過去記事テーマ別

管理人の買った物一覧

私家版戦車入門1: 無限軌道の発明と英国タンク
私家版戦車入門1: 無限軌道の発明と英国タンク (JUGEMレビュー »)
モリナガ ヨウ
世界初のタンク(戦車)が如何にして誕生し、どのような問題を乗り越えて進化して来たのか?蒸気トレーラーから英国の菱型戦車、ホイペットまでをまとめた決定版。
ガン&ガール イラストレイテッド 第二次大戦枢軸国編 (MC☆あくしずMOOK)
ガン&ガール イラストレイテッド 第二次大戦枢軸国編 (MC☆あくしずMOOK) (JUGEMレビュー »)

WW2枢軸陣営の小火器を紹介した女子イラスト付きのマジメな本。読みやすい構成で初心者にもオススメ。
大日本帝国陸海軍〈2〉―軍装と装備 明治・大正・昭和
大日本帝国陸海軍〈2〉―軍装と装備 明治・大正・昭和 (JUGEMレビュー »)
中田 忠夫
ややカタログっぽく編集されており、被服の細部(内側や背面など)を知ることは出来ませんが小物や拳銃、生活用品までかなりの数が全て写真で網羅されています。
The Soviet Soldier of World War Two
The Soviet Soldier of World War Two (JUGEMレビュー »)
Phillippe Rio
WW2ソ連兵の兵装を実写カラーでドカンと紹介。よほど特殊な設定以外この一冊で十分です。オススメ!全編英語
ストライクアンドタクティカルマガジン増刊 日本陸軍の戦車 2010年 11月号 [雑誌]
ストライクアンドタクティカルマガジン増刊 日本陸軍の戦車 2010年 11月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)
古是 三春,鈴木 邦宏,土居 雅博
最新の考証を元に八九式を中心に旧軍戦車を各型解説。写真やイラストも豊富で内装なども参考になります。オススメ!
Deutsche Soldaten: The Uniforms, Equipment and Personal Effects of the German 1939-1945
Deutsche Soldaten: The Uniforms, Equipment and Personal Effects of the German 1939-1945 (JUGEMレビュー »)
Agustin Saiz
これは凄い量の実物コレクション!ブーツやガスマスクなど一般的な装備品のバリエーションは勿論、マップケースの中身に時計やタバコまで、ドイツ兵の持ち物を殆ど網羅!巻頭から巻末までオールカラー写真で資料的価値抜群。オススメ!
※全編英語
図解 ヘビーアームズ (F-Files No.017)
図解 ヘビーアームズ (F-Files No.017) (JUGEMレビュー »)
大波 篤司
機関銃や迫撃砲、バズーカにロケットランチャーなど使用方法や各部品の意味など一問一答でスッキリ解説。銃器ビギナーの人に超オススメ。
Vision models 1/35スケール  【VA-9003】 帝国陸軍 九七式
Vision models 1/35スケール  【VA-9003】 帝国陸軍 九七式 (JUGEMレビュー »)

チハ系キットには欠かせないキャタ。価格、組み易さ、解像度も申し分ない定番商品。
末期の水物兵器集
末期の水物兵器集 (JUGEMレビュー »)
こが しゅうと
若干クセのある漫画と文章で、旧海軍兵器の中でもマニアックな物を局所的に徹底紹介!他のシリーズも濃イィ内容!
戦う広告―雑誌広告に見るアジア太平洋戦争
戦う広告―雑誌広告に見るアジア太平洋戦争 (JUGEMレビュー »)
若林 宣
戦時中に国内で使用された広告を年代ごとに紹介。当時の世相が分かる他に類を見ない貴重な資料。
British Web Equipment of the Two World Wars (Europa Militaria)
British Web Equipment of the Two World Wars (Europa Militaria) (JUGEMレビュー »)
Martin Brayley
英軍歩兵の装備品をカラー写真で紹介。色味やバリエーションを知るには良書ですが武器類は無し。価格的にもオススメ!
※全編英語
Stalin's War: Soviet Uniforms And Militaria 1941-45
Stalin's War: Soviet Uniforms And Militaria 1941-45 (JUGEMレビュー »)
Laszlo Bekesi
コレクターが集めたWW2ソ連軍の装備品や階級章のカラー写真集。マニアにとってはかなり薄い内容だが、ソ連軍初心者にはそこそこ資料的価値アリ。
※全編英語
第2次大戦ドイツ軍装ガイド
第2次大戦ドイツ軍装ガイド (JUGEMレビュー »)
ジャン・ド・ラガルド
オール実写による軍装ガイド。これ一冊で殆んどの正規バリエーションが把握できます。
ノーブル バックレスキューベルトチタン L(腰周り:78~94cm) 黒
ノーブル バックレスキューベルトチタン L(腰周り:78~94cm) 黒 (JUGEMレビュー »)

椅子に座ってると腰が痛い!
ってな人は試す価値アリ!
個人的には相当の効果を実感しています。
鋼鉄の最精鋭部隊―千葉戦車学校・騎兵学校 (日本陸軍の機甲部隊 1)
鋼鉄の最精鋭部隊―千葉戦車学校・騎兵学校 (日本陸軍の機甲部隊 1) (JUGEMレビュー »)

貴重な日本戦車の写真集です!戦車学校での訓練風景で構成され、全体の半分以上がチハ主体の写真ですがネットでは見られないレアなものばかり!チハファンは必携!
ドキッ乙女だらけの帝國陸軍入門
ドキッ乙女だらけの帝國陸軍入門 (JUGEMレビュー »)
堀場 亙,岡本 博信
萌えだと思って期待したらハズレですのでご注意を…列記としたミリタリー本です。
TUNODA 薄刃ミニニッパー 120mm TM-02
TUNODA 薄刃ミニニッパー 120mm TM-02 (JUGEMレビュー »)

某プラモメーカーから発売されている物のOEM版なのでプラモ制作に抜群の性能!しかも格安!
Les MAteriels radio de la Wehrmacht: German Radio Sets 1935-1945
Les MAteriels radio de la Wehrmacht: German Radio Sets 1935-1945 (JUGEMレビュー »)
Pierre Metsu
大戦中のドイツ軍無線機を全機種カラー写真で紹介。残念ながら和訳はないですが英訳はアリ。(値段が…)
陸軍機甲部隊―激動の時代を駆け抜けた日本戦車興亡史 (〈歴史群像〉太平洋戦史シリーズ (25))
陸軍機甲部隊―激動の時代を駆け抜けた日本戦車興亡史 (〈歴史群像〉太平洋戦史シリーズ (25)) (JUGEMレビュー »)

モデラー目線のディティール考察には向きませんが、日本戦車がどのように発展し各地でどう戦ったかを知るには良書。
Modelling the Marder Self-Propelled Gun (Osprey Modelling)
Modelling the Marder Self-Propelled Gun (Osprey Modelling) (JUGEMレビュー »)
Sam Dwyer, Robert Oehler

マーダー1,2D,3r,3M,3H のディティールアップ製作ガイド。
外人サンのテクを盗めます!
泥まみれの虎―宮崎駿の妄想ノート
泥まみれの虎―宮崎駿の妄想ノート (JUGEMレビュー »)
宮崎 駿
エース「オットーカリウス」の手記を元に末期ドイツ軍の泥沼の戦いを描写。
今までの「戦車感」が変わるかも?
第2次大戦各国軍装全ガイド (ミリタリー・ユニフォーム)
第2次大戦各国軍装全ガイド (ミリタリー・ユニフォーム) (JUGEMレビュー »)
ピーター ダーマン,マルカム マクグレガー,ピエール ターナー
WW2各国陸海空の軍服図鑑。
膨大な数だが、浅く広くといった感じなので、一国を集中的に調べたい人には不向き。
日本戦車隊戦史―鉄獅子かく戦えり
日本戦車隊戦史―鉄獅子かく戦えり (JUGEMレビュー »)
上田 信
帝国陸軍戦車部隊が各戦線でどのように戦ったのか、図解を交えて年代ごとに相手装備と比較しながら紹介。
イラスト中心なので文章が苦手な人でも大丈夫!(写真は無し)
ビジュアルガイド WW2戦車〈1〉電撃戦
ビジュアルガイド WW2戦車〈1〉電撃戦 (JUGEMレビュー »)
川畑 英毅, 吉原 幹也
WW恐そ戦線好きなら持っておきたい一冊。
ドイツ、ソ連は勿論、フランスやポーランド等、欧州のあらゆる戦闘車両を広く浅く紹介。マイナー車種など豆知識にいいかも。
アハトゥンク・パンツァー〈第7集〉1号戦車、2号戦車と派生型編
アハトゥンク・パンツァー〈第7集〉1号戦車、2号戦車と派生型編 (JUGEMレビュー »)
尾藤 満
言わずと知れたモデラーの為の資料本。 詳細図と写真で各型を詳しく解説。
カチュノン<3>

 


梅雨で御座います。


レンズ沼に溺れぬよう、煩悩を断ち切るべく作業を進めます。



あらかたの基本塗装が終わったので、パーツごとに仕上げてまいります。



『目』は付属デカールをそのまま使います。
やたらと予備デカールがあって「こんなに失敗するワケないやろw」とか思っていたのですが、
意外と位置合わせが難しく、ご覧のように微妙なバランスの崩れでも結構目立ってしまいます。




主に女子絵の場合、”左右の目の間隔は真ん中に目玉一つ分空ける”のが一般的なのですが、
この場合も、概ねそんな感じでバランスが取れます。
ちゃんと目のモールドはありますが、浅いので目安程度にしかなりませんでした。『目』だけに。


>次



今キット最大の見どころであるブリザードの下半身を組み立てます。



このキットは、なかなかに素晴らしい三角の布がモールドされているので、
正規の手順で組み立ててもローアングルから楽しめるワケですが、



この様にスカートを外した状態でも仕上げることが出来、後部は絶景!
そう、例えるなら白銀に輝く冬のバイカル湖・・・

その光景に思わず「ブリザード ちょっと工夫で このエロさ」と、
神田川〇郎風に一句したためた今日この頃。



----



つづく


 

 

| ガルパン無印 | comments(0) | trackbacks(0) |
レンズ沼の手前に


「ワイのカメラは、あと超広角単焦点1本で完結する!」

そんな事を心で叫びながら、1年近くが経ちました。
つい先月も、標準ズームを買い足したばかりで金欠生活24時で御座います。


そんな中・・・


ついに!!



<M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7 II>

どうしてこうなった!!(CV:悠〇碧)

真逆です。『超広角単焦点』の真逆である『超望遠ズーム』を買ってしまいました・・・

ことの発端は、ある日、鴨がイッパイいる近所の公園へ新レンズの試し撮りに行った時、
何故かその日に限ってバズーカ砲みたいなカメラを持った高齢者の方々があちこちにおられ、
その内の一人が、適当に写真を撮っている私に「出ましたか?」と声を掛けてこられたんです。
何のことかサッパリ分からぬ私は「え?何か居るんですか?」と聞き返すと、その老人は優しい口調で、
「先週あたりから〇※▽□がこの辺で出たとネットで・・・」と、
何やら聞き慣れない単語を交えながら、静かに、そして延々と説明しはじめ、
要は、若干レアな鳥か何かが出没すると噂が流れているが、全く出てこないとのこと。


その後、鳥屋(野鳥撮影専門の人)の事はサッパリ分からぬ私でしたが、
何となく、その場の雰囲気で知ったかぶってカモやハトを撮ってみたら、
なかなかソレっぽいのが撮れる!けど、全然寄れないので小さい!何か悔しいぞぃ!

と、いうワケで、帰宅後、さっそくポチってしまったと・・・(´・ω・`)


<さっそく試写>

まずはカラフルな『バン』です。
「バン」と聞くと、ヴァンコラン少佐を思い出しますが、あちらは『ヴァン』と表記します。
※この写真は荒いですが大きめにトリミングしているため。鳥だけに。



バンの特徴であるデカ足。
ご覧のように、水かきが無いので泳ぐのは得意ではないそうな。



カモ一家。




魚類はあまり寄るとキモチワルイですね。




子ガモ。



なんと微笑ましい。
今まで、こういう写真は殆ど興味無かったですけど、自分で撮ると違いますね。



夕方になり眠たい様子。
って、まだ全然明るいですけどね!



海側には若いアオサギ。
全く感情の読み取れない顔が怖いですね。



見上げるとヒコーキ。
そして、ここで気付きます「動いてるモノ撮るの、めっさムズイやん・・・」と。
換算600mmの画角だと、ちょっとブレただけで被写体がフレームアウトするワケです。
これはもう、筋トレするしかないですね。



特にこの、自分から向かって前後に動くモノは、当たり前ですがピントがみるみるズレるワケです。
上手い人は”置きピン”とか色んなテクを駆使するそうですが、せいぜい私は目覚めの起きピンが関の山。(下ネタすまん)



調子に乗って、飛んでるトンビを狙ってみましたが・・・まぁ、素人じゃこうなりますわ(´・ω・`)




--感想--
勢いで買ってしまった望遠レンズですが、撮影の幅が広がって面白いです。
描画の良し悪しは、比較対象も経験も無いので何とも言えませんが、日中ならズドーンと何でも撮れそう。
ただし、レンズが暗いのでテレ端で使うなら、夜間はもちろん薄暗い早朝や夕方も手ブレ対策が必要となりそうです。(主に筋トレとか)



さぁ!今度こそ”超広角単焦点”を!!


 

思ってたよりデカイです。


 

 

| - | comments(2) | trackbacks(0) |
カチュノン<2>

 


拝啓
もうエエ加減『640×480px』の画像では狭苦しく感じてきたので、ちょっと記事欄の幅を広げてみました。
表示の崩壊など御座いましたら、ご一報ください。



そんなワケで『肩地獄車』の3巻が届いたので『カチュノン制作』続きです。



<塗装開始>

大まかにエアブラシで塗り分けますが、この時点で”お肌”は先に仕上げていきます。



かなり控え目ではありますが、膝小僧や尻肉の辺りに影を付けています。
男たるもの、この辺りのディテールは拘ってイイと思います。
順番としては、キャラクターイエローで影を吹き、キャラクターフレッシュ2を上吹きし、
キャラクターフレッシュ1で全体を整える感じです。(全部Mrラッカー)


>次




ブーツ、ノンナのベストとスカート、カチューシャの帽子は単色の『黒』なので、
なるべく立体感をアレする為に、なるべくベタ塗りにならないようナニします。




いや、見事なまでにただの黒ですね(´・ω・`)



つづく

 

 

 

| - | comments(0) | trackbacks(0) |
マジックアーム



どうも。
自分の住んでいる街が、思いのほかリゾートチックだと気付いた管理人です。

この時は三脚を持っていたのですが、シュープレート(三脚にカメラを固定するパーツ)を忘れて、
思わず「オーマイガッテン寿司!」と、比較的大きな声で言ってしまったのを覚えております。

そう、三脚と言えば・・・

模型の制作過程なんかは適当に手持ちでパシャパシャ撮るのですが、
完成した模型を撮る場合は、当然、三脚に固定して撮影しますよね?

ところが三脚とは、なかなか融通の利かない道具でありまして・・・



「あ〜!もうちょっと上から寄って撮りたいなぁ!」
なんて時、三脚の脚が撮影台に干渉して寄れない!てな事が多発しませんか?
「そんなのズームで寄ればイイじゃんw」と仰る方もおられるかと思いますが、
それでは圧縮効果で被写体にダイナミックなパースが付きません。

そこで!

<マジックアーム>

机の縁なんかに固定して自由に動かせる『マジックアーム』なるものを購入しました。
これで、卓上の被写体をカメラで自由自在に追い回せるぜぇ!ヒャッハー!


の、ハズだった・・・(CV:悠〇碧)




はい、特定の位置だとカメラの自重でグングン下がります。
アームの関節そのものはガッチリ固定できるんですけどね。
クランプ側は単なるネジなので、いくら締めようが反時計回りの力には勝てません。

「ならば!時計回りになる位置で固定して・・・」と、ガチャガチャやってるウチに・・・



なんかバラバラになって戦意喪失。(´・ω・`)



この後、なんとか修理して固定方法を変えたり、なんやかんやと試してみましたが、
結局、アームそのものが短いので、思ったように自由なアングルは狙えないと判明。

今回購入した物は、カメラの固定方法が先端のネジに直接ねじ込む作りになっており、
いちいちセットするのも面倒なので、別途クイックシュー付きの雲台を取り付けるか、
カメラを付けっぱなしにでもしない限り、毎回かなりの手間がかかります。


結論、模型撮りは安い三脚でエエ。



 

| 資料、道具、実験 | comments(0) | trackbacks(0) |
レンズ新調



ワイのカメラは超広角単焦点レンズが一本あれば完結する!



Olympus 12-50 3.5-6.3EZ(換算24-100)

な〜んて、脳内で高らかに宣言していたのですが、持っていた標準ズームが故障してしまい、
「どうせ修理に1万円近く出すのなら…」
と、少しグレードアップした汎用レンズを一本買いました。

このレンズのイイところ、それは・・・

ズーミングしても鏡筒が伸びない!

フルサイズとかお高い機材しか使ったことの無い方々にはピンと来ないでしょうが、
我がマイクロフォーサズ機の一般ズームレンズは、その大半がビヨ〜ンと伸びるのであります。


『伸びる』とは・・・



例えばこの望遠ズーム、広角端ではこの大きさのだったのが・・・



望遠端だとこうなる!



オッサンがカメラを覗き込んでは年甲斐もなくビンビンに伸縮を繰り返すような物を、
人の集まる観光地などで使えますか?と。(使ってるけど)

そんな若さ溢れる元気なレンズはちょっと恥ずかしい!というシャイオヤジにとって、
安くて伸びないズームレンズはそれだけで神なのであります。しかも防塵防滴!



----


それでは、さっそく試写をば。

以下、JPEG撮って出しで、縮小加工のみ。(ロケ地:近所)


 
広角端12mm(換算24)で、直線をチェック。


 
左:43mmマクロモードでのボケ具合をチェック。
右:12mm広角端


 
左:50mmテレ端(換算100)
右:43mm固定マクロモードで、腕時計に最短まで寄ってみた図。


-感想-
「ここがスゴイ!」ってな尖った描画性能はありませんが、特に欠点も無く、
等倍画質を隅々まで凝視するような人でもない限り十分な写りかと。
何でもそつなくマルチにこなす良レンズであります。



 

 
安い!伸びない!防塵防滴!
 

 

| - | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/340PAGES | >>