、マップケースの中身に時計やタバコまで、ドイツ兵の持ち物を殆ど網羅!巻頭から巻末までオールカラー写真で資料的価値抜群。オススメ!
※全編英語
図解 ヘビーアームズ (F-Files No.017)
図解 ヘビーアームズ (F-Files No.017) (JUGEMレビュー »)
大波 篤司
機関銃や迫撃砲、バズーカにロケットランチャーなど使用方法や各部品の意味など一問一答でスッキリ解説。銃器ビギナーの人に超オススメ。
Vision models 1/35スケール  【VA-9003】 帝国陸軍 九七式
Vision models 1/35スケール  【VA-9003】 帝国陸軍 九七式 (JUGEMレビュー »)

チハ系キットには欠かせないキャタ。価格、組み易さ、解像度も申し分ない定番商品。
末期の水物兵器集
末期の水物兵器集 (JUGEMレビュー »)
こが しゅうと
若干クセのある漫画と文章で、旧海軍兵器の中でもマニアックな物を局所的に徹底紹介!他のシリーズも濃イィ内容!
戦う広告―雑誌広告に見るアジア太平洋戦争
戦う広告―雑誌広告に見るアジア太平洋戦争 (JUGEMレビュー »)
若林 宣
戦時中に国内で使用された広告を年代ごとに紹介。当時の世相が分かる他に類を見ない貴重な資料。
British Web Equipment of the Two World Wars (Europa Militaria)
British Web Equipment of the Two World Wars (Europa Militaria) (JUGEMレビュー »)
Martin Brayley
英軍歩兵の装備品をカラー写真で紹介。色味やバリエーションを知るには良書ですが武器類は無し。価格的にもオススメ!
※全編英語
Stalin's War: Soviet Uniforms And Militaria 1941-45
Stalin's War: Soviet Uniforms And Militaria 1941-45 (JUGEMレビュー »)
Laszlo Bekesi
コレクターが集めたWW2ソ連軍の装備品や階級章のカラー写真集。マニアにとってはかなり薄い内容だが、ソ連軍初心者にはそこそこ資料的価値アリ。
※全編英語
第2次大戦ドイツ軍装ガイド
第2次大戦ドイツ軍装ガイド (JUGEMレビュー »)
ジャン・ド・ラガルド
オール実写による軍装ガイド。これ一冊で殆んどの正規バリエーションが把握できます。
ノーブル バックレスキューベルトチタン L(腰周り:78~94cm) 黒
ノーブル バックレスキューベルトチタン L(腰周り:78~94cm) 黒 (JUGEMレビュー »)

椅子に座ってると腰が痛い!
ってな人は試す価値アリ!
個人的には相当の効果を実感しています。
鋼鉄の最精鋭部隊―千葉戦車学校・騎兵学校 (日本陸軍の機甲部隊 1)
鋼鉄の最精鋭部隊―千葉戦車学校・騎兵学校 (日本陸軍の機甲部隊 1) (JUGEMレビュー »)

貴重な日本戦車の写真集です!戦車学校での訓練風景で構成され、全体の半分以上がチハ主体の写真ですがネットでは見られないレアなものばかり!チハファンは必携!
ドキッ乙女だらけの帝國陸軍入門
ドキッ乙女だらけの帝國陸軍入門 (JUGEMレビュー »)
堀場 亙,岡本 博信
萌えだと思って期待したらハズレですのでご注意を…列記としたミリタリー本です。
TUNODA 薄刃ミニニッパー 120mm TM-02
TUNODA 薄刃ミニニッパー 120mm TM-02 (JUGEMレビュー »)

某プラモメーカーから発売されている物のOEM版なのでプラモ制作に抜群の性能!しかも格安!
Les MAteriels radio de la Wehrmacht: German Radio Sets 1935-1945
Les MAteriels radio de la Wehrmacht: German Radio Sets 1935-1945 (JUGEMレビュー »)
Pierre Metsu
大戦中のドイツ軍無線機を全機種カラー写真で紹介。残念ながら和訳はないですが英訳はアリ。(値段が…)
陸軍機甲部隊―激動の時代を駆け抜けた日本戦車興亡史 (〈歴史群像〉太平洋戦史シリーズ (25))
陸軍機甲部隊―激動の時代を駆け抜けた日本戦車興亡史 (〈歴史群像〉太平洋戦史シリーズ (25)) (JUGEMレビュー »)

モデラー目線のディティール考察には向きませんが、日本戦車がどのように発展し各地でどう戦ったかを知るには良書。
Modelling the Marder Self-Propelled Gun (Osprey Modelling)
Modelling the Marder Self-Propelled Gun (Osprey Modelling) (JUGEMレビュー »)
Sam Dwyer, Robert Oehler

マーダー1,2D,3r,3M,3H のディティールアップ製作ガイド。
外人サンのテクを盗めます!
泥まみれの虎―宮崎駿の妄想ノート
泥まみれの虎―宮崎駿の妄想ノート (JUGEMレビュー »)
宮崎 駿
エース「オットーカリウス」の手記を元に末期ドイツ軍の泥沼の戦いを描写。
今までの「戦車感」が変わるかも?
第2次大戦各国軍装全ガイド (ミリタリー・ユニフォーム)
第2次大戦各国軍装全ガイド (ミリタリー・ユニフォーム) (JUGEMレビュー »)
ピーター ダーマン,マルカム マクグレガー,ピエール ターナー
WW2各国陸海空の軍服図鑑。
膨大な数だが、浅く広くといった感じなので、一国を集中的に調べたい人には不向き。
日本戦車隊戦史―鉄獅子かく戦えり
日本戦車隊戦史―鉄獅子かく戦えり (JUGEMレビュー »)
上田 信
帝国陸軍戦車部隊が各戦線でどのように戦ったのか、図解を交えて年代ごとに相手装備と比較しながら紹介。
イラスト中心なので文章が苦手な人でも大丈夫!(写真は無し)
ビジュアルガイド WW2戦車〈1〉電撃戦
ビジュアルガイド WW2戦車〈1〉電撃戦 (JUGEMレビュー »)
川畑 英毅, 吉原 幹也
WW恐そ戦線好きなら持っておきたい一冊。
ドイツ、ソ連は勿論、フランスやポーランド等、欧州のあらゆる戦闘車両を広く浅く紹介。マイナー車種など豆知識にいいかも。
アハトゥンク・パンツァー〈第7集〉1号戦車、2号戦車と派生型編
アハトゥンク・パンツァー〈第7集〉1号戦車、2号戦車と派生型編 (JUGEMレビュー »)
尾藤 満
言わずと知れたモデラーの為の資料本。 詳細図と写真で各型を詳しく解説。
ブルムボコ<22>

「ブルムベア1輌作るのにいつまでかかっとんねん!しかし!」と、脳内ヤスシが吠えれば、
「小さな事からコツコツと!」と、脳内キヨシが返す、愉快な作業現場となってまいりました。

そんなワケで、小さな物からコツコツと作っていきます。


<小物>

開口部から結構車内が見えるので、ヘッドホンぐらい置いておこうと
ドラゴンのオマケパーツを組み立て。
エッチングのツルにプラのイヤパッドを固定するため、針金で軸を打って瞬着で固定しています。



カタチを整えて、0.3mmの糸鉛(細いハンダ)で配線。
配線は適当に、なんかソレっぽく無線に絡んで見えればOKとしています。



他にも、ちょっと間の抜けたスペースにMP40や地図なんかをセット。
本来、この手の小火器は、備え付けのラックやベルトなんかで壁面に固定したりするのですが、
中を覗いた時にチラッと小物が・・・所謂一つの「模型的演出」ってヤツで御座います。




で、こちらは戦場写真なんかでもよく見られる、車外にぶら下がったヘルメット。
あご紐はプラシートで追加し、適当なフック類に引っ掛けています。


次はエンジンデッキの荷物に取り掛かります。

 
| ガルパン無印 | comments(0) | trackbacks(0) |
ハートフルタンクアンソロジー1巻

なんか急に降って湧いたようなガルパンアンソロの新シリーズを読んでみました。


<ガールズアンドパンツァー劇場版、ハートフルタンクアンソロジー> ・・・タイトルなげぇ!

要は、主に劇場版をネタにした内容ということでありますな。



内訳はこのようになって御座います。
二尉マルコ先生や才谷屋先生、槌居先生など、ガルパンコミックの重鎮作家も参加。

おや?一番下の人は漫画家ではないような・・・


以下、ザッと管理人が選ぶハイライト。たたみます↓
続きを読む >>
| アニメ、コミック感想 | comments(0) | trackbacks(0) |
ブルムボコ<21>

ちょこちょこと塗装に入ります。


小物の面白さに気付いたので、もっと増やそうと思います。



エポパテで作った防水シート。
塗るとそれなりに見えてくるので不思議であります。



シートとジェリカン、ヘルメットなんかもセット。
脳内設定上「いや、この世界のヘルメットはボコヘッドなのか?」と悩みましたが、
ボコヘッドの大きさや絵面の関係で、普通のメットに落ち着きました。



10年以上、ジャンク箱に眠っていたタライもやっと陽の目を見ることとなりました。


>次

<土作り>

そろそろグラウンドワークの下ごしらえもしておきます。
まずは蛙目粘土に水と若干の木工ボンドを加えてネリネリ。



カラカラに乾燥したら、砕いてストック。



同じ色だけ使うとノッペリするので、色んな粉を配合して数色用意しておきます。

  

後から地面に塗料で色付けもしますが、やはりエアブラシだけだとフワッと大味になるので、
粉自体で細かいメリハリを付ける方法をメインで行きます。

効果は如何ほどか分かりませんけど。



>次


<今週のアニメ感想>

今週はヤモトサンの回。
藤原さんの、ややクドめの演技でウルッと来ましたね!



ニンジャスレイヤー」(´・ω・`)



あと、ルル子生命繊維と絡んだりして面白かったです。


 
| ガルパン無印 | comments(0) | trackbacks(0) |
グランドレス6巻、だがしかし5巻

アッという間の一週間。
そんな今週の新刊でございます。



<グランドレス6巻>

前巻から、もう半年ですか!
月日が流れるの早すぎて、リアルタイムに付いていけません!

で、今巻の目玉もやっぱりローサ。



初めて寿司を食うローサ。



ウマすぎて震えるローサ。



恋愛の臭いを察知し、鼻水垂らして興奮するローサ。

そんな愉快なローサの活躍は全くありませんが、
次巻はなんと!2017年の春か夏発売らしいっす!!長ぇわ!!w



>次


<だがしかし5巻>

アニメはヒットしたのかどうか知りませんが、コミックは快調であります。



見どころ1「鼻ちょうちんのほたるサン」



見どころ2「継続高校(ムーミン谷)にいても違和感のないほたるサン」



見どころ3「ますますメインヒロインの座が固まるサヤ師」



見どころ4「初のおフロ回」





 

漫画には模型に使える
色々なネタや構図のヒントが・・・


あるかも知れない。

 
| アニメ、コミック感想 | comments(0) | trackbacks(0) |
ブルムボコ<20>

静岡から帰還後も特に疲れが出るわけでもなく、
自分も模型上手くなりたい!ということで、制作再開であります。


<荷物>

「情景には小物があった方がイイ」と学んだので防水シートなど作ってみました。
エポパテをクッキングシートで挟んでペラペラにして、縫い目なんかはノコの歯を当てて適当に。

--このまま30分ほど放置して--



ある程度硬化したら、畳んだりして配置場所にセットして型を付ければOK。

「縫い目どこ行ったねんwww」とかツッコまない。
この絶望的なセンスの無さ、我ながら天晴。



縫い目のためにもう1個追加。
が、この縫い目、嘘臭くてイマイチ格好良くない事に気付きました。(要、研究)


>次


<木>

毎度お馴染みの「木」でありますが、今回は拾ってきた枯れ枝で作ります。
枝は継ぎ足したり、不要なものは切り落としたりするので、重要なのは幹になる部分。
幹が自分のイメージと違うと、仕上がりも”変な木”になる確率が高くなるので注意です。



先ほどの枯れ枝に”オランダドライフラワー”の枝を付けて木っぽくしていきます。
ドライフラワーは、形の良い枝先を選んで自分で切り貼りします。



枝を付けるときはピンバイスで穴を開けるもヨシ、直でボンド付けするもヨシ、臨機応変で。
グルグル回しながら、バランスを見て枝を追加していきます。



最後に重要なのは枝を接いだ部分。
必ず不自然な段差や太さなどに違和感が出るので、エポパテや木工ボンドを盛って誤魔化しつつ、
ついでに枝の耐久度アップも狙います。(そのままだとペキペキ折れますからね)

で、このままだと見るからにパテ丸出しなので↓


エポパテやボンドでのっぺりしたテクスチャは、ラッカーパテを筆でポンポンして同化させます。



なんやかんや細々と調整して骨格が完成。



一旦、構図を確認します。


<木の塗装>

カタチはOKなので、そのまま下地塗装。
この後の塗装は小物やフィギュアと同様、エアブラシや油彩を駆使して細かく仕上げていきます。

・・・と、借りたジオラマの本に書いてありました。(´・ω・`)



 
| ガルパン無印 | comments(0) | trackbacks(0) |
静岡ホビーショー2016に行ってきた<2>

続きまして、会場でゲットした物。
イベントや旅行に行っても殆ど何も買わないタイプの私ですが、
今回は2点も買いました!!


<1点目>

こがしゅうと先生の新刊「アナタノ知ラナイ兵器4」

内容:
航空機編:四式戦疾風、二式飛行艇、白菊、P-40、PBYカタリナ
艦船編:あきつ丸、UボートXXIII型、機雷(日米)、爆雷(日米英)
電波兵器編:九四式六号無線機



そしてコレですよ!買ったその場で貰えるサイン!
前回は軽くゴーヤ(野菜)の雑談が出来るぐらい余裕のあったサイン会でしたが、
今年はめちゃくちゃ人が集まってて、30分ぐらい並んでやっとゲットしました!
一先ず、これでノルマ達成であります。



<MSモデルのお楽しみ袋>

通常、この手の福袋系「お値段以上の商品が入っています」の類は、絶対買わない管理人ですが、
今回は話のネタに、3000円のやつを買ってみました。
確かに定価で買うことを思えば随分お安いのですが、一生使わない系が半分でしょうか。
仲間内で買って、互いに欲しいものをトレード出来るなら十分に値打ちはあります。


>次

<貰い物>

ガルパンクリアファイル。
「接着はモデラーのたしなみ」だそうで、彼女たちの戦車を見れば分かるように、
まだアンコウチームになる前の段階でスイーツを楽しんでいるのが興味深い一葉。
ここから、固い絆で結ばれていく(接着)という比喩だとしたら面白いですね。


>次


超音波カッターのキャラクターと言えば、なんかロボ×女子みたいなのが記憶にありましたが、
その設定の人間の方に焦点を当てて、新たに「もけ部」なるものを発動したようです。
「私達、超音波カッター使えます!」ということで、4コマ漫画をWEB配信するそうな。



このパンフをくれたスタッフの出身地や卒業校、挙句、”地元で消防団副団長をやってる”とかいう、
商品宣伝や地元PRの斜め上を行く個人的な話まで延々と熱く語る姿勢に心を打たれました。

がんばれ!エコーテック株式会社!がんばれ!副団長!
いつか団長になったら教えて下さい。(´・ω・`)


>次

<バリ勝男クン>

で、新しい静岡のお土産として人気急上昇中の「バリ勝男くん」を買ってみました。

要するに、カツオ節に味付けした酒の肴なのですが、帰りの新幹線でいただくもよし、
帰って思い出に浸りながらやるもよし、なかなか宜しいと思います。僕ぁ下戸ですけどね。

入手場所:静岡駅改札を出たところのキオスク。


 
 
| 模型イベント行ってみた | comments(4) | trackbacks(0) |
静岡ホビーショー2016に行ってきた

そんなワケで、恒例の静岡HSに行ってまいりました。


まずはお約束の「ははは!見ろ!人がゴミのようだ!!」


今回は個人的にウホッ!な新製品が殆ど無かったので、
お世話になっているモデラーさんの作品と、パッと目に付いた作品だけをダイジェスト。

例によって「ピンボケ」「白飛び」でボツになった写真は数知れず・・・



まー坊様の作品>

ヨンパチの九七式側車。
移動の際にハンドルから手が離れてしまったようです。


美味そうなブタであります!

私信:
この度は「ヨンパチの三八式」をご提供いただき、本当に有難うございました!




山男様の作品>

個人的に「毎度ぉぉぉ!!」に見える西殿。
ナナニィチハとの絡め方が素敵です。


そして、光るセンス。




<muck様の作品>

陸自モデラーを貫くmuck様は、今回もえらく手を加えて御座います。
タイヤチェーンは艦船用チェーンを使用した自作だそうな。

今度「紙創り」から商品化が予定されている「冬季用バラキューダ」は、
この方のプッシュによるもので、陸自愛が感じられます。

私信:
もうそろそろブログとかSNSとか、ネット上でも作品見れるようにして下さい。




フランクパパ様の作品>

「履帯が面倒」と、装輪車両やソフトスキンを好まれる貴重なお方。



こちらは、そのパパの息子殿の作品。
将来、超絶モデラーになる資質が溢れ出ております。



それでは、以下、ザーーーッとダイジェスト!
続きを読む >>
| 模型イベント行ってみた | comments(6) | trackbacks(0) |
静岡ホビーショーお疲れ様でした。

本年もお疲れ様&有難うございました!
また、写真アレして後日うpします。

有名な外人サンとか沢山来られていたようですが、
そんなことより、どこのキャンギャルも細過ぎて絶望してしまい、
今はただ模型の事だけを考えていようと思います。




 
| - | comments(4) | trackbacks(0) |
ブルムボコ<19>

聡明なガルパニストなら今更説明など不要でしょうが、
今作は「ボコミュージアムの『BOCOSHOW』に出てくるボコ」を再現しているので、
所謂、縫いぐるみのボコとは細部の仕様が異なりますこと、ご理解ください。


<ボコ>

女子キャラの被服なら透けるぐらい凝視するので、だいたい頭に入っていますが、
”気ぐるみを半分脱いだ人”というものは、殆ど見たことがないので苦戦しました。

ネットでも殆ど資料画像が見つからず、
悩んだ末、自分でパーカーを後ろ前に着てパターンをチェックしますと、
まず一番下に袖が来ると判明したので、とにかく袖から造型。



次に、胴回りが内側から広がって、



ファスナーは外周に来ることが分かりました。

構造を考えれば当たり前のことなんですけど、
いざカタチを再現するとなると、実物を見ていないと非常に難しいですね。
世の中まだまだ知らないことだらけ。いい勉強になりました。


>次


静岡ホビーショーまであと僅かとなりました!
模型の一大祭典なので、当然、今年も行きます!


観客として。(´・ω・`)マイド

因みに、14日昼に現地入りして”こがしゅうと先生”のサインをゲットした後、適当にブラブラ。
15日も丸々居座る予定ですので、お会い出来る方はご一報ください。


 

ガルパンモデラー必携の書。
「アンツィオ戦」と「劇場版」に登場する戦車を収録。

 
| ガルパン無印 | comments(6) | trackbacks(0) |
ブルムボコ<18>

情景ベースの準備、フィギュア改造に突入。



前回作った木枠にスタイロフォームをハメて、イメージを見ます。


>次



上半身はそのまま使いますが、下半身は例のスーツに改造していきます。



戦車帽も例の仕様で自作。
耳はとりあえず芯だけ作って、あとから包帯などの装飾を施します。



今回はリアル系でいくので、久々にホーネットのヘッドを使用。
ポーズも決めて、細部のディテールにとりかかります。

先は長く険しい。


>次


<はいふり5話ザックリ感想>

今回もブレない晴風でした。
見てる方は毎度のギャルゲムードですが、本人たちは今まで緊張の連続だったらしいです。
私はアホなので、未だに浣腸のフルネームすら出てこないのですが、
艦内では全く気付かないウチに、互いに命を預ける程の強い信頼関係が芽生えていたらしく、
浣腸の個人的感情による職務放棄にもかかわらず、
駆逐艦晴風は、いつにも増して鬼神の如き戦闘行動で神業を披露。
もう、初めての海洋実習とかいう設定は微塵も感じさせない超人ぶり。スゴイ!

ていうか、前回の何の脈絡もない突然の装備換装もそうですが、
保護したばかりの”実習艦”晴風を「現場に近いから」という理由だけで、
武蔵を捜索していた教員艦の連絡が途絶えたからと、単艦向かわせる思考回路は、
さすが、長らく戦争の無かった平和な世界だなと、ちょっとした未来を感じました。

で、今回思ったことを一言でまとめると、
「水上バイクは、ここぞという時に吹っ飛ぶ。(´・ω・`)」


6話は「カレーでピンチ!」に期待しましょう。


 
| ガルパン無印 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/154PAGES | >>