過去記事テーマ別

管理人の買った物一覧

私家版戦車入門1: 無限軌道の発明と英国タンク
私家版戦車入門1: 無限軌道の発明と英国タンク (JUGEMレビュー »)
モリナガ ヨウ
世界初のタンク(戦車)が如何にして誕生し、どのような問題を乗り越えて進化して来たのか?蒸気トレーラーから英国の菱型戦車、ホイペットまでをまとめた決定版。
ガン&ガール イラストレイテッド 第二次大戦枢軸国編 (MC☆あくしずMOOK)
ガン&ガール イラストレイテッド 第二次大戦枢軸国編 (MC☆あくしずMOOK) (JUGEMレビュー »)

WW2枢軸陣営の小火器を紹介した女子イラスト付きのマジメな本。読みやすい構成で初心者にもオススメ。
大日本帝国陸海軍〈2〉―軍装と装備 明治・大正・昭和
大日本帝国陸海軍〈2〉―軍装と装備 明治・大正・昭和 (JUGEMレビュー »)
中田 忠夫
ややカタログっぽく編集されており、被服の細部(内側や背面など)を知ることは出来ませんが小物や拳銃、生活用品までかなりの数が全て写真で網羅されています。
The Soviet Soldier of World War Two
The Soviet Soldier of World War Two (JUGEMレビュー »)
Phillippe Rio
WW2ソ連兵の兵装を実写カラーでドカンと紹介。よほど特殊な設定以外この一冊で十分です。オススメ!全編英語
ストライクアンドタクティカルマガジン増刊 日本陸軍の戦車 2010年 11月号 [雑誌]
ストライクアンドタクティカルマガジン増刊 日本陸軍の戦車 2010年 11月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)
古是 三春,鈴木 邦宏,土居 雅博
最新の考証を元に八九式を中心に旧軍戦車を各型解説。写真やイラストも豊富で内装なども参考になります。オススメ!
Deutsche Soldaten: The Uniforms, Equipment and Personal Effects of the German 1939-1945
Deutsche Soldaten: The Uniforms, Equipment and Personal Effects of the German 1939-1945 (JUGEMレビュー »)
Agustin Saiz
これは凄い量の実物コレクション!ブーツやガスマスクなど一般的な装備品のバリエーションは勿論、マップケースの中身に時計やタバコまで、ドイツ兵の持ち物を殆ど網羅!巻頭から巻末までオールカラー写真で資料的価値抜群。オススメ!
※全編英語
図解 ヘビーアームズ (F-Files No.017)
図解 ヘビーアームズ (F-Files No.017) (JUGEMレビュー »)
大波 篤司
機関銃や迫撃砲、バズーカにロケットランチャーなど使用方法や各部品の意味など一問一答でスッキリ解説。銃器ビギナーの人に超オススメ。
Vision models 1/35スケール  【VA-9003】 帝国陸軍 九七式
Vision models 1/35スケール  【VA-9003】 帝国陸軍 九七式 (JUGEMレビュー »)

チハ系キットには欠かせないキャタ。価格、組み易さ、解像度も申し分ない定番商品。
末期の水物兵器集
末期の水物兵器集 (JUGEMレビュー »)
こが しゅうと
若干クセのある漫画と文章で、旧海軍兵器の中でもマニアックな物を局所的に徹底紹介!他のシリーズも濃イィ内容!
戦う広告―雑誌広告に見るアジア太平洋戦争
戦う広告―雑誌広告に見るアジア太平洋戦争 (JUGEMレビュー »)
若林 宣
戦時中に国内で使用された広告を年代ごとに紹介。当時の世相が分かる他に類を見ない貴重な資料。
British Web Equipment of the Two World Wars (Europa Militaria)
British Web Equipment of the Two World Wars (Europa Militaria) (JUGEMレビュー »)
Martin Brayley
英軍歩兵の装備品をカラー写真で紹介。色味やバリエーションを知るには良書ですが武器類は無し。価格的にもオススメ!
※全編英語
Stalin's War: Soviet Uniforms And Militaria 1941-45
Stalin's War: Soviet Uniforms And Militaria 1941-45 (JUGEMレビュー »)
Laszlo Bekesi
コレクターが集めたWW2ソ連軍の装備品や階級章のカラー写真集。マニアにとってはかなり薄い内容だが、ソ連軍初心者にはそこそこ資料的価値アリ。
※全編英語
第2次大戦ドイツ軍装ガイド
第2次大戦ドイツ軍装ガイド (JUGEMレビュー »)
ジャン・ド・ラガルド
オール実写による軍装ガイド。これ一冊で殆んどの正規バリエーションが把握できます。
ノーブル バックレスキューベルトチタン L(腰周り:78~94cm) 黒
ノーブル バックレスキューベルトチタン L(腰周り:78~94cm) 黒 (JUGEMレビュー »)

椅子に座ってると腰が痛い!
ってな人は試す価値アリ!
個人的には相当の効果を実感しています。
鋼鉄の最精鋭部隊―千葉戦車学校・騎兵学校 (日本陸軍の機甲部隊 1)
鋼鉄の最精鋭部隊―千葉戦車学校・騎兵学校 (日本陸軍の機甲部隊 1) (JUGEMレビュー »)

貴重な日本戦車の写真集です!戦車学校での訓練風景で構成され、全体の半分以上がチハ主体の写真ですがネットでは見られないレアなものばかり!チハファンは必携!
ドキッ乙女だらけの帝國陸軍入門
ドキッ乙女だらけの帝國陸軍入門 (JUGEMレビュー »)
堀場 亙,岡本 博信
萌えだと思って期待したらハズレですのでご注意を…列記としたミリタリー本です。
TUNODA 薄刃ミニニッパー 120mm TM-02
TUNODA 薄刃ミニニッパー 120mm TM-02 (JUGEMレビュー »)

某プラモメーカーから発売されている物のOEM版なのでプラモ制作に抜群の性能!しかも格安!
Les MAteriels radio de la Wehrmacht: German Radio Sets 1935-1945
Les MAteriels radio de la Wehrmacht: German Radio Sets 1935-1945 (JUGEMレビュー »)
Pierre Metsu
大戦中のドイツ軍無線機を全機種カラー写真で紹介。残念ながら和訳はないですが英訳はアリ。(値段が…)
陸軍機甲部隊―激動の時代を駆け抜けた日本戦車興亡史 (〈歴史群像〉太平洋戦史シリーズ (25))
陸軍機甲部隊―激動の時代を駆け抜けた日本戦車興亡史 (〈歴史群像〉太平洋戦史シリーズ (25)) (JUGEMレビュー »)

モデラー目線のディティール考察には向きませんが、日本戦車がどのように発展し各地でどう戦ったかを知るには良書。
Modelling the Marder Self-Propelled Gun (Osprey Modelling)
Modelling the Marder Self-Propelled Gun (Osprey Modelling) (JUGEMレビュー »)
Sam Dwyer, Robert Oehler

マーダー1,2D,3r,3M,3H のディティールアップ製作ガイド。
外人サンのテクを盗めます!
泥まみれの虎―宮崎駿の妄想ノート
泥まみれの虎―宮崎駿の妄想ノート (JUGEMレビュー »)
宮崎 駿
エース「オットーカリウス」の手記を元に末期ドイツ軍の泥沼の戦いを描写。
今までの「戦車感」が変わるかも?
第2次大戦各国軍装全ガイド (ミリタリー・ユニフォーム)
第2次大戦各国軍装全ガイド (ミリタリー・ユニフォーム) (JUGEMレビュー »)
ピーター ダーマン,マルカム マクグレガー,ピエール ターナー
WW2各国陸海空の軍服図鑑。
膨大な数だが、浅く広くといった感じなので、一国を集中的に調べたい人には不向き。
日本戦車隊戦史―鉄獅子かく戦えり
日本戦車隊戦史―鉄獅子かく戦えり (JUGEMレビュー »)
上田 信
帝国陸軍戦車部隊が各戦線でどのように戦ったのか、図解を交えて年代ごとに相手装備と比較しながら紹介。
イラスト中心なので文章が苦手な人でも大丈夫!(写真は無し)
ビジュアルガイド WW2戦車〈1〉電撃戦
ビジュアルガイド WW2戦車〈1〉電撃戦 (JUGEMレビュー »)
川畑 英毅, 吉原 幹也
WW恐そ戦線好きなら持っておきたい一冊。
ドイツ、ソ連は勿論、フランスやポーランド等、欧州のあらゆる戦闘車両を広く浅く紹介。マイナー車種など豆知識にいいかも。
アハトゥンク・パンツァー〈第7集〉1号戦車、2号戦車と派生型編
アハトゥンク・パンツァー〈第7集〉1号戦車、2号戦車と派生型編 (JUGEMレビュー »)
尾藤 満
言わずと知れたモデラーの為の資料本。 詳細図と写真で各型を詳しく解説。
1/700コルベット<2>


ようやく扇風機を使わなくて済む気候となりました。
こうなってくると、室内でコツコツと作業をするのが勿体ない気分になり、
ついついアウトでドアをしたくなるのですが、まだインとアウト均衡を保っております。



<チンアナゴ>

これの名称は・・・『通風筒』ですかね?
キットパーツは開口部が埋まっているので、全部、ドリルとルータを使って刳り貫きました。
細かいパーツ故、なかなかの修行にて御座います。


>次


これ、所謂『カッターボート』なのですが、いくら1/700でも違和感がハンパないワケです。



仮置きしてみました。どう見たってオカシイですよね?
もはや、ただのイカダですよ。

とは言え、アフター豊富な日本海軍パーツでも色々と違い過ぎて代用できず、
苦悩すること約15分。。。



ふと見れば、『エクセター』のランナーに同じ形式と思しきボートが!!(ただし予備は無い)
同じ”アオシマ”の製品とは思えぬクオリティの格差に驚愕しながら、


「なんでや!なんでエクセターで出来て、コルベットで出来へんねん!!」
と、そこそこの声量でボヤきながら、そそくさと所謂『おゆまる』でコピーにて候。
バリを取って磨き込めば十分使えるモノが複製出来ました。
(使用した具の材料はエポキシパテ)


>次


木甲板シートが付属する豪華キットでは御座いますが、どうもそのシートを貼るのに抵抗がある管理人。
元パーツの上からそのまま貼ったら、シートの厚み分、段差が出来るワケですから、
ただでさえ妙に盛り上がっている錨甲板を、これ以上、違和感の塊にしたくないという思いから↓


水性アクリルガッシュで筆塗りすることに致しました。



絵の具を水で薄めながら、適当に混色して、ひたすらタテに筆を動かす簡単なお仕事。
小面積ならば何とか誤魔化せると感じた次第。(空母ぐらいになると厳しい予感)


 

つづく


 

| 海モノ | comments(0) | trackbacks(0) |
1/700コルベット<1>


というワケで、再び海へ。
人生初の英国艦は『フラワー級コルベット』と相成りました。



アオシマから発売の『重巡エクセター』がオマケで付いて来るお得なキット。



前期後期が作り分け可能なコルベット2隻入りで、エッチングと木甲板シートも2隻分入っています。



<制作開始>

アンカーチェーンやボラードはかなり簡略化されており、イジリ甲斐がありそう。



後部も気にしだしたらキリが無いので、取り敢えず、船体の縁だけ薄く削っておきます。
(小さなポコポコは全部爆雷で、実際は専用のラックに乗っているらしい)


で、甲板上の爆雷は全く触る気になりませんが、投下台の中身はプラ棒で自作して装填します(´・ω・`)


>次


エッチングの階段は、特に考証されているワケではないようで、”艦船模型共通”の形となっています。
干渉する所はガンガン加工していきます。



前述のアンカーチェーンをカットして、ボラード部分をプラ棒で嵩上げ。
艦橋前部の波除けの板を薄削りして、一先ずサフを吹いた図。


>次


主砲です。
こういう小さな艦が一層オモチャっぽくなるか否かを決定付けるパーツと言って過言ではありますまい。



このままでは、とてもじゃありませんが使い物になりませぬ。

が、


そこはバッチリ、ご安心ください。
エッチングによる防盾が付属します故、それなりの体裁が保てる次第。



とは言え、野太いプラパーツにそのまま装着出来るハズもなく・・・
それなりの加工を要するため、万人向けとは言い難く・・・


>次


撮り忘れてましたが、船体の舷窓やらパネルラインは自分で調べて再現する必要があります。
また、『フラワー級コルベット』と一括りに言っても結構な個体差があるので、
細部が気になっちゃう人は、なるべく写真の多く残っている艦を選ぶのが無難であります。

そんな私は、いつもの通り適当です!(`・ω・´)


 

つづく
| 海モノ | comments(0) | trackbacks(0) |
1/72・特四式内火艇カツ<完>



画像クリッコでギャラリーページへ移動


なんやかんやで、もう少し色味やコクを追加して完成で御座います。
スケールが小さい故のデリケートな扱いは致し方ないとして、特に難儀した箇所も無い良キットでした。
もう少しディテールアップ出来た所はありますが、今回はこれにて!

さてお次は・・・

このまま陸に上がると見せかけて・・・

魅惑の英国海軍に取り掛かります!

 
| 日本モノ | comments(3) | trackbacks(0) |
1/72・特四式内火艇カツ<4>


はね〇ド!』が終わって、吹雪ロスの管理人です。
いやもう中盤以降、吹雪のサイコっぷりはサイコーでしたね(´;ω;`)
あと『ちおちゃん〇通学路』も良かったですね。オヂサンは真奈菜ロスですよ(´;ω;`)

でもって、この秋は『ティラミス』『ゴールデンカムイ2期』と、
そして、不安イッパイの祝『転スラ』アニメ化。(声がシックリ来ないのはお約束)

・・・振り向けば、録るの3本だけやん!


<忘れていたディテール>

画像は『吊り下げフック』を再現すべく、元の塊を切除しているところ。



ご覧の4点を真鍮線に置き換えて候。

同様に、各ハッチの”取っ手”も、物理的に全部再現可能ではあるのですが、
「可能やからヤル、というのは違うんちゃうかな?」と、天の声が聞こえた気がしたので、今回は放置。
決して「効果低い割に数多いし面倒やん」とか、そんな理由では御座いませぬ故。


>次


基本色を塗ります。
カツの基本色については訓練時の証言が残っており、ズバリ『緑』だそうです。
が、もし『竜巻作戦』が実行されていたら何色か?については、各々で自由に造像を膨らませることが出来るので、漆黒の暗闇で奇襲を仕掛けるならば、私は『黒一色』と思っておりますが、しかし「模型で真っ黒は難しくない?」と、面白さと無難さを天秤に掛け悩んだ末、思考を止めて”緑単色”に落ち着いた次第。



さて、長い模型休眠で塗装方法も色々と記憶が抜け落ちており、実に味気無い基本塗装に。。。。
そう、以前なら、こういう平面の単色塗装は”ラッカー筆塗り”していたハズ。
それが、何故かエアブラシで下地の影やムラまでガッツリ塗り潰してしまうという。。。
(あ、右端に写っている黒いパーツは本車と関係ありません)


>次


基本色を塗ったら、先に複雑な車体下部に墨入れと軽い汚しを施してから履帯を装着。



履帯の長さに少し余裕があったので、誘導輪を切り離して隙間が出来ぬよう調整しました。


>次


あまりにノッペリした色彩だったので、ここぞとばかりにフィルタリングの練習をば。
以前、話のネタで買った『ウェザリングカラー』の黄色と青をポンポンと置いていきまして、


筆やら綿棒で滲ませながら、ついでに紫も被せてみたらこう成りました。



次に、錆表現。
カツは基本的に『海のモノ』なので、訓練毎に徹底的に水洗いされたとか、何かの記事で読んだ記憶があり、
故に、あまり豪快なサビ表現は控えた方が良いと判断しました。



で、海と言えば、塩害と日焼けによる退色というワケで、積極的に白を使います。
ウェザリングカラーの白でも良いのですが、コントロールが難しいので、パステル粉を使用します。



こんな感じでしょうか。もっとやってもエエかな?



天面にも汚しを施して、取り敢えず塗装は一段落。


>次


忘れてましたが、前照灯は刳り貫いて自作レンズをハメ込み。



資料を眺めていたら、結構目立つ所にハンドルが付くようなので、ジャンクストックから適当に選んで、



ハンドル追加。
キットにはハンドルの取り付け基部が再現されているので、簡単にディテールアップ出来ます。



「ところでこの魚雷を見てくれ、コイツをどう思う?」
「すごく・・・いや、ちょっと短いタイプです(´・ω・`)」

とある資料では『二式魚雷』という物で、「後期の甲標的にも採用された」らしく、
要は、水上艦艇に積むフルサイズの魚雷ではなく、航空魚雷のようなコンパクトな物ですナ。
さて、魚雷の色も悩むところですが、模型的に分かりやすい標準塗装で仕上げてみました。
これも”作戦実行時”は、本体ごと真っ黒に塗ったことであろうと個人的に想像します。



魚雷を固定するバンド。
エッチングの加工で、最も難しい現物合わせの曲線加工で御座います。
プラペーパーなんかで代用出来そうですナ。



魚雷を固定しますと、ますます「なんじゃこりゃ」感がハンパないですね。
どうやって発射するのかと申しますと、固定バンドを外してそのまま海に転がり落とすそうな。
「こんなモン、ほんまに命中するんかいなw」と素人でも疑ってしまいますが、
操舵室の天面についている双眼鏡みたいな物が『照準器』で、その隣の小さな突起は『羅針儀』だそう。
我が海軍はかなり本気だったようです。。。





最後に、同じ1/72スケールの旧軍車両と並べてみました。
カツ単体で見ると、機銃のサイズ感で錯覚を起こしますが、この機銃は艦艇に搭載する対空機関砲で、
口径は13mmもあり、とてもじゃありませんが”ランボー撃ち”とか出来るような代物では御座いません。

さすが船、デカイですナ。
そんなワケで、撮影ハイリマース!

 

| 日本モノ | comments(0) | trackbacks(0) |
1/72・特四式内火艇カツ<3>


毎週のように台風がやってまいりますが、
毎度テレビで傘が吹き飛ばされる人の映像を見ると、
「もうボチボチ、一人ぐらいそのままフワッと飛んじゃうんじゃない?」などと思う反面、
「実は傘というのは、人が飛ばされないようワザと壊れる設計になっているのではないか?」
などと妄想し、テレビ屋的には”傘ごと人が飛んでいく絵が撮れたら最高”なのでしょうが、
庶民的には『飛ぶか、反るか』で、お茶の間を沸かせるより、素直に『雨合羽』を推奨いたします。



さて、作業は車体上部構造物へとまいります。
操舵室は”箱組み”で、舵輪やらレバーやらが再現されております。



側壁の内側には、大胆な押し出しピン痕が施されているので、出来るだけ消しましょう。
後面は吹き抜けなので、完成後もガッツリ見えます。



エッチングは窓部分に最低限のパーツのみ。



で、この丸囲み部分。



組説にはこのような”台”が描かれており、その他の資料にも”台”が確認できるのですが、
残念ながらこのキットには、このパーツが含まれておりまぬ。(単純なミスかとお見受けします)



幸い、単なる四角の板なので、取り敢えずプラ板で自作というこになります。



このアンテナは大型無線機が取り付けられた『指揮車両』のみの仕様らしく、
配下の各車両は携帯無線機を搭載したため、そちらを再現する場合は恐らく基部ごと無いと思われます。


>次


魚雷のスクリュー。
頑張って薄削りするか、鬼仕様のエッチングパーツにするか5秒ほど悩みましたが、薄削りで。



魚雷本体は一発抜きのため、簡単にパーティングラインを処理するだけで使用可能。
反りや変形も無く好印象であります。

 

つづく
| 日本モノ | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/346PAGES | >>