過去記事テーマ別

管理人の買った物一覧

私家版戦車入門1: 無限軌道の発明と英国タンク
私家版戦車入門1: 無限軌道の発明と英国タンク (JUGEMレビュー »)
モリナガ ヨウ
世界初のタンク(戦車)が如何にして誕生し、どのような問題を乗り越えて進化して来たのか?蒸気トレーラーから英国の菱型戦車、ホイペットまでをまとめた決定版。
ガン&ガール イラストレイテッド 第二次大戦枢軸国編 (MC☆あくしずMOOK)
ガン&ガール イラストレイテッド 第二次大戦枢軸国編 (MC☆あくしずMOOK) (JUGEMレビュー »)

WW2枢軸陣営の小火器を紹介した女子イラスト付きのマジメな本。読みやすい構成で初心者にもオススメ。
大日本帝国陸海軍〈2〉―軍装と装備 明治・大正・昭和
大日本帝国陸海軍〈2〉―軍装と装備 明治・大正・昭和 (JUGEMレビュー »)
中田 忠夫
ややカタログっぽく編集されており、被服の細部(内側や背面など)を知ることは出来ませんが小物や拳銃、生活用品までかなりの数が全て写真で網羅されています。
The Soviet Soldier of World War Two
The Soviet Soldier of World War Two (JUGEMレビュー »)
Phillippe Rio
WW2ソ連兵の兵装を実写カラーでドカンと紹介。よほど特殊な設定以外この一冊で十分です。オススメ!全編英語
ストライクアンドタクティカルマガジン増刊 日本陸軍の戦車 2010年 11月号 [雑誌]
ストライクアンドタクティカルマガジン増刊 日本陸軍の戦車 2010年 11月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)
古是 三春,鈴木 邦宏,土居 雅博
最新の考証を元に八九式を中心に旧軍戦車を各型解説。写真やイラストも豊富で内装なども参考になります。オススメ!
Deutsche Soldaten: The Uniforms, Equipment and Personal Effects of the German 1939-1945
Deutsche Soldaten: The Uniforms, Equipment and Personal Effects of the German 1939-1945 (JUGEMレビュー »)
Agustin Saiz
これは凄い量の実物コレクション!ブーツやガスマスクなど一般的な装備品のバリエーションは勿論、マップケースの中身に時計やタバコまで、ドイツ兵の持ち物を殆ど網羅!巻頭から巻末までオールカラー写真で資料的価値抜群。オススメ!
※全編英語
図解 ヘビーアームズ (F-Files No.017)
図解 ヘビーアームズ (F-Files No.017) (JUGEMレビュー »)
大波 篤司
機関銃や迫撃砲、バズーカにロケットランチャーなど使用方法や各部品の意味など一問一答でスッキリ解説。銃器ビギナーの人に超オススメ。
Vision models 1/35スケール  【VA-9003】 帝国陸軍 九七式
Vision models 1/35スケール  【VA-9003】 帝国陸軍 九七式 (JUGEMレビュー »)

チハ系キットには欠かせないキャタ。価格、組み易さ、解像度も申し分ない定番商品。
末期の水物兵器集
末期の水物兵器集 (JUGEMレビュー »)
こが しゅうと
若干クセのある漫画と文章で、旧海軍兵器の中でもマニアックな物を局所的に徹底紹介!他のシリーズも濃イィ内容!
戦う広告―雑誌広告に見るアジア太平洋戦争
戦う広告―雑誌広告に見るアジア太平洋戦争 (JUGEMレビュー »)
若林 宣
戦時中に国内で使用された広告を年代ごとに紹介。当時の世相が分かる他に類を見ない貴重な資料。
British Web Equipment of the Two World Wars (Europa Militaria)
British Web Equipment of the Two World Wars (Europa Militaria) (JUGEMレビュー »)
Martin Brayley
英軍歩兵の装備品をカラー写真で紹介。色味やバリエーションを知るには良書ですが武器類は無し。価格的にもオススメ!
※全編英語
Stalin's War: Soviet Uniforms And Militaria 1941-45
Stalin's War: Soviet Uniforms And Militaria 1941-45 (JUGEMレビュー »)
Laszlo Bekesi
コレクターが集めたWW2ソ連軍の装備品や階級章のカラー写真集。マニアにとってはかなり薄い内容だが、ソ連軍初心者にはそこそこ資料的価値アリ。
※全編英語
第2次大戦ドイツ軍装ガイド
第2次大戦ドイツ軍装ガイド (JUGEMレビュー »)
ジャン・ド・ラガルド
オール実写による軍装ガイド。これ一冊で殆んどの正規バリエーションが把握できます。
ノーブル バックレスキューベルトチタン L(腰周り:78~94cm) 黒
ノーブル バックレスキューベルトチタン L(腰周り:78~94cm) 黒 (JUGEMレビュー »)

椅子に座ってると腰が痛い!
ってな人は試す価値アリ!
個人的には相当の効果を実感しています。
鋼鉄の最精鋭部隊―千葉戦車学校・騎兵学校 (日本陸軍の機甲部隊 1)
鋼鉄の最精鋭部隊―千葉戦車学校・騎兵学校 (日本陸軍の機甲部隊 1) (JUGEMレビュー »)

貴重な日本戦車の写真集です!戦車学校での訓練風景で構成され、全体の半分以上がチハ主体の写真ですがネットでは見られないレアなものばかり!チハファンは必携!
ドキッ乙女だらけの帝國陸軍入門
ドキッ乙女だらけの帝國陸軍入門 (JUGEMレビュー »)
堀場 亙,岡本 博信
萌えだと思って期待したらハズレですのでご注意を…列記としたミリタリー本です。
TUNODA 薄刃ミニニッパー 120mm TM-02
TUNODA 薄刃ミニニッパー 120mm TM-02 (JUGEMレビュー »)

某プラモメーカーから発売されている物のOEM版なのでプラモ制作に抜群の性能!しかも格安!
Les MAteriels radio de la Wehrmacht: German Radio Sets 1935-1945
Les MAteriels radio de la Wehrmacht: German Radio Sets 1935-1945 (JUGEMレビュー »)
Pierre Metsu
大戦中のドイツ軍無線機を全機種カラー写真で紹介。残念ながら和訳はないですが英訳はアリ。(値段が…)
陸軍機甲部隊―激動の時代を駆け抜けた日本戦車興亡史 (〈歴史群像〉太平洋戦史シリーズ (25))
陸軍機甲部隊―激動の時代を駆け抜けた日本戦車興亡史 (〈歴史群像〉太平洋戦史シリーズ (25)) (JUGEMレビュー »)

モデラー目線のディティール考察には向きませんが、日本戦車がどのように発展し各地でどう戦ったかを知るには良書。
Modelling the Marder Self-Propelled Gun (Osprey Modelling)
Modelling the Marder Self-Propelled Gun (Osprey Modelling) (JUGEMレビュー »)
Sam Dwyer, Robert Oehler

マーダー1,2D,3r,3M,3H のディティールアップ製作ガイド。
外人サンのテクを盗めます!
泥まみれの虎―宮崎駿の妄想ノート
泥まみれの虎―宮崎駿の妄想ノート (JUGEMレビュー »)
宮崎 駿
エース「オットーカリウス」の手記を元に末期ドイツ軍の泥沼の戦いを描写。
今までの「戦車感」が変わるかも?
第2次大戦各国軍装全ガイド (ミリタリー・ユニフォーム)
第2次大戦各国軍装全ガイド (ミリタリー・ユニフォーム) (JUGEMレビュー »)
ピーター ダーマン,マルカム マクグレガー,ピエール ターナー
WW2各国陸海空の軍服図鑑。
膨大な数だが、浅く広くといった感じなので、一国を集中的に調べたい人には不向き。
日本戦車隊戦史―鉄獅子かく戦えり
日本戦車隊戦史―鉄獅子かく戦えり (JUGEMレビュー »)
上田 信
帝国陸軍戦車部隊が各戦線でどのように戦ったのか、図解を交えて年代ごとに相手装備と比較しながら紹介。
イラスト中心なので文章が苦手な人でも大丈夫!(写真は無し)
ビジュアルガイド WW2戦車〈1〉電撃戦
ビジュアルガイド WW2戦車〈1〉電撃戦 (JUGEMレビュー »)
川畑 英毅, 吉原 幹也
WW恐そ戦線好きなら持っておきたい一冊。
ドイツ、ソ連は勿論、フランスやポーランド等、欧州のあらゆる戦闘車両を広く浅く紹介。マイナー車種など豆知識にいいかも。
アハトゥンク・パンツァー〈第7集〉1号戦車、2号戦車と派生型編
アハトゥンク・パンツァー〈第7集〉1号戦車、2号戦車と派生型編 (JUGEMレビュー »)
尾藤 満
言わずと知れたモデラーの為の資料本。 詳細図と写真で各型を詳しく解説。
1/72二式カミ<開始準備>


元気ですかぁ!!湿度が上がると気力が下がる!!ダァーッ!!

そんな、模型製作がグッと失速する季節が近づいてまいりました。
毎年この時期に妄想だけはしている「海の情景」を、今年こそはと着手していきます。




今回のテーマはこれ。
「二式内火艇に乗る白ビキニの西絹代」であります。




使用するのは、ドラゴンの1/72キット。
海の情景だと1/35は馬鹿デカくなってしまうので、丁度いい大きさです。

一応、後期型となっていますが前期型パーツも含まれる、実質コンパチキットで、
個人的なイメージでは、知波単学園のカミは後期型が似合う気がするので後期型で作ります。
(もし映像になった場合、フロートがパカッと2つに割れた方が面白いですからね)



<解像度チェッック>

頭オカシイぐらい細かい近年のドラゴンですが、やっぱりイカれてます。
(細かいから良いキットとは言ってない)



1/35でも、未だに防弾カバーの上部放熱孔が開いているのはドラゴンだけ。
1/72でも開けちゃう変態ぶり。(だからと言って、全体にこのクオリティとは言ってない)


>次


<西絹代>

「西さんの身長てなんぼよ?」と調べてみたところ、
モデグラに掲載されていたデータでは158cmの設定で、西住殿と同じとなっています。

で、モデリングの参考に実寸大で描いてみるワケですが、
造形してると、どうしても大きくなってしまうので、実際より小さめに描いて意識をアレします。


そんなワケで、

準備は出来た
あとは、いつ行動するか・・・だ。

 

 

そうだ、WoWsで海の勉強をしよう。(´・ω・`)

 

| ガルパン無印 | comments(1) | trackbacks(0) |
ブルムボコ<完成>


なんやかんやと忙しかった週末。
写真の整理を終えて、やっとサイトを更新しました。


「ブルムクマのボコ」完成です。




画像クリッコでギャラリーページへ

今回は「木」の作り方(塗り方)を多く学べたように思います。
また機会があったら、枝の向きなど自然な感じに仕上げたいですね。



>次



<重機甲乙女豆だけど6>


豆の6巻を読んでみました。
帯にも「クライマックス直前」とありますが、
内容的に丁度いい頃合いで、次巻辺りが完結でしょうか?

さて、終わらせ方が難しい戦争モノ、
軟着陸できるかどうか、真鍋先生の腕の見せ所でありますな。

 

 

 

 

 

 

| ガルパン無印 | comments(5) | trackbacks(0) |
第9回船舶(艦船)模型合同展示会に行ってきた

 

 

そんなワケで、神戸で開催の船舶模型合同展示会を見てきました。

 

会場は、静岡ホビーショー第2会場の2倍ぐらいの広さでした。

 

 

実際に動く系の船です。

 

 

 

見ろ!人がゴミのようだ!

 

 

 

でっかい潜水艦模型(1/35?)で、内部まで再現!

 

 

これも船っちゃ船です。

 

 

これはどうみても飛行機模型ですが、まぁ海の上飛んでるから船みたいなモンですね。

 

 

 

潜水艦の元祖ですね。

 

 

チョットだけ知り合いの如何様先生は安定のフリーダム。

 

まぁ、こんな感じで結構自由な楽しい展示会でした。

展示内容としては、やはりWW2艦船が6割といったところ。

 

6月19日(日)もやってますので、お好きな方は是非。

 

 

 

| 模型イベント行ってみた | comments(0) | trackbacks(0) |
模型の撮影


さて、撮影に入りますがここからが本番であります。




スクリーンは黒の画用紙でもOKで、ウチも被写体によっては使っています。
最近は見栄えのいいグラデーションの物を使用。
照明は左右から”同じ色”のLEDを当てています。



カメラは絶対に三脚を使用。
シャッターはリモートスイッチで切るようにしています。(非対応のカメラならタイマーでOK)

あとは、ひたすら撮りまくるべし。
良いと思ったアングルは、ピントを移動させながら、5枚は撮るべし。
照明の角度、当たり具合を常に気にしながら、必要とあらばレフ板も使う。(銀紙で自作できます)

こんな感じで100枚ほど撮って、それからイイのを選りすぐっていくワケであります。
それだけで半日仕事です。


がんばれボコー!!

 
| 製作状況 | comments(0) | trackbacks(0) |
ブルムボコ<27>

最後の仕上げ「銘板」の作成で御座います。


<銘板作成>

今回は絵面が”半マジメ”なので、銘板はアホッぽくいきます。
久々にレイアウトやデザインも自分でやりました。

使用ソフトはクリップスタジオPRO(通称:クリスタ)



作ったデータをブリブリッとエーワンのラベルシールに印刷。



1mm厚のバルサ材で額縁を作って、オイルステインで着色。



印刷物を背面板に貼り付けて、フレームを木工ボンドで接着したら完成!

この後「サイズが気に入らん」と、もう一回り小さいのを作り直して・・・


ベースに装着!
「よっしゃ!完成!」とか思ってたら、すっかり忘れていましたアンテナの存在。


>次


見せ場の一つでもある「スターアンテナ」を仕上げます。
キットのプラパーツはモサいので、たまたま持ってたエッチングの余りパーツから流用。
(アベールのヘッツァー用の物)


オラオラオラオラオラオラオラオラ!!



オラオラオラオラオラオラオラオラ
オラオラオラオラオラオラオラオラ!!


ってそれは「スタープラチナ」や(´・ω・`)



>そんなワケで、今度こそ完成。


時間が出来次第、撮影はいりま〜す。


 
| ガルパン無印 | comments(2) | trackbacks(0) |
ブルムボコ<26.5>

前回からの続き


吾輩はボコである。名前はまだ無い。

そんなワケで、油彩を塗って一晩置き、問答無用でツヤ消しスムースを吹きました。
ヘッドはホーネットを使用。



男は背中で語るもの。



因みに素になったアニキはこれ。(´・ω・`)


>次


ボコヘッドはフルスクラッチ。



もっとラッカーパテで表面のモフモフ感を出せばよかったと思います。




「がんばれボコー!」「ボコがんばれー!!」

もう一息でごじゃります。


 
| ガルパン無印 | comments(3) | trackbacks(0) |
ブルムボコ<26>

さて、大詰めで御座います。

本作の主人公
「俺の知ってるボコの中身がドイツ兵だった件(仮)」
を仕上げていきます。

そうですね、ラノベ化するなら「俺ボコ」とか略すんですかね・・・ブツブツ


<徽章類の製作>

<ここまでのあらすじ>
元にしているフィギュアは、タミヤ「ドイツ戦車兵小休止セット」の中の一体で、
下半身、腕、中のシャツ&ネクタイはエポパテによるスクラッチ。
「手」だけトライスターか何かのジャンクパーツを加工して流用しています。

で、塗装の前に、徽章類はキレイに削り取っておきます。


<復元開始>

ポーズを変えると最も影響を受ける部分が肩章。
今回は立体を重視したいので、エポパテで台紙を作っていきます。



ちょっと余るぐらいに、そこそこ形を整えます。



デカールを貼って、しっかりとサイズを合わせます。
マークセッターなんかを塗ってデカールを立体に馴染ませ、15分ほどしたら形を整形します。

フィギュア用デカールセットはタミヤからも出ていますが、なぜか砲兵科が無いので、
パッションモデルの「ドイツ軍装備品デカールセットVol.2」から使用。



同じ要領で襟章、略章も復元。
「パテとかメンドくせぇ!」って人は、プラペーパーにデカール貼って取り付けてもOKです。




忘れてましたが、肩章のボタンは伸ばしランナーを輪切りにした物で追加。
その辺はデカールのままだと平面なので、なるべく工夫したいところです。

こんな感じで、あとはシャっと油彩で仕上げてツヤ消し吹いて、微調整して完成となります。


・・・などと、気楽に劇場版BDを楽しんでおりますと、

私「ほら!ボコショー始まるぞぉ!!」
嫁「知らんわアホ」

(ボコショー始まる)

「・・・ん!?」



あぁ!シッポ忘れてたぁぁぁ!!(;;゚Д゚;)



ということで、急遽シッポを増設。(本塗装の前に気付いてよかった)
ちょっと大きいですが、そこは”模型的演出”ということで。

コイツは何にでも使えるエエ言葉やで、まったく・・・


 
| ガルパン無印 | comments(2) | trackbacks(0) |
ブルムボコ<25>


途中から「ボコの情景作品にするぞ!」と方向転換して、
急遽、作品に盛り込まれた「木」を仕上げていきます。


<木>

前回までのあらすじ:
幹部分は拾ってきたツツジか何かの枯れ枝。(を、煮沸消毒して乾燥させたもの)
そこにオランダドライフラワーの小枝を追加して、不自然な部分をエポパテで修正。
一旦、塗装してから水溶きボンドを霧吹きしながらパセリ的な物をふりかけた状態。

今作の舞台設定は「秋の終わり頃」なので、あまり元気イッパイに葉は付けません。



で、根っこがあった方が、それっぽく見えるということで、エポパテで根っこを追加。
硬化後、表面をラッカーパテで荒らしてテクスチャーを同化させています。



塗装して仮設置。
地面との隙間は、あとから腐葉土や雑草で隠せばイイのですが・・・



「根っこの周りって、こんもりしてるよね」と、直接エポパテを地面に盛って・・・



気付けば、そのまま埋め込んでしまったという。(´・ω・`)


--無理に取り外すと大惨事になりかねないので、そのまま作業続行--



道路と路肩のメリハリをつけるため、塗装で若干の色味を変えてツートーンに。



スタティックグラスを固着させてから、腐葉土部分に紅茶の出がらしを撒いた状態。



背の高い雑草や、枯れ枝なんかを追加していきます。



落ち葉はパセリだと形が雑過ぎて偽っぽさが増すので、
友人に借りた情景の本に書いてあった方法で量産。



今回は、たまたま持ってたポプリで量産したコレを、クドくならない程度にパラッと撒きます。



画面の半分を戦車が埋めるので、雑草はあまり多様せず、部分的なアクセント程度に。
木の葉っぱも紅葉の色味に塗装して、先ほど作った落ち葉も追加した状態。

そんなワケで簡単ではありますが、一先ずグラウンドワークは終了でおます。


 

これが友人に借りた有名な本。
大体の情報はこの一冊でまかなえます。

やっぱり定期的にこういう本読まなあきまへんな(´・ω・`)


 
 
| ガルパン無印 | comments(4) | trackbacks(0) |
劇場版、気になる絵画

劇場版BDも一通り見終えたので、ここらで休憩しつつ、
ガルパンの楽しみの一つでもある、隠れネタ探しを敢行中。
戦車道連盟理事長室には、都知事も垂涎の美術品が沢山!




有名なモネのソミュア。
情景にチャレンジしてみたいような、ものすごく面倒なような。。。



右の四式チト、最初見た時は量産型やと思ったんですが、
よ〜く見るとマフラーカバーの補強板から試作型のようにも見えますね。
これも、そのまま情景作品にしたいですが、夜景で月明かりをどうするかという・・・

あとはカッチョイイT35なんかが火を吹いてたり。


>次


<ヘッドホン向けのアレ>

前夜祭でも散々語られていましたが、BDにはこういうのが用意されています。



ヘッドホンで観賞する時はコレを選択します。

実際に、他の設定と聴き比べましたが、サラウンド云々より音質そのものが全く違います。
一万円ぐらいの安いヘッドホンでも、かなりいい感じになりました。
(ただし無線の物はかなり音質が劣化するので、この価格は参考になりません)

あと、意外と知らない人が多いのですが、
映画なんかの観賞時は普通のテレビスピーカーで見る場合、2.1chを選択するのが基本です。

<追記>

初期設定の5.1chはホームシアターなどスピーカーシステムを組んでいる環境に適したもので、
普通のテレビだと、小さな声が聞き取りにくかったり、爆発音が大き過ぎたりするのでご注意です。
個人の好みもありますが、大きな音が出せない環境では2.1chがオススメです。

また、これはガルパンに限らず、5.1chを設定している映画作品全般に言えることなので、
「なんか音のバランス悪いなぁ」とか思ったらメニューをチェックしてみてください。


 

ガルパンは音もいいぞ!
 

 
| ガルパン無印 | comments(2) | trackbacks(0) |
ブルムボコ<24>


どうも。
毎日、劇場版BDを鑑賞しては、同じ所で笑い、同じ所で泣き、
エンドロールでスタンディングオベーションの管理人です。

そんな、メンタルがみなぎっている間に、模型も進めていきます。



<グラウンドワーク>

今回は趣向を変えてスタイロフォームに直接、砂を撒く方法でいきます。
この方法だと、スタイロの形がそのまま仕上げに直結するので、
予め120番ぐらいの荒いペーパーを使用し、轍など地形そのものを作っておきます。

地面の立体が出来たら、
目止めと下地塗装を兼ねて、カラージェッソ(バーントアンバー)を直接筆塗りします。




ジェッソが乾いたら、戦車が接地する部分や、気に入らない部分をペーパーで整形したり、
表面の不自然な箇所を擦って均したりします。

次に、予め作っておいた木枠にハメ込んで、目立つ隙間を埋めていきます。


こういう角なんかが欠けていると、完成後に後悔するので↓



大きな隙間は粘土で埋めて、細かい隙間には壁補修材や石膏で対処します。



フチの隙間だけでなく、スタイロのボロっと剥がれた所なんかにも擦り込んでいきます。


--乾燥後、再びカラージェッソで下地を均一の色に整えて--



「砂or土」を撒くため”水溶きボンド”を塗布。
画像では何を血迷ったか筆を使っていますが、特段事情がない場合は霧吹を使います。



ここでやっと、以前作った蛙目粘土を固めて砕いた物を使います。
画像は無着色の天然色ですが、色味を変えたい場合はパステル粉なんかを混ぜればOK。



茶漉しなんかで振るいながら、満遍なく全体に撒き終えたら、
更に上から水溶きボンドを霧吹きで吹いて砂を固着させます。(新聞紙などで飛散対策を!)
今回は右下半分が道路の設定なので、完全に乾燥してから指で擦ってそれっぽくしました。

真ん中の穴は、戦車固定用ボルトの穴。
一応、中にワッシャを埋め込んで、ボルト自体の固定強度を高めています。


では、ちょっとガルパン見てきます。

 
| ガルパン無印 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/155PAGES | >>