過去記事テーマ別

管理人の買った物一覧

私家版戦車入門1: 無限軌道の発明と英国タンク
私家版戦車入門1: 無限軌道の発明と英国タンク (JUGEMレビュー »)
モリナガ ヨウ
世界初のタンク(戦車)が如何にして誕生し、どのような問題を乗り越えて進化して来たのか?蒸気トレーラーから英国の菱型戦車、ホイペットまでをまとめた決定版。
ガン&ガール イラストレイテッド 第二次大戦枢軸国編 (MC☆あくしずMOOK)
ガン&ガール イラストレイテッド 第二次大戦枢軸国編 (MC☆あくしずMOOK) (JUGEMレビュー »)

WW2枢軸陣営の小火器を紹介した女子イラスト付きのマジメな本。読みやすい構成で初心者にもオススメ。
大日本帝国陸海軍〈2〉―軍装と装備 明治・大正・昭和
大日本帝国陸海軍〈2〉―軍装と装備 明治・大正・昭和 (JUGEMレビュー »)
中田 忠夫
ややカタログっぽく編集されており、被服の細部(内側や背面など)を知ることは出来ませんが小物や拳銃、生活用品までかなりの数が全て写真で網羅されています。
The Soviet Soldier of World War Two
The Soviet Soldier of World War Two (JUGEMレビュー »)
Phillippe Rio
WW2ソ連兵の兵装を実写カラーでドカンと紹介。よほど特殊な設定以外この一冊で十分です。オススメ!全編英語
ストライクアンドタクティカルマガジン増刊 日本陸軍の戦車 2010年 11月号 [雑誌]
ストライクアンドタクティカルマガジン増刊 日本陸軍の戦車 2010年 11月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)
古是 三春,鈴木 邦宏,土居 雅博
最新の考証を元に八九式を中心に旧軍戦車を各型解説。写真やイラストも豊富で内装なども参考になります。オススメ!
Deutsche Soldaten: The Uniforms, Equipment and Personal Effects of the German 1939-1945
Deutsche Soldaten: The Uniforms, Equipment and Personal Effects of the German 1939-1945 (JUGEMレビュー »)
Agustin Saiz
これは凄い量の実物コレクション!ブーツやガスマスクなど一般的な装備品のバリエーションは勿論、マップケースの中身に時計やタバコまで、ドイツ兵の持ち物を殆ど網羅!巻頭から巻末までオールカラー写真で資料的価値抜群。オススメ!
※全編英語
図解 ヘビーアームズ (F-Files No.017)
図解 ヘビーアームズ (F-Files No.017) (JUGEMレビュー »)
大波 篤司
機関銃や迫撃砲、バズーカにロケットランチャーなど使用方法や各部品の意味など一問一答でスッキリ解説。銃器ビギナーの人に超オススメ。
Vision models 1/35スケール  【VA-9003】 帝国陸軍 九七式
Vision models 1/35スケール  【VA-9003】 帝国陸軍 九七式 (JUGEMレビュー »)

チハ系キットには欠かせないキャタ。価格、組み易さ、解像度も申し分ない定番商品。
末期の水物兵器集
末期の水物兵器集 (JUGEMレビュー »)
こが しゅうと
若干クセのある漫画と文章で、旧海軍兵器の中でもマニアックな物を局所的に徹底紹介!他のシリーズも濃イィ内容!
戦う広告―雑誌広告に見るアジア太平洋戦争
戦う広告―雑誌広告に見るアジア太平洋戦争 (JUGEMレビュー »)
若林 宣
戦時中に国内で使用された広告を年代ごとに紹介。当時の世相が分かる他に類を見ない貴重な資料。
British Web Equipment of the Two World Wars (Europa Militaria)
British Web Equipment of the Two World Wars (Europa Militaria) (JUGEMレビュー »)
Martin Brayley
英軍歩兵の装備品をカラー写真で紹介。色味やバリエーションを知るには良書ですが武器類は無し。価格的にもオススメ!
※全編英語
Stalin's War: Soviet Uniforms And Militaria 1941-45
Stalin's War: Soviet Uniforms And Militaria 1941-45 (JUGEMレビュー »)
Laszlo Bekesi
コレクターが集めたWW2ソ連軍の装備品や階級章のカラー写真集。マニアにとってはかなり薄い内容だが、ソ連軍初心者にはそこそこ資料的価値アリ。
※全編英語
第2次大戦ドイツ軍装ガイド
第2次大戦ドイツ軍装ガイド (JUGEMレビュー »)
ジャン・ド・ラガルド
オール実写による軍装ガイド。これ一冊で殆んどの正規バリエーションが把握できます。
ノーブル バックレスキューベルトチタン L(腰周り:78~94cm) 黒
ノーブル バックレスキューベルトチタン L(腰周り:78~94cm) 黒 (JUGEMレビュー »)

椅子に座ってると腰が痛い!
ってな人は試す価値アリ!
個人的には相当の効果を実感しています。
鋼鉄の最精鋭部隊―千葉戦車学校・騎兵学校 (日本陸軍の機甲部隊 1)
鋼鉄の最精鋭部隊―千葉戦車学校・騎兵学校 (日本陸軍の機甲部隊 1) (JUGEMレビュー »)

貴重な日本戦車の写真集です!戦車学校での訓練風景で構成され、全体の半分以上がチハ主体の写真ですがネットでは見られないレアなものばかり!チハファンは必携!
ドキッ乙女だらけの帝國陸軍入門
ドキッ乙女だらけの帝國陸軍入門 (JUGEMレビュー »)
堀場 亙,岡本 博信
萌えだと思って期待したらハズレですのでご注意を…列記としたミリタリー本です。
TUNODA 薄刃ミニニッパー 120mm TM-02
TUNODA 薄刃ミニニッパー 120mm TM-02 (JUGEMレビュー »)

某プラモメーカーから発売されている物のOEM版なのでプラモ制作に抜群の性能!しかも格安!
Les MAteriels radio de la Wehrmacht: German Radio Sets 1935-1945
Les MAteriels radio de la Wehrmacht: German Radio Sets 1935-1945 (JUGEMレビュー »)
Pierre Metsu
大戦中のドイツ軍無線機を全機種カラー写真で紹介。残念ながら和訳はないですが英訳はアリ。(値段が…)
陸軍機甲部隊―激動の時代を駆け抜けた日本戦車興亡史 (〈歴史群像〉太平洋戦史シリーズ (25))
陸軍機甲部隊―激動の時代を駆け抜けた日本戦車興亡史 (〈歴史群像〉太平洋戦史シリーズ (25)) (JUGEMレビュー »)

モデラー目線のディティール考察には向きませんが、日本戦車がどのように発展し各地でどう戦ったかを知るには良書。
Modelling the Marder Self-Propelled Gun (Osprey Modelling)
Modelling the Marder Self-Propelled Gun (Osprey Modelling) (JUGEMレビュー »)
Sam Dwyer, Robert Oehler

マーダー1,2D,3r,3M,3H のディティールアップ製作ガイド。
外人サンのテクを盗めます!
泥まみれの虎―宮崎駿の妄想ノート
泥まみれの虎―宮崎駿の妄想ノート (JUGEMレビュー »)
宮崎 駿
エース「オットーカリウス」の手記を元に末期ドイツ軍の泥沼の戦いを描写。
今までの「戦車感」が変わるかも?
第2次大戦各国軍装全ガイド (ミリタリー・ユニフォーム)
第2次大戦各国軍装全ガイド (ミリタリー・ユニフォーム) (JUGEMレビュー »)
ピーター ダーマン,マルカム マクグレガー,ピエール ターナー
WW2各国陸海空の軍服図鑑。
膨大な数だが、浅く広くといった感じなので、一国を集中的に調べたい人には不向き。
日本戦車隊戦史―鉄獅子かく戦えり
日本戦車隊戦史―鉄獅子かく戦えり (JUGEMレビュー »)
上田 信
帝国陸軍戦車部隊が各戦線でどのように戦ったのか、図解を交えて年代ごとに相手装備と比較しながら紹介。
イラスト中心なので文章が苦手な人でも大丈夫!(写真は無し)
ビジュアルガイド WW2戦車〈1〉電撃戦
ビジュアルガイド WW2戦車〈1〉電撃戦 (JUGEMレビュー »)
川畑 英毅, 吉原 幹也
WW恐そ戦線好きなら持っておきたい一冊。
ドイツ、ソ連は勿論、フランスやポーランド等、欧州のあらゆる戦闘車両を広く浅く紹介。マイナー車種など豆知識にいいかも。
アハトゥンク・パンツァー〈第7集〉1号戦車、2号戦車と派生型編
アハトゥンク・パンツァー〈第7集〉1号戦車、2号戦車と派生型編 (JUGEMレビュー »)
尾藤 満
言わずと知れたモデラーの為の資料本。 詳細図と写真で各型を詳しく解説。
特二式西<近況>


生活も平常通りに戻りまして、
模型イベント「SMF9」に向けて、製作再開で御座います。


<ビキ西>

9月も末となりましたが、幸い、夏の暑さが続いております故、

海だ!ビキニだ!特二式だ!というテンションをキープ出来ております。

とはいえ、

フィギュア塗りは、ここからが、緊張の連続なのでありますが・・・


蒸し暑い。(;´Д`)

 

 

| ガルパン無印 | comments(0) | trackbacks(0) |
血液検査結果

 




今日は午後から真夏の暑さで御座いましたが、
例の「ハ◯カ(かも知れない)」の結果が通知されました。






結論から申しますと、

「弱〜く発症した可能性はあるけど、断定は出来ない」

という、極めて微妙な結果らしく、

片方の数値では、既に抗体を持っているという結果も出まして、

平常な状態で再度血液検査をしたら、もっと少し絞りこめるようなのですが、

「もう熱も下がって症状も出てないからイイよね」的な空気で、お開きとなった次第。

要するに、この「麻疹」というヤツは、

検査結果が出る頃には、既に治っている可能性が高いということで、

「疑わしきは座敷牢」が、最も世のため人のためであると理解しました。



御見舞コメント有難うございました。


 

 

| - | comments(2) | trackbacks(0) |
リボンの武者(5)巻

 


早いもので、リボンの武者も5巻で御座います。



今回は、我らが”ハンバーグ姫”エリカ様の活躍ざます!



4巻の表紙では完全に姿を消してしまった相棒の松風嬢。
影もトーンも薄いものの、素晴らしき果実の隙間から存在をアピール。




↓以下、全く内容に触れない個人的ツボレビュー↓

 

 

続きを読む >>
| アニメ、コミック感想 | comments(6) | trackbacks(0) |
紫電改のマキ(7)巻


すっかり熱も下がり、後は検査結果を待つばかりの管理人。
この季節、マスク生活というのは、なかなかに蒸せるのであります。


そして本日、
台風の真っ只中、郵便配達員殿の決死の覚悟と不屈の精神により、
「紫電改のマキ(7)巻」が到着いたしました!




表紙を飾るのは、最近ハセガワからキットも出た、高縞平の”湯音・ヘルシュタイン”
もうね、帯に殆ど最後まで内容が書かれていますね。



そして、



前巻で、散々ワルさブッこいた小学生”仲善みかぜ”が石神女子に編入。
近年、何かと小学生が飛び級するのが流行っておりますな。



↓以下、殆ど内容と関係ないレビュー↓

続きを読む >>
| アニメ、コミック感想 | comments(2) | trackbacks(0) |
1/72二式カミ<18>

さて、AFVの会は残念ながら欠席しましたが、
秋は模型イベントが集中して御座います。


次は大阪ボークス主催のS.M.F 9モデラーズフェスティバルが、
がっぷり四ツでバッティングしておるワケですよ!



幸い、両イベント共に開催日は2日間なので、連チャン可能な人はどちらも楽しめます。
因みに私はS.M.Fの方に出展しつつ、どちらかの日をモデフェス観覧に当てる予定。

電車賃だけでも結構なモンですけどね(´・ω・`)



<波、終盤>

船体と海の隙間をジェルで埋めていきます。
あとは、走行波を盛って、綿で泡のテクスチャ付けて、と同じ作業の繰り返し。


>次


<人形も仕上げへ>

「今回は描くぞ!」などと思っていましたが、このスケールのアニ目だと、
デカールの方が”早い、キレイ、修正がラク”と、いつも通りのミラクルデカールで量産。



>>>写真撮り忘れにより途中省略>>>



<展望塔内のモブ子>

出来たデカールを貼って、展望塔内にモブ子をセット。

(アップで見ると砲塔の塩汚れが単に汚いだけと気付く)


これを、通常の照明角度で見ると・・・



Oh・・・

まぁ、伽藍堂よりは随分とマシじゃないでしょうか(棒
インテリア的なのって、こんなモンですよ。ハハッ!


そんな事より、船体の仕上げが全くもって不十分なので、
三度、引き篭もります。



 
| ガルパン無印 | comments(2) | trackbacks(0) |
熱が下がらない!

 

 


いや〜まいりました!

関西AFVの会を目前にして熱病にやられまして

初めの内は「体力低下でよくあるヤツやろ」とナメてかかっていたのですが、

一向に熱が下がらず、それどころか体中に発疹が出てきたので、

「こ、これは、今流行りのハ◯カとちゃうんか・・・」とビビリまくりスティ。





「白黒ハッキリ付けたるでぇ!」と、すぐに近所の内科へ駆け込んだのですが、

インフル的なヤツと違い、血液採取して、それをなんちゃらセンターへ送って、

しかも「連休を挟むので結果が出るのに一週間はかかります」と・・・





単に熱だけなら、解熱剤と栄養ドリンクでどうにでもなるのですが、

ウィルス的なアレだと他人様に迷惑が掛かると共に、

未来永劫「ハ◯カさん」の汚名を着せられ、

以降、模型イベントの会場へ行く度、ちょっとチャラい感じの人に、

「ハ◯カさん、ち〜っす!今回はエ◯ラとかッスか?勘弁してくっさいよぉw」

などと嫌味な言葉を浴びせられ、半径2メートル内には誰も近寄らず、

こちらから話しかけても、急に用事を思い出したり、忙しいアピールで、

あからさまに避けられるワケでありますよ。※個人の妄想です





そんな誰も得をしない惨めな模型人生を歩むぐらいなら、

今回は参加を断念するのが、世のためでも自分のためでもあると判断した次第。

「つか、そんな写真撮って遊んでるから治らんのちゃうんか?」

などという声も聞こえてきそうですが、




もし、本当にハ◯カだとしたら、一生に一度の貴重な体験なワケですよ?

一度、抗体が出来たら二度と感染しないんですよ?

しかも、丁度、シカのマスクを持ってるなんて、まさに奇跡!

これを記録しないなんて、末代までの恥でしょう。






そんなワケで、僕は暫く家でゴロゴロしてますんで、

皆様、存分に連休を楽しんでください!




 

| - | comments(5) | trackbacks(0) |
1/72二式カミ<17>


関西AFVの会は18日ですよ。

今日は14日ですね。

まだフィギュアの下地すら塗ってませんよ。






<操舵ロープ>

水上航行する場合、後部フロートの舵を動かすためのロープ(素材は知らない)が付きます。
位置は点線で示した通り。




今回はこの釣り糸でまいりませう。




1/72だとパーツが一体成型なので、各コマには予め穴を開けておき、糸を通します。




糸が通ったら、各突起パーツに瞬間接着剤を付けて、引っ張りながら固定します。




最後にアクリルガッシュのグレーで塗装して完了。


>次


<ビキ西>

あと前髪を付けたら、とりあえず完成形にはなります。
「間に合わない」に1万ペソ。


>次



<RS200氏の大作>

せっかくカメラを買ったので、先日、近所のガルパンモデラー”RS200”氏宅へ、
カメラ自慢を兼ねて、お茶とお菓子をたかりに行ってきました。

ところが、氏の新作が予想を上回るスゴイ仕上がりで、ガチで何枚か撮ってきた次第。
ホビコムやTINAMIにもUPしているそうなのでチェック!


・・・

いやいや、こんなことしてる場合やおまへんがな。

手を動かせ!!(´・ω・`)

 

| ガルパン無印 | comments(0) | trackbacks(0) |
1/72二式カミ<16>


阪神な私個人としましては、
カープが優勝するのは、他球団が優勝するのと異なる感覚でして、
広島東洋カープというのは「対戦相手ではあるけど親近感がある」というか、
所謂ひとつの、ツンデレというか、率直に申し上げて・・・

優勝おめでとうございます。

----

そんなワケで、どうにかこうにか、海も終盤に辿り着きました。


<海で使った塗料>

今回使った塗料は、この3本だけ。
中でも、ガイアのクリアーホワイトには、色調修正やら波のエッジ表現やらで助けられました。


>次


<波の造形>

ここからは、「波」そのものを造形してきます。
まず最初に使うのは「スーパーヘビージェルメディウム」。
これで、大きめの立体的な部分を作っていきます。



かなりの硬度で、感触としてはモデリングペーストのイメージ。
パテ細工と同様に、調色スティックで盛り付けていきます。



こんな感じで、カタチを重視して盛り付け。
乾燥したら完全に透明化するので、白波にする場合は、乾燥後、この上から綿を使います。


>次


<荒れた海面を表現>

先ほどのスーパーヘビーよりも液体状のメディウムで、荒れた海面を作ります。



画像では筆で塗り付けていますが、調色スティック等でもコントロールしやすいです。
(筆だと豪快に刷毛目が残るので、ヘラ系がオススメ)



こんな感じで、バシャバシャとぶつかり合う水面を作るのに最適です。



あまり荒らしたくない部分には、最初から使用しないか、
このように指にラップを巻いて、水を付けながら表面を均してやると、なだらかになります。


>次


<静かな海面を表現>

先ほどのジェルメディウムより、更に液体状になったもの。



ここまでの作業で出来た不要な刷毛目や凸凹を滑らかに整えていきます。


>次


<表面を水っぽく仕上げる>

最後はコレを塗ってツヤを出します。



ここまでのモノとは違い、ほぼ液体です。
これは筆で塗るだけなのですが、雑にやると気泡が出来てしまうので丁寧に。
もし気泡が出来たまま乾燥してしまうと修正が大変なので、
塗った後はすぐ入念にチェックして、気泡を見つけたら針なんかで潰しましょう。



>船体をハメ込む。




ここからは、いよいよ船体を巻き込んだ作業となります。
一度ジェルを流し込んだら、取り外すことは超困難・・・


失敗の許されない(多分)緊張感が膀胱を刺激してきやがります・・・

 

| ガルパン無印 | comments(4) | trackbacks(0) |
デジイチを試す


〜前回までのあらすじ〜


一眼での模型撮影に夢と希望を見出した管理人。

購入当初は純粋に、旅先での思い出撮影だけを考えていたのだが、

予想以上の接写効果と画質の安定感を目の当たりにし、野望と欲望が沸々とたぎり・・・



<コンバーターレンズを買う>

「マクロレンズはカメラがもう一台買えるぐらい高いし・・・」
「買ったとしても理想の結果が得られるとは限らないし・・・」



そんな庶民の強い味方!
コンバーターマクロレンズ「MCON-P02」なるモノを買ってみました!





これが、そのレンズ。
要は、カメラレンズの先端に追加で装着する虫メガネのようなもの。




適合するかはメーカーホームページでも確認できますが、
Mフォーサーズ規格レンズのフィルターサイズ(丸囲み内の数値)が3746ならOK。




ネジ込み式で、初期レンズにそのままクリクリっと簡単装着。



では!いざ尋常にテストショットでござる!



<コンバーターレンズ無し>

まずはノーマルの状態。
「14-42mm F3.5」のレンズで、被写体に限界まで寄った状態。
被写体の左フェンダー前端の角からの距離を基準としています。


>撮る



合格でゴザル!
野外撮影なので限界まで絞って被写界深度を稼いでいますが、
一枚でここまで全体が写れば優秀であります。

砲塔アンテナ折れてるけど。


>次


<コンバーターレンズ有り>

マクロコンバーターを装着して限界まで寄った状態。
距離の基準は先ほどと同じく、左フェンダーの前端の角。


>撮る



合格に候!!
流石にここまで接写すると周囲のボケが目立ちますが、本撮りでは深度合成するので問題なし。

今回はテストということで、簡単に光量が得られる屋外で撮影しましたが、
問題は、室内照明でどれだけキレイに撮れるかでありますな。。。



 


マイクロフォーサーズ規格のライトユーザーの皆様!これは使えまっせ!
※お手持ちのレンズに適合するかご確認下さい。

 


 

 

| 資料、道具、実験 | comments(4) | trackbacks(0) |
デジイチを買う

 


関西AFVの会が迫ってまいりました。

カミ車の海で苦戦している場合では御座いません。

ビキニの西絹代だってスクラッチせねばならぬのです。

あぁ!時間がっ!!




そんな中、ミラーレス一眼なるモノを買ってみました。(´・ω・`)



<オリンパス OM-D E-M10 Mk2>

お出かけカメラとして、お財布にも優しいミラーレス入門機。

「お!これで模型撮ったらスゴイんちゃうん!?」と思われた方もおられるでしょうが、
私は個人的に「模型の接写はコンデジ最強説(※異論は認める)の人間でして、
理由は「一眼は被写体にレンズから1センチの距離まで寄れない」という事。
要は、模型撮影において最も重要視しているのがパースなのであります。
例えば、博物館で実物の戦車を撮影する時に付くパースを1/35で再現するには・・・ry

※パースを必要としない女子人形などの撮影では画質の点で一眼最強の立場です。

土下座と訂正:
本機で1/35戦車模型のテスト撮影を試みたところ、かなりイケちゃうことが判明しました。
「模型接写は一眼よりコンデジが勝る説」は一晩で覆りました。ゴメリンコ<(_ _)>

ただし、1/72などミニスケールになると、1センチまで寄れるコンデジが有利でありましょう。


(中略)

「じゃあ何の為に買ったねん」と申しますと、

イベント会場でおネェチャンをエロくキレイに撮りたいからであります!
(ワテがそれ以外に一眼なんて持つ理由がドコにありまんねんな!)


もとい、展示会などで素晴らしき作品群をバシィッ!っと撮影したいワケです。
(あと、オッサンが嫁はんのピンクのコンデジ構えるよりカッコエエかなぁ・・とか)



この機種に決めた一番の要因は、何と言ってもダイヤルの多さ。
オーディオなんかでも、ツマミ類の絶妙なトルクに価値を求めるタイプなので、
ゴツゴツしたアナログな操作感はタマランのであります。
秋の夜長に分厚い説明書を読みふけるのもイイですねぇ。。。

そんなワケで、SDカードを買い忘れた管理人、テスト撮影は後日。


時間が。。。時間がぁ!!

 

 

| 資料、道具、実験 | comments(6) | trackbacks(0) |
| 1/158PAGES | >>