過去記事テーマ別

管理人の買った物一覧

私家版戦車入門1: 無限軌道の発明と英国タンク
私家版戦車入門1: 無限軌道の発明と英国タンク (JUGEMレビュー »)
モリナガ ヨウ
世界初のタンク(戦車)が如何にして誕生し、どのような問題を乗り越えて進化して来たのか?蒸気トレーラーから英国の菱型戦車、ホイペットまでをまとめた決定版。
ガン&ガール イラストレイテッド 第二次大戦枢軸国編 (MC☆あくしずMOOK)
ガン&ガール イラストレイテッド 第二次大戦枢軸国編 (MC☆あくしずMOOK) (JUGEMレビュー »)

WW2枢軸陣営の小火器を紹介した女子イラスト付きのマジメな本。読みやすい構成で初心者にもオススメ。
大日本帝国陸海軍〈2〉―軍装と装備 明治・大正・昭和
大日本帝国陸海軍〈2〉―軍装と装備 明治・大正・昭和 (JUGEMレビュー »)
中田 忠夫
ややカタログっぽく編集されており、被服の細部(内側や背面など)を知ることは出来ませんが小物や拳銃、生活用品までかなりの数が全て写真で網羅されています。
The Soviet Soldier of World War Two
The Soviet Soldier of World War Two (JUGEMレビュー »)
Phillippe Rio
WW2ソ連兵の兵装を実写カラーでドカンと紹介。よほど特殊な設定以外この一冊で十分です。オススメ!全編英語
ストライクアンドタクティカルマガジン増刊 日本陸軍の戦車 2010年 11月号 [雑誌]
ストライクアンドタクティカルマガジン増刊 日本陸軍の戦車 2010年 11月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)
古是 三春,鈴木 邦宏,土居 雅博
最新の考証を元に八九式を中心に旧軍戦車を各型解説。写真やイラストも豊富で内装なども参考になります。オススメ!
Deutsche Soldaten: The Uniforms, Equipment and Personal Effects of the German 1939-1945
Deutsche Soldaten: The Uniforms, Equipment and Personal Effects of the German 1939-1945 (JUGEMレビュー »)
Agustin Saiz
これは凄い量の実物コレクション!ブーツやガスマスクなど一般的な装備品のバリエーションは勿論、マップケースの中身に時計やタバコまで、ドイツ兵の持ち物を殆ど網羅!巻頭から巻末までオールカラー写真で資料的価値抜群。オススメ!
※全編英語
図解 ヘビーアームズ (F-Files No.017)
図解 ヘビーアームズ (F-Files No.017) (JUGEMレビュー »)
大波 篤司
機関銃や迫撃砲、バズーカにロケットランチャーなど使用方法や各部品の意味など一問一答でスッキリ解説。銃器ビギナーの人に超オススメ。
Vision models 1/35スケール  【VA-9003】 帝国陸軍 九七式
Vision models 1/35スケール  【VA-9003】 帝国陸軍 九七式 (JUGEMレビュー »)

チハ系キットには欠かせないキャタ。価格、組み易さ、解像度も申し分ない定番商品。
末期の水物兵器集
末期の水物兵器集 (JUGEMレビュー »)
こが しゅうと
若干クセのある漫画と文章で、旧海軍兵器の中でもマニアックな物を局所的に徹底紹介!他のシリーズも濃イィ内容!
戦う広告―雑誌広告に見るアジア太平洋戦争
戦う広告―雑誌広告に見るアジア太平洋戦争 (JUGEMレビュー »)
若林 宣
戦時中に国内で使用された広告を年代ごとに紹介。当時の世相が分かる他に類を見ない貴重な資料。
British Web Equipment of the Two World Wars (Europa Militaria)
British Web Equipment of the Two World Wars (Europa Militaria) (JUGEMレビュー »)
Martin Brayley
英軍歩兵の装備品をカラー写真で紹介。色味やバリエーションを知るには良書ですが武器類は無し。価格的にもオススメ!
※全編英語
Stalin's War: Soviet Uniforms And Militaria 1941-45
Stalin's War: Soviet Uniforms And Militaria 1941-45 (JUGEMレビュー »)
Laszlo Bekesi
コレクターが集めたWW2ソ連軍の装備品や階級章のカラー写真集。マニアにとってはかなり薄い内容だが、ソ連軍初心者にはそこそこ資料的価値アリ。
※全編英語
第2次大戦ドイツ軍装ガイド
第2次大戦ドイツ軍装ガイド (JUGEMレビュー »)
ジャン・ド・ラガルド
オール実写による軍装ガイド。これ一冊で殆んどの正規バリエーションが把握できます。
ノーブル バックレスキューベルトチタン L(腰周り:78~94cm) 黒
ノーブル バックレスキューベルトチタン L(腰周り:78~94cm) 黒 (JUGEMレビュー »)

椅子に座ってると腰が痛い!
ってな人は試す価値アリ!
個人的には相当の効果を実感しています。
鋼鉄の最精鋭部隊―千葉戦車学校・騎兵学校 (日本陸軍の機甲部隊 1)
鋼鉄の最精鋭部隊―千葉戦車学校・騎兵学校 (日本陸軍の機甲部隊 1) (JUGEMレビュー »)

貴重な日本戦車の写真集です!戦車学校での訓練風景で構成され、全体の半分以上がチハ主体の写真ですがネットでは見られないレアなものばかり!チハファンは必携!
ドキッ乙女だらけの帝國陸軍入門
ドキッ乙女だらけの帝國陸軍入門 (JUGEMレビュー »)
堀場 亙,岡本 博信
萌えだと思って期待したらハズレですのでご注意を…列記としたミリタリー本です。
TUNODA 薄刃ミニニッパー 120mm TM-02
TUNODA 薄刃ミニニッパー 120mm TM-02 (JUGEMレビュー »)

某プラモメーカーから発売されている物のOEM版なのでプラモ制作に抜群の性能!しかも格安!
Les MAteriels radio de la Wehrmacht: German Radio Sets 1935-1945
Les MAteriels radio de la Wehrmacht: German Radio Sets 1935-1945 (JUGEMレビュー »)
Pierre Metsu
大戦中のドイツ軍無線機を全機種カラー写真で紹介。残念ながら和訳はないですが英訳はアリ。(値段が…)
陸軍機甲部隊―激動の時代を駆け抜けた日本戦車興亡史 (〈歴史群像〉太平洋戦史シリーズ (25))
陸軍機甲部隊―激動の時代を駆け抜けた日本戦車興亡史 (〈歴史群像〉太平洋戦史シリーズ (25)) (JUGEMレビュー »)

モデラー目線のディティール考察には向きませんが、日本戦車がどのように発展し各地でどう戦ったかを知るには良書。
Modelling the Marder Self-Propelled Gun (Osprey Modelling)
Modelling the Marder Self-Propelled Gun (Osprey Modelling) (JUGEMレビュー »)
Sam Dwyer, Robert Oehler

マーダー1,2D,3r,3M,3H のディティールアップ製作ガイド。
外人サンのテクを盗めます!
泥まみれの虎―宮崎駿の妄想ノート
泥まみれの虎―宮崎駿の妄想ノート (JUGEMレビュー »)
宮崎 駿
エース「オットーカリウス」の手記を元に末期ドイツ軍の泥沼の戦いを描写。
今までの「戦車感」が変わるかも?
第2次大戦各国軍装全ガイド (ミリタリー・ユニフォーム)
第2次大戦各国軍装全ガイド (ミリタリー・ユニフォーム) (JUGEMレビュー »)
ピーター ダーマン,マルカム マクグレガー,ピエール ターナー
WW2各国陸海空の軍服図鑑。
膨大な数だが、浅く広くといった感じなので、一国を集中的に調べたい人には不向き。
日本戦車隊戦史―鉄獅子かく戦えり
日本戦車隊戦史―鉄獅子かく戦えり (JUGEMレビュー »)
上田 信
帝国陸軍戦車部隊が各戦線でどのように戦ったのか、図解を交えて年代ごとに相手装備と比較しながら紹介。
イラスト中心なので文章が苦手な人でも大丈夫!(写真は無し)
ビジュアルガイド WW2戦車〈1〉電撃戦
ビジュアルガイド WW2戦車〈1〉電撃戦 (JUGEMレビュー »)
川畑 英毅, 吉原 幹也
WW恐そ戦線好きなら持っておきたい一冊。
ドイツ、ソ連は勿論、フランスやポーランド等、欧州のあらゆる戦闘車両を広く浅く紹介。マイナー車種など豆知識にいいかも。
アハトゥンク・パンツァー〈第7集〉1号戦車、2号戦車と派生型編
アハトゥンク・パンツァー〈第7集〉1号戦車、2号戦車と派生型編 (JUGEMレビュー »)
尾藤 満
言わずと知れたモデラーの為の資料本。 詳細図と写真で各型を詳しく解説。
1/72二式カミ<4>

世の中は”ポ◯モんGo”で、自宅警備員が持ち場を離れるという非常事態となっておりますが、
私はと言うと、昔ながらのオーソドックスなRPGでダンジョンに篭もって御座います。

そんなワケで、海の続き。



例の本によると、このようにルータのワイヤブラシを使用してスタイロを彫刻するのだとか。
本にも書いてありますが、ものっそい削りカスが出るので、常に掃除機スタンバイであります。



(´・ω・`)
え?なんかコレ、んんん・・・
次の工程で海面に近付くハズなんですけど・・・いやぁ・・・まぁ・・・


>次



とにかく”海”が作れないとなると、その瞬間に今作は廃案吉日となるのですが、
出来た暁にはビキニの西サンを乗せなくてはならぬので、準備だけはしておきます。


途中で製作記事が変わったら「あぁ、アカンかったんやな」と思って下さい。


 
| ガルパン無印 | comments(0) | trackbacks(0) |
1/72二式カミ<4>

世の中は”ポ◯モんGo”で、自宅警備員が持ち場を離れるという非常事態となっておりますが、
私はと言うと、昔ながらのオーソドックスなRPGでダンジョンに篭もって御座います。

そんなワケで、海の続き。



例の本によると、このようにルータのワイヤブラシを使用してスタイロを彫刻するのだとか。
本にも書いてありますが、ものっそい削りカスが出るので、常に掃除機スタンバイであります。



(´・ω・`)
え?なんかコレ、んんん・・・
次の工程で海面に近付くハズなんですけど・・・いやぁ・・・まぁ・・・


>次



とにかく”海”が作れないとなると、その瞬間に今作は廃案吉日となるのですが、
出来た暁にはビキニの西サンを乗せなくてはならぬので、準備だけはしておきます。


途中で製作記事が変わったら「あぁ、アカンかったんやな」と思って下さい。


 
| ガルパン無印 | comments(0) | trackbacks(0) |
1/72二式カミ<4>


今作品、最大の問題は『海をどうするか』であります。



「クリアレジン」「透明シリコン」など、水の表現には色々なマテリアルが御座いますが、
今回は、某モデルアートNo.942の32pで紹介されている方法が気になったので試してみます。



スタイロフォームに波を彫刻して、メディウムや塗装を塗り重ねるという技法ですが、
車体を着脱式にしておけば、失敗のリスクが小さく済むというワケであります。

船と違って、喫水下に転輪や履帯が複雑に入り組む戦車の場合、
シリコンやレジンだと、どこかで失敗したら丸ごと廃棄ですからね(汗



とりあえず、車体の大きさで穴を掘ってみました。


さて、ここからはセンスがモノを言う世界ですね・・・

ウチワなら沢山あるんですけどね(´・ω・`)


 
| ガルパン無印 | comments(0) | trackbacks(0) |
舞鶴2016


そんなワケで、久々に舞鶴へ行って参りました。
今回は、赤レンガパークで開催される”艦これ”イベントが主な目的で、
面子も嫁はんではなく、モデラー仲間6名という濃いぃぃ内容となりました。






開場前。
左奥には恐ろしい数の行列が見て取れる。






メイン会場の周辺もレイヤーさんや出店でごった返しております。



メイン会場入口。
なんと、内部はエアコン無しのほぼ密閉状態なので、タオルや扇子などは必須。
この日は湿度に加え、密集する男たちから発せられる熱気で、さながら人間サウナ状態でした。


>次



地獄の漢サウナでしっかりと汗を絞り出したら、
隣の海上自衛隊でフレッシュエアーを補給しながら軍艦の見学。



この日は、毎度お馴染み「みょうこう」サンは対岸でなにやら改装中で、
呉からやってきた練習潜水艦「あさしお」がお出迎え。

「うおっ!潜水艦に乗れるのか!」と思ったら、安全上の問題でアカンらしいです。



お次は掃海艦「すがしま」と「のとじま」



こちらも両艦とも搭乗見学は不可。



最後は補給艦「ましゅう」



「これはデカイし乗れるやろ!」と思ったけど、やっぱり乗れませんでした。




イベント会場から遥々出張してきた”ぜかまし”サン。
”すがしまかぜ”・・・あ!

この日の蒸し暑さを考えると、内部は想像を絶する状況かと思われますが、素晴らしい仕事ぶり。
いや、中の人なんていない。(´・ω・`)


<戦利品>

「海軍割烹術参考書」は、艦これイベとは関係なく、赤レンガパークの喫茶店で販売されており、
海軍が使用した本物の料理レシピで、興味深い内容となっております。(540円)


次回は”ひゅうが”に期待したいですね!

 

| 小旅行、雑多 | comments(4) | trackbacks(0) |
今月の新家宝

先日、某モデラー宅にて、筆という物で塗料という物を塗り、
「あぁ、昔こんな事をしていたような気がする・・・」と、
古の記憶が覚醒しつつある管理人の元に、新たな家宝が追加されました!




「皆さんお疲れ様でした本」と名付けられた、関係者による劇場版の裏ネタ本。

しかしこの本、数量限定なので、ここで紹介したって正規ルートじゃ入手不可なのですが、
黙っておくのも悶々としてアレなので、薄っすらと雰囲気だけ紹介します。



基本的に劇場版で使われた小物や背景画などが説明付きで載っています。



理事長室に飾られていた気になる絵画もスッキリ解明。
(一枚だけ誤植アリ。誤:ソミュア 正:四式中戦車)



今後、登場なるか?陸自さんチーム。



各イラストも家宝級ばかり。



モリナガ先生の描く秋山殿はイメージがピッタリ。



カンテレのシーンは、あーやってこーやって・・・とか。



決戦場の遊園地に登場する各種看板とか。



定番の没イラストとか。



厚みはグランドパワー2冊分ぐらいギッシリ原画やイラストで埋まっていて、
最後の方にチョットだけ、いつものインタビュー欄もありますが濃いぃです。


もし再販があればバンダイビジュアルで買えると思うので、欲しい方は頑張ってみてください。
儲かる!という空気が伝われば、一回ぐらいは・・・



 
| ガルパン無印 | comments(0) | trackbacks(0) |
1/72二式カミ<3>


毎度恒例の選挙に行ってきました。
いつになったらJ隊は国防軍に昇格するのでせうか。


<展望塔>

砲塔ハッチの上に増設される波除け展望塔。
ご覧のように信号灯の基部が干渉するので削り込みます。



このように隙間なくピッタリ収まるまでリュータで頑張りましょう。


>次



いつもはサービス過剰なドラゴンのくせに、何故か防弾ガラスは通常プラ。



これはこれで、塗装で見せるテクニックがあれば問題ないんですが・・・



(´・ω・`)




悩んでても仕方ないので、型を取ります。

が、UVレジンを使うので、シリコンは片面だけ。
反対面は光を通す必要があるので「お湯丸or型想い」で型を作成。



ダイソーのUVクリアレジンで複製。

パーツが小さいので僅かな気泡でもアウト。
そもそもクリアレジンは気泡が出来やすい。
やっぱり小さいし透明なので上手く行ってるのか分からない。

など、悪戦苦闘の連続で、未だに納得のいくパーツは出来ておりません!



現状、最高の出来。。。
もう、透明プラ板で頑張った方がイイかも知れませぬ。


----

 


さて、「海のガルパン」と期待された「はいふり」は、とても残念な結果に終わりましたが、
某氏より有力な最新アニメ情報を手に入れました!

終末のイゼッタ

・・・ん!んんん!?
これはまた、ゴールが正面に見えているのに回を追うごとに道が逸れていき、
最終的に90度曲がった所に到達するような、何か微妙に違う臭いがしないでもない。
「西暦1940」とか言っちゃうと、細かいツッコミが雨あられと降り注ぐけど大丈夫なのか!?
 

 

まぁ、予め期待値を下げてSAN値を保つことも大事やけどね。(´・ω・`)


 

 

| ガルパン無印 | comments(4) | trackbacks(0) |
1/72二式カミ<2>


トロピコの独裁国家創りもだいぶ落ち着いてしまったので、
少しずつカミ創りにシフトしようかと思います。


<車体>

とりあえず、この”特二式戦車”状態は簡単に出来ます。
細かいパーツは機銃ぐらいのモンです。



いつも面倒な牽引フックも全部一体成形という、ドラゴン脅威のメカニズム。
(ハッチ類が開かないという弊害はありますが)



で、海上航行をさせるには、この吸気用の防水筒が必須なワケですが↓



先ほどの”筒”の根本にも、車体側にも固定ピンがモールドされているため、
非装着の場合はこのまま。装着の場合は車体側のピンを削り取る必要があります。



ピンを加工して装着した状態。
このパーツは本来、機関部の完全防水を目的としているので、
取り付け部に隙間なんて出来たら模型的にもアウトなのであります。


そんな感じで眺めていたら、取っ手類も全部アウトである事に気付く・・・(´・ω・`)


 

| ガルパン無印 | comments(2) | trackbacks(0) |
1/72二式カミ<1>


「今回は海の情景やし、ちょっと軍艦でドンパチするゲームでもするか!」

などと、気軽にWoWsを始めてしまったのが破滅へのはじまりでした。
振り返れば、WoTの時も3ヶ月ぐらい廃人になり、
末期には英語で簡単なネットスラングも使えるぐらいになっておりました。

しかし、流石に何十年もインドア趣味をやってきた中年オヤジと申しますか、
ゲームに飽きるのも早くなりまして、模型復帰も近いと思われます。  

敬具



<足周り>

1/72スケールも、ここまで来れば普通に寄って見ても遜色ありません。


が、ここで軽く不具合。


起動輪のダボとホゾに余裕が無いためか、キッチリと収まらないので↓



ダボを切り飛ばして↓



ギュッと押し込む。

これでとりあえず許容範囲に収まります。
完成したら完全に見えなくなるので、作る必要もないんですけどね!w



あ、今度はトロピコ5が届いた。(´・ω・`)

 

| ガルパン無印 | comments(2) | trackbacks(0) |
1/72二式カミ<開始準備>


元気ですかぁ!!湿度が上がると気力が下がる!!ダァーッ!!

そんな、模型製作がグッと失速する季節が近づいてまいりました。
毎年この時期に妄想だけはしている「海の情景」を、今年こそはと着手していきます。




今回のテーマはこれ。
「二式内火艇に乗る白ビキニの西絹代」であります。




使用するのは、ドラゴンの1/72キット。
海の情景だと1/35は馬鹿デカくなってしまうので、丁度いい大きさです。

一応、後期型となっていますが前期型パーツも含まれる、実質コンパチキットで、
個人的なイメージでは、知波単学園のカミは後期型が似合う気がするので後期型で作ります。
(もし映像になった場合、フロートがパカッと2つに割れた方が面白いですからね)



<解像度チェッック>

頭オカシイぐらい細かい近年のドラゴンですが、やっぱりイカれてます。
(細かいから良いキットとは言ってない)



1/35でも、未だに防弾カバーの上部放熱孔が開いているのはドラゴンだけ。
1/72でも開けちゃう変態ぶり。(だからと言って、全体にこのクオリティとは言ってない)


>次


<西絹代>

「西さんの身長てなんぼよ?」と調べてみたところ、
モデグラに掲載されていたデータでは158cmの設定で、西住殿と同じとなっています。

で、モデリングの参考に実寸大で描いてみるワケですが、
造形してると、どうしても大きくなってしまうので、実際より小さめに描いて意識をアレします。


そんなワケで、

準備は出来た
あとは、いつ行動するか・・・だ。

 

 

そうだ、WoWsで海の勉強をしよう。(´・ω・`)

 

| ガルパン無印 | comments(2) | trackbacks(0) |
ブルムボコ<完成>


なんやかんやと忙しかった週末。
写真の整理を終えて、やっとサイトを更新しました。


「ブルムクマのボコ」完成です。




画像クリッコでギャラリーページへ

今回は「木」の作り方(塗り方)を多く学べたように思います。
また機会があったら、枝の向きなど自然な感じに仕上げたいですね。



>次



<重機甲乙女豆だけど6>


豆の6巻を読んでみました。
帯にも「クライマックス直前」とありますが、
内容的に丁度いい頃合いで、次巻辺りが完結でしょうか?

さて、終わらせ方が難しい戦争モノ、
軟着陸できるかどうか、真鍋先生の腕の見せ所でありますな。

 

 

 

 

 

 

| ガルパン無印 | comments(6) | trackbacks(0) |
| 1/156PAGES | >>